東京電力の評判が地の底に!乗り換えが激化し業績悪化の予感

評価:2.75 - 40件の票数

2019/07/08

国内の電力会社で家庭向けに最も電力供給をしている「東京電力」ですが、電力自由化で新電力に切り替えたい!と思っている人は9割いるそうです。

単純に安くなるからといった理由が多いでしょうが、それ以外に企業の評判なども関係しているのでは?と勝手に思い、東京電力の評判や口コミをまとめてみることにしました。

東日本大震災で甚大な被害を受けた福島第一原発の一件もあるので、相当不満を感じている人も多いはずです。普段、企業の評判を確認する人はいないでしょうから、この機会に是非ご覧になってみてください。

東電は関東圏を中心に電力供給している電力会社なので、他の地域の方にはあまり関係ない情報となりますが、順次すべての地域で活動している電力会社の評判を更新していく予定です。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

東京電力とは?

東京電力は首都圏1都7県及び静岡県の一部を管轄している一般電気事業者であり、略称は東電やTEPCOと呼ばれています。提供しているエリアの詳細は以下に記載しておきます。

東京都 神奈川県 千葉県
埼玉県 群馬県 栃木県
山梨県 静岡県の一部

特に東京を管轄していることで契約している人数は、他の電力会社と比較しても遥かに多く、電力業界では日本一の規模・売上を誇っています。

東京電力の業績推移

国内トップの電力会社といってもどの程度の規模なのか想像できないと思うので、公式HPで紹介されていた契約者推移のグラフを用いて説明させてもらいます。

東京電力の契約者数の推移

なんと、3,000万ほどの契約数を誇っていますが、ちょっとピンとこない数値となっていますね。もう少し分かりやすいように売上高と電力業界でのシェア率を紹介しておきます。

売上高&シェアランキング

電力業界の売上高、シェアランキング

画像が小さくて文字までは見えないと思うので、東京電力の箇所を赤枠で囲っておきました。

なんと!電力業界の売上高で32.3%のシェア率を誇っており、6兆6,314億円と2015年9月時点で国内14位に位置付けています。

都市ガスを関東圏で利用している人にとってはほぼ強制的に契約させられ、決して安くはない電気料金を請求されているのですから、これまでは売上の操作ぐらい容易にできていたはず・・。

しかし、一般家庭向けの電力小売全面自由化によって独占してきた市場が開放され、これまでの電気代より安い新電力へ次々に乗り換えしていきます。東京電力へ就職して安泰と感じていた人も多いでしょうが、業績の維持が大変なことを痛感するでしょう。

それでは、傲慢な運営を行ってきた「東京電力の評判」を調べていくことにします。

東京電力の評判や口コミ

私も東京電力の顧客ですが、正直なところあまり関心ないというか良くも悪くも評価したことはありません。その理由は民間業者でありながら国家公務員のような企業だと認識していたからだと思います。

はたしてどのような評価をされているのか?SNSを中心に調べてみました。

企業に対する評判

企業に対しての評判を調べてみましたが、やはりこれまでの体制なのか働いている社員たちは公務員と勘違いしている?のかもしれません。

全て紹介していたらキリがないのでこの辺にしておきますが、企業としての評判は地に落ちているように感じました。おそらく消費者へ満足を届ける気持ちはなく、電気を提供してあげていると勘違いしているのでしょう。

電気料金の評判

大手電力会社の電気料金は国が定めた範囲の中で設定する必要がありますが、そんなのは建前の話しであって大幅な黒字が出せるなら安い電気料金にする事は可能。

6兆円の売上高に文句はありませんが、3,000億円もの営業利益を残す必要があるのか?

企業が黒字にするのは当たり前の事ですが、それだけの利益を残せるのであれば是非渡してもらいたい人は沢山います。結局、自分の会社、自分の給与を優先したのでしょう。

福島第一原発関連の評判

福島第一原発で被害を受けた人たちは、東電のことをどう思って生活しているのでしょうか?

 

 

政治的な問題で東電の原発問題を過熱させるような口コミも多くありますが、もし私や親族が被害が甚大だったところに住んでいたと思うと、東電の対応が不適切だと感じることはたくさんあります。

「誤ってしまうと負け」だと思っている東電、ただ非を認めてもらい少しでも生活をしていく為の賠償をしてもらいたい住民・・。この問題は平行線を辿っていくと思いますが、仮にこの問題を起こしたのが他の民間企業だったら倒産しているでしょう。

別に潰れてほしいとは思いませんが、少しぐらい危機感を持ってほしいものです。

おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●2019年現在【業界最安】
●使用量がリアルタイムで把握できる
●東京電力の子会社なので安心
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年7月現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

私もあしたでんきを利用していますが、毎月1,500円ほど安くなりとても満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。


まとめ

アンチ東京電力の方々によって情報操作されていることも多いでしょうが、それ抜きにしても東電に高評価を与える人は少ないと思います。

原発事故に関して全ての責任がある訳ではないですが、それまでその電力で利益をあげ、手厚い給与をもらっていた社員がいることは揺るぎない事実です。 ピンチとなってた時でも電気代値上げで業績回復し、利益から賠償に充てようとはしない・・。

新電力への切り替えとは多少話が逸れてしまいましたが、大手電力会社のように利益最優先の企業より、薄利な料金プランでサービスを提供し消費者にメリットある新電力を選びましょう。

評価:2.75 - 40件の票数

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメント

  1. でんのすけ より:

    東電は、自社の責任を果たすべきです。
    早急に手厚い福利厚生や、給与を全て見直し 不要な資産や人員も徹底的に削減するべきです。部署によるのかもしれませんが、高学歴なだけのお荷物社員がゴロゴロいらっしゃいますよ。
    原発事故が全て彼らのせいではないですが、当事者であることは事実。
    故郷を奪われ、心身から血を流し、命を絶ってしまう人達をつくってしまったのですから、東電も相当な血を流すべきなのではないでしょうか。
    臨時で働きましたが、倫理観がおかしいのでしょうか。
    全くの他人事と考えている人ばかりでしたよ。自分が神様だと勘違いしているのでしょうか。そんな人たちをサポートするのが嫌になって辞めちゃいましたけど…。

  2. ゆき より:

    東京電力で50年以上契約してました(親の時代から)、両親が無くなり引っ越しをする前にJcomの電力にすることを(ネットや携帯も)連絡してそしてJcom側から東電に連絡が行き東電側も変わったことを知っていましたが、以前の家の電気代が、毎月口座から引かれていたので、東電に連絡したら、別の部署と言われそこに電話して説明したら、若い社員がこちらにも連絡してもらわないと引き落としは続きますと言われた。それまで誰一人教えてくれなかった。そこまでお客任せなのか。
    同じ会社の東電内で情報共有できないのか、ましてや東電の担当窓口の人は何時解約されていたかを分かっていたのに、集金の部署の人達は知らないとはどうゆう事か。Jcomからの東電への連絡は引っ越す前にして有るとの事、東電は最低な泥棒会社である。東電から変わったとき確認の電話をすることもしないと言われた。たかが2~3分の事なのに。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東京電力の評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。