たくさん使うほどお得に!ミツウロコでんきの料金比較や口コミ・評判!【一人暮らしは注意】

評価:3.18 - 87件の票数

ちびまる子ちゃんのCMでおなじみミツウロコ。

結論から言うと、ミツウロコでんきが向いているのは電気をたくさん使う人です。

逆に使用量が少ない方は他にもっと向いている新電力があるので、具体的なシミュレーションも含めながらおすすめの新電力を紹介しています。

そのほかのメリット・デメリットや口コミ・評判についてもまとめているので、ミツウロコでんきを検討中の方はぜひご覧ください。

電気の乗り換えは6月中がチャンス‼

●電気代が上がる夏までに乗り換えるラストチャンス
●乗り換えは早ければ早いほどお得
●6月限定でもれなく3,000円キャッシュバックを実施中!

電気の乗り換えは今がチャンスです!!

電気が実際に切り替わるまでは、申込みから1ヵ月程度かかります。

エアコンなどで電気代が上がる夏までに切り替えるには、6月中の申し込みがラストチャンスなんです。

さらに、6月中に下記窓口で対象の電力会社に申し込めばもれなく3,000円キャッシュバックが受け取れます!

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる機会はほとんどありません。

キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じ。

電気使用量が増える夏までに、お得に乗り換えましょう!

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

ミツウロコでんきへの切り替えでこれだけ安くなる!

電力会社の切り替えで一番気になるのは、「どれくらい安くなるか」だと思います。

従来の電力会社からミツウロコでんきに切り替えるとどれくらい安くなるのか、一人暮らし~五人家族の使用ケースを挙げてシミュレーションしてみました。

・従来の電力会社の料金
・ミツウロコでんきの従量電灯プランの料金
・ミツウロコでんきのシングル応援プランの料金

以上を一覧表にまとめているので、ご自身のエリアのみタップ/クリックでご覧ください。

()内の数字は従来の電力会社との差額です。

北海道電力エリアのシミュレーションを見る

北海道電力エリア

使用量北海道電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
4,720円4,756円
(+36円)
4,707円
(-13円)
2人暮らし
30A
300kWh
9,251円8,849円
(-402円)
9,143円
(-108円)
3人家族
40A
450kWh
14,592円13,655円
(-937円)
14,210円
(-382円)
4人家族
40A
550kWh
17,929円16,636円
(-1,293円)
17,365円
(-564円)
5人家族
50A
700kWh
23,269円21,443円
(-1,826円)
22,433円
(-836円)

使用量が少ない方がミツウロコでんきの従量電灯を契約してしまうと割高になってしまいますが、五人家族のケースではひと月1,826円も安くなる計算になりました。

北海道電力は電気料金が高いので、その分削減額も大きくなりますね。

ミツウロコでんきの従量電灯とシングル応援プランではこれだけ割引額が異なるので、使用量が多い方がシングル応援プランを契約してしまうとかなりもったいないです。

事前に必ずシミュレーションをしておきましょう。

北海道電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
北海道電力



10A334.80円
(±0円)
334.80円
(±0円)
334.80円
15A502.20円
(±0円)
502.20円
(±0円)
502.20円
20A669.60円
(±0円)
669.60円
(±0円)
669.60円
30A1,004.40円
(±0円)
1,004.40円
(±0円)
1,004.40円
40A1,339.20円
(±0円)
1,339.20円
(±0円)
1,339.20円
50A1,674.00円
(±0円)
1,674.00円
(±0円)
1,674.00円
60A2,008.80円
(±0円)
2,008.80円
(±0円)
2,008.80円



~120kWh24.54円
(+1円)
23.54円
(±0円)
23.54円
120~28026.90円
(-2.82円)
29.27円
(-0.45円)
29.72円
280~29.81円
(-3.56円)
31.55円
(-1.82円)
33.37円

閉じる

東北電力エリアのシミュレーションを見る

東北電力エリア

使用量東北電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
3,906円4,084円
(+178円)
3,895円
(-11円)
2人暮らし
30A
300kWh
7,637円7,504円
(-133円)
7,570円
(-67円)
3人家族
40A
450kWh
12,273円11,775円
(-498円)
11,977円
(-296円)
4人家族
40A
550kWh
15,148円14,406円
(-742円)
14,699円
(-449円)
5人家族
50A
700kWh
19,785円18,676円
(-1,109円)
19,106円
(-679円)

一人暮らしのケースでミツウロコでんきの従量電灯を契約してしまうと、かなり割高になってしまうのが分かりますね。

電気料金が10,000円を超えるくらいの使用量の方であれば、しっかりとお得感を実感できると思います。

東北電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
東北電力



10A324.00円
(±0円)
324.00円
(±0円)
324.00円
15A486.00円
(±0円)
486.00円
(±0円)
486.00円
20A648.00円
(±0円)
648.00円
(±0円)
648.00円
30A972.00円
(±0円)
972.00円
(±0円)
972.00円
40A1,296.00円
(±0円)
1,296.00円
(±0円)
1,296.00円
50A1,620.00円
(±0円)
1,620.00円
(±0円)
1,620.00円
60A1,944.00円
(±0円)
1,944.00円
(±0円)
1,944.00円



~120kWh20.24円
(+2円)
18.24円
(±0円)
18.24円
120~28022.80円
(-2.07円)
24.50円
(-0.37円)
24.87円
280~26.31円
(-2.44円)
27.22円
(-1.53円)
28.75円

閉じる

東京電力エリアのシミュレーションを見る

東京電力エリア

使用量東京電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
3,964円3,953円
(+128円)
3,953円
(-11円)
2人暮らし
30A
300kWh
7,864円7,487円
(-377円)
7,794円
(-70円)
3人家族
40A
450kWh
12,648円11,554円
(-1,094円)
12,338円
(-310円)
4人家族
40A
550kWh
15,650円14,078円
(-1,572円)
15,180円
(-470円)
5人家族
50A
700kWh
20,434円18,145円
(-2,289円)
19,724円
(-710円)

五人家族のケースでは、東京電力が全国で一番割引額が大きい結果となっています。

電気料金が10,000円を超えるような家庭では、かなりしっかりとお得感を実感できるはずです。

使用量が少ない方が従量電灯を契約してしまうと割高になってしまうことがあるので、事前のシミュレーションは必ずしておきましょう。

東京電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
東京電力



10A280.80円
(±0円)
280.80円
(±0円)
280.80円
15A421.20円
(±0円)
421.20円
(±0円)
421.20円
20A561.60円
(±0円)
561.60円
(±0円)
561.60円
30A842.40円
(±0円)
842.40円
(±0円)
842.40円
40A1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
50A1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
60A1,684.80円
(±0円)
1,684.80円
(±0円)
1,684.80円



~120kWh21.43円
(+1.91円)
19.52円
(±0円)
19.52円
120~28022.63円
(-3.37円)
25.61円
(-0.39円)
26.00円
280~25.24円
(-4.78円)
28.42円
(-1.6円)
30.02円

閉じる

中部電力エリアのシミュレーションを見る

中部電力エリア

使用量中部電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
4,076円4,253円
(+177円)
4,064円
(-12円)
2人暮らし
30A
300kWh
7,838円7,698円
(-140円)
7,768円
(-70円)
3人家族
40A
450kWh
12,314円11,807円
(-507円)
12,013円
(-301円)
4人家族
40A
550kWh
15,111円14,359円
(-752円)
14,656円
(-455円)
5人家族
50A
700kWh
19,588円18,468円
(-1,120円)
18,901円
(-687円)

一人暮らしのケースで従量電灯を契約してしまうと割高になってしまうことがありますが、それ以外は基本的に中部電力より安くなります。

電気料金が12,000円を超えるような使用量の方であれば、しっかりとお得感を実感できると思います。

中部電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
中部電力



10A280.80円
(±0円)
280.80円
(±0円)
280.80円
15A421.20円
(±0円)
421.20円
(±0円)
421.20円
20A561.60円
(±0円)
561.60円
(±0円)
561.60円
30A842.40円
(±0円)
842.40円
(±0円)
842.40円
40A1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
(±0円)
1,123.20円
50A1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
(±0円)
1,404.00円
60A1,684.80円
(±0円)
1,684.80円
(±0円)
1,684.80円



~120kWh22.68円
(+2円)
20.68円
(±0円)
20.68円
120~28022.97円
(-2.11円)
24.69円
(-0.39円)
25.08円
280~25.52円
(-2.45円)
26.43円
(-1.54円)
27.97円

閉じる

北陸電力エリアのシミュレーションを見る

北陸電力エリア

使用量北陸電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
3,455円3,535円
(+80円)
3,445円
(-10円)
2人暮らし
30A
300kWh
6,654円6,535円
(-119円)
6,595円
(-59円)
3人家族
40A
450kWh
10,345円9,919円
(-426円)
10,093円
(-252円)
4人家族
40A
550kWh
12,647円12,017円
(-630円)
12,267円
(-380円)
5人家族
50A
700kWh
16,337円15,402円
(-935円)
15,766円
(-571円)

北陸電力はそもそもの電気料金が安いので、割引額としては他エリアと比べてそこまで大きくありません。

とはいえ、使用量の多い家庭であれば1,000円近く削減をすることができます。

使用量が少ない方が従量電灯を契約してしまうと逆に高くなってしまうので気を付けましょう。

北陸電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
北陸電力



10A237.60円
(±0円)
237.60円
(±0円)
237.60円
15A356.40円
(±0円)
356.40円
(±0円)
356.40円
20A475.20円
(±0円)
475.20円
(±0円)
475.20円
30A712.80円
(±0円)
712.80円
(±0円)
712.80円
40A950.40円
(±0円)
950.40円
(±0円)
950.40円
50A1,188.00円
(±0円)
1,188.00円
(±0円)
1,188.00円
60A1,425.60円
(±0円)
1,425.60円
(±0円)
1,425.60円



~120kWh18.52円
(+1円)
17.52円
(±0円)
17.52円
120~28020.00円
(-1.33円)
21.00円
(-0.33円)
21.33円
280~20.98円
(-2.04円)
21.74円
(-1.28円)
23.02円

閉じる

関西電力エリアのシミュレーションを見る

関西電力エリア

使用量関西電力
従量電灯A
ミツウロコ
従量電灯A
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
150kWh
3,189円3,329円
(+140円)
3,178円
(-11円)
2人暮らし
300kWh
6,988円6,912円
(-76円)
6,922円
(-66円)
3人家族
450kWh
11,302円10,700円
(-602円)
11,035円
(-267円)
4人家族
550kWh
14,178円13,225円
(-953円)
13,777円
(-401円)
5人家族
700kWh
18,492円17,012円
(-1,480円)
17,890円
(-602円)

使用量が少ない方が従量電灯プランを契約するとこのように割高になってしまいます。

300kWh以上使う方であれば、シングル応援プランよりも従量電灯プランの方がお得になります。

関西電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

 使用量ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
関西電力



~15kWh334.82円
(±0円)
327.65円
(-7.17円)
334.82円



15~12021.76円
(+1.81円)
19.95円
(±0円)
19.95円
120~28023.89円
(-1.44円)
24.96円
(-0.37円)
25.33円
280~25.25円
(-3.51円)
27.42円
(-1.34円)
28.76円

閉じる

中国電力エリアのシミュレーションを見る

中国電力エリア

使用量中国電力
従量電灯A
ミツウロコ
従量電灯A
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
150kWh
3,282円3,407円
(+125円)
3,270円
(-12円)
2人暮らし
300kWh
7,326円7,026円
(-300円)
7,255円
(-71円)
3人家族
450kWh
11,682円10,890円
(-792円)
11,368円
(-314円)
4人家族
550kWh
14,586円13,466円
(-1,120円)
14,110円
(-476円)
5人家族
700kWh
18,942円17,330円
(-1,612円)
18,223円
(-719円)

中国電力エリアも比較的割引額が大きいエリアですね。

五人家族のケースでは1,612円もお得になる計算になりました。

使用量が少ない方はプラン選びを間違えるとこのように割高になってしまうので、必ず契約前にシミュレーションをするようにしましょう。

中国電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

 使用量ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
中国電力



~15kWh331.23円
(±0円)
331.23円
(±0円)
331.23円



15~12022.40円
(+2円)
20.40円
(±0円)
20.40円
120~28024.13円
(-2.83円)
26.57円
(-0.39円)
26.96円
280~25.76円
(-3.28円)
27.42円
(-1.62円)
29.04円

閉じる

四国電力エリアのシミュレーションを見る

四国電力エリア

使用量四国電力
従量電灯A
ミツウロコ
従量電灯A
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
150kWh
3,378円3,537円
(+159円)
3,367円
(-11円)
2人暮らし
300kWh
7,353円7,215円
(-138円)
7,283円
(-70円)
3人家族
450kWh
11,846円11,312円
(-534円)
11,528円
(-318円)
4人家族
550kWh
14,841円14,043円
(-798円)
14,358円
(-483円)
5人家族
700kWh
19,333円18,139円
(-1,194円)
18,603円
(-730円)

一人暮らしのケースは、従量電灯プランを選ぶとかなり高くなってしまうことがわかりますね。

また、使用量が多い方がシングル応援プランを契約するのもかなりもったいないので、しっかりとシミュレーションをした上で申し込むといいでしょう。

四国電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

 使用量ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
四国電力



~11kWh403.92円
(±0円)
403.92円
(±0円)
403.92円



11~12022.00円
(+2円)
20.00円
(±0円)
20.00円
120~28024.52円
(-1.98円)
26.11円
(-0.39円)
26.50円
280~27.31円
(-2.64円)
28.30円
(-1.65円)
29.95円

閉じる

九州電力エリアのシミュレーションを見る

九州電力エリア

使用量九州電力
従量電灯B
ミツウロコ
従量電灯B
ミツウロコ
シングル
1人暮らし
30A
150kWh
3,610円3,747円
(+137円)
3,599円
(-11円)
2人暮らし
30A
300kWh
7,006円6,635円
(-371円)
6,942円
(-64円)
3人家族
40A
450kWh
11,135円10,363円
(-772円)
10,862円
(-273円)
4人家族
40A
550kWh
13,693円12,654円
(-1,039円)
13,281円
(-412円)
5人家族
50A
700kWh
17,822円16,382円
(-1,440円)
17,201円
(-621円)

従量電灯プランは、四人・五人家族の使用量では月1,000円を超える削減になります。

使用量が少ない方が従量電灯プランを契約してしまうと逆に電気料金が高くなってしまうので、必ず事前に実際の使用量でシミュレーションをしてから申し込むようにしましょう。

九州電力エリアの料金単価

念のため料金単価一覧表もまとめておきました。

興味のある方はご覧ください。

  ミツウロコ
従量電灯
ミツウロコ
シングル
九州電力



10A291.60円
(±0円)
291.60円
(±0円)
291.60円
15A437.40円
(±0円)
437.40円
(±0円)
437.40円
20A583.20円
(±0円)
583.20円
(±0円)
583.20円
30A874.80円
(±0円)
874.80円
(±0円)
874.80円
40A1,166.40円
(±0円)
1,166.40円
(±0円)
1,166.40円
50A1,458.00円
(±0円)
1,458.00円
(±0円)
1,458.00円
60A1,749.60円
(±0円)
1,749.60円
(±0円)
1,749.60円



~120kWh19.13円
(+1.99円)
17.13円
(-0.01円)
17.14円
120~28019.25円
(-3.39円)
22.29円
(-0.35円)
22.64円
280~22.91円
(-2.67円)
24.19円
(-1.39円)
25.58円

閉じる

ミツウロコでんきは使用量が多い方に特におすすめ

エリアによって削減額は異なりますが、共通して言えることは以下の2つです。

・使用量が多い方ほどお得になる
・使用量が少ない方が従量電灯プランを契約すると割高になることがある

毎月の電気料金が10,000円を超えるような方は、かなりミツウロコでんきに向いていると言えます。

キャッシュバックをもらえる窓口から申し込んでさらにお得に

電気代の削減と同じくらい大事なのがキャッシュバックです。

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえることはめったにありませんが、下記窓口でミツウロコでんきを申し込むともれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

このシミュレーションでミツウロコでんきの料金の安さに魅力を感じた方は、キャッシュバックをもらってさらにお得にしちゃいましょう。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

使用量が少ない方におすすめの新電力の紹介

シミュレーションを見て「自分の使用量だとあまりお得にならないな……」と思った方もいるでしょう。

シングル応援プランは従来の電力会社よりも割高になることはないですが、電気料金が大幅に安くなるということもありません。

正直言って、使用量が少ない方はミツウロコでんき以外の新電力を選んだ方がいいです。

というわけで、使用量が少ない方におすすめの新電力を紹介します!

おすすめはLooopでんきとHTBエナジー

一口に使用量が少ないと言っても色々だと思うので、「Looopでんき」と「HTBエナジー」の2つの新電力をおすすめしておきます。

・ミツウロコでんきシングル応援プラン
・HTBエナジー従量電灯B5
・Looopでんきおうちプラン

東京電力エリアを例にこの3つのプランで比較したので、まずはシミュレーション結果をご覧ください。

使用量ミツウロコ
シングル
HTBLooop
30A
50kWh
1,818円
(±0円)
1,723円
(-95円)
1,300円
(-518円)
30A
80kWh
2,404円
(±0円)
2,277円
(-127円)
2,080円
(-324円)
30A
100kWh
2,794円
(±0円)
2,646円
(-148円)
2,600円
(-194円)
30A
120kWh
3,184円
(±0円)
3,015円
(-169円)
3,120円
(-64円)
30A
150kWh
3,953円
(-11円)
3,754円
(-210円)
3,900円
(-64円)

圧倒的な差があるのがわかりますね。

100kWhまではLooopでんき、120kWh以上はHTBエナジーが一番安いという結果になりました。

新電力では一人暮らしだとほとんど安くならないというイメージがあるかもしれませんが、特に使用量が少ない方はLooopでんきでかなり安くすることができます。

自分の使用量に合った電力会社を選べば、ちゃんとお得になるんですよ。

一人暮らしの方におすすめの電力会社ランキングもご覧ください!
『【2019年最新】一人暮らしにおすすめの新電力会社の選び方!電気料金が安い【10社比較】』

とはいえ、まずは実際の使用量でシミュレーションをしてみることが大切です。

下記窓口では、自分の使用量に合った最適な新電力・プランを提案してくれますし、申し込みをすればもれなく3,000円のキャッシュバックがもらえるというかなりお得な特典があります。

強引な営業などもないので、まずはシミュレーションがてら一度相談してみることをおすすめします。

シミュレーションしてみよう

自分がどれくらいお得になるかは、実際の使用量でシミュレーションして確かめましょう!

シミュレーションは比較サイトではなくこちらの窓口がおすすめです。
●純粋な電気料金だけで計算!
●余計なポイント還元分などは含まない
●多くの電力会社と比べられる
●希望すればそのまま申込みもできる!

正確さとオペレーターの対応の良さが評判で、2019年6月現在当サイトで最も選ばれている窓口です。

下記窓口の 『エリアチェック』に入力で、正確なシミュレーションをしてみましょう。

ミツウロコでんきの7つのメリット

続いて、ミツウロコでんきにどんなメリットがあるかを見ていきましょう。

人によってはメリットにならないものもあるので、「自分にとってメリットになるかどうか」ということを確認しながら読んでみてください。

使用量に合わせてプランが選べる

多くの新電力にはプランは1種類しかなく、使用量が少ないと割高になってしまうことが多いです。

しかしミツウロコでんきには使用量が多めの方向けの「従量電灯」と使用量が少なめの方向けの「シングル応援プラン」があるので、より自分に合ったプランを選べるということです。

先程のシミュレーションでもわかったように、使用量によって自分に合ったプランを選ぶことはとても大切なこと。

使用量に合わせて複数のプランがある新電力はそう多くないので、この点はミツウロコでんきの強みと言えるでしょう。

プロパンガスとのセット割がある

ミツウロコは電気以外にもプロパンガスの販売事業もしています。

電気とガスをセットで契約することで、毎月のガス料金が200円割引になります。

とはいえ、ミツウロコガスを利用していない方がセット割のためにわざわざミツウロコガスに乗り換えることはあまりおすすめしません。

あくまで現在ミツウロコガスを利用していて契約をまとめたい方のための特典程度に思っておいた方がいいです。

解約金が0円

ミツウロコでんきは解約する際に解約金・違約金がかかりません。

いつでも無料で解約できるので、気軽に申し込むことができます。

同様に解約金がかからない新電力は多くあるのでミツウロコでんきだけのメリットというわけでもありませんが、解約金の心配をしなくていいのは楽ですよね。

使用量をグラフで確認できる

ミツウロコでんきの公式サイトから契約者ページにログインすると、毎月の電気使用量がWEB上で確認できます。

こういったサービスは他の新電力でもよくあるのでミツウロコでんきだけのメリットと言うわけではありませんが、個人的には紙媒体よりも楽ですし、管理も楽なのでおすすめです。

駆け付けサービスがある

東京・中部・関西電力エリアにお住まいの方限定で、電気のトラブルに駆け付けてくれるサービスを提供しており、60分以内の作業であれば無料で対応してくれます。

もちろん何もないのが一番ですが、いざと言うときに頼れるサポートがあるのは嬉しいですね。

ただ、同様のサービスは他の新電力の多くで実施しているのでミツウロコでんき独自のメリットというわけではありません。

問い合わせ先

電話番号:0120-995-007(東京)/0120-553-507(中部・関西)
受付時間:24時間365日

再生可能エネルギーを多く利用している

ミツウロコでんきの特長として、再生可能エネルギーを多く利用しているという点も挙げられます。

2017年度の電源構成は、FIT電気を含む再生可能エネルギーでの発電が全体の35%を占めています。

再生可能エネルギーを多く利用している新電力は電気料金が割高になるケースも少なくないですが、ミツウロコでんきは安さとエコを両立している新電力と言えるでしょう。

もれなく3,000円キャッシュバックがもらえる

下記窓口からミツウロコでんきを申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックを受け取れます!

電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどないので、かなりお得なチャンスです。

また、下記窓口でエリアチェックというフォームに入力をすると、自分にぴったりな電力会社を提案してくれます。

「本当にミツウロコでんきが合っているのかわからない」

「ミツウロコでんき以外よりお得になる電力会社があれば知りたい」

という方は、こちらの窓口で一度相談してみることをおすすめします。

まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

ミツウロコでんきの3つのデメリット

もちろんメリットの裏にはデメリットもあります。

契約してから後悔することのないよう、必ず目を通しておいてください。

プラン選びを間違えると損をする

ミツウロコでんきには主に2つのプランがありますが、先程のシミュレーションでわかったように、プラン選びを間違えてしまうと割高になってしまうことがあります。

一人暮らしなど電気をあまり使わない方が使用量が多い方向けの「従量電灯」を契約してしまうと、逆に割高になってしまうので、契約前には自分の使用量でシミュレーションをしてみることが大切です。

使用量が少ないとほとんどお得にならない

使用量が少ない方向けに「シングル応援プラン」はありますが、割高になることこそないものの、大幅に安くなるということもありません。

先程LooopでんきとHTBエナジーとの比較でもはっきりと数字に表れていましたね。

使用量が少ない方はミツウロコ電気ではなく、上記2つの新電力がおすすめです。

オール電化向けのプランがない

残念ながら、オール電化の家庭向けのプランはありません。

オール電化の方が無理に契約をしてしまうと、大幅に電気料金が高くなってしまう可能性があります。

これはミツウロコでんきに限らず多くの新電力でも共通しているので、ミツウロコでんきだけのデメリットではないということは理解しておいてください。

ミツウロコでんきの口コミ・評判はあまりない

実際の利用者の声も契約前にチェックしておきたい情報の一つ。

ですが、ネット上にはミツウロコでんきの口コミはほとんど見つかりませんでした。

利用者が少ないのかネットに書くほどの特筆すべき点がないのか……

CMも放映しているミツウロコなので、ちょっと意外でした。

今後は見つけ次第追加していきますが、まずは現状で投稿されていたツイートをご覧ください。

年間で6,000円の削減!

年間6,000円程度の削減ということは、ひと月あたり平均で500円程度ですね。

この方はおそらく使用量がそこまで多くないかと思いますが、先程シミュレーションしたように使用量が多ければかなりお得になります。

もちろんエリアによってもことなるので、まずは実際にシミュレーションをしてみることが大切です。

明細の確認が簡単

契約者ページでの使用量の確認が簡単という声も見つかりました。

マイページにログインして使用量や明細を確認できる新電力は他にもありますが、実際に使用した方が満足していると安心感がありますね。

電気使用量をこまめにチェックすることで、節約意識も高まります。

反原発の方にも支持されている

ミツウロコでんきは原発反対派の方からも支持されています。

こういった形で自分の意思表明ができることも電力自由化のメリットの一つと言えるでしょう。

おまけ:プロパンガスが高い!

ミツウロコでんきの口コミではありませんが、ミツウロコのプロパンガスの料金が高いという声が多数見つかりました。

プロパンガスは都市ガスと違いそもそもの料金が高く、さらに料金もガス会社が自由に決められるというシステムのため、契約時よりも値上げされてしまうことがあります。

プロパンガスの料金を都市ガスレベルまで安くすることはまず無理なので、ある程度は妥協する必要がありそうです。

ミツウロコでんきの基本情報

申し込み方法や支払い方法など、事前に知っておきたい基本情報をまとめました。

申し込み方法はWEBのみ

ミツウロコでんきでは、人件費削減のためにWEBのみで申し込みが完結する方法をとっています。

電話や書面での申し込みはできないので注意しましょう。

賃貸マンション・アパートでも契約できる

賃貸のマンションやアパートでも申し込むことができますが、建物で一括受電をしている場合には契約できません。

基本的に自分で電力会社と契約していれば大丈夫ですが、心配であれば大家さんに一度確認してみるといいでしょう。

支払い方法は口座振替・クレジット・振込用紙の3通り

支払い方法は、口座振替・クレジットカード払い・振込用紙のいずれかを選択することができます。

振込用紙での支払いには別途振込手数料がかかるので注意しましょう。

利用可能なクレジットカード

VISA、JCB、MasterCard、AmericanExpress、Diners

乗り換え時の解約連絡は不要

ミツウロコでんきへ乗り換える際に、現在利用している電力会社へ解約の連絡をする必要はありません。

代わりにミツウロコでんきが解約手続きをしてくれます。

スマートメーターの設置工事は無料

ミツウロコでんきを利用するにあたり、電気のメーターを従来のアナログメーターから「スマートメーター」という新しいメーターに変更することになります(既にスマートメーターが設置されている方は工事は不要です)。

設置工事は原則無料でやってもらえますが、立ち会いが必要かどうか、停電が起こるかどうかはエリアや環境によって異なります。

不安な方は事前に確認しておきましょう。

明細は基本的にWEBで確認

使用量や請求額の確認は基本的に契約者ページにログインして見ることになります。

紙の明細は発行されないので注意しましょう。

新築の戸建ては契約できない

新築の戸建てで電気が通っていない状態から契約をすることはできません。

まずは一度地域の電力会社と契約した上でミツウロコでんきへ申し込むという流れになります。

電気の質はこれまでと変わらない

ミツウロコでんきへ切り替えることで電気の質が落ちる心配をしている方もいるかもしれませんが、自宅に供給される電気は既存の電力会社と同じです。

停電しやすくなったり電気が弱くなるということもないので、安心して契約できます。

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

まとめ

ミツウロコでんきは使用量が多い方ほどお得になるので、現時点で電気料金が10,000円を超えているような方には間違いなくおすすめです。

ただし、使用量によってはミツウロコでんきではなくLooopでんきやHTBエナジーなどの新電力の方が向いているので、事前のシミュレーションは必須です!

今回紹介したおすすめの窓口ではミツウロコでんきの申し込みだけでなく、最適な新電力のプランを提案してくれるなどのサポートもしてくれます。

申し込みをすればもれなく3,000円のキャッシュバックももらえますし、ミツウロコでんきに決めた方も、まだ迷っている方も、まずは一度シミュレーションがてら相談してみることをおすすめします。

評価:3.18 - 87件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)