電力自由化とは?仕組みやメリット・デメリットが3分でわかるまとめ

2016年4月に始まった電力自由化。

「電力自由化って何?どう変わったの?」

「どんなメリットがあるの?」

など、自由化から3年以上が経過したとはいえ、まだまだわからないことだらけという方も多いと思います。

今回は、電力自由化の仕組みやメリット・デメリットなどをとにかくわかりやすくまとめました!

電力自由化とは

ではまず、電力自由化の仕組みなど基本的なところから解説していきます。

電力自由化はいつから始まった?

家庭向けの「低圧」区分において電力自由化が始まったのは2016年4月1日からです。

大規模工場やオフィスビル向けの「特別高圧」は2000年、中小ビルや中小規模工場向けの「高圧」は2004年と2005年に既に自由化がされていましたが、一般家庭には関係がないのでご存知ない方がほとんどでしょう。

電力自由化の仕組み

そもそも、電力の供給システムは以下の3つの部門に分かれています。

➀発電部門
⇒水力、火力、原子力、太陽光、風力、地熱などの発電所で電気を作る

➁送配電部門
⇒発電所から消費者までの送電線・配電線などの送配電ネットワークを管理する

➂小売部門
⇒料金メニューの設定や消費者との契約手続き、必要な電力の調達をする

2016年4月に➂の「小売部門」が自由化され、様々な企業が電力の小売事業に参入し、電気の販売ができるようになりました。

これは私たち消費者にとっても大きな変化で、これまでは東京電力や関西電力など地域の電力会社としか契約ができなかったのが、好きな電力会社を選んで契約できるようになったというわけです。

「電力会社を選べるから何?」という方も多いと思いますが、電力会社が選べることのメリットは後ほど解説しているので、ぜひ目を通してください。

現在の参入企業は500社を超える

電力自由化により、誰もが知っているような有名な企業から地域の小さい会社まで、様々な企業が電力の小売事業に参入しました。

経済産業省の公式サイトによると、2019年7月26日の時点で計596もの事業者が登録されているとのことです。

当サイトでもたくさんの電力会社の料金プランを調べてまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新電力会社についての記事はこちら!
『家庭向け新電力会社一覧』

現在のスイッチング率

経済産業省の公式サイトによれば、2018年12月の時点で家庭向けの低圧電力のスイッチング率が20.5%に到達したそうです。

2018年6月の時点では10%だったので、半年で10%以上も切り替える人が増えたということですね。

現在ではさらに乗り換える方が増えているでしょう。

電力自由化のメリット

では、電力自由化で電力会社が選べるようになったことで、私たちにどのようなメリットがあるのかも見ていきましょう。

電気料金を安くすることができる

電力会社を切り替える一番のメリットがこれです。

電力自由化前は地域の電力会社の独占販売で、電気料金に経費などが上乗せされていたため、高い電気料金を支払うしかありませんでした。

これが自由競争になったことで、より安い電気料金でシェアを奪おうと、従来の電力会社よりも大幅にお得な料金プランを提供する新電力が数多く出てきました。

企業が競争をすることで、私たち消費者も電気料金の削減という面で恩恵を受けられるというわけです。

数多くの電力会社から選んだ特にお得な電力会社をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

セット割やポイントなど独自のサービスを受けられる

テレビのCMなどで「電気とガスをまとめてお得!」というような台詞を聞いたことはありませんか?

電気料金が安くなるだけでなく、他サービスとのセット割やポイントがためられるなど、これまでの電力会社にはなかった独自のサービスを受けられるというのも電力自由化のメリットの一つです。

ガス会社ならガスとのセット割、携帯電話会社ならスマホとのセット割など、それぞれが顧客獲得のために独自のサービスを展開しています。

ただし、こういった付帯サービスは必ずしもお得というわけではありません。

「セット割やポイントサービスはないけど電気料金が安い電力会社」と「電気料金はそこまで安くないけどセット割やポイントサービスが充実している電力会社」のどちらを選ぶべきか、よく考える必要があります。

電力自由化のデメリット

全面的にメリットの多い電力自由化ですが、一部デメリットと言えるものも存在します。

知っておくに越したことはないので、ぜひ目を通しておいてください。

悪質な業者も存在する

たくさんの新電力の中には、悪質な勧誘・営業をしてくるところもあります。

具体的には以下のようなケースが挙げられます。

・マンション全体の契約が変わると嘘をついて契約させる
・あえて割高になるプランに契約させる
・関西電力の名を騙って営業をする

目を疑うような事例ですが、どれも実際にあったものです。

悪質な業者は、こちらが何も知らないと思ってさもお得になるような口ぶりで強引に契約を進めようとしてきます。

他にもっと安くて良心的な電力会社はあるのに、そんな勧誘に騙されてしまうのは本当にもったいないです!

悪質な訪問・勧誘については以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひ一度目を通しておくことをおすすめします。

突然事業撤退する可能性もある

電力業界に限らず自由競争であればどこも可能性のある話ですが、契約していた新電力が突然事業撤退してしまうという可能性もあります。

2019年4月には、関西電力の名を騙った不当な営業で契約を取っていたエレトス電気という新電力の代理店役員が逮捕され、突然の事業撤退をしました。

2018年8月には福島電力という新電力が破産し、同社のずさんな顧客管理により現在もなお二重請求に悩まされている方がたくさんいます。

このような事業撤退トラブルに巻き込まれると、早急な電力会社の切り替えを余儀なくされてしまいます。

こういったリスクを避けるためにも、なるべく経営の安定していそうな新電力を選ぶことが大切です。

一番お得な電力会社を選ぶのが大変

先程も書いたように、現時点で電力の小売事業に参入した企業は500を超えます。

その中からお得な電力会社を探し出し、乗り換えの手続きをするのはかなり大変ですよね。

これだけ聞くとめちゃくちゃ面倒に感じるかもしれませんが、選び方のコツさえ押さえておけばそこまで大変ではありません。

また、ご自分の生活スタイルに最適な電力会社やプランを探してくれる便利な比較サイトなどもあります。

自分で比較して探すのは大変だな…と思う方はぜひ活用してみてください。

電力会社選びに迷ったら…一括比較のエネチェンジ

エネチェンジで住んでいる地域、家族の人数、現在の1か月の電気代などを入力すると、自分にぴったりの電力会社・料金プランを見つけてくれます。

エネチェンジとは?
●お得な電力会社がランキング形式でわかる!
●具体的な節約額がわかる!
●エネチェンジ限定特典がある!
●申し込み~供給開始まで一貫サポート!

自分の生活スタイルに最適な電力会社や料金プランを一括比較!そのまま申し込みもでき、契約までしっかりフォローしてもらえますよ。

電力自由化のよくある質問

ここでは、電力自由化に関するよくある質問をまとめました。

ぜひ不安解消に役立ててくださいね。

電気の質が落ちて停電が増えたりしないの?

その心配はいりません。

最初にも触れたように、電力自由化により民間企業が参入したのは小売部門のみで、発電や送配電に関してはこれまでと変わりません。

つまり、電気の質が落ちたり停電が増えたりするということはありません。

私たちはこれまでと変わらず電気を利用でき、電気料金だけが安くなるというわけです。

新しく電線を引くような大掛かりな工事はある?

上記の質問と似た内容になりますが、送配電に関してはこれまでと同じなので、新しく電線を引いたりはしません。

唯一工事と呼べるものがあるとすれば、スマートメーターの設置工事くらいです。

新電力へ切り替える際には、従来の機械式メーターではなく、デジタル式のスマートメーターの設置が必要になります。

スマートメーターの設置は原則無料・立ち会い不要でやってもらえますし、既にスマートメーターがついている方に至っては工事は不要です。

スマートメーターについて、詳しくは以下の記事もご覧ください。

スマートメーターについて詳しくはこちら
『スマートメーターとは?よくわかる概要や工事内容まとめ』

初期費用はいくらくらいかかる?

ほとんどの新電力では初期費用0円で切り替えができます。

ただし、ごく一部契約手数料がかかるようなところもあるので、必ず契約前に手数料の有無を確認しておきましょう。

また、スマートメーターの設置に関しても基本的には無料ですが、かなり古い家に住んでいるなど設備状況によっては費用負担が発生する可能性があるので注意しましょう。

賃貸マンション・アパートでも切り替えられる?

切り替えられます。

ただし、建物で高圧一括受電をしている場合は切り替えができません。

自分で個別に電力会社と契約をしているという方であれば大丈夫です。

電力自由化されるのは都市部だけ?

電力自由化は、都市部だけでなく日本全国が対象です。

新電力会社にはそれぞれ対応エリアがありますが、お住まいの地域に対応した新電力があれば乗り換えることができます。

契約期間や解約金はある?

ほとんどの新電力にはありません。

ただし、一部契約期間の縛りや解約金があるところもあります。

スマホやインターネット回線のように高額ではありませんが、極力避けたい出費であることに変わりはないので、必ず契約前に解約金の有無を確認するようにしましょう。

一人暮らしだと安くならないの?

そんなことはありません。

確かに電力会社によっては電気使用量が少ないと逆に割高になってしまうこともありますが、きちんとシミュレーションをした上で選べばちゃんとお得になりますよ。

一人暮らしの方におすすめの電力会社をランキング形式でまとめた記事もあるので、ぜひご覧ください。

オール電化だと切り替えられないの?

ごく一部ですが、オール電化の家庭でも切り替え可能な電力会社もあります。

ただ、ほとんどの新電力にはオール電化向けのプランはないので、必ず事前に確認してから申し込むようにしましょう。

どうやって電力会社を乗り換えるの?

基本的には乗り換え先の電力会社に申し込むだけでOKです。

現在契約している電力会社の解約手続きは乗り換え先の電力会社がやってくれるので、自分で解約の連絡をする必要はありません。

申し込み方法は新電力によっても異なりますが、大抵はWEBでの申し込みになります。

電力会社の切り替えが完了するまでどれくらいかかるの?

これも乗り換え先の電力会社によって異なりますが、早くて1週間、長くて1ヶ月程度かかります。

多くの新電力では検針日にあわせて切り替えが行われるので、タイミングが良ければ早く切り替わりますよ。

新電力が倒産したら電気は止まるの?

その心配はいりません。

万が一新電力の倒産などで電気の供給が難しくなった場合には、東京電力など地域の電力会社がバックアップするよう法律で定められています。

とはいえ、その際の乗り換え手続きは自分でしなければならないので、利用者の負担がないわけではありません。

電気が止まる心配はないとはいえ、突然契約が宙に放り出されてしまうこともあるので、極力安定していそうな電力会社を選ぶことをおすすめします。

まとめ

以上、電力自由化についてのまとめでした。

この記事を読んで少しでも電力自由化への理解を深めていただけたら幸いです。

当サイトでは他にもお得な電力会社の比較、電力会社の選び方など様々な記事を公開しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

電力自由化の仕組み・メリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。