Looopでんきの評判を調査!料金は本当にお得なの?申し込み・キャンペーン情報も解説

Looopでんきは基本料金・初期費用・解約金0円が評判で絶大な人気を誇る新電力。

昨年の秋からは関東の一部でLooopガスの供給も開始され、電気とガスのセット割も利用できるようになりました。

Looopでんきは安いと言われていますが、本当のところはどうなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、Looopでんきを契約している多くの方の評判を調査し、本当にお得になるのか徹底的に調べました。

結論を言うと、Looopでんきは電気をたくさん使う方ほどお得になる一方、あまり使わない一人暮らしの方にはかえって高くなる可能性があるというデメリットもありました。

また2020年1月から始まった最大8,020円キャッシュバックキャンペーンの情報や、申し込み方法などもわかりやすく解説します。

ちなみに私自身Looopでんきを契約しているので、利用しているから分かる内容もあわせてお話します。

Looopでんきについて知っておきたい全ての情報をまとめました。

Looopでんき(ループ電気)とは

Looopでんき(ループ電気)とは、株式会社Looopが提供する電気のサービスです。

株式会社Looopは2011年設立と若い会社ですが、契約件数は新電力としては異例の18万件を突破しています。

初めにLooopでんきについて概要を紹介します。

▼Looopでんきの特徴・概要

  • 基本料金0円
  • 家庭向けプランは「おうちプラン」のみ
  • 自然エネルギーを多く利用
  • 沖縄・離島を除く全国に展開
  • 新規申し込みキャンペーンを実施中
Looopでんきは基本料金が0円なので、電気を使った分だけ料金を支払えばよい分かりやすさとシンプルさが魅力(再エネ賦課金、燃料費調整額は他社と同額が別途発生します)。

料金プランは2種類のみで、一般家庭は「おうちプラン」、事務所や店舗では「ビジネスプラン」と決まっているためプラン選びに悩む必要もありません。

Looopでんきは自然に優しいエネルギーを推進していて、電源構成の4分の1を自然エネルギーでまかなっています。また電気を発電する際に発生するCO₂の排出量も、大手電力会社や他の新電力に比べて低水準なのも特徴です。

供給エリアは沖縄・離島を除く全国に対応しているので、この記事をご覧のほとんどの方が利用することができますね。

さらに、Looopでんきは新規申し込みで最大8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを期間限定で実施しています。
▼Looopでんきが向いている人
・電気をたくさん使う人(月5,000円~)
・30A以上で契約している人
・別荘や空き家などを持っている人
・ガスとのセット割にしたい人(東京ガスエリア限定)

▼Looopでんきが向いていない人
・30A未満で契約している人
・関西、中国、四国地方の一人暮らしの人
・ポイント特典などが欲しい人
・クレジットカードを持っていない人

評判で発覚!Looopでんきの料金はお得なのか

Looopでんきの料金が本当にお得になるのか?利用者の評判を詳しく調べると以下の3つのことがわかりました。
  1. 電気をたくさん使うほどお得になる
  2. 一人暮らしは高くなる場合もある
  3. 他社と比較してお得と言えるかは、何を求めるかによって変わる
以下では具体的にどれくらい使うといくらお得になるのか、一人暮らしのどんな方が高くなってしまうのか、さらに「楽天でんき」「あしたでんき」というよく比較される電力会社と比べた結果をそれぞれ説明します。

電気をたくさん使うほどお得になる

Looopでんきでんきの評判で最も多いのが、「電気をたくさん使うほどお得になった!」という声です。

こちらの表は、それぞれのエリアごとに従来の電力会社からLooopでんきに切り替えて1年間でどれくらいお得になるのかをシミュレーションしてまとめたものです。
 
1人
20A
90kWh
1~2人
40A
120kWh
3~4人
40A
500kwh
5人~
60A
650kWh
北海道
電力
-2220円-8412円-21744円-38016円
北陸
電力
-2076円-6648円-12756円-22428円
中部
電力
-1104円-6048円-9204円-19836円
九州
電力
-708円-5700円-11352円-23268円
東京
電力
+168円-4332円-14520円-25452円
東北
電力
+516円-4572円-9180円-22284円
関西
電力
+1812円+2544円-21312円-33720円
四国
電力
+2112円+3564円-16668円-27648円
中国
電力
+3600円+4896円-14184円-23532円
このように、Looopでんきは電気の使用量が増えるほどお得になっていくのです。

ここでは特にお得になる額が大きい「東京電力エリア」「北海道電力エリア」「関西電力エリア」の3つのエリアで、地域の電力会社の料金プランと比べながら具体的に説明します。

東京電力エリア

東京電力エリアでは、2人暮らし以上の家庭であれば電気をたくさん使うほど東京電力よりLooopでんきがお得になります。
1ヵ月の電気代東京電力Looopでんき
1人暮らし(極少)
20A/90kWh
2,361円
(-15円)
2,376円
1~2人暮らし
40A/120kWh
3,529円3,168円
(-361円)
3~4人暮らし
40A/500kWh
14,410円13,200円
(-1,210円)
5人以上
60A/650kWh
19,567円17,160円
(-2,407円)
電気をたくさん使うほど東京電力よりLooopでんきが安くなる理由は、両社の料金プランに大きな違いがあるからです。

現在多くの方が契約している東京電力のプランは「従量電灯B」と呼ばれるもので、契約アンペアごとに決められた基本料金と、電気を使った分だけ支払う従量料金の2つから成り立ちます。

基本料金はアンペアが大きくなるほど高くなり、従量料金は使用量によって単価が段階的に上がっていく仕組みになっています。

一方Looopでんきはアンペア数に関わらず基本料金は0円で、従量料金の単価もどれだけ電気を使っても一律です。
  
東京電力
「従量電灯B」
Looopでんき



10A286円



0円
20A572円
30A858円
40A1144円
50A1430円
60A1716円



120kwhまで19.88円

26.4円
120~300kwh26.48円
300kwh以上30.57円
ここから分かるのは、①大きなアンペアで契約している方ほどLooopでんきの基本料金0円による節約効果が多いこと、②電気の使用量が多い人ほど単価の差が開くということ。

つまり、電気の使用量の多い人ほど東京電力からLooopでんきに切り替えてお得になるということなのです。

実際にLooopでんきに切り替えて月1,500円節約できたという方の評判もありました。
夏や冬など電気をたくさん使う季節では特にLooopでんきに乗り換えて節約効果が大きくなるでしょう。

ちなみに東京電力には、従来からのプランである「従量電灯B」の他にも電力自由化以降に登場した「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」などがありますが、2人暮らし以上であればどのプランであってもLooopでんきの方がお得になりますよ。
▼Looopでんき+ガスでさらに安くなる
Looopでんきでは2019年9月30日から、東京ガスのエリアを対象に「Looopガス」の供給を開始しました。東京電力エリア・東京ガスエリアの方であればLooopでんき+ガスのセット割で電気・ガス代をさらに安くすることができます。
ガスとのセット割の概要
・条件:東京ガスの供給エリアでLooopでんきを契約している人
・割引:電気料金がさらに2%安くなる
・支払い方法が1つにまとまる

Looopでんきを利用することが条件で、Looopガス単体での契約はできませんが、Looopでんき+ガスにまとめることで電気代がさらに2%安くなり、またガス代も東京ガスに比べてたくさん使う家庭でお得になります。

平均的な4人家族の電気・ガス使用量では、Looopでんき+東京ガスの場合より「Looopでんき+ガス」にまとめた場合ではさらに年間4,200円の節約になります。

また、同様に電気とガスのセット契約ができる「東京電力の電気・ガスセット」「東京ガスの電気・ガスセット」と比べても最安となるのです。
4人家族の1ヵ月の電気+ガス代
Looopでんき+東京ガス18,822円
Looopでんき+Looopガス18,480円
東京電力の電気+ガスセット19,763円
東京ガスの電気+ガスセット18,916円
今では電気を切り替えるタイミングでガスも切り替えることが主流になりつつあるので、供給エリア内の方はセットで申し込むのもおすすめです。

実際に私もガスとのセット割で契約していますが、12月分の請求では電気代がLooopでんき単体の料金より79.2円の割引となりました。

私のLooopでんき+ガスのセット割での電気代明細

この画像の黄色く囲ってある部分がセット割の料金、右の黄色い下線が割引によって引かれた料金です。

冬の時期は電気代もガス代も1年で最も高くなりますが、Looopでんきのガスとのセット割で少しでも安くなるのはありがたいですね。
Looopでんき+ガスについてはこちらの記事でも詳しく説明しています。
『Looopでんきのガスとのセット割の評判は?料金や体験談を解説!』

北海道電力エリア

北海道電力エリアは全国で最も電気代が高いエリアですが、やはり電気をたくさん使うほどLooopでんきに乗り換えてお得になります。

さらに北海道電力エリアの場合、どんな世帯人数でも電気代を安くすることができ、その節約額も全国で最も大きくなるのが特徴です。
1ヵ月の電気代北海道電力Looopでんき
1人暮らし(極少)
20A/90kWh
2,840円2,655円
(-185円)
1~2人暮らし
40A/120kWh
4,241円3,540円
(-701円)
3~4人暮らし
40A/500kWh
16,562円14,750円
(-1,812円)
5人以上
60A/650kWh
22,343円19,175円
(-3,168円)
使用量が少ない方から多い方まで全員がLooopでんきで安くすることができています。

電気料金が各エリアによって異なるのはその地域までの送電や発電コストに差があるからですが、北海道電力では基本料金、従量料金(電気を使った分だけ支払う料金)ともにかなり高く設定されています。

一方のLooopでんきは基本料金がなく、従量料金の単価も北海道電力に対して低く抑えられているため、北海道エリアでは特に大きな節約が見込めるのです。
  
北海道電力
「従量電灯B」
Looopでんき



10A341円



0円
20A682円
30A1023円
40A1364円
50A1705円
60A2046円



120kwhまで23.98円

29.5円
120~280kwh30.27円
280kwh以上33.99円
北海道電力では従来からの料金プランである「従量電灯B」以外にもポイントが貯まる「エネとくポイントプラン」や定額プランの「エネとくL/Mプラン」などがありますが、いずれのプランも「従量電灯B」とほとんど変わらないのでLooopでんきの方が大幅に安くなります。

北海道電力エリアが特に削減額が大きいことは、北海道でLooopでんきを利用している方にも評判です。
北海道電力エリアでは電気使用量が多い家庭なら月2,000円~3,000円、年間で3万円以上の節約も現実的と言えます。

関西電力エリア

関西エリアでは3人以上の家族など、たくさん電気を使う人ほどお得になります。

特に電気使用量が多い家庭では、北海道に次いで全国で2番目に大きな節約額になります。
1ヵ月の電気代関西電力Looopでんき
1人暮らし(極少)
90kWh
1,865円
(-151円)
2,016円
1~2人暮らし
120kWh
2,474円
(-214円)
2,688円
3~4人暮らし
500kWh
12,976円11,200円
(-1,776円)
5人以上
650kWh
17,370円14,560円
(-2,810円)
3~4人家族では月に1,700円、5人家族では月に3,000円近くも節約することができる計算です。

実は関西電力エリアではそもそも基本料金が存在せず、固定の最低料金がかかる仕組みになっています。Looopでんきの場合、その最低料金が0円になります。

従量料金(電気を使った分だけ支払う料金)は他のエリアと同様、関西電力は単価が段階的に上がっていきますが、Looopでんきは一律です。
  
関西電力
「従量電灯A」
Looopでんき
最低
料金
~15kWh341.02円
0円



15~120kwh20.32円

22.4円
120~300kwh25.80円
300kwh以上29.29円
注目ポイントは300kwh以上使った時の単価の差。関西電力が29円に対してLooopでんきは22円、つまり7円の差になっています。

この差額が大きいため、電気の使用量が増えるほど総額の料金の差も大きくなり、結果的にLooopでんきの方が安くなるということなのです。

夏や冬はエアコンを稼働させるため電気代が1年で最も高くなりますが、そうした季節ほどこちらの評判にあるようにLooopでんきの安さを実感できるでしょう。
3人家族など、電気を一定程度使う方であれば関西電力からLooopでんきに切り替えることで得られる節約効果は特に大きくなります。

一人暮らしは高くなる場合もある

一方で、Looopでんきは一人暮らしの方の中には高くなってしまう場合もあります。

実際に高くなってしまったという評判も。
Looopでんきに乗り換えて高くなる可能性がある一人暮らしの方は、東京電力エリア、東北電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリアの方です。

以下ではこれらのエリアを
  • 東京電力・東北電力エリア
  • 関西電力・中国電力・四国電力エリア
の2つのグループに分けて説明します。

東京電力・東北電力エリア:20A以下だと高くなる可能性がある

東京電力エリア、東北電力エリアでは、10A、15A、20Aで契約している一人暮らしの方はLooopでんきに乗り換えて高くなる可能性があります。

その理由は、これらのアンペアで契約している方は基本料金がそもそも安く、Looopでんきの基本料金0円があまりメリットにならないからです。

さらに、Looopでんきの従量料金の単価は電気をあまり使わない場合は少し高く設定されているので、電気をあまり使わない人は割高になってしまうのです。
例えば1Kやワンルームで暮らしている人などは20A以下で契約しているかもしれません。自宅の契約しているアンペア数は検針票(電気の料金明細)で確認できます。

なお、Looopでんきで高くなってしまう方はそのまま東京電力や東北電力を使い続けるか、ソフトバンク・ワイモバイルの方であればスマホ・ネット回線の数×100円/月安くなる「ソフトバンクでんき」がおすすめです。

関西電力・中国電力・四国電力エリア:月5,000円以下だと高くなる

関西、中国、四国エリアでは、月の電気代が5,000円を下回る方はLooopでんきに乗り換えると確実に高くなってしまいます。

関西、中国、四国では、他のエリアと異なり基本料金が存在しないため、Looopでんきの基本料金0円の恩恵が受けられません。

また、これらのエリアは電気をあまり使わない場合の料金がそもそも安く設定されているので、乗り換えなくでも十分安く電気を利用できていたのです。

月に5,000円以下と言うとおそらく一人暮らしのほとんどの方が該当すると思いますから、関西、中国、四国エリアの一人暮らしの方はLooopでんきに切り替えるのはやめましょう。

これらのエリアの一人暮らしの方の中でソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方がいらっしゃった場合、契約しているスマホ・ネットの回線×100円/月安くなる「ソフトバンクでんき」がお得です。

他社と比較してもお得かはその人次第

従来の電力会社と比較してきましたが、他の新電力と比べた場合にもお得と言えるのでしょうか?

Looopでんきと同じく「基本料金が0円」と「従量料金が一律」で安くなると人気な、楽天でんきとあしたでんきと比較してみました。

結論を言うと、その人が電力会社に何を求めるかによってお得と言えるかが変わります。

楽天でんきと比較:楽天ユーザーなら楽天でんきがお得

電気料金だけを比べた場合、必ずLooopでんきの方が安くなりますが、楽天ユーザーであれば楽天でんきの方がお得と言えます。

どういうことか説明します。

Looopでんきと楽天でんきの料金単価を比べると、Looopでんきの方が単価が0.1円安く設定されているため、電気料金は必ずLooopでんきの方が安くなります。

例えば4人家族で400kwh電気を使用した場合…
Looopでんき:10,560円
楽天でんき:10,600円
⇒40円Looopでんきの方が安い

しかし、楽天でんきでは電気代200円ごとに楽天スーパーポイントを1ポイント貯めることができ、さらに楽天カードで電気代を支払うことで合計200円ごとに3ポイント貯まります。

上の例なら、楽天でんきの10,600円の支払いで159ポイントが貯まることになり、Looopでんきとの電気料金40円の差額を大きく上回るのです。

実際にLooopでんきと楽天でんきを比較して楽天でんきにした方の評判もありました。
楽天経済圏で生活している方には楽天でんきでポイントを貯めたほうがお得という方が多いでしょう。

一方、特に楽天のサービスを利用していないには単純に料金が安いLooopでんきが良いですね。
楽天でんきとLooopでんきについては『Looopでんきと楽天でんきの比較結果!どちらが向いているのか解説』でも詳しく比較しています。

あしたでんきと比較:料金だけならあしたでんきがお得

料金に関して言えば、あしたでんきの方がLooopでんきより単価が安く設定されているのであしたでんきの方が必ずお得になります。

ただ、あしたでんきの方が安くなると言っても1~2人暮らしなら月60円、4人暮らしなら月160円ほどしか変わりません。

そこで料金以外の面についても簡単に比較してみました。
▼Looopでんき
・契約件数が18万件を突破
・ガスとのセット割がある
・アプリを使って電気の使用量や電気代を簡単にチェックできる
・電気のトラブルにかけつけてくれる無料の駆けつけサービスがある
・電源構成のうち1/4で再生可能エネルギーを利用

▼あしたでんき
・契約件数は開示されていない
・電源構成は開示されていない
・ガスとのセット割、アプリ、駆けつけサービスなし
Looopでんきは契約件数が多いだけあり料金以外のサービスやメリットがたくさんありますが、あしたでんきには料金面以外にこれと言ったサービスがありません。

Looopでんきはあしたでんきに比べて、安さ・人気・サービスがバランスよくそろっている電力会社といえるでしょう。

もちろん「料金がとにかく安いところがいい」という人はあしたでんきがおすすめですが、「料金以外の面も気になる」「みんなが申し込んでいるところが安心」という人はLooopでんきがおすすめです。

ちなみに「Looopでんき+Looopガス」のセット割で利用すると、あしたでんきと全く同じ電気代になります。

ガスと電気をセットで申し込むことも視野に入れている人で東京ガスの供給エリアにお住まいの人は、上で紹介している「Looopでんき+Looopガス」のセット割も検討してみてください!
あしたでんきとLooopでんきの比較結果については『Looopでんきとあしたでんきの比較結果!まとめ』で詳しくまとめてあります。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

3月末までの期間限定のキャンペーンなので、検討中の方はこのタイミングで申し込みましょう。

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!

Looopでんきでキャンペーン実施中

Looopでんきでは現在、公式サイト、エネチェンジ、価格.comでそれぞれ期間限定キャンペーンを実施しています!

公式サイト限定!QUOカードPay最大8,020円分プレゼント

Looopでんきの公式サイトでは、「Looopでんき新生活応援キャンペーン」としてQUOカードPay最大8,020円分プレゼントキャンペーンを実施しています。

【キャンペーン内容】
QUOカードPay最大8,020円分プレゼント
詳細
①Looopでんき申し込みでもれなくQUOカードPay 2,020円プレゼント
②Looopガス申し込みでもれなくQUOカードPay 1,000円分プレゼント
③さらに、抽選で5人に1人にQUOカードPay 5,000円分プレゼント

【申し込み期限】
2020年3月31日

【条件】
①Looopでんき「おうちプラン」「ビジネスプラン」「動力プラン」のいずれかにキャンペーン期間中に申し込み、2020年5月末時点で供給開始していること
②Looopガスの「おうちプラン」「ビジネスプラン」のいずれかにキャンペーン期間中に申し込み、2020年5月末時点で供給開始していること
③LooopでんきまたはLooopガスに申し込み、2020年5月末時点で電気またはガスの供給を開始していること

【注意】
・公式サイト以外(エネチェンジや価格.comなど)から申し込んだ方は対象外になります。
・賞品は6月以降、順次メールにて発送されます。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

3月末までの期間限定のキャンペーンなので、検討中の方はこのタイミングで申し込みましょう。

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!


エネチェンジ限定!Amazonギフト券6,100円分プレゼント

エネチェンジからLooopでんき「おうちプラン」に申し込むと、6,100円分のAmazonギフト券がもらえます。

【キャンペーン内容】
Amazonギフト券6,100円分プレゼント

【申し込み期限】
2020/2/17まで

【条件】
・期間内にエネチェンジからLooopでんき「おうちプラン」に申し込むこと
・期間内に切り替え手続きが完了していること

【注意】
・エネチェンジ以外から申し込んだ場合は対象外
・申し込んでから6ヵ月以内に解約した場合は対象外
・特典案内メールを受け取ってから90日以内に特典を受け取らなかった場合は失効

電気の使用開始から6カ月後の応当日から起算して60日以内に、エネチェンジより特典受け取りに関するご案内メールが送られます。案内メールに受け取りの手順が記載されているので手順に沿って受け取りを行ってください。

価格.com限定!Amazonギフト券4,000円分プレゼント

価格.comとは、電気のみでなく様々な物やサービスを紹介しているサイトです。

現在価格.comからLooopでんきへ申し込むとAmazonギフト券4,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。

【キャンペーン内容】
Amazonギフト券4,000円分プレゼント

【申し込み期限】
2020/1/31まで

【条件】
・価格.comからLooopでんきのおうちプランかビジネスプランに申し込むこと
・申し込みから3ヵ月以内に切り替えが完了していること
・現在住んでいる家での切り替えに限る(引っ越し先での申し込みは適用外)
①キャンペーン期間中に価格.comのホームページから必要事項を入力して申し込む
⇓
②切り替えが完了してLooopでんきの供給が始まる
⇓
③電気の使用開始から、1~2ヵ月後にAmazonギフト券がメールで送られてくる
⇓
④メールに書いてあるギフトコードをAmazonのアカウントに登録する

このキャンペーンの申し込みから特典の受け取りまでの期間は、2ヵ月~4ヵ月ほどです。

Looopでんきに申し込む流れ

実際に私がLooopでんきに申し込んだときの方法や流れ、申し込む際の確認事項などをまとめました。

Looopでんきの申し込み方法と流れ

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきへの申し込み方法はWEBのみです。

店舗や電話、郵送での申し込みはできません。

公式サイトにアクセスし、申し込みに必要になるものを用意して、画面の指示に従って必要事項を入力していくことで申し込めます。
●申し込みに必要なもの
・電気の検針票
・支払いに利用するクレジットカード情報
現在契約している電力会社の解約はLooopでんきが行ってくれるので、解約の連絡などをする必要はありません。

Looopでんきの申し込みの流れ

Looopでんきへの申し込みから供給までの流れを紹介します。
  1. 電気の検針票とクレジットカードを用意する
  2. WEBの申し込みフォームで必要事項を入力して申し込む
    (必要事項:住所、契約者氏名、お客様番号、供給地点特定番号、現在の電力会社名と契約アンペア、クレジットカード情報)
  3. 約2週間後にマイページとハガキで供給開始日の案内がくる
  4. スマートメーターの工事が必要な場合、設置工事が行われる
    (原則無料・停電なし・立ち合い不要)
  5. 現在の電力会社の解約が行われる
  6. 約1ヵ月でLooopでんきに切り替わる
自分で何かする必要があるのは1と2のみなので、初めて電力会社を切り替えるという人でも簡単に申し込めます。

これは私が申し込んだ時に送られてきた供給開始の案内ハガキですが、マイページへのログイン方法も載っていました。

Looopでんきの供給開始の案内ハガキ

スマートメーターが未設置の方の場合は設置する必要がありますが、これは10分程度の作業で終わる簡単なものです。

私が切り替えた時は、Looopでんきから東京電力へ連絡が行われ、東京電力からスマートメーター設置作業を行う日にちの連絡が来ました。

設置作業に立ち合いは不要で費用もかからないので、作業日の確定をしその日は仕事で家を空けていましたが、無事設置が完了していました。

これらの必要な手順が完了し、供給が開始されるまでは1ヵ月ほどでした。

Looopでんきに申し込む際の確認事項

Looopでんきに申し込む際に確認しておくことをまとめています。

該当する方は目を通しておいてください。

マンション・アパートで申し込みたい場合

ほとんどの賃貸住居でも申し込むことはできますが、マンションやアパートの中には大家さんが一括で電気を契約をしている一括受電の場合があり、その場合は申し込むことができません。

検針票に「高圧」などの記載がある、建物に大きなキュービクルがある場合は一括受電です。わからない場合は大家さんに事前に確認しておきましょう。

新築で申し込みたい場合

新築の家で契約する場合は、直接Looopでんきに申し込むことはできません。まずエリアごとに従来の電力会社と契約する必要があります。

従来の電力会社と契約して1ヵ月ほど経ったら電気の検針票(請求書)が届くので、それがあればLooopでんきに申し込むことができます。

引っ越し先で申し込みたい場合

引っ越し先が新築でない場合は、引っ越し先の住所や入居日などを入力することで申し込むことができます。

申し込み画面で「お引っ越し先で、Looopでんきのご契約を新たに申し込まれる場合」を選択してください。引っ越し日に合わせて供給を開始してもらうこともできます。

ただし引っ越し日より1週間以上前に申し込んだ場合のみなので、余裕を持って申し込みましょう。

Looopでんき+ガスに申し込みたい場合

東京ガスの供給エリアでLooopガスにも申し込みたいという方は、まずは上の手順でLooopでんきに申し込み、案内画面に沿って必要事項を入力すればガスにも申し込むことができます。

その際ガスの検針票が必要になるので用意しておきましょう。

ガスの供給開始日は、「申し込み日以降の検針日の翌日」または「その次の検針日の翌日」です。

Looopでんきについてのよくある質問

Looopでんきについてのよくある質問に答えました。

・Looopでんきの支払い方法は?
・明細や使用量の確認方法は?
・支払いの締め日や請求日はいつ?
・アンペアの変更はできる?
・電気のトラブルがあった場合は?
・Looopでんきソーラー割って?
・問い合わせ方法は?

Looopでんきの支払い方法は?

Looopでんきの支払い方法はカード支払いのみになります。

口座振替や振り込み票での支払いはできません。

利用可能なクレジットカード
⇒Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBカード

また、JCBとVISAのデビットカードで支払うこともできます。

明細や使用量の確認方法は?

Looopでんきに切り替えることで、今まで届いていた紙の検針票が発行されなくなります。

その代わり、LooopでんきのアプリまたはWEBのマイページから電気料金や電気使用量を確認することができるようになります。

アプリやマイページでは、主に4つのことができます。
  • 電気代を日別・月別で確認できる
  • 電気使用量をグラフで確認できる
  • 乗り換え前の電力会社との節約額を比較できる
  • 気温と電気使用量の関係をグラフで確認できる

この画像はある一日の電気使用量の推移と、その日の気温のグラフです。

Looopでんきアプリの電気使用量

一時間単位で電気の使用料がグラフで表され、どの時間帯にどれくらい電気を使っているのかが一目瞭然になります。

またこちらの画面は月別のLooopでんきの電気代と、乗り換え前の電力会社(東京電力)の電気代との差額を表したグラフです。

Looopでんきと乗り換え前の電力会社(東京電力)との差額

濃い棒グラフがLooopでんき、薄い棒グラフが東京電力でオレンジの線グラフが節約額の推移です。

Looopでんきの電気代だけでなく、切り替え前からどれくらい節約できているのかもわかるので非常に便利ですよ。

支払いの締め日や請求日はいつ?

電気の検針日によって決まります。

検針日は今までと変わらず、検針日~次の検針日の前日までの期間で電気代が算定されます。

請求日も検針日にかかわってくるので、詳しくはLooopでんきに連絡をしてみてください。

ちなみに支払期日は、請求を行った月の翌月末日となっています。

アンペアの変更はできる?

Looopでんきの契約後にアンペアを変更することはできません。

アンペアの変更はできませんが、Looopでんきに問い合わせることでアンペアブレーカーそのものを撤去してしまうことは可能です。

連絡先⇒0120-707-454

アンペアブレーカーとは電気の流れる量を制限するための機械ですが、新たに設置されたスマートメーターがその役割を果たしてくれるためもはや必要のない機械となっています。

アンペアブレーカーを撤去することで、30Aや40Aといった制限がなくなるので電気を流せる量が増え、ブレーカーが落ちる機会も減らせます。

安全上の制限はあるため無限に流せるわけではありませんが、今の契約アンペアでブレーカーが良く落ちて困っているという方は、アンペアブレーカーを撤去することで解決できるでしょう。

電気のトラブルがあった場合は?

コンセントの故障や停電などが合った場合、Looopでんきが24時間365日無料で対応してくれる「かけつけるーぷ」というサービスを利用できます(東京電力エリア限定)。
かけつけるーぷ

・電話番号:0120-995-007(24時間365日受付)
・出張費、60分以内の作業費用:無料		
・東京電力管内限定

通常は9000円~13000円ほどかかってしまいますが、Looopでんきだと無料なので急な出費をしなくても済みます。

正確にはLooopでんきが対応するのではなく、東京電力が行っている電気の駆けつけサービスをLooopでんき契約者は無料で使えるという仕組みです。

電気のトラブルは火事に繋がる心配もありますし、生活に直結しているので早急に解決したいですよね。

コンセントが焦げ臭い時や電気がつかなくなってしまった時は、設備が故障している場合もあるので、すぐに電話をして電気トラブルのプロに直してもらいましょう。

Looopでんきソーラー割って?

Looopでんきには、自宅で太陽光発電を行っている人がLooopに売電することでLooopでんきの電気料金が割引になる「Looopでんきソーラー割」という割引があります。

Looopでんきソーラー割では、一般家庭向けの「おうちプラン」、ビジネス用の「ビジネスプラン」ともに従量料金の単価が1円安くなります。

太陽光発電を行っている人はぜひ検討してみてください。

問い合わせ方法は?

⇒電話またはWEBから問い合わせることができます。

▼Looopでんきコンタクトセンター
電話番号:0120-707-454
受付時間:9時~20時(年中無休)

17:00以降のWEBでの問い合わせの場合は翌営業日以降の対応になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Looopでんき(ループ電気)の評判を調べてみて、多くの方が電気代をお得にできる一方、一人暮らしの中には電気代が高くなってしまうデメリットもありました。

とはいえ一人暮らしといっても電気の使用量は様々なので、一度公式サイトでシミュレーションしてみると安心です。

Looopでんきにはアプリやかけつけるーぷなどの嬉しいメリットもあるので、契約後にもずっと満足して使い続けることができます。

実際に私も電気代が安くなり今も満足して利用していますし、おすすめな電力会社ですよ。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

3月末までの期間限定のキャンペーンなので、検討中の方はこのタイミングで申し込みましょう。

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ