楽天でんきとは?評判・料金や申し込み前に知るべきメリット・デメリットを解説

電気代の支払いで楽天ポイントがたまるのが魅力の楽天でんき。

では本当にポイントをためることを目的に電力会社を切り替えてもいいのでしょうか?

実はポイントにつられて申し込んでも、楽天でんきに切り替えた方が電気代が高い場合もあるんです!

今回は楽天でんきのメリットだけでなく、気になるデメリットや実際の利用者の口コミ・評判など詳しくまとめました。

この記事を読めば、楽天でんきについて今おさえておくべき情報を全て知ることがでます!

楽天でんきとは

楽天でんきとは皆さんおなじみの楽天が提供している電気のサービスのことです。

電気代の支払いで楽天スーパーポイントが貯まることから、楽天ユーザーにも支持を得ている電力会社です。

そんな楽天でんきについて、初めにザックリと概要を紹介します。

  • 料金プラン
  • 楽天でんきは基本料金が0円で、電気の単価(従量料金)が一律です。

    電気をあまり使わないと割高になる一方、たくさん使うと安くなるのが特徴です。

    電気の単価はエリアによって異なります。

    エリア基本料金従量料金(単価)
    北海道電力0円29.5円
    東北電力0円26円
    東京電力0円26円
    中部電力0円26円
    北陸電力0円21.5円
    関西電力0円22円
    中国電力0円24円
    四国電力0円24円
    九州電力0円23円
    沖縄電力0円26.5円

    例えば東京電力エリアで、月に電気を500kwh使った場合
    500kwh×26円=13,000円
    ということになります。

  • 供給エリア
  • 離島を除く全国で利用可能です。

  • 契約期間・解約金
  • 契約期間や解約金はありません。

    また、申し込みの際にも契約費用はかかりません。

  • 乗り換え方法
  • 楽天でんきの公式サイトから申し込み、検針票の情報を入力することで切り替えができます。

    現在契約している電力会社の解約は楽天がやってくれるので、解約の手続きをする必要はありません。

  • 支払い方法
  • クレジットカード支払いのみに対応しています。

  • 運営会社
  • 2018年11月1日より楽天株式会社が始めた電気のサービスです。

    評判・口コミも好評!2つのメリット

    まずは、楽天でんきを利用するとどんなメリットがあるのかまとめました。

    利用者の口コミや評判と合わせて紹介していきます。

    楽天ポイントが貯まる・使える!

    楽天でんきのメリットは何といっても楽天スーパーポイントが貯まる・使えるということ。

    電気代200円につき1ポイントが貯まります。

    さらに、楽天のクレジットカードで電気代を支払えばさらに100円につき1ポイントが加算されます。

    つまり、楽天カードで電気代を支払えば、200円ごとに3ポイントが貯まっていくということです。

    楽天スーパーポイントを貯めたい方にとってはかなりのメリットになりますよね。

    そして、貯めた楽天スーパーポイントを電気代の支払いに充てることもできます。

    今まで貯めたポイントの使い道に困っているという方にとっても嬉しいメリットです。

    電気をたくさん使うとお得になる

    一般的な電力会社では電気を使うほど料金の単価が上がっていきますが、楽天でんきは一律料金なのでどれだけ使っても割高になることがありません。

    つまり、電気をたくさん使う人ほどお得になるということです。

    ポイントが貯まるだけでなく、電気使用量が多いと電気料金が安くなるというは大きなメリットになるでしょう。

    評判・口コミで発覚!4つのデメリット

    続いて、申し込み前に知っておくべき楽天でんきのデメリットをまとめました。

    この記事で一番大切なところなので必ず目を通して下さい!

    一人暮らしは高くなることも

    契約前に一番知っておいていただきたいのは、楽天でんきは使用量によっては電気料金が高くなってしまうことがあるということです。

    一人暮らしなど電気使用量が少ない方、特に関西・中国・四国・沖縄エリアの方は高くなる可能性があるので要注意です!

    具体的に高くなってしまう目安は

    • 関西地方⇒4,050円/月以下
    • 中国地方⇒6,193円/月以下
    • 四国地方⇒5,736円/月以下
    • 沖縄地方⇒8,296円/月以下

    これらに該当する方は、楽天でんきに切り替えることでかえって損をしてしまうというデメリットがあるのです。

    ポイントが貯まるのは魅力的ですが、それで電気料金が跳ね上がってしまったら意味がありません。

    自分の電気代を今一度しっかり確認してみてください。

    こちらの記事でも詳しく解説しています。
    『楽天でんきが一人暮らしにおすすめできない3つの理由』

    オール電化向けのプランはない

    これは楽天でんきに限らず多くの新電力に言えることですが、楽天でんきにはオール電化向けのプランがありません。

    オール電化の方が無理に切り替えると電気料金がかなり高くなってしまうので絶対にやめましょう。

    引っ越しと同時の申し込みはできない

    引っ越し先で楽天でんきを使いたい場合には、まず引っ越しを完了させて1ヶ月経過しなければ申し込みができません。

    つまり、引っ越し先で一度地域の電力会社(東京電力など)と契約しなければいけないということです。

    多くの電力会社ではマイページなどから手続きをすれば引っ越し先でもすぐに利用ができるので、これはデメリットと言えます。

    (引っ越し先で他の電力会社を1ヵ月以上利用して、検針票が届けば楽天でんきに申し込むことができます。)

    20A以下は申し込めない

    楽天でんきは現状20A以下で利用している方は申し込むことができず、30A以上の場合のみ申し込むことができます。

    20A以下で契約している方は、今の電力会社に30A以上に変更してもらえば申し込むことができます。

    ですが、アンペアを変更してから楽天でんきに申し込んで利用開始するまでに最低でも1ヵ月はかかるので、その期間はアンペアが上がった分電気代も高くなってしまうのです。

    キャンペーン情報

    楽天でんきでは今なら期間限定でさらにポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

    楽天ポイントが今なら2000ポイントもらえる!

    楽天でんきに申し込み、4ヵ月以上利用した方は楽天ポイントが2,000ポイントもらえます。

    ポイントがもらえるキャンペーンでは期間や用途が限定されていることも多いですが、このキャンペーンでもらえるのはなんと通常のポイントなんです。

    楽天でんきの利用開始月を0ヶ月目として、3ヶ月目の月末ごろまでにポイントが付与されます。

    つまり、4ヶ月程度でもらえるということです。

    またポイントをもらうのに特別なエントリーは必要なく、公式サイトから申し込んで4か月以上利用すればもれなくもらうことができます。

    楽天ポイントをためている方にとっては見逃せないキャンペーンですよね。

    申し込み前のQ&A

    楽天でんきの料金やポイント制度などについてまとめましたが、他にも気になっていることがまだまだあると思うので疑問に答えていきます。

    アンペア変更はできる?

    楽天でんき利用開始後であれば「お問い合わせフォーム」へ問い合わせることでアンペアを変更することができます。

    立ち合いが必要な工事が伴う場合や工事費用がかかる場合があるので注意してください。

    お問い合わせ先は?

    楽天でんきに問い合わせる場合はカスタマーセンターに電話をするかWebで問い合わせる必要があります。

    ●受付時間:10:00~18:00 月曜日~日曜日(年末年始等の期間は除く)

    ●電話での問い合わせ:0120-800-847

    Webでの問い合わせは、楽天でんきのホームページから問い合わせることができます。

    ガスとのセット割はある?

    現在楽天ではガスを提供していません。

    アプリ・マイページはある?

    楽天でんきには専用のアプリはありませんが、マイページはあります。

    楽天でんきのマイページにログインすると「見える化」から電気使用量や請求額が確認でき、使用量がどう変化したかのグラフや比較も見ることができるので、節約をしたい方にとって便利なサービスになっています。

    まちでんき利用者は?

    ※楽天でんきの旧プラン「楽天エナジーまちでんき」のことで、まちでんきは2018年10月1日に申し込み受付を終了し、今後は楽天でんきへの移行が推奨されています。

    まちでんきを今も利用している方は6月分の電気代からクレジットカード払いができなくなってしまい不便を感じている方もいると思います。

    まちでんきから楽天でんきへの切り替えは無料で出来るので、このまま楽天の電気を利用したい方は公式サイトから切り替えましょう。

    まとめ

    以上、楽天でんきのまとめでした。

    やはり一番大きなメリットはポイントが貯まることですが、一方で電気代が高くなってしまう場合やオール電化に未対応などいくつかのデメリットもありました。

    電気代の支払いで勝手にポイントが貯まっていくというのはとても魅力的ですが、ポイントばかりに目を奪われて肝心の電気代が高くなってしまうなど本末転倒なことにならないように気を付けましょう。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)