Looopでんきが東京ガス電気よりおすすめな理由!比較結果を大公開

基本料金0円が大好評のLooopでんきと、ガスとのセット割で顧客獲得を狙う東京ガスの電気。

話題に上ることも多いこの二社ですが、実際のところどっちが安いのか?

料金はもちろん、サービスや口コミ・評判などを比較した結果、Looopでんきの方がおすすめという結論に至りました!

現在Looopでんきと東京ガスの電気で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Looopでんきと東京ガスの電気の料金比較

まずは気になる料金の比較からしていきましょう。

Looopでんき「おうちプラン」(Looopでんきの家庭向けプラン)

東京ガスの電気「ずっとも電気1」(使用量が多い方向けのプラン)

東京ガスの電気「ずっとも電気1S」(使用量が少ない方向けのプラン)

上記3プランの料金を比較一覧表にまとめました。

基本料金はLooopでんきが圧倒的に安い

 Looop東京ガス
ずっとも1
東京ガス
ずっとも1S
10A
0円
280.80円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円842.40円
40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円

基本料金というのは契約自体にかかる料金で、契約しているアンペア数によって金額が異なります。

契約アンペアは検針票で確認できますが、多くの方は30A~50A程度で契約しているかと思います。

東京ガスの電気の基本料金は東京電力と全く同じ、つまり基本料金は1円も安くなりません。

一方、Looopでんきは全ての基本料金が0円。

毎月1,000円前後かかっていた基本料金がまるまる無料になります。

これがLooopでんき最大のメリットです。

従量料金単価は使用量によって異なる

Looopでんき
一律26円
東京ガス ずっとも1
1段料金~140kWh23.24円
2段料金140kWh~350kWh23.45円
3段料金350kWh~25.93円
東京ガス ずっとも1S
1段料金~120kWh19.49円
2段料金120kWh~300kWh24.89円
3段料金300kWh~26.99円

従量料金というのは使用した電気にかかる料金で、上記の表に書かれた単価に使用量をかけたものが従量料金となります。

Looopでんきは使用量に関わらず一律の単価ですが、東京ガスは少しややこしいですね。

料金単価の設定が3段階に分かれていて、電気の使用量に応じて単価が変動していく仕組みです。

従量料金単価だけ比較するとLooopでんきの方が高いように見えますが、Looopでんきは基本料金が0円なので結果的にLooopでんきの方が安くなるというケースが多いです。

シミュレーションで比較

では、具体的にどれくらい安くなるかを見ていきましょう。

いくつかの使用例でシミュレーションをしたので、ご自身の使用量に近いものをチェックしてみてください。

東京ガスには電気とガスのセット割があるので、それを適用させた場合とさせない場合両方でシミュレーションしてみました。

オレンジのマーカーが引いてあるところが、最も安い料金になります。

※()内の数字は東京電力との差額です。

東京ガスのセット割を適用させない場合

 Looop東京ガス
ずっとも1S
東京ガス
ずっとも1
東京電力
1人暮らし
30A
150kWh
3,900円
(-64円)
3,927円
(-37円)
4,330円
(+366円)
3,964円
2人暮らし
40A
250kWh
6,500円
(-345円)
6,697円
(-148円)
6,956円
(+111円)
6,845円
3人家族
40A
450kWh
11,700円
(-948円)
11,990円
(-658円)
11,894円
(-754円)
12,648円
4人家族
40A
550kWh
14,300円
(-1,350円)
14,689円
(-961円)
14,487円
(-1,163円)
15,650円
5人家族
50A
700kWh
18,200円
(-2,234円)
19,019円
(-1,415円)
18,657円
(-1,777円)
20,434円

全てのケースでLooopでんきが一番安いという結果になりました。

使用量が多いケースではかなりの金額差がありますね。

この時点で、セット割を適用させずに東京ガスの電気を利用するメリットはほぼないということがわかります。

東京ガスのセット割を適用させた場合

 Looop東京ガス
ずっとも1S
東京ガス
ずっとも1
東京電力
1人暮らし
30A
150kWh
3,900円
(-64円)
3,907円
(-57円)
4,060円
(+96円)
3,964円
2人暮らし
40A
250kWh
6,500円
(-345円)
6,663円
(-182円)
6,686円
(-159円)
6,845円
3人家族
40A
450kWh
11,700円
(-948円)
11,930円
(-718円)
11,624円
(-1,024円)
12,648円
4人家族
40A
550kWh
14,300円
(-1,350円)
14,615円
(-1,035円)
14,217円
(-1,433円)
15,650円
5人家族
50A
700kWh
18,200円
(-2,234円)
18,923円
(-1,511円)
18,387円
(-2,047円)
20,434円

3人家族と4人家族のケースでは東京ガスずっとも電気1の方が安いという結果になりましたが、それ以外のケースではやはりLooopでんきの方が安いです。

セット割を適用させてもLooopでんきの方が安いのはすごいですね。

ちなみに、今回の比較では東京ガスの電気のずっとも1Sプランが一番安くなるケースは一つもありませんでした。

つまり、使用量が少ない方は東京ガスの電気を契約するメリットがほぼないことがわかります。

東京ガスはCMの効果もあり、「電気とガスを東京ガスにまとめる=お得になる」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそれが一番お得になるというわけではないんですね。

また、ガスも自由化されているため、今は東京ガスでも今後ガス会社を変える可能性もあります。

電気とガスをセットにすることにこだわりがない方は、セット割などがなくても単純に安いLooopでんきがおすすめですよ。

\基本料金・解約金・初期費用0円!おすすめはLooopでんき/

Looopでんきと東京ガスの電気のメリット・デメリット比較

Looopでんきと東京ガスの電気、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるかも見ていきましょう。

Looopでんきのメリット・デメリット

Looopでんきのメリット

・基本料金が0円
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・使用量や請求額を無料アプリで見られる
・電話窓口の受付時間が長い

Looopでんきのデメリット

・セット割やポイントサービスがない
・使用量によっては高くなることがある
・支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきのメリット・デメリットについて詳しくはこちらの記事をご覧ください!
『Looopでんきの口コミ・評判がやばい!申し込み前に知るべき全情報【2019年最新】』

東京ガスの電気のメリット・デメリット

東京ガスの電気のメリット

・電気とガスのセット割がある
・ポイントサービスがある
・支払い方法が多い

東京ガスの電気のデメリット

・削減額はそこまで大きくない
・自分に合ったプラン選びが難しい
・使用量が少ない場合はほとんどお得にならない
・セット割の適用には別途申し込みが必要

東京ガスの電気のメリット・デメリットについて詳しくはこちらの記事をご覧ください!
『東京ガスの電気にまとめるメリットと知らないと後悔するデメリット』

Looopでんきと東京ガスの電気の口コミ・評判比較

実際の利用者の口コミ・評判も比較していきましょう。

ツイッターに投稿されていたツイートの一部をまとめたので、参考程度にご覧ください。

Looopでんきの口コミ・評判

年間8,000~9,000円の削減に!

月に700円程度の削減に成功した方の口コミです。

電気はずっと使い続けるものなので、年間で8,000~9,000円であれば十分お得だと言えるでしょう。

切り替えないことには電気料金は安くならないので、まずは一歩踏み出すことが節約への近道ですね。

Looopでんきは解約金が0円なので、実際に利用してみてあまり安くならないと感じたら他の電力会社に乗り換えることも簡単ですよ。

サポートの電話対応が良い

コンタクトセンターの対応が良かったという口コミです。

新電力に限らず、企業の電話対応については悪い評判が目につきがちですが、Looopでんきのコンタクトセンターは悪い口コミがほとんどありません。

それだけ電話対応の教育が行き届いているということでしょう。

私も実際に何度か問い合わせましたが、毎回とても丁寧に対応してもらえました。

アプリで使用量が見られるのが良い

使用量や請求額をWEBではなくアプリで見られる新電力はLooopでんきとauでんきくらいです。

WEBでログインするよりも簡単に見ることができるので、かなり使い勝手がよくおすすめです。

東京電力と比べていくら安くなったかをグラフで見られる機能もあるので見ているだけでも楽しいですし、自然と節約意識が高まりますよ。

東京ガスの電気の口コミ・評判

およそ1割安くなった!

電気料金の削減に喜ぶ方の口コミです。

月1,000円ちょっと安くなったということは、なかなか使用量の多い家庭ですね。

どれくらい安くなるかは電気の使用量によってかなり変わるので、必ず事前にシミュレーションをすることが大切です。

東京ガスの電気は使用量が少ないとほとんどお得にならないので、一人暮らしなど電気使用量の少ない方は注意しましょう。

請求が一つにまとまるのが嬉しい

電気とガスの請求が一つにまとまることに魅力を感じている方も多くいました。

手続きや問い合わせの窓口が一つになるのは確かに便利ですよね。

正直、東京ガスの電気を利用する一番のメリットはここかもしれません。

東京ガスは電気料金だけ見れば他の電力会社の方が安いケースがほとんどなので、請求がまとまることに一番魅力を感じる方にはおすすめです。

営業電話に苦言も

東京ガスからの営業電話がしつこいという口コミは多数見られました。

営業熱心なのはいいですが、あまりにもしつこいと利用者の心は離れる一方ですよね。

実際に営業をかけているのは委託先の代理店だと思いますが、もう少し方針を考え直してほしいところです。

全体的な評判はLooopでんきの方が良い

どちらも口コミの数は多く人気がうかがえますが、内容の全体的な印象としてはLooopでんきの方が評判が良いですね。

東京ガスも評判が悪いというわけではないのですが、料金面で満足している方の口コミが少なく、しつこい営業に対する悪評が多く見られたため、評判面ではLooopでんきに劣ってしまいました。

ただ、私が調べた範囲での話ですし、あくまでネット上の口コミなので参考程度にしてくださいね。

Looopでんきと東京ガスの電気、おすすめなのはこんな人

最後に、Looopでんきと東京ガスの電気の特徴をざっくりまとめます。

 Looop東京ガス
解約金0円0円
セット割なし最大月額270円
ポイントサービスなしパッチョポイント
電気料金1,000円につき
15ポイント
キャッシュバックなしなし
申し込み方法WEBWEB
電話
窓口
支払い方法クレジットクレジット
口座振替
払込票

●Looopでんきがおすすめな人
・とにかく電気料金を安くしたい
・家を空ける時間が長く電気をあまり使わない
・電気料金プランはシンプルな方が好き

●東京ガスの電気がおすすめな人
・電気とガスの請求を一つにまとめたい
・ポイントをためたい
・クレジットカードを持っていない

まとめ

シンプルに電気料金が安いLooopでんきと、電気料金よりも付帯サービスや支払い方法が充実している東京ガスの電気。

二社のサービス内容はかなり対照的と言えます。

電気の乗り換えは「いかに料金が安くなるか」が大切なので、付帯サービスやセット割などがなくでもシンプルに安いLooopでんきがおすすめです。

\基本料金・解約金・初期費用0円!おすすめはLooopでんき/

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Looopでんきと東京ガス電気の料金・評判・サービスの比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。