ピタでんは電気代がお得になる!評判や注意点などの全情報まとめ

株式会社F-Powerが運営している新電力のピタでんは、「使った分だけプラン」と「使いたい放題プラン」の2つのプランで電気代がお得になります。

口コミや評判でもかなり好評で、人気沸騰中の新電力です!

ただ使用量が極端に少ない人はお得にならないこともあるので、今回はピタでんの2つの料金プランについて、評判と併せて詳しく説明していきます。

エリア別のプランの選び方や申し込み前に知るべき情報もまとめたので、参考にしてみてください。

ピタでんとは

ピタでんは、2009年に設立された新電力最大手の株式会社F-Powerが運営している新電力です。

供給エリアは沖縄と離島を除く全国エリアとなっています。

ピタでんで電気代が安くなる!注意点もあり

ピタでんには「使った分だけプラン」と「使いたい放題プラン」2つの料金プランがあります。

それぞれどんな場合でお得になるのかまとめました。

  • 使った分だけプラン
  • ⇒毎月の電気の使用量が500kWh未満の場合
     1人暮らし~4人暮らしなど

  • 使いたい放題プラン
  • ⇒毎月の電気の使用量が500kWhを超える場合
     5人暮らし以上など

    ※ただし、東北・北陸・中国・四国・関西・九州電力エリアの場合は電気の使用量に関わらず使った分だけプランの方がお得

    グラフにまとめるとこのようになります。

    ピタでんのお得になる使用量をまとめたグラフ

    プランを選ぶ境目となる500kWhを電気代に換算すると12,000円~16,000円になるので、毎月これよりも高い電気代を払っている人は使いたい放題プランの方がお得ということです。

    ちなみにこのグラフの灰色の部分は電気の使用量がかなり少ない人が当てはまり、お得にならない可能性が高いので後ほど詳しく説明しますね。

    2つのプランがお得!年間4万円以上の節約も可能

    ピタでんに切り替えることで、今の電気代から1ヵ月間で数100円~数1,000円安くすることができます。

    実際に上記のプランの選び方を踏まえて、東京電力エリアと関西電力エリアを例に1ヵ月間の電気代のシミュレーション結果をまとめてみました。

    世帯人数ごとに平均的な契約アンペア数(A)と電気の使用量(kWh)を想定して計算してあります。

    ▼東京電力エリア

     ピタでん
    東京電力
    1人暮らし
    30A
    150kWh
    使った分だけプラン
    3,856円4,038円
    3人暮らし
    40A
    450kWh
    使った分だけプラン
    11,569円12,881円
    5人暮らし
    50A
    700kWh
    使いたい放題ブラン
    17,997円20,810円

    ▼関西電力エリア

     ピタでん
    関西電力
    1人暮らし
    30A
    150kWh
    使った分だけプラン
    3,238円3,248円
    3人暮らし
    40A
    450kWh
    使った分だけプラン
    9,715円11,512円
    5人暮らし
    50A
    700kWh
    使った分だけプラン
    15,113円18,834円

    どちらのエリアでも、1人暮らしから5人暮らしまで幅広く電気代がお得になりました!

    特に関西電力エリアで5人暮らしの場合、関西電力とピタでんの1ヵ月間の電気代の差額が3,721円となり、年間で44,652円の節約が可能です。(3,721円×12ヵ月間=44,652円)

    なぜピタでんで電気代がお得になるのか、プランごとに説明します。

    まず、使った分だけプランは「基本料金0円」と「従量料金の単価が一律」という特徴があります。

    基本料金0円ということは、今まで契約アンペア数によって払っていた280円~2,100円の基本料金がまるまる無料になるということです。

    そして電気を使った分だけかかる従量料金は、従来の電力会社の場合は電気をたくさん使うほど単価が高くなっていましたが、ピタでんは一律なのでたくさん電気を使う場合でもお得になります。

    次に使いたい放題プランは500kWhまでの料金が定額となっていて、それ以降の料金は一律の単価で使った分だけかかるような仕組みです。

    最初の500kWh分の料金が安めに設定されているうえに、それ以上使った分も一律の単価で使うことができるため、毎月の電気使用量が500kWhを超えるような人がお得になります。

    ピタでんの評判を調査していたところ、使った分だけプランの口コミも使い放題プランの口コミも見つかったので両方紹介します。

    ▼使った分だけプランの利用者の評判

    ▼使いたい放題プランの利用者の評判

    月に2,000円~3,000円近く安くなったということは年間で24,000円~36,000円も節約できるということになります。

    自分の使用量に合わせてプランを選ぶことで電気代の大幅な節約が可能です。

    注意:お得にならない場合も

    電気の使用量がかなり少ない人は電気代がお得にならないと言いましたが、具体的にどんな人がお得にならないのかをエリアごとにまとめました。

    ピタでんのお得になる使用量をまとめたグラフ

    最初に載せたこの画像の灰色の部分のことです。

  • 東北・東京・中部電力エリア
  • ⇒20A以下で契約している人

  • 北海道・北陸・九州電力エリア
  • ⇒15A以下で契約している人

  • 中国・四国電力エリア
  • ⇒毎月の電気代が4,800円以下の人

    上記に当てはまる人はピタでんに切り替えてもお得にならないまたは損をしてしまうので、心当たりがある人は自分の電気の検針票で確認してみてください。

    ピタでんの評判からみた確認すべき2つの点

    ピタでんに申し込む前に知っておいてほしい情報が2つあります。

    1.契約期間中の解約で2,000円の違約金が発生する
    2.経営に不安点がある

    1.契約期間や解約・違約金がある

    ピタでんの契約期間は1年間で、その期間中に解約した場合は違約金が2,000円かかってしまいます。

    評判でも、違約金がかかってしまうことに対して指摘をしているものがありました。

    ただ1年以上利用すればいつ解約しても料金はかからないので、タイミングをみて解約しましょう。

    2.経営に不安点がある

    ピタでんは2018年に電気の安売りが原因で120億円の赤字となり、さらに同じ年に業務改善勧告も出されています。

    業務改善勧告が出された原因は、解約金についての契約事項を変更したにもかかわらずきちんと周知しなかったことです。

    この評判のようにあまり気にしないという人もいます。

    もし仮にピタでんで電気の供給ができなくなったとしても、従来の電力会社が賄ってくれるので電気を使えなくなる心配はありませんが、会社自体を不安に感じる人もいるかもしれませんね。

    ピタでんの疑問解消

    ピタでんについての疑問に答えました。

    支払い方法は?

    ⇒クレジットカード払いのみです。

    申し込み方法は?

    ⇒WEB申し込みのみです。

    電気の検針票を用意して、ピタでんの公式サイトの申し込みから必要事項を入力すれば申し込むことができます。

    スマートメーターという機械が設置されていない場合は設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要で行われるので安心してください。

    切り替えるのに今の電力会社へ解約の連絡をいれる必要はなく、申し込み完了後の検針日またはその次の検針日からピタでんへ切り替わります。

    オール電化も申し込める?

    ⇒申し込めません。

    ピタでんをはじめ、ほとんどの新電力にオール電化向けのプランはありません。

    マンションやアパートでも申し込める?

    ⇒ほとんどの場合で申し込むことができます。

    マンションやアパートの大家さんが一括で電力会社と契約している場合は申し込むことができませんが、各家庭で個々に契約している場合は申し込めます。

    心配な人は一度大家さんに確認してみてください。

    問い合わせ先は?

    ⇒ピタでんカスタマーセンターへ電話で問い合わせることができます。

    電話番号:0570-019-500
    受付時間:平日9時~18時

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    ピタでんは電気代がかなりお得になる電力会社なので、電気代を安くしたいという人にぴったりです。

    ただ解約に違約金がかかる可能性がある点や過去に赤字になったり業務改善勧告を受けたりした点については、少し不安が残るかもしれませんね。

    こういった点も考慮して納得して申し込むようにしましょう。

    【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ