エルピオでんきとあしたでんきを比較!どっちがお得かは地域で変わる!

電気料金が安い新電力として評判のエルピオでんきとあしたでんき。

数ある電力会社の中でも業界最安水準の2社ですが、より安くなるのはどちらなのか気になりますよね。

結論を言うと、どちらがお得になるかは住んでいる地域で変わります。地域によってはさらに契約している内容によってもどちらがお得かが変わってきます。

具体的な料金のシミュレーションも踏まえて、エリア別にわかりやすく比較結果をまとめました。

この記事を読めば、あなたがエルピオでんきとあしたでんきのどちらを契約したら良いかがかわかります。

徹底比較!どっちがお得かは地域で変わる

エルピオでんきとあしたでんき、それぞれの地域でどちらがより安くなるか?結論をまとめるとこうなります。
地域
より安いのは?
関東エリア
中部エリア
30A・60A契約の人
あしたでんき
40A・50A契約の人
エルピオでんき
東北エリア
30A・40A契約の人
あしたでんき
50A・60A契約の人
エルピオでんき
関西エリア
あしたでんき
中国エリア
九州エリア
エルピオでんき

関東・中部・東北エリアでは契約アンペアで変わる

関東エリア(東京電力エリア)・中部エリア・東北エリアでは、現在契約しているアンペア数によってどちらがお得になるかが変わります。
①関東・中部エリア

30アンペア・60アンペア契約の人
⇒あしたでんき

40アンペア・50アンペア契約の人
⇒エルピオでんき

②東北エリア

30アンペア・40アンペア契約の人
⇒あしたでんき

50アンペア・60アンペア契約の人
⇒エルピオでんき

アンペア(A)とは電気を一度に流せる容量のようなもので、一緒に暮らす人数が多いほど大きなアンペアで契約している傾向があります。

自分の家が何アンペアで契約しているかは毎月届く検針票(料金明細)に書いてありますが、単身世帯や夫婦二人暮らしでは30A、家族と一緒に暮らす一軒家では40A~60Aが一般的です。

①関東・中部エリア

関東・中部地方では、30Aおよび60Aで契約している人はあしたでんき、40Aおよび50Aで契約している人はエルピオでんきがそれぞれお得になります。

実際にどちらがどれくらいお得になるのか?を分かりやすくイメージするために、それぞれのアンペアで平均的な電気の使用量(kwh)を想定して料金を比較してみました。
※1か月の電気代で計算。()内は差額です。
 エルピオでんきあしたでんき
30A/120kwh
(1~2人世帯)
3,394円3,120円
(-274円)
40A/300kwh
(3人世帯)
7,493円
(-307円)
7,800円
50A/500kwh
(4~5人世帯)
12,920円
(-80円)
13,000円
60A/600kwh
(大家族)
15,730円15,600円
(-130円)
ご覧の通り、それぞれのアンペアでよりお得になる電力会社が変わりました。

なぜこうした結果になるのかは、両社のプランを確認すると分かります。

あしたでんきの最大の特徴は基本料金が0円ということ。基本料金とは電気の契約自体にかかる料金で、契約しているアンペアが大きいほど料金が高く設定されています。

つまり60Aなど基本料金が高い人は、あしたでんきの基本料金0円で大きな節約が期待できるということ。

一方のエルピオでんきには基本料金はありますが、電気の使用料自体があしたでんきよりかなり安く設定されているため、40Aや50Aの場合では基本料金がかからないあしたでんきをも上回る安さになるのです。

なお、30A契約であしたでんきの方が安くなるのは単純にエルピオでんきの30A契約者向けのプランがかなり高いからです。
(エルピオでんきは30A契約者に専用のプランを用意していますが、このプランは割高になってしまうのです。)

②東北エリア

東北エリアでは、30Aおよび40A契約の人はあしたでんき、50Aおよび60Aで契約している人はエルピオでんきがよりお得です。
 エルピオでんきあしたでんき
30A/120kwh
(1~2人世帯)
3,553円3,120円
(-433円)
40A/300kwh
(3人世帯)
7,963円7,800円
(-163円)
50A/500kwh
(4~5人世帯)
12,957円
(-43円)
13,000円
60A/600kwh
(大家族)
15,549円
(-51円)
15,600円
30A・40Aではあしたでんきが安く、50A・60Aでは若干ではありますがエルピオでんきの方が安くなります。

つまり、東北エリアでは電気をあまり使わない場合はあしたでんき、たくさん使う場合はエルピオでんきがお得というすみ分けになります。

実は東北エリアのあしたでんきの料金は、関東エリアや中部エリアのあしたでんきの料金と全く同じ。一方でエルピオでんきは自社の他のエリアと違う価格を設定しています。

こうした料金設定の違いから、関東・中部エリアとは違った結果になったのです。
★関東・中部・東北エリアまとめ

関東エリア
⇒30A・60Aは「あしたでんき」
⇒40A・50Aは「エルピオでんき」

中部エリア
⇒30A・60Aは「あしたでんき」
⇒40A・50Aは「エルピオでんき」

東北エリア
⇒30A・40Aは「あしたでんき」
⇒50A・60Aは「エルピオでんき」

エルピオでんきは「スタンダードプランS」、あしたでんきは「標準プラン」がそれぞれ最もお得になるおすすめプランです。

関西エリアではあしたでんきが安い

関西エリアでは、どんな家族構成や生活スタイル、電気の使用量であっても必ずエルピオでんきよりあしたでんきの方が安くなります。

実は関西エリアでは、あしたでんきだけでなくエルピオでんきも基本料金0円のプランとなっています。

つまり、共に基本料金が存在しないため両社の違いは電気の使用料単価の差だけになりますが、あしたでんきの方が0.2円単価が安く設定されているため、どんな使用量でも必ずあしたでんきが安くなるのです。

0.2円というのは単価の話なので、電気をたくさん使えば使うほど差は広がります。
 差額
30A/120kwh
(1~2人世帯)
-24円
40A/300kwh
(3人世帯)
-60円
50A/500kwh
(4~5人世帯)
-100円
60A/600kwh
(大家族)
-120円
そこまで大きな差額にはなりませんが、絶対にあしたでんきの方が安くなるので関西の方はあしたでんきがおすすめです。
あしたでんきは「標準プラン」が最もお得になるおすすめプランです。

中国・九州エリアではエルピオでんきが安い

中国・九州エリアでは、どんな電気の使用料であっても必ずあしたでんきよりエルピオでんきの方が安くなります。

中国エリア、九州エリアでも関西と同様にあしたでんき、エルピオでんき両社とも基本料金0円のプランになっていますが、このエリアでは使用量の単価がエルピオでんきの方が安く設定されています。

中国エリア
⇒単価が0.42円安い

九州エリア
⇒単価が0.09円安い

単価自体がエルピオでんきの方が安いので、どんな電気使用量でも必ずエルピオでんきが安くなります。

中国・九州エリアの方はエルピオでんきがおすすめです。
エルピオでんきは「使った分だけSプラン」が最もお得になるおすすめプランです。

エルピオでんきとあしたでんきの特徴をおさらい

料金について比較してきましたが、ここでそれぞれの電力会社の特徴をおさらいしておきます。

エルピオでんきの特徴

エルピオでんきは千葉県のLPガス会社が立ち上げた新電力で、現在では東北、東京、中部、関西、中国、四国、九州の7エリアで電気を供給しています。

各エリアごとにプランの名称や特徴が異なり、東京エリアに限っては9つもプランが用意されています。

しかし、それぞれのエリアで最もお得に利用できるおすすめプランは決まっており、先ほどの料金比較においてはそれぞれの最適プランで計算しています。

契約者にはマイページが発行され、電気の使用量をグラフで見れたり、電気代の確認ができたりします。

エルピオでんきは契約期間の縛りや解約違約金、初期費用などは一切ないので、気になったら気軽に試すことができます。

ちなみに、東京電力エリア限定で停電やコンセントの故障などの電気トラブルに無料で対応してくれる「駆けつけサービス」が利用できます。

あしたでんきの特徴

あしたでんきは東京電力グループが立ち上げた新電力で、電気の供給エリアは関東だけでなく東北、中部、関西、中国、九州の6つのエリアで展開しています。

基本料金0円+使った分だけ支払えばいいシンプルな料金プラン(標準プラン)が人気です。

一方で電気代が20,000円を超えるようなたくさん使う方向けに「たっぷりプラン」というプランも用意していますが、こちらは基本料金が3,000円するので、あまり使い勝手がいいプランとは言えません。ほとんどの方はこの記事のシミュレーションでも利用している「標準プラン」が良いでしょう。

電気の使用料や電気代はマイページからいつでも確認できること、契約期間の縛りや解約金、初期費用が一切かからないことはエルピオでんきと同じです。

ただ、あしたでんきには無料の駆けつけサービスなどはありません。

エルピオでんきとあしたでんきの申し込み方法

エルピオでんきとあしたでんきの申し込み方法や入会キャンペーン情報をお伝えします。

エルピオでんきの申し込み方法・キャンペーン情報

▼申し込み方法

エルピオでんきの申し込み方法は①公式サイト②電話③ガス営業所の3通りがあります。

★必要なもの
・検針票(料金明細書)
・クレジットカード情報または口座情報

公式サイトなら5分程度で申し込みが完了するので手っ取り早く申し込めておすすめです。

申し込みが完了したのち、現在の電力会社の解約やスマートメーターの取付(未設置者のみ。費用無料/立ち合い不要)が行われますが、これらはエルピオでんき側が行ってくれるので契約者は何もする必要はありません。

スマートメーターが既に設置されている方は申し込みから約2週間後、新たに設置した場合は設置後の最初の検針日からエルピオでんきに切り替わります。

▼キャンペーン情報

エルピオでんきでは、12月末までの限定で最大20,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施しています。

★キャンペーン期間
2019年10月1日~12月31日

※キャンペーン終了まで残り僅かです!

★キャンペーン対象者
キャンペーン期間中にエルピオでんきを新規で契約した方

※11ヵ月後の支払いを確認した後に、Amazonギフト券が発送されます。10か月未満で解約した場合、ギフト券は受け取れないので注意してください。

★キャンペーン内容
Amazonギフト券を最大20,000円分プレゼント

金額は契約アンペアによって変わります。

30A:3,000円分
40A:6,000円分
50A:8,000円分
60A:10,000円分
7KVA以上:20,000円分

※関西、中国、四国エリアの方はアンペア契約ではないため、標準家庭では一律6,000円、7kVA以上では20,000円になります。

電気を使う人ほどお得!エルピオでんき

エルピオでんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

おすすめ理由
●業界最安水準!とにかく安い
●年間30,000円以上の節約も可能
●電気をたくさん使う人ほど安くなる
●初期費用0円
●解約金・違約金0円

初期費用や解約金もかからないので、気になる方はお試し感覚で申し込んでもOKですよ。

さらに今なら、Amazonギフト券最大20,000円分プレゼントキャンペーン中!

12月限定のキャンペーンなので、検討中の方は1日でも早い申し込みをおすすめします。

あしたでんきの申し込み方法・キャンペーン情報

▼申し込み方法

あしたでんきの申し込みは公式サイトのみです。

★必要なもの
・検針票(料金明細書)
・クレジットカード情報

申し込み完了後は現在の電力会社の解約やスマートメーターの取付(未設置者のみ。費用無料/立ち合い不要)が行われますが、これらはあしたでんき側が行ってくれるので契約者は何もする必要はありません。

WEBからの申し込みから2週間~1ヵ月程度で、あしたでんきに切り替わります。

▼キャンペーン情報

あしたでんきでは、現在Amazonギフト券4000円分プレゼントキャンペーンを実施しています。

★キャンペーン期間
2019年12月7日~12月27日

★キャンペーン対象者
キャンペーン期間中にあしたでんきでんきを新規で契約した方

※契約してからおよそ4ヶ月後にアマゾンからギフトコードが届きます。

★キャンペーン内容
Amazonギフト4,000円分プレゼント

基本料金0円!あしたでんき

あしたでんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・基本料金0円!使った分だけお支払い
・最安水準!年30,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

契約期間の縛りや解約金がないだけでなく、東京電力のグループ企業という信頼感も安心して利用できるポイントです。

電気の乗り換えは遅くなるほど損なので、1日でも早い乗り換えをおすすめします。

さらに今ならAmazonギフト券4,000円分プレゼント実施中!

12月27日までの期間限定なので、お早めの申し込みをおすすめします。

キャンペーン実施中!あしたでんきを試してみる

まとめ

エルピオでんきとあしたでんきを比較してきました。

エリアによってどちらがお得になるかが変わるので、この記事をしっかり読んでよりお得な方と契約していただけたら私も嬉しいです。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ