まとめる前に!東京ガスに電気をセットにするより安くなる方法あります!デメリット・評判まとめ

評価:3.54 - 128件の票数

関東圏で人気な電力会社と言えば「東京ガスの電気」でしょう。

深田恭子さんのCM効果もあって契約者数をグングン伸ばしています。

●電気とガスのセット割で電気代が安くなる
●駆けつけサービスがある
●パッチョポイントが貯まる
●5,000円相当のパッチョポイントプレゼント実施中

今回は東京ガス電気の料金や利用者の口コミ、気になる特典などをまとめました。

さらに、東京ガス電気って本当にお得になるの?を確かめるために、今人気の新電力LooopでんきとENEOSでんきとも比較してみました。

結論から言うと、東京ガス電気よりもLooopでんきのほうがお得という結果になりました。

東京ガスのガスを利用している方は、東京ガス電気とまとめると確かに安くはなるんですが、実はガスは東京ガス、電気はLooopでんきと使い分けたほうがよりお得になるんです。

また、電気をたくさん使う方はENEOSでんきもLooopでんきと同じくらいお得になることもわかりました。

この記事では、そうしたお得な耳より情報も含めて東京ガス電気について徹底検証していきます。

5月限定!業界唯一最大30,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきなどに乗り換えると5月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、相談だけの方にもご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、現在申し込み者が急増しています。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、5月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

【結論】東京ガス電気よりLooopでんきやENEOSでんきの方がお得!

冒頭にも書いた通り、東京ガス電気よりもLooopでんきやENEOSでんきのほうが安くなります。

様々なケースを想定してシミュレーションしてみましたが、実はガスと電気を東京ガスにまとめて使うより、東京ガスとLooopでんき、あるいは東京ガスとENEOSでんきと使い分けるほうがお得だったんです。

実際の料金を見てみましょう。

Looopでんきと東京ガス電気の料金を徹底比較!

まずは従来の東京電力を基準に、東京ガス電気とLooopでんきとENEOSでんきの料金プランを比べてみました。

基本料金の比較

基本料金とは、電気の使用量にかかわらず毎月かかる料金です。

東京電力の基本料金を見てみましょう。

基本料金東京電力
10A280.80円
20A561.60円
30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円

自分の家が何アンペアで契約しているかによって料金が変わります。

多くの家庭では30Aか40Aで契約していると思うので、毎月842.4円~1123.2円が必ずかかっているということですね。

続いて、こちらは東京ガス電気、Looopでんき、ENEOSでんきの基本料金です。

()内の数字は東京電力との差額です。

 東京ガス
LooopENEOS
10A280.8円
(±0円)
0円
(-280.8円)
280.8円
(±0円)
20A561.6円
(±0円)
0円
(-561.6円)
561.6円
(±0円)
30A842.40円
(±0円)
0円
(-842.4円)
842.40円
(±0円)
40A1,123.20円
(±0円)
0円
(-1123.2円)
1,123.20円
(±0円)
50A1,404.00円
(±0円)
0円
(-1414.0円)
1,404.00円
(±0円)
60A1,684.80円
(±0円)
0円
(-1684.8円)
1,684.80円
(±0円)

東京ガス電気とENEOSでんきは東京電力と同額の設定になっています。

一方、Looopでんきには基本料金がありません。

基本料金がかからないということは、それだけで毎月1,000円程度も浮くということ。

極端な話、電気をまったく使わなければ電気代はかからないということなんです。

従量料金の比較

次に従量料金を比べてみました。

従量料金とは、電気を使った量(kWh)に応じて支払う料金です。

東京電力ではこうなっています。

従量料金東京電力
(単価)
120kWhまで19.52円
120kWhから
300kWhまで
26.00円
300kWhを
超える分
30.02円

たくさん使うほど単価が高くなっていることがわかります。

こちらは東京ガス電気、Looopでんき、ENEOSでんきの従量料金です。

()内の数字は東京電力との差額です。

 東京ガス
LooopENEOS
~120kWh19.49円
(-0.03円)
26円
(+6.48円)
19.52円
(±0円)

120~
300kWh
24.89円
(-1.11円)

26円
(±0円)
24.09円
(-1.91円)

300kWh~26.99円
(-3.03円)

26円
(-4.02円)
25.75円
(-4.27円)

ここで注目したいのは、従量料金が一律で変わらないLooopでんき。

従量料金が変わらないということは、たくさん使っても料金が上がることがないということ。

これが基本料金0円と合わせて、Looopでんきが安い理由なんです。

またENEOSでんきは、120kWh以上の単価が4社の中で最も安くなっていることも注目で、使えば使うほど割引額が大きくなるということなんです。

あまりピンとこない…という方もいると思うので、いくつかシミュレーションしてみました。

ご自身の使用状況と照らし合わせてみてください。

1人暮らし 1か月平均150kWh使用(約4,300円相当)

電力会社電気料金
東京電力4,245円
東京ガス電気4,109円
(-136円)
Looopでんき3,900円
(-345円)
ENEOSでんき4,188円
(-57円)

⇒最安:Looopでんき

一般的な一人暮らしの方だと、一か月の電気使用量はだいたい150kWhくらいです。

基本料金0円のLooopでんきが群を抜いて安いことがわかります。

日中はお仕事などでほとんど家にいない、という方はLooopでんきが最もお得になりますね。

2人~3人家族 1か月平均300kWh使用(8,000円相当)

 

電力会社電気料金
東京電力8,142円
東京ガス電気
7,842円
(-300円)
Looopでんき7,800円
(-342円)
ENEOSでんき7,802円
(-340円)

⇒最安:Looopでんき

二人暮らしや節約志向の3人家族など、毎月の電気代が8,000円前後の場合でもLooopでんきが一番安くなりますね。

とはいえ、ENEOSでんきもLooopでんきとほぼ同額の安さ。

特に、使用量が増えていくとこの二つの新電力はさらにお得になっていきます。

4~5人家族 1か月平均500kWh使用(約14,000円相当)

電力会社東京電力
東京電力14,427円
東京ガス電気
13,470円
(-957円)
Looopでんき13,000円
(-1,427円)
ENEOSでんき12,952円
(-1,475円)

⇒最安:ENEOSでんき

戸建てかマンションか、またはペットを飼っているかなどにもよりますが、4~5人家族の1か月あたりの平均的な電気使用量は500kWhです。

東京電力と契約している場合、おおよそ毎月の電気代は14,500円です。

これくらいの使用量になってくると、ENEOSでんきのほうがLooopでんきより安くなるケースも出てきます。

いずれも東京ガス電気より毎月500円近くも安くなるので、たくさん使う方はなおさらLooopでんきやENEOSでんきがお得になると言えますね。

多人数世帯 1か月平均600kWh使用(1か月17,000円相当)

 

電力会社電気料金
東京電力17,429円
東京ガス電気16,220円
(-1,209円)
Looopでんき15,600円
(-1,829円)
ENEOSでんき15,808円
(-1,621円)

⇒最安:Looopでんき

お子さんの多い家庭や二世帯住宅など、たくさん電力を使う方の場合に一番安くなるのはLooopでんきでした。

東京ガス電気はLooopでんきやENEOSでんきに比べると、割引額が劣ることがおわかりだと思います。

ちなみにENEOSでんきの場合は2年契約のプラン「にねん とく²割」に入ると15,688円となり、これもまたLooopとほぼ同額の安さになります。

いずれにしても、東京ガス電気よりも安くなるのは明らかですね。

結論!結局お得なのはLooopでんきとENEOSでんきのどっち?

いろいろとシミュレーションしてきて、東京ガス電気は決して安くないということがわかったと思います。

電気とガスを東京ガスにまとめるより、電気はより安い新電力と契約したほうがお得になるんですね。

では結局、LooopでんきとENEOSでんきではどちらがおすすめなの?というと…

Looopでんき

おすすめはこんな人!
  • 使った分だけ電気代を支払いたい方
  • 家を空ける機会が多い方
  • 難しいことは考えず、シンプルに安くしたい人
  • Looopでんきのメリットは「基本料金0円」「シンプルな料金プラン」

    最低料金などは一切なく、使った分だけ払えばいいLooopでんき。

    一人暮らしであまり家にいない方や、難しい料金プランを考えずとにかく安くしたいという方におすすめです。

    特にシンプルな料金プランは、家族が増えたり電気を使う環境が変わった時にプランを見直す必要ないので、大きなメリットだと思います。

    さらに、5月限定で下記窓口から申し込むと、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    Looopでんきは契約手数料・解約金・違約金は一切ナシ。契約期間の縛りもないので、試しに乗り換えてみるというのも全然アリです。

    電気の乗り換えでキャッシュバックがもらえる機会はそうそうないので、乗り換えるなら5月中が絶好のチャンスだと思います。

    下記の窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    ENEOSでんき

    おすすめはこんな人!
  • 電気をたくさん使う人(10,000円~/月)
  • ガソリン代などの割引を受けたい人
  • ENEOSでんきはたくさん電気を使った場合の単価が安いので、使用量が多い方におすすめです。

    特に毎月の使用量が400~600kWhの方(月10,000円を超えるような方)は特にお得になるでしょう。

    また、ガソリン代の割引が受けられたり、Tポイントが貯まったりというLooopでんきにはないメリットもあります。

    Looopでんきのほうが若干安くなる場合が多いですが、車をよく使う方やポイントを貯めたい方にはとってもおすすめです。

    また、ENEOSでんきも5月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じです。

    下記の窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    まだ検討中という方へ

    本当に申し込んで大丈夫かわからない、結局どこにしたらいいかわからない…という方は、こちらの窓口でご相談がおススメです。

    あなたの生活スタイルや住んでいるエリアから、本当にその電力会社でお得になるのか、どれくらい安くなるのかを調べてくれます。

    また、より自分にぴったりな電力会社を探してくれたり、場合によっては今のままのほうがいいと教えてくれることもあります。

    強引な勧誘などもなくて安心ですし、まずは「本当に切り替えて大丈夫かな?安くなるのかな?」くらいの気持ちで問い合わせできます。

    以下の窓口から『エリアチェック』に必要事項を入力することで、詳しく確認してもらえます。

    東京ガス電気のメリット

    さてここからは、東京ガス電気のメリットを見ていきましょう。

    人によってはメリットにならない要素もあるので、自分にとって得になるかどうかを確認してみてください。

    また、他の新電力でも同じようなメリットがある場合はそちらも調べてみました。

    解約金・違約金が0円

    東京ガスの電気には解約金・違約金・解約手数料がありません。

    つまり、いつでも無料で解約できるということです。

    他の新電力はどうでしょう?

    ●Looopでんき→違約金0円
    いつ解約しても大丈夫で手続きなども不要です。

    ●ENEOSでんき→違約金0円
    にねん とくとく割の場合24か月目の契約満了月以外だと1,080円発生します。

    ●ハルエネ電気→違約金9800円発生
    契約期間は3年の自動更新になっているので更新月(36ヶ月目とその翌月)にカスタマーセンターに連絡します。

    ●ミツウロコでんき→違約金0円
    契約期間は原則1年間ですが、期間内で解約しても違約金などは発生しません。

    ●東急電気→違約金0円
    イッツコムとのセット割引の場合、2年または3年の更新月以外の解約で9,500円の違約金発生します。

    解約金無料の新電力もいくつかありますが、多ければ10,000円ほどの解約金がかかる新電力もありますのでこの点はメリットと言えるでしょう。

    例えば新電力に乗り換えて、電気代が思ったように安くならなかったり、対応が悪かった場合には、いつでも他の新電力に変更することもできます。

    お試し感覚で新電力を利用してどれだけ安くなるか試してみるのもありだと思います。

    先述でオススメしたようにお試しで乗り換えるなら基本料金無料のLooopでんき。

    長く契約して同じ新電力を使おうと思うならENEOSでんきがおすすめです。

    どちらも5月中なら30,000円のキャッシュバックが付いてきます。

    ガスとのセット割で毎月電気代が270円安くなる

    東京ガスの電気には、もちろんガスとのセット割があります。

    契約するプランによって割引額は異なります。

    ファミリーセレクト(ずっとも電気1)⇒電気の基本料金から270円割引
    スマートセレクト(ずっとも電気1S)⇒電気料金から、電気料金に0.5%をかけた金額を割引

    具体的にいくらくらいの割引になるのか、簡単にシミュレーションしてみましょう。

    【例】電気料金が5,000円の場合

    ファミリーセレクト⇒4,730円(270円割引)
    スマートセレクト⇒4,975円(25円割引)

    【例】電気料金が10,000円の場合

    ファミリーセレクト⇒9,730円(270円割引)
    スマートセレクト⇒9,950円(50円割引)

    正直、割引額としてはあまり大きくありませんね。

    どうしても電気とガスの請求をまとめたいという方でなければ、キャッシュバックなども付いた他の新電力のほうがお得になる場合も多いです。

    東京ガストリプル割は違約金リスクに注意

    東京ガスの「ガス・電気セット割」に加えて東京ガス提携プロバイダ光に申し込むと、「東京ガストリプル割」が適用になります。

    東京ガスの提携プロバイダは8種類あり、それぞれ割引額が異なります。

    プロバイダごとの割引額

     戸建住宅集合住宅
    Asahiネット300円300円
    BBエキサイト110円110円
    BIGLOBE300円200円
    DTI250円100円
    OCN100円100円
    ぷらら100円100円
    So-net200円200円
    @nifty200円200円

    東京ガストリプル割適用までの流れ

    ざっくり言うと、以下の2ステップで完了します。

    ➀電気・ガスセット割に加入する
    ➁東京ガストリプル割適用の申し込みをする

    東京ガスの提携プロバイダの光コラボを利用している方は、その光コラボに「東京ガスのトリプル割を適用させたい」という旨を伝えましょう。

    既にOCN、ぷららを利用している方は対象外なので、新規に申し込む方しか利用できないということになります。

    乗り換えの際の違約金に注意!

    ネットも東京ガスにまとめる際、提携プロバイダ以外の光回線を利用している際には現在利用している光回線の解約が必要になります。

    場合によっては、数万円の違約金がかかることもあるので要注意。

    いくら割引がきくと言っても、その際に多額の違約金を取られてしまっては元も子もありませんからね。

    また、光回線の乗り換えには工事やそれに伴う費用が必要な場合が多く、それを差し引いてもお得なのかと言われれば微妙に感じてしまいます。

    ガスや光回線の乗り換えが誰でもできるようになった今、あえて全てをまとめてしまうより、それぞれお得になる会社と契約したほうがいいと私は思います。

    とにかく電気代を安くしたい!という方にはLooopでんきやENEOSでんきなどの新電力がオススメです。

    どちらもキャッシュバックが付いてきますしね。

    LooopでんきやENEOSでんきの申し込みはこちらの窓口からできます。

    多彩な用途があり便利なパッチョポイント

    東京ガスのWEB会員サービス「myTOKYOGAS」に登録すると、月々の電気料金に応じて「パッチョポイント」という独自のポイントがたまります。

    ポイント還元率は、1,000円ごとに15ポイント。

    【例1】ひと月の電気料金が5,000円の場合

    1ヶ月⇒75ポイント
    12ヶ月⇒900ポイント

    【例1】ひと月の電気料金が10,000円の場合

    1ヶ月⇒150ポイント
    12ヶ月⇒1,800ポイント

    一見少なく見えますが、他の新電力では200円で1ポイント程度なことがほとんどなので、東京ガスのポイント還元率はかなりいい方だと言えるでしょう。

    パッチョポイントはdポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイント、nanacoポイントなどの提携ポイントと交換(500ポイントから)できます。

    提携ポイントの他には、そのままパッチョグッズと交換したり、抽選への応募や寄付、ガス機器の買い物に使うこともできます。

    ちなみにパッチョというのは、東京ガスのマスコットキャラクター。

    この子ですね。

    この異常にプリプリなお尻がたまらないと、ネット上には熱狂的なファンも多いです。

    ちなみに東京ガスの電気のマスコットキャラクターは、こちらの電パッチョ。

    左の黄色い方です。

    電パッチョもパッチョ同様プリプリのお尻がチャームポイントで、後発のキャラクターながらも人気を誇っています。

    パッチョグッズは530ポイントのクオカードから3,800ポイントのぬいぐるみまで様々なものがあります。

    一般販売はしておらず、ここでしか手に入らないので、パッチョファンの方は要チェックです。

    クックパッドの人気順検索が利用できる

    「myTOKYOGAS」の特典として、クックパッドのプレミアムサービスで利用できる人気順検索機能が利用できます。

    クックパッドをよく使う方には嬉しいですね。

    ただし、この機能を利用できるのはファミリーセレクトとガスのセット割を契約している方だけが対象。

    使用量の少ない方向けのプラン「スマートセレクト」を契約している方や、ファミリーセレクトでもガスとセットで契約していない方は対象外になります。

    ちなみにクックパッドのプレミアムサービスは月額280円で10種類ほどの有料機能が利用できますが、東京ガスの特典で利用できるのは人気順検索機能のみ。

    とはいえ人気のクックパッドの有料サービスが無料になるのは嬉しいですよね。

    僕もつかっていますが、このサービスめちゃくちゃ便利です。

    使用量や請求額がWEBで確認できる

    WEB会員サービス「myTOKYOGAS」に登録すると、毎月の電気・ガスの使用量や請求額がWEB上で確認できます。

    また、家族の人数や部屋数、契約種が似た家庭の平均的な使用量と比較することもできます。

    自分の電気使用量が平均と比べて多いか少ないかが気になるという方には嬉しい機能ですね。

    ほとんどの新電力にWEB明細機能はあるので東京ガス独自のメリットというわけではありませんが、自然と節約意識が芽生えるので積極的に活用したいですね。

    2つの駆け付けサービス

    東京ガスには、2種類のかけつけサービスがあります。

    電気トラブルサポート

    電気設備や通電不漁に関するトラブルに対応してくれます。

    24時間365日受付をしており、60分以内の作業であれば無料でやってくれます。

    ファミリーセレクト、スマートセレクトを契約している方が対象になります。

    生活まわり駆けつけサービス

    こちらは電気に関するトラブルだけでなく、水まわりや玄関の鍵、窓ガラスのトラブルに対応してくれます。

    24時間365日受付、30分以内の作業であれば無料でやってくれるというもの。

    ただし、このサービスを利用できるのはファミリーセレクトでガスのセット割を契約している方だけが対象。

    使用量の少ない方向けのプラン「スマートセレクト」を契約している方や、ファミリーセレクトでもガスとセットで契約していない方は対象外になります。

    まとめ:電気とガスをまとめることに特別こだわりがなければ他の新電力も魅力的

    ここまで東京ガス電気のメリットを見てきました。

    CMでも有名なセット割は、実はそこまで安くならないことがわかりました。

    また、トリプル割は光回線も含めてまとめてしまおうと決めている人にとっては魅力的ですが、今後さらに安い会社やプランが出てきた場合を考えると、少し躊躇してしまうかもしれませんね。

    一方、パッチョポイントやクックパッドなど、東京ガス電気ならではのサービスにこだわりのある方にはおすすめな新電力であると思います。

    ただ、各社それぞれ独自のキャンペーンなどはありますし、ご自身が本当に必要だと思うかによって選ぶことが大事でしょう。

    ちなみに、私自身は料金が抜きんでて安いLooopでんきを契約して使っています。

    Looopでんきの他にもガソリン代が安くなるENEOSでんきやキャッシュバックが豊富なハルエネでんきなど、お得な新電力はここの窓口から申し込めます。

    5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

    LooopでんきやENEOSでんきなどに乗り換えると5月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます!

    電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

    下記の窓口は対応もよく、相談だけの方にもご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

    複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

    元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、現在申し込み者が急増しています。

    電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

    電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

    ※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

    ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

    いつ解約しても違約金もかからないですし、5月中のお早めに申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    契約前に知っておくべきデメリット

    東京ガスの電気にはあまり大きなデメリットはありませんが、東京ガスを検討している方は必ず目を通しておいてください。

    使用量が少ないとほとんど安くならない

    以前は、東京ガスの電気の最大のデメリットといえば「使用量が少ないと割高になること」でしたが、2018年4月から使用量が少ない方向けのプラン「スマートセレクト」がスタートし、割高になることはなくなりました。

    とはいえ、一人暮らしなど電気をあまり使わない方はほとんど安くなりません。

    電気料金に応じてもらえるパッチョポイントもほとんどたまらないので、先程紹介したメリットはあまり実感できないかもしれませんね。

    他社と比較して一番安いわけではない

    冒頭でも解説しましたが、東京ガスの電気は東京電力エリアで一番安いというわけではありません。

    実際に電気料金のシミュレーションをしてみると、Looopでんきなど他にもっと安い新電力がありましたね。

    料金以外のメリットを重要視する方はかなりおすすめですが、とにかく電気代を安くしたいという方は他の新電力も検討してみても良いかもしれません。

    基本的に口コミ・評判は良い

    東京ガスの電気に関する口コミをまとめました。

    基本的に良い口コミが多いですが、中には悪い評判もあるので、参考程度にご覧ください。

    めちゃくちゃ安くなった

    東京ガスに切り替えて電気料金が安くなったという方の口コミです。

    電気をある程度たくさん使う家庭であれば、しっかりとお得になる実感が得られます。

    もともと東京ガスの都市ガスを利用していて請求をまとめるために東京ガスの電気に契約した方も多いでしょうが、結果的に料金に満足しているようですね。

    契約期間の縛りがないのが良い

    解約金がかからない点を評価している方もいました。

    セット割を適用させても契約期間の縛りが発生しないというのはいいですよね。

    もちろん東京ガス以外にも契約期間や解約金がない新電力は多くありますが、個人的には解約金の有無はとても大事だと思っています。

    誠実な対応に感動

    安くならないケースであればきちんとそれを説明し、無理な契約はしない誠実な対応に感動の口コミも見つかりました。

    確かに東京ガスの営業・勧誘には悪い評判も多いですが、みんながみんなそうというわけではありません。

    このように、きちんとした対応をしてくれる人もいます。

    これは東京ガスに限った話ではありませんが、どんな対応をするスタッフに当たるかは運によるところもあります。

    良い評判にしろ悪い評判にしろ、あまり鵜呑みにしすぎない方がいいでしょう。

    パッチョポイントが便利!

    様々な提携ポイントと交換できる点を評価している方もいました。

    Tポイントや楽天ポイントなど、比較的使用頻度の高いポイントと交換できるのがありがたいですよね。

    パッチョポイントは還元率も良いので、よく使うポイントが提携ポイントになっているという方にはかなりおすすめです。

    パッチョのために乗り換えを検討する人々

    なんと、マスコットキャラクターのパッチョと電パッチョのために契約を検討しているという方も少なくありませんでした。

    中にはパッチョのために本当に契約をしてしまう人も。

    電力会社を選ぶ決め手は人それぞれですが、マスコットキャラクターのために契約をしたという口コミは東京ガス以外で見たことがありません。

    料金は二の次で契約をさせてしまうパッチョ(のお尻)には悪魔的な魅力があるようです。

    勧誘の仕方に疑問の声も

    勧誘の仕方に苦言を呈する方も少なくありませんでした。

    このような口コミは東京ガスに限らず多くの新電力でも耳にします。

    いくらサービスが良くても、営業の仕方一つで印象はガラッと変わってしまいます。

    これは東京ガスではなく営業している会社に問題がありますが、利用者のためにも早く改善してほしいですね。

    おまけ:パッチョ愛が止まらない人々

    やはり人々を魅了してやまないのはその“尻”のようですね。

    パッチョポイントをためるともらえるブックエンドは「最高の尻」と称賛を受けています。

    中には、パッチョポイントをためるためにわざと電気やガスをたくさん使うという方もいました。

    世の大半の人は電気代やガス代を削減することを第一目標としていると思いますが、パッチョポイントのためなら光熱費がかさむのも厭わないというその一途な愛には脱帽の一言です。

    東京ガスの電気のキャンペーン情報

    東京ガスの電気のキャンペーン情報をまとめました。

    5000円分のパッチョポイントがもらえるキャンペーン

    2019年5月2日から5月31日までお得なキャンペーンが始まってます。

    キャンペーン期間

    2019年5月2日~2019年5月31日

    キャンペーン特典

    5000円相当のパッチョポイントをプレゼント

    適用条件

    ①キャンペーン期間中に東京ガス電気の「ずっとも電気」を新規で申し込む
    ※電気の需給開始日が2019年5月2日~2019年9月30日の方が対象になります

    ②Web会員サービス「myTOKYOGAS」に登録する

    キャンペーンコード

    東京ガス電気を申し込む際に「キャンペーンコード」を記入する欄があります。

    キャンペーンコードの入力方法

    ●東京ガスのリフォームの利用
    ●東京ガスの地域窓口での買い物

    この2つのどちらかでキャンペーンコードを入手ることができます。

    ネット上ではコードを入手することはできませんのでご注意ください。

    上記の2点でキャンペーンコードを入手した方は東京ガス電気にお申込みの際に申込書に入力欄がありますのでそちらにご記入ください。

    キャッシュバックキャンペーン

    東京ガス電気でのキャッシュバックキャンペーンはありません。

    東京ガス電気というより新電力会社がキャッシュバックを実施しているところはほとんどありません。

    特に公式サイトからの申し込みで現金キャッシュバックをしている新電力はないです。

    なのでキャッシュバックを受け取りたい場合などはお見積り窓口などを利用するとよいでしょう。

    こちらの窓口から申し込むと最大30,000円の現金でのキャッシュバックを受け取ることができます。

    上記窓口の『エリアチェック』に必要事項を入力することで申し込みができます。

    電力会社を切り替える予定の方は公式サイトからではなくこのような窓口を利用してみてください。

    東京ガスの電気の基本情報

    申し込み方法や支払い方法など、東京ガスの電気を申し込む前に押さえておきたい情報をまとめました。

    提供エリアは都市ガスと異なる

    東京ガスの電気の提供エリアは以下の通り。

    ・東京都
    ・神奈川県
    ・埼玉県
    ・千葉県
    ・茨城県
    ・栃木県
    ・群馬県
    ・山梨県
    ・静岡県(富士川以東)

    ※離島は除く

    東京ガスの提供エリアとは異なるので注意しましょう。

    申し込み方法は3通り

    東京ガスの店舗、電話、WEBの3通りから申し込みができます。

    申し込みの際には検針票が必要になるので、捨てずにとっておくようにしましょう。

    支払い方法は3通り

    支払い方法は、口座振替、クレジットカード払い、払込票の3通りから選べます。

    利用できるクレジットカード

    VISA、JCB、MasterCard、Diners、AmericanExpress、EAON CREDIT、OMC、Orico、SAISON、JACCS、Cedyna、CF、TS3、DC、NICOS、UFJ Card、MUFG CARD、UC、UCS、LifeCARD、EPOS CARD

    マンション・アパートでも申し込み可能

    マンションやアパートなどの賃貸住宅でも申し込みが可能です。

    ただし、建物で一括受電をしている場合には契約ができないので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

    これは東京ガスに限らず、ほとんどの新電力に共通しています。

    利用にはスマートメーターへの交換が必要

    東京ガスの電気を利用するためには、従来のアナログメーターからスマートメーターへの交換が必要になります。

    切り替え工事は原則無料、原則立ち会い不要、基本的に停電もありません。

    こちらも東京ガスに限らず、ほとんどの新電力に共通しています。

    おすすめはLooopでんき

    Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

    おすすめの理由
    ●基本料金が0円
    ●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
    ●とにかく安い
    ●ブレーカーが落ちる心配がない
    ●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
    ●使用量がリアルタイムで把握できる
    ●トラブル時のサポートが充実!
    ●対応が良い
    ●契約者の評判が本当に良い

    今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

    下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
    ⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

    私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

    新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

    料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

    余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

    66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

    新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

    私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

    会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

    どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

    ※5月限定!最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます

    Looopでんきに申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが付くということは、その分電気料金を節約したのと同じ。

    Looopでんきは人気なので、申し込みが込み合う可能性があります。

    切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    まとめ

    東京ガスの電気には、確かにメリットはあります。

    特にパッチョポイントの還元率は他社と比較してもかなり優れています。

    しかし、電気料金の安さで言え他社に劣ってしまっているのが事実。

    とにかく請求を一つにまとめたい方やパッチョグッズを手に入れたい方はいいですが、電気料金の削減をしたいのであれば Looopでんきなどの安い新電力への切り替えをおすすめします。

    評価:3.54 - 128件の票数

    おすすめはLooopでんき

    自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

    公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

    心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

    5月期間限定で下記から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    期間限定!最大30,000円キャッシュバック

    コメント

    1. エイブル より:

      確かに東電の客を狙ってガスと電気をまとめさせようと営業がすごい。うちにも電話が掛かってきてゴリゴリの営業をされた(笑)
      で、実際にいくら安くなるのか聞いてみると、年間2千円ぐらいは安くなりますよ!って自信たっぷりの感じで言われたけど、たったそれだけ?

    2. MARBLE より:

      東ガスって利益が出る客とそうでない客をしっかりと区別してて好きじゃない

    3. 脱原発 より:

      >MARBLEさん

      分かる。先日東京ガスに切り替えようと調べてみたけど、1人暮らしのような電気をあまり使っていない世帯では全然安くならない。差別すんなよって思う。

    4. 東京ガス最悪 より:

      東京ガスはおすすめしない。
      引越し日に使えるようになっているはずなのに、なぜか一向に開通しない。電話で確認しても数人の担当者に引き継がれ、その度に一から要件を言わないといけない始末。まあ私のような客が離れていっても良いと思っているだろうが、同じ思いをしている人が増えた時に思い知ると思う。

    5. えり より:

      なんか東京ガスが微妙と感じる投稿が多いようですが、数か月前に切り替え作業が完了してちゃんと安くなってますよ(笑)

    6. TARO より:

      切り替え後にトラブルがあって電話したけど、問い合わせ窓口の佐々木?という女性、対応が酷過ぎる。契約前の電話ではあんなに親切な対応だったのにな!解約金ないし他のところに切り替えます。

    7. ああ より:

      CMにあれだけお金を使っても余裕で回収。だったらCMとか減らしてもっと安くしないさいよ

    8. ああ より:

      >ああ
      同感です。ただ東京ガスに限った事じゃないけどねw

    9. 佐藤郁也 より:

      東京ガスをそこまでお勧めしているような記事に思えませんでしたが、このサイトの管理人さんはどこが一番安いと思っているのでしょうか?

    10. ERIKO より:

      LooopでんきかHTBが安さでは2強。みんなが知らないのは東京ガスみたいに広告費を捻出できないため。

    11. ymt より:

      1人暮らし 1か月平均180kWh使用(約5,000円相当)
      の表が間違っています.Looop電気は4590円です.

      1. まさやん より:

        コメントありがとうございます。
        見直しましたら、シミュレーションで想定した使用量が実際は150kWhであったところ、記事には間違えて180kWhと記載していました。
        表にある料金はすべて150kwhで計算しているので、Looopでんきを含め数字自体に誤りはありませんが、混乱させてしまい申し訳ありませんでした…

        180kWh使用を150kwhに訂正しました。ご指摘ありがとうございました。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)