みんな電力の評判まとめ!ファミリー世帯が喜ぶ料金プランがスゴイ!

(未評価)

新電力の中でも、再生エネルギーの比率の高さが日本トップクラスの「みんな電力」。

ファミリー世帯に優しい料金が魅力的で、年間でみると5,000円~10,000円安くなります。

提供エリアは、東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、九州電力エリアになります。

ファミリー世帯で電気代を安くしたい方はオススメの新電力会社です。

●みんな電力料金プラン
●既存電力会社とみんな電力の料金比較
●みんな電力の口コミ・評判
●みんな電力のお得な特典

などの気になる情報をまとめてみました。


お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

ファミリー世帯に優しい料金プラン

月額の電気代が10,000円以上超えるようなファミリー世帯(3人以上)の方は、みんな電力に乗り換えると電気代が安くなります。

東京電力とみんな電力の料金を比較してみました。

参考にご覧ください。

●基本料金

 東京電力みんな電力
10A280.80円640.40円
15A421.20円710.60円
20A561.60円780.80円
30A842.4円921.20円
40A1,123.20円1061.6円
50A1,404円1,202円
60A1,684.80円1,342.40円

東京電力とみんな電力は、契約アンペア数が増えることに基本料金が上がるしくみになっています。

両社を比較しますと、40A以上からみんな電力の方が基本料金が安くなります。

●従量料金

東京電力~120kWh120~300kWh300kWh~
10A~60A19.52円26.00円30.02円
みんな電力~120kWh120~300kWh300kWh~
10A~60A24.54円24.54円24.54円

従量料金は、電気使用量が120kwhまでだと東京電力の方が安くなりますが、

120kwh以上使用する場合は、みんな電力の方が料金単価が一律になっていますので、使用量が増えれば増えるほどお得になります。

電気使用量が多いファミリ世帯の方などには嬉しい料金設定になります。

料金表をだけ見てもイメージしづらいと思いますので、ここでは、ファミリー世帯(3人~4人)方の電気料金と電気使用量を例にしていきます。

ファミリー世帯(3人~4人)が少し多めの使用量500kwh

具体的にどのくらい安くなるのかシュミレーションをしてみたので、参考にご覧ください。

40A契約、500kwh使用の場合

●東京電量の場合、月額料金が14,149円

●みんな電力の場合、月額料金が13,331円

結果、みんな電力の方が818円も安くなります。年間で見たら9,816円も浮くことになります。

結論、月額の電気代が10,000円以上超えるファミリ世帯方などは、既存の電力会社よりも電気代が安くなります。

※ちなみに私の実家がみんな電力に乗り換えました※

私の実家では、東京電力の従量電灯Bの40A契約で、電気使用量が月に400kwh使用していました。

東京電力の時は、月額料金が1,1143円でした。

みんな電力に乗り換えたら、月額料金が10,877円になりました。

なんと、266円も安くなり、年間だと3,192円も浮くことになりました。

既存電力会社とみんな電力の料金比較

従量電灯B(一般家庭)の40Aの契約で電気使用量が500kwh

3人~4人世帯の電気使用量(多め)のシュミレーションを参考にしてください。

東京電力からみんな電力に乗り換えた場合

東京電力の場合、電気料金が月額14,149円になります。

みんな電力の場合、電気料金が月額13,331円になり、なんと818円も安くなります。

年間だと9,816円も浮くことになります。

従量電灯B東京電力みんな電力
基本料金40A1,123.20円1,061.6円
従量料金0〜120kwh19.52円24.54円
120kwh〜300kwh26.00円
300kwh~
30.02円
お支払い金額14,149円13,331円

東北電力からみんな電力に乗り換えた場合

東北電力の場合、電気料金が月額13,711円になります。

みんな電力の場合、電気料金が月額13,391円になり、なんと320円も安くなります。

年間だと3,840円も浮くことになります。

従量電灯B東北電力みんな電力
基本料金40A1,296.00円1,191.2円
従量料金0〜120kwh18.24円24.40円
120kwh〜300kwh24.87円
300kwh~28.75円
お支払い金額13,711円13,391円

中部電力からみんな電力に乗り換えた場合

中部電力の場合、電気料金が月額13,713円になります。

みんな電力の場合、電気料金が月額13,631円になり、82円も安くなります。

年間だと984円も浮くことになります。

従量電灯B中部電力みんな電力
基本料金40A1,123.20円996.8円
従量料金0〜120kwh20.68円25.27円
120kwh〜300kwh25.08円
300kwh~27.97円
お支払い金額13,713円13,631円

九州電力からみんな電力に乗り換えた場合

九州電力の場合、電気料金が月額12,414円になります。

みんな電力の場合、電気料金が月額11,926円になり、なんと488円も安くなります。

年間5,856円も浮くことになります。

従量電灯B九州電力みんな電力
基本料金40A1,166.40円1,061.6円
従量料金0〜120kwh17.14円21.73円
120kwh〜300kwh22.64円
300kwh~25.58円
お支払い金額12,414円11,926円

関西電力からみんな電力に乗り換えた場合

関西電力の場合、電気料金が月額12,740円になります。

みんな電力の場合、電気料金が月額11,597円になり、なんと1,143円も安くなります。

年間13,716円も浮くことになります。

従量電灯A関西電力みんな電力
従量料金0~15kwh334.82円662円
15kwh〜120kwh19.95円21.87円
120kwh〜300kwh25.33円
300kwh~28.76円
お支払い金額12,740円11,597円

既存電力会社とみんな電力の月額の電気代を比較すると、

明らかにみんな電力の方が電気代が安くなることがお分かりいただけると思います。

こんな方は割高になる

普段の電気代が3,000円程度の一人暮らし方などは、みんな電力に乗り換えると割高になります。

たとえば、一人暮らしの世帯の方で、東京電力の従量電灯B(一般家庭)の30A契約で、電気使用量128kwhの場合、
月額の支払料金が3,392円かかります。

この条件で、みんな電力に乗り換えた場合、月額の支払料金が4,062円になります。

そうすると、月額の支払料金が670円も高くなってしまいます。

結論、毎月の電気使用量が少ない一人暮らしの方などは、料金が今よ上がってしまうので、みんな電力はオススメできません。

セット割やポイントサービスがない

今や顧客を増やすためにさまざまなセット割引やポイントサービスがありますが、

みんな電力にはセット割引やポイントサービスありません。

料金が既存の電力会社より、安くなるのはいいですが、なんか物足りないと感じる方もいらっしゃると思います。

他の新電力会社を見てみると、

エネオス電気の場合は、ガソリン代の割引

HTBエナジーの場合は、旅行代金の割引

ソフトバンクでんきの場合、Tポイントがつく

などのお得なセット割やポイントサービスが用意されているので、

みんな電力もセット割やポイントサービスなどがあったら人気も急速すると思います。

みんな電力の基本情報

みんな電力の基本情報をまとめてみました。

みんな電力とは

みんな電力は、2011年に東京都世田谷区に設立された新電力。

主に再生エネルギーを発電したFIT電気(太陽光)を主体にしている電力会社です。

電力会社名みんな電力株式会社
住所東京都世田谷区池尻2-4-5世田谷ものづくり学校210教室
ホームページURLhttps://minden.co.jp/
電話番号TEL:03-6805-4624
お問い合わせ先03-6277-5441
受付時間 平日10:00 - 18:00

みんな電力には、電力の生産者と消費者がつながるマーケットが存在します。

それが「顔の見えるでんき」といいます。

「顔の見えるでんき」とは、電力の生産者と消費者が直接つながれること。

独自の発電所の特色やこだわりといった「発電所の顔」を消費者にホームページで紹介しています。

つまり、どこで、だれが、どんな形で電気を生産しているのか把握できます。

ご自身でみんな電力に契約されている発電所を選ぶことができ、

さらにご自分の電気代で生産者を応援できる仕組みになっています。

応援する方法は、1ヵ月に1か所、好きな発電所を選ぶことができ、

「応援」するという形で、ご自身の月額の電気代から100円が応援金として自動的に発電所に支払われます。

このサービスは電気代を使うだけで、発電所事業者への金銭的支援ができるしくみになっています。

供給エリア

東京電力(離島を除く)、東北電力、中部電力、九州電力、関西電力エリアになっています。

マイページで確認できること

マイページから毎日の使用状況が確認できます。

ご契約者様の登録情報(メールアドレス、クレジットカードなど)の参照と変更と、
電気ご使用量、請求金額が確認できます。

「顔の見えるでんき」発電所の一覧、現在もしくは翌月応援する発電所の確認ができます。

契約期間について

契約期間は、供給開始から1年契約になり、それ以降は自動更新。

解約金について

みんな電力は、契約解除料は一切かかりません。ただ違約金がかかる電力会社もあるので、それに比べたらみんな電力は良心的ですね。

集合住宅でも契約できるのか?

集合住宅(マンション・アパート)でも契約は可能ですが、
現在、電力会社と直接契約されていれば、ご契約可能です。

ただ、集合住宅にお住まいで、電気料金を管理組合などにお支払いしている方は、

契約の対象外になってしまいますので、よく管理組合等にご確認してください。

スマートメーターの工事費用はかかるの?

設置費用は原則無料
毎月の検針業務の自動化や電気使用状況を確認する為に
スマートメーターといった電力量計の設置が必要になります。

切り替えの期間について

お申し込み後、次回検針日(お客様宅ごとに異なる電気の使用量を調べる日で、月に一度検針があります)での切替を基本とし、切替日が確定するとメールで通知連絡が来ます。

お礼の品がもらえる

発電所事業者を応援することでお礼の品ががもらえます。

お礼の品については、例えば、発電所事業者が農家になる場合もあり、
その農家で作られた美味しいお米がもらえたりするそうです。

各発電所事業者を応援することで、他にも地域の特産やギフト券などがもらえ、

今話題のふるさと納税の感覚で考えてもらえればわかりやすいと思います。

さらに、ホームページには、抽選で有名アーティストのライブへご招待してもらえる特典もあります。

みんな電力の口コミ・評判

実際に利用者の口コミや評判が気になると思いますので、
参考にご覧ください。

口コミが少なかったので、随時更新していきます。

申し込みについて

WEBのみでのお申込みになります。

申し込み方法

こちらのサイトからお申し込みできます。

必要なもの

  • 検針票
  • 最新の電気使用量のお知らせ(検針票)をご用意ください。
    お申し込みには、最新の電気ご使用量のお知らせ(検針票)などに記載の、

    電力会社のお客さま番号供給地点特定番号が必要となります。
    ご不明の場合は、電力会社にお問い合わせてください。

  • クレジットカード
  • お支払方法がクレジットカードのみになります。

  • スマホ
  • スマホ操作で簡単にみんな電力に切り換えられます。

    電気の乗り換えは6月中がチャンス‼

    ●電気代が上がる夏までに乗り換えるラストチャンス
    ●乗り換えは早ければ早いほどお得
    ●6月限定でもれなく3,000円キャッシュバックを実施中!

    電気の乗り換えは今がチャンスです!!

    電気が実際に切り替わるまでは、申込みから1ヵ月程度かかります。

    エアコンなどで電気代が上がる夏までに切り替えるには、6月中の申し込みがラストチャンスなんです。

    さらに、6月中に下記窓口で対象の電力会社に申し込めばもれなく3,000円キャッシュバックが受け取れます!

    電気の切り替えでキャッシュバックがもらえる機会はほとんどありません。

    キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じ。

    電気使用量が増える夏までに、お得に乗り換えましょう!

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    まとめ

    ●みんな電力は、ファミリー世帯には優しい料金設定だと思います。

    月額の料金で見たら「そんなに安くない?」と思う方がいると思いますが

    年間で見たら「あ、こんなに浮くのね」と驚くと思います。

    ●ファミリー世帯の方で、毎月の支払額を抑えたい方は、みんな電力をオススメしますが、セット割やポイントサービスが欲しい方にはオススメできません。

    ●毎月の電気使用量がすくない方には、みんな電力はオススメできません。

    理由は、既存の電力会社の支払額よりも高くなってしまいます。

    ●自ら発電所選んで電力を購入してみたい方や電気代を支払って特産物やギフト券などの特典が欲しい方にはオススメです。

    (未評価)

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)