Looopでんきのガスとのセット割の評判は?料金や体験談を解説!

電気代が安くなると人気を集めているLooopでんきに、東京ガスの供給エリア限定で「Looopでんき+ガス」という電気とガスとのセット割サービスが誕生しました。

CMでも話題となっているので、一度目にしたことがある人もいるかもしれません。

今の電力会社やガス会社から切り替えて、本当に安くなるのか気になっている人も多いと思います。

料金を詳しく計算してみた結果二人暮らし以上であればLooopでんき+ガスで安くなることが分かりました!

一人暮らしにはセットでの申し込みをおすすめできませんが、Looopでんき単体なら安くなるので一人暮らしは電気のみLooopでんきに切り替えるといいでしょう。

この記事ではLooopでんき+ガスのセットでどのくらいお得になるのか、料金プランの仕組みから詳しく解説していきます。

実際に利用した人の評判や口コミはまだほとんどありませんでしたが、代わりに私がLooopでんきとLooopガスでまとめた実体験をお伝えするので参考にしてみてください。

また申し込み方法についても詳しくまとめたので、要チェックです!

Looopでんき+ガスについて

Looopでんきは、2019年9月30日から東京ガスの供給エリア限定で「Looopでんき+ガス」という電気とガスのセットサービスを始めました。

料金プランは電気とガスそれぞれ1種類ずつ。

Looopでんきは基本料金0円と料金単価が一定という2つの特徴があります。

そして一般的なガスの料金プランはガスの使用量に合わせて基本料金や単価が変動するのに対して、Looopガスの場合はどちらも固定。

つまり、ガスの使用量に左右されずにずっと同じお得さで使える仕組みです。

この2つをまとめることで、Looopでんき単体で使うよりもLooopでんきの電気代が2%安くなります。

申し込み条件は4つ。

1:Looopでんきを利用していること
2:Looopでんきと同じ家で契約すること
3:Looopでんきと同じクレジットカードで払うこと
4:都市ガスを利用していること

ではLooopでんき+ガスで実際どのくらい安くなるのか、詳しく見ていきましょう。

Looopでんき+ガスの料金の調査結果!体験談も

Looopでんき+ガスで安くなる二人暮らし以上の場合と、安くならない一人暮らしの場合について詳しくまとめました。

二人暮らし以上ならLooopでんき+ガスで料金がお得に!

二人暮らし以上ならLooopでんきとLooopガスでまとめることで光熱費を安くすることができます。

では、東京電力や東京ガスのセット割と比べてどのくらい安くなるのでしょうか。

1ヵ月間の電気代+ガス代の合計金額を、二人暮らし~六人暮らしの平均的な使用量で比較してみました。

※この表では東京電力や東京ガスで貯まるポイントやセット割などを全て含めて計算してあります。
 
Looop
でんきと
Looopガス

東京電力
の電気と
ガス

東京ガス
の電気と
ガス
2人暮らし9,528円9,962円9,973円
4人暮らし15,496円16,712円16,034円
6人暮らし24,576円27,435円25,548円
どんな世帯人数でもLooopでんきとLooopガスでまとめた場合が最安という結果になりました。

今使っている電力会社やガス会社で電気とガスをまとめるよりもLooopでんきとLooopガスでまとめた方がお得になるのでおすすめです。

電気代やガス代は冬から春にかけての期間が1年間で最も高くなると言われているので、光熱費を抑えたいなら今のうちに切り替えてしまいましょう!

Looopでんき+ガスで
電気とガスをまとめてお得!

「Looopでんき+ガス」で電気代が2%引きになります

おすすめ理由
●現在申し込み件数18万件突破
●とにかく電気代・ガス代が安くなる!
●年間で2万円以上の節約も可能
●基本料金0円
●初期費用・解約金0円

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトからは、申し込み前に実際の使用量でシミュレーションもできて安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

3月末までの期間限定のキャンペーンなので、検討中の方はこのタイミングで申し込みましょう。


【体験談】Looopでんき+ガスでお得になった!

私は二人暮らしをしていてLooopでんきとLooopガスでまとめているので、実際にどのくらいお得になったのか紹介します。

▼Looopでんきの請求書
Looopでんきのセット割ありの請求書

Looopでんきの2019年12月分の請求金額は、使用量198kWhで5,148円▼Looopガスの請求書
Looopガスの請求書

Looopガスの2019年12月分の請求額は、使用量23m³で3,944円となりました。

Looopでんきに切り替える前は東京ガスで電気とガスをまとめていたので、東京ガスでまとめた場合と比較してみましょう。
 Looopでんき
とLooopガス
東京ガスの
電気とガス
電気代5,148円5,475円
ガス代3,944円4,056円
合計9,092円9,531円
東京ガスでまとめるよりも、Looopでんきでまとめた方が1ヵ月間で400円以上も安くなりました!

1年間で計算すると5200円以上の節約額になるので、かなり光熱費を節約することができて助かっています。

一人暮らしならLooopでんき+ガスでまとめると高くなる

細かく計算した結果、一人暮らしのほとんどの場合、Looopガスにすると割高になってしまうことが分かりました。

とはいえ、一人暮らしにはLooopでんきもLooopガスもおすすめできないというわけではありません。

電気の契約アンペア数を30A以上で契約している人は、電気はLooopでんきにした方が今より安くなります。

つまりどういうことか簡単にまとめるとこうなります。
電気の契約が30A以上の一人暮らしの人なら
⇒Looopでんき+東京ガス

電気の契約が20A以下の一人暮らしの人なら
⇒東京電力+東京ガス(どちらも変更しない)

一人暮らしの場合ガスは今のままで十分安いということなので、ガスはそのまま使うことをおすすめします。

Looopガスの申し込みから供給まで

LooopガスへはWEBから簡単に申し込むことができます。

Looopでんきを契約していないという人はまずLooopでんきに申し込む必要がありますが、私が申し込んだ時はどちらも5分もかかりませんでした。

1.LooopでんきとLooopガスに新規で申し込む方法
2.Looopでんき利用者がLooopガスに申し込む方法

では、この2つに分けて説明します。
1.LooopでんきとLooopガスに新規で申し込む方法

1.電気とガスの検針票と、支払い用のクレジットカードを用意する
⇓
2.公式サイトのLooopでんき+ガスのページにある「Looopでんき未加入者様」ボタンからLooopでんきの申し込みページへいく
⇓
3.必要事項を入力してLooopでんきに申し込む
⇓
4.Looopガスも同じように必要事項を入力して申し込む
⇓
完了!

どちらも新規で申し込む場合のみ、引っ越し先での申し込みができます。

「お引っ越し先で、Looopでんきのご契約を新たに申し込まれる場合」から申し込めばOKです。

2.Looopでんき利用者がLooopガスに申し込む方法

1.ガスの検針票と、電気の支払いと同じクレジットカードを用意する
⇓
2.Looopでんきのマイページにログインする
⇓
3.「Looopでんき+」の「Looopガス申込」ボタンから必要事項を入力して申し込む
⇓
完了!
電気の切り替えの際に家にスマートメーターという機械が設置されていない場合設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで完了するので安心してください。

電気もガスも特別な工事は必要ではないので、気軽に申し込むことができます。

電気の供給開始日の目安は申し込みから1~2ヵ月後で、詳しい日程は申し込みから約2週間後にマイページとハガキで案内してくれるので確認しましょう。

ガスの供給開始日は申し込み日以降の検針日の翌日となっていますが、申し込みが検針日の直前だった場合はその次の検針日の翌日になる可能性もあります。

ガスの供給開始日についても、マイページとハガキで確認できますよ。
\お申し込みはこちらから/

Looopガスについて疑問解消

よくある質問の答えをまとめたのでチェックしておいてください。

契約費や解約金はかかるの?

⇒かかりません。

契約の際の手数料や解約の際の違約金などは一切かからないので、気軽に申し込むことができます。

支払い日や締日はいつ?

⇒検針日やクレジットカード会社の決めた日程によって決まります。

電話をして実際に聞いてみたところ、支払い方法は同じクレジットカードですが、電気とガスの支払いのタイミングが同じとは限らないとのことでした。

検針日から7営業日以内にLooopがクレジットカード会社に決済をかけるのですが、電気とガスの検針日が異なる場合は決済のタイミングがずれるため、どちらかの請求が次の月にずれることもあり得ます。

つまり検針日やクレジットカード会社によって人それぞれ違うということです。

マンションやアパートでも申し込めるの?

⇒申し込めない場合もあります。

集合住宅では、稀に大家さんが一括で電力会社やガス会社を契約している場合があります。

その場合は申し込むことができないので、集合住宅にお住まいの人は一度確認してみましょう。

ガス漏れした時はどうすればいいの?

⇒「東京ガス緊急保安受付窓口」に連絡をしてください。

電話番号:0570-002-299
ナビダイヤルを利用できない場合:03-6735-8899
受付時間:24時間、年中無休

こちらの電話番号はガス漏れ通報専用の電話番号です。

Looopガスについて分からないことがある時は?

⇒「総合お問い合わせ窓口」に連絡をしてください。

電話番号:0120-707-454
受付時間:9:00~20:00、年中無休

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LooopでんきとLooopガスでまとめた場合は、東京電力や東京ガスでまとめた場合よりもお得になるということが分かったと思います。

申し込みにも解約にも費用はかからないので、どのくらいお得になるのか試しに切り替えてみるのもいいでしょう!
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ