ポイントが貯まるおすすめ新電力会社を10社比較!

電力自由化から3年が経過し、電力会社は今や500社を超えるほどと言われています。

その中には魅力的な特典やサービスで他の電力会社と差別化しているところもあります。

今回は、電気代の支払いでポイントが貯まる電力会社10社をピックアップして紹介していきます。

ポイントが貯まる電力会社10選

利用できるポイントの種類ポイント還元率を比較しました。

電力会社たまるポイント
東京ガス電気Tポイント、Pontaポイント、WAONポイント、dポイント、楽天ポイント、nanacoポイント
西部ガス電気Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、WAONポイント、JRキューポ、nimocaポイント
ENEOSでんきTポイント、ANAマイル、エポスポイント、VIEWポイント
東急電気PASMO、JALマイル、ANAマイル
楽天でんき楽天ポイント
まちエネPontaポイント
エネワンでんきPontaポイント
ヤマダのでんきヤマダポイント
シン・エナジーJALマイル
サミットエナジーWAONポイント

1社ずつ比較して紹介していきます。ざっと目を通してみてください。

東京ガス電気

東京ガス電気

東京ガスのWEB会員サービス「myTOKYOGAS」に登録すると、月々の電気料金に応じて「パッチョポイント」という独自のポイントが貯まります。

このパッチョポイントはdポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイント、nanacoポイントなどの提携ポイントと交換(500ポイントから)できます。

ポイント還元率:1,000円で15ポイント


西部ガス電気

西部ガス電気

九州エリアで都市ガスを提供している西部ガス。

ガスと電気をセットにすることで、電気料金に応じてポイントが貯まります。

ポイントはTポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、WAONポイント、JRキューポ、nimocaポイントの中から一つを選んで利用することができます。

6種類のうち、楽天ポイントを除いた5つのポイントを貯められる新電力は、九州エリアでは西部ガスの電気のみになります。

ポイント還元率:200円で1ポイント


ENEOSでんき

ENEOSでんき

ENEOSでんきはENEOSカードで電気代を支払うと、Tポイント、ANAマイル、エポスポイント、VIEWポイントの中から好きなポイントが貯まります。

ちなみにENEOSでんきはポイントサービスがある電力会社の中では珍しく電気料金自体も安いので、特典だけでなく電気代をお得にしたい人にもおすすめの新電力会社です。

ポイント還元率:200円で1ポイント

現在、下記のWEB申し込み限定で期間限定でもれなく3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『ENEOSでんきの評判から見えた申し込み前に知るべき全て』


東急電気

東急電気

電気代をTOKYU CARDで支払うと東急ポイントが貯まります。

東急ポイントはPASMOへのチャージや東急百貨店などでの利用、JALマイルへの交換などに使えます。

ポイント還元率:100円で1ポイント

ただ、電気料金自体はあまり安くならないので注意が必要です。


楽天でんき

楽天エナジー

電気代の支払いで200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

さらに、楽天カードで電気代を支払うことで、上記のポイントに加えてさらに100円につき1ポイントが加算されます。

しかも、楽天でんきに申し込むと申し込み特典として2,000ポイントがもらえます。

楽天カードをよく使う方にはとても大きなメリットですね。

ポイント還元率
通常:200円で1ポイント
楽天カード支払い:100円で1ポイント


まちエネ

まちエネ

コンビニ大手のローソンが三菱商事と共同で設立した「まちエネ」。

電気料金に応じてPontaポイントが貯まります。

貯まったポイントはローソンでの買い物などにも使えます。

ただ、電気料金自体はあまり安くならないことに注意が必要です。

ポイント還元率:200円で1ポイント

エネワンでんき

エネワンでんき

電気料金に応じてPontaポイントが貯まります。

電気代自体はほとんど安くなく、解約にも3,240円の違約金が発生するのであまりおすすめできません。

ポイント還元率:100円で1ポイント


ヤマダのでんき

ヤマダのでんき

家電量販店のヤマダ電機が提供するヤマダのでんきでは、月々の電気代に応じてヤマダポイントが貯まります。

ヤマダポイントはヤマダ電機の買い物だけでなく、ANAのマイルとも交換できます。

ただ、電気代は今までの電力会社から1円も安くならないので気をつけましょう。

ポイント還元率
電気代が~5,000円:100円で2ポイント
電気代が5,000~8,000円:100円で4ポイント
電気代が8,000円~:100円で6ポイント

シン・エナジー

シン・エナジー

JALマイレージバンクの会員であれば、電気料金の支払いでJALのマイルをためることができます。

200円につき1ポイントたまるので、マイルの足しにしたい!という方にはおすすめです。

ポイント還元率:200円で1マイル

サミットエナジー

サミットエナジー

サミットエナジーには電気料金の支払いでWAONポイントがたまる「WAONプラン」があります。

WAONプランを契約すれば、電気料金100円につきWAONポイントが2ポイントたまります。

サミットエナジー以外にもWAONポイントがたまる新電力はありますが、還元率は大抵0.5%~1%程度なので、このポイント還元率は評価できますね。

ただし、電気料金はほとんど東京電力と変わらないので、電気代を安くしたい方には不向きです。

ポイント還元率:100円で2ポイント

※口コミが見つかりませんでした。発見次第、追加していきますm(__)m

貯まるポイント別の電力会社一覧

電気代の支払いで貯まるポイントの種類ごとにまとめてみました。

貯まるポイント電力会社
Tポイント東京ガス電気
西部ガス電気
ENEOSでんき
Pontaポイント西部ガス電気
まちエネ
エネワンでんき
楽天ポイント楽天でんき
西部ガス電気
WAONポイント東京ガス電気
西部ガス電気
サミットエナジー
ANAマイルENEOSでんき
東京ガス電気
JALマイル東急電気
シン・エナジー
nanacoポイント東京ガス電気
VIEWポイントENEOSでんき
エポスポイントENEOSでんき

各ポイントごとにポイント還元率が良いおすすめの新電力会社を紹介しています。

●Tポイントが貯まる新電力会社を見る

Tポイント

●東京ガス電気:1,000円で15P
●西部ガス電気:200円で1P
●ENEOSでんき:200円で1P

⇒おすすめ:東京ガス電気

ポイントを貯めるには還元率が最も高い東京ガス電気がおすすめです。

ただ、電気料金も安くしたい場合はENEOSでんきがお得です。

閉じる

●Pontaポイントが貯まる新電力会社を見る

Pontaポイント

●西部ガス電気:200円で1P
●まちエネ:200円で1P
●エネワンでんき:100円で1P

⇒おすすめ:エネワンでんき

ポイントを貯めるにはエネワンでんきがおすすめです。

ただ、エネワンでんきは1年未満の解約で違約金3,240円が発生するので注意が必要です。

閉じる

●楽天ポイントが貯まる新電力会社を見る

楽天ポイント

●楽天でんき:200円で1P(楽天カード支払いでさらに100円につき1P)
●西部ガス電気:200円で1P

⇒おすすめ:楽天でんき

楽天でんきは楽天カードで支払うことで、通常の3倍ポイントが貯まります。

また、入会特典として2000ポイントがもらえます。

閉じる

●WAONポイントが貯まる新電力会社を見る

WAONポイント

●東京ガス電気:1000円で15P
●西部ガス電気200円で1P
●サミットエナジー:100円で2P

⇒おすすめ:サミットエナジー

サミットエナジーには電気料金の支払いでWAONポイントがたまる「WAONプラン」があり、WAONポイントを貯めたい方にはおすすめです。

ただ、電気料金はほとんど安くならないので注意が必要です。

閉じる

●ANAマイルが貯まる新電力会社を見る

ANAマイル

●ENEOSでんき:200円で1マイル
●東京ガス電気:200円で1.5マイル

⇒おすすめ:東京ガス電気

東京ガス電気は、貯まったパッチョポイントを200ポイント=1マイルで交換できます。

電気料金自体を安くしたい方にはENEOSでんきもおすすめです。

閉じる

●JALマイルが貯まる新電力会社を見る

JALマイル

●東急電気:200円で1マイル
●シン・エナジー:200円で1マイル

⇒おすすめ:シン・エナジー

東急電気とシン・エナジーはマイルの還元率が同じなので、電気料金自体が安いシン・エナジーがおすすめです。

閉じる

●nanacoポイントが貯まる新電力会社を見る

nanacoポイント

●東京ガス電気:1,000円で15ポイント

閉じる

●VIEWポイントが貯まる新電力会社を見る

VIEWポイント

●ENEOSでんき:200円で1ポイント

閉じる

●エポスポイントが貯まる新電力会社を見る

エポスポイント

●ENEOSでんき:200円で1ポイント

閉じる

まとめ

いかがでしたか?

電力会社によって貯まるポイントや還元率が様々でしたね。

ただ、ポイントが貯まることは魅力的ですが、それで電気代が上がってしまっては意味がありません。

ポイントだけでなく、しっかりと料金も確認してから選ぶようにしましょう。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ