Looopでんきが一人暮らしで得する/損するのはこんな人!【体験談あり】

評価:3.78 - 9件の票数

「基本料金0円」+「一律料金」で大人気のLooopでんき。

料金の圧倒的な安さもさることながら、利用者の評判もすこぶる良く、自信をもっておすすめできる電力会社です。

ただ、中にはLooopでんきは電気をたくさん使う人しかお得にならないんでしょ?と思っている方もいます。

特に一人暮らしの方は

「本当に乗り換えてお得になるの?」

「むしろ損してしまうのでは?」

と不安に思っている方も多いかもしれません。

そこでこの記事では、一人暮らしの方がLooopでんきに乗り換えてもお得になるのか、具体的な例やシミュレーション、実際に利用している私自身の実体験を交えながら解説していきます。

ぜひ一人暮らしの方でLooopでんきが少しでも気になっている方は読んでみてください!

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

【結論】お得になるカギは「エリアと使用量」

早速ですが、一人暮らしでもLooopでんきがお得になるのか?その答えは…

「エリア」と「使用量」による、です。

次の例を見てみてください。

東京電力エリアの方で、月に120kwh使う(約3,500円/月)方では…
⇒Looopでんきに切り替えると350円お得になります!

関西電力エリアの方で、月に120kwh使う(約2,500円/月)方では…
⇒Looopでんきに切り替えると200円損してしまいます。

関西電力エリアの方で、月に300kwh使う(約4,400円/月)方では…
⇒Looopでんきに切り替えると55円お得になります!

このように、自分がどの地域に住んでいて、どれくらい電気を使うかによって異なるんです。

ですので、一人暮らしの方は「自分が住んでいるエリアではどれくらいの使用量ならお得になるのか」を把握することがカギになります。

そこで、この記事では各エリアごとにお得になる使用量を一目見て分かるよう、計算して一覧にしてまとめました。

これさえ見れば、自分がLooopでんきで得するか損するかが一発でわかります!

ぜひ自分の使用量と照らし合わせて確認してくださいね!

Looopでんきが一人暮らしで得する人/損する人

一覧を見る前に、一人暮らしの方がLooopでんきで安くできるかどうかのポイントをざっくりと把握しておきましょう。

そんなこといいから、安くなる使用量を知りたい!という方はこちらまで飛んでください。

Looopでんきの料金の仕組み

Looopでんきの強みは、基本料金が0円なことと、3段料金(使用量が一番多い段階の料金)単価が安いことです。

一方、従量料金単価が一律のため、1段料金はどうしても従来の電力会社よりも高くなってしまいます。

Looopでんきで安くできるかどうかは、以下の点にかかっています。(エリアによって異なります。)

●アンペア契約のエリア(北海道、東北、東京、中部、北陸、九州)
・基本料金0円で従量料金が割高な分(1段料金~2段料金)をカバーできるか
・3段料金の単価の安さで従量料金が割高な分(1段料金~2段料金)をカバーできるか

●アンペア契約のないエリア(関西、中国、四国)
・3段料金の単価の安さで従量料金が割高な分(1段料金~2段料金)をカバーできるか

一定のアンペア数を超えれば無条件に安くなる

これはアンペア契約のエリアに限った話になりますが、アンペア数が高ければ使用量に関わらず必ずお得になります。

そのボーダーラインはエリアによって異なるので、自分の現在の契約と照らし合わせてみてください。

一人暮らし必見!エリア別使用量一覧

エリアごとに一人暮らしでお得になる使用量を計算してまとめました。

関西・中国・四国エリア以外では、「現在何アンペアで契約しているか」によってもお得になる使用量が変わるので、自分の該当するアンペアのところを見てくださいね。

(アンペアはみなさんの「検針票(請求書)」に記載されています。ちなみにほとんどの方が30Aか40Aで契約していると思います。)

▼北海道電力エリア

北海道エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
20A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が61kWh以下(1,770円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が91kWh以下(2,644円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

北海道電力エリアでは、アンペア契約が20A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一人暮らしの方でもほとんどの方が20A契約以上だと思うので、ほぼすべての方がLooopでんきに乗り換えて安くなるということです。

これに当てはまる北海道在住の方は、心配することなく乗り換えられますよ。

閉じる

▼東北電力エリア

東北電力エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
40A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が41kWh以下(1,071円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が62kWh以下(1,616円/月)ならLooopでんきの方がお得

●20Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が83kWh以下(2,161円/月)ならLooopでんきの方がお得

●30Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が156kWh以下(4,056円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

東北電力エリアでは、アンペア契約が40A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一方、一人暮らしの方の中には20Aや30Aなどで契約している方もいると思うので、これらの方は上に書いたお得になる使用量の範囲に当てはまるかを確認してください。

例えば30Aで契約している方なら、たくさん電気を使う夏や冬でも150kwhくらいに収まるという方であれば、Looopでんきに切り替えてお得になります。

ぜひ自分の使用量を今一度確認してみましょう。

ちなみに後ほど詳しく紹介しますが、お得になる使用量に当てはまらない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼東京電力エリア

東京電力エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
30A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が43kWh以下(1,120円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が65kWh以下(1,690円/月)ならLooopでんきの方がお得

●20Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が86kWh以下(2,240円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

東京電力エリアでは、アンペア契約が30A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一人暮らしの方でもほとんどの方が30A以上で契約していると思うので、ほとんどの方が使用量に関わらすLooopでんきに切り替えて安くなるでしょう。

一方、それ以下のアンペアで契約している方は注意が必要です。

例えば現在20Aで契約している方は、電気をたくさん使う夏や冬に電気の使用量が86kwhを超える場合はLooopでんきに切り替えると高くなるので注意が必要です。

ちなみに後ほど詳しく紹介しますが、お得になる使用量に当てはまらない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼中部電力エリア

中部電力エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
30A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が52kWh以下(1,356円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が79kWh以下(2,054円/月)ならLooopでんきの方がお得

●20Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が105kWh以下(2,733円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

中部電力エリアでは、アンペア契約が30A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一人暮らしの方でも多くの方が30A以上で契約していると思うので、多くの方が使用量に関わらすLooopでんきに切り替えて安くなるでしょう。

一方、それ以下のアンペアで契約している方は注意が必要です。

例えば現在20Aで契約している方は、電気をたくさん使う夏や冬に電気の使用量が105kwhを超えるという場合は、Looopでんきに切り替えると高くなるので注意が必要です。

ちなみに後ほど詳しく紹介しますが、お得になる使用量に当てはまらない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼北陸電力エリア

北陸電力エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
20A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が68kWh以下(1,428円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が102kWh以下(2,532円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

北陸電力エリアでは、アンペア契約が20A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一人暮らしの方でもほとんどの方が20A契約以上だと思うので、ほぼすべての方がLooopでんきに乗り換えて安くなるということです。

これに当てはまる北陸地方在住の方は、心配することなく乗り換えられますよ。

閉じる

▼関西電力エリア

関西電力エリア

一番使わない月の使用量が184kWh以上(4,050円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

関西電力エリアの場合、電気を使わない月でも最低184kwhを使わなければ、Looopでんきに乗り換えても安くならない(むしろ高くなる)ので注意しましょう。

これは、関西電力エリアにはそもそも基本料金が存在しないため、Looopでんきの基本料金0円のメリットが生かされないからなんです。

184kwhというと、月の電気代が4,000円を超えますから、比較的たくさん電気を使う一人暮らしの方はお得になりますが、平日あまり家にいない会社員の方などではかえって高くなってしまうでしょう。

後ほど詳しく紹介しますが、この使用量に達しない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼中国電力エリア

中国電力エリア

一番使わない月の使用量が258kWh以上(6,193円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

中国電力エリアの場合、多くの一人暮らしの方が今までより高くなってしまう可能性があります。

具体的には、電気を一番使わない月でも最低258kwhは使わないと、Looopでんきに乗り換えて安くならない(=今までより高くなる)んです。

258kwhというと、電気代が6,000円を超えるので、エアコンを使う夏や冬などでは該当するかもしれませんが、それ以外の258kwhに満たない月では今までより高くなってしまうんです。

後ほど詳しく紹介しますが、この使用量に達しない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼四国電力エリア

四国電力エリア

一番使わない月の使用量が239kWh以上(5,736円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

四国電力エリアの場合、多くの一人暮らしの方が今までより高くなってしまう可能性があります。

具体的には、電気を一番使わない月でも最低239kwhは使わないと、Looopでんきに乗り換えて安くならない(=今までより高くなる)んです。

239kwhというと、電気代が5,700円くらいになるので、エアコンを使う夏や冬などでは該当するかもしれませんが、それ以外の239kwhに満たない月では今までより高くなってしまうんです。

後ほど詳しく紹介しますが、この使用量に達しない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

▼九州電力エリア

九州電力エリア

※現在何アンペアで契約しているかによって変わります。

●必ずお得になるアンペア数
30A以上

●10Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が49kWh以下(1,131円/月)ならLooopでんきの方がお得

●15Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が74kWh以下(1,705円/月)ならLooopでんきの方がお得

●20Aの場合
⇒一番多く使う月の使用量が99kWh以下(2,280円/月)ならLooopでんきの方がお得

※解説※

九州電力エリアでは、アンペア契約が30A以上ならどんな使用量でも必ず今までよりお得になります。

一人暮らしの方の多くが30A契約以上だと思うので、大半の方がLooopでんきに乗り換えて安くなるでしょう。

一方、それ以下のアンペアで契約している方は注意が必要です。

例えば現在20Aで契約している方は、電気をたくさん使う夏や冬に電気の使用量が99kwhを超えるという方は、Looopでんきに切り替えると高くなるので注意が必要です。

ちなみに後ほど詳しく紹介しますが、お得になる使用量に当てはまらない一人暮らしの方はHTBエナジーシン・エナジーなど他の電力会社を検討してみてください。

閉じる

シミュレーションしてみよう

自分がどれくらいお得になるかは、実際の使用量でシミュレーションして確かめましょう!

シミュレーションは比較サイトではなくこちらの窓口がおすすめです。
●純粋な電気料金だけで計算!
●余計なポイント還元分などは含まない
●多くの電力会社と比べられる
●希望すればそのまま申込みもできる!

正確さとオペレーターの対応の良さが評判で、2019年6月現在当サイトで最も選ばれている窓口です。

下記窓口の 『エリアチェック』に入力で、正確なシミュレーションをしてみましょう。

自分でわからない場合は相談してみよう

いかがでしょうか?

多くの場合でLooopでんきに乗り換えて安くなる一方、関西・中国・四国エリアの方はLooopでんきに乗り換えると高くなる可能性もありましたね。

とはいえ、自分の使用量なんて覚えていないという方、本当に乗り換えて大丈夫か不安という方もいると思います。

そういう方は、こちらの窓口から問い合わせがオススメです。

ここの窓口ではあなたの住んでいる地域や生活スタイルから、本当に安くなるか具体的なシミュレーションをして調べてくれます。

もしきちんと安くなれば申し込めばいいですし、実はLooopでんきで損をしてしまうと分かれば、他にもっとピッタリな電力会社を探してくれます。

私もこうしてLooopでんきを紹介していますが、安くならないのに申し込んで、今までより損をしてしまった、ということがないようにしてほしいと思っています。

少しでも不安に思った方は、契約してから後悔しないように一度お問合せして確認してみてください。

こちらの窓口の『エリアチェック』からお問い合わせできます。

Looopでんきが向かない人におすすめの電力会社

上の表を見て、Looopでんきがお得にならない一人暮らしの方にはこの2つの電力会社がおすすめです。

HTBエナジー

HTBエナジー

HTBエナジーの特徴は、従来の電力会社の料金から一律5%OFFになるということ。

たくさん使ってもほとんど使わなくても、関係なく必ず安くなるんです。

割引額自体は大きくないですが、自分の使用量だとLooopでんきでは損をしてしまう…という一人暮らしの方にはおすすめです。

シン・エナジー

シン・エナジーは、どのエリアでも基本料金(最低料金)と一段料金が安く設定されています。

一段料金とは電気使用量が少ないときに適用される料金単価のことで、これが安くなっているため一人暮らしで電気をあまり使わない人でも確実にお得になるんです。

Looopでんきでは損をしてしまう方、電気の使用量が大きく変動するので条件にあてはまるかわからない、という方はシン・エナジーも検討してみましょう。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から対象の電力会社に申し込むと、6月限定でもれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえるチャンスはほとんどありません。

電気使用量が増える夏前のこのタイミングに、ぜひお得に乗り換えましょう!

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

Looopでんきを一人暮らしが使うメリット・デメリット

Looopでんきを一人暮らしの方が利用するメリットとデメリットをまとめました。

Looopでんきを一人暮らしが使うメリット

Looopでんきがお得になる条件に当てはまったというみなさん!実は料金以外にもメリットがあるんです。

4つのメリットを紹介します。

1.申し込み・工事が簡単!

Looopでんきの申し込みはwebから簡単にできます。

その後、スマートメーターがない方はその設置工事がありますが、基本的に立ち会い不要で無料で行ってくれます。

申し込みがWEBで完結して、工事も無料で立ち合いがいらないのは忙しい一人暮らしの方にはかなり嬉しいですよね。

2.契約期間の縛り・解約金・違約金・解約手数料がない!

新電力の中には早期解約で違約金が発生するところもありますが、Looopでんきは解約金や違約金、解約手数料などがありません。

いつでも無料で解約できるので、お試し感覚で契約することもできます。

また、もし出張や転勤などで引っ越しをする場合でも、解約金などの余計な出費がかからないのもLooopでんきがおすすめな理由です。

3.webやアプリで使用量が確認できる!

Looopでんきは30分ごとの電気使用量をwebやスマホアプリで確認することができます。

さらに、従来のプランと比べていくら節約できたかが具体的にわかる「節約額チェッカー」という便利機能まであります。

一日の電気の使用量が1時間単位のグラフで分かるので、節約の手助けにもなりますよ。

4.電気のトラブル時に無料で駆け付けてくれる!

停電やコンセントが焦げ臭いなどの電気のトラブルに24時間365日駆け付けてくれる「かけつけるーぷ」というサービスもあります。

通常は平日9,000円、土日祝・夜間で13,000円かかってしまうところ、60分までの作業は無料で対応してくれるというかなりありがたいサービス!

東京電力エリア限定なので、対象地域の方は積極的に利用しちゃいましょう。

Looopでんきを一人暮らしが使うデメリット

一方で、一人暮らしでLooopでんきを利用するときの注意点もあります。

契約してから後悔しないよう、よく確認してくださいね。

1.エリア・使用量によっては割高になることがある

先ほども書きましたが、エリアや使用量によってはLooopでんきで損をしてしまう場合もあります。

特に関西、中国、四国エリアの一人暮らしの方は使用量が少ないと割高になってしまいます。

自分の使用量で安くなるのか、事前にしっかりシミュレーションしておくことが重要です。

2.支払い方法はクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみで、口座振替やコンビニ払いはできません。

クレジットカードを持っていない、使いたくないという方も少なからずいますよね。

他の新電力では口座振替ができるところもあるので、この点はデメリットと言えるでしょう。

3.ガスやスマホとのセット割がない

少しでも固定費を削減するためにセット割を期待していた方もいるかもしれませんが、Looopでんきにはセット割のサービスがありません。

ただ、その分シンプルに電気料金が安いのがLooopでんきの強みです。

東京ガスやソフトバンクでんきなど、ガスやスマホとのセット割サービスがある新電力もいくつかありますが、実際そこまで割引にはなりません。

セット割があるからと言って、セット割がない新電力よりお得になるというわけではないということを覚えておいてください。

4.オール電化用のプランがない

一人暮らし向けのオール電化物件に住んでいる方もいらっしゃいますよね。

残念ながら、Looopでんきにオール電化用のプランはありません。

通常オール電化は深夜に熱を作るため、オール電化用のプランでは夜間料金が安くなっています。

しかし、Looopでんきは変わらず一律料金なので、オール電化の方が利用すると電気料金が高くなってしまうんです。

Looopでんきに限らず、新電力のほとんどはオール電化用のプランがありません。

オール電化物件に住んでいる方は、現在のプランを引き続き利用することをおすすめします。

まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

一人暮らしの私の体験談

最後に、私自身の体験談をお話しします。

これまで家族と一緒に一軒家で暮らしていましたが、最近になって仕事の都合により都内で一人で暮らしています。

現在の家(マンション)でもLooopでんきを契約して利用しているので、参考になればと思ってお話しますね。

結論:東京電力より約350円安くなった

結論から言うと、Looopでんきを利用して月あたり350円の節約に成功しています。

こちらはLooopでんきのアプリで見れる節約額です。

Looopでんき節約チェッカー

東京電力で同じだけ電気を使っていた場合より2か月で700円、つまり1か月で350円安くなっているのがわかりますね。

現在の家でLooopでんきを利用しだしてまだ2か月ですが、4月5月という電気をあまり使わない月でもしっかりと安くなっていることを考えると、夏や冬などエアコンをたくさん使う月の節約額はもっと大きくなることが期待できます。

ただ、水を差すようなことを言いますが、あくまで都内在住の私の使用量の場合の話です。

くどいようですが、すべての方があてはまるわけではないので注意してくださいね。

各エリアごとのお得になる使用量はすでにまとめましたが、少しでも不安がある方はこちらの相談窓口に問い合わせて事前に確認することをおすすめします。

あなたの住んでいる地域や生活スタイルから、本当に安くなるか具体的なシミュレーションをして調べてくれます。

ぜひ契約後に後悔をしないようにしてください!

こちらの窓口の『エリアチェック』からお問い合わせできます。

まとめ

Looopでんきを一人暮らしの方が利用すると得するのか?損するのか?まとめてきました。

エリアと使用量によって、一人暮らしの方がLooopでんきを使うべきかどうかが変わることがわかったと思います。

簡単にまとめると…
●30A以上で契約している方はほぼ全員安くなる
●関西・中国・四国エリアの人は高くなる可能性大
●契約アンペアが小さい人は使用量をよく確認しよう

ぜひ、少しでも不安に思った方は契約前に当サイトでも紹介している窓口で確認して、後悔のないようにしてくださいね!

評価:3.78 - 9件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Looopでんきがマンション・一人暮らしでもお得になる理由について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。