TOKAIガス&電気の評判とメリットデメリット!中部電力や東邦ガスよりセットでお得?

TOKAI都市ガス&でんき
ガス以外にも電気やネット、宅配水などの様々なサービスを展開しているTOKAIグループ。

数あるサービスの中でもTOKAIで電気とガスをまとめたい、電気やガスについて詳しく知りたい方がこのページを訪れていますよね。

結論、TOKAIの電気とガスはセット契約の安さや大量のポイント活用ができることが魅力のため、電気とガスを安くまとめたい方や、TOKAIグループのサービスを利用している方に向いています。

ただし、プロパンガスに関しては現在より割高になる可能性が高いため、現在他社を利用しているのであればTOKAIへの乗り換えはおすすめできません。

この記事を読めば、TOKAIのガスと電気を利用するメリット・デメリットをしっかりと理解した上で自分に合っているのかがわかります。

実は知られていない目から鱗な情報をたくさん詰めたので、ぜひ最後までご覧ください。

【結論】TOKAIのガス・電気がおすすめなのはこんな方

「TOKAIのガスは高いって聞くけど実際のところが知りたい」そう思っていませんか?

実は、「TOKAIガス」と検索すると出てくる「高い」という評判はほぼ、都市ガスではなくプロパンガスのことを指しています。

上記を頭に入れた上で、TOKAIのガスと電気をおすすめできるのはこんな方です。
  • 都市ガスと電気のセット契約をしたい方
  • 現在TOKAIのプロパンガスを利用していて電気もセットにしたい方
  • TOKAIのサービスを複数利用する/している方
  • 大手のエネルギー会社で契約したい方

TOKAIは中部電力や東邦ガスよりも確実に料金を安くすることができ、セット契約で毎月大量に貯まるポイントを活用することでお得に生活することができます。 また、経営するT&Tエナジー株式会社は東京電力との共同出資で設立された会社であり、強固な基盤を持っているため電力の供給安定性にも安心ができます。 一方で、電気やガスを単体契約で安くしたい方、今後もTOKAIのサービスを利用する可能性のない方は他社を選択することをおすすめします。

TOKAIのガス・電気の評判からわかる3つのメリット

TOKAIの電気やガスを契約するメリットはズバリ、セット契約により毎月ポイントがたくさん貯まり、実質かなりお得に利用ができることです。

ポイントが貯まるだけでなくセット割引もあるので、それを踏まえると都市ガスと電気のセットでは業界の中でも実質最安水準となります。

また、インフラを一元化することで固定費の管理も楽になります。

では、実際都市ガスと電気のセットではどのように料金が変わるのか、実はあまり知られていないお得なポイントの概要について、どこよりも詳しく徹底解説していきます。

プロパンガスについて知りたい方は記事の後半をご覧ください。

中部電力・東邦ガスより安くなる

TOKAIで電気とガスをセットにすることを検討している方は、中部電力や東邦ガスのセットと比較して料金がどう変わるのか、とても気になるところですよね。

結論、TOKAIの都市ガスと電気のセットは、中部電力・東邦ガスのそれぞれのセットよりも安くなります。

「TOKAIでんきS」プランは中部電力より従量料金が安い

TOKAIの一般家庭用の電気プランは「TOKAIでんきS」の一種類のみとシンプルです。

そもそも電気代は大きく分けて基本料金と従量料金の2つにより成り立っています。基本料金は毎月決まっており、従量料金は使えば使うほど料金がかかります。

TOKAIでんきSと中部電力の従量電灯B(10A〜60A)は基本料金は同じで、従量料金のみTOKAIのほうが安く設定されています。
従量料金中部電力従量電灯BTOKAIでんきS
~120kWh21.04円21.03円
121kWh~300kWh25.51円24.18円
300kWh~28.46円27.52円
つまり、基本料金と従量料金の合算である電気料金は必ずTOKAIでんきの方が安くなるということ。

また、120kWhまではほぼ変わらず、120kWh以上から差が大きくなっていますね。使用量が多い方が大幅な節約となりそうです。

「一般料金」プランは東邦ガスよりすべての単価が安い

続いて都市ガスの料金単価です。

TOKAIの都市ガスもプランは「一般料金」プランの一種類のみ。

ガスも基本料金と従量料金の2つがありますが、東邦ガスの一般料金と比較すると基本料金、従量料金どちらも安くなっています。

細かい部分はさておき、TOKAIの方が安くなっていることをご確認ください。
 東邦ガスTOKAI都市ガス
基本料金(㎥/月)
~20㎥759円736.23円
21㎥~50㎥1588.88円1541.21円
従量料金(㎥/月)
~20㎥210.52円204.2円
21㎥~50㎥169.03円163.96円
基本料金、従量料金ともに使用量に関わらず安いですね。

【使用量別】セットの具体的な節約額は?

では電気と都市ガスをTOKAIにまとめた場合、中部電力や東邦ガスでまとめた場合と比べて具体的にいくら安くなるのか、月々の料金ごとに比較をしていきます。

中部電力、東邦ガスはそれぞれ複数のプランがありますが、ともにその使用量での最安となるプランでの比較です。

普段の電気、ガス代を合算した料金を思い出してご覧ください。
中部電力+東邦ガスTOKAI中部電力東邦ガス
7000円−305円−28円+10円
12000円−520円−262円−297円
17000円−700円−338円−349円
どの料金の場合でもTOKAIでまとめた方が安くなることがわかります。

一人暮らしなど使用量が少ない方でも、月300円ほどの節約になるのは大きいですよね。
ファミリー世帯ほど大幅な節約に
上の計算結果を見てわかるように、特に電気やガスの使用量が多い方ほど大きな節約効果が発揮されます。

家族が多い家庭は必然的に固定費がかさむため、少しでも節約をしたいところですよね。

具体的にはTOKAIに乗り換えることで年間で8000円ほど安くすることができるので、世帯人数の多い家庭は特に嬉しいでしょう。
中部電力、東邦ガス、TOKAIなど大手で電気とガスをまとめようと考えているならTOKAIが最もおすすめです。

他の電気・ガス会社と比較すると?

近年増加する新電力の中では、ガスとのセット売りをしている会社もあります。

そのような他の会社と比較してみると、TOKAIは最安値ではないですが、安いほうです。

また、他の会社の方が安い場合も後に説明するポイントを活用することで、結果同じくらいお得に利用することができます。

先ほど同じように、中部電力と東邦ガスの合算よりいくら変わるのかで比較をします。
中部電力+東邦ガスTOKAI
()はポイントを足した金額
楽天エナジーHTBエナジー
7000円−305円(-575円)−102円
−243円
12000円−520円(-805円)−440円−747円
17000円−700円(-990円)−724円−973円
上記のように、TOKAIは他社新電力と比べても同等程度の安さを実現していますね。
業界最安水準で利用できるケースも
一人暮らしの方や電気やガスをあまり使わない方は、料金だけを見ても業界最安水準となります。

また、使用量が多い方もポイントを考慮すれば他社に劣らず安くなります。

電気やガスの使用量が少ない方やお得にポイント活用ができる方は、乗り換える価値がかなりありそうです。

セット契約でポイントが貯まる

TOKAIグループでは、使用量などに応じてTLCポイントというWAONや他のポイントにも交換可能なポイントを貯めることができます。

実はこのポイントの仕組みが、TOKAIグループのサービスを複数利用することによりかなりお得に貯まるようになっているのです。

ここからTLCポイントのすべてについてお話しするので、知らずに損をしないようぜひよく読んでくださいね。

毎月最低450ポイントもらえる

TOKAIの都市ガスと電気を契約すると、今なら最初の一年間は使用量に関わらず最低でも毎月450ポイント、その後も毎月250ポイントがもらえます。

他社でも何かしらのポイントが貯まるプランはありますが、毎月450ポイントというのは破格ではないかと思います。

ただし、TLCポイントはTLC会員になることで付与されますが、TLC会員になるだけでは月450ポイントはもらえません。

この後、そのような注意事項についても述べていきます。
三構造でのポイント付与
ではまず毎月なぜ450ポイントが貯まるのか、その仕組みについてお話します。

毎月のTLCポイントは➀基本ポイント、➁ボーナスポイント、➂カサトクプラスポイントの3つにより成り立っています。

TLC会員になることで➀基本ポイントと➁ボーナスポイントが、TLCカサトクプラスに申仕込むことで➂カサトクプラスポイントがもらえます。

➀基本ポイントは利用金額200円につき1ポイント付与、➁ボーナスポイントは契約数に応じて変わります。

TLCポイント
出典:TLC会員サービス総合パンフレット

➂カサトクプラスポイントは新規1契約につき200ポイントが貯まります。

カサトクプラス
出典:TLCカサトクプラス

都市ガスと電気を契約した場合、ボーナスポイント50Pとカサトクプラスポイント200P、後述するキャンペーンのポイントを合わせて450ポイントが貯まるという訳です。

カサトクプラスポイントは新規契約で付与されるため、既にTOKAIのサービスを利用している方も、この機会に生活インフラを見直してみてはいかがでしょうか。
注意!カサトクポイント付与には申込書が必要
TOKAIのサービス2契約以上で貯めることのできるカサトクプラスポイントですが、こちらをもらうためにはTLC会員への入会に加え、専用の申込書の提出が必要となります。

詳しくはTLC会員ホームページか、会員サービス事務局(0120-934-039)までお問い合わせの上、申込書の請求をしましょう。
スタートダッシュキャンペーン開催中
2022年5月現在、TOKAIでは新たに都市ガスを申し込んだ方に一年間月200ポイントを付与するスタートダッシュキャンペーンを開催中です。このポイントがあることで更にお得感がグッと増しますね。

また、キャンペーンはいつ終了してしまうかわかりません。

解約の際の違約金もかからないため、少しでも気になった方はTOKAIの電気やガスを試してみてはいかがでしょうか。

TOKAI都市ガス&でんき公式サイト

実際にどのくらい貯まるの?

ここまでポイントの構造についてお話してきましたが、実際には毎月どのくらい貯まるのでしょうか。利用額ごとに見ていきましょう。
利用額ごとのポイント数は?
TOKAIで都市ガスと電気の利用をすると、キャンペーンも合わせて毎月大体いくら貯まるのか、利用額ごとにまとめました。
利用額5,000円10,000円15,000円20,000円
ポイント数465P480P490P510P
月々の利用額にあまり影響されず、毎月500ポイント弱貯まることがわかりますね。

利用額以外でももらえるポイントがたくさんあるところが、電気やガスの使用量が少ない方にとってもありがたい魅力です。

詳しいポイント数が気になる方は、月々の利用額を入力するだけですぐにシミュレーションができるこちらをぜひご活用ください。

また、TLC会員サイトで定期的に行っている宝くじやガチャで大量ポイントをGetできるチャンスがあるのも嬉しいですね。

ポイントはTLCPayはじめ各種に交換可能

貯まったTLCポイントは取扱店でTLC Payとして利用できるほか、WAONなどの電子マネー、nanacoポイントやTポイント、dポイントなどに交換が可能です。

AmazonギフトやTLCチケットへも交換ができたり使い道は幅広いため、自分に合った方法で生活に活用することができますね。
都市ガスと電気の支払いには使用できないので注意
ただこのTLCポイントですが、都市ガスと電気の支払いには利用することができません。

定期的に何かしらのポイントに交換をして利用をしましょう。

支払いも料金確認も一つにまとまる

電気やガスをまとめる最大のメリットは、どちらも同じページ上で料金や使用量の確認ができるなど、管理が楽になることです。

その点はもちろん、TOKAIもとても便利なシステムになっています。

MYページですべての料金確認ができる

TLC会員サイトのMYページやアプリから、TOKAIグループサービス毎月の請求明細やポイント状況を確認することができます。

サービスを複数利用していてもまとめて利用状況の確認ができるのは、家計を管理する上で時短かつ楽ですよね。

評判は微妙?TOKAIのガス・電気のデメリット

どんなサービスでもメリットがあれば、必ずデメリットもあるものです。

TOKAIのガス・電気のデメリットは、単体での契約と支払い方法にあります。

ただ、デメリットがあるからといってすぐに利用を断念するのではなく、最後まで読んだ上でそのデメリットは自分にとってどの程度なのか、カバーができるのかをぜひじっくり考えて検討してくださいね。

電気・ガスの単体契約はそこまで安くない

先ほど、TOKAIの電気やガスはセットだとお得だという話をした反面、単体契約だとお得感が少ないため無条件におすすめすることはできません。

ではどのようにお得感が減ってしまうのか、具体的に説明していきます。

ポイントが貯まらない

そもそもTLCポイントがたくさん貯まるのは複数契約あってのことであり、単体契約では毎月の利用額に応じた基本ポイントのみしか貯まりません。

そしてその基本ポイントですが、電気は契約数に関わらず付与対象外、都市ガスは2契約以上から付与される仕組みとなっています。

要するに、電気か都市ガスの単体契約の場合だと月1ポイントも貯めることができません。

プロパンガスなどであれば単体でも基本ポイントが貯まりますが、7000円利用したとしても貯まるのは35ポイントだけと、基本ポイントだけでは微々たるものになってしまうのが寂しいですね。

他社より料金自体が劣る

近年では様々な新電力が登場し、そのようなところと比べるとTOKAIの電気料金は決して安いとは言えません。

使用量が少なくても、TOKAIの方が月100円ほど高くなる場合もあります。

中部電力や東邦ガスよりは単体契約でも安くなりますが、更に料金の安さを求めるのであれば、他社をおすすめします。

セット割引がない

電気と都市ガスをセットで契約した際、ポイント付与に加えて月200円が割り引かれることが特徴でした。

しかし、その特典がなくなってしまうと他社と比べて料金面での良さがぼやけてしまうのが正直なところです。
今後TOKAIのサービスを利用するならあり
今まで述べてきたように単体契約はお得感が少ないですが、今後TOKAIのサービスを利用した際は複数契約のポイントを貯めることができたり、セット割引が適応されます。

TOKAIは生活に寄り添った様々なサービスを展開しているので、今後利用する可能性があるのであれば先に電気やガスを契約しておいても良いですね。

支払い方法はクレジットカードのみ

TOKAIはガス代、電気代の支払いはクレジットカードのみとなっています。

利用可能なクレジットカードはVISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubです。

口座振替や振り込みには対応していないということを頭に入れておきましょう。

TOKAIのプロパンガスは高い?評判から見えた本音とは

TOKAIではプロパンガスも販売していますが、その料金が高いと評判になっており、「TOKAIのガスが高い」と言っている口コミはほぼ、プロパンガスのことを指しています。

ただでさえ都市ガスよりも割高なプロパンガス、少しでも安いところを利用したいですよね。

では、実際にTOKAIのプロパンガスはどのくらい高いのでしょうか。

愛知県の平均価格より割高

プロパンガス料金消費者協会に記載されている愛知県の平均価格を使用して、TOKAIとのプロパンガスの比較をします。
 愛知県平均TOKAIプロパンガス
基本料金1,844円2,150円
従量料金613円800円
プロパンガスは会社によって金額がかなり異なるため平均というのが難しいですが、料金単価だけを見てもTOKAIが割高なのがわかりますね。

例えば、毎月のガス代が10,000円くらいの方がTOKAIに切り替えると、2,700円ほど値上がりしてしまう可能性があるということです。

口コミでも、TOKAIのプロパンガスは高い、値上げの回数が多いという声が目立ちました。

他社からの切り替えはしない方がいい

現在他社のプロパンガスを利用している方は、今より料金が高くなる可能性が大いにあるため、切り替えはしないでおきましょう。

引っ越しなどで都市ガスに変わるときなどに、また検討してみてください。

既にプロパンガスを利用している方は電気とまとめてもOK

プロパンガスは、アパート全体で契約していて個人での変更ができない場合もあります。

既にTOKAIでプロパンガスを利用している方は、セット割引は適応されないですがセットのポイントは貯まるため、電気や他のサービスをTOKAIで契約することも視野に入れると良いですね。

TOKAIガス・電気の利用開始までの流れ

ここまでTOKAIガス・電気の概要について説明してきました。

続いて、申し込みから供給開始までの流れについて説明していきます。

①下記から公式サイトにアクセスする

まず、こちらをクリックして公式サイトに飛びます。

TOKAI都市ガス&でんき公式サイト

次に、公式サイト内の「お申込み・シミュレーションはこちら」をクリックして申し込みに進みます。

そこで契約したいサービスをクリックし、申し込みフォームに進みます。都市ガスと電気はまとめて申し込むことが可能です。

その後は案内に従って個人情報の入力やクレジットカード番号の登録をすると、申し込みは完了です。お手元に電気またはガスの検針票を用意しておくとスムーズです。

最後にTLC会員になるか決める項目があるので、忘れずにチェックを入れましょう。

②【電気のみ】スマートメーターを設置する

スマートメーター未設置の場合は、地域の事業者により設置が行われます。立会いの必要などは特にありません。

③現在の会社の解約作業が行われる

TOKAIが現在利用している会社の解約手続きを行います。そのためご自身での解約連絡は不要です。

④【プロパンガスのみ】ガスボンベ交換と点検作業が行われる

プロパンガスはガスボンベの交換と点検作業が行われます。

この2つは同日に実施されます。点検作業に関しては本人の立ち会いが必須となりますので予定を調整して申し込みましょう。

⑤供給開始

申し込み後約3週間ほどで供給が開始されます。初回の検針は、翌月もしくは翌々月からとなります。

TOKAIガス・電気のよくある質問

最後に、TOKAIのガスや電気を利用するにあたって疑問になりそうなところをまとめました。

電気とガスをまとめて契約したらセット割引はある?

TOKAIで電気とガスをまとめると、毎月のガスから200円が割り引かれ、中部電力や東邦ガスでまとめるより安くなります。

また、電気や都市ガスの単体契約の場合よりTLCポイントが月450ポイントも多く貯まります。

⇒セット料金について詳しく知る
⇒ポイントについて詳しく知る

TOKAIで電気やガスを契約するメリット・デメリットは?

メリットは電気とガスのセットが安いこと、大量のポイント活用ができることです。

デメリットは、単体の契約ではお得感が少ないこと、プロパンガスの料金が高いことです。

⇒TOKAIの電気・ガスが自分に合っているのか一目で見る

TLC会員になるには?

ガスや電気の申し込みフォームの最後に、TLC WAONカードの申込み欄があるのでそこで「申し込む」にチェックを入れるだけで申し込みは完了です。

お手元にTLC WAONカードが届いたらアカウント登録をしましょう。

万が一ガスや電気の申し込み時にチェックを入れ漏れてしまっても、Webや郵送で申し込むことができるので安心してください。

供給エリアは?

都市ガスは主に愛知県・岐阜県・三重県の東邦ガスの供給区域、電気は愛知県・岐阜県・三重県・長野県・静岡県の中部電力供給区域です。

一部対象外のエリアもあるため、契約前に確認をしましょう。

なお、プロパンガスは1都14県(静岡・愛知・岐阜・三重・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬・福島・宮城・岡山・福岡・東京)で利用可能です。

オール電化プラン、再エネプランはある?

今のところありません。

家庭用電気はTOKAIでんきSプランのみの販売です。

解約金・違約金はある?

解約金や違約金は電気、都市ガス・プロパンガスすべて発生しません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

TOKAIの電気とガスは、セットでたくさんポイントが貯まるという意外な魅力が見えてきましたね。

改めて、TOKAIの電気とガスがおすすめな方をまとめました。
  • 都市ガスと電気のセット契約をしたい方
  • 現在TOKAIのプロパンガスを利用していて電気もセットにしたい方
  • TOKAIのサービスを複数利用する/している方
  • 大手のエネルギー会社で契約したい方

数ある会社から自分に合ったところを見つけるのは大変ですが、この情報があなたの生活に少しでも役立てたら嬉しいです。

コメントを残す

*

株式会社ブレイブ