Looopでんきの法人向けビジネスプランは年間10万円の節約効果!

評価:5.00 - 1件の票数

電気をたくさん使う方たちに朗報です!

今回紹介するLooopでんきのビジネスプランはめちゃくちゃオススメです!!

口コミで毎月5,000円安くなった方もいます。

おすすめな人
●事務所、商店、飲食店
●大家族や民宿や合宿所
●とにかく電気をたくさん使う方

この記事ではLooopでんきのビジネスプランが何故おすすめなのか、具体的な料金なども出して説明していきたいと思います。

わかりやすくまとめましたので、最後までお付き合いください。

Looopでんきよりあしたでんきがおすすめ!

※2019年7月追記※
Looopでんきより安くてお得な電力会社がありました!

Looopでんきも安いですが、同じく基本料金0円のあしたでんきのほうがさらに安くておすすめです。

あしたでんきが選ばれている理由
Looopでんきより単価が安い
2019年現在業界最安
Looopでんきからの乗り換え急増
2019年7月申込件数No.1!
東電の関連会社だから安心

当初はLooopでんきの安さは革新的でしたが、今では圧倒的にあしたでんきのほうが安く、2019年7月現在申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私も2年使ったLooopでんきからあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに、あしたでんきは今なら申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえます!

Looopでんきはキャンペーンを実施していないですし、乗り換えるなら断然あしたでんきがおすすめです!

ビジネスプランは法人向けのプラン

おうちプランとビジネスプランの違いはそこまで難しくありません。

公式サイトでは電気を多く使う方(事務所、商店、飲食店など)におすすめと書いてありますが、一般的な家庭でも申し込むことができます。

現在の契約が「kVA」の方であれば契約できます。

※どの電力会社も6KVA(60A)からの契約になります。

対象
おうちプランは家庭向けで6KVA(60A)以下が対象
ビジネスプランは法人向けで6KVA(60A)以上が対象になります。

簡単にいうとビジネスプランは法人向けのプランですね。

アンペアとkVAのちがい

10A=1kVAになります。

電力会社によってプラン名は違いますが、kVAの契約は6KVAからになります。

つまり60A以上の契約になるということですね。

従来の電力会社との比較

現在でもほとんどの方が一般電気事業者(東京電力や北海道電力や九州電力)と契約しています。

ここでは従来の一般電気事業者とLooopでんきのビジネスプランを比較してみました。

基本料金の比較

※スマホの方は横にスクロールしてください。

電力会社1kVA単価
6kVA10kVA15kVA
30kVA
Looopでんき
0円
0円0円0円0円
北海道電力
334.80円
2008.8円3348円5022円10044円
東北電力
324.00円
1944円3240円4860円9720円
東京電力
280.80円
1684.8円2808円4212円8424円
中部電力
280.80円
1684.8円2808円4212円8424円
北陸電力
237.60円
1425.6円2376円3564円7128円
関西電力
388.80円
2332.8円3888円5832円11664円
中国電力
399.60円
2397.6円3996円5994円11988円
四国電力
367.20円
2203.2円3672円5508円11016円
九州電力
291.60円
1749.6円2916円4374円8748円

1kVA単価を契約するkVAに掛けて基本料金を算出します。

例:北海道電力で6kVAを契約する場合

1kVA単価が334.80円なので

334.80円×6kVA=2008.8円ということになります。

契約するkVAがあがっていくとLooopでんきはかなりお得になることがわかります。

30kVAを契約した場合、毎月10,000円以上安くなることも。

年間にしたら10万円以上お得になりますが、電気の料金は「基本料金+従量料金の合計」なので次は、従量料金と、基本料金を足した金額ついてみていきましょう。

従量料金の比較

●表の右側の数字は1kWhあたりの料金単価になります。
●合計は10kVAを契約し2000kWhを使用した場合の月額料金になります。(基本料金も含まれています。)

Looopでんき

北海道電力
一律
31円~120kWh
23.54円
一律
31円120~280
29.72円

一律
31円280~
33.27円
合計¥61,938円
合計¥68,089円
Looopでんき東北電力
一律
27円~120kWh
18.24円
一律
27円120~300
24.87円
一律
27円300~
28.75円
合計¥53,946円
合計¥58,727円
Looopでんき東京電力
一律
27円~120kWh
19.52円
一律
27円120~300
26.00円
一律
27円300~
30.02円
合計¥53,946円
合計¥60,808円
Looopでんき中部電力
一律
27円~120kWh
20.68円
一律
27円120~300
25.08円
一律
27円300~
27.97円
合計¥53,946円
合計¥57,300円
Looopでんき北陸電力
一律
22円~120kWh
17.52円
一律
22円120~300
21.33円
一律
22円300~
23.02円
合計¥43,956円
合計¥47,407円
Looopでんき関西電力
一律
23円~120kWh
17.40円
一律
23円120~300
21.68円
一律
23円300~
24.95円
合計¥45,954円
合計¥52,247円
Looopでんき中国電力
一律25円~120kWh
17.76円
一律25円120~300
23.74円
一律25円300~
25.58円
合計¥49,950円
合計¥53,837円
Looopでんき四国電力
一律25円~120kWh
16.66円
一律25円120~300
22.09円
一律25円300~
24.96円
合計¥49,950円
合計¥52,032円
Looopでんき九州電力
一律24円~120kWh
17.19円
一律24円120~300
22.69円
一律24円300~
25.63円
合計¥47,952円
合計¥52,586円

すべてのエリアでLooopでんきがお得になることがわかりました。

10kVA以上の契約ではもっとお得になりますし、10kVA未満の契約でもLooopでんきの方がお得になります。

ここでの表は月間の料金なので、年間で考えると70,000円以上お得になるエリアもありますね。

現在、表に記載されている電力会社と契約されている方は十分乗り換えを検討する余地があるでしょう。

Looopでんきの法人(ビジネスプラン)の料金比較

まずは、おうちプランとビジネスプランの料金の比較をご覧ください。

エリアおうちプランビジネスプラン
北海道電力29円/kWh31円/kWh
東北電力26円/kWh27円/kWh
東京電力26円/kWh27円/kWh
中部電力26円/kWh27円/kWh
北陸電力21円/kWh22円/kWh
関西電力22円/kWh23円/kWh
中国電力24円/kWh25円/kWh
四国電力24円/kWh25円/kWh
九州電力23円/kWh24円/kWh

比較してみると北海道エリアを除いて、1円だけビジネスプランの方が高いことがわかりますよね。

どちらも基本料金は0円でいつでも解約できます。違約金もかかりません。

他の電力会社との料金の比較

東京エリアで比較しました。

基本料金の比較

1kVAの単価と、10kVAの契約をした場合にかかる料金を比較しました。

電力会社1kVA単価10kVA契約
Looopでんき
0円
0円
エネワンでんき
280.80円
2808円
東京ガス電気
280.80円
2808円
HISでんき
266.76円
2667.6円
ミツウロコでんき
280.80円
2808円
東急でんき
252.72円
2527.2円
エルピオでんき
263.95円
2639.5円
myでんき
263.95円
2639.5円

基本料金0円のLooopでんきはやっぱりお得ですね。

毎月3,000円近く節約でき、年間で考えると36,000円はかなりの節約になりますね。

今回は10kVAの契約を想定して比較してみましたが、これが15kVA・・20kVAになるともっとお得になります。

一般家庭用の「おうちプラン」で基本料金0円を掲げて注目を浴びているLooopでんきですが、kVA契約の方が場合によってはかなりお得になります。

後ほど、表をつかってわかりやすくシミュレーションしたので参考にしてみてください。

従量料金の比較

Looopでんき
エネワンでんき
一律
27円
~120kWh
19.52円
一律
27円
120~300
26.00円
一律
27円
300~
26.42円
東京ガス電気
HISでんき
~360kWh
23.21円
~120kWh
19.43円
360~
25.99円
120~300
25.91円
300~
29.93円
ミツウロコでんき
東急でんき
~120kWh
21.43円
~120kWh
19.41円
120~300
22.63円
120~300
25.88円
300~
25.24円
300~
28.43円
エルピオでんき
myでんき
~120kWh
18.35円
~120kWh
18.26円
120~300
22.88円
120~300
24.36円
300~
25.31円
300~
28.13円

kVAでの契約をする方は月々の電気使用量は多いと思うので300kWh~の単価に注目してみましょう。

300kWh以上の8社の平均の単価は27.05円になります。

安い順に並べると

1位:25.24円(ミツウロコでんき)
2位:25.31円(エルピオでんき)
3位:25.99円(東京ガス電気)
4位:26.42円(エネワンでんき)
5位:27円(Looopでんき)
6位:28.13円(myでんき)
7位:28.43円(東急でんき)
8位:29.93円(HISでんき)

このような結果になりました。

では、次に基本料金と従量料金をあわせて、実際にシュミレーションをしてみましょう。

2000kWh使用した場合の料金の比較

※スマホの方は横にスクロールしてください。

赤字は1番安い電力会社です。

電力会社10kVA20kVA30kVA
Looopでんき
¥53,946円
¥53,946円¥53,946円
エネワンでんき

¥54,692円
¥57,500円
¥60,308円

東京ガスでんき¥53,761円
¥56,569円
¥59,377円

HISでんき
¥60,488円
¥63,156円
¥65,823円

ミツウロコでんき
¥52,313円
¥55,121円
¥57,929円

東急でんき
¥57,791円
¥60,319円
¥62,846円

エルピオでんき¥51,939円
¥54,578円
¥57,218円

myでんき¥56,984円
¥59,624円
¥62,263円

10kVAの契約の場合

1番安いのがエルピオでんきですね。

2番目に安いのがミツウロコでんき。

3番目に安いのが東京ガスでんき。

Looopでんきは4番目に安い結果になりました。

20kVAの契約の場合

1番安いのがLooopでんきですね。

2番目に安いのがエルピオでんき。

3番目に安いのがミツウロコでんき。

という結果になりました。

30kVAの契約の場合

1番安いのがLooopでんきですね。

2番目に安いのがエルピオでんき。

3番目に安いのがミツウロコでんき。

という結果になりました。

この結果から考えられるのは基本料金が0円のLooopでんきは契約するkVAが高くなると他の電力会社の基本料金が高くなるため、お得になるけど

300kwh~の従量料金が安い電力会社と比較すると、10kVAで契約した場合の料金は高くなってしまうということです。

6kVA~10kVAの契約だとエルピオでんきや、ミツウロコでんきの方がお得に利用できますね。

基本料金がシンプルで、従量料金も一律で、評判も良いLooopでんきですが、契約内容によっては他の電力会社の方がお得になるケースもあるということを頭にいれておきましょう。

また、契約するkVAが高くなる(20kVA以上の契約)だと、Looopでんきはかなりお得になるということも頭にいれておきましょう。

Looopでんきもいいけどあしたでんきがおすすめ

※2019年7月追記※
Looopでんきより安くてお得な電力会社がありました!

Looopでんきも確かに安いですが、同じく基本料金0円のあしたでんきがさらに安くてお得です!

おすすめの理由
●Looopでんきより単価が安い
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●2019年現在【業界最安】
●東京電力のグループ会社なので実績安心
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今までいろんな新電力について調べてきましたが、2019年現在これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばあしたでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2019年人気No.1】あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

少し前まではLooopでんきも確かに安かったですが、今ではあしたでんきが料金やサービスなどあらゆる面で勝っています。

SNSでの口コミや当サイトへのメールなどを見ても、今までLooopでんきを利用していた方があしたでんきに乗り換えるというケースが急増しています。

東京電力のグループ企業という安心感も、あしたでんきへの乗り換えを後押ししている要因でしょう。

実際に私も2年使ってきたLooopでんきを解約してあしたでんきに乗り換えましたが、確実にLooopでんきより安くなり満足しています。

あしたでんきは解約金なども一切ないので、実際にどれくらい安くなるかお試し感覚で申し込むというのも全然OK。

私も今はあしたでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※今ならあしたでんきの申し込みで2,000円分のアマゾンギフト券がもらえます!

夏はエアコンで電気代が上がるので、ぜひ一日でも早い切り替えをおすすめします。

まとめ

以上、Looopでんきのビジネスプランの料金比較でした。

東京電力をはじめとしたこれまでの一般電気事業者で契約している方は、かなりお得になることがわかりました。

一方で、新電力(東京ガスでんき、ミツウロコでんき、ENEOSでんきなど)と言われる電力会社と比較した場合は20kVA以上の契約じゃないとお得にならない場合があることがわかりました。

一般電気事業者(東京電力など、昔からある電力会社)と契約している方は、Looopでんきのビジネスプランは本当におすすめです。

評価:5.00 - 1件の票数

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Looopでんきの法人向けビジネスプランについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。