東京電力の料金が高いと感じる人に贈るたった1つのアドバイス

突然ですが毎月の電気料金が高いと感じていませんか?

そんなあなたに贈るアドバイスはズバリ、「この記事をよく読むこと」です!

この記事では、東京電力を利用している方がもっと電気代を安くするための方法がまとめてあるので、役立つこと間違いなしでしょう。

「電気代は節約したいけど、ちまちま節約するのは苦手……」

「苦労せずに電気代だけ安くならないの?」

そんな方にぜひ読んでいただきたい内容になっています。

初めに:東京電力は全国的に見ても料金が高い

全国それぞれのエリアに一般送配電事業者と呼ばれる電力会社があり、東京電力もその中の一つです。

自分が住んでいる地域以外の電気料金はあまり気にしたことがないという方が多いと思いますが、東京電力は北海道電力に次いで全国で二番目に料金が高いと言われています。

では、東京電力利用者はどうすれば電気代を安くすることができるのでしょうか。

早速見ていきましょう!

東京電力の高い電気代を安くする方法

方法①契約プランを変更する

東京電力を利用している方が電気代を安くする方法は大きく分けて3つあります。

まず最初に考えられる方法が、契約プランが本当に自分に合っているのか見直してみるというもの。

東京電力には、たくさん使う方向けやオール電化向けなど、様々な使用スタイルに合わせたプランが用意されています。

現在契約しているプランで本当にいいのか、一度プランを見直してみるといいでしょう。

オール電化向けのスマートライフプラン・S・Lは高い!

オール電化向けのプランの方でも料金プラン選びは注意してください。

今は申し込めない昔のプランで、「電化上手」というオール電化向けのプランがありました。

利用者の中には電化上手からスマートライフのプランに変更したことで電気代が高くなってしまったという方もいます。

もしまだ電化上手のプランを利用しているのであれば、じっくりと考えてからプランを変更するかどうか決めましょう。

なぜスマートライフのプランが高いと言われているのか説明していきます。

まず、元々あった電化上手というプランと比べて時間帯の設定や料金が変わりました。

季節によって料金単価が変わったり1日を4つに区切って料金が設定されたりしていましたが、スマートライフプランでは季節の縛りがなくなり1日の区切りが2つになりました。

2つの区切りのうちの夜間の時間帯が短くなり料金単価も高く設定されているので、夜間に電気をたくさん使うオール電化利用者にとっては電気代の増加に繋がります。

また、電気の使用量に関わらずにかかる基本料金も、契約アンペア数が7kWhの場合を除いて電化上手よりも高くなるんです。

せっかくオール電化向けのプランに切り替えたのに高くなってしまったら勿体ないので気をつけましょう。

方法②契約アンペアを下げる

次にできる方法が、契約アンペアを下げるということです。

東京電力の契約アンペアには10A、15A、20A、30A、40A、50A、60Aの7段階があり、アンペア制のプランを契約している方は必ずどれかのアンペアで契約をしているはずです。

その契約アンペアに応じて、基本料金の金額が設定されています。

契約アンペアが大きいほど一度にたくさんの電気を使えますが、その分基本料金も高くなっていくので、アンペア数を下げてしまえば必然的に電気料金も下がります。

例えば現在40Aで契約している方なら基本料金が毎月1,123円かかっていますが、30Aに下げることで842円になり、毎月280円の節約になるということなんです。

方法③安い新電力に切り換える

しかし、今紹介した2つの方法はデメリットもあります。

契約プランを見直すといっても、東京電力には現在10種類ほど料金プランがあるので、その中から自分にとって最も安いプランを探す…というのはなかなかの重労働です。

また契約アンペアを下げるというのも、下げた分ブレーカーが落ちやすくなり家電を同時にたくさん使えなくなるというデメリットもあります。

そこで、一番簡単でおすすめな方法は料金が安い新電力に切り替えることです。

実は電力会社の切り替えは皆さんが思っているより簡単で、しかも一番節約効果が高いんです。

今やテレビCMなどでも新電力はおなじみですし、ネットやSNSでも評判な新電力はたくさんあります。

新電力への乗り換えはWEBから簡単にできますし、特別な工事や乗り換えの費用も必要ありません。

当サイトでは料金や利用者の評判などからおすすめの新電力を紹介しているので、「電気代を安くしたいから新電力に乗り換えてみようかな」と思った方はぜひいろいろな記事を読んでみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

東京電力の電気代が高いと感じている方は、料金プランを変更したり契約アンペアを下げることで、今よりも電気代を抑えることができるかもしれません。

また、新電力の中には料金の安さに特化しているものもあるので、そういった電力会社に切り替えて手っ取り早く電気代を節約するのもおすすめです。

新電力についてはこのサイトでいろいろ紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ