東証マザーズに上場した新電力イーレックスの料金や会社概要

評価:2.48 - 25件の票数

大口顧客向けの電力販売では業界トップクラスで、東証マザーズに上場しているイーレックス。

企業など電気代のコスト削減を検討された方なら社名はご存知だと思いますが、あまり周知されていない情報をお伝えします。

今後、大口の契約及び家庭向けの新電力比較を行う際に、必ず選択肢のひとつとして知っておく必要のある企業なので是非ご覧ください。

6月限定!対象の電力会社申し込みでもれなく3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

イーレックスとは?

イーレックスというは「Energy Resources Exchange(エネルギー資源の交換)に基づく、魅力的な電力供給サービスの創造」が由来となっています。その他の概要は以下をご覧ください。

会社概要

日本語での社名はイーレックス株式会社、英語では eREX Co.,Ltdと表記します。その他の概要は以下の通りです。

設立 1999年12月8日
資本金 3,465,720,000円
主な株主
  • KISCO株式会社
  • 阪和興業株式会社
  • CBC株式会社
  • 太平洋セメント株式会社
  • 株式会社東芝
  • 前田建設工業株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号セントラルビル8F
事業内容
  • 電力売買事業
  • 発電事業
  • 電源開発事業

業績

イーレックスの業績

出典:イーレックス公式HP

イーレックスの業績ですが、15期目を除いて売上高は右肩上がりに伸びています。また、2014年12月に東証マザーズに株式を上場し、電力市場で注目されていたイーレックスは注目を集めました。

沿革

日短エナジー株式会社として会社を設立し、2000年07月にイーレックスへと社名変更しました。その後、現在の新電力となるまでの沿革を紹介します。

2001年01月 経済産業省へ「特定規模電気事業者」の届出
2004年06月 GCE五井発電所 運用開始
2012年04月 イーレックスニューエナジー株式会社(ENE) 設立
2013年06月 ENE 土佐発電所 運転開始
2014年07月 イーレックスニューエナジー佐伯株式会社(ENE佐伯) 設立
2014年12月 東京証券取引所マザーズ市場に上場

2012年から新会社の設立、独自の発電所運転開始など、上場に向けた動きなのか急激に事業拡大をしているようにも感じます。事業投資を相当しているはずなので、家庭向けの小売全面自由化が本格化してからが生き残りの勝負となるでしょう。

イーレックスの対象エリア

2001年1月から大口向けに電力販売を開始し、これまでに販売地域の拡大を順次行ってきたので、他の新電力と比較してもカバーしているエリアは広いはずなので確認してみましょう。

カバーエリアは5電力管区

イーレックスが電力を販売しているエリアは、2015年10月に開始された関西電力管区を含めて「5電力管区」となっています。今後もエリアの拡大をしていくと思いますが、現在でも販売可能な管区のみお伝えしておきます。

  1. 東京電力管区
  2. 九州電力管区
  3. 東北電力管区
  4. 中部電力管区
  5. 関西電力管区

 

対応していないエリアもいくつかありますが、特に北海道エリアに対応している新電力は少ないように思います。電力を供給してくれる電力会社の影響でしょうが、家庭向けの自由化では対応となる可能性もあるので、申込みされる前に再度確認するのをおすすめします。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

ENEOSでんきやミツウロコでんきなど、対象の電力会社に乗り換えでもれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれますよ。

電気の乗り換えには申し込みから1ヶ月程度かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

イーレックスの料金プラン

公式HPで掲載されている情報をそのままお伝えしています。よって情報の更新が間に合わない場合があるので、申込み前には必ずその時の最新情報を確認してください。

東北エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 30A 972.00円
40A 1296.00円
50A 1620.00円
60A 1944.00円
電力量単価 1~120kWh 18.24円
121kWh~300kWh 24.77円
300kWh~ 27.60円

関東エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 10A 279.40円
15A 419.10円
20A 558.80円
30A 838.20円
40A 1117.60円
50A 1397.00円
60A 1676.40円
電力量単価 1~120kWh 19.35円
121kWh~300kWh 24.36円
300kWh~ 27.24円

中部エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 10A 278.27円
15A 417.41円
20A 556.54円
30A 834.81円
40A 1113.08円
50A 1391.35円
60A 1669.62円
電力量単価 1~120kWh 20.60円
121kWh~300kWh 24.08円
300kWh~ 25.59円

近畿エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 1kVAにつき 369.36円
電力量単価 1~120kWh 20.47円
121kWh~300kWh 21.04円
300kWh~ 24.08円

中国エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 1kVAにつき 387.61円
電力量単価 1~120kWh 17.70円
121kWh~300kWh 23.21円
300kWh~ 23.48円

九州エリアの基本料金・電力量単価

基本料金 10A
15A
20A
30A 871.29円
40A 1161.72円
50A 1452.15円
60A 1742.58円
電力量単価 1~120kWh 17.13円
121kWh~300kWh 22.18円
300kWh~ 23.27円

各エリアでの「従量電灯B」の料金プランを紹介しましたが、今の電気代よりは安くなりそうです。地域によって多少バラつきがあるので、申込み前にはしっかり確認しましょう。

切り替えをおすすめする人

  • 初期費用・解約違約金がないのが良い
  • 単身者及び世帯数が少ない人

各エリアの料金を他社と比較しましたが、世帯数が多いより単身者など少ない方がお得な新電力となるかもしれません。ただ、地域によってはそこまで安くできない可能性もあるので、他社との比較は必ず行いましょう。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円、いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて1年経ちますが、これまで特にトラブルもなく、毎月1,000円ほど安くなりとても満足しています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

料金プランも本当にシンプルなので複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

新電力に不安を感じている人は多いですが、まずは1ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻すということもできます(無料で戻せます)。

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスですよ。

▼下記窓口の画面右上の「お申し込み」からLooopでんきの申し込みができます。
まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

まとめ

現在、イーレックスは企業向けなどの電力販売が中心ですが、小売全面自由化で家庭向けの販売となっても、それなりの市場シェアは獲得するはずです。

ただ、これまではBtoBで行ってきたのが、これからはBtoCとなり販売手法を変えていく必要があります。そこで大きく変わるのは料金プランの設定、キャッシュバックキャンペーンの実施など、他社より優位な新電力となれるのか?今後の動きに注目していきましょう。

評価:2.48 - 25件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

イーレックスの料金・会社概要について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。