ソフトバンクでんきのデメリットが発覚!料金・口コミまとめ

評価:4.10 - 21件の票数

ソフトバンクユーザーにはおなじみのソフトバンクでんき。

「スマホやネットとセットにすることでお得」と言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

●料金プラン
●解約金、違約金
●セット割、サービス
●メリット・デメリット
●口コミ・評判

などなど、気になる情報をまとめました!

結論から言うと、ソフトバンクユーザーの方でもたいして安くなりません。むしろ他の電力会社と比べても高い方でした。

これからソフトバンクでんきを契約しようとしている方や、すでにソフトバンクでんきを利用している方は必見です!

ソフトバンクでんきよりあしたでんきがおすすめ

ソフトバンクユーザーでもソフトバンクでんきにするよりあしたでんきのほうが圧倒的にお得です。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力の関連会社なので実績安心!

あしたでんきの価格破壊的な安さは口コミで瞬く間に広がり、2019年現在申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金もないので、お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方も多いです。

実際に私もスマホはソフトバンクですが、電気はあしたでんきを使っています。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

ソフトバンクでんきとは

ソフトバンクでんきとは、ソフトバンクの電力小売事業、SBパワー株式会社が提供している新電力です。

ソフトバンクのスマホやワイモバイルのネット回線とセットで利用することで受けられるセット割があります。

しかし、正直ソフトバンクでんきはそこまでお得にならないんです。

その理由を、料金や割引内容、さらには利用者の評判などから見ていきましょう。

ソフトバンクでんきは実は高い!おすすめはあしたでんき

「ソフトバンクユーザーは電気もセットにするほうが割引もあってお得になる…」

そんな風に考えている方も多いかもしれませんが、実はそうでもないんです。

というのも、割引前の料金は高いし、割引が生きてくる状況もおよそ現実的でないからなんです。

どういうことか?

今回はわかりやすいように、2019年人気No.1のあしたでんきと料金を具体的に比較してみました。

割引前も割引後もたいして安くならないソフトバンクでんき

ソフトバンクでんきでは、ソフトバンクのスマホやワイモバイルのネット回線を利用している方が割引の対象になりますが、割引額は回線の数によって変わります。

なので、まずは割引前の純粋な電気料金を比べてみます。

例えば東京電力エリアで月に500kWh(4~5人家族平均)を使用している場合の料金はこうなります。

カッコの赤字は東京電力との差額です。

●東京電力
14,146円

●ソフトバンクでんき
14,020円(-126円)

●あしたでんき
12,750円(-1,396円)

これを見てお分かりだと思いますが、割引前のソフトバンクでんきの料金は東京電力と比べてほとんど安くなっていません(わずか-126円)。

ソフトバンクでんきの割引の仕組みは、契約しているソフトバンク・ワイモバイルの回線1つにつき100円が上記の料金から割り引かれるというもの(最大10回線=1,000円まで割引適用)。

一方あしたでんきは何もしなくても12,750円になり、東電より毎月1,300円以上安くなります。

つまり、ソフトバンクでんきでは割引上限の10回線を契約してようやくあしたでんきの料金に近付けるということなんです(それでもまだあしたでんきのほうが安い)。

電力会社
料金
ソフトバンク
でんき
割引前
割引後(10回線)
14,020円
13,020円
あしたでんき
12,750円

10回線というと、仮に5人家族であってもお子さんも含めた5人全員がソフトバンクのスマホを使い、自宅のネット回線をワイモバイルにしてもまだまだ足りません。

とても現実的な数ではありませんよね。

ソフトバンクユーザーでもそこまで多くの回線を使用している方はおそらくいないと思いますので、実はあえてセットにせず電気はあしたでんきに契約したほうが安くなるんです。

割引前の料金がほとんど安くないので、とにかくたくさん回線を使う人以外はたいしてお得にならない。

これがソフトバンクでんきが高いと感じる理由なんです。

※今回は東京電力エリアを例に計算しましたが、他のエリアでも同様の割引額になります。

電気をあまり使わない方でも同様

一人暮らしなど電気をあまり使わない方でも、安くなる状況はかなり限られます。

例えば月に120kwh使う場合で計算すると

●東京電力
3,465円

●ソフトバンクでんき
3,442円(-23円)

●あしたでんき
3,060円(-405円)

となり、この場合でもあしたでんきと同程度になるには最低3回線、あしたでんきよりも安くなるには4回線以上を契約していないといけません。

一人暮らしではスマホとネット回線の多くても2回線でしょうから、こちらも安くするにはかなり無理があると思います。

高くなったと感じる方は…

ちなみに、すでにソフトバンクでんきを利用していて、急に電気代が高くなったと感じている方もいるかもしれません。

そういう方は、最近ソフトバンクやワイモバイルの回線を解約しませんでしたか?

契約している回線の数が減ればその分割引額も減るので、必然的に電気代が高くなってしまうんです。

一度契約するとなかなか解約できなくなってしまうのも気になる点です。

ソフトバンクでんきは解約金もかかる

ソフトバンクでんきでは、解約するのに必ず解約手数料540円がかかってしまいます。

それに対してあしたでんきは契約手数料、解約金、違約金は一切かかりません。

つまり、いつでも好きなときに解約できるんです。

ソフトバンクでんきの解約金が飛びぬけて高いというわけではありませんが、解約金があるということは、ユーザーを何としてもつなぎとめたいという意図です。

契約期間の縛りや解約金云々はスマホやネットの契約でもうこりごりですよね。

解約金の有無は電力会社を選ぶときに気をつけたいポイントです。

結論!安くておすすめなのはあしたでんき

以上で見てきたように、ソフトバンクでんきはお得かといわれれば正直微妙です。

ここまでのポイント
  • 割引前の料金が安くない
  • たくさん回線を使わない限り安くならない
  • 解約金が必ずかかる
  • ちなみに、私はソフトバンクユーザーなのですが、電気はあしたでんきを利用しています。

    シミュレーションをしてみても、ソフトバンクでんきに契約するより年間6,000円以上お得になっていました。

    しかも、あしたでんきの違約金・解約金0円というのは実はかなり大きなメリットで、どれくらい安くなるかお試し感覚で切り替えられるということなんです。

    私も初めは試しに切り替えてみて、思ったほど安くならなかったら元に戻そうと思っていましたが、東京電力の時より毎月1,500円以上安くなり満足しています。

    いつ解約しても0円で解約できますし、検討中の方はお早めに申し込みをおすすめします。

    さらに今なら、あしたでんきの申し込みでもれなく2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

    下記のあしたでんき公式サイトから申し込みができますよ。

    2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    2019年申込件数No.1!
    業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

    あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    ソフトバンクでんきに目立ったメリットなし

    ここからは、ソフトバンクでんきのメリットをまとめていきます。

    ご自身にとって得になるかどうか確認してみてください。

    1回線につき月100円割引!スマホやネットとのセット割

    ソフトバンクでんき最大のメリットといえば、スマホやネットとのセット割です。

    上でも紹介したように、ソフトバンク・ワイモバイルの対象の機種や通信サービスとおうちでんきをセットで利用することで、1回線あたり100円の割引になります。

    最大10回線まで割引が適用されるので、ソフトバンク・ワイモバイルの回線をたくさん利用している方ほどお得になるという仕組みです。

    しかし先ほども書きましたが、たくさん利用していない方では結局たいして安くならないのも事実です。

    対象の機種・通信サービス

    【スマートフォン/携帯電話/タブレット】
    ・iPhone
    ・スマートフォン
    ・ケータイ
    ・あんしんファミリーケータイ
    ・みまもりケータイ
    ・iPad
    ・タブレット
    ・Wi-Fiルーター

    【インターネット】
    ・SoftBank 光
    ・SoftBank Air
    ・Yahoo! BB ADSL
    ・Yahoo! BBバリュープラン
    ・SoftBank ブロードバンドADSL(Nexyz.BB)

    回線数が多ければ他社のセット割よりお得

    ソフトバンク以外にネットやスマホを扱っている新電力は、auでんきや@niftyでんきなどがあります。

    ●@niftyでんき
    ⇒でんき+ネット=年間3,000円(250円/月)割引
    ⇒でんき+スマホ=年間3,000円(250円/月)割引
    ⇒でんき+ネット+スマホ=年間5,400円(450円/月)割引

    ●auでんき
    ⇒スマホ・ネットとのセット割なし

    ソフトバンクのおうちでんきと@niftyでんき、どちらが割引額が大きいかは回線の数によっても異なります。

    1回線あたりの割引額なら@niftyでんきの方が大きいですが、5回線以上ならおうちでんきが上回ります。

    とはいえソフトバンクでんきは電気料金自体はほとんど安くならないので、セット割を適用したところでお得というわけではありません。

    詳しい料金体系は後ほど紹介します。

    24時間365日対応の駆け付けサービスがある

    水漏れや配管の詰まり、鍵の紛失、ガラスのひび割れや破損など、おうちのトラブルに24時間365日対応してくれるおうちレスキューのサービスが利用できます。

    通常は有料の作業でも、30分以内の作業であれば無料で対応してくれます。

    東京電力エリアはサービス利用の期限はありませんが、それ以外のエリアは2年間の利用期限が定められているので要注意。

    また、東京電力エリア以外には一部対象外のエリアもあるので事前に確認しておくといいでしょう。

    WEBで使用量が確認できる

    会員ページにログインすると、電気代や30分ごとの電気使用量がWEBで見られます。

    このようなサービスは他の新電力でもよくあるので、おうちでんき独自のメリットというわけではありませんが、あると便利なサービスなので積極的に活用したいですね。

    2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    2019年申込件数No.1!
    業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

    あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    ソフトバンクでんきのデメリットは2つ

    ソフトバンクでんきのデメリットは事前に知っておかないと損をしてしまう可能性があります。

    メリットと照らし合わせて本当にお得かどうか判断してみてください。

    電気料金はあまり安くない

    料金単価やシミュレーションについてはこのあと詳しく紹介しますが、ソフトバンクでんきの料金は従来の電力会社とほとんど変わりません。

    せっかくの電力自由化ですから、電気料金は安くしたいですよね。

    セット割の割引額がうまく活用できる状況もあまり現実的とは思えないので、料金を安くしたい方にはあしたでんきなど他の電力会社の方がいいでしょう。

    解約金(解約手数料)がかかる

    解約の際に違約金は発生しませんが、540円の解約手数料がかかります。

    新電力の解約金相場は1,000円~3,000円程度なのでそれと比べれば安いですが、完全無料で解約できる新電力も多いのでこの点はデメリットと言わざるを得ませんね。

    ソフトバンクでんきの料金プラン

    続いて、先ほどは東京電力エリアのみと比較していたので、それ以外のエリアの料金も比較していきます。

    すべてを表示すると縦に長くなってしまうので、自分のエリアをクリックしてご覧ください。

    ()内の赤い数字は従来の電力会社との差額です。

    ▼北海道電力エリア

    北海道電力エリア

    北海道電力ソフトバンクでんき
    基本
    料金
    10A334.80円334.80円
    (±0円)
    15A502.20円502.20円
    (±0円)
    20A669.60円669.60円
    (±0円)
    30A1,004.40円1,004.40円
    (±0円)
    40A1,339.20円1,339.20円
    (±0円)
    50A1,674.00円1,674.00円
    (±0円)
    60A2,008.80円2,008.80円
    (±0円)
    従量
    料金
    120kWhまで23.54円23.30円
    (-0.24円)
    120kWhから
    280kWhまで
    29.72円29.41円
    (-0.31円)
    280kWhを
    超える分
    33.37円33.03円
    (-0.34円)
    最低月額料金246.24円246.24円
    (±0円)

    シミュレーション例

    ●40A契約で150kWh使用した場合

    北海道電力⇒5,055円
    ソフトバンクでんき⇒5,017円

    ソフトバンクでんきの方が38円安い

    ●40A契約で400kWh使用した場合

    北海道電力⇒12,923円
    ソフトバンクでんき⇒12,804円

    ソフトバンクでんきの方が119円安い

    残念ながら北海道電力エリアはあしたでんきの対応エリア外となっています。

    あしたでんき以外にもお得な電力会社はあるので、よかったら以下の記事も電力会社選びの参考にしてみてください。

    ▲料金プランを閉じる

    ▼東北電力エリア

    東北電力エリア

    東北電力ソフトバンクでんきあしたでんき
    基本
    料金
    10A324.00円324.00円
    (±0円)
    0円
    (-324.00円)
    15A486.00円486.00円
    (±0円)
    0円
    (-486.00円)
    20A648.00円648.00円
    (±0円)
    0円
    (-648.00円)
    30A972.00円972.00円
    (±0円)
    0円
    (-972.00円)
    40A1,296.00円1,296.00円
    (±0円)
    0円
    (-1296.00円)
    50A1,620.00円1,620.00円
    (±0円)
    0円
    (-1620.00円)
    60A1,944.00円1,944.00円
    (±0円)
    0円
    (-1944.00円)
    従量
    料金
    ~120kWh18.24円18.05円
    (-0.19円)
    25.50円
    (+7.26)
    120~30024.87円24.62円
    (-0.25円)
    25.50円
    (+0.63円)
    300~28.75円28.46円
    (-0.29円)
    25.50円
    (-3.25円)
    最低月額料金257.04円257.04円
    (±0円)
    0円
    (-257.04円)

    シミュレーション例

    ●40A契約で150kWh使用した場合

    東北電力⇒4,230円
    ソフトバンクでんき⇒4,200円
    ※あしたでんき⇒3,825円

    あしたでんきの方が405円安い

    ●40A契約で400kWh使用した場合

    東北電力⇒10,836円
    ソフトバンクでんき⇒10,739円
    ※あしたでんき⇒10,200円

    あしたでんきの方が636円安い

    ▲料金プランを閉じる

    ▼東京電力エリア

    東京電力エリア

    東京電力ソフトバンクでんきあしたでんき
    基本
    料金
    10A280.80円280.80円
    (±0円)
    0円
    (-280.80円)
    15A421.20円421.20円
    (±0円)
    0円
    (-421.20円)
    20A561.60円561.60円
    (±0円)
    0円
    (-561.60円)
    30A842.40円842.40円
    (±0円)
    0円
    (-842.40円)
    40A1,123.20円1,123.20円
    (±0円)
    0円
    (-1123.20円)
    50A1,404.00円1,404.00円
    (±0円)
    0円
    (-1404.00円)
    60A1,684.80円1,684.80円
    (±0円)
    0円
    (-1684.80円)
    従量
    料金
    120kWhまで19.52円19.33円
    (-0.19円)
    25.50円
    (+5.98円)
    120kWhから
    300kWhまで
    26.00円25.74円
    (-0.26円)
    25.50円
    (-0.5円)
    300kWhを
    超える分
    30.02円29.72円
    (-0.3円)
    25.50円
    (-4.52円)
    最低月額料金231.55円231.55円
    (±0円)
    0円
    (-231.55円)

    シミュレーション例

    ●40A契約で150kWh使用した場合

    東京電力⇒4,245円
    ソフトバンクでんき⇒4,215円
    ※あしたでんき⇒3,825円

    あしたでんきの方が420円安い

    ●40A契約で400kWh使用した場合

    東京電力⇒11,147円
    ソフトバンクでんき⇒11,048円
    ※あしたでんき⇒10,200円

    あしたでんきの方が947円安い

    ▲料金プランを閉じる

    ▼中部電力エリア

    中部電力エリア

    中部電力ソフトバンクでんきあしたでんき
    基本
    料金
    10A280.80円280.80円
    (±0円)
    0円
    (-280.80円)
    15A421.20円421.20円
    (±0円)
    0円
    (-421.20円)
    20A561.60円561.60円
    (±0円)
    0円
    (-561.60円)
    30A842.40円842.40円
    (±0円)
    0円
    (-842.40円)
    40A1,123.20円1,123.20円
    (±0円)
    0円
    (-1123.20円)
    50A1,404.00円1,404.00円
    (±0円)
    0円
    (-1404.00円)
    60A1,684.80円1,684.80円
    (±0円)
    0円
    (-1684.80円)
    従量
    料金
    ~120kWh20.68円20.47円
    (-0.21円)
    25.50円
    (+4.82円)
    120~30025.08円24.82円
    (-0.26円)
    25.50円
    (+0.42円)
    300~27.97円27.69円
    (-0.28円)
    25.50円
    (-2.47円)
    最低月額料金253.80円253.80円
    (±0円)
    0円
    (-253.80円)

    シミュレーション例

    ●40A契約で150kWh使用した場合

    中部電力⇒4,357円
    ソフトバンクでんき⇒4,324円
    ※あしたでんき⇒3,825円

    あしたでんきの方が532円安い

    ●40A契約で400kWh使用した場合

    中部電力⇒10,916円
    ソフトバンクでんき⇒10,816円
    ※あしたでんき⇒10,200円

    あしたでんきの方が716円安い

    ▲料金プランを閉じる

    ▼関西電力エリア

    関西電力エリア

    関西電力ソフトバンクでんきあしたでんき
    最低
    料金
    ~15kWh327.65円327.65円
    (±0円)
    0円
    (-327.65円)
    従量
    料金
    15~12019.76円19.56円
    (-0.2円)
    21.50円
    (+1.74円)
    120~30026.19円25.93円
    (-0.26円)
    21.50円
    (-4.69円)
    300~29.94円29.64円
    (-0.3円)
    21.50円
    (-8.44円)

    シミュレーション例

    ●150kWh使用した場合

    関西電力⇒3,188円
    ソフトバンクでんき⇒3,159円
    ※あしたでんき⇒3,225円

    ソフトバンクでんきの方が29円安い

    ●400kWh使用した場合

    関西電力⇒10,110円
    ソフトバンクでんき⇒10,012円
    ※あしたでんき⇒8,600円

    あしたでんきの方が1,510円安い

    ▲料金プランを閉じる

    ▼中国電力エリア

    中国電力エリア

    中国電力ソフトバンクでんきあしたでんき
    最低
    料金
    ~15kWh331.23円331.23円
    (±0円)
    0円
    (-331.23円)
    従量
    料金
    15~12020.40円20.19円
    (-0.21円)
    23.50円
    (+3.1円)
    120~30026.96円26.69円
    (-0.27円)
    23.50円
    (-3.46円)
    300~29.04円28.74円
    (-0.3円)
    23.50円
    (-5.54円)

    シミュレーション例

    ●150kWh使用した場合

    中国電力⇒3,282円
    ソフトバンクでんき⇒3,251円
    ※あしたでんき⇒3,525円

    ソフトバンクでんきの方が31円安い

    ●400kWh使用した場合

    中国電力⇒10,230円
    ソフトバンクでんき⇒10,129円
    ※あしたでんき⇒9,400円

    あしたでんきの方が830円安い

    ▲料金プランを閉じる

    ▼四国電力エリア

    四国電力エリア

    四国電力ソフトバンクでんき
    最低
    料金
    ~11kWh403.92円403.92円
    (±0円)
    従量
    料金
    11~12020.00円19.79円
    (-0.21円)
    120~30026.50円26.23円
    (-0.27円)
    300~29.95円29.65円
    (-0.3円)

    シミュレーション例

    ●150kWh使用した場合

    四国電力⇒3,378円
    ソフトバンクでんき⇒3,347円

    ソフトバンクでんきの方が31円安い

    ●400kWh使用した場合

    四国電力⇒10,348円
    ソフトバンクでんき⇒10,247円

    ソフトバンクでんきの方が101円安い

    残念ながら四国電力エリアはあしたでんきの対応エリア外となっています。

    あしたでんき以外にもお得な電力会社はあるので、よかったら以下の記事も電力会社選びの参考にしてみてください。

    ▲料金プランを閉じる

    結論:電気料金だけならソフトバンクでんきにほぼメリットなし!

    ソフトバンクでんきの料金体系は、東京電力など従来の電力会社と同じ基本料金と従量料金を合算するシステムです。

    ただし、料金も従来のものからあまり安くはならないので、電気料金だけで見るとほとんど変わりません。

    何度も言っていますが、肝心の割引もソフトバンクの回線をたくさん使っている方以外はあまり安くならないと考えていいです。

    一方、基本料金0円のあしたでんきはほとんどの場合で最も安くなりました。

    使用量によっては月に2,000円以上も安くなるケースもありますし、とにかく電気代を安くしたい!と考えている方はあしたでんきをおすすめします。

    あしたでんきの料金プランなどついて詳しくはこちらもご覧ください!
    『あしたでんきの口コミ・評判!Looopでんきよりお得な電力会社です!』

    2019年業界最安!あしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    2019年申込件数No.1!
    業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    初期費用、解約金0円!お試しで契約できる
    東京電力の子会社なので安心!

    面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

    お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

    乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    口コミ・評判はあまり良くない様子

    ネット上の口コミを探してみたのですが、ソフトバンクの知名度のわりに口コミの数は少なかったです。

    ツイッターに投稿されていた口コミを紹介しておきます。

    切り替えたら高くなった?

    ソフトバンクでんきにしたことで電気代が高くなってしまったのか、それとも電気をたくさん使ったから高くなってしまったのか。

    いずれにせよ、驚くほどの削減という結果にはならなかったようですね。

    コールセンターの対応が良い

    コールセンターにすぐ繋がり、対応も良かったという口コミが見つかりました。

    実際に暇だからかどうかはわかりませんが、結果的に良かったですね(笑)

    契約期間の縛りがないのはいい

    自然でんきには契約期間の縛りがないので、そこを評価している方もいました。

    勝手に契約期間を定められて違約金を取られてしまうのは納得がいきませんからね。

    割引率に疑問の声

    1年で4,500円、ひと月あたりに直すと375円しか安くならないという割引率に疑問の声も挙がっていました。

    せっかくの電力自由化、できるだけ電気料金を安くしたいのは当然ですよね。

    使用量によっても異なりますが、ある程度電気を使う方であればもっとお得になる新電力はあるでしょう。

    妥協せず、しっかりと比較して電力会社を選びましょう。

    割高になってしまうケースも

    シミュレーションの結果、割高になってしまうという結果が出た方も。

    本当に安くなるのかどうか、申し込み前に知っておくのはとても大切なことです。

    この方は申し込み前に気付けて良かったですね。

    強引な勧誘に怒りの声

    おうちでんきの強引な勧誘に遭い、かなり面倒なことになってしまったという方もいました。

    これで電気代が大幅に削減できるならまだいいですが、そうでもないのにこれはちょっと嫌ですね。

    強引な勧誘は新電力以外でもよく聞く話なので、不要であればきっぱりと断る癖をつけることも大事です。

    2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

    2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

    あしたでんきが選ばれている理由
    2019年申込件数No.1!
    業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
    初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

    あしたでんきは知識ゼロでも簡単に切り替えができ、お試し感覚で申し込んで利用を続けている方が多い大人気の新電力です!

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

    夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

    ソフトバンクでんきのキャンペーン情報

    ここでは、キャンペーン情報を紹介していきます。

    おうちでんきエリア拡大記念キャンペーン

    キャンペーン期間

    2018年6月1日~2018年7月1日
    ※現在は終了しております

    キャンペーン特典

    初回請求時電気代最大3,000円割引

    ※初回請求金額が3,000円未満の場合でも翌月以降への繰り越しはされません。

    適用条件

    以下の条件をすべて満たす必要があります。

    ・キャンペーン期間中に店頭またはWEBで「おうちでんき」に本申し込みすること
    ・2018年9月30日までに「おうちでんき」が開通され、電気の供給が開始していること

    申し込み前に知っておきたいソフトバンクでんきの基本情報

    最後に、ソフトバンクでんきを申し込む前に知っておきたい基本的な情報をまとめておきます。

    申し込み方法は3通り

    WEB、電話、店頭のいずれかで申し込みができます。

    支払い方法は口座振替・クレジットカードの2通り

    支払い方法は、口座振替またはクレジットカードのいずれかを選べます。

    ソフトバンクのスマホやネットを利用している方は、まとめて請求されます。

    マンション・アパートでも利用できる

    マンションやアパートなどの賃貸住宅でも申し込みが可能です。

    ただし、建物で一括受電をしている場合には契約ができないので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

    これはソフトバンクでんきに限らず、ほとんどの新電力に共通しています。

    スマートメーターへの交換が必要

    ソフトバンクでんきを利用するためには、スマートメーターへの交換が必要になります。

    切り替え工事は原則無料、原則立ち会い不要、基本的に停電もありません。

    こちらもソフトバンクでんきに限らず、ほとんどの新電力に共通しています。

    おすすめはあしたでんき

    あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

    おすすめの理由
    ●基本料金が0円
    ●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
    ●2019年現在【業界最安】
    ●使用量がリアルタイムで把握できる
    ●東京電力の子会社なので安心
    ●対応が良い
    ●契約者の評判が本当に良い

    今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年7月現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

    料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

    私もあしたでんきを利用していますが、毎月1,500円ほど安くなりとても満足しています。

    新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

    私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

    どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

    ※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

    まとめ

    いかがでしたか?

    ソフトバンクでんきは電気料金だけ見るとあまりお得とは言えませんし、セット割の1回線あたりの割引額は100円だけなので、回線数の少ない方にはほとんどメリットはありません。

    家族全員でソフトバンクの携帯電話を利用している方や、請求を一つにまとめたいという方にはいいでしょう。

    ただ、セット割の額を含めたとしても、あしたでんきなどもっと安くなる新電力はあります。

    ちなみにこの記事では触れませんでしたが、ソフトバンクでんきには実は「自然でんき」というもう一つのプランも用意されています。

    自然でんきに関しては、あしたでんきと似たシンプルな料金プランになっていますが、セット割が適用されないという致命的なデメリットがあります。

    また、従量料金の単価がそこまで安くないというのもネックです。

    先程紹介したあしたでんきは自然でんきより料金も安いので、「自然でんき、結構いいかも」と思った方はあしたでんきの検討もおすすめします!

    評価:4.10 - 21件の票数

    おすすめはあしたでんき

    業界最安値を誇るあしたでんき。

    とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

    東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

    あしたでんき公式サイトはこちら

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)