Looopでんきの口コミ・評判がやばい!申し込み前に知るべき全情報【2019年最新】

評価:3.61 - 375件の票数

新電力の中でもとにかく評判が良いLooopでんき。

ENEOSでんきや東京ガスのようにCM放送こそしていないものの、基本料金0円という斬新な料金体系とサービスの良さが口コミで広がり大人気の新電力となりました。

料金の安さももちろんですが、アプリで電気使用量が見られるなどの利用者の目線に立ったサービスも人気の理由の一つです。

今回はそんなLooopでんきのメリット・デメリットやおうちプランの評判をたっぷりまとめました!

さらに、5月限定で実施している最大30,000円キャッシュバックキャンペーンの情報も掲載しているので、お得に契約したい方は必見です!

Looopでんきを検討している方はぜひご覧ください!
『【新電力人気NO1】Looopでんきに申し込んだ方の喜びの声】』

5月限定!Looopでんき申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

Looopでんきの申し込みは下記窓口がおすすめです。

最大30,000円のキャッシュバックは公式サイトでは受け取れません。

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2019年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

電気の切り替えは申込みから1~2ヵ月かかります。

エアコンなどで電気の使用量が増える夏前までに切り替えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

この窓口は人気なので、手続きが混み合う可能性があります。

いつ解約しても解約金はかかりませんし、申し込みは5月中のお早めをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

口コミ・評判から見るLooopでんきの5つのメリット

Looopでんきには主に以下の5つのメリットがあります。

業界初の基本料金0円で安い
契約期間の縛りなし、解約金0円
WEBやアプリで使用量や請求額が見られる
再生可能エネルギーを利用かつ安い
トラブル時の駆け付けサービスがある

リアルな評判を交えながら順番に解説していくので、まずはLooopでんきの魅力を知っていきましょう。

業界初の基本料金0円でとにかく安い!

Looopでんきのメリットはなんと言っても基本料金が0円なことです。

現在、北海道・東北・東京・中部・北陸・九州電力を利用している方は、必ず基本料金というものを支払っています。

これは電気の使用量に関わらず必ず支払わなければいけない料金で、エリアやアンペア数によっても異なりますが、平均1,000円前後の金額が使用電力にかかる料金とは別に発生しているのです。

ところがLooopでんきでは、その基本料金が0円!

電気を使った分の料金だけ支払うシステムです。

従来の電力会社との違いがわかるように、例として東京電力との料金を比較してみましょう。

()内の数字は東京電力との差額です。

  東京電力Looopでんき



10A280.8円0円
(-280.8円)
15A421.2円0円
(-421.2円)
20A561.6円0円
(-561.6円)
30A842.4円0円
(-842.4円)
40A1,123.2円0円
(-1,123.2円)
50A1,404.0円0円
(-1,404.0円)
60A1,684.8円0円
(-1,684.8円)



120kWhまで19.52円26円
(+6.48円)
120kWhから
300kWhまで
26.00円26円
(±0円)
300kWhを
超える分
30.02円26円
(-4.02円)

これまでと全く違う料金体系ということがわかりますね。

基本料金は「契約自体にかかる料金」、従量料金は「使った電気にかかる料金」です。

通常はこの基本料金+従量料金の支払いですが、Looopでんきは基本料金がないので従量料金のみの支払いになります。

小難しいことをだらだらと書くのもあれなので、ざっくりと以下の点だけ覚えておいていただければ大丈夫です。

・Looopでんきに切り替えると基本料金分がまるまるお得になる
・120kWhまでの従量料金はLooopの方が高い
・300kWh以上使用する場合はLooopでんきの方が格段にお得

この「基本料金0円+一律従量料金」の料金システムにより、大幅な電気料金削減が期待できます。

では、従来の電力会社からの乗り換えでどれくらい安くなるのか?

こちらも東京電力エリアを例に比較し、年間でどれくらい削減になるかもまとめました。

()内の数字は東京電力との差額です。

 東京電力Looop年間削減額
20A
80kWh
2,123円2,080円
(-43円)
516円
30A
150kWh
3,964円3,900円
(-64円)
768円
40A
300kWh
8,142円7,800円
(-342円)
4,104円
40A
450kWh
12,648円11,700円
(-948円)
11,376円
40A
550kWh
15,650円14,300円
(-1,350円)
16,200円
50A
700kWh
20,434円18,200円
(-2,234円)
26,808円
50A
800kWh
23,436円20,800円
(-2,636円)
31,632円

使用量150kWhのケースまでは正直大した金額ではありませんが、300kWhを超えてからはかなりお得ですよね。

年間31,632円ということは2年で63,264円、3年で94,896円にもなります!

3人以上で住んでいる方、ペットを飼っていてエアコンをよく使う方など、電気使用量が多い方はかなりの削減が期待できます。

もちろん使用量やエリアによっていくらお得になるかは異なるので、契約前には必ず自分の使用量でシミュレーションをする必要があります。

下記窓口では料金明細さえあればいくら安くなるかのシミュレーションもしてくれますし、申し込みをすれば最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることもできます!

強引な勧誘などもないので安心ですし、まずは「Looopでんきに切り替えたらどれくらい安くなるのかな?」くらいの気軽さで問い合わせられますよ。

まずはシミュレーション!

お住まいのエリアや契約内容など、人によって電気の利用状況は様々です。

より自分に合った電力会社を見つけるには正確なシミュレーションをしてみることが大切です。

こちらから『エリアチェック』に入力すれば、あなたにぴったりあった電力会社やプランを探してくれます。

公式サイトや比較サイトだけでは、どうしても情報が偏りがちです。

電力会社を選ぶときは、住んでいるエリアや現在の生活スタイル、電気の使用状況などから総合的に判断することが重要になります。

お得な電力会社を探している方は、一度シミュレーションを通して確認してみましょう。

契約期間の縛りなし!解約金・違約金0円!

Looopでんきの契約期間は1年間で自動更新となっていますが、いつ解約しても解約金・違約金は一切かかりません。

「思ったより安くならないな……」「他にもっといい電力会社を見つけた!」といった場合に無料で気軽に解約できるのはかなりのメリットです。

Looopでんき同様解約金が0円の新電力は多いですが、中には多額の解約金が設定されているところもあります。

J:COM電力などは、電気とセットで契約するインターネットやケーブルテレビなどのサービスに違約金(2,000円~20,000円)が設定されています。

せっかく電気料金が削減できても、解約金ですべてが水の泡になってしまっては意味がありませんよね。

電力会社を乗り換える際は、絶対にLooopでんきのように違約金がかからない新電力を選ぶことをおすすめします!

マイページやアプリで使用量が確認できる

Looopでんきは、マイページまたは公式スマホアプリから電気使用量や請求額、従来の電力会社(東京電力など)と比べていくら節約できたかなどの情報を確認することができます。

これまで使用量の確認は検針票でしか見ることができませんでしたが、Looopでんきではグラフで見られるのでとてもわかりやすいです。

特にアプリでは電気使用量とその日の気温を同時に見られるグラフもあるので、「この日は電気をたくさん使っているけど気温が低いから暖房を使ったんだな」と使いすぎの原因を推測することもできます。

WEBのマイページで明細や使用量を確認できる新電力はいくつかありますが、WEBだけでなくアプリ版もありこれだけ機能が充実しているのはLooopでんきくらいです。

気軽に確認できて節約意識も高まると利用者からも人気が高いサービスなので、少しでも電気料金を安くしたいという方にはかなりおすすめです!

再生可能エネルギーの評判もいい

Looopでんきの電源構成(電気がどんな方法で作られたかという情報)を見ると、実に25%以上を再生可能エネルギーが占めています。

再生可能エネルギー100%という電力会社もありますが、自然エネルギーを重視したプランはかなり電気料金が高いことが多いです。

Looopでんきは自然エネルギーを多く利用しながらも電気料金も安く済む、まさに一石二鳥な新電力と言えるでしょう。

かけつけるーぷでトラブルに対応できる

これに関しては口コミが見つからなかったので、メリットの紹介だけさせていただきます。

ブレーカーが落ちる、停電してしまう、コンセントが焦げ臭いなどの電気のトラブルに24時間365日駆け付けてくれるサービスがあります。

通常であれば有料ですが、60分以内の作業であれば以下のように無料になります。

●平日
⇒9,000円

●土日祝・夜間
⇒13,000円

あまり頻繁に利用するようなものでもありませんが、無料で対応してくれるというだけでなんとなく安心しますよね。

東京電力エリア限定のサービスなので、対応エリアの方はこういったサービスがあるということを覚えておくといいでしょう。

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年5月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

さらに、5月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、申し込みは5月中のお早めをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

口コミ・評判から見るLooopでんきの4つのデメリット

メリットだけでなく、デメリットを知っておくことも大切です。

こちらも口コミ・評判を交えながら紹介していくので、目を通しておいてください。

エリア・使用量によっては割高になることも

auでんきは従来の電力会社からほとんど安くならない料金体系ですが、それでもLooopでんきの方が高くなってしまったという方の口コミが見つかりました。

確かに、Looopでんきはエリアや使用量によってはそのようなケースも存在します。

関西・中国・四国電力は基本料金がないので、使用量が少ないと逆に割高になってしまうのです。

【例】関西エリアで100kWh使用の場合

関西電力:2,030円
Looop:2,200円

Looopでんきの方が170円高い

【例】中国エリアで100kWh使用の場合

中国電力:2,065円
Looop:2,400円

Looopでんきの方が335円高い

【例】四国エリアで100kWh使用の場合

四国電力:2,183円
Looop:2,400円

Looopでんきの方が217円高い

このように、上記3エリアで使用量が少ない方は少しだけ割高になってしまいます。

その場合は使用量が少ない方でもお得になる新電力を選んだ方が賢明です。

例えば、HTBエナジーという新電力は一律5%オフの料金体系なので、電気をあまり使わない方でもお得になります。

関西電力エリアだけは一律5%オフではありませんが、使用量が少ない方向けのシングルコースというプランがあるので、割高になることはありません。

HTBエナジーのデメリットとしては、「使用量が増えると他社よりお得じゃなくなる」という点が挙げられます。

使用量がどれくらいまでならHTBエナジーの方が向いているかというのはエリアによって異なるので、気になる方は以下の記事も参考にしてみてください。

『LooopでんきとHTBエナジーを徹底比較!安いのはこっち!』

オール電化向けのプランはない

Looopでんきにはオール電化向けのプランはないので、オール電化の方が無理に契約をしてしまうと電気料金が逆に高くなってしまう可能性大です。

ただ、これはLooopでんきに限らずほとんどの新電力に共通しているので、Looopでんきだけのデメリットというわけではありません。

中にはオール電化向けのプランを展開している新電力も少しだけありますが、必ずしも電気料金が安くなるわけではないということだけは覚えておいてください。

ポイントサービスがない

Looopでんきはシンプルに電気料金が安い分、ポイントサービスやセット割などがありません。

ポイントサービスがある電力会社には、以下のようなものがあります。

電力会社たまるポイント
東京ガス電気Tポイント、Pontaポイント、WAONポイント、dポイント、楽天ポイント、nanacoポイント
西部ガス電気Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、WAONポイント、JRキューポ、nimocaポイント
ENEOSでんきTポイント、ANAマイル、エポスポイント、VIEWポイント
東急電気PASMO、JALマイル、ANAマイル
楽天でんき楽天ポイント
まちエネPontaポイント
エネワンでんきPontaポイント
ヤマダのでんきヤマダポイント
シン・エナジーJALマイル
サミットエナジーWAONポイント

例えば楽天でんきはLooopでんきとほとんど同じ料金体系ですが、電気料金の支払いで楽天ポイントがたまるので、この口コミの方のようにポイントを求めて楽天でんきを選ぶ方も少なくありません。

もちろんポイントサービスがないというのは必ずしもデメリットではありません。

いくらポイントがたまっても使いこなせなければ意味はありませんし、ポイント自体に魅力を感じないという方もいるでしょう。

であれば、シンプルに電気料金が安くなる新電力を選ぶ方が個人的にはおすすめです。

支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみなので、口座振替や振込用紙での支払いはできません。

ほとんどの方がクレジットカードを所持しているとは思いますが、口コミの方のように事情があってクレジットカードを使えない、持てないという方には残念なデメリットですね。

多くの新電力が口座振替に対応していますが、振込用紙にまで対応しているのはごく一部です。

有名どころでいうとLooopでんき、楽天でんき、あしたでんきがクレジット払いのみ。

この3社に共通しているのは、「基本料金0円の料金体系を採用している」ということです。

Looopでんきの公式サイトにも「電気料金を安くするために支払い方法を限定している」と書かれていますし、基本料金を無料にすることの難しさがうかがえます。

実際Looopでんきはかなり安いですし、その安さを実現するための企業努力を思えば、支払い方法に関してはある程度妥協する必要があるでしょう。

デビットカードが使えるケースもある

ちなみに、デビットカード支払いも利用できる場合があるようです。

申し込み時のクレジットカード登録でデビットカードの情報を入力してみて、問題がなければそのまま登録できます。

コンタクトセンターに確認しましたが、明確な条件はわからないとのこと。

クレジットカードを使いたくないという方は、いちかばちか入力を試してみてもいいかもしれませんね。

Looopでんきのキャンペーン情報

Looopでんきのキャンペーン情報をまとめました。

また下記の記事で過去のキャンペーンを含め詳しく書いてるのでよかったら合わせて読んでみて下さい。

5月限定!業界唯一最大30,000円のキャッシュバック!
『Looopでんきのキャッシュバックキャンペーンはこちらから』

QUOカードPay 3,000円分プレゼントキャンペーン

キャンペーン概要

期間中にLooopでんきに新規で申し込むとQUOカードPay 3,000円分がもらえるキャンペーンです。

キャンペーン特典

QUOカードPay 3,000円分

キャンペーン期間

※現在は終了しています。

2019年3月1日~2019年3月31日

応募条件

・キャンペーン期間内にLooopでんきの申し込みが完了している
・2019年4月末までにLooopでんきの供給を開始している

対象プラン

・おうちプラン
・ビジネスプラン
・動力プラン

受け取り時期

5月上旬から中旬にかけて、メールにて発送されます。

5月限定!最大30,000円キャッシュバックキャンペーン

Looopでんき公式サイトではなく私のおすすめの申し込み窓口で実施しているキャンペーンです。

下記窓口からLooopでんきを申し込むと、最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます!

電気の切り替えでキャッシュバックが受け取れる窓口はほとんどないので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

また、こちらの窓口では電気の無料相談も受け付けています。

「自分にぴったりな電力会社がわからない」「自分の使用ケースでどれくらいお得になるかがわからない」という場合に電気のプロが無料で相談に乗ってくれますし、実際の使用量でシミュレーションをして自分にぴったりな電力会社することもできます。

当サイトでは様々な電力会社の比較やシミュレーション例の紹介などをしていますが、実際にどれくらい安くなるかは自身の使用量でシミュレーションをしてみなければわかりません。

申し込み前には、ぜひこちらの窓口で具体的なシミュレーションをしてみることをおすすめします!

さらに!

Looopでんき以外でも、こちらの窓口で取り扱いがある電力会社であれば、申し込みの際に最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます!

Looopでんきを申し込みたいという方はもちろん、なんとなくLooopでんきが気になっているけどまだ決められないという方も、まずは一度相談だけでもしてみることをおすすめします。

上記窓口の『エリアチェック』に必要事項を入力することでお問合せできます。

Looopでんきのエリア別料金比較

既存の電力会社とLooopでんきの料金をいろんなシチュエーションで比較しました。

Looopでんきがどれだけお得なのかわかりやすくまとめています。

お住まいのエリアをご覧になってみてください。

●北海道電力エリア
Looopでんきと北海道電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●東北電力エリア
Looopでんきと東北電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●北陸電力エリア
Looopでんきと北陸電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●東京電力エリア
知らないと損!東京電力と比較したLooopでんきのお得感!

●中部電力エリア
Looopでんきと中部電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●関西電力エリア
Looopでんきと関西電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●中国電力エリア
Looopでんきと中国電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●四国電力エリア
Looopでんきと四国電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

●九州電力エリア
Looopでんきと九州電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

Looopでんきとその他の電力会社との比較

料金も安くて、評判も良いLooopでんきですが、もっと安くてお得な電力会社があるんじゃないの?と思う方もいますよね。

以下の記事ではLooopでんきと他の電力会社の料金やサービスを比較しています。

CMでも話題の「東京ガス電気」や「ENEOSでんき」との料金の比較から特典等細かい所まで、わかりやすくまとめてありますので、ご覧になってみてください。

●東京ガス
『徹底比較で見えた!Looopでんきが東京ガスよりおすすめな理由』

●HTBエナジー
『LooopでんきとHTBエナジーを徹底比較!安いのはこっち!』

●auでんき
『Looopでんきがauでんきより圧倒的に安い理由【徹底比較】』

●ENEOSでんき
『数字が物語る!LooopでんきがENEOSでんきより安い理由』

●東京電力
『東京電力とLooopでんきの料金比較!どっちが安いか徹底検証』

●あしたでんき
『あしたでんきの口コミ・評判!Looopでんきよりお得だけどデメリットも』

●楽天でんき
『Looopでんきと楽天でんきを徹底比較!失敗しない選び方はこれ!』

【体験談】Looopでんきのへの乗り換えの流れ

実際にLooopでんきに切り替えた私が体験談を元にLooopでんきの申し込み方法や、注意点についてまとめました。

これからLooopでんきに申し込みを検討されている方は是非ご覧ください。

Looopでんきの気になるQ&A

ここでは、Looopでんきに関する気になる疑問をQ&A形式で解決していこうと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

Looopでんきの電気の質は大丈夫?停電しない?

「新しい会社が作る電気ってなんだかすぐ停電しそうで不安……」

「これまで使ってた電気より質が悪いんじゃないの?」

そんな不安を抱いている方もいるでしょうが、結論から言うとその心配はいりません。

Looopでんきから送られてくる電気は、これまでと同様に東京電力などの一般送配電事業者の送配電網を利用するので、電力供給の信頼性や品質は従来のものと全く変わらないんです。

なので、Looopでんきに切り替えたからといって特別不便を感じるようなことはありません。

今まで通りの電気のある生活を送るだけです。

私もLooopでんきに切り替えてから1年が経ちましたが、切り替える前と変わらず不便のない生活を送っていますよ。

万が一Looopの発電所が故障したり、最悪Looopが倒産したとしても、東京電力などの一般送配電事業者が代わりに電気を供給してくれるようになっているので何も心配することはないんです。

Looopでんきの解約方法は?

Looopでんきを解約して別の小売電気事業者に切り替える場合はその業者がLooopでんきの解約手続きをするので、自分でLooopでんきに連絡する必要はありません。

そのまま切り替える先の電気事業者に申し込みをしましょう。

検針票(明細)の発行はできる?

できません。

マイページかアプリでの確認になります。

電気業界だけではなく、支払い明細なども送ってくれなくなりましたね。

ドコモなんかも明細をもらうのに100円かかります。

この先、どんどんペーパーレスが進んでいくでしょうね。

名義を変更したい場合は?

名義変更をする場合は、Looopでんきコンタクトセンターに問い合わせることで手続きができます。

結婚して名字が変わった場合なども同様の手続きになるので、まずはコンタクトセンターに連絡しましょう。

Looopでんき コンタクトセンター

電話番号:0120-707-454

電気料金の引き落とし日はいつ?

検針日によって引き落とし日は異なりますが、実際に口座から金額が引かれるのは登録したクレジットカードの引き落とし日になります。

クレジットカードを変更したい場合は?

登録クレジットカードの変更をしたい場合は、マイページにログインして自分でクレジットカード変更の手続きをします。

クレジットカードの期限が切れてしまった場合も、忘れずに手続きをしましょう。

検針日はいつ?

従来の電力会社を利用していた時と同じ検針日になります。

検針日は検針票に書いてありますが、Looopでんきに切り替えると検針票は発行されなくなります。

マイページにログインして確認する形になるので、気になる方は過去の検針票を見て検針日がいつか把握しておくといいでしょう。

締め日はいつ?

検針日の前日が締め日になります。

検針日は地区番号によって異なるので、検針票で自分の検針日を確認しておきましょう。

もうスマートメーターがついてるんだけど工事は必要?

スマートメーターがすでに設置してある場合は、Looopでんきへの切り替えに工事は必要ありません。

引っ越しの場合は何日前に連絡すればいい?

引っ越し先でもLooopでんきを継続して使用する場合は、10日前までにLooopでんきコンタクトセンターへ連絡しなければなりません。

Looopでんき コンタクトセンター

電話番号:0120-707-454

Looopでんきの問い合わせ電話番号について

Looopでんきの問い合わせ先は低圧と高圧で違います。

ここではそれぞれの問い合わせ方法などをまとめました。

低圧(一般家庭、事業所向け)

【電話番号】
0120-707-454

【受付時間】
年中無休
9:00~20:00

Webでお問い合わせはこちら
※17時以降のWEBでの問い合わせは翌営業日以降の対応になります。

高圧(法人の方)

【電話番号】
0120-606-861

【受付時間】
平日9:30~17:30

Webでお問い合わせはこちら
※17時以降のWEBでの問い合わせは翌営業日以降の対応になります。

二世帯住宅は別々に契約することができる?

二世帯住宅で二つの契約がある場合は別々に契約をすることができますが、契約が一つしかない場合はできません。

太陽光発電システムがあればさらにお得に!

太陽光発電システムを持っている方だけが選べる、さらにお得なプランもあります。

※関係ないやーって方は読み飛ばしちゃって大丈夫ですよ。

ソーラー割

住宅用太陽光発電システムがあれば申し込めます。

自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給することで、「おうちプラン」「ビジネスプラン」が通常従量料金から1円引きの価格で利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒25円/kWh

※対象エリア:東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力

もともとご自宅に設置している方は申し込みをおすすめしますが、この為にわざわざ設置するのはおすすめできません。

金額にすると200~350万かかると言われているので、費用を回収するまでにかなりの時間がかかります。

LooopHome割

Looopの住宅用太陽光発電システム「LooopHome」を購入すると、ソーラー割の従量料金よりもさらに1円引きで利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒24円/kWh

※対象エリア:東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力

Looopでんち割

Looopの住宅用蓄電池のLooopでんちを購入することで、Looopでんきの従量料金より3円引きの価格で利用できます。

例:東京電力の場合 26円/kWh⇒23円/kWh

※「ソーラー割」「LooopHome割」の対象エリア(東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力)の方は最大5円引き、それ以外のエリアの方は3円引きになります。

電気料金に大聞く影響する従量料金が割引されるのは嬉しいですが、Looopでんちの購入価格は898,000円。

ローンなども組めますが、簡単に手を出せる金額ではありません。

いざとなった時に頼りになる存在ではありますが、一般的なご家庭で導入するのはちょっと敷居が高い気も…。

一応10年間の保証などもついていますが、購入費用を回収するまでに何年かかるでしょう。

お金に余裕があって、電気の使用量が多いご家庭でやっと検討してみても良いくらいではないでしょうか。

※参考:以下の家電が3日間使用可能になります。

具体的には1日このくらい
●スマートフォン充電1台
●テレビ5時間
●LED照明5時間
●冷蔵庫24時間

ビジネスプラン・動力プラン・マイニングプランも

Looopでんきには一般家庭向けの「おうちプラン」以外にも以下のプランが用意されています。

・ビジネスプラン(法人や特に使用量の多い家庭向け)
・動力プラン(業務用家電など動力を利用している方向け)
・マイニングフラット(仮想通貨のマイニングをする方向け)

法人や動力などは一般家庭向けと違って電気料金がかさむことが多いですが、Looopでんきに切り替えることで大幅な電気料金の削減が期待できます。

詳しくは以下の記事でまとめているので、興味のある方は目を通してみてください。

Looopでんきのまとめ

以上、Looopでんきについてのまとめでした。

これまで数多くの新電力を調査してきて、ここまで消費者のメリットを考えてくれるところはなかなかありませんでした。

なんと言っても「基本料金0円+一律料金」が最大のメリットであり、同じ料金プランを打ち出す新電力はこの先も少ないでしょう。

今の電気代が高いと感じている方であれば、ほぼ確実に安くなると思いますよ!

もし高くなってしまったら簡単に解約もできるので、お試し感覚で切り替えてしまってもいいでしょう。

私も軽い気持ちで切り替えましたが、かなり節約になったので一歩踏み出してよかったな、と思っています。

当サイトでは電気の選び方はもちろん、電気に詳しくない方が知っておいた方が良い情報なども更新しています。

すぐに切り替えの予定がない場合はブックマークなどをして、最新情報をちょくちょくのぞきに来ていただけると嬉しいです。

長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!

あわせてお読みください!!

9割以上の方が満足しています!
『【新電力人気NO1】Looopでんきに申し込んだ方の喜びの声』

評価:3.61 - 375件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

5月期間限定で下記から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

期間限定!最大30,000円キャッシュバック

コメント

  1. AGURI より:

    HTBとLooopでんきの評判が良さそうでどちらにするか迷っていましたが、こちらの記事を見てLooopでんきに決めました。どれぐらい安くなるか楽しみです!

  2. カナリア より:

    インターネットしか申込み対応してないのが決めきれない理由のひとつ。一応、問い合わせの電話に連絡したらちゃんと繋がったので問題はないのだろうが、会社規模がどうしても不安材料。

  3. あき より:

    記事に書かれているように東電とかより料金がシンプルで良いですよね!大手のほとんどが携帯会社のようなプランばっかりで、時代の変化について来ていないようにも感じます。申込み方法がWEB限定なのを否定的に言っている人もいるけど、それで安くなるなら私は肯定派です!

  4. アンチエコスタイル より:

    ちょっと関係性が薄い内容で申し訳ありませんが・・

    東京電力からエコスタイルでんきに切り替えをしましたが、急きょ解約をしないといけなくなりその旨を連絡すると、何やらいつもの1.5倍の単価で請求するとのこと。

    見落としていた自分の責任ではありますが、解約金が0円のループでんきにしておけば良かった・・と今更ながら後悔しています。

  5. さと より:

    めっちゃ分かりやすい記事で参考になりました!Looopでんきが一番おすすめ?のようにも感じましたが、他にお得な電気はありますか?

  6. ばばん より:

    Looopでんきに切り替えて半年が経過しました。
    電気料金は安くはなりましたが、対応が悪いと感じます。
    明細書も2~3週間発行されなかったり(こちらからお願いしてやっと発行してもらえた)が続くので、不安はあります。
    もう少しコールセンターの対応を良くして下さい。

  7. 千葉県在住40代主婦 より:

    東京電力と契約していて、4人家族で1月に電気代が2万円を超えてしまったことをきっかけに、電力会社の切り替えを検討しました。
    始めは電気が使えなくなったらどうしよう…と不安でしたが、Looopでんきに切り替えて良かったです。
    これで今年の夏は心おきなくエアコンをつかえます(笑)
    良い情報ありがとうございました。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)