Looopでんきの評判を大調査!どれだけ安くなる?デメリットは?徹底解剖

Looopでんきは基本料金・初期費用・解約金0円が評判で絶大な人気を誇る新電力。

シンプルな料金プランで電気料金がお得になるだけでなく、電気トラブルに無料対応してもらえたり、アプリやマイページで電気使用量が細かく見られたりとサービスも充実しています。

しかしいざ契約しようとなると「自分も本当に安くなるのかな?」「デメリットはない?」など気になりますよね。

そこでこの記事ではLooopでんきを実際に利用している人の口コミや評判を詳しく調査し、お得な料金の全容と注意すべきデメリットをまとめました。

結論から言うと、3人家族以上など電気をたくさん使う家庭では月1,000円以上安くできる一方、一人暮らしの方の中には割高になってしまう方もいました。

この記事では2020年1月から始まった最大8,020円キャッシュバックキャンペーンの情報や、申し込み方法などもお伝えします。

さらに私自身Looopでんきを契約しているので、利用しているから分かる内容もあわせてお話します。

Looopでんきについて知っておきたい全ての情報をまとめました!

Looopでんき(ループ電気)とは

Looopでんき(ループ電気)とは、株式会社Looopが提供する電気のサービスのこと。

2016年の電力自由化によって従来の電力会社以外の「新電力」からも電気を購入することができるようになりましたが、Looopでんきもその新電力のひとつです。

Looopでんきの特徴
  • 基本料金が0円!
  • 初期費用・解約金も0円
  • 料金プランは「おうちプラン」「ビジネスプラン」の2つのみ
  • 自然エネルギーを多く活用
  • 沖縄・離島を除く全国で利用可能
今では基本料金0円の電力会社はいくつかありますが、それを最初に始めたのはLooopでんきです。電力自由化直後から大きな人気を集め、2019年8月時点で申し込み件数は異例の18万件を突破しました。

電気をたくさん使う方ほどお得になる仕組みで、電気代が高いな…と感じている方ほど大きな節約効果を見込めます。

Looopでんきは311を契機に設立された会社で、太陽光や水力など自然に優しいエネルギーを利用していることでも評判です。

電気代の節約だけでなく、環境にも配慮した電気を使いたいという方にも人気の新電力です。

Looopでんきの評判で納得!これだけ安くなる

まずは、Looopでんき利用者の評判からLooopでんきでどれだけ安くなるのか?を読み解いていきます。
  1. 使用量が多いと月1,000円以上安くなる
  2. ガスとのセットでさらにお得
  3. トラブル対応費用10,000円が節約できる

使用量が多いと月1,000円以上安くなる

Looopでんきには電気使用量が多い方ほどお得になるという特徴があり、電気をたくさん使う家庭では月1,000円以上も安くすることができるのです。

お得になる額は住んでいるエリアによって変わるので、従来の電力会社からLooopでんきに乗り換えて1ヵ月でどれくらいお得になるのか?を具体的ににシミュレーションしました。

2人世帯までは月に数百円ですが、3人世帯以上など電気をたくさん使う家庭では月に1,000円~3,000円の節約になっていることが分かります。

縦がエリア、横が世帯人数です。
 
~2人
40A
180kWh
3~4人
40A
500kwh
5人~
60A
650kWh
北海道
電力
-747円-1,812円-3,168円
北陸
電力
-580円-1,063円-1,869円
中部
電力
-452円-767円-1,653円
九州
電力
-454円-946円-1,939円
東京
電力
-366円-1,210円-2,121円
東北
電力
-317円-765円-1,857円
関西
電力
+9円-1,776円-2,810円
四国
電力
+140円-1,389円-2,304円
中国
電力
+223円-1,182円-1,961円
なぜ電気の使用量が多いと月1,000円以上も安くできるのか?その理由は、Looopでんきが「基本料金0円」「一律の従量料金」だからです。

今までの電力会社では、電気の使用量に関わらず毎月必ず基本料金を支払っていました。

この基本料金は契約しているアンペアが大きいほど高くなり、エリアによって変わりますが多くの方は毎月1,000円超が固定でかかっていました(関西・中国・四国では基本料金の代わりに最低料金がかかります)。

しかし、Looopでんきはこの基本料金がまるまる0円!それだけで毎月1,000円程度が節約できてしまうのです。

Looopでんきの料金比較グラフ

さらに、従量料金と呼ばれる電気の使用料金にも特徴があります。

従量料金は電気を使った分だけ発生する料金で、電気の使用量(kwh)×単価(円)で計算します。

今までの電力会社はこの単価が使用量によって変動し、電気の使用量が増えるほど高くなっていきました。

しかし、Looopでんきはどんなに電気を使っても単価が低価格で一律。電気をたくさん使うほど今までの電力会社との差額が開き、お得になっていくのです。
従量料金東京電力Looopでんき
~120kwh19.88円

26.4円
120~300kwh26.48円
300kwh~30.57円
つまり、アンペアが大きく、電気の使用量が多くなる3人以上の家庭などで大きな節約ができるということなのです。

実際に東京電力から切り替えて月1,500円節約になるという方や、関西電力から切り替えて月1,200円安くなったという方の口コミもありました。

▼東京電力からLooopでんきに乗り換えた方の口コミ・評判
▼関西電力からLooopでんきに切り替えた方の口コミ・評判

家族で一緒に暮らしていて電気使用量が多い家庭の方は、Looopでんきに切り替えることで電気料金を大きく節約することができるでしょう。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!

ガスとのセット割でさらにお得

Looopでんきは東京ガスのエリア限定で都市ガスのサービスも開始しました。

Looopでんき+ガスのセット割にすることで、電気代・ガス代をさらに安くすることができます。
「Looopでんき+ガス」のセット割
・電気代がさらに2%安くなる
・ガス代が東京ガスより安くなる
・支払い方法が1つにまとまる

Looopでんきを利用することが条件で、Looopガス単体での契約はできませんが、Looopでんき+ガスにまとめることで電気代がさらに2%安くなり、ガス代も東京ガスに比べてたくさん使う家庭でよりお得になります。

例えば平均的な4人家族の電気・ガス使用量では、Looopでんき+東京ガスの場合より「Looopでんき+ガス」にまとめた場合ではさらに年間4,100円の節約になります。

さらに、同様に電気とガスのセット契約ができる「東京電力の電気・ガスセット」「東京ガスの電気・ガスセット」と比べても最安!
4人家族の1ヵ月の電気ガス代(40A/500kwh/35m³)
Looopでんき+東京ガス18,822円
Looopでんき+Looopガス18,480円
東京電力の電気+ガスセット19,763円
東京ガスの電気+ガスセット18,916円
私自身、Looopでんき+ガスで契約していますが、Looopでんき・東京ガスの頃より1ヵ月で400円の節約になりました。

電気・ガスの光熱費を合わせて節約したいと考えている人はぜひLooopでんき+ガスも検討してみると良いでしょう。

なお、公式サイトでは電気とガスを切り替えるといくらお得になれるのかのシミュレーションもできますよ。
Looopでんき+ガスについてはこちらの記事でも詳しく説明しています。
『Looopでんきのガスとのセット割の評判は?料金や体験談を解説!』

トラブル対応費用10,000円が節約できる

Looopでんきは東京電力エリアで「かけつけるーぷ」というサービスを提供していて、電気トラブルの修理を0円で対応してもらえます。
かけつけるーぷ

・電話番号:0120-995-007(24時間365日受付)
・出張費、60分以内の作業費用:無料		
・東京電力管内限定

対象になるトラブルはコンセントやブレーカーの故障、急な停電など。

通常であれば修理業者を自分で探し、作業内容によって1万円前後の料金が発生するところ、Looopでんき契約者であれば電話一本で依頼でき、費用0円で24時間365日対応してもらえるのです。

言い換えれば、万が一の場合に発生してしまう1万円前後の費用をまるまる節約できるということですね。

Looopでんきの評判で発覚!3つのデメリット

Looopでんきには契約前に知っておきたいデメリットもあります。

実際の口コミ・評判とあわせて確認していきます。
  1. 一人暮らしは高くなる可能性あり
  2. 他社と比較して最もお得ではない
  3. 支払い方法がクレジットカードのみ

一人暮らしは高くなる可能性あり

Looopでんきのデメリット1つめは、一人暮らしの方の中には高くなってしまう場合もあるということ。

実際に高くなったという評判も。
Looopでんきに切り替えて高くなってしまう方は、現在20A以下で契約している方関西・中国・四国地方で月6,000円以下の方です。

Looopでんきは基本料金0円+一律の従量料金が大きな魅力ですが、この料金の特質上、基本料金や最低料金がすでに安い方はむしろLooopでんきで割高になってしまうのです。

どういうことか?簡単に説明します。

先ほど従量料金の単価が一律というお話をしました。今までの電力会社が3段階で高くなっていくのに対して、Looopでんきは真ん中の料金で一律でした。
従量料金東京電力Looopでんき
~120kwh19.88円

26.4円
120~300kwh26.48円
300kwh~30.57円
これは裏を返すと、電気をあまり使わない場合は割高になるということなんです。

しかし、多くの場合はLooopでんきの「基本料金0円」で打ち消すことができていました。

ところが、現在20A以下で契約している方や、そもそも安価な最低料金制となっている関西・中国・四国エリアの方は基本料金0円のメリットが受けられず、結果として今までより高くなってしまうという仕組みなのです。

逆に、一人暮らしでも30A以上で契約している方、関西・中国・四国地方で月6,000円を超える方であれば今より安くすることができます。

少しでも不安に思った方はLooopでんきの公式サイトでシミュレーションができるので、必ず確かめてみることをおすすめします。
一人暮らしでもLooopでんきでお得にできる人については『Looopでんきが一人暮らしで安くなるのはこんな人!体験談あり』でも詳しく説明しています。

他社と比較して最もお得ではない

Looopでんきのデメリット2つめは、他の新電力と比較したときに最もお得というわけではないということです。

同じく基本料金0円+一律の料金でよく比較される「楽天でんき」「あしたでんき」と比べてみました。

Looopでんきと楽天でんき:ポイント還元があるので楽天でんきがお得

電気料金だけを比べた場合、必ずLooopでんきの方が安くなりますが、楽天ユーザーであれば楽天でんきの方がお得と言えます。

どういうことか説明します。

Looopでんきと楽天でんきでは、Looopでんきの方が電気の単価が0.1円安いので電気料金それ自体は確実にLooopでんきが安くなります。

例えば4人家族で1ヵ月に500kwh電気を使用した場合…
Looopでんき:13,200円
楽天でんき:13,250円
⇒Looopでんきの方が月50円安い

しかし、楽天でんきでは電気代200円ごとに楽天スーパーポイントを1ポイント貯めることができ、さらに楽天カードで電気代を支払うことで合計200円ごとに3ポイント貯まります。

上の例なら、楽天でんきの13,250円の支払いで198ポイントが貯まることになり、Looopでんきとの電気料金50円の差額を大きく上回るのです。

実際にLooopでんきと楽天でんきを比較して楽天でんきにした方の評判もありました。
さらに楽天でんきでは、申し込むだけで2000ポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。

楽天経済圏で生活している方には楽天でんきでポイントを貯めたほうがお得という方が多いでしょう。

一方、特に楽天のサービスを利用していないには単純に料金が安いLooopでんきが良いですね。
楽天でんきとLooopでんきについては『Looopでんきと楽天でんきはどっちがいいの?正しい選び方を分かりやすく解説』でも詳しく比較しています。

Looopでんきとあしたでんき:単価が安いのであしたでんきがお得

あしたでんきはLooopでんきよりすべてのエリアで電気の単価が0.4円安いので、必ずあしたでんきの方が安くなります。
地域
あしたでんき
Looopでんき
東京電力エリア
26.0円
26.4円
東北電力エリア
26.0円
26.4円
中部電力エリア
26.0円
26.4円
関西電力エリア
22.0円
22.4円
中国電力エリア
24.0円
24.4円
九州電力エリア
23.0円
23.4円
実際の電気代に換算すると、このような差になります。

4人家族で1ヵ月に電気を500kwh使った場合…
Looopでんき:13,200円
あしたでんき:13,000円
⇒あしたでんきの方が月200円、年間2,400円安い

さらに、あしたでんきでは特に電気使用量が多い方向けに「たっぷりプラン」というプランも用意していて、このプランであればLooopでんきとの料金差はますます開いてしまいます。

2世帯家族で1ヵ月に電気を800kwh使った場合…
Looopでんき:21,120円
あしたでんき(たっぷりプラン):20,200円
⇒あしたでんき(たっぷりプラン)の方が月920円、年間11,040円安い

単純に電気料金を安くしたいという方にとってLooopでんきはあしたでんきに劣ってしまうのです。

Looopでんきも十分安いですが、せっかく乗り換えるならさらに安いところが良いという方はあしたでんきが良いですね。

ちなみに東京電力エリア限定ですが「Looopでんき+Looopガス」のセット割にすれば、あしたでんきの標準プランと全く同じ電気代になります。

あしたでんきにはガスのサービスはないので、電気とガスを合わせて安くしたいという方はLooopでんきがお得です。
あしたでんきとLooopでんきの比較結果については『あしたでんきとLooopでんきはどっちを選ぶべき?料金・サービスを徹底比較』で詳しくまとめてあります。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!

支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきの電気料金の支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替や支払い票での支払い、コンビニ払いなどはできません。

クレジットカードを作れない方や支払いに利用したくない方、口座振替で請求を管理したいという方はLooopでんきを利用することができないのです。

様々な事情でクレジットカードを作れない方も中にはいらっしゃいますから、利用したくでもできない方がでてきてしまうのは残念なデメリットです。

なお、支払いに使えるクレジットカードは以下の5つです。
⇒Visa、MasterCard、American Express、DinersClub、JCBカード

Looopでんきでキャンペーン実施中

Looopでんきでは現在、新規申し込みで期間限定キャンペーンを実施しています!

QUOカードPay最大8,020円分プレゼント

Looopでんきの公式サイトでは、「Looopでんき新生活応援キャンペーン」としてQUOカードPay最大8,020円分プレゼントキャンペーンを実施しています。

【キャンペーン内容】
QUOカードPay最大8,020円分プレゼント

詳細
①Looopでんき申し込みでもれなくQUOカードPay 2,020円プレゼント
②Looopガス申し込みでもれなくQUOカードPay 1,000円分プレゼント
③さらに、抽選で5人に1人にQUOカードPay 5,000円分プレゼント

【申し込み期限】
2020年3月31日

【条件】
①Looopでんき「おうちプラン」「ビジネスプラン」「動力プラン」のいずれかにキャンペーン期間中に申し込み、2020年5月末時点で供給開始していること
②Looopガスの「おうちプラン」「ビジネスプラン」のいずれかにキャンペーン期間中に申し込み、2020年5月末時点で供給開始していること
③LooopでんきまたはLooopガスに申し込み、2020年5月末時点で電気またはガスの供給を開始していること

【注意】
・公式サイト以外(エネチェンジや価格.comなど)から申し込んだ方は対象外になります。
・賞品は6月以降、順次メールにて発送されます。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!


Looopでんきに申し込む流れ

実際に私がLooopでんきに申し込んだときの方法や流れ、申し込む際の確認事項などをまとめました。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきへの申し込み方法はWEBのみです。

電話やFAX、郵送、店舗での申し込みはできません。

公式サイトにアクセスし、申し込みに必要になるものを用意して、画面の指示に従って必要事項を入力していくことで申し込めます。

申し込み自体は非常に簡単で5分程度でできますよ。

申し込みに必要なもの
・電気の検針票
・支払いに利用するクレジットカード情報

Looopでんきの申し込みから利用開始までの流れ

Looopでんきへの申し込みから利用開始までの具体的な流れを紹介します。
  1. 電気の検針票とクレジットカードを用意する
  2. WEBの申し込みフォームで必要事項を入力して申し込む
    ▼入力事項
    住所、契約者氏名、お客様番号、供給地点特定番号、現在の電力会社名と契約アンペア、クレジットカード情報
  3. 約2週間後にマイページとハガキで供給開始日の案内がくる
  4. スマートメーターの工事が必要な場合、設置工事が行われる
    (原則無料・停電なし・立ち合い不要)
  5. 現在の電力会社の解約が行われる
    (Looopでんきが利用者の代わりに行う)
  6. 約1ヵ月でLooopでんきに切り替わる
自分で何かする必要があるのは1と2のみなので、初めて電力会社を切り替えるという人でも簡単に申し込めます。

これは私が申し込んだ時に送られてきた供給開始の案内ハガキです。供給開始予定日やマイページへのログイン方法も載っているので、なくさないように管理しましょう。

Looopでんきの供給開始の案内ハガキ

スマートメーターが未設置の方の場合は設置する必要がありますが、これは10分程度の作業で終わる簡単なものです。

そして現在契約している電力会社の解約が行われます。解約はLooopでんきが代わりに行ってくれるので、自分で解約の連絡などをする必要はありません。

これらの必要な手順が完了し、供給が開始されるまでは1ヵ月ほどでした。

なお、Looopでんきに切り替えてからは、今までのような紙の検針票は届かなくなる代わりにマイページやアプリから電気料金や使用量を確認することになります。

Looopでんきマイページ
一日の電気使用量がグラフになって詳細に見られる便利な機能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Looopでんき(ループ電気)の評判を調べてみて、多くの方が電気代をお得にできる一方、一人暮らしの中には電気代が高くなってしまうデメリットもありました。

とはいえ一人暮らしといっても電気の使用量は様々なので、一度公式サイトでシミュレーションしてみると安心です。

Looopでんきにはアプリやかけつけるーぷなどの嬉しいメリットもあるので、契約後にもずっと満足して使い続けることができます。

実際に私も電気代が安くなり今も満足して利用していますし、おすすめな電力会社ですよ。

Looopでんきで
冬の電気代がお得に!

電気をたくさん使うほどお得!

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

1年で最も高くなる冬の電気代をLooopでんきで節約しましょう!

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ