【要注意】TOSMOでんきは基本料金は0円だけどデメリットがやばい

(未評価)

電気料金は基本料金+従量料金の合計金額で算出されます。

今回紹介するTOSMOでんきは基本料金が0円で、従量料金が一律というメリットがある新電力です。

他社では当たり前のようにかかる基本料金が0円と聞くと今にも申し込みたくなる方もいると思いますが、デメリットもあると言う事を覚えておいてください。

この記事ではTOSMOでんきのメリット、デメリット、基本情報などなど

申し込む前に必ず知っておきたい情報をまとめました。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

TOSMOでんきのメリット

TOSMOでんきの基本料金と従量料金を表にまとめました。

ザッとご覧ください。

エリア
基本料金
従量料金
北海道電力
0円
29円
東北電力
0円
26円
東京電力
0円
26円
中部電力 
0円
26円
北陸電力
0円
21円
関西電力
0円
22円
中国電力
0円
24円
四国電力
0円
24円
九州電力
0円
23円

基本料金が0円

基本料金とは電気の使用量に関係なく毎月かかる料金です。

契約アンペア数によって料金はかわります。

TOSMOでんきの1番のメリットは基本料金が0円なところでしょう。

契約アンペア数によっては1,000円以上にお得になります。

また、職場の近くに寝るためだけにお部屋を借りている人だと、ほとんど電気をつかわないのに基本料金はかかってしまいます。

TOSMOでんきは基本料金が0円なので電気を使用した分だけ料金を支払うので、あまり使わない別荘やセカンドハウスなどに特におすすめできる新電力です。

従量料金が一律

従量料金とは電気の使用量に応じて計算される1kwhの料金のことをいいます。

基本的には3段階にわかれていて、使用量が増えるほど1kwhの料金が高くなります。

TOSMOでんきは従量料金が一律なので、使用量がふえても料金がドカーンと跳ね上がる心配はありません。

電気の使用量が多い方は、従量料金が安い電力会社を選びましょう。

例:A社が27円、B社が30円で300kwh使用した場合

たった3円しか変わらないなら同じようなものだと思う方もいると思いますが、計算してみると・・

A社=300kwh×27円=8,100円
B社=300kwh×30円=9,000円

900円も差がでてしまうんです。

TOSMOでんきデメリット

次にデメリットを紹介します。

契約事務手数料がかかる

TOSMOでんきと契約する時には、契約事務手数料3,240円がかかります。

インターネットの回線の契約のようにすべての会社が契約事務手数料をとっているなら別ですが

ほとんどの新電力で契約事務手数料はかかりません。

微々たる金額かもしれませんが、あまり良心的だとは言えませんね。

月々の電気代を数百円お得にするために乗り換える方だって多いのだから、契約事務手数料なんてとらないでほしいです。

解約時に必ずかかる3,240円

TOSMOでんきは解約時に3,240円の解約事務手数料がかかります。

また、1年未満の解約で1,080円の違約金がかかります。

1年未満に解約した場合、合計で4,320円も解約時に支払わなければいけないんですね。

解約事務手数料が発生する新電力はあまりないですし、せっかく毎月安くなった電気代も解約のタイミングを間違えるとすべてパーになってしまいます。

違約金なし、解約事務手数料なしの新電力もたくさんあるので、デメリットと言わざるおえませんね。

セット割りサービスはない

新電力に期待したいのはセット割りなどのサービスです。

多く民間企業が電力自由化に参入したことで、国の目論みとおり価格競争は激化し、既存の電力会社(東京電力など)より安くなって当たり前。

消費者はさらなるサービスを求めています。

多くの新電力が既存の事業のサービスとセットにすることでよりお得になるプランを用意していますが、TOSMOでんきにはセット割りのサービスがありません。

基本料金0円、従量料金が一律という大きなメリットがあるので少し残念ですね。

TOSMOでんきの基本情報

提供エリア

全国(沖縄電力エリア、一部離島を除く)

請求明細書発行費用

216円かかります。

明細書の発行くらい無料にしてほしいところですが、ペーパーレスが進んでいるので仕方ないですね。

支払い方法

下記のいずれかになります。

口座引き落とし
クレジットカード決済(VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners)

クレジットでしか支払えない新電力もあるので、口座引き落としも対応してくれるのは助かりますね。

問い合わせ

電話
⇒0120-488-688

メール
メールはこちら

TOSMOでんきの口コミ・評判

2ちゃんねるやツイッターで情報を探しましたが、見つかりませんでしたm(__)m

見つかり次第、追加いたします。

まとめ

TOSMOでんきの情報をまとめました。

基本料金0円、従量料金が一律というメリットがあるだけに、契約時と解約時にかかる事務手数料3,240円がちょっと残念ですね。

期間限定でも良いので、契約事務手数料を0円にするなどのサービスがあったら良いなぁと思いました。

(未評価)

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

TOSMOでんきの料金・デメリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。