Looopでんき×一人暮らしで安くなるのはこんな人!体験談あり

Looopでんきの利用を検討している一人暮らしの人は、自分も契約して安くなるのか気になりますよね。

特に「Looopでんきは一人暮らしだと高くなる」という評判もあり、乗り換えない方がいいのでは…と思っている方もいるかもしれません。

しかし、実はエリアや電気の使用量、契約内容によっては一人暮らしでもLooopでんきで安くなれる場合が多かったのです。

そこでこの記事ではLooopでんきに切り替えて安くなる人はどんな人か?分かりやすくまとめました。

なお、私自身一人暮らしをしていた時期に実際にLooopでんきを利用してみました。その際の体験談もあわせてお話します。

Looopでんき×一人暮らしで安くなるのはこんな人

一人暮らしでもLooopでんきに乗り換えてお得になるのは、以下のどちらかに当てはまる人です。
  • 30アンペア以上で契約している人
  • 関西・中国・四国で月6,000円以上になる人

30アンペア以上で契約している人

アンペアとは電気を一度に流せる容量のようなものですが、北海道、東北、関東、中部、北陸、九州地方にお住まいの方はこのアンペア数に基づいて電気を契約する仕組み(アンペア制)になっています。

アンペア数は10Aから60Aまでありますが、現在30アンペア以上で契約している人なら使用量に関係なくLooopでんきに乗り換えて安くすることができます。

具体的にどれくらい安くできるか?はエリアによって異なるので、1か月の節約額を計算してみます。

電気使用量が少なめ~普通の場合と多めの場合の二つで計算しましたが、月に数百円の節約になっていることがわかります。
 少なめ~普通
30A/90kWh
多め
40A/120kwh
北海道-526円-701円
東北-286円-381円
関東-271円-361円
中部-378円-504円
北陸-415円-554円
九州-356円-475円
一人暮らしなど電気をあまり使わない生活の場合、多くの新電力では安くなっても月に100円程度のところが多いので、むしろ30A以上で契約しているならLooopでんきはかなりお得と言えるのです。

上の例では分かりやすく電気の使用量(kWh)を決めて計算しましたが、実際はどんな使用量であってもアンペアが30A以上であれば必ずLooopでんきで安くなります。

自分の家が何アンペアで契約しているかは毎月届く検針票に記載されていますが、よほど節電を意識されている人でない限り、多くの人が30A以上で契約しているはず。

アンペア制のエリアの人は、実は多くの場合でLooopでんきに切り替えてお得にすることができるのです。

関西・中国・四国で月6,000円以上になる人

関西、中国、四国エリアではアンペア制の契約となっていないため、〇〇Aで契約するという概念がありません。

これらの地域では契約内容に関係なく、従来の電力会社(関電、中電、四電)で月の電気代が6,000円を上回る人であればLooopでんきに乗り換えて安くすることができます。

月の電気代が6,000円を上回るような場合で従来の電力会社とLooopでんきの料金を比べると、僅かにLooopでんきの方が安くなっていることがわかります。
 地域の
電力会社
Looopでんき
関西
(260kWh使用)
6,086円5,824円
中国
(255kWh使用)
6,228円6,222円
四国
(250kWh使用)
6,140円6,100円
逆を言えば、月6,000円に満たない人ではLooopでんきの方が高くなってしまいます。

一人暮らしで月6,000円以上というとかなり電気をたくさん使う人でないと該当しませんが、「ペットのためにエアコンをつけっぱなしにする」「一軒家で電気をよく使う」などの人であればLooopでんきに切り替えて安くすることができますね。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間で3万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●申し込み手続きが簡単

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

4月30日までの期間限定キャンペーンなので、このチャンスにLooopでんきに切り替えましょう!

Looopでんきが一人暮らしでも安くなる理由

「Looopでんきは一人暮らしだと高くなる」という評判も実際ありますが、安くなる場合も多いことがわかったと思います。

ではなぜ一人暮らしだと高くなると言われがちなLooopでんきでも、上記の条件に当てはまれば安くなれるのでしょうか?

それは、Looopでんきの基本料金0円による節約効果が特に大きくなるからです。

一人暮らしでは、電気代が月に3,000円~4,000円程度の人が多いでしょう。

電気料金は毎月固定でかかる「基本料金」と、電気を使った分だけ支払う「従量料金」の2つの合計から成り立ちますが、使用量が少ない人にとっては基本料金の占める割合が大きくなります基本料金と従量料金の棒グラフ

例えば関東で30Aで契約している人なら858円、40Aなら1,144円が基本料金としてかかっていましたが、これがLooopでんきならまるまる0円になるということなのです。

一方の従量料金に関しては、Looopでんきは電気をあまり使わないと割高に設定されていますが、基本料金0円のおかげで結果的に安くなります。

つまり、一人暮らしでも基本料金が毎月ある程度かかっている30A以上の方であれば電気料金を安くできるということなのです。

ただ、これは裏を返せば基本料金がもともと低い場合はLooopでんきの基本料金0円の節約効果が小さくなるということ。そのため、20A以下の人やそもそもアンペア制でない関西、中国、四国の方では割高になってしまうのです。
関西、中国、四国エリアではアンペア制でないため、基本料金が存在しません。その代わりに毎月固定でかかる最低料金(300円~400円)があります。
Looopでんきはその最低料金が0円になります。

なお、Looopでんきの公式サイトでは料金シミュレーションもできるので、より詳しく料金を知りたいという方は公式サイトのシミュレーションを活用してみてください。

Looopでんきに一人暮らしの私が申し込んでみた【体験談】

実際に私が一人暮らしをしていた時期に、Looopでんきに申し込んで利用してみました。

ここではみなさんが気になるであろう「本当に安くなったのか?」を中心に、Looopでんきに切り替えてよかったことを3つお話しします。

1.電気代が5,000円近く安くなった

肝心な電気料金ですが、一人暮らしをしていた9ヵ月間で合計4,781円節約することができました。
私の契約状況・生活スタイル
●エリア:東京電力エリア
●契約アンペア:40A
●平日は仕事でほぼ不在、土日は在宅が多い
●節電意識はせず、エアコンなども使用
この画像は、Looopでんき契約者が使えるアプリの「節約額チェッカー」というグラフです。

毎月の電気料金と、東京電力を利用していた場合とのお得額がグラフで表示されています。

Looopでんきのアプリの節約額

ご覧の通り、毎月確実に安くなっているのが分かりますね。

正直なところ、契約前は節約額は微々たるものだろうと思っていましたが、実際利用して9ヵ月で5,000円近く安くできたことは非常に満足しています。

特に節電を心掛けていたわけでもなく、普段通りの生活でしっかりお得になれたというのが嬉しいポイントでした。

2.初期費用・解約金なし

Looopでんきは1年間の契約期間がありますが、途中で解約しても解約金や違約金は一切発生しません。

また、契約に際して初期費用などもありません。

一人暮らしの人の中には短期間で引っ越さなければならず、その際に発生する違約金などが気にかかる人もいると思います。

しかしLooopでんきにはそれらの縛りは一切ないので、もし数か月で引っ越さなければならないという場合であっても無料で解約できます。

また、Looopでんきを契約してみてあまり満足できなかった場合や、生活スタイルが大きく変わったという場合でも、無料で別の電力会社に切り替えるということもできます。

実際私も9ヵ月でその家を引っ越しましたが、もちろん違約金などは取られませんでした。

余計な出費がかからないというのもLooopでんきが良かったと感じるポイントです。

3.引っ越しと同時に利用可能

私がLooopでんきに切り替えたのは引っ越しがきっかけでしたし、これから一人暮らしをする予定だという人もいると思います。

Looopでんきは事前に申し込み手続きをすれば、引っ越しと同時に利用することができます。

新電力の多くは引っ越し先ですぐに使うことができず、1か月は従来の電力会社を利用してからでないと契約できません。

しかしLooopでんきの場合は、申し込みの際に引っ越し先で使う方のボタンから申し込めば引っ越し先ですぐに使うことができるのです。

必要になるのは引っ越し先の住所や入居予定日などの情報です。

引っ越し当日の最低でも1週間前までに済ませておく必要がありますが、簡単な手続きで引っ越し当日から利用できたのはありがたかったです。

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきの申し込み方法はWEB上の公式サイトからのみとなっています。

画面に従って必要事項を入力するだけなので、手続きは5分程度で終わる簡単なものです。

手順をまとめました。
  1. 電気の検針票と電気代を支払うためのクレジットカードを用意する
  2. 公式サイトの「お申し込み」から必要事項を入力する
  3. 2週間程したらマイページとハガキにて供給開始日の案内がくる
  4. スマートメーターの工事が必要であれば、工事が行われる
  5. 現在の電力会社の解約が行われる
  6. 申し込みから1ヵ月前後でLooopでんきに切り替わる

今使っている電力会社の解約手続きはLooopでんきが行ってくれるので、電話をしたり店舗に出向いたりといった必要はありません。

自宅にスマートメーターと呼ばれる電子メーターが設置されていない場合のみ設置作業が行われますが、家の外にあるメーターなので立ち合い不要、費用も掛からず完了します。

申し込みから1ヵ月前後で、晴れてLooopでんきの利用開始となります。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間で3万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●申し込み手続きが簡単

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

4月30日までの期間限定キャンペーンなので、このチャンスにLooopでんきに切り替えましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Looopでんきは一人暮らしの多くの場合で電気代を安くすることができて、契約してからも安心なサービスもあることが分かったと思います。

申し込み方法もとても簡単で、契約手数料や解約・違約金もかからないので、試しにどのくらい安くなるか申し込んでみるのもいいかもしれませんね。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ