Looopでんきと北海道電力の料金比較!どっちが安いか徹底検証

評価:5.00 - 2件の票数

もはや新電力の代名詞となりつつあるLooopでんき。

「基本料金0円」+「一律料金」という革新的なプランで圧倒的な人気を誇っていますが、そんなLooopでんきは北海道でもお得なのでしょうか?

この記事ではLooopでんきの料金や北海道電力と比較してどちらが安いのか、実際にどれくらいお得になるのかなどを徹底的に調べました。

ぜひ北海道に住んでいる方は読んでみてください!

 

初めての方にはLooopでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがLooopでんきです。

Looopでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・とにかく電気代が安くなる
・年間20,000円以上安くなった人多数!
・工事費・解約金0円なのでお試しで契約できる

私も初めての電気の切り替えはLooopでんきでしたが、面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができました!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

躊躇している間に高い電気料金を払い続けることほどもったいないことはありません!

下記窓口の画面右上の「お申し込み」というところから申し込みができますよ。

※とりあえずいくら安くなるか知りたい!という方は『エリアチェック』というボタンに入力することで調べてもらえますよ。

Looopでんきと北海道電力の電気料金比較

シミュレーションの前に、Looopでんきと北海道電力の料金プランを簡単に見てみましょう。

そんなこといいから早くシミュレーションを見たい!という方はこちらまで飛んでください。

電気料金は契約自体にかかる「基本料金」と、電気を使った分だけかかる「従量料金」の二つから成り立っています。

基本料金の比較

基本料金は自分が何アンペアで契約しているかによって料金が変わります。

契約アンペア数は毎月の検針票(料金明細)に書いてありますが、ほとんどの方が30A、40A、50Aで契約していると思います。

 北海道電力Looopでんき
10A334.8円0円
15A502.2円0円
20A669.6円0円
30A1004.4円0円
40A1339.2円0円
50A1674円0円
60A2008.8円0円

注目すべきはやはりLooopでんきの0円

北海道電力では毎月かかる基本料金が、Looopでんきでは全くかかりません。

つまり、これだけで毎月1,000円~2,000円が浮くということなんです。

従量料金の比較

従量料金は電気の使用量(kWh)×単価(円)で求められます。

北海道電力をはじめ、多くの電力会社が使用量が増えるほど単価が上がる仕組みをとっています。

 北海道電力
(単価)
Looopでんき
(単価)
120kWhまで23.54円
29円
120kWhを超え
280kWhまで
29.72円
29円
280kWhを超える分33.37円
29円

ここでも特徴的なのはLooopでんきの一律料金。

最初の120kwh分までの単価が高く、それ以降の単価が安くなっています。

つまり、たくさん使うほど割安になっていくということです。

でも、使用量が少ないと割高になるの?と思うかもしれませんが、Looopでんきは基本料金が0円なので結果として安くなるんです。

Looopでんきと北海道電力を比較した具体的な料金シミュレーションを見てみましょう。

Looopでんきと北海道電力のシミュレーション比較

様々な使用量を想定して、北海道電力とLooopでんきの料金を比べてみました。

ご自身の使用量に近いものをチェックしてみてくださいね。

1~2人暮らし

●30A契約、月に120kwh使用の場合

北海道電力⇒3,829円/月
Looopでんき⇒3,480円/月

結果:Looopでんきの方が349円安い

2~3人暮らし

●40A契約、月に350kwh使用の場合

北海道電力⇒11,255円/月
Looopでんき⇒10,150円/月

結果:Looopでんきの方が1,105円安い

3~4人家族

●50A契約、月に500kwh使用の場合

北海道電力⇒16,595円/月
Looopでんき⇒14,500円/月

結果:Looopでんきの方が2,095円安い

4~5人家族

●50A契約、月に600kwh使用の場合

北海道電力⇒19,932円/月
Looopでんき⇒17,400円/月

結果:Looopでんきの方が2,532円安い

まとめ

今回はすべてのケースで北海道電力よりもLooopでんきが安くなりました。

電気使用量が多いご家庭はもちろん、一人暮らしで電気をあまり使わないケースでも300円~500円安くなりましたね。

比較して思ったのは、やはり基本料金0円と一律料金はお得だということ。

今までと同じ生活をしていて、電気を切り替えるだけで電気代が節約できるんです。

電気の乗り換えは早くすればするほどお得です。ぜひ電気代を少しでも下げたい方はお早めの切り替えをおすすめします。

Looopでんきと北海道電力の特徴を比較

さて、料金に関してはLooopでんきが圧倒的に北海道電力よりも安くなることが分かっていただけたと思います。

ここでは、料金以外の面でLooopでんきと北海道電力を簡単に比べてみます。

解約金・違約金はある?

Looopでんき⇒契約金・違約金・解約手数料なし
北海道電力⇒契約金・違約金・解約手数料なし

料金プランは何種類?

Looopでんき⇒1つだけ(おうちプラン)
北海道電力⇒6種類

北海道電力では生活スタイルに合わせて6つのプランから選べますが、基本的にどれを選んだとしてもLooopでんきより安くなることはありません(オール電化の方を除く)。

公式キャンペーンはある?

Looopでんき⇒なし
北海道電力⇒なし

ポイントサービスはある?

Looopでんき⇒なし
北海道電力⇒あり※

北海道電力ではWEB会員限定で、別途登録手続きをすることでポイントサービスを受けることができます。

ログインやアンケートへの回答などでポイントがたまっていき、景品との交換や地域団体への寄付金として利用することができます。

セット割はある?

Looopでんき⇒なし
北海道電力⇒なし

まとめ

以上、Looopでんきと北海道電力の比較でした。

料金面では圧倒的にLooopでんきがお得という結果になりましたね。

やはり電気は一生使い続けるものですから、出費は少しでも抑えたいですよね。

みなさんが電力会社を替える一番の目的は、「電気料金を安くすること」だと思います。

せっかくの電力自由化、節約をする最高のチャンスです。

Looopでんきへの切り替えで固定費を削減して、他の家庭と差をつけてしまいましょう。

評価:5.00 - 2件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)