サミットエナジーをおすすめしない全理由と唯一のメリット

電力に関する様々な事業に携わっているサミットエナジー。

3種類のプランがあるのが特徴ですが、実際どれくらいお得なのか?

結論から言うと、サミットエナジーは全然お得じゃありません!

どちらかといえば料金以外のところにメリットがある新電力ですが……

それが必ずしも全員にとってメリットになるというわけでもないんです。

・サミットエナジーのメリットとデメリット
・サミットエナジーがお得じゃない理由
・サミットエナジーよりおすすめの新電力

など、サミットエナジーを検討中の方にぜひとも読んでいただきたい内容をまとめました!

サミットエナジーをおすすめしない理由

サミットエナジーの電気料金はお得じゃない

電気料金単価はエリアによって異なりますが、従量料金の割引率はどこも同じです。

基本料金:割引なし
1段料金:0.5%割引
2段料金:1%割引
3段料金:5%割引

はっきり言って、この割引率は他の新電力と比較してもかなり低いです。

他の新電力の割引率の一例をご覧ください。

●HTBエナジー

基本料金:5%割引
1段料金:5%割引
2段料金:5%割引
3段料金:5%割引

このように、割引率が一律のところもあれば使用量が多いほど割引率が高くなるところもあります。

自分の使用量に合わせて電力会社を選ぶことでよりお得にすることができるのが電力自由化のメリットなので、正直サミットエナジーを選んでしまうのはもったいないです。

電気料金のエリア別比較結果

では、具体的にどれくらい安くなるのかエリアごとにシミュレーションをしてみましょう。

ぜひご自身の使用量と照らし合わせながら見てみてください。

()内の数字は従来の電力会社との差額です。

※タップ/クリックでシミュレーション結果の一覧表が開きます。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

●北海道電力エリアの場合

 サミット北海道電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
4,697円
(-23円)
4,720円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
9,156円
(-95円)
9,251円
三人家族
40A契約
450kWh使用
14,245円
(-347円)
14,592円
四人家族
40A契約
550kWh使用
17,415円
(-514円)
17,929円
五人家族
50A契約
700kWh使用
22,505円
(-764円)
23,269円

閉じる

東北電力エリアのシミュレーションを見る

●東北電力エリアの場合

 サミット東北電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,887円
(-19円)
3,906円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,580円
(-59円)
7,637円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,000円
(-273円)
12,273円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,731円
(-417円)
15,148円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,152円
(-633円)
19,785円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

●東京電力エリアの場合

 サミット東京電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,945円
(-19円)
3,964円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,806円
(-58円)
7,864円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,363円
(-285円)
12,648円
四人家族
40A契約
550kWh使用
15,214円
(-436円)
15,650円
五人家族
50A契約
700kWh使用
19,771円
(-663円)
20,434円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

●中部電力エリアの場合

 サミット中部電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
4,055円
(-21円)
4,076円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
7,778円
(-60円)
7,838円
三人家族
40A契約
450kWh使用
12,044円
(-270円)
12,314円
四人家族
40A契約
550kWh使用
14,701円
(-410円)
15,111円
五人家族
50A契約
700kWh使用
18,968円
(-620円)
19,588円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

●関西電力エリアの場合

 サミット関西電力
一人暮らし
150kWh使用
3,171円
(-18円)
3,189円
二人暮らし
300kWh使用
6,931円
(-57円)
6,988円
三人家族
450kWh使用
11,029円
(-273円)
11,302円
四人家族
550kWh使用
13,761円
(-417円)
14,178円
五人家族
700kWh使用
17,859円
(-633円)
18,492円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

●中国電力エリアの場合

 サミット中国電力
一人暮らし
150kWh使用
3,262円
(-20円)
3,282円
二人暮らし
300kWh使用
7,265円
(-61円)
7,326円
三人家族
450kWh使用
11,402円
(-280円)
11,682円
四人家族
550kWh使用
14,160円
(-426円)
14,586円
五人家族
700kWh使用
18,297円
(-645円)
18,942円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

●九州電力エリアの場合

 サミット九州電力
一人暮らし
30A契約
150kWh使用
3,593円
(-17円)
3,610円
二人暮らし
30A契約
300kWh使用
6,954円
(-52円)
7,006円
三人家族
40A契約
450kWh使用
10,891円
(-244円)
11,135円
四人家族
40A契約
550kWh使用
13,321円
(-372円)
13,693円
五人家族
50A契約
700kWh使用
17,257円
(-565円)
17,822円

閉じる

どのエリアも、一番使用量の多い五人家族のケースですら1,000円に満たない割引額です。

安い新電力なら月に3,000円近くの節約も可能なので、やはり少しでも節約したい方にはサミットエナジーはおすすめできません。

他サービスとのセット割がない

サミットエナジーには電気以外のサービスとのセット割がありません。

ガスやスマホ、ネット、ガソリンなど、他新電力が次々と独自のセット割を展開させています。

WAONポイントやANAマイルがたまる新電力はそう多くありませんが、実際にお得か?という点で考えると正直物足りなさを感じてしまいますね。

もちろんサミットエナジー以外にもセット割がない新電力はありますが、そういう新電力は大抵「シンプルに安い」ということを売りにしています。

電気料金が安くない分、セット割やポイントの種類や還元率で差をつけてくれればまだおすすめできる余地があるのですが……

支払い方法はクレジットカードのみ

サミットエナジーの支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やコンビニ払いはできません。

クレジットカードを持っていない・使いたくないという方も少なくないと思うので、この点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ただ、サミットエナジー以外にも支払い方法がクレジットカードのみという新電力はいくつかあるので、カードを作れる方は作っておいた方が楽かもしれません。

●利用可能なクレジットカード
VISA、JCB、MasterCard、Diners、AmericanExpress、Discover

サミットエナジーのメリット

サミットエナジーの唯一のメリットを紹介します。

人によってはメリットにならない点もあるので、「自分にとってメリットがあるかどうか」ということを考えながら読んでみてください。

WAONポイントがたまる

サミットエナジーの一番の目玉プランがこれ。

電気料金の支払いでWAONポイントがたまる「WAONプラン」です。

WAONプランを契約すれば、電気料金100円につきWAONポイントが2ポイントたまるというメリットがあります。

サミットエナジー以外にもポイントがたまる新電力はありますが、還元率は大抵0.5%~1%程度なので、このポイント還元率は評価できますね。

とにかくWAONポイントをためたい!という方におすすめです。

ただ、最初にも言いましたがサミットエナジーの電気料金はあまりお得ではありません。

料金については後ほど詳しくまとめているので、それを見た上で判断してみてください。

ANAマイルがたまる

WAONプラン以外には、ANAのマイルがたまる「ANAマイレージプラン」もあります。

電気料金の支払い200円につき1マイルがもらえるので還元率としてはあまり良くありませんが、少しでもマイルを多くためたいという方にはいいでしょう。

ANAマイルの受取日

マイルは電気料金を支払った翌月の15日に付与されます。

例えば4月分の電気料金を5月に支払った場合、6月15日に4月利用分のマイルがもらえるということですね。

カスタマーセンターは24時間365日受付

サミットエナジーのカスタマーセンターは、なんと24時間365日受付をしています。

オペレーターによる対応は平日の9時~18時のみですが、それ以外の時間帯は受付だけ先にして平日9時~18時に折り返しをしてもらえます。

まあ実質受付時間は平日9時~18時だけのようなものですが、それでも少しは時間短縮になりますよね。

新電力会社はたくさんありますが、このようなシステムがあるのはかなり珍しいです。

問い合わせ電話番号がフリーダイヤルなのも嬉しいですね。

電話番号:0120-504-124
受付時間:24時間365日
オペレーター対応時間:平日9時~18時

口コミ・評判はほぼなし

サミットエナジーの口コミ・評判を調べてみましたが、まだ利用者が少ないのか、紹介できそうなものは見つかりませんでした。

見つかり次第追記していきます。

サミットエナジーの申し込み方法

サミットエナジーの公式サイトにあるWEBフォームから申し込みができます。

電話や郵送書面での申し込みができるかどうかはサイトに記載がありませんが、どうしてもやむを得ない理由でWEB申し込みができないという方は一度問い合わせてみるといいでしょう。

⇒サミットエナジーの申し込みはこちら

まとめ

サミットエナジーがおすすめできない理由、おわかりいただけたでしょうか。

電気料金削減のために電力会社の乗り換えを検討している方がほとんどですし、私自身も電力自由化の一番のメリットが「電気料金の削減」と考えているため、どうしてもサミットエナジーはおすすめできないんです。

おすすめな人を強いて言うなら、以下に当てはまる方でしょうか。

・とにかくWAONポイントをためたい
・とにかくANAのマイルをためたい(東京電力エリア以外)

一見メリットのように感じることでも見方を変えればデメリットになるので、複数の電力会社を比較するのはとても大切なんです。

当サイトでは他にもたくさんの新電力に関する記事を書いているので、よかったら参考にしてみてくださいね。