東京電力と東京ガスの電気まとめるならどっち?ガスと電気のセット料金・サービス比較

評価:3.32 - 41件の票数

2016年4月から始まった電力自由化。

法律が改定され今までとは異なり、好きな電力会社を選びその会社から電力を受け取ることが出来るようになりました。

最近はテレビでも電力会社のCMをよく見かけるようになりましたね。

中でも東京ガスは「ガスと電気をまとめてお得!」というフレーズで深田恭子さんを起用したCMが印象に残っている方も多いと思います。

そこで今回は、東京ガスの電気ってどうなの?まとめるとお得になるの?という方のために、東京電力と比較してわかりやすく解説していきます。

ですが、最初に結論から申し上げると東京電力よりは安いですが、東京ガス電気にまとめてもあまりお得になりません。

というのも、知名度はそこまでなくても実はもっと安くてお得な新電力があるからなんです。

 

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

【結論】東京電力や東京ガスよりも安いLooopでんき

結論から言うと、東京電力や東京ガス電気よりもLooopでんきのほうが圧倒的に安くなるんです。

しかもそれは、東京ガスで電気とガスをまとめたときに受けられるセット割よりも安いということです。

つまり、東京ガスに電気とガスをまとめるよりも、ガスは東京ガス、電気はLooopでんきと別々に契約したほうがお得になるんです。

東京ガス電気にまとめるとお得になれるかも、と期待されていた方には残念な知らせになってしまうかもしれません。

しかし!もっとお得な新電力があるということを知れたあなたはラッキーだと思いますよ。

Looopでんきはとにかく安い!料金を徹底比較

それではどれくらい安いのか、具体的に料金を比べてみましょう。

基本料金

基本料金とは、電気の使用量に関係なく毎月支払わなければいけない料金です。

 東京電力東京ガス電気Looopでんき
30A842.4円842.4円0円
40A1123.2円1123.2円0円
50A1,404円1,404円0円
60A1684.8円1684.8円0円

注目すべきは、Looopでんきの基本料金0円です。

東京電力や東京ガス電気では、10A契約につき280.8円がかかります。

一般家庭では40Aや50Aで契約されている方が多いので、基本料金だけで毎月1,123円~1,404円を支払っていることになりますね。

一方、Looopでんきには基本料金がありません。

つまりそれだけで毎月1,000円以上も浮くということなんです。

従量料金

従量料金は、電気を使った量に比例して支払う料金です。

 東京電力東京ガス電気Looopでんき
~120kwh19.52円19.49円26円
120~300kwh26.00円24.89円26円
300kwh~30.02円26.99円26円

表を見ると、Looopでんきの一律26円が目立ちますね。

一般的に従量料金は電気の使用量が増えると値段が上がっていく仕組みなのですが、Looopでんきはこれが変わらないということなんです。

つまり、たくさん使っても料金が上がることがないということ。

これが基本料金0円と合わせて、Looopでんきが安い理由なんです。

あまりピンとこないという方もいると思うので、いくつかシミュレーションしてみました。

※東京ガス電気の料金はガスと電気をセットにしたときの割引が適用された金額です。

一人暮らし 一か月平均120kwh使用(約3,500円相当)

カッコの中の赤字は東京電力との差額です。

電力会社電気料金
東京電力3,466円
東京ガス電気
(セット割適用)
3,345円
(-121円)
Looopでんき3,120円
(-346円)

最安⇒Looopでんき

一人暮らしで日中はお仕事でほとんど家にいない、という方を想定してみましたが、最も安くなるのはLooopでんきです。

基本料金が0円なので、もし出張や旅行で長期にわたって家を空けていた場合、その月の電気代は0円ということもあるのがすごいところです。

2~3人世帯 一か月平均300kwh使用(約8,000円相当)

電力会社電気料金
東京電力8,142円
東京ガス電気
(セット割適用)
7,842円
(-300円)
Looopでんき7,800円(-312円)

最安⇒Looopでんき

二人暮らしや節約志向の3人家族など、毎月の電気代が8,000円前後の場合でもLooopでんきが一番安くなります。

3~5人世帯 一か月平均500kwh使用(約14,000円相当)

電力会社東京電力
東京電力14,427円
東京ガス電気
(セット割適用)
13,470円
(-957円)
Looopでんき13,000円
(-1,427円)

最安⇒Looopでんき

戸建てかマンションか、またはペットを飼っているかなどにもよりますが、3~5人家族の1か月あたりの平均的な電気使用量は500kWhです。

東京電力と契約している場合、おおよそ毎月の電気代は14,500円です。

Looopでんきは東京電力に比べると1,400円以上東京ガス電気と比べてもなんと500円近くも安いことがわかります。

東京ガス電気と比べただけでも一年間で5,640円も安くなるので、これはかなり大きな差といえます。

多人数世帯 一か月平均600kWh使用(約17,000円相当)

電力会社電気料金
東京電力17,429円
東京ガス電気
(セット割適用)
16,138円
(-1,291円)
Looopでんき15,600円
(-1,829円)

最安⇒Looopでんき

お子さんの多い家庭や二世帯住宅など、電気をかなり使う方でもお得になるのはLooopでんきです。

結論!ガスと電気をまとめるよりLooopでんきのほうが安い

こうして見てみると、Looopでんきの圧倒的な安さがわかりましたね。

しかも!今回シミュレーションに使った東京ガス電気の料金は、ガスと電気をまとめたときの割引を適用した金額です。

つまり、東京ガスにガスと電気をまとめるより、ガスは東京ガス、電気はLooopでんきと別々に契約したほうがお得ということなんです。

ちなみにLooopでんきは契約手数料・解約金・違約金は一切ナシ。契約期間の縛りもないので、試しに乗り換えてみるというのも全然アリです。

実際に当サイトから申し込んだ方からも、試しに乗り換えたら安くなった!というメールをたくさんいただきます。

そういう私もLooopでんきを使っていますが、最初は軽い気持ちで乗り換えました。

しかし今では東京電力の頃より毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

Looopでんきは下記窓口の画面右上の「お申し込み」というところから申し込みができますよ。

ちなみにこちらの窓口であれば申し込み前にシミュレーションしてくれますし、もし「Looopでんきよりお得な電力会社がある」という場合には事前に教えてもらえます。

まずは「Looopでんきに切り替えるとどれくらい安くなるかな?」くらいの気持ちで問い合わせてみるのもOKですよ。

まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

東京電力と東京ガスの料金比較

 

さて、ここでは東京電力と東京ガスの二つを細かく比べてみたいと思います。

ただ、安さや割引額ではLooopでんきが圧倒的に安いということを念頭に読んでいってください。

電力会社を比較する上で重要なのはまずその料金でしょう。

重要視する優先順位をランク付けすると

1.料金

2.違約金等のリスク

3.安定した供給がなされるのか

という順番が妥当かと思います。

例として関東 2人暮らし 従量電灯B 40Aを8000円利用しているものとします。

電力会社 金額 差額
東京ガス 68,409円
東京電力 65,786円 2,623円節約

ここでは東京電力が一歩リードといって良いでしょう。

年間使用量が同じ場合、上位二社でもこのような金額の差が現れることが分かりました。

一年間で2,623円という金額差を微々たる差と捕らえるのか、大きな差と捕らえるのか。

捕らえ方は個々に違うと思いますが料金は安いに越したことがありません。

例えば、電力会社を変えるだけで一年に一回外食を楽しんだり趣味に投資できると考えると良いかもしれないですね。

今後の比較対象として参考にしてみてください。

基本料金を比較

次に基本料金を比較してみましょう。

使用する月や季節によって電力の使用量は異なりますが、基本料金は毎月必ずかかります。

節約という観点から考えればこの基本料金そのものも、1円でも安い方が良いのは言うまでもありません。

ここでは使用量とは別に必ず発生する基本料金を比較したいと思います。

電力会社 基本料金(月)
東京電力 1,123円
東京ガス 1,123円

ここでは上位二社共に同様の料金であることが分かりました。

このことからもおそらく、この金額は基本料金として最低限の金額であることが推測されます。

しかしながら今や基本料金が一切かからない電力会社も存在しています。

長期の旅行や恋人の家に半同棲している時など、自宅の電気を一切使っていないのに基本料金だけを支払うのは腑に落ちませんよね。

ブレーカーを落としていても基本料金だけは毎月確実にかかる費用となるのでLooopでんきのように基本料金は0円の電力会社を選びたいところです。

電力量料金

では早速前項でも触れた電力量料金について比較してみましょう。

電力量量料金は呼んで字の如く、使用した電力に応じてかかる料金です。

これについては皆様料金がかかることについては理解していらっしゃると思いますが、具体的にどの程度の料金がかかるのかまでは把握していない方が多いかと思います。

電力会社 最初の120kWh 121~300kWh 301kWh以降
東京電力 19円 26円 30円
東京ガス 19円 24円 26円

東京電力、東京ガスともに利用料に応じて電力量料金が変動することがこの表から確認できたと思います。

普段の生活で電力をそこまで消費しない人にとってこの差は微々たるものといえるかも知れません。

ただし電気をよく消費する方にとっての301kWh以降は1kWh毎に4円の差が生じます。

「ちりも積もれば山となる」という言葉もあります。

それを踏まえるとここでは東京ガスに軍配が上がったといっても過言ではないでしょう

kWhってどれくらい?

ではこの(kWh)という単位、一体何をどれくらい使用するとどの程度消費されるものなのでしょうか。

それについても調べてみました。

例として東京電力が調査した平均的な家庭の1日の電気消費量を掲載します。

エアコン:10.8kWh

冷蔵庫:3.4kWh

照明:2.1kWh

テレビや洗濯機、その他:2.2kWh

合計:18.5kWh

これを30日と計算すると555kwがおおよそ一家庭で利用する料金という計算になります。

ただし、これは最低限の一例です。

例えば

・空気清浄機を一年稼動させている場合

・照明にこだわり、間接照明を利用している場合

・ルンバのような掃除ロボットを使用している場合

・その他趣味に電気を利用する場合 etc

当然ながらこの月間555kwにさらに電気料金が上乗せされる事となります。

そういった観点からもこの電力量料金は決して軽視できるものではなく、電力量料金は安ければ安いだけ良いのは言うまでもありません。

違約金、解約金について

契約時、違約金についてを大々的に掲載する広告はそうはありません。

できる限り契約者を自社にとどまらせたい企業からすれば入るときの敷居は低くして、離れ辛い環境を当然でしょう。

ここではそこについても着目し比較していきたいと思います。

電力会社 解約料金
東京電力 0円
東京ガス 0円

基本料金に続き、上位二社共に並ぶ結果となりました。

ただし今回の調査で一例を挙げると「エネオス電気 1000円」「HTBエナジー 2000円」など幾つかの電力会社では違約金が発生する電力会社も存在することもあることがわかりました。

思い切ったが吉日という言葉もあります。

いざ電力会社を変更しようとしたときにこうした違約金・解約金が決意をにぶらせるのは本当に勿体無いことだと思います。

実際、私もこうした違約金のせいで乗り換えや解約の機会を逃したことは多々あります。

余談ですが、 例えば携帯電話が良い例です。

解約する際、違約金がかからないたった一ヶ月の間に解約を行わない場合、再度二年間契約を自動延長させられた経験があり結果として違約金を払わざるを得なかった経験があります。

電力会社にも上記と似たような仕組みを提供している電力会社は存在するので、ノーリスクで試すことの出来るこの二社は優良会社、優良プランと言えるでしょう。

サービス内容について

電気が「おトク」になるだけでは物足りません。

いざトラブルが起こった際、その対処が有料になるのでは不安はつきませんよね。

ヒューズが飛んだとき、突然の停電、ブレーカーを上げて見たけど復旧しない。

そんな時東京電力、東京ガスの二社はどのようなサービスをしてくれるのか。

ここではそれについて比較していきたいと思います。

電力会社 サービス料金 サービス時間 サービス内容
東京電力 月額300円 60分無料

以降は別途有料

電気のトラブルについての応急措置

処置の際に必要な部品が20.000円まで無料

東京ガス 無料 30分無料

以降は別途有料

電気のトラブルについての応急措置

その他の駆け付けサービス

電力会社 サービス料金 サービス時間 サービス内容
東京電力 月額300円 90分無料

以降は別途有料

水道トラブル、ガラス破損、ご自宅の鍵の開錠

処置の際に必要な部品が20.000円まで無料

東京ガス 無料 60分無料

以降は別途有料

水道トラブル、ガラス破損、ご自宅の鍵の開錠

他にも東京電力独自のサービスとして家電修理サービス(月額200円)にてエアコン・洗濯機・冷蔵庫が故障した際、無料の修理サービスがありました。

東京ガスは基本料金が無料であるのに対し、東京電力は月額料金が発生する一方でサービス内容が同様であっても時間や発生料金面が良心的であることが読み取れます。

利用される皆様毎にどちらが良心的か意見が分かれるところかと思いますが、どちらも手厚いサービスが用意されているのは言うまでもありません。

また、外部駆け付けサービスについても調べてみましたが、営利目的の駆け付けサービスというだけあり金額もそれなりですね。

電気、水道修理会社(一例)

平日通常作業費 →9,000円

土日、祝日、夜間  →13,000円

決して使用頻度の高いものではないかもしれませんが、「こうした駆け付けサービスがあるからこそ急な出費を抑えることが出来る」とも言い換えることが出来ます。

私も賃貸物件を転々として、すでに10年になりますが過去に水道のトラブルが2回、ガラス破損が一回、電気トラブルが一回。

それぞれ、緊急だったこともあり外部業者をインターネットで調べてその都度1万円近い料金を支払っています。

当時からこの様な駆け付けサービスを認識していればそれぞれ不要な出費でした。

正直これについては悔やんでも悔やみきれません。

上記を考慮すると私にとって東京電力、東京ガスの二社のこのサービスはまさに至れり尽くせりという言葉がぴったりです。

東京電力vs東京ガス、お得なのは東京ガス

2社ともに基本料金は同じで一見、どちらも変わらないんじゃないかと思いがちですが使用量に応じて料金が変動してくる電力量料金から東京ガスの方が圧倒的にお得だということがわかります。

消費電力が高く、毎日使う家電のドライヤーを例に挙げると下記のようになります。

まず、ドライヤーを”“で使うと1200wの消費となります。

次に時間ですが髪が長い人で20分、短い人で10分ドライヤーを使って髪を乾かすとします。

この点は平均で15分としておきましょう。

計算式は次の通りとなります。

1200w×15分÷60分×

●には各電力会社の電気料金の単価が入ります。

1ヶ月に121kWh~300kWhの電力を使う家庭のドライヤー1回あたりの料金は…

東京電力:78円

東京ガス:72円

1日で6円の差が出ます。

僅差と思うかもしれませんがこれが1ヶ月で更には4人家族だとすると…

東京電力:9,672円

東京ガス:8,928円

1ヶ月で744円の差となります。

年間を通して計算をすると8,928円の差にもなります。

 

特に大家族で1ヶ月に301kWh以上電力を消費する家庭に関しては

東京電力:11,160円

東京ガス:9,672円

1ヶ月で1,488円もの差になりました。

1年だと17,856円もの差になるので特に大家族では東京ガスを使ったほうが圧倒的にお得ということがわかります。

毎日使うドライヤーだけの検証結果でこれなので他の電力も考慮すると更に差は広がることでしょう。

今回、東京電力と東京ガスを比較した結果、東京ガスの方がお得という結果になりました。

更に他には安い電力会社も存在していて電力自由化となった今、価格競争もさらに激しくなってくることが予想されます。

さまざまな電力会社を比較してみて一番お得な電力会社と契約しましょう!

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円、いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて1年経ちますが、これまで特にトラブルもなく、毎月1,000円ほど安くなりとても満足しています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

料金プランも本当にシンプルなので複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻すということもできます(無料で戻せます)。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスですよ。

▼下記窓口の画面右上の「お申し込み」からLooopでんきの申し込みができます。
まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

まとめ

今回は有力電力会社として東京電力と東京ガスの二社を比較しました。

前述まででわかるように金額設定、アフターサービス共にとても良心的であり、充実した二社であるといえます。

新規参入してきた他社の中には金額設定が上記二社よりも安い会社もあるかもしれません。

ただ安い場合それには必ず理由があり、一例として駆け付けサービス等はないことが想定されます。

毎月の金額が数百円安くともいざというときのトラブルの際、その度に1万円近い金額を払っているようでは決して節約という観点からは有益ではないと思います。

そういった観点からこの二社との契約は安心、楽、便利の三拍子が揃っていると思いました。

電力会社の乗り換えを検討していた方もそうでない方も上記2社を候補に入れてみてもいいかもしれません。

評価:3.32 - 41件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)