Looopでんき×一人暮らしで安くなるのはこんな人!評判や体験談あり

電気代が安くなることで人気を集め、申し込み件数が15万件を突破したLooopでんき。

しかし、「一人暮らしで電気をあまり使わなくても安くなるの?」「Looopでんきは一人暮らしには向いていないと聞いたけど実際はどうなの?」などと思っている人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、Looopでんきに切り替えてもお得にならない人もいますが、一人暮らしの人の多くは電気代を安くすることができます。

今回は、どんな人が安くなるのかの具体例やその理由を詳しく説明していきます。

またLooopでんき利用者の評判や、一人暮らしをしている私が実際にLooopでんきに契約してどうなったのかの体験談も紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

Looopでんきとは

基本情報
運営会社株式会社Looop
供給エリア全国エリア(沖縄電力を除く)
キャンペーンなし
支払い方法クレジットカードのみ
※デビットカードや
口座引き落とし、
コンビニ支払いはできません
Looopでんきとは2016年の電力自由化に伴ってできた新電力の一つです。

電気代が安くなることやメリットも多いことから、たくさんの人に選ばれ続けて申し込み件数が15万件を超えました。

つまりLooopでんきは、サービスや評判がいい電力会社と言えます。

Looopでんき×一人暮らしで安くなるのはこんな人

従来の電力会社からLooopでんきに切り替えて安くなるかどうかは、現在の契約アンペア数によって違います。

各エリアの電力会社に問い合わせたところ、一人暮らしのアンペア数は30Aの人がほとんどで次に20Aが多いとのことでした。

そこで、30Aと20Aでどのくらいの電気代ならお得になるのかを計算してみました。

一人暮らしで必ずお得になる人は…
  • 30A以上の人
  •  (東北電力で毎月の電気代が4,000円以上になる場合を除く)
    
  • 20Aで下記の電気代に当てはまる人
  • 20Aの場合
  • 北海道電力エリア:必ずお得!
    
    東北電力エリア:毎月2,100円以下
    
    東京電力エリア:毎月2,200円以下
    
    中部電力エリア:毎月2,700円以下
    
    北陸電力エリア:必ずお得!
    
    九州電力エリア:毎月2,200円以下
    一人暮らしをしているほとんどの人はLooopでんきにした方が安くなるという結果になりました!
    
    電気代に換算すると、【東京電力/30A/電気代:2,500円】の人がLooopでんきに切り替えた場合、年間で3,800円も節約することができます。
    
    ではLooopでんきで電気代が安くなる理由を簡単に説明します。
    
    まず、電気代は主に「基本料金」と「従量料金」の2つで成り立っています。
    
  • 基本料金:契約アンペア数によってかかる料金
  • ⇒従来の電力会社なら数100円~数1,000円かかりますが、Looopでんきの場合は0円です。
    
  • 従量料金:電気を使った分だけかかる料金
  • ⇒従来の電力会社なら使えば使うほど単価が高くなっていきますが、Looopでんきなら一律なのでどれだけ使っても単価が高くなることはありません。

    この「基本料金が0円」と「従量料金が一律」という2つの特徴が、Looopでんきで電気代が今より安くなる理由です。
    
    一人暮らしの場合、特に基本料金0円なことが大きく関係しています。
    
    例えば30Aの人は月々800円~1,000円の基本料金を払っていますが、Looopでんきにしたら0円になりその分お得になるということです。
    
    一人暮らしでもLooopでんきで安くなった!という口コミもたくさんあったので、厳選して紹介します。
    
    ※この口コミの固定費というのは、基本料金のことです。
    
    一方契約アンペア数が20Aや15A、10Aなどの場合はあまりお得にはなりません。
    
    それは、元の基本料金が安いためLooopでんきの「基本料金が0円」なことが大きなメリットにならないからです。
    
    当てはまる場合Looopでんきではあまりお得にはならないので、こちら記事を参考にしてみてください。
    

    一人暮らしにこそおすすめな電力会社はここ!【10社比較】

    安くなるかどうかやその理由が分かったと思いますが、実際にどのくらい安くなるのか詳しく知りたいという方は、公式サイトからシミュレーションをしてみてください。
    
    このシミュレーションでは、1年間の電気代の変動を踏まえて月々の節約額を計算してくれるので、正確で分かりやすいですよ。
    
    \シミュレーションはこちらから/

    Looopでんきに一人暮らしの私が申し込んでみた【体験談】

    一人暮らしをしている私も、Looopでんきでどのくらい安くなるのか試してみようと思い、申し込みました。
    
    というのも、Looopでんきには契約の手数料や解約・違約金が一切かからずリスクなく申し込めるので、お得にならなかったらまた戻せばいいと思っていました。
    
    ですがLooopでんきにしてから電気代がかなり安くなりましたし、その他のサービスにもかなり満足しているのでこれからもLooopでんきを利用したいと思っています。
    
    では、Looopでんきにしてよかったと思ったこと4つを紹介します。
    

    1.電気代が5,000円近く安くなった!

    一人暮らしであまり電気も使わないし、正直替えたところであまり変わらないのではと疑っていましたが、現時点で5,000円近くの節約に成功しました!
    
    9ヵ月間の合計なので1ヵ月間に換算すると550円程の節約額です。
    
    今までそれだけ無駄な電気代を毎月払っていたということなので、切り替えてよかったと思います。
    
    切り替え前は東京電力の従量電灯Bというスタンダードなプランを利用していました。
    
    平日の日中は仕事で家を空けているため電気をあまり使わず、電子レンジでお弁当を温める時や、エアコンやドライヤーを使うくらいにしか電気は使いません。
    

    Looopでんきのアプリの節約額

    Looopでんきには専用のアプリがあり、電気代をどれだけ節約できているのかをいつでも確認できます。
    
    この画像の右上の「4,781円」が9月までの節約額です。
    
    一人暮らしなのでなるべく電気代を抑えたいと思っていますが、このアプリを使うと電気代の変動を気温と共に見ることもできるので、簡単に節約につなげることができて便利です。
    

    2.引っ越しと同時に申し込めた

    私がLooopでんきに切り替えたのは引っ越しがきっかけでしたし、これから一人暮らしをする予定だという人もいると思います。
    
    新電力の多くは引っ越し先ですぐに使うことはできず、一度従来の電力会社に申し込まなければいけません。
    
    つまり、引っ越してすぐは電気代も今まで通りで、手続きも2回しなければいけないということ。
    
    しかしLooopでんきの場合は、申し込みの際に引っ越し先で使う方のボタンから申し込めば引っ越し先ですぐに使うことができるので、手続きも楽ですし電気代を無駄にすることもありません。
    
    引っ越し費用や手続きを一人で抱え込むのは大変なので、電気だけでも楽に、且つお得に切り替えられてよかったです。
    

    3.工事の心配をしなくてもいい

    平日は仕事でほとんど家にいなかったので、「もし工事が必要なら立ち合いはいつになるんだろうか…」と思っていましたが、特に立ち合いが必要な工事はありませんでした。
    
    新電力に初めて切り替えるタイミングでスマートメーターという機械を設置しますが、この設置工事に立ち合いの必要はありませんし、電力会社の人と直接話して書類にサイン、なんてことも必要ありません。
    
    家を空けがちな私でも、無駄な心配もなく切り替えることができました。
    

    4.電気トラブルが起きても安心

    かけつけるーぷ
    
    ・電話番号:0120-995-007(24時間365日受付)
    ・出張費、60分以内の作業費用:無料		
    ・東京電力管内限定

    Looopでんきには、東京電力が行っている電気のトラブルサポートを無料で使えるかけつけるーぷというサービスがあります。
    
    例えば、コンセントが焦げ臭い時やよく停電する、電気がつかないなどのトラブルに無料で対応してくれます。
    
    本来であれば9,000~13,000円かかるところが、Looopでんきなら無料です。
    
    実際に私も、よく停電が起きて困っていたので相談したところ、ブレーカーを落とす判断をする「アンペアブレーカー」をいうものを無料で撤去してくれました。
    
    一人暮らしの場合、電気のトラブルが起きてもすぐに頼れる人がいないので心配ですが、かけつけるーぷがあれば安心ですね。
    

    Looopでんきの申し込み方法

    肝心な申し込み方法ですが、WEBからとても簡単に申し込むことができます。
    
    手順をまとめました。
    ①電気の検針票と電気代を支払うためのクレジットカードを用意する
    ⇓
    ②公式サイトの「お申し込み」から必要事項を入力する
    ⇓
    ③2週間程したらマイページとハガキにて供給開始日の案内がくる
    ⇓
    ④スマートメーターの工事が必要であれば、工事が行われる

    今使っている電力会社の解約手続きはLooopでんきが行ってくれるので、電話をしたり直接サインしたりなんて面倒なことは一切しなくても、申し込めます。
    
    上で言ったように工事の心配もないので、申し込むだけで特に問題がなければ、勝手に電気が切り替わるということです。
    
    実際に私が申し込んだ時は、5分もかかりませんでしたよ!
    
    \お申し込みはこちらから/

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    
    Looopでんきは一人暮らしの多くの場合で電気代を安くすることができて、契約してからも安心なサービスもあることが分かったと思います。
    
    申し込み方法もとても簡単で、契約手数料や解約・違約金もかからないので、試しにどのくらい安くなるか申し込んでみるのもいいかもしれませんね。