東京電力エリア(関東)で安くておすすめな電力会社ランキング!【10社比較】

東京電力エリア(関東)は全国でも特に新電力の数が多いので、電力会社選びも一苦労ですよね。

この記事では、東京電力エリアで利用できる10社を比較し、安くておすすめの電力会社を紹介しています。

「とにかく手っ取り早くおすすめの電力会社が知りたい!」という方に役立つ情報をまとめたので、ぜひご覧ください!

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用、解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力の子会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

電気の切り替えは遅くなるほど損なので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

東京電力エリア(関東)で安くておすすめの電力会社ランキングTOP3

ではまず、東京電力エリア(関東)で利用できる安くておすすめ電力会社TOP3をご覧ください。

電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

1位:あしたでんき

おすすめポイント
・業界最安!圧倒的な安さ
・基本料金が0円
・解約金、違約金が0円
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・利用者の評判が良い
・Amazonギフト券2,000円分がもらえる!

あしたでんきは業界最安の料金で、かつ利用者にもメリットが多いので、迷うことなく1位に選びました。

料金は後ほどシミュレーションもしていますが、とにかくあしたでんきが群を抜いて安いです。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

9月末までの限定キャンペーンなので、ぜひ積極的に活用しましょう!

下記のあしたでんき公式サイトから申し込むとキャンペーンが適用になりますよ!(※キャンペーンコードの入力は不要です)

ちなみに、あしたでんきは初期費用・解約金が0円なので気軽に申し込むことができます。

実際に私も軽い気持ちであしたでんきに切り替えましたが、毎月1,500円近く安くなりとても満足しています。

万が一思ったより安くならなければいつでも無料で解約できるので、お試しで申し込んでしまうのもOKですよ。

2位:エルピオでんき

エルピオでんき

おすすめポイント
・40A以上はかなり安くなる
・プランがシンプルでわかりやすい
・期間限定で最大2万円のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン中

エルピオでんきは、千葉のLPガス会社「エルピオ」が運営している新電力で、とにかくシンプルに電気料金が安いのが特長です。

他の新電力にあるようなセット割やポイントサービスはありませんが、純粋に電気料金が安くなるので、他の新電力と比較しても大幅な電気代の削減が期待できます。

東京電力エリアでは使用量が多い方向けやオール電化の方向けなど様々なプランが用意されているので、幅広い使用スタイルの方におすすめできます。

1位のあしたでんきは2つのプランしかないため、より自分に合ったプランを見つけたいという方にもエルピオでんきはおすすめです。

さらに今なら、期間限定で最大20,000円のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施中です。

下記の公式サイトからの申し込みで適用になるので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

3位:親指でんき

親指でんき

おすすめポイント
・基本料金0円で安い
・生活スタイルに合わせたプランが選べる
・解約金0円

基本料金0円・一律従量料金単価・解約金0円と、あしたでんきとよく似たサービスの親指でんき。

従量料金単価があしたでんきよりも少しだけ高いため、3位にランクインです。

親指でんき独自のサービスといえば、生活スタイルに合わせて選べるユニークなプランでしょう。

一番人気のシンプルな「いいねプラン」の他には、ペットショップの割引などの特典が受けられる「わんにゃんプラン」、夜間の料金が安くなる「ゲームプラン」、契約すると美容液などのサンプルがもらえる「ビューティープラン」などがあります。

中でもおすすめ21時以降の料金がかなり安くなる「ゲームプラン」で、夜型の生活の方では1位のあしたでんき以上の節約額も期待できます!

さらに今なら、親指でんきへの申し込みで期間限定で3,000円のAmazonギフト券がもらえます。

下記の公式サイトからの申し込みで適用になるので、ぜひチェックしてみてください!

東京電力エリア(関東)で一番安い電力会社

では、東京電力エリア(関東)で利用できる電力会社10社の電気料金を比較していきましょう。

いくつかの使用例を想定してシミュレーションをしたので、ご自身の使用量に近いものをご覧ください。

※カッコ内の数字は東京電力との差額です。

▼1~2人世帯・少なめの使用量

1~2人世帯・少なめの使用量

●30Aの契約で100kwh使用した場合

電力会社電気料金
あしたでんき2,550円
(-244円)
シンエナジー2,685円
(-109円)
myでんき2,702円
(-92円)
東急でんき2,729円
(-65円)
丸紅新電力2,730円
(-64円)
ソフトバンク2,775円
(-19円)
東京ガス2,791円
(-3円)
auでんき2,793円
(-1円)
ミツウロコ
(シングル)
2,794円
(±0円)
ENEOS2,794円
(±0円)

▼2~3人世帯・平均的な使用量

2~3人世帯・平均的な使用量

●30Aの契約で300kwh使用した場合

電力会社電気料金
シンエナジー7,450円
(-413円)
ミツウロコ7,487円
(-377円)
ENEOS7,521円
(-343円)
myでんき7,602円
(-262円)
あしたでんき7,650円
(-214円)
東京ガス7,661円
(-203円)
東急でんき7,776円
(-88円)
丸紅新電力7,780円
(-84円)
ソフトバンク7,795円
(-69円)
auでんき7,861円
(-3円)

▼3~4人世帯・平均的な使用量

3~4人世帯・平均的な使用量

●40Aの契約で400kwh使用した場合

電力会社電気料金
あしたでんき10,200円
(-947円)
ミツウロコ10,292円
(-855円)
ENEOS10,376円
(-770円)
シンエナジー10,481円
(-666円)
myでんき10,615円
(-532円)
丸紅新電力10,651円
(-496円)
東京ガス10,726円
(-421円)
東急でんき10,899円
(-247円)
ソフトバンク11,048円
(-99円)
auでんき11,143円
(-4円)

▼3~4人世帯・多めの使用量

3~4人世帯・多めの使用量

●40Aの契約で700kwh使用した場合

電力会社電気料金
あしたでんき17,850円
(-2,303円)
ミツウロコ17,864円
(-2,289円)
ENEOS18,101円
(-2,051円)
東京ガス18,505円
(-1,648円)
シンエナジー18,644円
(-1,509円)
myでんき19,324円
(-829円)
丸紅新電力18,421円
(-1,732円)
東急でんき19,428円
(-724円)
ソフトバンク19,964円
(-189円)
auでんき20,146円
(-7円)

▼4~5人世帯・かなり多めの使用量

4~5人世帯・かなり多めの使用量

●50Aの契約で800kwh使用した場合

電力会社電気料金
あしたでんき20,400円
(-3,036円)
ミツウロコ20,669円
(-2,767円)
ENEOS20,957円
(-2,478円)
丸紅新電力21,292円
(-2,144円)
東京ガス21,378円
(-2,058円)
シンエナジー21,616円
(-1,819円)
myでんき22,493円
(-943円)
東急でんき22,498円
(-937円)
ソフトバンク23,216円
(-219円)
auでんき23,428円
(-8円)

圧倒的な安さのあしたでんき

一つを除き、全ての使用ケースであしたでんきが安いという結果になりました。

業界最安も頷ける安さですね。

ほとんどの方はあしたでんきが最安になりますが、実際に自分の使用量で確かめてみたいという方は公式サイトでシミュレーションもできますよ。

また、現在あしたでんきでは2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

これからの季節は電気代が高くなるので、検討中の方は1日でも早い申し込みを済ませることをおすすめします!

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

この季節は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

電力会社選びで損をしないためのポイント

電力会社を選ぶ上で気を付けるべきポイントをまとめました。

セット割やポイントサービスが本当にお得か考える

多くの方にとって、電力会社を切り替える目的は「電気料金を安くすること」だと思います。

セット割やポイントなどのサービスを展開しているところは一見魅力的に見えますが、実際のところ電気料金は全然お得じゃないというケースも大いにあるので注意が必要です。

例えば……

【A社】
・電気料金5,000円
・セット割とポイントで合計150円割引されて実質4,850円

【B社】
・電気料金4,800円
・セット割やポイントサービスはない

この2社だったら、B社の方がお得ですよね。

それに、電力会社によってはセット割の対象サービスに違約金が発生することもあります。

「なんとなくお得そう」と思い込みで契約してしまうと損をしてしまうかもしれません。

電力会社を選ぶ際には純粋に電気料金が安いところを選んだ方が間違いがありませんよ!

知名度で選ばない

電力会社を知名度だけで選ばないというのも大事なこと。

今回比較した10社の中でも、知っている企業の方が少なかったという方がほとんどだと思います。

「なんとなく知っている企業の方が安心する」と思う方も多いでしょうが、その考え方は危険です。

理由は、「知名度がある=安い、サービスが良い」というわけではないからです。

東京電力エリアにお住まいの方であれば東京ガスのCMをよく目にしているかと思いますが、今回の料金比較でもわかったように、東京ガスの電気はあまりお得ではありません。

先程も書いたように、電力会社選びで大切なのは「電気料金が安くなるかどうか」です。

東京電力エリアはせっかく選択肢がたくさんあるので、きちんと比較をした上で一番お得になる電力会社を選ぶことをおすすめします。

解約金がかからない電力会社を選ぶ

ほとんどの電力会社では解約金はかかりませんが、一部電力会社では解約金が発生します。

せっかく電気料金をお得にしたくて切り替えをするのに、解約時に理不尽な出費はしたくありませんよね。

今回比較した10社の中では、以下の2社のみ解約金がかかるので注意しましょう。

電力会社解約金
ENEOS1,080円
(2年契約時)
ソフトバンク540円

ENEOSでんきには「にねん とく²割」という2年契約の割引があり、それに加入した場合は更新期間外の解約で解約金が発生します。

割引に加入しない場合はいつでも無料で解約できますよ。

ソフトバンクでんきは解約の時期に関わらず、必ず540円の解約手数料がかかるという仕組みです。

口コミ・評判を確認しておく

利用者の口コミ・評判をチェックしておくのも大切なこと。

もちろんすべてを鵜呑みにしてはいけませんが、実際の利用者の声というのは貴重な判断材料になります。

例えば、公式サイトがとてもスタイリッシュでサービスも良さそうに見える新電力でも、SNSでは会社の対応が悪くボロクソに文句を言われていたりすることだってあります。

当サイトでもたくさんの電力会社の評判をまとめているので、気になるものがあればぜひチェックしてみてくださいね。

■今回比較した電力会社の詳しい記事はこちら

こんな人にはこの電力会社がおすすめ

料金以外にこだわりたい点がある方のために、今回比較した10社からセット割やポイントサービスがある電力会社をまとめました。

セット割を適用させたい方

電力会社割引内容
ENEOS給油代割引
東京ガス電気料金割引
ソフトバンク電気料金割引

今回比較した10社では、上記の3社でセット割が適用になります。

ただし、セット割の金額を差し引いても他の電力会社の方がお得というケースは大いにあるので、必ず事前にシミュレーションをしてお得額を確認するようにしましょう。

ポイントを貯めたい方

電力会社ポイント種類
ENEOSTポイント
ANAマイル
JREポイント
エポスポイント
エムアイポイント
TS CUBICカード
レクサスカード
東京ガスパッチョポイント
auでんきau WALLET ポイント
シンエナジーJALマイル
東急でんきTOKYU POINT

ENEOSでんきでは7種類のポイントから好きなものを選んで貯めることができます。

東急でんきのTOKYU POINTはJALやANAのマイル、東京ガスのパッチョポイントはTポイントやdポイント、Pontaポイントなど他社ポイントと交換することもできますよ。

まとめ

以上、東京電力エリア(関東)のおすすめ電力会社まとめでした。

「あまり調べずに契約したら全然安くならなかった!」という声もよく耳にしますが、安くならないだけならまだしも、割高になってしまっては大変ですよね。

そうならないためにも、事前のシミュレーションは必ずしておきましょう。

選択肢が多く目移りしてしまう東京電力エリアだからこそ、しっかりとお得な新電力を見極めることが大切です。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東京電力エリアで安くておすすめな電力会社について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。