Looopでんき解約方法!知っておきたい注意点まとめ

(未評価)

2019/04/18

Looopでんきの解約ってどうすればいいの?解約金ってかかるの?などで悩んでいる方に対して、ここではLooopでんきの解約方法や解約金の有無など紹介しています。

他にも解約の際に起り得る問題や知っておきたい注意点についてまとめたのでご覧ください。

無料の相談窓口

お得な新電力をお探しなら、こちらの窓口でご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

強引な勧誘などは一切なし!もちろん相談だけで契約しなくて大丈夫です。

新電力のプロのアドバイスをもらえるので、ぜひこちらの窓口から相談してみましょう。

※ちなみにここの窓口にある電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

お得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

Looopでんきの解約方法

場合によっては解約方法が違いますので、自身の解約状況と照らし合わせて見てくださいね。

Looopでんきから別の電力会社に切り替える場合

切り替えた先の電力会社が解約の手続きをするので、自身でLooopでんきに解約の連絡をする必要はないです。

これはLooopでんきに限ったことではなく、他の新電力であっても同じです。今後、定期的に電気の切り替えを考えている方は覚えてた方がいいですね。

ちなみに切り替えは、手続き上の関係で約2週間かかり、そこから次回の検針日から切り替わることになっています。

引越しによる解約

引越しなどでLooopでんきを解約する場合は、下記の番号に連絡し、解約する旨を伝える必要があります。

0120-707-454(年中無休9:00~20:00)

ただ忘れてはいけない注意点としては、「引越しの10日前に連絡すること」です。

手続き方法

転居日が決まったら、引越しの10日前にLooopでんきに連絡して、転居する日を伝えてください。

これで手続きは完了いたします。

以下のことに注意してください。

一度伝えた転居日を変更することが出来ません。
万が一引っ越しにトラブル合った場合は、指定された転居日に合わせて供給停止することになっています。

その場合は、Looopでんきが相談に乗ってくれますが、すぐに供給することが難しいので、地域の電力会社(東京電力)などに自身で契約をすることになります。

なので、転居日が決まりましたら早めに連絡するように心がけましょう。

解約金や違約金はかからない

Looopでんきは、原則1年ごとの自動更新になっていますが、いつ解約しても解約金・違約金は発生しないので安心してください。

解約後の流れ

解約申し込み後は、前回の検針日から最終使用日までの電気代が日割りで請求され、登録したクレジットカードで清算したらおわりです。

引っ越し先でLooopでんきと再契約する場合

ちなみに引っ越し先でLooopでんきと再契約する場合、引越し先が新築の場合と新築ではない場合で手続きが異なります。

引越し先が新築の場合

手続き方法

引っ越しの10日前までに下記の番号に連絡し、現在の住まいでの契約を解約する必要があります。

0120-707-454(年中無休9:00~20:00)

新築の場合は、電力の供給先を特定する番号「供給地点特定番号」がないので、まず地域の大手電力会社に申し込みをして供給地点特定番号を取得してからLooopでんきのホームページから再度契約してください。

つまり、引っ越し先で東京電力など地域の電力会社と契約し、電気の供給が始まってからLooopでんきを申し込むことになります。

※電気の供給が開始しないと供給地点特定番号は発行されませんので注意してください。

ちなみに東京電力の検針票の場合だと左上に記載されているのが供給地点特定番号(22桁)になります。

こちらです⇓

引越し先が新築じゃない場合

Looopでんきのマイページから簡単に手続きができます。

ご自身のマイページから「お客さまのご契約情報一覧」→「引っ越しする」を選択してもらえば手続きが簡単にできます。

ココだけは押さえておきたい注意点

解約にあたってのココだけは押さえておきたい注意点をまとめました。

即日解約はできない

Looopでんきの解約は、即日解約はできません。

解約の連絡をした日が解約日ではなく、そこからLooopでんき側が解約の手続きを完了したときに完全に解約されたことになります。

最短で2日で手続きが完了します。契約者が解約の連絡をしたときに担当者が手続きには最短で2日かかる旨を伝えることになっています。

ちなみにLooopでんきからの解約完了の通知や連絡はないようです。

切り替え完了までの間に電気が止まることはない

Looopでんき側が切り替え先の電力会社と連携を取ることになるので、切り替わるまでの間に供給が停止することはないです。

必ず引っ越しの10日前までに連絡を!

Looopでんきの契約事項に転居の際は、10日前まで連絡することが記載されています。もし、連絡の期日を守らなかった場合は、何かトラブルが発生したとしても契約者側の自己責任になってしまいます。

なので、スムーズに手続きを済ませるなら必ず10日前までに連絡しましょう。

東京電力への切り替えは手続きが必要になる

Looopでんきから他の新電力に乗り換える場合は、乗り換えた先の電力会社が解約の手続きを行うことになっていますが、東京電力のみ手続きが異なります。

手続き方法

自身で東京電力に契約の申し込みをしてもらうと、東京電力側から切り替え日を指定されるので、その切り替え日を電話でLooopでんきに伝えてください。

そうすればLooopでんきの解約手続きが完了し、東京電力との契約手続きも同時に完了します。

ちなみに電話で手続きが完了しますので、Looopでんきの方からとくに解約手続き完了の通知はないです。

Looopでんき解約後のスマートメーターの撤去はありません

使用していたスマートメーターの撤去作業はないです。切り替えた電力会社でもそのまま使用します。

ちなみに東京電力は2020年までにすべてのお客様にスマートメーターを設置することになっているみたいです。

なので、Looopでんきを契約した際にスマートメーターの工事があったと思いますが、いずれすべての方にスマートメーターを設置することになっているので、早めにするか後々設置するかの違いになりますので覚えておきましょう。

※スマートメーターは、原則工事は無料です。
地域の電力会社が交換工事を行います。破損や場所の移動などの場合は、別途料金がかかる場合があります。

おすすめの新電力情報

Looopでんき解約後に新電力の乗り換えに迷っている方は、下記の記事からおすすめの新電力の情報を見ることができます。料金やサービス、評判などを比較して総合的におすすめの新電力会社をランキング形式でまとめあるので参考にご覧ください。

無料の相談窓口

お得な新電力をお探しなら、こちらの窓口でご相談がおススメです。

お見積りやシミュレーションを通して、無料であなたにあった電力会社を探してくれます。

電気代を節約する秘訣や、安くする方法もアドバイスしてくれます。

電力会社には直接聞きにくいことや、契約の注意点なども親身になって教えてくれますよ。

強引な勧誘などは一切なし!もちろん相談だけで契約しなくて大丈夫です。

私もこちらの窓口で相談しましたが、5分程度の電話で解決しました。

新電力のプロのアドバイスをもらえるので、ぜひこちらの窓口から相談してみましょう。

※ちなみにここの窓口にある電力会社に申し込めば、4月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

お得な新電力が見つかったら、ぜひここの窓口から申し込みましょう。

まとめ

Looopでんきの解約方法や解約で発生する問題など確認できたと思います。解約に伴う問題は紹介した以外にもあると思うので、情報を集めることで問題を解決できる可能性もあります。

基本的にわからないことや問題が起きたらLooopでんき コンタクトセンター(0120-707-454)に問い合わせて聞くのが一番いいです。

(未評価)

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)