PinTでんきの料金は全然ピンと来ないです

(未評価)

株式会社PinTは、東京電力エナジーパートナー株式会社と株式会社パネイルの共同出資により設立された新電力です。

「PinTでんき」というブランド名で沖縄を除く全国に電気を供給しています。

気になる料金プランは、従来の電力会社と同額の料金になりますが、毎月の電気料金の総額に応じて段階的な割引率が適用される「PinTアカウント割引」が売りです。

結論から言いますと、PinTでんきは割引率が悪すぎて正直おすすめできません。

PinTでんきよりもおすすめの新電力を紹介していますので見てくださいね。



2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力グループなので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

PinTでんきの料金プラン

PinTでんきの料金プランは、従来の電力会社と基本料金と従量料金ともに同額の料金設定になっています。

北海道電力エリアの電気料金を見る

北海道電力エリアの料金

  PinT



30A
1,004.40円
40A1,339.20円
50A1,674.00円
60A2,008.80円



~120kWh23.54円
120kWh~280kWh29.72円
280kWh~33.37円

閉じる

東北道電力エリアの電気料金を見る

東北電力エリアの料金

 PinT



30A972円
40A1,296円
50A1,620円
60A1,944円



~120kWh18.24円
120kWh~300kWh24.87円
300kWh~28.75円

閉じる

東京電力エリアの電気料金を見る

東京電力エリアの料金

 PinT



30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円



~120kWh19.52円
120kWh~300kWh26.00円
300kWh~30.02円

閉じる

中部電力エリアの電気料金を見る

中部電力エリアの料金

  PinT



30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円



~120kWh20.68円
120kWh~300kWh25.08円
300kWh~27.97円

閉じる

北陸電力エリアの電気料金を見る

北陸電力エリアの料金

 PinT



30A712.80円
40A950.40円
50A1,188.00円
60A1,425.60円



~120kWh17.52円
120kWh~300kWh21.33円
300kWh~23.02円

閉じる

関西電力エリアの電気料金を見る

関西電力エリアの料金

  PinT



~15kWh327.65円



15~120kWh19.76円
120~300kWh26.19円
300kWh~29.94.円

閉じる

中国電力エリアの電気料金を見る

中国電力エリアの料金

 PinT



~15kWh331.23円



15~120kWh20.40円
120~300kWh26.96円
300kWh~29.04円

閉じる

四国電力エリアの電気料金を見る

四国電力エリアの料金

 PinT



~11kWh403.92円



11~120kWh20.00円
120~300kWh26.50円
300kWh~29.95円

閉じる

九州電力エリアの電気料金を見る

九州電力エリアの料金

  PinT



30A874.80円
40A1,166.40円
50A1,458.00円
60A1,749.60円



120kW17.14円
120kWh~300kWh22.64円
300kWh~25.58円

閉じる

PinTでんきをおすすめできない理由

ここではPinTでんきをおすすめできない理由を紹介しています。

ホームページにはいいことしか書きませんので、ここでPinTでんきの欠点を確認していきましょう。

割引率が低すぎる

毎月の電気代の総額に応じて段階的な割引される「PinTアカウント割引」は、複数契約ができるので、電気代を一つにまとめても割引が適用されます。

でも、この割引率がめちゃくちゃ低いんです。

20,000円でも割引率が3%しかなりません。しかも、50,000円から7%になることになっていますが、まず一般家庭でその金額までいきませんよね。

「PinTアカウント割引」の割引率の低さを下記の例でご覧ください。

※()内の数字は、割引額になります。

料金合計額割引率
5,000円まで1%
5,000円~20,000円まで3%
20,000円~50,000円まで5%
50,000円~7%

毎月の支払いが4,000円の場合

⇒3,960円(-40円

毎月の支払いが8,000円の場合

⇒7,860円(-140円

毎月の支払いが30,000円の場合

⇒29,000円(-1,000円

毎月の支払いが50,000円の場合

⇒48,000円(-2,000円

毎月の支払いが50,000円でも、たった2,000円しか割引かれませんね。

新電力に乗り換えてこれしか割引かれないなら意味がないですよね。

この割引率で納得しない方がいいですよ。他の電力会社には、割引率が高いところもあるので、しっかりリサーチした上で乗り換えを考えましょう。

実は電気代の料金や使用量に関係なく一律5%割引される新電力があるので後ほど紹介しますね。

そもそも従来の電力会社と料金プランが同じ

従来の電力会社と基本料金と従量料金の同額の設定になっているので、安くなりません。

たまに同額で設定をしている電力会社もありますが、魅了的なサービスや割引があれば話は別ですが、基本的には料金を安く設定している電力会社が多いです。

電気代を安くしたいのに料金があまり変わらなかったら意味がないので、新電力を決めるときは、よく他の電力会社の料金プランも把握しておきましょう。

下記の記事からおすすめの新電力の情報を見ることができます。料金やサービス、評判などを比較して総合的におすすめの新電力会社をランキング形式でまとめあるので参考にご覧ください。

PinTでんきよりおすすめの新電力がある

PinTでんきよりも安くなる新電力があるので、「使用量が多い方向けの新電力」と「使用量が少ない方向けの新電力」に分けて紹介しますね。

乗り換えて割高にならないように他の新電力の情報をしっかりチェックしておきましょう。

使用量が多い方ならLooopでんき

PinTでんきよりも安くなる新電力がLooopでんきです。

なんとLooopでんきは、基本料金が0円で、従量料金が一律の単価なんですよ。

使用量が多い方には特におすすめの新電力です。

では、実際にLooopでんきは、PinTでんき(PinTアカウント割引適用)よりどのくらい安くなるのか、シミュレーションを通して見ていきましょう。

ここでは一人暮らし、二人暮らし、三人家族、四人家族の平均の電気料金や使用量を例にしてきます。

ご自身の普段の使用量と照らし合わせながら参考にご覧ください。

料金表の()内の数字は、PinTでんきとの差額になります。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

北海道電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
4,350円
(-322円)
4,672円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
8,700円
(-373円)
9,073円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
13,050円
(-1,204円)
14,254円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
15,950円
(-1,541円)
17,491円

閉じる

東北道電力エリアのシミュレーションを見る

東北道電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,900円
(+34円)
3,866円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,800円
(+293円)
7,507円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,700円
(-304円)
12,004円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,300円
(-493円)
14,793円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,900円
(-24円)
3,924円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,800円
(-72円)
7,728円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,700円
(-668円)
12,368円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,300円
(-980円)
15,280円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,900円
(-135円)
4,035円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,800円
(+98円)
7,702円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,700円
(-344円)
12,044円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,300円
(-457円)
14,757円

閉じる

北陸電力エリアのシミュレーションを見る

北陸電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,150円
(-270円)
3,420円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
6,300円
(-254円)
6,554円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
9,450円
(-684円)
10,134円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
11,550円
(-817円)
12,367円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
150kWhの使用量
3,300円
(+143円)
3,157円
二人暮らし
300kWhの使用量
6,600円
(-278円)
6,878円
三人家族
450kWhの使用量
9,900円
(-1162円)
11,062円
四人家族
550kWhの使用量
12,100円
(-1,752円)
13,852円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
150kWhの使用量
3,600円
(+351円)
3,249円
二人暮らし
300kWhの使用量
7,200円
(-6円)
7,206円
三人家族
450kWhの使用量
10,800円
(-631円)
11,431円
四人家族
550kWhの使用量
13,200円
(-1,048円)
14,248円

閉じる

四国電力エリアのシミュレーションを見る

四国電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
150kWhの使用量
3,600円
(+256円)
3,344円
二人暮らし
300kWhの使用量
7,200円
(-32円)
7,232円
三人家族
450kWhの使用量
10,800円
(-790円)
11,590円
四人家族
550kWhの使用量
13,200円
(-1,295円)
14,495円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリアの料金

 LooopPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,450円
(-123円)
3,573円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
6,900円
(+5円)
6,895円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
10,350円
(-550円)
10,900円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
12,650円
(-732円)
13,382円

閉じる

シミュレーション結果

エリアによって使用量が少ないと割高になっていましたね。Looopでんきは、使用量が少ないと割高になってしまうことがあります。

逆に基本料金と従量料金が一律の設定になっているので、使用量が多ければ電気代もお得になります。

では、使用量が少ない方はどうすればいいの?と思う方もいますよね。
実は使用量が少なくても割高にならない新電力を下で紹介しているのでご覧ください。

Looopでんきよりあしたでんきがおすすめ!

※2019年7月追記※
Looopでんきより安くてお得な電力会社がありました!

Looopでんきも安いですが、同じく基本料金0円のあしたでんきのほうがさらに安くておすすめです。

あしたでんきが選ばれている理由
Looopでんきより単価が安い
2019年現在業界最安
Looopでんきからの乗り換え急増
2019年7月申込件数No.1!
東電の関連会社だから安心

当初はLooopでんきの安さは革新的でしたが、今では圧倒的にあしたでんきのほうが安く、2019年7月現在申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私も2年使ったLooopでんきからあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに、あしたでんきは今なら申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

Looopでんきはキャンペーンを実施していないですし、乗り換えるなら断然あしたでんきがおすすめです!

使用量が少ない方ならHTBエナジー

他の新電力では、使用量が少ない場合は、割高になることがありますが、HTBエナジーだと使用量に関係なく、基本料金・従量料金が一律5%オフになりますので、使用量が少ない方でも割高になりません。

こちらも実際にHTBエナジーは、PinTでんき(PinTアカウント割引適用)よりどのくらい安くなるのか、シミュレーションを通して見ていきましょう。

ここでは一人暮らし、二人暮らし、三人家族、四人家族の平均の電気料金や使用量を例にしてきます。

ご自身の普段の使用量と照らし合わせながら参考にご覧ください。

料金表の()内の数字は、PinTでんきとの差額になります。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

北海道電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
4,485円
(-187円)
4,672円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
8,791円
(-282円)
9,073円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
13,865円
(-389円)
14,254円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
17,036円
(-455円)
17,491円

閉じる

東北道電力エリアのシミュレーションを見る

東北道電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,711円
(-155円)
3,866円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,256円
(-251円)
7,507円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,662円
(-342円)
12,004円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,394円
(-399円)
14,793円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,754円
(-170円)
3,924円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,447円
(-281円)
7,728円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,979円
(-389円)
12,368円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,823円
(-457円)
15,280円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,873円
(-162円)
4,035円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
7,447円
(-255円)
7,702円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
11,701円
(-343円)
12,044円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
14,359円
(-398円)
14,757円

閉じる

北陸電力エリアのシミュレーションを見る

北陸電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,277円
(-143円)
3,420円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
6,311円
(-243円)
6,554円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
9,813円
(-321円)
10,134円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
11,997円
(-370円)
12,367円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリアの料金

 HTB
(シングル)
HTB
(ファミリー)
PinT
一人暮らし
150kWh
使用量
3,117円 
(-40円)
3,262円
(+105円)
3,157円
二人暮らし
300kWh
使用量
6,691円
(-187円)
6,554円
(-324円)
6,878円
三人家族
450kWh
使用量
10,779円
(-283円)
9,854円
(-1208円)
11,062円
四人家族
550kWh
使用量
13,504円
(-348円)
12,054円 
(-1,798円)
13,852円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
150kWhの使用量
3,110円
(-139円)
3,249円
二人暮らし
300kWhの使用量
6,944円
(-262円)
7,206円
三人家族
450kWhの使用量
11,075円
(-356円)
11,431円
四人家族
550kWhの使用量
13,829円
(-419円)
14,248円

閉じる

四国電力エリアのシミュレーションを見る

四国電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
150kWhの使用量
3,364円
(+20円)
3,344円
二人暮らし
300kWhの使用量
7,139円
(-93円)
7,232円
三人家族
450kWhの使用量
11,406円
(-184円)

11,590円
四人家族
550kWhの使用量
14,251円
(-244円)
14,495円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリアの料金

 HTBPinT
一人暮らし
30A契約
150kWhの使用量
3,429円
(-144円)
3,573円
二人暮らし
30A契約
300kWhの使用量
6,654円
(-241円)
6,895円
三人家族
40A契約
450kWhの使用量
10,576円
(-324円)
10,900円
四人家族
40A契約
550kWhの使用量
13,006円
(-376円)
13,382円

閉じる

シミュレーション結果

基本料金・従量料金が一律5%オフになっているので、少ない使用量でも割高になることがないのですが、四国電力エリアはイレギュラーで割高になってしまいましたね。

ただ、関西電力エリアだけは例外です。ファミリーコースは、使用量が多い方向けのプランになっていますので、使用量が少ないと割高になってしまいますので、プランを選び間違えないようにしてください。

四国電力エリアみたいにイレギュラーで割高になることもあるので、必ずシミュレーションで確認してくださいね。

PinTでんきの基本情報

PinTでんきの基本情報についてまとめました。

供給エリアが全国

北海道電力エリア、東北道電力エリア、東京電力エリア、北陸電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアになります。※沖縄、一部離島を除く。

申し込み方法は2通り

電話申し込み
WEB申し込み

TEL:050-3188-1490(受付時間 10 時~17 時)

※土日・祝日、年末年始を除く

※沖縄・一部離島を除きます。

問い合わせ

株式会社PinT カスタマーサポート

TEL:050-3188-1490

(受付時間 10 時~17 時)

※土日・祝日、年末年始を除く

解約金なし・契約期間の縛りなし

解約金は発生しません。
契約期間の縛りがないのでいつでも解約可能です。

スマートメーターの工事は不要

スマートメーターが設置されていない場合は、東京電力により原則無料で設置することになります。

マンション・アパートでも契約できる

マンションやアパートにお住まいの方も、基本的には電力会社を切り替えることは可能になります。ただし、マンション全体で電気を一括契約している場合は、個別に変更することが出来ません。
変更を希望される方は、マンションの管理会社や管理組合に直接相談してください。

支払方法は3通り

●口座振替
●クレジットカード決済
●コンビニ決済

使えるカードの種類

VISA、JCB、MasterCard、Diners、AmericanExpress

利用可能なコンビニ

ローソン ファミリーマート セブンイレブン ミニストップ サークルKサンクス ローソン・スリーエフ セーブオン デイリーヤマザキ ポプラ

※引き落としは、毎月23日です。

PinTでんきの口コミ・評判

サービスに契約したりする際に利用者の口コミや評判をチェックする方は多いと思いますが、ネット上に口コミが見つからなかったので、見つけ次第に随時更新していきます。

おすすめはあしたでんき

あしたでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●2019年現在【業界最安】
●使用量がリアルタイムで把握できる
●東京電力の子会社なので安心
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年7月現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

私もあしたでんきを利用していますが、毎月1,500円ほど安くなりとても満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

まとめ

最後にPinTでんきについて簡単にまとめます。

●PinTでんきは、従来の電力会社と基本料金と従量料金が同額になっているので、元から安くないことやPinTアカウント割引の割引率が低すぎるので本当におすすめできません。

●PinTでんきの乗り換えを考えている方は、まず他の新電力の料金プランや割引についてしっかり調べた上で乗り換えを考えてください。

とにかく電気代を安くしたいならあしたでんきかHTBエナジーをおすすめします。

(未評価)

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメント

  1. 匿名 より:

    PinT電気との契約開始から解約までのトラブルで散々怖い思い、嫌な思いをしてきたので、この記事を見て『他にも被害者がいるのでは?』と思いコメント残します。

    契約書も送られず、放置され気付いた時には早3ヶ月。
    解約するにも切替するにも契約内容がわからず切替先への必要な情報を問い合わせしても教えてもらえず。解約の意を示しても解約手続きしてもらえず。
    なんとか切替先に必要な情報を得て、伝え準備が整ったのにも関わらずの出来事です。
    PinTの不手際でまた一ヶ月先延ばしにされ、未だに困っております。
    得られる特典や割引が受けられず、解約を拒まれ、契約数を獲得するだけして、その後のサービスはおろか、契約書は空き家に送ったとの事実。

    その確認作業も、担当したオペレーターに全ての責任を押し付けるかの様に、本人に確認しますやら、担当が申し訳ありませんやら。
    全然会社として謝ってくれなかった

    全然安くないし。
    Pintにお金を払うのがホントに嫌です

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)