東京ガスの電気は一人暮らしには向いてない?料金・サービス徹底解説

東京ガスに電気もまとめたいけど、一人暮らしにもおすすめ?電気代は本当に安くなる?など気になっていませんか。

東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない方向けの「ずっとも電気1S」というプランが用意されています。

しかし料金プランを詳しく見てみると、実はガスとのセット割を適用させてもごくわずかしか安くならないことが判明しました。電気料金の節約を考えている方には、東京ガスの電気よりも他の安い新電力を契約した方がおすすめです。

この記事では一人暮らしで東京ガスの電気を検討している方に向けて、電気料金の仕組みや具体的な節約額を詳しく解説していきます。

最後に、それでも東京ガスの電気を選ぶならどんな一人暮らしに向いているのかもまとめたので、ぜひ参考にしてください。

東京ガスの電気は一人暮らしでは安くない?

早速、東京ガスの電気を一人暮らしの方が契約した場合の電気料金について見ていきます。

結論から言うと、東京ガスの電気に乗り換えてもほとんど電気代を安くすることはできません。

電気料金はあまり安くならない

電気料金は毎月固定でかかる「基本料金」と、電気を使った分だけ支払う「従量料金」の2つの合計で成り立っています。

東京ガスの一人暮らし向け「ずっとも電気1S」プランは、東京電力の料金に対して基本料金は同じで、従量料金が安くなるように設定されています。

東京ガスの料金表を東京電力と並べてみました。
 東京ガス東京電力
基本料金10A286円286円
20A572円572円
30A858円858円
40A1,144円1,144円
50A1,430円1,430円
60A1,716円1,716円
従量料金~120kwh19.85円19.88円
120kwh~300kwh25.35円26.48円
300kwh~27.48円30.57円
基本料金は東京電力と同じです。従量料金は電気の使用量(kwh)によって適用される単価が変わりますが、全ての単価で東京電力より安くなっています。

料金表だけでは分かりにくいので、実際に複数の一人暮らしの使用量を想定していくら節約できるかをシミュレーションしたのでご覧ください。
▼現在の電気代東京ガス
2,800円-3円
3,500円-15円
4,000円-38円
5,000円-79円
5,500円-100円
このように、東京ガスに乗り換えても数円から多くても100円程度しか安くなりません。勤労世帯の一人暮らしの方は電気代は4,000円台が相場ですから、月に数十円の節約しかできないことになります。

一人暮らしでは電気をあまり使わないため、使用量が少ない時(~120kwh)の単価が主に適用されます。東京ガスは120kwhまでの単価は東京電力と0.03円しか変わらないので、微々たる額しか安くすることができないのです。

東京電力より高くなることはありませんが、ほとんど安くすることもできないので節約を考えている方には不向きでしょう。

他社新電力の方が安い

電気代を節約したいと考えている一人暮らしの方は、東京ガスより他の新電力を選んだほうが安くてお得です。

今より5%電気代を節約できる「リミックスでんき」、東京ガス同様に電気とガスをセットにできる「CDエナジー」と節約できる金額を比べてみます。
▼現在の電気代東京ガスリミックスでんきCDエナジー
2,800円-3円-140円-113円
3,500円-15円-175円-117円
4,000円-38円-200円-119円
5,000円-79円-250円-124円
5,500円-100円-274円-179円
電気とガスをセットにすることにこだわりがないのであれば、リミックスでんきを選ぶと最もお得です。

リミックスでんきは東京電力の料金を基準に、基本料金・従量料金がそれぞれ5%安くなるように設定されています。

また電気とガスをまとめたい方は、東京電力の値段から毎月100円安くなるCDエナジーの方がお得です。CDエナジーではガス代も東京ガスより安くなります。

このように一人暮らしで電気代を安くしたいなら、東京ガスより他社を選んだほうが電気代を安くすることができるためおすすめです。

「ずっとも電気1」を選ぶと高くなる

東京ガスには、ファミリー世帯向けの料金プラン「ずっとも電気1」も用意されています。

このプランは電気をたくさん使うと「ずっとも電気1S」よりお得になりますが、電気使用量が少ないとむしろ東京電力よりも高くなってしまいます。

東京電力、ずっとも電気1、ずっとも電気1Sの料金表を並べたので簡単に見比べてみてください。
 東京電力ずっとも電気1Sずっとも電気1
従量料金~120kwh19.88円19.85円23.67円
120kwh~300kwh26.48円25.35円23.88円
300kwh~30.57円27.48円26.41円
東京ガスの「ずっとも電気1」は、赤字で示した電気の使用量が少ない時に適用される単価が高くなっていることが分かります。

電気料金に換算すると、東京電力で7,000円以下の方は「ずっとも電気1」で割高になります。該当する一人暮らしの方は間違えて契約しないように注意してください。

セット割もあまり安くない

東京ガスの電気では、電気とガスをセットで契約することでセット割も用意されています。

しかし、東京ガスのセット割はわずか0.5%OFFにしかならないため、ほとんど安くすることはできません。

一人暮らしの電気使用量を例に、セット割適用前、適用後の料金をご覧ください。
▼現在の電気代セット割適用前セット割適用後
2,800円-3円-17円
3,500円-15円-32円
4,000円-38円-55円
5,000円-79円-103円
5,500円-100円-126円
このように東京ガスでは、仮にセットで契約したとしても一人暮らしでは10~20円程度しか割引が適用されません。これくらいの額であれば、もとから安い電力会社を選んだほうがお得になります。

なお、東京ガスに電気とガスをまとめても、ガス代の割引はありません。そのためガス代を安くすることもできません。

一人暮らしでも東京ガスの電気が向いている人

このように、東京ガスの電気は一人暮らしの方が契約しても料金面ではほとんどメリットはありません。ただし、節約以外を重視するなら、一人暮らしで東京ガスを選んでもいい場合もあります。

一人暮らしでも東京ガスの電気が向いている人のは、具体的には以下の3パターンが考えられます。
  1. 1.すぐに電気とガスをまとめにしたい人
  2. 2.ポイントを貯めたい人
  3. 3.トラブルサポートを充実させたい人
電気とガスをまとめられる会社は東京ガス以外にもありますが、他社を選んだ場合は電気・ガス両方の切り替え手続きが必要になります。一方で東京ガスにまとめるのであれば電気の切り替え手続きだけで済みます。また、改めてお得な会社を探すのが面倒という方は、そのまま東京ガスを選んでも良いでしょう。

他にも東京ガスでは様々なポイントと交換できるパッチョポイントを貯められたり、幅広い生活まわりのトラブルを無料で対応してくれるサポートが付いてきたりと特典が豊富です。

電気代をとにかく安くしたいという方には不向きですが、それ以上にポイント特典やサポート対応などのサービス面を重視する一人暮らしの方には東京ガスの電気は向いていると言えるでしょう。

ポイント特典やサポートサービスに興味がある方は公式サイトで詳細を確認してみてください。

契約件数全国NO.1!東京ガスの電気

選ばれている理由
●電気とガスをまとめてお得
●年間20,000円以上の節約も可能
●毎月の支払いでパッチョポイントが貯まる
●初期費用・解約違約金0円

電気代の支払いに応じてパッチョポイントが貯まってお得◎

セット割でお得になるので「電気とガスをまとめて節約したい!」という人にピッタリです!

\24時間申し込み受付中/東京ガスの電気公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

東京ガスの電気は一人暮らしではほとんど電気代を安くすることができず、あまりおすすめできないという結論になりました。

光熱費を少しでも節約したいなら、一人暮らしでも安くなるリミックスでんきや電気・ガスともに割引になるCDエナジーなどの他社を検討した方がお得です。

一方でこの記事では詳しく触れませんでしたが、東京ガスではポイント特典やサポートサービスが用意されています。同様のサービスを展開する他社に比べても特典内容が豊富なため、これらのサービス面を重視するなら契約しても良いでしょう。

一人暮らしの方でも何を重視するかはそれぞれだと思うので、この記事を読んでぜひ理解を深めてください。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ