数字が物語る!LooopでんきがENEOSでんきより安い理由

評価:4.33 - 3件の票数

一口に新電力と言っても、その料金や特長は実に様々。

人気の新電力のLooopでんきとENEOSでんきですが、なんとなくの情報ではどちらがいいのかわからないですよね。

今回は、LooopでんきとENEOSでんきの比較です。

●料金
●メリット・デメリット
●キャンペーン
●口コミ・評判

以上の面から比較してどちらがお得なのかを調べてみました。

Looopでんきよりあしたでんきがおすすめ!

※2019年7月追記※
Looopでんきより安くてお得な電力会社がありました!

Looopでんきも安いですが、同じく基本料金0円のあしたでんきのほうがさらに安くておすすめです。

あしたでんきが選ばれている理由
Looopでんきより単価が安い
2019年現在業界最安
Looopでんきからの乗り換えも急増
2019年7月申込件数No.1!
東電の関連会社だから安心

当初はLooopでんきの安さは革新的でしたが、今では圧倒的にあしたでんきのほうが安く、2019年7月現在申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私も2年使ったLooopでんきからあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに、あしたでんきは今なら申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

Looopでんきはキャンペーンを実施していないですし、乗り換えるなら断然あしたでんきがおすすめです!

LooopでんきとENEOSでんきの料金比較

ではまず一番気になる料金から比較していきましょう。

電気料金の二本柱、基本料金と従量料金をそれぞれ比較して表にまとめました。

基本料金

 ENEOSでんきLooopでんき
10A280.80円
0円
15A421.20円
20A561.60円
30A842.40円
40A1,123.20円
50A1,404.00円
60A1,684.80円
6kVA~49kVA1kVAごとに
280.80円

ENEOSでんきの基本料金は東京電力と全く一緒。

一方Looopでんきは誰でも、どれだけ使っても基本料金0円です。

現在の契約アンペアが大きい方ほど、Looopでんきに向いていると言えます。

従量料金

 ENEOSでんきLooopでんき
~120kWh19.52円
26円
120kWh~
300kWh
24.09円
300kWh~25.75円

ENEOSでんきは120kWhを超えてからの単価がかなり安く設定されていますね。

一見Looopでんきが高く見えますが、基本料金が0円なので結果的にLooopでんきの方が安くなるケースも多いです。

総合してどちらがより安いかは契約アンペアや使用量によっても異なるので、料金表だけでは判断が難しいですね。

シミュレーションはLooopでんき優勢

料金表だけではどちらがお得かはっきりとはわかりません。

というわけでより具体的にイメージできるよう、様々な家庭環境を想定して8つのケースでシミュレーションをしてみました。

ご自身の家庭と一番近いものをチェックしてみてください。

ケース1. 三~四人家族・平均

●40A契約、300kWh使用の場合

Looopでんき⇒7,800円
ENEOSでんき⇒7,801円

結果:Looopでんきの方が1円安い

ケース2. 三~四人家族・少なめ

●40A契約、200kWh使用の場合

Looopでんき⇒5,200円
ENEOSでんき⇒5,392円

結果:Looopでんきの方が192円安い

ケース3. 四人家族・多め

●40A契約、700kWh使用の場合

Looopでんき⇒18,200円
ENEOSでんき⇒18,101円

結果:ENEOSでんきの方が99円安い

ケース4. 五人家族・平均

●50A契約、500kWh使用の場合

Looopでんき⇒13,000円
ENEOSでんき⇒13,232円

結果:Looopでんきの方が232円安い

ケース5. 五人家族・多め

●50A契約、800kWh使用の場合

Looopでんき⇒20,800円
ENEOSでんき⇒20,957円

結果:Looopでんきの方が157円安い

ケース6. 一~二人暮らし・平均

●30A契約、120kWh使用の場合

Looopでんき⇒3,120円
ENEOSでんき⇒3,184円

結果:Looopでんきの方が64円安い

ケース7. 二人暮らし・多め

●30A契約、300kWh使用の場合

Looopでんき⇒7,800円
ENEOSでんき⇒7,521円

結果:ENEOSでんきの方が279円安い

ケース8. 一人暮らし・少なめ

●30A契約、80kWh使用の場合

Looopでんき⇒2,080円
ENEOSでんき⇒2,404円

結果:Looopでんきの方が324円安い

2019年業界最安!おすすめはあしたでんき

2019年一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
2019年申込件数No.1!
業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
基本料金がずっと0円
初期費用・解約金0円!お試しで契約できる
東京電力の関連会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

躊躇している間に高い電気料金を払い続けることほどもったいないことはありません!

下記の公式サイトから申し込みができるので、早めの切り替えを強くおすすめします!

メリット・デメリット、キャンペーン情報を比較!

メリットやデメリットも事前に必ずチェックしておきたい項目です。

ここではそれぞれの主なメリット・デメリットだけでなくお得なキャンペーン情報も紹介しているので、ぜひ押さえておきましょう。

Looopでんきのメリット

最強システム!基本料金0円

やはり何と言っても基本料金が0円という点が最大のメリットでしょう。

契約アンペア数が大きいほど削減額も大きくなり、現在60A契約の人であれば基本料金だけで1,684円の削減です。

私もLooopでんきに切り替えて1年が経ちましたが、今となっては毎月1,000円ほどの基本料金を払っていたのがバカバカしく思えてくるほどです(笑)

シンプルでわかりやすい料金プラン

Looopでんきの家庭向けプランは「おうちプラン」一つだけ。

さらに、料金単価も一律なのでかなりシンプルです。

Looopでんき以上にシンプルな新電力はなかなかないので、複雑なことが苦手な方には本当におすすめできます。

契約期間の縛り、違約金・解約金・解約手数料なし!

他の新電力では高額な違約金を請求されてしまうところもありますが、Looopでんきには契約期間の縛りや違約金は一切ありません。

いつでも無料で解約できるので、気軽に申し込むことができます。

切り替えてみてお得じゃないと感じたら簡単に解約ができるので、お試し感覚で契約してしまっても大丈夫です。

webやスマホアプリで使用量を確認できる

Looopでんきでは、webや無料のスマホアプリで30分ごとの電気使用量を気温と比較して確認することができます。

さらに、従来のプランと比べてどれだけ節約できたかがわかる節約額チェッカーという便利機能も。

実際に数字で使用量や節約額が見えると節約もはかどります。

Looopでんきのデメリット

まれに割高になるケースもある

ほとんどの人はLooopでんきに切り替えることで安くなりますが、中には逆に割高になってしまうというケースもあります。

たくさん使う人ほどお得になる傾向にはありますが、かといってあまり使わない人が必ずしも割高になるというわけではありません。

必ず事前にシミュレーションをして、どれだけお得になるか確認するようにしましょう。

Looopでんきのキャンペーン情報

現在、下記窓口から申し込むとUNIQLOギフトカード5,000円分が当たるキャンペーンを実施しています。

4月30日までの限定キャンペーンなので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

※現在は終了しています。

ENEOSでんきのメリット

ENEOSカード支払いで給油代割引

ENEOSでんきの電気料金をENEOSカードでクレジット払いにすると、給油代が1Lあたり1円の割引になります。

ENEOSカードのもともとの割引額と合わせると、カードの種類によっては最大1Lあたり8円の割引になるので、積極的に活用するといいでしょう。

特別提携カード利用でポイントがたまる

ENEOSでんきの特別提携カードで電気代を支払うと、ポイントやマイルがたまります。

特別提携カード一覧

・ANAカード
・VIEWカード
・TS CUBICカード
・LEXUSカード
・エポスカード
・エムアイカード

Tポイントがたまる

Tポイントと連携している新電力はいくつかありますが、ENEOSでんきでも支払い200円につき1ポイントが付与されます。

ただし、ポイントをためるにはYahoo!JAPANのIDを登録する必要があります。

そこまで面倒な手続きではないですが、忘れないように注意しましょう。

2年契約で電気料金がさらにお得に

「にねん とく²割」という割引に加入すると、2年間の契約を約束する代わりに電気料金が割引になります。

割引額は以下の通り。

1~2年目:1kWhあたり0.2円
3年目以降:1kWhあたり0.3円

200kWh使っても40円(3年目以降は60円)割引とごくごく少額ですが、とにかく電気をたくさん使うという方であればメリットになるでしょう。

ENEOSでんきのデメリット

2年の契約期間、違約金もある

ENEOSでんき自体には契約期間の縛りや違約金はありませんが、先程紹介した「にねん とく²割」には違約金が存在します。

契約期間は2年で、期間内の解約には1,080円の違約金がかかってしまいます。

大した額ではありませんが、「にねん とく²割」の割引額自体もごく少額なので、違約金が発生することで損をしてしまう可能性が大きいです。

料金を安くするために加入したのに、結果的にそれが無駄になってしまえば意味がありませんよね。

2年以上契約し続ける自信がある方以外は、「にねん とく²割」には加入しない方がいいでしょう。

特典の併用はできない

先程メリットとして紹介したポイントなどの特典は併用することができません。

つまり、ENEOSカード支払いで給油代を割引にするか、特別提携カードのポイントをためるか、Tポイントをためるか、このどれか一つしか選べないのです。

ちょっと残念ですが、自分に一番合った特典を選びましょう。

あまり使わない人はお得にならない

基本料金と120kWhまでの従量料金は東京電力と同じなので、月々の電気使用量が120kWhに満たない人は全くお得になりません。

「にねん とく²割」に加入すれば割引はききますが、その割引額はかなり少額ですし、違約金のリスクもあります。

東京電力から切り替えて高くなることはありませんが、せっかくの電力自由化ですから、もっとお得な新電力を検討することをおすすめします。

ENEOSでんきのキャンペーン情報

ちなみにENEOSでんきでは下記の窓口からWeb申し込みをした方限定で、期間限定で3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
ENEOSでんきにお得に乗り換えたい方にとっては嬉しい情報です。

キャンペーンについてはこちらの記事で詳しく書いています!
『ENEOSでんきをお得に申し込む方法はこれ!キャンペーンまとめ』

7月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から7月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円キャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

エアコンなどで電気代が上がる夏本番までに切り替えるには、7月中の出来るだけ早めが断然おすすめです!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合います。

いつ解約しても違約金もかからないので、7月中のお早めの申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

LooopでんきとENEOSでんきの口コミ・評判を比較!

料金やメリットと同じくらい気になるのが利用者の口コミ・評判ですよね。

ツイッターに投稿されたLooopでんきとENEOSでんきの評判をまとめてみたので、参考程度に見ておきましょう。

Looopでんき

あまり電気を使わないけど安くなったという方もいますし、ひと月あたり1,689円も安くなったという方も。

中にはエリアや使用状況によって割高になってしまうという方もいるようですが、かなり稀なケースだと思っていいです。

実際に検索していただければわかりますが、Looopでんきは本当に悪い評判が少ないです。

あえて良くない評判も紹介しましたが、料金やサービスについてはほとんどの人が満足しているようです。

Looopでんきの口コミ・評判をもっと知りたいという方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『【新電力人気NO1】Looopでんきに申し込んだ方の喜びの声』

ENEOSでんき

料金やサービスに満足する方も多かったのも事実ですが、2年契約縛りやCMの炎上などでイメージを損ねているのがもったいないですね。

Looopでんきと比べると、ちょっと悪い評判が目立つ結果となりました。

大きな企業なのである程度は仕方ないかもしれませんね。

ENEOSでんきの口コミ・評判をもっと知りたいという方はこちらの記事も参考にしてみてください!
『必ず知っておきたいENEOSでんきの評判とメリット・デメリット』

Looopでんきもいいけどあしたでんきがおすすめ

※2019年7月追記※
Looopでんきより安くてお得な電力会社がありました!

Looopでんきも確かに安いですが、同じく基本料金0円のあしたでんきがさらに安くてお得です!

おすすめの理由
●Looopでんきより単価が安い
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●2019年現在【業界最安】
●東京電力のグループ会社なので実績安心
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

少し前まではLooopでんきも確かに安かったですが、今ではあしたでんきが料金やサービスなどあらゆる面で勝っています。

SNSでの口コミや当サイトへのメールなどを見ても、今までLooopでんきを利用していた方があしたでんきに乗り換えるというケースが急増しています。

東京電力のグループ企業という安心感も、あしたでんきへの乗り換えを後押ししている要因でしょう。

実際に私も2年使ってきたLooopでんきを解約してあしたでんきに乗り換えましたが、確実にLooopでんきより安くなり満足しています。

あしたでんきは解約金なども一切ないので、実際にどれくらい安くなるかお試し感覚で申し込むというのも全然OK。

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

まとめ

料金のシミュレーションをしてみるとかなり拮抗しているものの、Looopでんきの方がややお得という結果になりました。

やはり基本料金0円の力は強いですね。

ENEOSでんきは様々な特典や割引などがありますが、マッチしない方には意味がありません。

それを踏まえて考えると、シンプルに電気料金だけで安いLooopでんきの方がおすすめです。

現在の使用状況によっては本当にびっくりするくらい電気代が削減できますよ!

※2019年6月追記

私事ですが、2年間使ってきたLooopでんきを解約してあしたでんきを契約しました。

理由は単純に「Looopでんきより安いから」です。

あしたでんきは東電のグループ企業なので実績もしっかりしているというのも切り替えを決めた一つです。

この記事でLooopでんきがいいな、と思った方はさらに料金が安いあしたでんきもかなり魅力的ですよ!

評価:4.33 - 3件の票数

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

LooopでんきとENEOSでんきの料金比較について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。