Looopでんきのガスとのセット割はお得?評判・実体験から分かりやすく解説

「Looopでんき+ガス」とは、Looopでんきが東京ガスのエリアで新たに始めた電気+ガスのセットサービスのことです。

Looopでんきでガスもまとめることで、電気代がさらに2%割引になることに加え、ガス代も多くの場合で東京ガスよりお得にすることができます。

電気とガスを合わせて契約したいと考えていた人には待望のサービスですね。

ただこの「Looopでんき+ガス」、一部の方にとってはお得にならない場合もあるので料金プランの仕組みから分かりやすく解説します。

実際に利用した人の評判や口コミはまだほとんどありませんでしたが、代わりに私がLooopでんきとLooopガスでまとめた実体験をお伝えするので参考にしてみてください。

また申し込み方法についても詳しくまとめたので、要チェックです!

Looopでんき+ガスについて

Looopでんきではこれまで電気のサービスだけを提供していましたが、2019年9月30日より新たにガスの提供も始めました。

Looopの電気とガスを両方契約することで「Looopでんき+ガス」として利用することができます。

なお、Looopのガスを単体で契約することはできず、必ずLooopでんきとともに利用することが必要です。

Looopでんき+ガスの料金プラン

 基本料金従量料金
(単価)
Looopガス1,000円128円
Looopでんき0円割引前:26.4円
割引後:26円
電気料金、ガス料金ともに使用量に関わらず支払う「基本料金」と、使った分だけ支払う「従量料金」の二つから成り立ちます。

ガス料金

一般的なガス会社の料金は使用量につれて複雑に料金が上がっていく段階性を取っているのに対して、Looopのガスは1,000円の基本料金と固定の従量料金(単価128円)を支払えばいいというシンプルな仕組みです。

電気料金

Looopでんきの電気料金はおなじみの基本料金0円に、こちらも固定の従量料金(単価26.4円)を支払う仕組みですが、セット割にすることで従量料金の単価が2%割引(26.4円→26円)されます。

この「Looopでんき+ガス」の料金プランによって実際に支払う料金はどうなるのか?を次で見ていきます。

Looopでんき+ガスのセット割はお得?

結論から言うと「Looopでんき+ガス」のセット契約は、電気ガスの使用量が一定以上になる二人暮らし以上であれば確実にお得になりますが、あまり使わない一人暮らしの方ではお得にならない場合が多いです。

一人暮らしの方はLooopでんきだけ契約するか、電気とガスをセットにしたい方はCDエナジーの電気ガスセットがお得です。

それぞれ分かりやすく解説していきます。

二人暮らし以上ならLooopでんき+ガスで必ずお得

電気ガスを一定程度使う二人暮らし以上の家庭では、「Looopでんき+ガス」にすることでLooopでんき単体で利用するより合計で月に数百円安くすることができます。

具体的にお得になる額は使用量によって違うので、二人暮らし、三~四人暮らし、五人暮らしの3つの例を出して計算してみます。
 東京電力
と東京ガス
Looopでんき
と東京ガス
Looopでんき
+ガス
2人暮らし9,027円8,945円8,760円
3~4人暮らし17,851円16,849円16,540円
5人暮らし24,027円22,114円21,720円

▼試算の条件を見る

  • 二人暮らし
    電気:30A契約/200kwh使用、ガス:20m³使用で試算
  • 三人~四人暮らし
    電気:40A契約/450kwh使用、ガス:30m³使用で試算
  • 五人暮らし
    電気:50A契約/600kwh使用、ガス:40m³使用で試算

▲試算の条件をたたむ

電気だけをLooopでんきにした場合も、東京電力と東京ガスを利用している時より確実に安くなっていますが、電気とガスを両方Looopにした場合が最も安くなっていますね。

これは、Looopでんき+ガスのセットで電気代がさらに2%引きになったためと、Looopガスの料金が東京ガスより安くなるためです。

そもそものLooopでんきの電気料金が安いのは言うまでもありませんが、セット割でさらにお得になるので電気料金が大きく節約できます。

そしてガス料金に関しては、二人暮らし以上の家庭であれば基本料金、従量料金ともに東京ガスより安くなります。
 基本料金従量料金
(単価)
東京ガス1,056円130.46円
Looopガス1,000円128円
つまり、一定程度電気とガスを使う二人暮らし以上の家庭であれば、「Looopでんき+ガス」にまとめることが最もお得になれる方法ということになります。

【体験談】二人暮らしの私がLooopでんき+ガスを使ってみました

私は二人暮らしをしていてLooopでんきとLooopガスでまとめているので、実際にどのくらいお得になったのか紹介します。

▼Looopでんきの請求書
Looopでんきのセット割ありの請求書

Looopでんきの2019年12月分の請求金額は、使用量198kWhで5,148円▼Looopガスの請求書
Looopガスの請求書

Looopガスの2019年12月分の請求額は、使用量23m³で3,944円となりました。

この料金が高いのか安いのか、東京電力と東京ガスの場合、Looopでんきと東京ガスの場合と比べてみました。
①東京電力
と東京ガス
②Looopでんき
と東京ガス
③Looopでんき
+ガス
9,365円9,283円9,092円
やはりLooopでんき+ガスが最も安くなっていますね。

二人以上で暮らしている方はLooopでんき+ガスを選んで間違いはありません。

Looopでんき+ガスで
電気とガスをまとめてお得!

「Looopでんき+ガス」で電気代が2%引きになります

選ばれている理由
●電気とガスの支払いがまとまる
●現在申し込み件数20万件突破
●年間で3万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトからは、申し込み前に実際の使用量でシミュレーションもできて安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

4月30日までの期間限定のキャンペーンなので、検討中の方はこのタイミングで申し込みましょう。

一人暮らしならLooopでんき+ガスはお得にならない

一方、電気とガスをあまり使わない一人暮らしの方の場合はLooopでんき+ガスにしてもお得になるとは言えず、セットにしないでLooopでんき単体で契約する方がお得です。

一人暮らしの方の平均的な電気ガス使用量で計算してみます。
 東京電力
と東京ガス
Looopでんき
と東京ガス
Looopでんき
+ガス
1人暮らし5,452円5,377円5,400円

▼試算の条件を見る


一人暮らし
電気:30A契約/120kwh使用、ガス;10m³使用で試算

▲試算の条件をたたむ

Looopでんき+ガスにするより、電気だけをLooopでんきにした方が数十円ですが安くなりました。

なぜセット割があるのにLooopでんき+ガスの方が高くなってしまうのかというと、Looopガスのガス料金はガスの使用量が少ないと高くなる可能性が高いからです。

一人暮らしの方は、ガス料金が3,000円台の方が多いと思います。

これくらいの使用量の場合、Looopガスの基本料金は東京ガスに比べて割高になっているため結果的にガス料金が高くなってしまいます。
 基本料金従量料金
(単価)
東京ガス759円145.31円
Looopガス1,000円128円
つまり、Looopでんき+ガスの2%割引で電気代が安くなるとしても、ガス料金が値上がりしてしまうので結果的にLooopでんき単体で契約するときより高くなってしまうのです。

一人暮らしの方の場合は、ガスは東京ガスのまま電気だけLooopでんきに切り替えることをおすすめします。
また、電気とガスをまとめたいという方は、CDエナジーの電気ガスのセットが割安なのでそちらがおすすめです。

Looopガスの申し込みから供給まで

Looopガスの申し込みは公式サイトから行います。

ただ、Looopでんきの電気とガスを両方新規で契約する方と、すでにLooopでんきを利用していて追加でLooopガスを契約する方では手順が少し違います。

二つに分けて説明します。

1.LooopでんきとLooopガスに新規で申し込む方法
  1. 電気とガスの検針票と、支払い用のクレジットカードを用意する
  2. 公式サイトのLooopでんき+ガスのページにある「Looopでんき未加入者様」ボタンからLooopでんきの申し込みページにアクセス
  3. 必要事項を入力してLooopでんきに申し込む
  4. Looopガスも同じように必要事項を入力して申し込む
  5. 完了!
どちらも新規で申し込む場合のみ、引っ越し先での申し込みができます。

「お引っ越し先で、Looopでんきのご契約を新たに申し込まれる場合」から申し込めばOKです。

2.Looopでんき利用者がLooopガスに申し込む方法
  1. ガスの検針票と、電気の支払いと同じクレジットカードを用意する
  2. Looopでんきのマイページにログインする
  3. 「Looopでんき+」の「Looopガス申込」ボタンから必要事項を入力して申し込む
  4. 完了!
電気の切り替えの際に家にスマートメーターという機械が設置されていない場合設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで完了するので安心してください。

電気もガスも特別な工事は必要ではないので、気軽に申し込むことができます。

電気の供給開始日の目安は申し込みから1~2ヵ月後で、詳しい日程は申し込みから約2週間後にマイページとハガキで案内してくれるので確認しましょう。

ガスの供給開始日は申し込み日以降の検針日の翌日となっていますが、申し込みが検針日の直前だった場合はその次の検針日の翌日になる可能性もあります。

ガスの供給開始日についても、マイページとハガキで確認できますよ。

Looopガスについて疑問解消

よくある質問の答えをまとめたのでチェックしておいてください。

Looopでんき+ガスの初期費用や解約金はかかるの?

⇒かかりません。

電気もガスも、契約に際して初期費用はかかりませんし、解約の際に違約金などが発生することもありません。

気になった方は気軽に申し込むことができます。

支払い日や締日はいつ?

⇒検針日やクレジットカード会社の決めた日程によって決まります。

電話をして実際に聞いてみたところ、支払い方法は同じクレジットカードですが、電気とガスの支払いのタイミングが同じとは限らないとのことでした。

検針日から7営業日以内にLooopがクレジットカード会社に決済をかけるのですが、電気とガスの検針日が異なる場合は決済のタイミングがずれるため、どちらかの請求が次の月にずれることもあり得ます。

つまり検針日やクレジットカード会社によって人それぞれ違うということです。

マンションやアパートでも申し込めるの?

⇒基本的に申し込めますが、ごくまれに申し込めない場合もあります。

集合住宅では、稀に大家さんが一括で電力会社やガス会社を契約している場合があります。

その場合は申し込むことができないので、集合住宅にお住まいの人は一度確認してみましょう。

ガス漏れした時はどうすればいいの?

⇒「東京ガス緊急保安受付窓口」に連絡をしてください。

電話番号:0570-002-299
ナビダイヤルを利用できない場合:03-6735-8899
受付時間:24時間、年中無休

こちらの電話番号はガス漏れ通報専用の電話番号です。

Looopガスについて分からないことがある時は?

⇒「総合お問い合わせ窓口」に連絡をしてください。

電話番号:0120-707-454
受付時間:9:00~20:00、年中無休

まとめ

いかがでしたでしょうか。

二人暮らし以上の家庭ではLooopでんき+ガスでお得になりますが、一人暮らしの方のみ、セットにせずLooopでんき単体で利用する方がお得ということがわかったと思います。

Looopでんきの申し込みもLooopでんき+ガスの申し込みも費用はかからずできるので、気になった方は気軽に試してみてくださいね。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ