Looopでんきと東京ガスの電気で迷っている方必見!比較結果まとめ

関東エリアにお住まいの人にはおなじみの東京ガスが電気のサービスを始め、東京ガスのガスと電気をまとめられるようになりました。

また新電力として人気を集めているLooopでんきでもガスのサービスが始まり、Looopでんきの電気とガスをまとめられるようになりました。

この2つの電力会社にはどんな違いがあり、どちらが向いているのでしょうか。

比較した結果、電気代を安くしたいのであればLooopでんきで、サービスの充実さを優先したいなら東京ガスが向いていることが分かりました。

今回は、料金面とメリットとなるサービス面でどのような違いがあるのかを比較してまとめたので、Looopでんきと東京ガスの電気で迷っている人必見です!

Looopでんきと東京ガスの電気とは

2社の基本情報をまとめました。
  • 供給エリア
  • どちらも東京電力エリアが供給エリアになっています。
    (東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東))

  • 支払い方法
  • 東京ガスの電気の場合、口座振替・クレジットカード・振込票による支払い(PayPay LINEPayなどのスマホ払い、コンビニ払い、銀行払い)から選ぶことができますが、Looopでんきの場合はクレジットカード払いのみです。

    Looopでんきも東京ガスの電気も、電力自由化に伴って誕生した新電力です。
    
    関東エリアであれば東京ガスのガスを利用している人も多いと思いますが、東京ガスには電気のサービスもあります。
    
    東京ガスの電気の大きな特徴は、ライフスタイルに合わせて自分に合った料金プランを選べるということ。
    
    さらに東京ガスにはポイント制度があったり安心できるサービスが充実していたりと、大手の会社ならではの特徴もあります。
    
    一方Looopでんきは、家庭向けの料金プランは1つのみです。
    
    しかしその料金プランは、幅広い世帯で電気代が安くなることで評判を集め、現在申し込み件数が18万件を突破しました。
    
    では下で詳しく説明していきます。
    

    Looopでんきの方が東京ガスの電気よりも安い

    まずはLooopでんきと東京ガスの電気の電気代ですが、いくつかの場合でシミュレーションをしてみた結果、Looopでんきの方がお得になりました。
    
    そこでどのくらいお得になるのか、従来の電力会社である東京電力の電気代との年間の差額を計算してみました。
    
    東京ガスには料金プランが2つありますが、使用量に合わせて安くなる方の料金プランで計算してあります。
    
    また東京ガスの電気にもLooopでんきにもまとめることで電気代が安くなるガスとのセット割があるので、セット割を適用させた電気代と東京電力の電気代との年間の差額を計算してまとめました。
    
    電気代のみでガス代は含みません。
    
    ガスとのセット割を考えていないという人でもどちらが安くなるかはセット割を除いても変わらないので、参考にしてみてください。
    
     Looop
    でんき
    東京ガス
    の電気
    1人暮らし
    30A
    100kWh
    2,952円/年
    お得になる
    216円/年
    お得になる
    2人暮らし
    40A
    250kWh
    5,664円/年
    お得になる
    1,944円/年
    お得になる
    3人暮らし
    40A
    450kWh
    14,172円/年
    お得になる
    12,504円/年
    お得になる
    4人暮らし
    50A
    500kWh
    20,352円/年
    お得になる
    15,000円/年
    お得になる
    5人暮らし
    60A
    700kWh
    34,752円/年
    お得になる
    24,984円/年
    お得になる
    このように、全ての世帯でLooopでんきの方がお得になりました。
    
    特に5人暮らしの場合で見ると、東京ガスで電気とガスをまとめるよりもLooopでんきで電気とガスをまとめた方が1万円以上もお得です。
    
    大きな差が出た要因は、Looopでんきの料金プランが「基本料金0円」で「従量料金の単価が一律」なことにあります。
    
  • 基本料金:契約アンペア数で決まる料金
  • 従量料金:電気を使った分だけかかる料金
  • どちらの要因もLooopでんきならではの特徴で、本来なら電気の基本料金が数100円~数1,000円ほどかかっているところが、Looopでんきの場合は全くかかりません。
    
    その分Looopでんきの方がお得になるということです。
    
    また従量料金の単価は電気を使えば使うほど高くなっていきますが、Looopでんきの場合は一律なのでたくさん電気を使うほどLooopの方がお得になっていきます。
    
    東京電力にも東京ガスの電気にもないこの2つの特徴で、Looopでんきは幅広い世帯で電気代を安くすることができるということです。
    
    上の表ではガスとのセット割を適用させた場合で計算してあるので、ガスとのセット割の概要をまとめました。
    
    ガスとのセット割の概要

    【Looopガス】
    エリア:東京ガスの供給エリアで且つ、Looopが定めたエリア
    条件:Looopでんきを契約していること/供給場所と支払い方法が電気とガスで同一であること
    割引:電気代の従量料金の単価が2%割引になる

    【東京ガス】
    エリア:東京ガスの供給エリアで且つ、東京ガスの電気の供給エリア
    条件:「ずっとも電気1s,1,2,3」のどれかの電気プランを契約していること/供給場所と支払い方法が電気とガスで同一であること
    割引:「ずっとも電気1s」は電気料金から0.5%引き/「ずっとも電気1,2,3」は基本料金から275円引き

    冬は1年間で最も電気代とガス代がかさむ時期で、通常と比べて電気もガスも2倍近く使ってしまった!なんてこともよくある話です。
    
    最近は電気とガスをまとめることが主流になってきているので、冬が来る前にLooopで電気とガスをまとめることをおすすめします。
    
    もちろん、電気のみの切り替えでも十分安くすることができるので、まずは電気だけ切り替えてみるのもいいかもしれません。
    

    Looopでんき+ガスで
    電気とガスをまとめてお得!

    「Looopでんき+ガス」で電気代が2%引きになります

    おすすめ理由
    ●現在申し込み件数18万件突破
    ●とにかく電気代・ガス代が安くなる!
    ●年間で2万円以上の節約も可能
    ●基本料金0円
    ●初期費用・解約金0円

    解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

    下記公式サイトからは、申し込み前に実際の使用量でシミュレーションもできて安心ですよ。

    Looopでんき+ガスで冬の高い光熱費を節約しましょう!

    \冬がくる前に切り替えてお得!/

    しかし例外として、Looopでんきや東京ガスの電気に切り替えてもお得にならない場合もあります。
    
  • Looopでんき:契約アンペア数が20A以下の人
  • 特に一人暮らししている人は契約アンペア数が低い場合が多いので、当てはまる人はLooopでんきよりも東京ガスの電気の方がおすすめです。
    
    Looopでんきが安くなるのか東京ガスの電気が安くなるのか分からない、詳しく知りたいという人は、実際に公式サイトからシミュレーションを試してみてください。
    
    もし近くに検針票があるのなら、自分の電気の使用量でどっちがどのくらい安くなるのか正確に分かります。
    
    Looopでんきのシミュレーションは上の「Looopでんき公式サイト」ボタンから、東京ガスの電気のシミュレーションは下の「東京ガスの電気公式サイト」ボタンからできますよ。
    

    Looopでんきより東京ガスの電気の方がサービスが充実している

    上では料金について比較しましたが、東京ガスの電気の方が安心できるサービスが充実しているので、メリットを重視している人は東京ガスの電気の方がおすすめです。
    
    Looopでんきと東京ガスの電気のメリットをまとめました。
    
    【Looopでんき】
    ①アプリで電気の使用状況を確認できる
    ②電気トラブルの際に無料で駆けつけてくれるサービスがある

    【東京ガスの電気】
    ①アプリで電気の使用状況を確認できる
    ②電気とガスのトラブルの際に無料で駆けつけてくれるサービスがある
    ③電気・ガス代からポイントが貯まる
    ⇓東京ガスで電気もガスもまとめると、さらに…
    ④生活まわり駆けつけサービスがある

    Looopでんきの場合は有料のサービスはありませんが、東京ガスの電気のサービスは有料のものもいくつかあります。
    
    東京ガスの電気のサービスには、離れて暮らす家族を見守れるサービスもあるので、心配を抱えている人にはピッタリです。
    
    それぞれ詳しく説明していきます。
    

    どちらも便利なアプリはある

    Looopでんきにも東京ガスの電気にも専用のアプリがあり、電気の使用状況を確認することができます。
    
    東京ガスの電気の場合は電気代や電気の使用量を月ごとにグラフで見れるだけでなく、自分の住んでいる町のスーパーマーケットなどのチラシ情報も見れるので、便利です。
    
    Looopでんきの場合、電気代や電気の使用量を月ごとにグラフで見れるのはもちろん、1日ごとの電気の使用量をその日の気温と併せて見ることができるので、より詳しく分かって節約にも繋がります。
    

    安心サポートは東京ガスの電気の方が豊富

    電気の駆けつけサービスや見守りサービスなどの、安心できるサービスについてそれぞれどのようなサービスを受けられるのかまとめました。
    

    電気の駆けつけサービスはどちらにもある

    電気の駆けつけサービスというのは、「ブレーカーがよく落ちる」「コンセントが焦げ臭い・使えない」といった電気のトラブルの際に、スタッフが駆けつけて原因を調査してくれるといったものです。
    
    このサービスはLooopでんきの場合は全員が対象で、東京ガスの電気の場合は「ずっとも電気1s,1,2,3」を契約している人が対象です。
    
    Looopでんきも東京ガスの電気も、24時間365日で電話を受け付けていて、電気のトラブル際に無料で駆けつけてくれますが、部品交換や特殊作業が必要な場合は内容に合わせて料金がかかります。
    
    それぞれの電気トラブルの問い合わせ先はこちら
    
    Looopでんき:0120-995-007
    東京ガスの電気:0570-002211
    

    東京ガスの電気限定:ガスに関するサポートサービス

    東京ガスでガスを契約してる人であれば、3つの安心なサービスを利用できます。
    
    ①ガス機器トラブルサポート
    お湯が出ない、ガスコンロがつかないなど給湯器やコンロの故障の際に、無料で駆けつけてくれるサービスですが、技術料はかかるので注意しましょう。
     
    ②ガス機器スペシャルサポート(有料)
    毎月500円を支払うことで、様々なガス機器の故障の際に最大3万円までの修理費が無料になり、さらに東京ガスグループでの故障による、買い替え購入代金を最大5万円までサポートしてくれます。
    
    ③くらし見守りサービス(有料)
    「自宅・家族の見守りサービス」では毎月980円の支払いで、鍵の締め忘れや子どもの帰宅をお知らせしてくれます。
    「ガスの見守りサービス」では毎月500円の支払いでガスの止め忘れを知らせてくれて、東京ガス所有のガスメーターを設置されている家庭でれば離れて暮らす家族も見守ることができるので安心です。
    

    東京ガスの電気限定:生活まわり駆けつけサービス

    電気やガスのサポートのみでなく、水回り・玄関カギ・窓ガラスなどの生活面の様々なトラブルの際に駆けつけてくれるサービスがあります。
    
    例えばトイレのつまりや水漏れなどの際に、電話かWebからの問い合わせで対応してくれるというサービスです。
    出張費と30分の作業費が無料になりますが、部品交換や特殊作業費はかかるので覚えておいてください。
    
    電話での問い合わせ先:0570-002-009
    Webからの問い合わせは、東京ガスの公式サイトからできます。
    

    東京ガスはポイント貯まる

    東京ガスでは、電気代とガス代に合わせてパッチョポイントというポイントが貯まります。
    
    電気は「ずっとも電気1s,1,2」を契約すれば電気代1,000円ごとに15ポイント貯まり、ガスは「ずっともガス」を契約すればガス代1,000円ごとに5ポイント貯まります。
    
    このポイントは1ポイント1円で楽天ポイントやTポイントなどに交換できたり、東京ガスのWebショップでのお買物に使えたりして便利です。
    
    しかし、電気代とガス代に充てることはできません。
    

    Looopでんきと東京ガスの電気の申し込みから供給まで

    ここまで料金やメリットについて比較してきましたが、申し込み方法はどちらもとてもシンプルです。
    
    前の電力会社に解約の連絡を入れなくてもLooopでんきや東京ガスが解約の手続きをしてくれますし、申し込み後に必要な手続きもないので、電力会社を初めて切り替える人でも簡単に申し込むことができます。
    
    また切り替える家にスマートメーターという機械が設置されていない場合は、設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで出来るので安心してくださいね。
    

    Looopでんきの申し込みから供給まで

    Looopでんきへの申し込み方法はWEBからのみで、下記の手順になります。
    
    ①電気の検針票と支払い用のクレジットカードを用意する
    
    ②ガスも併せて申し込みたい人はガスの検針票も用意する
    
    ③公式サイトから必要事項を入力して申し込む
    ※引っ越しと同時に申し込みたい人は「お引っ越し先で、Looopでんきのご契約を新たに申し込まれる場合」ボタンから申し込むことができます。
    
    LooopでんきとLooopガスのセット割に申し込みたい場合は、まずLooopでんきへの申し込みが完了してからとなります。
    
    Looopガスも電気と同じように難しい手続きは必要なく、WEBからの申し込みで切り替えが完了します。
    
    申し込みが問題なく完了すれば、約2週間後にマイページとハガキで電気の供給開始日のお知らせがきて、供給開始日になれば乗り換え完了です。
    
    検針日に合わせて切り替わり、申し込みから供給までは1~2ヵ月程度かかります。
    
    ガスの供給開始日は申し込み日以降の検針日の翌日か、その次の検針日の翌日のどちらかです。
    
    \電気もガスもお得になるのはLooop!/

    東京ガスの電気の申し込みから供給まで

    東京ガスの電気への申し込み方法WEBからできて、下記の手順になります。
    
    ①電気の検針票と支払い用のクレジットカードを用意する
    
    ②ガスも併せて申し込みたい人はガスの検針票も用意する
    
    ③公式サイトから必要事項を入力して申し込む
    ※引っ越しと同時に申し込みたい人は「お引っ越しを伴うお申し込み」ボタンから申し込むことができます。
    
    申し込みが問題なく完了すれば「電気の契約内容のお知らせ」ハガキが届き、申し込みから供給までは1~2ヵ月程度です。
    
    該当するプランであればガスとのセット割もちゃんと適用されます。
    
    また東京ガスではお得なキャンペーンも実施中です。
    
    「ずっとも電気1s,1,2,3」という電気のプランに新規で申し込んだ人が対象のキャンペーンが2つあります。
    
    1つ目は上記の条件を満たして申し込んだ人全員がAmazonギフト券300円×12週分をもらえるものです。
    
    最後まで解約せずに12週もらえば総額は3,600円になります。
    
    2つ目は、1つ目のキャンペーンを12周分全て受け取った人が対象となり、10人に1人Amazonギフト券1万円分が当たるというものです。
    
    どちらも申込み期限は2019/12/23で、2020/3/31までに電気の供給が始まっていることが条件です。
    
    メールにてコードタイプのAmazonギフト券が送られてくるので、Amazonのアカウントを作成しておきましょう。
    
    キャンペーンに特別な申請は必要なく、下記の公式サイトから申し込むだけでOKですよ。
    
    \Amazonギフト券プレゼント中!/

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    
    Looopでんきは、電気代を確実に安くしたい人や特に電気をたくさん使う人にはピッタリです。
    
    逆に電気代よりもポイント制や安心できるサービスが充実していることを優先している人は、独自のサービスが豊富な東京ガスの電気の方が向いているでしょう。
    
    またどちらもガスとのセット割があるので、この機会にどちらかで電気とガスをまとめてしまった方が、セット割が適用されてさらにお得になりますよ!
    【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ