【保存版】Looopでんき契約後にブレーカーが落ちる原因と対策

評価:5.00 - 2件の票数


Looopでんきに契約したけどなぜかブレーカーが落ちて停電する方いませんか?

停電ってすごいストレスですよね。

ここではなぜ停電するのかその原因・対策方法について詳しく説明していますのでご覧ください。

Looopでんきは実量制

従来の電力会社の場合は「アンペア契約」といってアンペア数が増えれば同時に使用できる電力量が増えていく仕組みです。

一方でLooopでんきは「実量制」といって、同時に使用できる電力量に制限がありません。

アンペア契約と実量制の違い

続いて、アンペア契約と実量制の違いを詳しく見ていきましょう。

アンペア契約とは

従来の電力会社が採用している「アンペア契約」は以下の通りになります。

一度に同時に使用できる電力量が決まっている
契約したアンペア数によって基本料金が変わる
使用量を増やすには契約アンペア数を上げる

アンペアブレーカーとは

アンペアブレーカーとは、契約している電力量を超えた場合に電気の供給を自動で止めるリミッターになります。

みなさん普段の生活でエアコン・電子レンジ・ドライヤーなどを同時に使用したらブレーカーが落ちて停電したことありませんか?

これはアンペアブレーカーのリミッターが作動したことにより停電していたんです。

実量制とは

Looopでんきの「実量制」は以下の通りになります。

アンペア数による上限がない
たくさんの電気を使っても停電することがなくなる

建物ごとに使用できる電力量の上限値(基本60Aまで)が決まっていますので、これを超える場合は、停電することもあります。

また、建物によっては電力量の上限値が違いますので、詳しく知りたい方は地域の電力会社に問い合わせてください。

アンペアブレーカーを撤去しない限り停電が起こる

なぜLooopでんき契約後に停電が起きるのか?
実はLooopでんきに切り替えても電気が使い放題ではありません。

Looopでんきに契約して、以前使用していたアンペアブレーカーが家についているとブレーカーが落ちて停電することがあるんですよ。

つまり、アンペアブレーカーを撤去しない限り停電が起こることになります。

地域の電力会社に戻ってもアンペアブレーカーは必要ない

もしかしたらLooopでんきから東京電力などの地域の電力会社に戻る方もいますよね。

そんな時に「アンペアブレーカーを撤去したから地域の電力会社に戻れないのでは」と思いませんか?

実はLooopでんき契約後に設置するスマートメーター内にはアンペアブレーカーと同じ機能が内蔵されいますので、安心して地域の電力会社に契約することができます。

アンペアブレーカーを撤去する方法

ここではアンペアブレーカーを撤去する方法を見ていきましょう。

すでにLooopでんきと契約している場合

まずは「Looopでんきコンタクトセンター」に問い合わせましょう。

Looopでんきから東京電力などの地域の電力会社にアンペアブレーカー撤去の依頼が届き、その後工事をしてくれます。

Looopでんきコンタクトセンター
0120-707-454(年中無休 9:00~20:00)

Looopでんきと契約前の場合

事前に東京電力などの地域の電力会社に問い合わせてください。

すぐにアンペアブレーカーの撤去工事を約10分くらいでやってくれますよ。

ちなみにアンペアブレーカー撤去工事の場合は必ず立ち合いが必要になりますので注意してください。

ブレーカー撤去工事以外の解決方法

上でも言いましたが、アンペアブレーカー撤去工事の場合は必ず立ち合いが必要になります。

どうしても立ち会えない方もいると思いますので、撤去工事をしなくてもいい方法を紹介しますね。

事前に契約アンペア数を変更する

Looopでんきと契約する前に事前に東京電力などの地域の電力会社に問い合わせれば契約アンペア数を変更する工事原則無料でやってくれますよ。

ちなみにLooopでんき契約後のアンペア数の変更はできません。

Looopでんきと契約していて、どうしてもアンペア数の変更をしたい場合は、まず一度Looopでんきを解約し、地域の電力会社と契約をして契約アンペア変更の工事をしてもらいます。

次は契約アンペアの変更工事が完了したら、再度Looopでんきと契約するといった方法があります。

上記の方法はかなりめんどくさいので、Looopでんきと契約する前に契約アンペア数の変更工事をすることをオススメします。

契約アンペアを変更する場合、変更工事を申し込んでから次の検針日まで変更したアンペア数の基本料金を払うことになりますので注意してくださいね。

電気の乗り換えは6月中がチャンス!

●電気代が上がる夏までに乗り換えるラストチャンス
●乗り換えは早ければ早いほどお得
●現在当サイトからも申し込み急増中

電気の乗り換えは今がチャンスです!

電気が実際に切り替わるまでは、申し込みから1ヵ月程度かかります。

エアコンなどで電気代が上がる夏までに切り替えるには、6月中の申し込みがラストチャンスなんです。

今申し込みを済ませてしまうのと夏が始まってから申し込むのでは、お得額に大きな差が出てきます!

電気使用量が増える夏までに、お得に乗り換えましょう!

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

まとめ

いかがでしたか?

最後に簡単にまとめます。

●Looopでんきは実量制を採用しているので同時に使用できる電力量に制限がないです。

●Looopでんき契約後の停電は、アンペアブレーカーを撤去しない限り起こります。

●アンペアブレーカーの撤去は、「Looopでんき」か「東京電力などの地域の電力会社」に問い合わせてください。

●Looopでんきの契約前に契約アンペア数の変更工事をしておけば停電はなくなります。

契約前に契約アンペア数の変更工事をすると、基本料金が上がることになるので正直ブレーカー撤去工事をやった方が料金も発生しませんし、工事もたった10分で終わるので「ブレーカー撤去工事」をすることをオススメします。

評価:5.00 - 2件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)