楽天でんきの評判・料金まとめ!契約前に知るべきデメリットや注意点も解説

評価:3.56 - 43件の票数

電気料金の支払いで楽天ポイントが貯まるのが魅力の楽天でんき。

「毎月勝手に楽天ポイントが貯まるなんてラッキー!」と思う方も多いかもしれませんが……

ちょっと待ってください!

場合によっては楽天でんきを契約することで損をしてしまうこともあるんです!

楽天ポイントを貯めようと張り切っている方は、損をしないためにもぜひこの記事を読んでみてください。

楽天でんきよりあしたでんきがおすすめ!

楽天でんきはポイントが貯められますが、お得さでいうとあしたでんきに切り替えた方が断然お得です。

あしたでんきが選ばれている理由
楽天でんきより単価が安い
業界最安!年2万円以上安くなる人多数
2019年7月申込件数No.1!
契約期間・解約金一切なし
東電の関連会社だから安心

あしたでんきの圧倒的な安さが口コミで広まり、2019年7月現在申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私もあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

楽天ユーザーだからといって安易に楽天でんきを契約するのは危険

「電気料金の支払いで楽天ポイントが貯まる」という点に魅力を感じて楽天でんきを検討している方がほとんどだと思いますが、知らずに契約すると損をしてしまうことがあります。

現在楽天でんきを検討している方は必ず目を通してください!

楽天でんきは電気料金が高くなることがある

契約前に一番知っておいていただきたいのは、楽天でんきは使用量によっては電気料金が高くなってしまうことがあるということです。

一人暮らしなど電気使用量が少ない方、特に関西・中国・四国・沖縄エリアの方は要注意です!

電気使用量が少ないケースで簡単なシミュレーションをしたのでご覧ください。

カッコ内の数字は従来の電力会社との差額で、赤い字がお得になるケース青い字が割高になるケースです。

エリア使用量
80kWh
使用量
140kWh
使用量
200kWh
北海道2,360円
(-192円)
4,130円
(+41円)
5,900円
(+28円)
東北2,080円
(-27円)
3,640円
(+305円)
5,200円
(+373円)
東京2,080円
(-43円)
3,640円
(+216円)
5,200円
(+216円)
中部2,080円
(-136円)
3,640円
(+95円)
5,049円
(+150円)
北陸1,720円
(-156円)
3,010円
(+5円)
4,300円
(+16円)
関西1,760円
(+128円)
3,080円
(+143円)
4,400円
(-55円)
中国1,920円
(+262円)
3,360円
(+347円)
4,800円
(+169円)
四国1,920円
(+136円)
3,360円
(+246円)
4,800円
(+96円)
九州1,840円
(-114円)
3,220円
(+127円)
4,600円
(+148円)
沖縄2,120円
(+148円)
3,710円
(+278円)
5,300円
(+190円)

使用量が少ないと、ほとんどのケースで割高になってしまっているのがわかりますね。

ひと月でこれだけ割高になってしまったら、年間ではかなりの損をしてしまうことになります。

ほとんどの方の電力会社を切り替える一番の目的は「電気料金を安くすること」だと思います。

いくら楽天ポイントが貯まると言っても、電気料金が高くなってしまっては意味がありません。

一人暮らしなど電気をあまり使わない方は楽天でんきは諦めて他の新電力を契約することを強くおすすめします。

楽天でんきよりもお得なあしたでんきがおすすめ

東京電力エリアを例に、あしたでんきという新電力と楽天でんきのシミュレーション結果を比較してみました。

使用量楽天でんきあしたでんき
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
2,080円
(-43円)
2,040円
(-83円)
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,900円
(-64円)
3,825円
(-139円)
2人暮らし
30A契約
300kWh
7,800円
(-64円)
7,650円
(-214円)
3人家族
40A契約
450kWh
11,700円
(-948円)
11,475円
(-1,173円)
4人家族
40A契約
550kWh
14,300円
(-1,350円)
14,025円
(-1,625円)
5人家族
50A契約
700kWh
18,200円
(-2,234円)
17,850円
(-2,584円)

全てのケースであしたでんきの方がお得という結果になりました。

それもそのはず、あしたでんきは楽天でんきと同じく基本料金が0円で、全エリアにおいて従量料金単価が楽天でんきより安く設定されています。

また、楽天でんきは電気料金の支払いでポイントがもらえますが、ポイント還元分を差し引いてもあしたでんきの方がお得です。

つまり、楽天でんきよりもあしたでんきの方が100%安くなるということ。

ポイントがもらえるけど電気料金が高い楽天でんきと、ポイント還元分を差し引いても楽天でんきより安いあしたでんきなら、絶対に安いあしたでんきを選ぶべきです。

さらに現在あしたでんきでは2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中なので、よりお得になりますよ!

下記のあしたでんき公式サイトで詳しいシミュレーションができるので、まずは自分の使用量でどれだけ安くなるかチェックしてみることをおすすめします!

楽天でんきは電気をたくさん使わないとあまりお得にならない

楽天でんきでどれくらい電気料金が安くなるのか、いくつかの使用例を挙げてシミュレーションをしてみました。

クリックまたはタップでシミュレーション比較表が出るので、お住まいのエリアのみご確認ください。

※()内の数字は従来の電力会社との差額です。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

北海道電力エリア

使用量楽天でんき北海道電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
2,360円
(-192円)
2,552円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
4,425円
(-295円)
4,720円
2人暮らし
30A契約
300kWh
8,850円
(-401円)
9,251円
3人家族
40A契約
450kWh
13,275円
(-1,317円)
14,592円
4人家族
40A契約
550kWh
16,225円
(-1,704円)
17,929円
5人家族
50A契約
700kWh
20,650円
(-2,619円)
23,269円

閉じる

東北電力エリアのシミュレーションを見る

東北電力エリア

使用量楽天でんき東北電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
2,080円
(-27円)
2,107円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,900円
(-6円)
3,906円
2人暮らし
30A契約
300kWh
7,800円
(+163円)
7,637円
3人家族
40A契約
450kWh
11,700円
(-573円)
12,273円
4人家族
40A契約
550kWh
14,300円
(-848円)
15,148円
5人家族
50A契約
700kWh
18,200円
(-1,585円)
19,785円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリア

使用量楽天でんき東京電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
2,080円
(-43円)
2,123円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,900円
(-64円)
3,964円
2人暮らし
30A契約
300kWh
7,800円
(-64円)
7,864円
3人家族
40A契約
450kWh
11,700円
(-948円)
12,648円
4人家族
40A契約
550kWh
14,300円
(-1,350円)
15,650円
5人家族
50A契約
700kWh
18,200円
(-2,234円)
20,434円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリア

使用量楽天でんき中部電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
2,080円
(-136円)
2,216円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,900円
(-176円)
4,076円
2人暮らし
30A契約
300kWh
7,800円
(-38円)
7,838円
3人家族
40A契約
450kWh
11,700円
(-614円)
12,314円
4人家族
40A契約
550kWh
14,300円
(-811円)
15,111円
5人家族
50A契約
700kWh
18,200円
(-1,388円)
19,588円

閉じる

北陸電力エリアのシミュレーションを見る

北陸電力エリア

使用量楽天でんき北陸電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
1,720円
(-156円)
1,876円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,225円
(-230円)
3,455円
2人暮らし
30A契約
300kWh
6,450円
(-204円)
6,654円
3人家族
40A契約
450kWh
9,675円
(-670円)
10,345円
4人家族
40A契約
550kWh
11,825円
(-822円)
12,647円
5人家族
50A契約
700kWh
15,050円
(-1,287円)
16,337円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリア

使用量楽天でんき関西電力
1人暮らし
(少なめ)
80kWh
1,760円
(+129円)
1,631円
1人暮らし
(普通)
150kWh
3,300円
(+111円)
3,189円
2人暮らし
300kWh
6,600円
(-388円)
6,988円
3人家族
450kWh
9,900円
(-1,402円)
11,302円
4人家族
550kWh
12,100円
(-2,078円)
14,178円
5人家族
700kWh
15,400円
(-3,092円)
18,492円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリア

使用量楽天でんき中国電力
1人暮らし
(少なめ)
80kWh
1,920円
(+263円)
1,657円
1人暮らし
(普通)
150kWh
3,600円
(+318円)
3,282円
2人暮らし
300kWh
7,200円
(-126円)
7,326円
3人家族
450kWh
10,800円
(-882円)
11,682円
4人家族
550kWh
13,200円
(-1,386円)
14,586円
5人家族
700kWh
16,800円
(-2,142円)
18,942円

閉じる

四国電力エリアのシミュレーションを見る

四国電力エリア

使用量楽天でんき四国電力
1人暮らし
(少なめ)
80kWh
1,920円
(+109円)
1,811円
1人暮らし
(普通)
150kWh
3,600円
(+164円)
3,436円
2人暮らし
300kWh
7,200円
(-280円)
7,480円
3人家族
450kWh
10,800円
(-1,036円)
11,836円
4人家族
550kWh
13,200円
(-1,540円)
14,740円
5人家族
700kWh
16,800円
(-2,296円)
19,096円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリア

使用量楽天でんき九州電力
1人暮らし
(少なめ)
20A契約
80kWh
1,840円
(-114円)
1,954円
1人暮らし
(普通)
30A契約
150kWh
3,450円
(-160円)
3,610円
2人暮らし
30A契約
300kWh
6,900円
(-106円)
7,006円
3人家族
40A契約
450kWh
10,350円
(-785円)
11,135円
4人家族
40A契約
550kWh
12,650円
(-1,043円)
13,693円
5人家族
50A契約
700kWh
16,100円
(-1,722円)
17,822円

閉じる

沖縄電力エリアのシミュレーションを見る

沖縄電力エリア

使用量楽天でんき沖縄電力
1人暮らし
(少なめ)
80kWh
2,120円
(+148円)
1,972円
1人暮らし
(普通)
150kWh
3,975円
(+263円)
3,712円
2人暮らし
300kWh
7,950円
(+43円)
7,907円
3人家族
450kWh
11,925円
(-469円)
12,394円
4人家族
550kWh
14,575円
(-810円)
15,385円
5人家族
700kWh
18,550円
(-1,321円)
19,871円

閉じる

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力の関連会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

その他契約前に知るべき楽天でんきのデメリット

続いて、料金面以外で契約前に知っておくべき楽天でんきのデメリットをまとめました。

20A以下は契約できない

楽天でんきは現状20A以下で利用している方は契約ができないので、申し込む際には一度アンペアを30A以上に変更しないといけません。

1~2ヶ月程度はアンペア数を上げた高い基本料金を支払わなければいけないので、電気料金が上がってしまいます。

それに何より面倒ですよね。

そこまでして契約する価値があるのかどうか、きちんと見極めましょう。

支払い方法はクレジットカードのみ

楽天ポイントを支払いに充てることもできますが、基本的な支払い方法はクレジットカードのみです。

楽天でんきは楽天カード支払いをすることでお得になるので、クレジットカードを持っていないという方は口座振替のできる新電力を検討するといいでしょう。

使用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、Diners、AmericanExpress

※楽天会員に登録したカードが支払いに適用されます。

引っ越しと同時の申し込みはできない

引っ越し先で楽天でんきを使いたい場合には、まず引っ越しを完了させて1ヶ月経過しなければ申し込みができません。

つまり、引っ越し先で一度地域の電力会社(東京電力など)と契約しなければいけないということですね。

引っ越し先で電気を利用して、検針票が届けば申し込みができます。

正直かなり面倒ですし、一刻も早く楽天でんきで楽天ポイントを貯めたい方にはもどかしいですよね。

こればっかりはどうしようもないですが、引っ越しと同時に利用できる新電力もあるので、この点はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

紙の明細や検針票はもらえない

楽天でんきの使用量や請求金額などの明細は、マイページにログインすることでしか確認ができません。

紙での明細発行は行っていないので気を付けましょう。

ちなみに、請求金額は請求月当月の20日以降にマイページで確認できるようになります。

オール電化向けのプランはない

これは楽天でんきに限らず多くの新電力に言えることですが、楽天でんきにはオール電化向けのプランがありません。

オール電化にしている方が楽天ポイント欲しさに無理に契約をしてしまうと、電気料金がかなり高くなってしまうことが考えられます。

電力自由化から3年が経とうとしている今でもなかなかオール電化対応の新電力は増えませんが、今後増えていくことを期待したいですね。

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
初期費用、解約金0円!お試しで契約できる etc...

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

楽天でんきのメリット

では、楽天でんきのメリットも紹介していきます。

自分にとって本当にメリットになるかどうかを考えながら読んでみてくださいね。

電気の支払いで楽天ポイントがたまる

電気料金の支払い200円ごとに1ポイントの楽天ポイントがたまります。

【例】電気料金が5,000円の場合

5,000÷200=25ポイント

【例】電気料金が10,000円の場合

10,000÷200=50ポイント

還元率は0.5%なので、正直あまりお得ではありませんね。

楽天カードでの支払いならさらにポイントがたまる

楽天でんきの一番のメリットがこれ。

電気料金を楽天カードで支払うことで、上記のポイントに加えてさらに100円ごとに1ポイント加算されます!

どういうことかというと……

【例】電気料金が5,000円の場合

5,000÷200=25ポイント

5,000÷100=50ポイント

25+50=75ポイント

【例】電気料金が10,000円の場合

10,000÷200=50ポイント

10,000÷100=100ポイント

50+100=150ポイント

つまり、楽天カードで支払えば通常の3倍のポイントがもらえるということですね。

申し込み特典で楽天ポイント2,000ポイントもらえる

さらに、楽天でんきに申し込むことで楽天ポイントが2,000ポイントもらえます。

ポイントがもらえるキャンペーンでは期間や用途が限定されていることも多いですが、このキャンペーンでもらえるのはなんと通常ポイント!

これは嬉しいですよね。

楽天でんきの利用開始月を0ヶ月目として、3ヶ月目の月末ごろまでにポイントが付与されます。

つまり、3~4ヶ月程度でもらえるということですね。

ポイントが付与されるまで楽天でんきの利用を継続する必要があるので、勘違いしてさっさと解約しないようにしてくださいね。

楽天ポイントで電気料金の支払いができる

電気の支払いでたまった楽天ポイントはもちろん、楽天市場での買い物などでたまったポイントも電気料金の支払いに使うことができます。

支払いに充てられるのは50ポイントからで、期限つきのポイントも支払いに使えます。

通常ポイントと期間限定ポイントの両方を保有していた場合、有効期限の近い期間限定ポイントから消費されます。

楽天のキャンペーンで期限つきのポイントをもらったけど、別に楽天で買いたいものもないな……という方にもぴったりですね。

解約金・違約金が0円

楽天でんきは解約金・違約金が0円なので、いつでも無料で解約できます。

楽天でんき以外にも解約金がかからない新電力は多いですが、中には1,000円~5,000円程度の解約金がかかるところもあるので、この点はメリットと言えるでしょう。

何より、解約金が0円なので気軽に申し込めるのがいいですよね。

マイページで「見える化」のグラフが確認できる

楽天でんきのマイページにログインすると、電気使用量や請求額が確認できます。

使用量がどう変化したかのグラフや比較も見ることができるので、節約意識の向上につながります。

とはいえ、これは楽天でんきに限らず多くの電力会社が取り入れているサービスなので、あまりメリットとも言えないかもしれませんね。

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
初期費用、解約金0円!お試しで契約できる etc...

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

楽天でんきの口コミ・評判

利用者の評判も事前にチェックしておきたいところ。

ツイッターに投稿されていた口コミをまとめたので、参考程度にご覧ください。

やっぱり楽天ポイントが魅力的!

楽天でんきの最大のメリット、楽天ポイントに魅力を感じて契約をしたという方が多くいました。

楽天カードは最も所有率の多いカードなので、楽天ポイントに惹かれる人もそれだけ多いということでしょう。

積極的に楽天ポイントを貯めているという方には向いています。

電気料金の支払いに楽天ポイントが使えるのが嬉しい

電気料金の支払いにポイントが使えるのも楽天でんきの強みです。

検索してみると意外と楽天ポイントの使い道に迷っている方は多いようですが、そういう方にも嬉しいサービスですね。

もちろん支払いにはポイントを使わずひたすら貯めることに専念することもできるので、自分の好みに合わせて使い分けましょう。

使用量が少ないと割高になる

楽天でんきの口コミのほとんどは「ポイントが貯まる・電気代の支払いに使えるのが嬉しい」というものばかりで、「安くなった」という口コミはあまり見当たりません。

多くの方はキャンペーンでもらえるポイント目当てに契約して電気料金の詳しいシミュレーションはしていないのかもしれませんね。

いくらポイントがもらえても電気料金が高くなってしまっては意味がありません。

楽天でんきを検討している方は、必ず事前に自分が納得できる安さになるかを確認してから申し込むようにしてください。

楽天経済圏にどっぷり浸かった人達

クレジットカードや銀行、スマホに電気など、楽天は通販以外にもあらゆるサービスを展開しています。

身の回りのほとんどのサービスを楽天で完結できるため、「楽天経済圏」と言われています。

この楽天経済圏に身を置いてポイントを貯めまくっている方であれば、契約しない手はありませんよね。

ただ先程も書いたように、電気料金が割高になってしまう場合は他の新電力への切り替えをおすすめします。

使用量がアプリで見れないのが不便

auでんきやLooopでんきなどアプリで使用量や料金を確認できる新電力もありますが、楽天でんきに専用アプリはありません。

マイページにログインするのが苦じゃない方には何も問題ないですが、実はこういう方も多いのかもしれませんね。

楽天でんきはまだ始まって日が浅いので、今後専用アプリのサービスも始まるかもしれません。

オール電化非対応に苦言

楽天でんきに限った話ではなく、ほとんどの新電力はオール電化には対応していません。

オール電化の方が無理に契約をしてしまうと電気料金がかなり高くなってしまうので絶対にやめましょう。

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
初期費用、解約金0円!お試しで契約できる etc...

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

現在楽天エナジーまちでんきを利用している方へ

現在楽天でんきの旧プラン「楽天エナジーまちでんき」について少しまとめるので、これから楽天でんきの契約を検討しているという方は読み飛ばしてください。

まちでんきは2018年10月1日に申し込み受付を終了し、今後は楽天でんきへの移行が推奨されています。

「絶対に楽天でんきに移行しなきゃいけないの?」

「今後もまちでんきを使い続けることはできるの?」

という利用者の方の疑問を解決します。

クレジットカード支払いができなくなる

今後もまちでんきを使い続けることはできなくはないですが、2019年5月利用分(6月請求分)をもってクレジットカードでの支払いができなくなります。

6月利用分(7月請求分)以降はコンビニでの払込票による支払いに強制的に切り替わります。

かなり面倒ですし、支払い忘れのリスクもあるので早めに楽天でんきに切り替えることをおすすめします。

楽天でんきへの切り替え手数料は0円

まちでんきから楽天でんきへの移行手続きは、楽天でんきの公式サイトから可能です。

操作も簡単で切り替え手数料もかからないので、楽天でんきへの移行を考えている方は早めに済ませてしまいましょう。

楽天でんきよりもお得な新電力がある

まちでんきをお得に利用できていた方であれば、楽天でんきに切り替えることで電気料金が大幅に高くなるということはおそらくありません。

ただし先程も書いたように、楽天でんきよりもあしたでんきの方が断然安いです。

純粋に電気料金を安くしたい方や、ポイントの使い道に困っていたという方はあしたでんきへの切り替えを強くおすすめします。

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力の関連会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!

まとめ

以上、楽天でんきのまとめでした。

楽天ポイントがもらえるサービスは一見お得に見えますが、電気料金が安くならなければ全く意味がありません。

「無駄に高い電気料金を払ってもいいからとにかく楽天ポイントが欲しい!」という方でもなければ、あしたでんきのように純粋に電気料金が安い新電力を選ぶべきです。

何のために電力会社を切り替えるのかを見失わないようにしてくださいね。

評価:3.56 - 43件の票数

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

楽天エナジー「まちでんき」の料金・評判・サービスについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。