親指でんきの評判・料金まとめ!メリットと注意すべきデメリットを解説

新電力会社の中ではまだまだ知名度の低い「親指でんき」。

知る人ぞ知る新電力といった印象ですが、実はかなり安くてお得な電力会社なんです。

  • 沖縄・北陸を除く全国に展開
  • 解約手数料0
  • 初期費用0
  • 生活スタイルに合わせて4つのプランから選べる

一方、プランによっては注意すべきデメリットもありました。

今回は親指でんきの気になるメリットやデメリット、料金プランの特徴、利用者の口コミ・評判をまとめました。

お得なキャンペーン情報もあわせて紹介します!

安くてシンプル!親指でんき

親指でんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

おすすめ理由
●とにかく安い!
●年間20,000円以上の節約も可能
●電気をたくさん使う人ほどお得
●初期費用0円
●解約金・違約金0円

初期費用や解約金もないので、気になる方はお試し感覚で申し込んでもOKですよ。

さらに今ならアマゾンギフト券3,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

電気の切り替えは遅くなるほど損なので、1日でも早い申し込みをおすすめします!

親指でんきとは

親指でんきは株式会社ユビニティーが設立した新電力。

沖縄・北陸地方を除く全国で電気を提供しています。

基本料金0円、一律料金、解約金ナシなどLooopでんきと非常によく似たサービスなのが特徴。

また、目玉となるプランのほかに深夜割引があるプランペットを飼っている人向けプランなど独自のプランも用意しています。

親指でんきのサービス開始は2018年1月からと比較的最近なので、そのお得なサービスの割にまだ多くの人に知れ渡っていない“穴場”の新電力と言えそうです。

株式会社ユビニティー

株式会社ユビニティーは電力販売のほかに、電子ブレーカーやLED照明、省エネエアコン、節水ノズルなど節水や節電に関して幅広くサービスを提供しています。

親指でんきの口コミ・評判は?

初めに親指でんきの気になる口コミ・評判を紹介します!

知名度が高くないので口コミも決して多くはありませんでしたが、全体的に評判は良いようでした。

口コミの傾向

  • 基本料金0円でとにかく安い!
  • ペット向けプランや深夜割引プランがありがたい!
  • 解約金が0円なので気軽に申し込める!

やはり基本料金0円や、親指でんきの独自プランを評価する声が多かったです。

また、解約金も0円なので試しに切り替えてみようという方の後押しにもなっているようです。

さて、ここからは口コミや評判でも注目された親指でんきの料金プランの詳しい内容や、親指でんきを利用するメリット・デメリットなどを見ていきましょう!

親指でんきの料金プラン

親指でんきには、家庭向けのプランが4種類用意されており、自分に合ったプランを選ぶことができます。

プラン1:いいねプラン(標準プラン)
プラン2:わんにゃんプラン+
プラン3:日曜から夜更かしプラン
プラン4:ゲームプラン

それぞれのプランの特徴や料金を見ていきます。

いいねプラン

特徴

「基本料金0円」「一律料金」の親指でんきの標準プランです。

基本料金とは電気の使用量に関わらず毎月支払わなければならない料金ですが、いいねプランではこの基本料金がまるまる無料になります。

また、電気を使った分だけ支払う料金(従量料金)も従来の電力会社が使用量によって段階的に上がっていくのに対して、いいねプランでは一律です。

全く同様の料金プランをしたLooopでんきと並んで、現在利用できる新電力の中でも最安水準の料金と言えます。

電気料金

エリア基本料金従量料金
(単価)
北海道電力0円29円
東北電力0円26円
東京電力0円26円
中部電力0円26円
関西電力0円22円
中国電力0円24円
四国電力0円24円
九州電力0円23円

特典内容

特になし

わんにゃんプラン+

特徴

ペットを飼っている人に向けた特典が充実しているプランです。

基本料金は従来の電力会社の半額で、従量料金はいいねプランの料金と同じです。

つまり、基本料金0円のいいねプランと比べて割高になります。

電気料金

エリア基本料金従量料金
(単価)
北海道電力167.4円(10Aにつき)29円
東北電力162円(10Aにつき)26円
東京電力140.4円(10Aにつき)26円
中部電力140.4円(10Aにつき)26円
関西電力194.4円(一律)22円
中国電力199.8円(一律)24円
四国電力183.6円(一律)24円
九州電力145円(10Aにつき)23円

特典内容

  • ペット飼い主向け保険が無料でついてくる
  • 提携している施設やサービスを最大50%割引で利用できる
  • ペットのしつけや健康、迷子などの相談を24時間365日サポート
  • 動物病院、ペット信託などの施設やサービスを探してくれる

通常は月額700円かかるこれらのサービスがすべて無料で利用可能になります。

日曜から夜更かしプラン

特徴

毎日22時から8時の電気料金が安くなるプランです。

基本料金は従来の電力会社の半額で、従量料金は22時から8時までがいいねプランより安く、8時から22時がいいねプランより高く設定されています。

電気料金

エリア基本料金8時-22時
(単価)
22時-8時
(単価)
北海道電力167.4円(10Aにつき)33円27円
東北電力162円(10Aにつき)29円24円
東京電力140.4円(10Aにつき)30円24円
中部電力140.4円(10Aにつき)28円24円
関西電力194.4円(一律)24円21円
中国電力199.8円(一律)26円22円
四国電力183.6円(一律)25円22円
九州電力145円(10Aにつき)26円21円

特典内容

特になし

ゲームプラン

特徴

夜間~早朝(21時-6時)にゲームをよくする方など、夜型の生活で夜に電気をたくさん使う方に向けたプランです。

夜間の電気代が安くなるという点で「日曜から夜更かしプラン」と非常に似ていますが、異なる点は2つ。

  • ゲームプランは基本料金が0円
  • 安くなる時間帯が異なる

ゲームプランの基本料金は0円、従量料金は21時から6時までがいいねプランより安く、6時から21時がいいねプランより高く設定されています。

※従量料金は「日曜から夜更かしプラン」と同じ料金です。

電気料金

エリア基本料金6時-21時
(単価)
21時-6時
(単価)
東北電力0円29円24円
東京電力0円30円24円
中部電力0円28円24円
関西電力0円24円21円
中国電力0円26円22円
四国電力0円25円22円
九州電力0円26円21円

※北海道電力エリアは対象外です。

特典内容

  • プロゲーマーからeスポーツのお得情報を取得しやすくなる

嬉しい!3つのメリット

では、料金プランの特徴や利用者の口コミから分かった親指でんきのメリットを見ていきましょう。

1.解約金・違約金なし

親指でんきはどのプランを選んでも解約金や違約金はかかりません。

また、契約期間の縛りもないので申し込みのハードルも非常に低く、気軽に申し込めるのも魅力です。

電力会社によっては●年間の契約期間内の解約で数千円、というところもあるので、親指でんきはかなり良心的と言えますね。

2.電気を使うほどお得になる

親指でんきは4つのプランとも料金単価が一律になっています。

一般的な電力会社では電気の使用量が増えるにしたがって単価が上がっていきますが、親指でんきではどれだけ使っても単価が上がることがないので、電気をたくさん使うほどお得になっていくということなんです。

特に電気代が月10,000円を超えるような方では毎月千円以上の節約になり、これは数ある新電力の中でも最安水準と言えます。

3.口座振替が可能

親指でんきの支払い方法はクレジットカードまたは口座振替が利用できます。

Looopでんきなど他の新電力では口座振替に対応していないところもあるので、何らかの事情でクレジットカードを利用できないという方にも嬉しいですね。

安くてシンプル!親指でんき

親指でんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

おすすめ理由
●とにかく安い!
●年間20,000円以上の節約も可能
●電気をたくさん使う人ほどお得
●初期費用0円
●解約金・違約金0円

初期費用や解約金もないので、気になる方はお試し感覚で申し込んでもOKですよ。

さらに今ならアマゾンギフト券3,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

電気の切り替えは遅くなるほど損なので、1日でも早い申し込みをおすすめします!

要注意!2つのデメリット

親指でんきに契約する前に確認しておきたいデメリットをまとめました。

ぜひ契約後に後悔しないようにしっかり確認しておきましょう!

1.プランによっては高くなる

親指でんきの4つのプランですが、実はうまく選べないと高くなってしまうことがあります。

特に「わんにゃんプラン+」「日曜から夜更かしプラン」「ゲームプラン」は注意が必要です。

それぞれのプランごとに見てみましょう。

わんにゃんプラン+

「わんにゃんプラン+」は「いいねプラン」と同額の従量料金ですが、基本料金がかかるので結果として「いいねプラン」より高くなります。

また、使用量によっては今までの電力会社よりも高くなってしまうこともあります。

例えば東京電力エリアの方で月に電気を300kwh(40A契約)使った場合
●東京電力⇒8,145円
●いいねプラン⇒7,800円
●わんにゃんプラン+⇒8,361円

と、わんにゃんプラン+が一番高くなっていることがわかります。

もちろん使用量や住んでいるエリアによっても変わりますが、おおむね毎月の使用量が400kwhを超えない場合はわんにゃんプラン+のほうが高くなってしまうので注意してください。

日曜から夜更かしプラン

「日曜から夜更かしプラン」で注意すべきは2点。

ひとつは昼間に電気を使う時間が長いと割高になるということ。

もう一つは基本料金がかかるので「わんにゃんプラン+」と同様、いいねプランより高くなる場合があるということ。

日曜から夜更かしプランは時間帯によって電気料金が変わるので、先ほどの東京電力エリア/300kwh使用の例をもとに、電気を使った時間帯をいくつかのパターンに分けて計算してみました。

●東京電力⇒8,145円
●いいねプラン⇒7,800円
●日曜から夜更かしプラン
┗昼間:夜間=1:1の場合⇒8,661円
┗昼間:夜間=1:4の場合⇒8,121円
┗昼間:夜間=1:9の場合⇒7,941円
┗昼間:夜間=1:49の場合⇒7,797円

まず、昼間と夜間の電気を使う割合が同じ場合にはいいねプランだけでなく東京電力よりも高くなってしまいます。

一方、夜間に電気を使う割合が増えるほど安くなっていき、昼間:夜間=1:4で東京電力よりも安くなりました。

ただ、それでもいいねプランより安くはならず、計算してみたところ昼間:夜間=1:49でようやくいいねプランより安くなりました。

つまり、実は夜間に電気を使う方でもこのプランを利用するよりいいねプランを利用したほうがほとんどの場合で安くなるということなんです。

ゲームプラン

「ゲームプラン」も「日曜から夜更かしプラン」と同様、夜間の料金が安くなっています。

逆に昼間の料金が高いので、夜間にどれだけ電気を使う生活をしているか?がポイントです。

ただ、ゲームプランの場合は基本料金が0円なので「日曜から夜更かしプラン」のように高くなるケースは少なくなります。

東京電力エリアで月に300kwh使用した場合
●東京電力⇒8,145円
●いいねプラン⇒7,800円
●ゲームプラン
┗昼間:夜間=1:1の場合⇒8,100円
┗昼間:夜間=1:2の場合⇒7,800円
┗昼間:夜間=1:3の場合⇒7,650円

昼間と夜間の割合が同じ場合は東京電力よりは安く、いいねプランよりは高くなります。

昼間と夜間が1:2でいいねプランと同額になり、1:3でゲームプランのほうが安くなりました。

これは他のエリアや使用量でも同じような結果になるので、昼より夜のほうが3倍程度電気を使うという人には安くてお得になりますが、そこまで使わない人はいいねプランで十分と言えるでしょう。

ただ、3倍であればかなり現実的な状況なので、「日曜から夜更かしプラン」よりは断然ゲームプランのほうがおすすめです。

2.電気をあまり使わない人には向かない

親指でんきのもうひとつのデメリットは、一人暮らしなど電気をあまり使わない人には割高になってしまう場合があるということ。

特に、基本料金が安い関西・中国・四国地方では特に注意です。

これらの地域はそもそも基本料金(最低料金とも呼びます)が安いので、親指でんきの基本料金0円のメリットが薄らいでしまうからなんです。

具体的には
●関西地方⇒4,050円/月(184kwh)
●中国地方⇒6,193円/月(258kwh)
●四国地方⇒5,736円/月(239kwh)

を超えないと、親指でんきのほうが高くなってしまいます。

基本料金がかかる「わんにゃんプラン+」や「日曜から夜更かしプラン」ではこれよりさらにたくさん使わないと高くなってしまうので特に気を付けてください。

親指でんきのキャンペーン情報

親指でんきでは、9月30日までの期間限定で公式サイトから申し込むとAmazonギフト券3,000円分プレゼントキャンペーンを実施しています!

秋の生活応援キャンペーン

応募期間

2019年9月1日~2019年9月30日

キャンペーン内容

Amazonギフト券3,000円分プレゼント

対象プラン

・いいねプラン
・わんにゃんプラン+
・日曜から夜更かしプラン
・ゲームプラン
・動力プラン(法人向けプラン)
・ビューティープラン(法人向けプラン)

適用条件

①キャンペーン期間内に「親指でんき」へのお申込みが完了していること
②2020年2月末まで「親指でんき」の契約を継続していること
③振替口座もしくはクレジットカード情報の登録が済んでいること

注意事項

・ギフト券の発送は2020年4月から
・既に親指でんきに申し込み済みの方は対象外
・契約が継続していても支払滞納が確認された方は対象外
・契約から半年間、一か月の電気代平均が3,000円以下の方は対象外

キャンペーンの適用条件や注意点など詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『親指でんきでお得なキャンペーン実施中!申し込み方法・注意点まとめ』

親指でんきの申し込み前のQ&A

親指でんきに申し込む前に確認したい内容をQ&A形式でまとめました。

親指でんきの切り替えはどうやるの?

公式HPから申し込み手続きをすると、現在の電力会社の解約から親指でんきの契約までを行ってもらえます。

スマートメーターが設置されていない場合はスマートメーターの設置を経て、およそ1か月程度で電気が切り替わります。

親指でんきの問い合わせはどうやるの?

公式HPの「問い合わせ」フォームからお問合せできます。

マイページでは何ができるの?

契約者内容の確認や、電気料金の明細の確認などができます。

特に電気明細は時間ごとにグラフで電気の使用状況が確認でき、あらかじめ指定した使用量を超えるとメールにアラートが届くなどの機能も充実しています。

親指でんきをポイントサイトから申し込めるの?

申し込めなくはないですが、おすすめしません。

ポイントサイトの中には、嘘の記載をしている悪徳なサイトがあったり、急にサイトが閉鎖されてポイントが全て消えてしまうといったサイトがたくさんあり、被害者は絶えません。

ポイントサイトを経由するのではなく、公式サイトから申込んだほうが安全ですし、確実に特典を受け取ることができます。

まとめ

いかがでしたか?

ここで改めて親指でんきのプランについておさらいします。

いいねプラン:基本料金0円の標準プラン
⇒電気をたくさん使う人ほど安くなる
⇒業界最安水準で一番おすすめのプラン

わんにゃんプラン+:ペット向け特典が付いたプラン
⇒基本料金がかかるので料金は高め
⇒ペットを飼っている人向け

日曜から夜更かしプラン:夜間の電気代が安くなる
⇒基本料金がかかるのでむしろ割高になる
⇒おすすめしないプラン

ゲームプラン:基本料金0円かつ夜間の電気代が安くなる
⇒日曜から夜更かしと似てるがこちらのほうが安い
⇒深夜~早朝に電気を使う人向けにはおすすめ

親指でんきは業界でも最安水準のいいねプラン以外にも、豊富なプランが用意されているのが特徴的です。

ただ、間違えて選んでしまうと損をしてしまうことも多いので、ぜひこの記事を参考にして自分にあったプランを見つけてくださいね。

ちなみに、よく分からない!という方は「いいねプラン」を選べば間違いがありませんよ。

おすすめは親指でんき

基本料金・初期費用・解約金が0円の親指でんき。

お試し感覚で申し込むことができ、使った分だけ支払えばいいシンプルなプランが人気の秘訣です。

乗り換えても電気の質は変わらないのですし、安心して利用することができますよ。

さらに今なら、Amazonギフト券3,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

どこの新電力にしようか悩まれている方には本当におすすめできるサービスです。

キャンペーン実施中!公式サイト

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)