ピタでんの料金と評判から分かった3つのデメリット

ピタでんの利用を検討しているけど、「利用者の評判はどう?」「本当に安くなるの?」「デメリットは?」など気になっていませんか?

結論、ピタでんは他の格安新電力にも勝るお得な料金で利用できる一方、経営状態や契約に関する条件面などでデメリットも見つかりました。

この記事ではまずピタでんの料金について分かりやすく説明します。続いて、実際の口コミや評判を引用しながらピタでんの注意すべきデメリットを解説していきます。そして最後にピタでんについてよく聞かれる質問に回答します。

これを読めばピタでんの基本的なサービスからリアルな口コミまで、全ての情報を知ることができます。

ピタでんとは

ピタでんは、新電力大手の株式会社F-Powerが運営している新電力。

2018年にサービスを開始し、先行する他の新電力を研究して実現した圧倒的な低価格が特徴です。

電気の供給エリアは沖縄・離島を除く全国で、対象エリアに住んでいる方はマンションや一軒家などの区別なく契約できます。

ピタでんの料金は?

料金プランは2つ

まずは料金プランを確認します。

ピタでんでは、電気の使用量に応じて「使った分だけプラン」「使いたい放題プラン」の2つから選べます。

ピタでんの2つの料金プラン

境目となる500kwhとは、4~5人家族の平均的な使用量です。エリアによって異なりますが、電気料金に換算すると15,000円前後になります。

使った分だけプラン

電気の使用量が500kwh以下の家庭で選ぶとお得な「使った分だけプラン」です。

通常発生する基本料金が0円で、従量料金(使用料)のみとなります。

固定の基本料金がないため、電気を使った分(kwh)×単価(円)がそのまま電気料金になります。
 基本料金従量料金
関東0円25.71円
中部0円25.71円
関西0円21.59円
北海道0円28.77円
東北0円25.71円
北陸0円21.13円
中国0円23.57円
四国0円23.93円
九州0円2.66円

使いたい放題プラン

電気の使用量が500kwhを超える家庭で選ぶとお得な「使いたい放題プラン」。

500kwhまでが定額の基本料金で使いたい放題となり、それを超える分は従量料金が課金されていきます。
 基本料金従量料金
(500kwhを超えた分)
関東12,220円27.50円
中部11,200円27.50円
関西11,200円23.42円
北海道14,250円27.50円
東北13,240円27.50円
北陸11,200円27.50円
中国11,200円27.50円
四国11,200円27.50円
九州12,220円27.50円
例えば東京電力エリアで電気を600kwh使った場合、「使った分だけプラン」では15,426円となりますが、「使いたい放題プラン」では14,970円となります。使用量が多い家庭では「使いたい放題プラン」の方がお得と言えますね。

電気代が安くなる

上記のプランを上手く活用して従来の電力会社からピタでんに乗り換えることで、使用量によっては年間数万円の節約も可能です。

最適なプランを選んだ場合で、東京電力エリアと関西電力エリアを例に3つのパターンで年間の節約できる金額を計算してみました。
 東京電力との差額
関西電力との差額
1~2人暮らし
40A
200kWh
使った分だけプラン
-6,072円-2,640円
3~4人暮らし
40A
450kWh
使った分だけプラン
-15,738円-21,558円
5人~暮らし
50A
700kWh
使いたい放題ブラン
-33,756円-44,652円
なぜピタでんに乗り換えて数万円の節約も可能になるのでしょうか?

4~5人家族までで最適な「使った分だけプラン」では基本料金がありません。従来の電力会社では1,000円~2,000円の基本料金がかかっていましたから、その分がまるまる無料になるのです。

さらに従量料金(使用料)も、今までの電力会社が使用量が増えるにつれて単価が段階的に高くなっていましたが、ピタでんでは一律。
※東京電力エリアの例
 東京電力ピタでん
「使った分だけプラン」
~120kwh19.88円25.71円
120~300kwh26.48円25.71円
300kwh~30.57円25.71円
つまり、使用量が多いほど単価の差が開き、安くなっていくということ。

そのため、基本料金0円とあわせて年間1万円以上の節約ができるのです。
一方で5人以上の家族に最適な「使いたい放題プラン」は、500kwhまでがかなり割安な料金で固定されています。

例)500kwh使用した場合の東京電力との比較
東京電力=14,696円
ピタでん=12,220円(-2,476円)

500kwh超過分の単価の安さも相まって、使用量が多い家庭では3万円以上など特に大きな節約が可能になるのです。

このようにピタでんは自分の使用量に合わせてプランを選ぶことで電気代の大幅な節約が可能です。

他社と比較しても最安クラス

新電力の中でも安いと言われる他の新電力と比較した場合でも、ピタでんは業界最安クラスの安さを実現しています。

格安新電力と言われるLooopでんき、あしたでんき、エルピオでんきと比較してみました。
 ピタでんLooopでんきあしたでんきエルピオでんき
1~2人暮らし
40A/200kWh
5,142円5,280円5,200円5,190円
3~4人暮らし
40A/450kWh
11,569円11,880円11,700円11,360円
5人~暮らし
50A/700kWh
17,720円18,480円18,200円18,076円
ほとんどの場合でピタでんが最安になっています。

使用量によって若干の変動はありますが、2020年時点で業界最安クラスと言っても過言ではないでしょう。

ピタでんの評判から分かる3つのデメリット

料金は最安水準のピタでんですが、口コミを調査していると注意すべきデメリットが見つかりました。

1.経営状態に不安あり

ピタでんは2018年に電気の安売りが原因で120億円の赤字となり、さらに同じ年に業務改善勧告も出されています。

業務改善勧告が出された原因は、解約金についての契約事項を変更したにもかかわらずきちんと周知しなかったことです。
そして2019年には184億円の赤字とさらに損失を拡大しています。

北海道エリアで法人契約を撤退させるなど、経営縮小を進めていましたが2期連続の赤字となっています。
なお、万が一ピタでんが事業撤退や倒産をしたとしても、制度的にはすぐさま利用者への電気の供給が止まるわけではありません(大手電力会社とのバックアップ契約)。

上の評判にあるように一定期間内に他社への乗り換えを行えば問題ないですが、そうした手間を省きたいという方はそもそも契約を控えたほうが良いでしょう。

2.解約金・違約金がかかる

ピタでんの契約期間は1年間で、その期間中に解約した場合は違約金が2,000円かかってしまいます。

評判でも、違約金がかかってしまうことに対して指摘をしているものがありました。
先ほど比較したLooopでんきやあしたでんき、エルピオでんきといった新電力はいずれも解約金は0円です。

また、解約金がかかる新電力でも1,000円程度が相場ですから、ピタでんの解約金は高く契約条件は良くないと言えるでしょう。

3.電気使用量が少ないと高くなる場合もある

ピタでんは料金体系上、電気の使用料が極端に少ない場合ではむしろ割高になってしまいます。

ピタでんのお得になる使用量をまとめたグラフ
最初に載せたこの画像の灰色の部分のことです。

具体的に高くなってしまうのは以下に当てはまる方です。
  • 東北・東京・中部電力エリア
  • ⇒20A以下で契約している人

  • 北海道・北陸・九州電力エリア
  • ⇒15A以下で契約している人

  • 中国・四国電力エリア
  • ⇒毎月の電気代が4,800円以下の人

    上記に当てはまる人はピタでんに切り替えてもお得にならないまたは損をしてしまうので、心当たりがある人は自分の電気の検針票で確認してみてください。
    

    ピタでんのよくある疑問解消

    ピタでんについての疑問に答えました。

    支払い方法は?

    ⇒クレジットカード払いのみです。

    申し込み方法は?

    ⇒WEB申し込みのみです。
    
    電気の検針票を用意して、ピタでんの公式サイトの申し込みから必要事項を入力すれば申し込むことができます。
    
    スマートメーターという機械が設置されていない場合は設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要で行われるので安心してください。
    
    切り替えるのに今の電力会社へ解約の連絡をいれる必要はなく、申し込み完了後の検針日またはその次の検針日からピタでんへ切り替わります。

    オール電化も申し込める?

    ⇒申し込めません。
    
    ピタでんをはじめ、ほとんどの新電力にオール電化向けのプランはありません。

    マンションやアパートでも申し込める?

    ⇒ほとんどの場合で申し込むことができます。
    
    マンションやアパートの大家さんが一括で電力会社と契約している場合は申し込むことができませんが、各家庭で個々に契約している場合は申し込めます。
    
    心配な人は一度大家さんに確認してみてください。

    問い合わせ先は?

    ⇒ピタでんカスタマーセンターへ電話で問い合わせることができます。
    
    電話番号:0570-019-500
    受付時間:平日9時~18時

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    
    ピタでんは電気代がかなりお得になる電力会社なので、電気代を安くしたいという人にぴったりです。
    
    ただ解約に違約金がかかる可能性がある点や過去に赤字になったり業務改善勧告を受けたりした点については、少し不安が残るかもしれませんね。
    
    こういった点も考慮して納得して申し込むようにしましょう。
    【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ