東京電力よりLooopでんきの方がお得だった!体験談・比較結果まとめ

東京電力と、新電力として人気沸騰中のLooopでんきはどのような違いがあるのでしょうか。

徹底比較したところ、Looopでんきの方がお得でメリットも多くおすすめな電力会社であることが分かりました。

今回は、実際に東京電力からLooopでんきに切り替えた私の体験談と共に、料金やメリットなどを詳しく説明していきます。

東京電力とLooopでんきの比較すべき全情報をまとめたので、電力会社を検討中の人必見です!

東京電力からLooopでんきにした結果

東京電力からLooopでんきに切り替えた結果をまとめました。

1.電気代が安くなった
2.無料でトラブルサービスを利用できた
3.アプリで簡単に使用状況を確認できる
4.支払い方法がクレジットカードになった
5.ポイントが貯まらなくなった

結論から言うと電気代が安くなることや便利なメリットがあることから、Looopでんきの方がおすすめです。

ちなみにLooopでんきに電話をして聞いてみたところ、現在はポイントを貯めることも使うこともできませんが、今後ポイントが貯まるサービスが始まり、貯まったポイントは500p~Amazonギフト券などに交換できるようになるとのこと!

では上の結果をもとに、東京電力とLooopでんきの特徴を比較しながら詳しく説明していきます。

電気代が安くなった

東京電力とLooopでんきの料金を比較したところ、ほとんどの人がLooopでんきの方が安くなることが分かりました。

具体的に言うと、契約アンペア数が30A以上であればLooopでんきの方がお得で、20A以下であれば東京電力の方がお得です。

一人暮らしで節約を心掛けている人の中には20A以下で契約している人もいますが、ほとんどの人が30A以上で契約しているので、ほとんどの人がLooopでんきの方がお得になります。

実際にLooopでんきにすることでどのくらい安くなるのか、いくつかのパターンで電気代を計算してみました。

東京電力の場合、1~3人暮らしは「スタンダードS」プラン、4人暮らし以上は「プレミアムプラン」で計算して、Looopでんきの場合は「おうちプラン」で計算しています。

自分に当てはまるとこを見てみてください。

※()の中は東京電力とLooopでんきとの年間の差額です。

 東京電力Looop
でんき
1人暮らし
30A
100kWh
2,836円2,640円
(-2,352円/年)
2人暮らし
40A
200kWh
5,623円5,280円
(-4,116円/年)
3人暮らし
40A
300kWh
8,256円7,920円
(-4,032円/年)
4人暮らし
50A
400kWh
11,254円10,560円
(-8,328円/年)
5人暮らし
60A
600kWh
17,426円15,840円
(-19,032円/年)

このように、東京電力と比べてLooopでんきは、一人暮らしから大家族まで幅広く安くなることが分かりました。

東京電力のスタンダードSプラン・プレミアムプランでは電気代1,000円ごとに5ポイント貯まり、1ポイント=1円として電気代から差し引くことができるのですが、この表にある東京電力の料金は貯まるポイント分も引いて計算してあります。

つまり、東京電力で貯まるポイント分を差し引いてもLooopでんきの方がお得ということ。

さらに、()内の節約額を見ても分かるように、特に電気をたくさん使う人ほどお得です。

4人暮らし以上は東京電力の使用量が多い人向けのプレミアムプランで計算したと言いましたが、それでもLooopでんきの方が安いことが分かります。

では、Looopでんきがお得になる理由について簡単に説明します。

安くなるポイントは「基本料金が0円」と「従量料金が一律」にあります。

基本料金:契約アンペア数(電気の容量のような役割)によってかかる料金で、アンペア数が大きいほど料金も高くなります。

東京電力では、例えば30Aであれば858円、60Aであれば1,716円を毎月必ず支払っています。

Looopでんきではこの基本料金が全くかからないので、その分電気代が浮くということです。

従量料金:電気を使った分だけかかる料金です。

東京電力では、電気をたくさん使うほど従量料金の単価が高くなっていくので、たくさん使うほど割高になります。

Looopでんきの従量料金単価はどれだけ電気を使っても一定なので、たくさん使っても割高になりません。

このようにLooopでんきは電気代を安くすることができます。

実際に一人暮らしをしている私も、東京電力からLooopでんきに切り替えたことで毎月300円~500円節約することができました。

2019年1月~9月までの9ヵ月間の節約額は5,000円近くになったので、かなり節約できている方だと思います。

口コミを探したところ、東京電力からLooopでんきにしたら安くなったという口コミがたくさんありましたので、厳選して紹介します。

このように電気の使用量が多い人ほどLooopでんきの方がお得です。

自分はどのくらい安くなるのか気になる人は、公式サイトからシミュレーションをすることもできます。

年間の電気の使用量の変化も含めて計算してくれてより正確な節約額がわかるので、ぜひ試してみてください。

\シミュレーションはコチラから/

無料でトラブルサービスを利用できた

まず、それぞれのサポート内容をまとめました。

【東京電力:生活かけつけサービス】

特徴:24時間365日対応可能/申し込みが必要/電気のみではなく生活に関するトラブルに対応してくれる
※原則、申し込みの翌月1日から利用できます。

料金月々330円支払うことで、作業費・出張費・応急処置費用(上限2万円)無料で対応してくれる
※プレミアムプランの人は月額料金が無料で利用できます。

(トラブル例)電気トラブル、水回り、鍵、窓ガラスに関するトラブルなど

【Looopでんき:かけつけるーぷ】

特徴:24時間365日対応可能/申し込み不要/電気のトラブルに対応してくれる

料金:作業費・出張費・応急処置費用無料

(トラブル例)ブレーカーがよく落ちる、停電した、コンセントトラブルなど

どちらの場合も、電気トラブルに無料で対応してくれるのは60分以内です。

東京電力の場合様々なトラブルに対応してくれますが、申し込みが必要だったり毎月330円支払う必要があったりするので、申し込んでも一度も利用しなかったら勿体ないですよね。

一方Looopでんきは、Looopでんきに申し込んだ人であればいつでも無料で申し込み不要で利用できるので、いざという時にかなり便利です。

私もブレーカーがよく落ちて困っていたので相談したところ、無料でアンペアブレーカーを撤去してくれました。

撤去してくれてからはブレーカーが落ちていませんし、今後何かトラブルが起きてもすぐに無料で対応してくると思うと安心です。

アプリで簡単に使用状況を確認できる

東京電力もLooopでんきも、電気の使用状況や請求情報を確認できるサービスがあります。

東京電力の場合は「でんきの家計簿」というサービスに会員登録をしてログインする必要がありますが、Looopでんきの場合はアプリをダウンロードしておけばいつでも確認することができて便利です。

私もアプリをダウンロードしましたが、いちいちマイページにログインしなくてもアプリを開けばすぐに確認できるので、空いた時間に何げなくチェックするようになりました。

どちらも電気の使用量や電気代をグラフで見ることができますが、Looopでんきの場合は1日の電気使用量をその日の気温と併せて見ることができます。

このサービスがあることで電気代の変化の原因を推測でき、自然と節約にも繋がりました。

Looopでんきのアプリの節約額

この画像の右上が今までの節約額、黄色線が東京電力と比べていくら安くなったかの節約額になっていて、月ごとに確認できます。

支払い方法がクレジットカードになった

Looopでんきでの支払い方法はクレジットカード払いのみなので、クレジットカードを持っている人は残念ながら申し込むことができません。

東京電力の場合、支払い方法は口座振替・クレジットカード払い・コンビニや銀行振込・スマホ払い(LINE payやPayPayなど)から選べます。

私は元々クレジットカード払いだったので特に問題はありませんでしたが、東京電力のスマホ払いが便利という口コミがありました。

PayPayでの支払いに慣れている人などはスマホ払いが魅力的かもしれませんね。

東京電力からLooopでんきに切り替える方法

Looopでんきへの申し込み方法はWEBのみで、東京電力に解約の連絡をする必要はありません。

手続きはLooopでんきが全て行ってくれて申し込むだけでOKですし、申し込み方法はとても簡単で私が申し込んだ時は5分もかかりませんでした!

手順はこのようになっています。

①電気の検針票と電気代支払い用のクレジットカードを用意する

②公式サイトから必要事項を入力する

③約2週間後にマイページ及びハガキにて供給開始日の案内がくる

④供給開始日(申し込みから1~2ヵ月後)になれば切り替え完了!

スマートメーターという機械が設置されていない場合、設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで行われるので心配しなくても大丈夫です。

ちなみに東京電力で貯めたポイントは切り替えと同時には失効することはありません。

有効期限内であればくらしTEPCOにログインすれば使えるので安心してくださいね。

電気代をお得にするなら!
Looopでんきがおすすめ

基本料金0円とわかりやすいシンプルプランで人気のLooopでんき。

おすすめ理由
●現在申し込み件数15万件突破!
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトからは、申し込み前に実際の使用量でシミュレーションもできて安心ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

実際の体験談と共に東京電力とLooopでんきを比較しましたが、料金面やメリット面でもLooopでんきの方が優れていることが分かったと思います。

Looopでんきは、一度も電力会社を切り替えたことがない!という人でも簡単に申し込めますし、安心できるサービスもあるのでおすすめです。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ