東京電力とLooopでんきの料金比較!どっちが安いか徹底検証

電力自由化から2年。

今までずっと東京電力を利用していたという方でも、お得な新電力に切り替えるなら早いに越したことはありません。

基本料金0円で大人気のLooopでんきですが、実際のところ東京電力と比べて何がどう違うのかいまいちよくわからないという方もいるでしょう。

というわけで今回は東京電力とLooopでんきを徹底的に比較し、どちらがおすすめなのかをまとめました!

東京電力とLooopでんきの料金を比較

ではまず気になる料金の違いから見ていきましょう。

東京電力とLooopでんきの基本料金・従量料金を比較し、一覧表にまとめてみました。

基本料金

契約アンペア 東京電力 Looopでんき
10A 280.80円 0円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

東京電力ではアンペア数が上がるにつれ基本料金も高くなっていきますが、Looopでんきはどれだけ使っても基本料金はずっと0円です。

基本料金に関して言えば、圧倒的にLooopでんきの方がお得ですね。

従量料金

使用電力量 東京電力 Looopでんき
~120kWh 19.52円 26円
120kWh~300kWh 26.00円
300kWh~ 30.02円

一見Looopでんきが高く見えますが、基本料金が0円なので結果的に安くなります。

どういうことか、わかりやすく計算してみたいと思います。

●120kWh使用した場合の従量料金を計算すると……

東京電力⇒19.52×120=2,342.4
Looopでんき⇒26×120=3,120

3,120-2,342.4=777.6

120kWh使用すると、Looopでんきの方が777.6円高い計算になります。

しかし、Looopでんきは基本料金が0円。

東京電力の30Aの基本料金は842.40円なので、差し引き64.8円Looopでんきの方が安い計算になります。

つまり、現時点で30A以上の契約をしている方であれば使用量に関わらず必ずお得になるというわけです。

東京電力とLooopでんきのシミュレーション結果比較

では、基本料金0円と一律料金はどれほどお得なのか?

より具体的にイメージできるよう、いくつかのケースを挙げてシミュレーションをしてみました。

「あんまり使わない家庭だと逆に高くなるんじゃない?」なんて思っている方、ぜひ最後まで結果を見てみてください。

1~2人暮らし

●30A契約、120kwh使用の場合

東京電力⇒3,184円
Looopでんき⇒3,120円

結果:Looopでんきの方が64円安い

2~3人暮らし

●30A契約、300kwh使用の場合

東京電力⇒7,864円
Looopでんき⇒7,800円

結果:Looopでんきの方が64円安い

3~4人家族

●40A契約、350kwh使用の場合

東京電力⇒9,646円
Looopでんき⇒9,100円

結果:Looopでんきの方が546円安い

4~5人家族

●40A契約、500kwh使用の場合

東京電力⇒14,149円
Looopでんき⇒13,000円

結果:Looopでんきの方が1,953円安い

5人家族以上

●50A契約、800kwh使用の場合

東京電力⇒23,436円
Looopでんき⇒20,800円

結果:Looopでんきの方が2,636円安い

結論:使う人も使わない人もお得になる!

契約アンペア数が大きく、使用量が多い家庭ほど安くなるということがわかりましたね。

現時点で電気代が高いと感じている方であれば、かなりの確率で大幅な削減が期待できます。

また、電気をたくさん使う家庭はもちろん、一人暮らしなどあまり使わない場合でもちゃんとお得になることもわかりました。

「Looopでんきは一人暮らしではお得にならない!」なんて書いてあるサイトもありますが、そんなことはないんですよ。

「一人暮らし=高くなる」「あまり使わない=高くなる」という認識は間違いだということはわかっていただけたと思います。

\基本料金・解約金・初期費用0円!お試し感覚で申し込める/

Looopでんきのメリット

それぞれのメリットも見ていきましょう。

まずはLooopでんきのメリットからご覧ください。

基本料金が0円で安い

なんと言ってもLooopでんき最大のメリットは、基本料金が0円なことでしょう。

先程シミュレーション結果を見ていただいた通り、契約アンペアが30A以上の方は全員お得になります。

それだけ基本料金が無料というのはお得なんですね。

新電力はいくつもありますが、Looopでんきのように基本料金が0円なところはかなり珍しいです。

電気をたくさん使う方はもちろん、あまり使わない方でもお得になる、かなり優秀な料金システムと言えるでしょう。

プランがシンプルでわかりやすい

Looopでんきの一般家庭向けプランはおうちプランの一種類のみ。

使用量が多い家庭はビジネスプランになることもありますが、基本的にはおうちプランが適用になります。

プランの種類や契約の条件が複雑だと、どれを選べばいいかわかりませんよね。

Looopでんきのおうちプランは使用スタイルを問わず様々な方に向いているプランなので、プラン選びで迷う心配も不要です。

従量料金も一律なので、「たくさん使うほど単価が高くなる」という煩わしさもありません。

違約金・解約金・解約手数料が0円

Looopでんきの契約期間は1年間ですが、いつ解約しても違約金はかかりません。

いつでも気軽に、無料で解約できるというわけです。

実際にLooopでんきに申し込んだ方も、お試し感覚で申し込んで満足しているので続けているという方が多いです。

気軽に契約・解約ができるのも大きなメリットと言えますね。

webやアプリで使用量が確認できる

Looopでんきには、webや無料のスマホアプリで30分ごとの使用量を確認できるサービスがあります。

使用量だけでなく、従来のプランと比べてどれだけ節約できたかを確認できる「節約額チェッカー」という機能も。

どれだけ電気を使っているか、どれだけ節約になったかが一目でわかるので、自然と節電意識が芽生えて節約も捗ります。

電気の質は変わらない

新電力への切り替えで「今までより電気の質が落ちるんじゃないの?」と心配している方もいるかもしれません。

Looopでんきも東京電力も同じ送配電網を使用しているので、電気の質は全く変わらないんです。

万が一Looopでんきに何かあった際にも、東京電力がフォローしてくれます。

これまでと生活は変わらず、ただ電気料金が安くなるというだけです。

切り替えの際に電気が使えなくなる期間が発生することもないので安心して大丈夫ですよ。

東京電力のメリット

続いて、東京電力のメリットです。

使用スタイルに合わせてプランを選べる

東京電力の家庭向けプランは大きく分けて6種類あります。

従量電灯

電力自由化以前からあるプランで、現在東京電力と契約しているほとんどの方がこのプランを利用していると思います。

特にこれと言った特徴はなく、ごくごく一般的なプランです。

プレミアムプラン

電気使用量の多い家庭向けのプラン。

400kWhまでは9,700円の定額で、400kWhを超えてからは1kWhあたり29.04円の従量料金が加算されていきます。

使用量によっては割高になってしまうので、必ず使用量を確認しておくようにしましょう。

スマートライフプラン

午前1時~午前6時の料金がかなり安く設定されているため、深夜に熱を作るオール電化住宅に向いているプランです。

スマート契約が適用になるので、使いすぎには十分注意が必要です。

スマート契約とは?

過去1年間のピーク電力をもとに基本料金が決まるというシステムです。

ピーク電力というのは、スマートメーターで計測した30分ごとの電気使用量のうち月間で最も大きい値を2倍したもの。

過去1年間の各月のピーク電力のうち最も大きい値が契約電力となり、その契約電力に単価をかけたものが基本料金になります。

つまり、電気をたくさん使いすぎてしまうとそれだけ基本料金も高くなってしまうというわけです。

夏や冬などのピーク時期に常に節電を心がけなければいけないのはちょっと窮屈ですね。

夜トクプラン

夜間の電気料金が安く、日中は不在がちな方や、夜間に電気をよく使用する方に向いているプラン。

夜トク8は午後11時~午前7時、夜トク12は午後9時~翌日午前9時までの時間帯が割安な料金設定になっています。

しかし、その分昼間の料金が高めに設定されているので注意が必要です。

また、夜トクプランもスマートライフプラン同様にスマート契約が適用になるので、使いすぎには十分注意しましょう。

スタンダードプラン

新プランの中では一番従量電灯に近いスタンダードなプランです。

スタンダードSは従量電灯B、スタンダードLは従量電灯Cとほぼ同じだと思って構いません。

大きな違いとしては、従量電灯ではガスとのセット割ができませんが、スタンダードプランであればガスとのセット割を適用させることができます。

アクアエナジー100

100%水力発電を利用して作った電気が利用できるプランです。

環境にやさしいクリーンエネルギーを使いたい方におすすめですが、料金がかなり高いので、電気料金を安く抑えたい方にはまずおすすめしません。

ガスとのセット割がある

2017年4月にガスが自由化され、東京電力からもガスを買うことができるようになりました。

「とくとくガスプラン」に加入することで、以下の割引を受けることができます。

・ガス料金が東京ガスの一般料金より3%割引

・電気料金がひと月あたり100円割引

・スタート割適用で契約から1年間ガス料金が5%割引

電気とガスの契約をまとめたいという方にはいいですが、割引率としてはちょっと物足りないですよね。

先程のシミュレーション結果から考えると、おそらくセット割を適用してもLooopでんきの方がお得になる確率は高いでしょう。

対象プラン

・スタンダードS
・スタンダードL
・スタンダードX
・アクアエナジー100
・プレミアムS
・プレミアムL
・プレミアムプラン
・スマートライフプラン
・夜トク8
・夜トク12
・動力プラン

※従量電灯では申し込みができません。

電気料金の支払いでポイントがたまる

対象プランを契約すると、電気料金の支払い1,000円ごとに5ポイントが付与されます。

貯まったポイントは、Pontaポイント、Tポイント、WAONポイント、nanacoポイントに交換でき、1ポイント=1円として利用できます。

ポイントサービスがあること自体はメリットですが、還元率としては正直微妙。

電気料金が10,000円の月でも50円分のポイントしかつきません。

200円ごとに1ポイントではなく、1,000円ごとに5ポイントなのもちょっと残念ですね。

これも先程のシミュレーション結果から考えると、Looopでんきの方がお得になる確率が高いでしょう。

対象プラン

・プレミアムS
・プレミアムL
・プレミアムプラン
・スマートライフS
・スマートライフL
・スマートライフプラン
・夜トク8
・夜トク12
・スタンダードS
・スタンダードL
・スタンダードX
・スタンダードA
・アクアエナジー100
・動力プラン

※従量電灯ではポイントは付与されません。

東京電力からLooopでんきに切り替えた人の口コミ・評判

続いて、実際に東京電力からLooopでんきに乗りかえた人達の口コミや評判を見ていきましょう。

安くなったと喜びの声続出!

Looopでんきに切り替えたことで電気代がかなり安くなったと、喜びの声が多く見られました。

一人暮らしでも安くなったという方もいますし、電気代が20%も削減できたという方もいました。

こうして実際に効果が出ると嬉しいですよね。

基本料金0円が嬉しい!

やはりLooopでんきの基本料金0円はメリットとして大きいようで、喜んでいる方がたくさんいました。

特に契約アンペア数が大きい方はその恩恵を十二分に受けられますね。

一人暮らしでもお得に!

一人暮らしでもお得になったと喜ぶ方もいました。

「一人暮らし=安くならない」というイメージを持ってしまっている方も多いですが、実際に切り替えた方の口コミがあると心強いですね。

ぜひ一度シミュレーションをしてみて、どれくらい安くなるかを確認してみてください!

自然エネルギーで地球にやさしい!

Looopでんきは電源のうち4分の1に再生可能エネルギーを使用しています。

電気代を削減するだけでなく、環境にやさしいエネルギーを使えるのは嬉しいですよね。

原発に反対する人からも支持されている

2011年の震災以来、東京電力の原子力発電には賛否が大きく分かれました。

原発反対派の方々からも大きな支持を得ています。

まとめ

以上、東京電力とLooopでんきの比較でした。

シミュレーションをしてみると、Looopでんきに切り替えることでかなりお得になることがわかりましたね。

安くなるのはもちろん、電気の質が変わることもありませんし、乗り換えるデメリットはほぼありません。

迷っている方には間違いなくLooopでんきをおすすめします。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)