Looopでんきとピタでんを比較!料金が安くてサービスが良いのはどっち?

Looopでんきとピタでんはどっちがおすすめ?料金やサービスはどれくらい違うの?など気になっていますよね。

結論から言うと、電気料金はピタでんの方が若干安いため少しでも安くしたい人にはピタでんがおすすめ。

しかしピタでんは解約金が発生したり、経営状態に不安があるため、サービスや業績の安定性など総合的に考慮したい方にはLooopでんきがおすすめです。

この記事ではLooopでんきとピタでんの料金面を中心に、サービス内容、割引、環境配慮などを徹底比較しています。

最後に両社への申し込み方法もあわせて説明しているので、ぜひ参考にしてください。

Looopでんきとピタでんを比較

Looopでんき、ピタでんともに「基本料金0円」が特徴の新電力。ピタでんは先行していたLooopでんきを徹底的に研究したことで、全てのエリアでLooopでんきより安い料金単価を実現しています。

しかしピタでんはそのあまりの安さから、2期連続で計300億円超の巨額赤字を出しています。また2018年には業務改善勧告が出されたこともあり、経営状態に大きな不安があるのも事実です。

ここでは以下の項目を詳細に比較していきます。
 Looopでんきピタでん
電気料金わずかに高いわずかに安い
セット割都市ガスとのセットで2%OFFなし
環境・エコ良い悪い
その他のサービス解約金0円2,000円+税
支払い方法クレジットカードクレジットカード
無料トラブル対応電気トラブルに対応
(関東のみ)
なし
電気の見える化ありあり

電気料金比較

Looopでんき、ピタでんはともに「基本料金0円」「電気の単価が一律」という料金体系となっています。

電気代は使用量によって料金が変わるため、一人暮らしの場合、二人暮らし以上の場合の2つに分けて比較します。

一人暮らしの場合は?

 Looopでんきエルピオでんき
一人暮らし
30A/120kwh
北海道電力エリア3,540円3,452円
東北電力エリア3,168円3,085円
東京電力エリア3,168円3,085円
中部電力エリア3,168円3,085円
北陸電力エリア2,556円2,535円
関西電力エリア2,688円2,590円
中国電力エリア2,928円2,828円
四国電力エリア2,928円2,871円
九州電力エリア2,808円2,719円
一人暮らしの平均的な使用量の場合、ピタでんはLooopでんきより全てのエリアで月に数十円ですが安くなります。

ピタでんはLooopでんきより電気の単価をわずかに安く設定しています。そのため、わずかではありますがピタでんの方が電気代自体も安くなっています。

とはいえその差はほとんどないと言ってもいいでしょう。

二人以上世帯の場合は?

 Looopでんきピタでん
2~3人暮らし
40A/400kwh
北海道電力エリア11,800円11,508円
東北電力エリア10,560円10,284円
東京電力エリア10,560円10,284円
中部電力エリア10,560円10,284円
北陸電力エリア8,520円8,452円
関西電力エリア8,960円8,636円
中国電力エリア9,760円9,428円
四国電力エリア9,760円9,572円
九州電力エリア9,360円9,064円
4~5人暮らし
50A/600kwh
北海道電力エリア17,700円17,262円
東北電力エリア15,840円15,426円
東京電力エリア15,840円15,426円
中部電力エリア15,840円15,426円
北陸電力エリア12,780円12,678円
関西電力エリア13,440円12,954円
中国電力エリア14,640円14,142円
四国電力エリア14,640円14,358円
九州電力エリア15,210円13,596円
2~3人暮らしでは200-300円、4~5人暮らしでは500円ほど、ピタでんの方がLooopでんきより安くなります。

単価の違いによる料金差は電気の使用量が多いほど大きくなるため、電気をたくさん使うほどピタでんの方が安くなっていくのです。

Looopでんきも決して高いわけではありませんが、少しでも安い料金で利用したいならピタでんが良いでしょう。
電気使用量が多い場合はピタでんの「使いたい放題プラン」が安い
ピタでんには、電気を500kwh以上使う家庭向けに「使いたい放題プラン」という専用プランも用意されています。

北海道・関東・中部・中国・四国エリアでは、ピタでんの「使いたい放題プラン」を利用することでLooopでんきよりさらに大きな節約が可能になります。
 Looopでんきピタでん
(使いたい放題プラン)
4~5人暮らし
50A/600kwh
北海道電力エリア17,700円17,000円
東京電力エリア15,840円14,970円
中部電力エリア15,840円13,950円
中国電力エリア14,640円13,950円
四国電力エリア14,640円13,950円
多くのエリアで700-1,000円、中部エリアに限っては2,000円近く、Looopでんきよりも安くなっています。

電気を毎月コンスタントに500kwh以上使う家庭であればピタでん「使いたい放題プラン」がお得です。

Looopでんきはガスセット割で料金が安くなる

Looopでんきは東京ガスの供給エリアで都市ガスを販売しており、電気とガスをセットで契約することで電気代が2%OFFになります。

また、Looopのガスはほとんどのケースで東京ガスよりガス代を安くすることができるので、電気とガスをセットで安くすることができます。

ピタでんにはガスのサービスはないため、光熱費全体で節約したい方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。

Looopでんきの方が環境に優しい

電気を1kwh発電するのに発生する二酸化炭素の量を示す「CO₂排出係数」という数値を比較します。

数値が低いほど環境負荷が少ないです。
 Looopでんきピタでん
CO₂排出係数
(2018年度)
349g513g
ピタでんに比べLooopでんきはCO₂排出係数が低く、環境に優しいことがわかります。

ピタでんの513gという数値は東京電力の462gと比べても多く、新電力の中でも「やや多い」水準となります。

その他サービスを比較

 Looopでんきピタでん
初期費用0円0円
解約金0円2,000円+税
支払い方法クレジットカードクレジットカード
無料トラブル対応電気トラブルに対応
(関東のみ)
なし
電気の見える化ありあり
Looopでんきには解約金はありませんが、ピタでんには1年以内の解約で2,000円+税の解約金が発生します。

Looopでんきをはじめとした新電力の多くは解約金がかからず、発生しても500円程度が相場となっているため、この解約金はピタでんを利用する際のデメリットと言えます。

また、Looopでんきには停電やブレーカー故障、コンセントの焦げ付きなどの電気トラブルに電話一本で24時間365日無料で一時対応してくれるサービスが付帯します。ピタでんの場合は自費(10,000円程度)で依頼することになります。

サービス面ではLooopでんきの方が優れていると言えるでしょう。

Looopでんきがおすすめな人

  • 解約金を支払いたくない人
  • 電気とガスをセットにしたい人
  • 料金とサービスを総合的に考慮したい人
Looopでんきの魅力は料金の安さに加え、解約金など余計な費用がかからないこと、ガスとのセット契約ができること、万一のトラブルにも対応してくれるということです。

ピタでんとの料金差は電気を特にたくさん使う方でない限り月に500円程度ですし、ピタでんと違いいつ解約しても余計な費用を請求されることがありません。また、ガスとセットにすればピタでんとの料金差はほぼなくなります。

Looopでんきは独立系新電力でNO.1の契約者数ということもあり、経営状態も万全です。料金の安さとサービスや企業の安定性などを両立させたい方はLooopでんきがおすすめです

ピタでんがおすすめな人

  • 電気料金を1円でも安くしたい人
  • 必ず1年以上継続して契約できる人
  • 万一撤退した場合もすぐに別の電力会社に乗り換えられる人
ピタでんはLooopでんきより全てのエリアで数十円から数百円安いため、少しでも電気代を安くしたいならおすすめです。

特に「使いたい放題プラン」は1,000円以上も安くすることができるため、電気をたくさん使う方に向いています。

しかし、1年未満で2,000円+税の割高な解約金が発生するため、1年以上は必ず継続できるという方の方が良いでしょう。

また、ピタでんは経営状態があまり良くありません。万一ピタでんが撤退または倒産しても即座に電気が止まることはなく、電気は地域の電力会社から代わりに供給され続けますが、一定期間内に次の電力会社に乗り換えなくてはなりません。

こうしたリスクをしっかりと認識し、許容できるという方はピタでんを選びましょう。

Looopでんきとピタでんの申込み方法

最後に、Looopでんきとピタでんの申込方法をそれぞれ説明します。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきの申し込みは公式サイトから行います。

公式サイトから専用の申し込みページに遷移後、現在の契約情報や申し込みたいプラン内容、支払い情報などを入力します。

申し込みの際には電気の検針票支払いに使うクレジットカードを用意しておきましょう。

必要情報を全て入力すれば申し込み完了です。申し込みから約1ヵ月でLooopでんきに切り替わります。工事や立ち合いなどは不要で、現在の電力会社への解約も代わりにやってもらえます。

あとは開通日まで待っていればOKです。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

※選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間2万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

Looopでんき公式サイト

ピタでんの申し込み方法

ピタでんの申し込みは公式サイトから行います。

公式サイトで現在の契約情報、申し込みたいプラン内容、支払い情報などを入力すると申し込み完了です。

電気の検針票支払いに使うクレジットカードを用意しておきましょう。

ピタでんの利用開始は申し込みから約1ヵ月後です。工事や立ち合い、解約連絡などは不要なのでそのまま待ちましょう。

まとめ

Looopでんきとピタでんを比較してきました。

電気料金の安さではピタでんが若干上回りますが、サービス面や会社の安定性などで不安な点も多くあります。

マイナス面もしっかり理解して、どちらに申し込むかを決めるようにしましょう。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ