LooopでんきとCDエナジーダイレクトを徹底比較!安いのはどっち?

LooopでんきとCDエナジーダイレクトってどっちが料金が安いの?LooopでんきとCDエナジーダイレクトの比較結果を知りたい!と思っていますよね。

結果からお伝えすると、一人暮らしならCDエナジーダイレクト、二人暮らし以上ならLooopでんきの方が電気代が安くなります。

またどちらにもガスとのセット割があるのですが、ガスとセットで契約する場合Looopでんきの方がお得になるのでおすすめです。

そして電気料金以外のサービス面でも比較したので、LooopでんきやCDエナジーダイレクトを検討している人はチェックしておきましょう。

この記事を読めばLooopでんきとCDエナジーダイレクト、どちらを選ぶべきかが分かるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

LooopでんきとCDエナジーダイレクトとは

LooopでんきとCDエナジーダイレクトは、どちらも東京電力エリアで利用することができる新電力です。

またどちらも東京ガスエリア限定でガスサービスを提供しており、電気とセットで使うことでセット割が適用されてお得に使うことができます。

そして、LooopでんきとCDエナジーダイレクトは契約の際に申し込み手数料がかかったり、解約の際に違約金が請求されるようなことは一切ないので、安心して申し込めます。

このようにLooopでんきとCDエナジーダイレクトには大きなデメリットがないので、「自分ならどちらの方が電気代が安くなるのか」で選べばOKです。

LooopでんきとCDエナジーダイレクトどちらが安い?

▼Looopでんきの方が安くなる人 ・二人暮らし以上(40A以上) ・ガスとセットで契約する人 ▼CDエナジーダイレクトの方が安くなる人 ・一人暮らし(30A以下)
LooopでんきとCDエナジーダイレクトでどちらが安くなるのかは、上記にまとめたように人によって異なるので、それぞれの電気料金とガスとのセット割込みでの電気料金を比較して表にまとめました。

上の2列が電気のみを契約した場合、下の2列が電気とガスをセットで契約してセット割が適用された場合です。

表の中の数字「-100円」などは東京電力との差額で、差額が大きい方を赤い太文字にしました。

そして表の1行目(横列)が今の電気代の目安なので、例えば電気代が4,000円程度の人は「4,000円」の列を縦に見てください。
 10,000円
(50A/
350kWh)
7,000円
(40A/
260kWh)
4,000円
(30A/
150kWh)
2,500円
(20A/
100kWh)
Looop
でんき
-870円-372円-78円
CD
エナジー
-495円-226円-100円-45円
⇓ ガスとセットにした場合 ⇓
Looop
でんき
+ガス
-1,010円-476円-138円
CD
エナジー
+ガス
-543円-261円-119円-112円
※CDエナジーはプランが3つありますが、それぞれ1番安くなるプランで計算した結果をまとめています。

このように、電気のみの場合とガスとのセット割込みの場合で大きく違いが出ました。

そしてシミュレーションをして分かったのは、契約アンペア数によってどちらがお得になるのかが変わってくるということ。

契約アンペア数は電気の検針票に書かれているので、近くにある人は自分の契約アンペア数をチェックしてみましょう。近くにないという人は、〇人暮らし別に契約アンペア数の目安をまとめたので参考にしてください。
▼平均的な契約アンペア数(目安) ・一人暮らし:30A以下 ・二人暮らし:40A前後 ・三人暮らし:50A前後 ・四人暮らし:60A前後
この目安を基に、どんな場合でどちらが安くなるのかを詳しく解説していくので、「二人以上で暮らしているけれど30A以下で契約している」という場合は、下で解説している【一人暮らしならCDエナジーダイレクトが安い】の部分を見てください。

ちなみに契約アンペア数とは、一度にどれだけ多くの家電を使えるかの電気容量の大きさのことで、1つの家に住んでいる人数が大きく関係しています。

一人暮らしならCDエナジーダイレクトが安い

▼一人暮らしにおすすめなのは・・・
・30AならCDエナジーダイレクトの『シングルプラン』
・20A以下のならCDエナジーダイレクトの『ベーシックプラン』

一人暮らしをしている人の多くは30A以下(30A/20A/15A/10A)で契約しているのですが、この場合LooopでんきよりもCDエナジーダイレクトの方が安くなります。

理由を簡単に言うと、Looopでんきは電気の使用量が多いほどお得になるのに対して、CDエナジーダイレクトには『シングルプラン』という一人暮らし向けのプランがあるからです。

CDエナジーダイレクトの『シングルプラン』は、東京電力での電気代から100円割り引かれるお得なプランなので、他の新電力と比較してもトップクラスで安くなります。

ただ30A以上の人が対象になっているため、20A以下の人は『ベーシックプラン』を契約するしかないのですが、ベーシックプランの基本料金や料金単価は東京電力よりも安く設定されているため、必ず電気代を安くすることができます。

(※基本料金は契約アンペア数の大きさに比例して高くなる、毎月必ずかかる料金のことです。)

そして評判を調査したところ、CDエナジーダイレクトは一人暮らしをしている人から多くの支持を得ていることがうかがえました。
一人暮らしなどで契約アンペア数が30A以下の人は、LooopでんきよりもCDエナジーダイレクトの方が安くなるためおすすめです。

首都圏最安クラス!CDエナジー

電気だけでもお得!ガスもまとめてさらにお得です。

●年間2万円!首都圏最安クラス
●電気とガスをまとめてお得!
●Amazonプライムが無料!選べる豊富なプラン
●電気代支払いでポイント貯まる!Tポイントやdポイントと交換可能
●初期費用0円!WEBから切り替え簡単

今多くの方に選ばれている話題の新電力です!

さらにCDエナジーでは現在、WEBからの申し込み限定で最大10,000円の現金キャッシュバックを実施しています。

▼24時間受付OK!▼
CDエナジー公式サイト

Looopでんきは高くなる場合もある

一方、Looopでんきは一人暮らしをしている場合、あまり安くならなかったり逆に高くなってしまう場合があるのでおすすめできません。

特に契約アンペア数が20A以下の場合、高確率でLooopでんきに切り替えることで電気代が高くなってしまいます。

Looopでんきが一人暮らしに向いていない理由は、Looopでんきには基本料金が0円という特徴があるのですが、一人暮らしの場合はそもそも基本料金が安いのであまりメリットになりません。

また、電気の使用量が少ない時のLooopでんきの料金単価は、以下の表のように東京電力と比べて高くなっています。

▼電気の使用量が少ない場合の料金単価
・東京電力:19.88円
・Looopでんき:26.00円

このようにLooopでんきは一人暮らしにはあまり向かないため、おすすめできません。

二人暮らし以上ならLooopでんきが安い

二人以上で暮らしている人の多くは40A以上(40A/50A/60A)で契約しているのですが、この場合CDエナジーダイレクトよりもLooopでんきの方が安くなります。

Looopでんきが安くなる理由は、「基本料金が0円」と「料金単価が一律」の2点です。

基本料金とは契約アンペア数が大きいほど高くなる料金のことで、40A以上の場合は特に基本料金が高いのですが、Looopでんきなら0円です。

以下に契約アンペア数ごとの、東京電力とLooopでんきとCDエナジーダイレクトの基本料金をまとめました。
 東京電力CD
エナジー
ダイレクト
Looop
でんき
40A1,144円1,070円

0円
50A1,430円1,338円
60A1,716円1,605円
※二人暮らし以上の場合、CDエナジーダイレクトでは『ベーシックプラン』の方が安くなるのでベーシックプランの基本料金をまとめてあります。

このように、東京電力やCDエナジーダイレクトでは1,000円以上かかる基本料金が、Looopでんきではまるまる0円になるのでお得です。

そしてLooopでんきの料金単価は以下の表のように電気の使用量に関わらず一律なので、電気をたくさん使えば使うほどお得になります。
 東京電力CD
エナジー
ダイレクト
Looop
でんき
~120kwh19.88円19.78円
26.4円
120~300kwh26.48円25.47円
300kwh~30.57円26.38円
CDエナジーダイレクトの料金単価はLooopでんきよりも安く設定されていますが、先ほど紹介したように基本料金は毎月1,000円前後請求されてしまうため、総じてLooopでんきの方が安くなるんです。

電気を使えば使うほどLooopでんきはお得になるので、二人暮らし以上など契約アンペア数が40A以上の人にはLooopでんきをおすすめします。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間2万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

ガスとのセットならLooopでんきが安い

電気とガスをセットで契約する場合、CDエナジーダイレクトよりもLooopでんきの方がお得です。

(※ただし上で解説したように、20A以下の場合はLooopでんきに切り替えることで高くなってしまう可能性が高いので、20A以下で契約している人はガスとセットにする場合でもCDエナジーダイレクトの方がおすすめです。)

LooopでんきとCDエナジーダイレクトの、電気とガスとのセット割内容を以下にまとめました。
▼Looopでんき 電気の料金単価が2%安くなる ▼CDエナジーダイレクト 電気代とガス代が0.5%安くなる
上記の割引率を踏まえて、二人暮らしの平均的な電気の使用量を例に、セット割込みで実際の電気代とガス代を計算してみました。
 東京電力CD
エナジー
ダイレクト
Looop
でんき
電気代
(40A/
260kWh)
6,966円6,974円6,760円
ガス代
(28m³)
4,855円4,823円4,584円
合計11,821円11,797円11,344円
このように、Looopでんきで電気とガスをまとめて契約した場合が最も安くなりました。

そして、東京電力で電気とガスをまとめて契約した場合と比べると1ヵ月間で477円の差額となるので、年間で5,700円以上もの節約となります。

実際の体験談

私は現在三人暮らしをしており、LooopでんきとLooopガスをセットで契約しています。

下記の画像は、私のLooopガスとのセット割が適用されたLooopでんきの請求書です。

実際のLooopガスの請求書

左下の黄色い囲みの中を見ると分かるように、「ガス割」が適用されて電気代が175円安くなっています。

そしてこの月のガスの使用量は39m³でガス代は5,849円だったので、同じ使用量でCDエナジーダイレクトの場合と比較してみました。
▼Looopでんき+ガス ・電気代:11,799円 ・ガス代:5,849円 ⇒17,648円 ▼CDエナジーダイレクト+ガス ・電気代:11,842円 ・ガス代:6,208円 ⇒18,050円
Looopでんきで電気とガスをまとめた方が、1ヵ月間で402円安くなることが分かりました。

このようにLooopでんきではガスとセットで契約することでより光熱費が安くなるので、電気とガスをまとめるならLooopでんきとLooopガスをおすすめします。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間2万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

LooopでんきとCDエナジーダイレクトのサービス比較

LooopでんきとCDエナジーダイレクト、どちらが安くなるのかが分かったところで、それぞれのサービスを比較してみました。

ライフスタイルに合わせたプランはある?

Looopでんきには料金プランが1つしかありませんが、CDエナジーダイレクトにはライフスタイルに合わせたプランがいくつかあります。
▼CDエナジーダイレクトのライフスタイルに合わせたプラン 『エンタメでんき』 ┗Amazonプライムがついてくるプラン 『よしもとでんき』 ┗大阪チャンネルがついてくるプラン 『ポイントでんき』 ┗dポイントか楽天ポイントが最大7%貯まるプラン
エンタメでんきやよしもとでんきは電気代が毎月1万円を超えるような人、ポイントでんきは契約アンペア数が60Aの人がお得になるような料金プランなので、該当する人のみ検討しましょう。

電気の使用量を見れるアプリはある?

電気の使用量を見れるアプリは、CDエナジーダイレクトにはありませんがLooopでんきにはあります。

今までであれば電気の使用量や電気代は毎月届く紙の検針票を見るしかありませんでしたが、新電力では検針票の代わりにマイページやアプリで確認できるようになりました。

そして、紙の検針票は1ヵ月に一度しか届かなかったため、1ヵ月おきにしか電気の使用量をチェックすることができませんでしたが、マイページやアプリでは1時間おきの電気の使用量までチェックできます。

私も実際にLooopでんきのアプリを利用していますが、電気代の変動が分かりやすく見れるため、節約に繋がり便利です。

電気の駆けつけサービスはある?

Looopでんきには、「かけつけるーぷ」という電気トラブルの際に対応してくれる無料の駆けつけサービスがありますが、CDエナジーダイレクトにはありません。

かけつけるーぷではブレーカーがよく落ちる時や、停電してしまった時、そしてコンセントが焦げ臭い時など、24時間365日無料で駆けつけて原因を調査してくれます。

そして出張費と60分以内の作業は無料でしてくれるので、いざという時に安心です。

支払い方法は?

Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみですが、CDエナジーダイレクトの支払い方法はクレジットカードか口座振替を選ぶことができます。

クレジットカードを持っていない人はLooopでんきを契約することができないので、CDエナジーダイレクトを契約しましょう。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

もう一度、どんな人にLooopでんきまたはCDエナジーダイレクトをおすすめできるのかまとめました。

▼Looopでんき ・二人暮らし以上(40A以上) ・ガスとセットで契約する人 ▼CDエナジーダイレクト ・一人暮らし(30A以下)

そして重要なのは『契約アンペア数』によってどちらが安くなるのかが変わるということ。

契約アンペア数は電気の検針票に書いてあるので、必ずチェックしてから申し込みましょう。(現在新電力を利用している人はマイページで確認できます)

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ