リミックスでんきの料金は?評判から分かる全情報【2020年版】

リミックスでんきを検討しているけど、評判はどう?電気代は安くなる?など気になっていませんか。

リミックスでんきは地域の電力会社から5%安くなる『割引プラン』が最大の特徴で、どんな方が乗り換えても必ず電気代を安くすることができます。さらに、一部エリアでは新たに基本料金が0円の『使い得プラン』も始まり、選択の幅が広がりました。

この記事ではリミックスでんきの評判を交えながら、リミックスでんきの料金やプラン内容を分かりやすくまとめました。

結論から言うと、リミックスでんきの5%OFFプランは電気をあまり使わない方に特におすすめです。一方でファミリー層など電気を多く使う方ではそこまでお得とは言えないので、対象エリアに住んでいるなら基本料金0円の『使い得プラン』を検討すると良いでしょう。

そのほか、申し込み方法やよくある疑問点などリミックスでんきに関する全情報を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

リミックスでんきとは

リミックスでんきは、東証二部上場の株式会社リミックスポイントが提供する電気のサービス。

株式会社リミックスポイントはかねてより企業や商業施設向けに省エネコンサルティングを行うなど電力事業に力を入れており、他にも中古車販売や仮想通貨事業など幅広いビジネスを展開しています。

当初は電気代が5%安くなる『割引プラン』、電気代の5%相当をビットコインで還元する『仮想通貨付与プラン』を提供していましたが、近年では基本料金が0円の『使い得プラン』の提供も開始しました。

電気の供給エリアはプランによって異なります。
  • 『割引プラン』『仮想通貨付与プラン』
    ⇒沖縄・離島を除く全国
  • 『使い得プラン』
    ⇒東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州エリア
どちらのプランも現在30アンペア以上で契約している方が対象となります。

なお、リミックスでんきの電気は卸電力取引所から調達し、送配電は地域のネットワークを利用しています。そのため、乗り換えても電気の品質や安全性は変わらず利用できます。

リミックスでんきの料金

リミックスでんきの料金について見ていきましょう。

電気代が5%安くなる『割引プラン』、基本料金が0円の『使い得プラン』の2つに分けて説明していきます。

ちなみにリミックスでんきでは契約後の料金プランの変更に300円+税の手数料がかかるので、契約を考えている方は以下を参考にあらかじめ決めておくと良いでしょう。

※『仮想通貨付与プラン』は割引プランと同額の割引額になるので、割引プランの説明をご覧ください。

電気代が5%安くなるプラン

リミックスでんきの割引プラン

リミックスでんきの『割引プラン』は、地域の電力会社の基本料金、使用料金(従量料金)から一律で5%OFFとなります。

電気料金は主に基本料金と使用料金から成り立つので、現在の電気料金の5%分が安くなるということになります。

いくつかの電気代を想定して、具体的にどれくらい節約できるかを表にまとめたのでご覧ください。
現在の料金3,500円6,000円10,000円15,000円
1ヵ月の削減額-175円-300円-500円-750円
電気の使用量や生活スタイルに関係なく全ての方が一律に5%安くなります。そのため複雑な計算が苦手という方や、透明性のない料金プランに不安がある方にもおすすめです。

以下では『割引プラン』が実際にどれくらいお得と言えるのか、電気をあまり使わない場合とたくさん使う場合に分けて他社とも比較しながら解説します。

電気使用量が少ないほどお得

5%安くなる『割引プラン』は、電気をあまり使わない方で特にお得と言えます。

そもそも電気をあまり使わない方の場合、もとから電気料金が安めです。そのため多くの新電力は電気使用量が少ない場合にはほとんど割引を設定していません。

一方でリミックスでんきは電気を使わなくても5%安くなるため、電気使用量が少ない方にとっては大きなメリットとなります。
一人暮らしでは業界最安水準
特に一人暮らしのような電気をほとんど使わない方では、業界でもトップクラスに安いです。

安さに定評のあるLooopでんき、エルピオでんき、ENEOSでんきと3つのケースを想定して、それぞれの地域の電力会社から乗り換えた際の差額を比較します。

特に人口の多い関東・中部・関西の3つのエリアをピックアップしたのでご覧ください。
▶現在の電気代約3,000円
(120kwh)
約5,400円
(200kwh)
約6,500円
(250kwh)
関東
リミックス-162円-268円-334円
Looop-76円-82円-86円
エルピオ+151円-125円-297円
ENEOS±0円-155円-252円
中部
リミックス-169円-271円-334円
Looop-214円-143円-99円
エルピオ-195円-82円-50円
ENEOS-22円-43円-119円
関西
リミックス-123円-226円-290円
Looop+214円-50円-215円
エルピオ+190円-90円-265円
ENEOS-56円-193円-279円
ほとんどすべてのケースで、リミックスでんきが最も安くなっていることが分かります。中には地域の電力会社より割高になる新電力もある中、リミックスでんきでは毎月100~300円程度の節約ができます。

ここでは省略した他のエリアも同様に、一人暮らしの方にはリミックスでんきは業界最安水準となります。

一か月の電気代が6,500円未満になるような一人暮らしの方には特にリミックスでんきはおすすめです。

電気使用量が多い場合

電気使用量が多い場合、電気代が高くなるにしたがって安くなる額は大きくなります。現在の電気代が8,000円の方は400円、12,000円の方は600円、20,000円の方は1,000円の削減になります。

そのためファミリー世帯など電気使用量が多い場合も確かにお得にはなりますが、実は他の新電力と比較するとあまり安いとは言えません。
他社新電力と比較すると割高?
先ほど同様、新電力の中でも安いLooopでんき、エルピオでんき、ENEOSでんきと、地域の電力会社から乗り換えた場合の節約額で比較します。

電気代がふつう~多めの3つのケースでシミュレーションしています。
▶現在の電気代約10,000円
(350kwh)
約14,500円
(500kwh)
約20,000円
(650kwh)
関東
リミックス-491円-734円-964円
Looop-584円-1,496円-2,121円
エルピオ-1,042円-1,789円-2,508円
ENEOS-566円-697円-1,871円
中部
リミックス-484円-711円-925円
Looop-443円-1,038円-1,347円
エルピオ-479円-1,205円-1,983円
ENEOS-254円-550円-845円
関西
リミックス-426円-642円-857円
Looop-696円-1,641円-2,586円
エルピオ-766円-1,741円-2,716円
ENEOS-460円-745円-1,030円
電気をたくさん使う場合、リミックスでんきは他社に対して見劣りすることがわかります。特に電気代が10,000円を大きく超える場合、エルピオでんきなどの安い新電力よりも1,000円~2,000円近くも割高です。

リミックスでんきが他社新電力より割高になってしまうのは、電気の単価が高いからです。

電気の単価は使用量に応じて3段階に分かれています。ファミリー世帯など電気使用量が多いときに適用される単価を並べてみます。
※東京電力エリアの例
 リミックスでんきLooopでんきエルピオでんきENEOSでんき
単価29.04円26.40円25.78円26.22円
リミックスでんきは他の新電力より、1kwhあたりの単価が3円以上も高いです。リミックスでんきでは地域の電力会社の5%OFFとなっていますが、他社の新電力ではそれ以上に安い単価となっているのです。

電気代が10,000円を超えるような方は、リミックスでんきの『割引プラン』よりも他社を選んだ方がお得と言えます。または、後述するリミックスでんきの基本料金0円の『使い得プラン』を選ぶようにしましょう。

\電気代が5%おトク/
リミックスでんき

リミックスでんきが選ばれる理由・・・
●今より必ず5%もおトク
●一人暮らしでも節約できる
●基本料金0円のプランも選べる!
●初期費用・解約金0円

▼24時間受付中!WEBでカンタン切り替え▼リミックスでんき公式サイト

基本料金0円のプラン

リミックスでんきの使い得プラン

リミックスでんきの『使い得プラン』は、基本料金が0円で使用料金の単価が一律の料金プラン。

一般的な電力会社で発生していた基本料金が無料となり、電気使用量に応じて高くなっていた単価が一律で変わりません。そのため、契約アンペアが高い方や、電気をたくさん使う方ほどお得になっていきます。

地域の電力会社から乗り換えた場合の削減額を、いくつかのケースで表にまとめたのでご覧ください。
▶現在の電気代約5,400円
(200kwh)
約10,000円
(350kwh)
約14,500円
(500kwh)
約20,000円
(650kwh)
東北
-14円-368円-1,145円-1,592円
関東
-102円-619円-1,546円-2,186円
中部
-169円-489円-1,103円-1,432円
関西
-70円-731円-1,691円-2,651円
中国
-148円-428円-1,217円-2,006円
四国
-69円-509円-1,439円-2,369円
九州
-171円-582円-1,293円-1,707円
電気代が高く、電気を多く使う方ほど大きな節約になっていることがわかりますね。

ファミリー世帯など電気使用量が多い方は、リミックスでんきの『使い得プラン』を契約した方がお得です。

他社新電力と比較

リミックスでんきの『使い得プラン』は、他の新電力と比較しても上位の安さを実現しています。

地域の電力会社からリミックスでんき、Looopでんき、エルピオでんき、ENEOSでんきへ乗り換えた際の節約額をご覧ください。
▶現在の電気代約10,000円
(350kwh)
約14,500円
(500kwh)
約20,000円
(650kwh)
関東
リミックス-619円-1,546円-2,186円
Looop-584円-1,496円-2,121円
エルピオ-1,042円-1,789円-2,508円
ENEOS-566円-697円-1,871円
中部
リミックス-489円-1,103円-1,432円
Looop-443円-1,038円-1,347円
エルピオ-479円-1,205円-1,983円
ENEOS-254円-550円-845円
関西
リミックス-731円-1,691円-2,651円
Looop-696円-1,641円-2,586円
エルピオ-766円-1,741円-2,716円
ENEOS-460円-745円-1,030円
最安とはなりませんが、エルピオでんきに次いで安くなっています。

また、リミックスでんきと同様に基本料金0円として有名なLooopでんきよりも必ず安くなります。リミックスでんきはLooopでんきより単価を0.1円安くしているためです。

リミックスでんきの『使い得プラン』は、電気代が10,000円を超えるようなファミリー世帯では十分におすすめできるプランと言えます。

リミックスでんきの申し込み方法

リミックスでんきの申し込み方法は公式サイトからのみとなっています。

申し込みには「電気の検針票」「支払いに使うカード情報または口座情報」をお手元に用意しておくようにしましょう。

公式サイトでは、現在の電力会社の契約情報や検針票情報、住所などを入力します。

重要事項説明書に同意し、記入内容を確認が終われば申し込み完了です。申し込み後、登録したアドレス宛にメールが届くので受け取れる設定にしておきましょう。

WEB申し込み完了後、スマートメーターの設置作業や現在の電力会社の解約作業などが行われますが、全てリミックスでんきが代行してくれます。自分で何かをする必要はありません。

申し込み内容が確定してから10営業日+2日以降の最初の検針日から、リミックスでんきに切り替わります。検針日は人によって変わりますが、おおよそ申し込みから1か月程度で切り替わると理解しておきましょう。

\電気代が5%おトク/
リミックスでんき

リミックスでんきが選ばれる理由・・・
●今より必ず5%もおトク
●一人暮らしでも節約できる
●基本料金0円のプランも選べる!
●初期費用・解約金0円

▼24時間受付中!WEBでカンタン切り替え▼リミックスでんき公式サイト

リミックスでんきのよくある疑問

最後に、リミックスでんきのよくある疑問に回答します。

初期費用・解約金は?

リミックスでんきに切り替える際に初期費用や手数料はかかりません。また、契約期間は1年間の自動更新となっていますが、途中で解約しても解約金・違約金はかかりません。

リミックスでんきの解約金

※出典:公式サイト

重要事項説明書には10,000円∔税の解約違約金が発生する場合があるとありますが、これは重大な規約違反などが生じた場合のみとのことなので安心してください。

電気代の確認方法は?

リミックスでんきに切り替えると、今までの紙の検針票(料金明細)は届かなくなります。

電気代や電気使用量はリミックスでんき契約者に発行されるマイページから確認することになります。

マイページでは月々の請求額や使用量だけでなく、グラフで月別、日別に使用量の推移を見ることができます。

オール電化は対応している?

リミックスでんきはオール電化対応プランはありません。そのため、オール電化の方はリミックスでんきに乗り換えることができません。

オール電化住宅の方は今の料金プランを使い続けましょう。

まとめ

リミックスでんきについてまとめてきました。

電気代が5%安くなる『割引プラン』は特に一人暮らしにおすすめで、電気をあまり使わない方ほどお得になります。一方で電気を多く使うファミリー層などでは、基本料金0円の『使い得プラン』がお得です。

どちらも他の新電力と比較しても低価格を実現しているので、とにかく電気代を安くしたいという方にも向いています。

契約後のプラン変更には手数料がかかるので、予め自分に合ったプランを決めて申し込むことをおすすめします。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ