東京都品川区で安くておすすめな電力会社は?【新電力比較ランキング】

2016年から始まった「電力自由化」。

自分で好きな電力会社を選んで契約できるようになりましたが、いざ「電力会社を選ぼう!」と思っても、電力会社が多すぎてどうしたらいいかわからないという方も多いですよね。

中でも全国で最も人口が多い東京都は、多くの電力会社がひしめき合う激戦区です。

そこでこの記事では、東京都品川区にお住まいの方がお得な電力会社を見つけられるように

  • 電力会社の選び方
  • 各電力会社の比較
  • 総合的におすすめな電力会社
  • 電力会社の乗り換え方法
  • 乗り換えの注意点
  • などをわかりやすくまとめました。

    また、新電力って何?電気の質って大丈夫?と言った気になる点や電気の乗り換えの注意点も説明しています。

    ぜひ、お得な電力会社選びに役立ててくださいね!

    新電力/電力自由化とは?

    新電力/電力自由化とは?

    「電力自由化」という言葉を聞いたことがあると思います。

    日本ではこれまで、各家庭でみなさんが使っていた電気はその地域の電力会社から購入していました。

    品川区にお住まいの方は東京電力からでしたね。

    しかし2016年に行われた法律の改正により、様々な業者が電気の供給を行えるようになりました。

    これを「電力自由化」と言います。

    私たち消費者の目線からすると、たくさんの電力会社から好きな会社を選んで契約できるようになったんですね。

    電力自由化以降に新たに電気の販売事業を始めた電力会社のことを従来の電力会社を区別するため、「新電力」と呼んでいます。

    新電力の多くは従来の電力会社のプランを研究して独自の料金を設定していますから、基本的に新電力に乗り換えることで今までより電気代を節約することができるというわけなんです。

    新電力って品質は大丈夫?

    新しい電力会社と聞くと、「電気の質は大丈夫なの?」「停電が増えたりしない?」など不安に思う方もいるかもしれません。

    結論から言うと、そうした心配は不要です。

    新電力は主に電気の販売を担当していて、電気を送る「送電」はこれまでどおり地域の電力会社の送電網を伝って行われるからです。

    また、自社で発電をする新電力もありますが、万が一発電施設にトラブルが生じて電気を供給できなくなった場合は地域の電力会社が不足分を補ってくれる仕組みになっています。

    つまり、地域の電力会社から新電力に切り替えたとしても、電気の質や供給量が落ちたり、停電が増えるといったことは起こらないのです。

    これらの仕組みは電力自由化に関する法律で決められているので、安心して新電力への乗り換えを検討することができますよ。

    電力会社の選び方

    電力会社を選ぶといっても、どうやって決めたらいいかわからないという方も多いと思います。

    そこで、ここでは電力会社を選ぶときに外せない大切なポイントを3つ紹介します。

    1.料金の安さ

    最も大切なのが、電気料金が安いかどうかということです。

    電力会社によっては、もともと別のビジネスをしていた企業が電気事業にも参入したというケースも多くあります。

    こうした電力会社は、電気以外での収益があるので電気料金をあまり安くしていないこともあります。

    また、ポイント特典などを用意している電力会社もありますが、そうしたところも電気料金はあまり安くない、というところが多いです。

    さらに、例えば月の電気代が1万円を超える人にお得な電力会社のプランを一人暮らしの方が選んでしまうと、かえって今までより高くなる可能性もあります。

    電力会社を選ぶときは、まずは料金をしっかり確認しましょう。

    電気料金の仕組みや内訳、計算方法などについては詳しくこちらの記事でまとめています。
    『電気料金の内訳・計算方法をわかりやすく解説!』

    2.評判・口コミの良さ

    口コミや評判の良さも、電力会社を選ぶ際に大切なポイントです。

    実際に利用している方の口コミからは、公式サイトなどには載っていないデメリットや良くない評判まで、リアルな情報を知ることができます。

    また、知名度がある電力会社でも、実は評判が悪く、料金やサービスもたいしてお得ではないという場合もあるかもしれません。

    時間があるときにSNSで検索したり、「○○電気 口コミ」などで一度調べてみるといいでしょう。

    3.契約期間・解約金はないか

    電力自由化の魅力は、いつでも電力会社と自由に契約できるということです。

    その中で大切になるのが、契約期間の縛りや解約金などの有無です。

    契約の縛りがないということは、気になった電力会社があればお試し感覚で申し込めるということ。

    また、電力会社の中には、●年契約で途中解約○万円、などの条件があるところもあります。

    電気代を節約するために電力会社を切り替えたのに、余計な費用が掛かってしまえば本末転倒ですよね。

    契約期間や解約金のない電力会社を選ぶのが、3つめのポイントです。

    東京都品川区のおすすめ電力会社5選!

    では、以上の内容を踏まえて品川区にお住まいの方におすすめな電力会社を5社紹介します。

    ぜひ参考にしてくださいね。

    1位:あしたでんき

    おすすめ電力会社1位のあしたでんき

    初心者へのおすすめ度:★★★★★

    向いている人

  • とにかく電気代を安くしたい人
  • 電気をたくさん使う人
  • シンプルなプランが好きな人
  • 向いていない人

  • 現在10A、20Aで契約している人
  • ガスなどと請求をセットにしたい人
  • あしたでんきの特徴は基本料金0円で使った分だけ支払うシンプルプラン

    実は電気代というのは、電気の契約自体にかかる「基本料金」と、電気を使った分だけ支払う「従量料金」の2種類から成り立っています。

    あしたでんきはこの基本料金がないので、これまで毎月支払っていた1,000円前後がまるまる無くなるということです。

    また、電気を使った分だけかかる「従量料金」も東京電力よりかなり安く設定されているので、基本料金0円と合わせて大幅な節約が期待できるんです。

    ちなみにあしたでんきは東京電力のグループ企業なので、実績や経営基盤も安定しているのも大きな魅力。

    初めて電気を切り替える方やどこにしようか迷われている方には本当におすすめの電力会社です。

    契約期間の縛りや解約金などは一切ないので、気になった方は公式サイトから一度料金シミュレーションをしてみることをおすすめします。

    2位:HTBエナジー

    初心者へのおすすめ度:★★★★☆

    向いている人

  • シンプルなプランが好きな人
  • 電気代が15,000円未満の人
  • 向いていない人

  • 現在10A~30Aで契約している人
  • 電気代が15,000円を超えるような人
  • HTBエナジーは旅行会社H.I.Sの関連会社で、長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」が設立した電力会社です。

    HTBエナジーの特徴は、今までの電気料金から必ず5%安くなるということです。

    つまり、今の電気代が月に3,000円なら2,850円に、10,000円なら9,500円になるということです。

    節約額としては1位のあしたでんきに劣ってしまいますが、今の電気代から簡単にいくら安くなるのかを算出することができるので、初めて電気を切り替える方だけでなく、面倒なことが苦手な方にもおすすめできますよ。

    3位:東京ガスの電気

    おすすめ電力会社5位の東京ガス電気

    初心者へのおすすめ度:★★★★☆

    向いている人

  • ガスと請求をセットにしたい人
  • 知名度のある企業が安心という人
  • 向いていない人

  • 東京ガスの都市ガスを使ってない人
  • 今後、ガスも自由に選びたい人
  • 単純に電気代を安くしたい人
  • 深田恭子さんのCMでも有名な「東京ガスの電気」。

    東京ガスを利用している方では、ガスとセットにすることで請求をひとまとめにできたり、「セット割」を適用させることもできます。

    電気やガスといったインフラをまとめたいという方も多く、深田恭子さん効果もあってか東京ガスは新電力シェアで全国No.1となっています。

    大手企業の安心感やガスとのセット契約を望んでいる方は選んで間違いのない電力会社でしょう。

    ただ、電気料金自体はそこまで安いというわけではなく、ガスとのセット割を適用させたとしても1位のあしたでんきより料金が高くなるのも事実。

    また、ガスも自由化されているので、今後ガスも自分で好きなガス会社を選びたいという方には不向きかもしれませんね。

    4位:ENEOSでんき

    初心者へのおすすめ度:★★★☆☆

    向いている人

  • 車をよく使う人
  • TポイントやANAのマイルなどを貯めたい人
  • 向いていない人

  • 一人暮らしなど電気をあまり使わない人
  • ガソリンスタンドを運営するENEOSも電気の販売を行っています。

    吉田羊さんのCMで見たことがある方も多いかもしれません。

    ENEOSでんきの特徴は選べる豊富な特典です。

    車をよく使う人はガソリン代が割引になる特典を選べたり、TポイントやANAのマイルなどを貯めたい人は電気代の支払いでこれらのポイントを貯めることができます。

    また、電気料金自体もかなり安いほうなので、特典は嬉しいけど電気代は全然安くならない…ということもないので安心です。

    ただ、電気をあまり使わない場合(~3,500円程度)の料金は東京電力と全く同じなので、そうした方は節約にはならないので注意ですね。

    ちなみにENEOSは都市ガスも提供しているので、ENEOSの都市ガスとENEOSでんきをあわせて利用するとガス代が安くなるなどのセット割もありますよ。

    5位:シン・エナジー

    おすすめの電力会社4位のシンエナジー

    初心者へのおすすめ度:★★★☆☆

    向いている人

  • 電気をあまり使わない人
  • 電気代が10,000円未満の人
  • JALのマイルなどを貯めたい人
  • 向いていない人

  • 電気代が10,000円を超える人
  • シン・エナジーの特徴は、「基本料金」と「従量料金」が東京電力よりまんべんなく安くなっているということ。

    電力会社の中には電気をあまり使わないと逆に高くなるところもある中で、シン・エナジーはどんな人でも確実に安くなるのが安心できる点です。

    また、電気代の支払いでJALのマイルが貯まるので、マイルを貯めたい方にも嬉しいですね。

    ただ、たくさん電気を使った場合の電気料金はあしたでんきや東京ガス、ENEOSでんきに劣ります。

    シン・エナジーがお得に利用できるのは月の電気代が~10,000円程度の人と言えるでしょう。

    電力会社の乗り換え方法

    続いて、電力会社の乗り換えの具体的な方法を説明します。

    電力会社への乗り換え方

    「電力会社を乗り換えるのだから、今契約している東京電力などに解約の連絡をしないといけない」

    と思う方も多いかもしれません。

    実際は新たに契約したい新電力会社に申し込むだけで、現在の電力会社の解約から新たな契約まですべて次の電力会社がやってくれるんです。

    ですので、今契約している電力会社に電話などの連絡をする必要はないのです。

    これはどこの電力会社でも同じで、電力自由化の仕組みで保証されています。

    申し込みはWEBから

    次の電力会社への申し込みは主にWEBから行います。

    電話や書類の郵送などで申し込める電力会社もありますが、ほとんどの電力会社では公式サイトの申し込み窓口から申し込むかたちになります。

    スマホなどからも簡単にできますし、気に入った電力会社が決まったら、ぜひ気軽に申し込んでみましょう!

    申し込みには検針票が必要

    申し込みには、『検針票』と呼ばれる料金明細が必要です。

    検針票には「お客様番号」や「供給地点特定番号」などの契約に必要な情報が載っています。

    WEBなどで入力する過程で必ず聞かれるので、ぜひ手元に用意しておきましょう。

    申し込み後の流れ

    申し込み後の流れは主に以下の通りです。

    1.マイページの発行
    2.スマートメーターの設置工事
    3.電気の供給開始

    1.マイページの発行

    ほとんどの新電力会社では、利用者が利用するマイページが発行されます。

    メールアドレスやパスワードなど簡単な情報の登録が必要です。

    これからはこのマイページで月々の電気代や電気使用量を把握したり、契約内容の変更を行うことになります。

    注意:検針票は発行されなくなることも

    電力会社によっては、紙の検針票が発行されなくなるところも多いです。

    経費削減や資源の有効活用などの理由で今後もどんどん増えていくでしょう。

    中には手数料を支払って髪の検針票を発行してもらえるところもありますが、基本的にマイページから確認することになります。

    2.スマートメーターの設置工事

    電力会社への申し込み後、スマートメーターが設置されていない方はスマートメーターの設置工事が行われます。

    とはいえ、これは10分もあれば完了する簡単な工事で、料金無料、立ち合いも不要です。

    あらかじめ新電力会社と工事日の設定はする場合が多いですが、ほとんどの方はいつの間にか切り替わっていたという感覚だと思います。

    3.電気の供給開始

    申し込みをしてから実際に電気の利用が始まるまでは、電力会社によって異なります。

    季節によって切り替えが込み合うこともありますが、1週間~1ヵ月以内に開始することがほとんど。

    特にこれから夏本番にかけて切り替えが込み合う場合が多いので、検討している方はお早めの申し込みをおすすめします。

    乗り換えの注意点

    多くの方にとってメリットが多い電力会社の切り替えですが、注意しておくべき点もあります。

    一括受電契約のマンション・アパートでは切り替えられない

    一軒家の方と同じく、基本的にマンションやアパートでも新電力会社に切り替えられます。

    ただし、建物で高圧一括受電契約をしている場合は契約できません。

    高圧一括受電契約とは建物全体で高圧契約をすることです。

    気になる方はお手元の明細書を確認してみてください。

    「契約種別欄」に高圧の記載があるか、供給電圧が6kV以上になっていれば高圧一括受電契約です。

    また、マンションやアパートに「高圧受電盤」と書いてあるキュービクルがあれば高圧一括受電契約をしています。

    それでもよくわからないという場合は大家さんや管理会社に確認してみるといいでしょう。

    オール電化の方は乗り換えない方がいい場合も

    新電力会社の多くは、オール電化向けのプランを用意していません。

    現在オール電化の住宅に住んでいる方は夜間にたくさん電気を使う方向けのプランに入っていると思いますが、新電力会社にはそうしたプランがないことがほとんどなので、乗り換えるとかえって高くなることが多いです。

    オール電化の方は今の電力会社のまま契約することをおすすめします。

    悪質な勧誘や訪問営業に注意!

    電力自由化以降、多種多様な企業が電気の販売に参入してきましたが、中には悪質な勧誘や訪問販売を行う業者も出てきました。

    実際に今年の5月29日には、悪質な営業活動を行っていた電力会社の代理店が逮捕されました。

    電力自由化に便乗して、これらの悪徳な業者が増えてしまっているのも事実。

    不審な勧誘や訪問販売が来た場合、契約の意思がなければしっかりと断ることが重要です。

    悪質な勧誘や訪問営業の見分け方や対処方法などはこちらの記事で詳しくまとめています。
    『「電気料金が安くなる」という訪問・勧誘に要注意!悪質な詐欺に遭わないための全知識』

    少しでも怪しいと思ったら相談・通報

    品川区では、こうした消費者のトラブルに関する相談を受けてくれる消費生活センターという窓口があります。

    少しでも怪しいな、と思ったら最寄りの警察への通報と合わせて、こうした公的機関も活用しましょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    「電力会社ってたくさんあって選べない」
    「電気の切り替えってなんだか難しそう」

    そうした方の不安や疑問が少しでも解消されたら嬉しいです。

    電力自由化は選び方さえ間違わなければ確実にお得になれる制度です。

    ぜひこの記事を参考にして、お得な電力会社を見つけてくださいね。

    【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ