大阪ガスの電気の料金プランを徹底解説!スタイルプランPは落とし穴も

大阪ガスの電気には、使用スタイルに合わせた多彩なプランが用意されています。

CMや公式サイトでは電気とガスをまとめてお得と謳っていますが、実際のところどれほど安くなるのか?

調べたところ、大阪ガスの電気の料金プランはあまりお得ではないことがわかりました!

関西電力との比較も交えながら、料金プランや具体的な電気料金シミュレーションなどをまとめました。

料金だけでなく、メリット・デメリット、口コミ・評判など役立つ情報をまとめたので、大阪ガスの電気を検討している方はぜひご覧ください。

大阪ガスの電気とは

関西の都市ガス会社最大手の大阪ガスが提供している新電力「大阪ガスの電気」。

2016年4月の電力自由化と同時にサービスを開始し、既に供給件数は100万件を突破しています。

アマゾンプライムの年会費が無料になる「スタイルプランP」など多彩なプランや、基本料金2ヶ月無料キャンペーンなど、様々なサービス展開が特長です。

まず最初に、大阪ガスの電気について概要をざっくりと説明していきますね。

・電気料金

大阪ガスの電気には様々なプランがありますが、適切なプランを選べば関西電力よりも安くなります。

都市ガスとのセット割があるのもメリットの一つです。

※プランについては後ほど詳しく説明します。

・供給エリア

京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県、福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

※上記エリア内であれば、大阪ガスの都市ガス契約がなくても申し込み可能です。

・契約期間、解約金

基本的に、契約期間の縛りや解約金はありません。

※一部プランでは解約金が発生することがあります。

・キャンペーン情報

2019年9月30日まで、新規申し込みで基本料金が2ヶ月分無料になるキャンペーンを実施中です。

・申し込み方法

以下のいずれかの方法で申し込みができます。

・コールセンター(グッドライフコール)
・ホームページ
・お近くのガスのお店
・ショールーム

大人気のスタイルプランPの真実は?

ではまず、大阪ガスの電気で大人気の「スタイルプランP」から解説していきます。

スタイルプランPの最大のメリットは、アマゾンプライムの年会費を大阪ガスが代わりに負担してくれるという点です。

契約することでアマゾンプライムのコードが付与される形になるので、既にアマゾンプライム会員の方でも申し込めます。(既に会員の場合は期限が1年間延長されます)

一見かなりお得に感じますが、電気料金にアマゾンプライムの年会費が上乗せされているため、料金設定は高め。

料金単価や具体的な料金シミュレーションを通して、スタイルプランPが本当にお得かどうかを検証していきましょう。

料金単価

まずは料金単価からです。

大阪ガスの電気のスタイルプランPと関西電力の電気料金単価を比較して表にまとめました。

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

 使用量大阪ガス
スタイルP
関西電力
従量電灯A



~15kWh590.74円
(+249.72円)
341.02円



15~12020.56円
(+0.24円)
20.32円
120~30024.98円
(-0.82円)
25.80円
300~36024.98円
(-4.31円)
29.29円
360~29.29円
(±0円)
29.29円

関西電力と比較して、最低料金が大幅に高く設定されているのがわかりますね。

従量料金単価に関しても、120kWhまでの単価はスタイルプランPの方が高いので、電気使用量が少ない方はかなり割高になることが予測できます。

電気料金シミュレーション

続いて、具体的な使用ケースを用いてシミュレーションをしてみました。

電気料金のみのシミュレーション

まずは電気料金だけでシミュレーションをしてみました。

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
スタイルP
関西電力
従量電灯A
150kWh3,498円
(+250円)
3,248円
300kWh7,245円
(+127円)
7,118円
450kWh11,380円
(-131円)
11,512円
600kWh15,774円
(-131円)
15,905円
700kWh18,703円
(-131円)
18,834円

使用量が少ないケースではかなり割高になっているのがわかりますね。

もちろんアマゾンプライムのサービスをフルに活用できる方であれば結果的に得をすることにはなりますが、「アマゾンプライムがついてくるから契約したけどほとんど使っていない」という場合はただ無駄に高い電気料金を払っているだけになってしまいますよね。

また、ここでもう一点注目していただきたいのが、「450kWh以上の使用ケース全てが同じ削減額」という点です。

一般的に他社の新電力では電気使用量が多ければ多いほど削減額も大きくなっていきますが、大阪ガスのスタイルプランPではどれだけ電気をたくさん使ったとしても電気代は131円しか安くならないのです。

正直言って他の安い新電力とアマゾンプライムを別々で契約した方がよっぽどお得になるので、電気をたくさん使う方にはスタイルプランPはおすすめしません。

電気料金+アマゾンプライム会費のシミュレーション

では、本当にスタイルプランPよりも安い新電力とアマゾンプライムを別々で契約した方がお得になるのかを検証していきましょう。

安い電力会社の例として「あしたでんき」という新電力も一緒にシミュレーションしてみました。

スタイルプランPはアマゾンプライムがついてくるので料金はそのまま、あしたでんきと関西電力は電気料金+アマゾンプライムの年会費を12ヶ月で割った金額で計算しています。

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
スタイルP
あした+
Amazon
関電+
Amazon
150kWh3,498円
(-158円)
3,633円
(-23円)
3,656円
300kWh7,245円
(-281円)
6,858円
(-668円)
7,526円
450kWh11,380円
(-540円)
10,083円
(-1,837円)
11,920円
600kWh15,774円
(-539円)
13,308円
(-3,005円)
16,313円
700kWh18,703円
(-539円)
15,458円
(-3,784円)
19,242円

使用量が最も少ないケースのみ大阪ガスの方がお得という結果になりましたが、それ以上のケースでは圧倒的にあしたでんきがお得ですね。

一番使用量の多いケースでは、なんとひと月3,000円(年間36,000円)以上の差が出ました。

少しでも電気代を安くしたい気持ちがあるなら、スタイルプランPを契約してしまうのはもったいないです。

「アマゾンプライム年会費が無料!」と言われると魅力的に感じてしまいますが、安い新電力とアマゾンプライムを別々で契約する方が圧倒的にお得ということは覚えておいてください。

スタイルプランPの注意点

契約する上で注意すべきは電気料金面だけではありません。

スタイルプランPには契約期間の縛りと使用期間に応じた解約金が存在するというのも忘れずに把握しておきたいポイントです。

契約期間中に解約またはプラン変更をすると、解約金として当初の契約終了日までの残りの月数(1ヶ月未満の端数は切り捨て)に325円をかけた金額を支払わなければいけなくなります。

【例】3ヶ月で解約またはプラン変更をした場合

12ヶ月-3ヶ月=9ヶ月

325円×9ヶ月=2,925円

つまり、スタイルプランPを使わないならアマゾンプライムの年会費分のお金は返してね、ということですね。

電気とアマゾンの契約が紐づいていることで柔軟に電力会社を乗り換えることができなくなるのは、個人的には大きなデメリットだと思います。

スタイルプランPは劇的にお得になるというわけでもないですし、何度も言いますが電力会社とアマゾンプライムは別々に契約することをおすすめします。

※大阪ガスの電気のエリア外に引っ越しをする場合は解約金は発生しません。

口コミ・評判

実際に利用している方や検討している方の口コミ・評判もチェックしておきましょう。

安くならない

シミュレーションをした結果、お得ではないということが判明した方ですね。

電気料金が割高になってもアマゾンプライムが利用できる方がいいのか、それとも別々に契約してもっとお得になる方法をとるのかは契約前に必ず考えていただきたい点です。

満足して契約している人も

とはいえ、満足して利用を継続している方もいます。

確かにアマゾンプライムの年会費分を加味すれば損をすることはないのでメリットであることに間違いはありませんが、この点はどれだけ電気料金を節約したいかという個人の意識によるところが大きいでしょう。

大阪ガスのその他の6つのプラン

では、スタイルプランP以外のプランもチェックしていきましょう。

ざっくりとプランの概要を説明した上で関西電力との詳しい料金比較もしているので、興味のある方はご覧ください。(「○○プランの料金を見る」というところをタップ/クリックで詳細が開きます)

口コミが見つかったプランは口コミも紹介しています。

ベースプランA

大阪ガスの電気のみ契約するプランです。

都市ガスは利用していないけど大阪ガスの電気を使いたいという場合はこちらのプランがおすすめです。

ベースプランAの料金を見る

料金単価

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

 使用量大阪ガス
電気のみ
関西電力
従量電灯A



~15kWh285.00円
(-56.02円)
341.02円



15~12020.31円
(-0.01円)
20.32円
120~30025.30円
(-0.5円)
25.80円
300~35025.30円
(-3.99円)
29.29円
350~28.12円
(-1.17円)
29.29円

大阪ガスは微妙に関西電力と段階料金の区切りが違うため、少しわかりにくい表になってしまいました。

関西電力は2段料金の範囲が120kWh~300kWhなのに対して、大阪ガスは120kWh~350kWhという分け方です。

全ての単価がわずかに関西電力よりも安く設定されているので、必ず関西電力より安くなります。

電気料金シミュレーション

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
電気のみ
関西電力
電気のみ
150kWh3,176円
(-72円)
3,248円
300kWh6,971円
(-147円)
7,118円
450kWh11,048円
(-463円)
11,512円
600kWh15,266円
(-639円)
15,905円
700kWh18,078円
(-756円)
18,834円

全ての使用ケースで関西電力よりも安くなるというメリットはありますが、実は他社と比較するとそこまでお得ではありません。

他の安い新電力であれば、700kWhも使えばひと月3,000円は安くなります。

安い新電力と比較するとあまりお得ではないので、とにかく電気料金をお得にしたいという方は他を検討した方がいいかもしれませんね。

ベースプランA-G

大阪ガスの電気と都市ガスをセットで契約するプランです。

電気のみ契約の「ベースプランA」よりもお得な料金が設定されています。

ベースプランA-Gプランの料金を見る

料金単価

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

 使用量大阪ガス
セット
関西電力
従量電灯A



~15kWh285.00円
(-56.02円)
341.02円



15~12020.31円
(-0.01円)
20.32円
120~30024.90円
(-0.9円)
25.80円
300~35024.90円
(-4.39円)
29.29円
350~27.83円
(-1.46円)
29.29円

ベースプランA同様、全ての単価において関西電力よりも安い金額が設定されているため、必ず関西電力よりも安くなるという特徴があります。

電気のみの契約よりもさらに単価は安くなっているので、電気とガスをセットで契約した方がお得になります。

電気料金シミュレーション

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
セット
大阪ガス
電気のみ
関西電力
電気のみ
150kWh3,164円
(-84円)
3,176円
(-72円)
3,248円
300kWh6,899円
(-219円)
6,971円
(-147円)
7,118円
450kWh10,927円
(-584円)
11,048円
(-463円)
11,512円
600kWh15,102円
(-803円)
15,266円
(-639円)
15,905円
700kWh17,885円
(-949円)
18,078円
(-756円)
18,834円

電気のみ契約のベースプランAとも比較してみました。

電気とガスをセットで契約することで電気単体よりさらに安くはなりますが、そこまで大きな差はないですね。

セットにするのであれば、まだ関西電力のガスセットプランの方がお得です。

大阪ガスと関西電力の詳しい比較はこちらもご覧ください!
『大阪ガスの電気と関西電力はどっちがお得?料金・評判を比較!』

口コミ・評判

電気とガスを大阪ガスにまとめて安くなったという方の口コミです。

他社と比較するとあまり安くはないですが、契約がまとまるというメリットもあるので、安さよりも楽さを求める方に向いているかもしれません。

家庭用ガス発電プラン

エネファーム、エコウィルを利用している方向けのプランです。

電気と都市ガスのセットプラン「ベースプランA-G」と全く同じ料金体系のため、電気単体のプランよりは安くなりますが、大幅に安くなるというわけでもありません。

家庭用ガス発電プランの料金を見る

料金単価

 使用量大阪ガス
ガス発電
関西電力
従量電灯A



~15kWh285.00円
(-56.02円)
341.02円



15~12020.31円
(-0.01円)
20.32円
120~30024.90円
(-0.9円)
25.80円
300~35024.90円
(-4.39円)
29.29円
350~27.83円
(-1.46円)
29.29円

全ての単価が関西電力よりも安く設定されているので、関西電力からの切り替えで必ず安くなるというメリットがあります。

電気料金シミュレーション

使用量大阪ガス
ガス発電
関西電力
電気のみ
150kWh3,164円
(-84円)
3,248円
300kWh6,899円
(-219円)
7,118円
450kWh10,927円
(-584円)
11,512円
600kWh15,102円
(-803円)
15,905円
700kWh17,885円
(-949円)
18,834円

全てのケースで関西電力よりも安くなっているのがわかりますね。

ただし先程も言いましたが、大幅に安くなるというわけではないので、電気料金をより安くしたい場合は他の新電力を利用した方がお得になります。

とにかく電気代を安くしたいという方にとっては、この料金面はデメリットとなるでしょう。

スタイルプランd

電気料金の支払いでdポイントが貯まるというメリットがあるプランです。

安さよりも「dポイントが貯まる」という点に重きを置いているので、電気料金は全然安くなりません。

電気代の削減よりもとにかくdポイントを貯めたい!という方向けのプランですね。

dポイントの還元率は以下のように電気料金に応じて異なります。

1,000円以上6,000円未満:1%

6,000円以上7,000円未満:3%

7,000円以上12,000円未満:5%

12,000円以上:6%

スタイルプランdの料金を見る

料金単価

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

 使用量大阪ガス
スタイルd
関西電力
従量電灯A



~15kWh341.01円
(-0.01円)
341.02円



15~12020.30円
(-0.02円)
20.32円
120~30025.78円
(-0.02円)
25.80円
300~29.28円
(-0.01円)
29.29円

全ての単価において関西電力からほぼ全くと言っていいほど安くならないので、どれだけ電気を使っても誤差程度にしか安くなりません。

料金面だけ見ればこれは完全にデメリットと言えるでしょう。

電気料金シミュレーション

※カッコ内の数字は関西電力との差額、その下の数字はたまるdポイントの数です。

使用量大阪ガス
スタイルd
関西電力
従量電灯A
150kWh3,245円
(-3円)
⇒32pt
3,248円
300kWh7,112円
(-6円)
⇒355pt
7,118円
450kWh11,504円
(-8円)
⇒575ポイント
11,512円
600kWh15,896円
(-9円)
⇒953ポイント
15,905円
700kWh18,824円
(-10円)
⇒1,129ポイント
18,834円

一番使用量の多いケースでも10円しか安くなりません。

とにかくdポイントをためたいという方向けのプランなので、電気料金の削減には期待しない方がいいです。

電気料金が高ければ高いほどdポイントもたくさんたまりますが、電気料金が全然安くないので、他社と比較しても総合的なお得額では劣ってしまっているのが事実です。

口コミ・評判

スタイルプランdがあまりお得ではないことを見抜いている方の口コミですね。

もちろんポイントを貯めること自体が悪いとは言いませんが、高い電気料金を払ってまでポイントを貯める必要があるかどうかについては一度冷静になって考えていただきたいところです。

スタイルプランS

ガス給湯器やガスコンロの機器保証・故障時買い替えサポート、駆け付けサービスなどが利用できる「住ミカタ・保証パック」のサービスがセットになったプランです。

通常月額990円かかる有料サービスの月額利用料が上乗せされる形になるので、電気料金はかなり高いです。

スタイルプランSの料金を見る

料金単価

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

 使用量大阪ガス
スタイルS
関西電力
従量電灯A



~15kWh1,168.25円
(+827.23円)
341.02円



15~12020.61円
(+0.29円)
20.32円
120~30021.02円
(-4.78円)
25.80円
300~28.93円
(-0.36円)
29.29円

最低料金が1,168.25円と大幅に高く設定されており、従量料金単価も3段階全て割高になっています。

電気料金シミュレーション

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
スタイルS
関西電力
従量電灯A
150kWh3,962円
(+714円)
3,248円
300kWh7,115円
(-3円)
7,118円
450kWh11,455円
(-57円)
11,512円
600kWh15,794円
(-111円)
15,905円
700kWh18,687円
(-147円)
18,834円

最低料金が高いため、使用量が少ないとこのようにかなり割高になってしまいます。

いくら有料サービスの料金が上乗せされているとは言っても、これではさすがに高すぎますよね。

本当にここまで電気料金が高くなっても利用したいサービスかどうかは冷静に判断する必要がありそうです。

スタイルプランE

環境にやさしい発電で作られた電気のプランです。

FIT電源(太陽光・風力・バイオマス)で作られた電気のプラン「スタイルプランE-ZERO」と、エネファームによる高効率分散型発電で作られた電気のプラン「E-SHARE」の2種類があります。

電気代の安さよりも環境へのやさしさを重視したい方向けですね。

スタイルプランのE料金を見る

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

料金単価

 使用量大阪ガス
E-ZERO
大阪ガス
E-SHARE
関西電力
従量電灯A



~15kWh342.03円
(+1.01円)
337.60円
(-3.42円)
341.02円



15~12021.33円
(+1.01円)
20.11円
(-0.21円)
20.32円
120~30026.81円
(+1.01円)
25.53円
(-0.27円)
25.80円
300~30.31円
(+1.02円)
28.99円
(-0.3円)
29.29円

E-SHAREは全ての単価が関西電力よりも安いので必ずお得になりますが、E-ZEROは全ての単価が割高に設定されています。

一口にスタイルプランEと言ってもその電気料金には大きな差があるので、慎重にプランを選びたいですね。

電気料金シミュレーション

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

使用量大阪ガス
E-ZERO
大阪ガス
E-SHARE
関西電力
従量電灯A
150kWh3,385円
(+137円)
3,215円
(-33円)
3,248円
300kWh7,407円
(+288円)
7,044円
(-74円)
7,118円
450kWh11,953円
(+441円)
11,393円
(-119円)
11,512円
600kWh16,500円
(+594円)
15,741円
(-164円)
15,905円
700kWh19,531円
(+696円)
18,640円
(-194円)
18,834円

まずE-ZEROプランはかなり割高になっているのがわかりますね。

これは1ヶ月の電気料金のシミュレーション額ですが、これが1年、2年……と積み重なっていくとかなりの出費になるので、お金に余裕があってとにかく環境に配慮した電気を使いたいという方には向いています。

一方、E-SHAREプランはも確かに関西電力よりは安くなっていますが、決してお得とは言えない削減額です。

このシミュレーション結果を見て削減額に物足りなさを感じた方は、他のプランまたは他社の安い新電力を検討することをおすすめします。

現在実施中のキャンペーン情報

大阪ガスの電気のキャンペーン情報をまとめました。

夏割キャンペーン

大阪ガスの電気に新規で申し込むことで電気代の基本料金が2ヶ月無料になるキャンペーンです。

キャンペーン期間

2019年8月1日~9月30日

キャンペーン特典

電気代の基本料金2ヶ月無料

スタイルプランPに契約の場合

Amazonギフト券2,000円分

※マイ大阪ガスへの登録・ログインが必要

スタイルプランdに契約の場合

dポイント3,000円分

キャンペーン適用条件

・キャンペーン期間中に対象プランの電気料金メニューを新規で契約する
・2019年8月1日~11月30日に電気の供給を開始する

キャンペーン対象プラン

・ベースプランA
・ベースプランA-G
・スタイルプランS
・スタイルプランP
・スタイルプランd
・スタイルプランE
・家庭用ガス発電プラン

まとめ

大阪ガスは関西最大手の都市ガス会社ですし、契約がまとまるメリットからも大阪ガスの電気を第一に検討する方は多いでしょう。

電気のようなインフラに関することであれば、なおさら信頼できる企業と契約したいと思う気持ちもわかります。

しかし、電力自由化の一番のメリットは「電気代を安くできること」です。

せっかく同じ手間をかけて電力会社を乗り換えるのであれば、大阪ガスの電気よりもさらに安い新電力を選ぶことを強くおすすめします!

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ