リミックスでんきは一人暮らしでも安い?料金・プランを徹底解説

リミックスでんきは一人暮らし
リミックスでんきは一人暮らしでも安いのかな?他の新電力と比べてどうなの?など気になっていませんか。

この記事では、リミックスでんきを一人暮らしの方が選んでも電気代はお得になるのか分かりやすく説明しています。

結論から言うと、リミックスでんきは電気使用量が少ない方でも必ず電気代が5%安くなり、他社と比較してもトップクラスに安いため一人暮らしにおすすめできる新電力です。

また、一人暮らしでも電気をある程度使うという方には別のプランも用意されているため、幅広い生活スタイルの方で電気代をお得にすることができるのも魅力です。

ただし、現在20A以下で契約している方は利用できないので該当する方は他社を検討しましょう。

リミックスでんきを検討している方だけでなく、一人暮らしで少しでも電気代を安くしたいと考えている方もぜひ参考にしてください。

リミックスでんきは一人暮らしでも安い?

リミックスでんきが一人暮らしでどれくらい安くなるのか、リミックスでんきの料金プランの特徴をもとに地域の電力会社や他社と比較しながら解説します。

電気代が5%安くなる

リミックスでんきの料金プランは、地域の電力会社の基本料金・従量料金(使用料)が一律5%安くなるように設定されています。

電気代は毎月固定でかかる基本料金と、電気を使った分だけ支払う従量料金の2つから主に成り立っています。リミックスでんきに乗り換えると、この2つの料金がともに5%割引されて請求されます。

そのため、一人暮らしで現在の電気代が3,000円の方は150円、6,000円の方は300円といった形で毎月削減することができます。

以下にいくつかの例で削減額を載せたので参考にしてみてください。
現在の電気代削減額
3,000円-150円
3,500円-175円
4,000円-200円
4,500円-225円
5,000円-250円
5,500円-275円
6,000円-300円
実際には月によって再エネ賦課金や燃料費調整額といった諸費用が加算されたり割引されたりしますが、これはどの電力会社を利用していても同じ金額が発生するので節約額には関係ありません。

一人暮らしのような電気をあまり使わない方であっても、リミックスでんきなら毎月必ず電気代を今より5%安くすることができます。

一人暮らしなら他社新電力よりも安い

一人暮らしの方にとって、リミックスでんきは地域の電力会社より安いだけでなく、他の多くの新電力と比べてもトップクラスに安いです。

一人暮らしの平均的な電気使用量(30A契約・150kwh)で、新電力の中でも安いと言われているLooopでんき、ENEOSでんき、エルピオでんき、シン・エナジーと比較してみます。

それぞれの地域の電力会社から乗り換えた場合の節約できる額を表に並べました。
 リミックスLooopでんきENEOSエルピオシン・エナジー
北海道-176円-382円-45円
(契約不可)
東北-198円-19円-51円+277円-68円
関東-203円-78円-58円+48円-168円
中部-207円-188円-45円+138円-159円
北陸-176円-325円-45円-325円-116円
関西-162円+115円-107円+85円-145円
中国-166円+320円-46円+197円-104円
四国-172円+218円-33円+149円-126円
九州-183円-168円-45円-141円-83円
北海道と北陸を除くエリアで、リミックスでんきが最も安いことが分かります。

リミックスでんきでは電気使用量に関わらず5%安くなりますが、他の新電力では電気使用量が増えるにつれて割引率が大きくなるようになっています。

例として、リミックスでんきとシン・エナジーの料金単価を見比べてみましょう。
※東京電力エリアの例
 リミックスでんきシン・エナジー
120kwhまで18.86円
(-5%)
19.67円
(-1%)
120kwhから
300kwhまで
25.15円
(-5%)
24.78円
(-6.5%)
300kwh以降29.04円
(-5%)
27.71円
(-9.4%)
電気の料金単価は、電気を使う量が増えるにつれて3段階で高くなる仕組みです。

リミックスでんきでは全ての段階で地域電力会社の5%OFFになるのに対し、シン・エナジーでは120kwhまでが1%、120から300kwhまでが6.5%、300kwh以降が9.4%と割引額が変わります。

一人暮らしで電気をあまり使わない方は120kwhまでの単価の安さが特に重要になるため、120kwhまでが最も安いリミックスでんきが一人暮らしでお得になれるのです。

なお、Looopでんきやエルピオでんきはエリアによってはむしろ高くなる場合もありますが、リミックスでんきはそういった心配がなく必ず安くできるというのも一人暮らしにおすすめできるポイントです。

電気使用量が多くても安くなる

一人暮らしの方でもある程度電気を使うという方や、40アンペアで契約している方は、リミックスでんきの「使い得プラン」というプランを選ぶとさらにお得です。

「使い得プラン」は、毎月支払っていた基本料金が0円になるプランです。基本料金は契約しているアンペアが大きいほど高くなるため、電気使用量が比較的多く、40アンペアなど大きい契約容量で契約している方で特に節約効果が大きくなります。

いくつかのケースで、リミックスでんきの「使い得プラン」で節約できる額をシミュレーションしたのでご覧ください。
※北海道、北陸エリアは対象外です。
 
40A/200kwh
約4,000~5,000円
40A/250kwh
約5,000~6,000円
40A/300kwh
約7,000~8,000円
東北-316円-267円-219円
関東-388円-397円-406円
中部-455円-417円-379円
関西-70円-240円-411円
中国+148円-8円-165円
四国+69円-65円-199円
九州-468円-456円-444円
このように、40アンペアで契約していて電気使用量が一定程度ある一人暮らしの方では、月に200円から400円程度節約することができます。

基本料金はエリアによっても変わりますが、おおよそ月に1,000円程度かかっています。使い得プランではその1,000円をまるまる浮かせることができます。一方、電気の単価は割高に設定されているので使用料金は値上がりしてしまいますが、基本料金が0円になるので結果的に数百円の節約が可能になるのです。

30アンペアで契約している方や、電気代が5,000円以下の方は通常のプランがお得ですが、40アンペアで契約していて電気代が5,000円を超えるような方は、リミックスでんきの「使い得プラン」を選ぶとさらにお得にすることができます。

関西・中国・四国エリアは注意

関西、中国、四国エリアの一人暮らしで電気代が5,000円~6,000円に満たない場合、リミックスでんきの「使い得プラン」に乗り換えるとむしろ高くなる可能性があります。

関西、中国、四国ではアンペア契約制ではないためもともと基本料金が存在せず、かわりに300円程度の最低料金制となっています。そのため、リミックスでんきの「使い得プラン」で節約できる額がかなり少なくなります。一方で電気の単価は割高なので、電気使用量が少ないと結果としてそのまま電気代も割高になってしまいます。

他のエリアでは電気使用量が少なくても「使い得プラン」で高くなることはありませんが、上記の3エリアでは電気代が5,000円~6,000円を超えない月は高くなるので気を付けてください。

心配な方はリミックスでんきの通常プランを契約することをおすすめします。

\電気代が5%おトク/
リミックスでんき

リミックスでんきが選ばれる理由・・・
●今より必ず5%もおトク
●一人暮らしでも節約できる
●基本料金0円のプランも選べる!
●初期費用・解約金0円

▼24時間受付中!WEBでカンタン切り替え▼リミックスでんき公式サイト

※2021年1月以降、電力不足により「市場連動型」のプランを採用する新電力の電気代が急騰していますが、リミックスでんきは「市場連動型」に該当しないため、今回の事態を受けて今後も電気代が高騰することはありません。安心して契約することができます。

リミックスでんきを一人暮らしが契約する際の確認事項

リミックスでんきを一人暮らしの方が契約する際の確認事項をまとめました。

20アンペア以下は契約不可

リミックスでんきでは、通常のプランも「使い得プラン」も現在20アンペア未満の方は契約できません。

予め30アンペアに変更してから申し込むこともできますが、その分基本料金が高くなるのでおすすめしません。

現在20アンペアの方は今の電力会社のままにするか、ENEOSでんきなら20アンペアも契約ができるので検討してみてください。

なお、関西、中国、四国エリアはアンペア契約制ではないので誰でも契約可能です。

初期費用・解約金0円

リミックスでんきは契約時に初期費用や手数料はかかりません。また、契約期間は1年間の自動更新となっていますが、途中で解約しても解約金・違約金は発生しません。

一人暮らしで引っ越しの可能性があるという方でも安心して申し込むことができます。

賃貸・マンションでも契約可能

現在、賃貸マンションやアパートに住んでいる一人暮らしの方でも「一括受電契約」でない方は契約することができます。乗り換えに際して基本的に大家さんなどの許可も不要です。

なお、一括受電契約は建物一棟で電気を契約する方法で、タワーマンションなどに導入されています。検針票に「高圧」の記載があると一括受電契約となっています。分からない方は大家さんや管理会社に聞いてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

リミックスでんきは一人暮らしでも電気代を安くできる優れた電力会社です。基本的には電気代が5%安くなる通常のプランを選ぶことになりますが、一人暮らしでも特に電気をたくさん使う方は「使い得プラン」の方を選ぶとよりお得にできるでしょう。

リミックスでんきの申し込みは公式WEBサイトからできます。初期費用・解約金などは全て0円で、切り替えもWEBで完結します。

電気代を少しでも節約したいと考えている一人暮らしの方は、ぜひ気軽にリミックスでんきを試してみてください。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ