Looopでんきとあしたでんきの料金・サービス比較!おすすめはどっち?

Looopでんきとあしたでんきはどっちが安い?一人暮らしの場合は?使用量が多い場合は?とLooopでんきとあしたでんきのどちらを契約すべきか悩んでいませんか。

どちらも「基本料金0円」で「従量料金(使った分の料金)」が一律なため、よく比較さているサービスですが、月々の電気料金が2万円を超えるような使用量の多い家庭でなければ、そこまで料金差が無い2社です。

この記事では、状況別の電気料金・ガスセット割・対応エリア・トラブルサポートを比較し、それぞれのおすすめな人を紹介します。

最後に、おすすめな申し込み方法も紹介しているので、是非参考にしてくださいね。

Looopでんきとあしたでんきを比較

Looopでんきは株式会社Looopが提供する全国エリア対応の新電力です。一方、あしたでんきは東京電力のグループ会社が一部エリア限定で提供している新電力になります。

ここでは、新電力を比較する際に重要な「電気料金」「セット割」「対応エリア」を順に詳細に比較していきます。その他の比較ポイント「トラブルサポート」「環境配慮」なども参考程度にご覧ください。

電気料金比較

一般的に、電気料金は「基本料金」と「従量料金(使った分の料金)」が合算された金額が請求されますが、Looopでんきとあしたでんきはどちらも基本料金が0円なので、従量料金を比較するのが重要です。

一般的な従量料金は、使用量によって1~3段階に分かれていて、1段階2段階と使っていくうちに高くなる仕組みですが、Looopでんきとあしたでんきはどちらも一律料金となっています。

Looopでんきとあしたでんきの従量料金比較をご覧ください。
 Looopでんきあしたでんき
東北26.4円26円
Looopより-0.4円安い
東京26.4円26円
Looopより-0.4円安い
中部26.4円26円
Looopより-0.4円安い
関西22.4円22円
Looopより-0.4円安い
中国24.4円24円
Looopより-0.4円安い
九州23.4円23円
Looopより-0.4円安い
四国24.4円エリア外
北陸21.3円エリア外
北海道29.5円エリア外
沖縄27.0円エリア外
あしたでんきはLooopでんきより-0.4円ほど安いことが分かります。実際の月額料金に換算するとどれほど安くなるのか「一人暮らしの場合」と「使用量が多い場合」でで比較しました。

一人暮らしの場合

月々の電気料金は使用量によって変わるので、使用量が少ない120kwhから使用量が多い650kwhまでの料金比較をした結果をご覧ください。
使用量
(月の目安料金)
差額
120kwh
(月3,000円前後)
あしたでんきが
-48円安い
250kwh
(月7,000円前後)
あしたでんきが
-100円安い
350kwh
(月9,000円前後)
あしたでんきが
-140円安い
650kwh
(月17,000円前後)
あしたでんきが
-260円安い
あしたでんきの方が数十円~数百円程度安いですが、使用量が多い650kwhの場合でも-260円しか差が無いことを考えると、一人暮らしの場合の電気料金はどちらの新電力を選んでも大差ないと言えるでしょう。

使用量が多い場合はあしたでんきが安い

月々の電気料金は使用量によって変わるので、800kwhから1,200kwhまでの料金比較結果をご覧ください。
使用量
(月の目安料金)
差額
800kwh
(月2万円前後)
あしたでんきが
-920円安い
1,000kwh
(月3万円前後)
あしたでんきが
-1,900円安い
1,200kwh
(月35,000円前後)
あしたでんきが
-2,880安い
※あしたでんきはたっぷりプランで計算

Looopでんきは通常プランのみですが、あしたでんきは電気をたくさん使う家庭向けに「たっぷりプラン」があり、従量単価がLooopでんきよりも4.9円安く設定されています。

1,000kwh,1,200kwh...と電気をたくさん使った月は数千円差になることもあるので、大家族など電気をたくさん使う家庭はあしたでんきのたっぷりプランがおすすめです。

Looopでんきはガスセット割がある

Looopでんきは東京ガスエリア限定でLooopガスも販売しています。

Looopで電気とガスをまとめると、請求がまとまるだけでなく電気料金の従量料金が0.4円安くなります。

●セット割適用前:26.4円
●セット割適用後:26円

Looopでんきの従量料金はあしたでんきよりもわずかに高いのですが、セット割を適用させることであしたでんきと全く同じ従量料金となります。

ガス料金も安くなる

Looopガスに乗り換えると、都市ガス(東京ガス)やプロパンガスよりも基本料金と従量料金が安くなるため、月々のガス料金も安くなります。

都市ガス(東京ガス)またはプロパンガスからLooopでんきへ乗り換えたら、月々いくら安くなるのか全国の平均使用量でシュミレーションした結果をご覧ください。
東京ガス⇒Loopガスプロパンガス⇒Loopガス
-397円
安くなる
-917円
安くなる
※全国平均使用量:都市ガス(東京ガス)使用量33.6㎥/プロパンガス使用量8.9㎥(引用元:日本生協連)

あしたでんきで東京ガスまたはプロパンガスを利用するよりも、Looopでガスと電気をまとめた方が数百円お得になります。

電気使用量が多い家庭は、大幅に電気料金が安くなるあしたでんきがおすすめですが、一人暮らしの方などはLooopでガスと電気をセットにすることで総合的な支出を抑えられるでしょう。

供給エリアを比較

Looopでんきは北海道から沖縄まで全国エリアで契約できます。

一方、あしたでんきは東北・関東・中部・関西・中国・九州の6エリアのみです。あしたでんきのエリア外の方はLooopでんきを選びましょう。

その他サービスを比較

新電力を選ぶ際に気になる「初期費用」「解約金」「支払い方法」「電気の見える化(アプリ)」に関しては全く同じです。
 
Looopでんき
あしたでんき
初期費用
0円
0円
解約金
0円
0円
支払方法
クレジット
カード
クレジット
カード
アプリ
あり
あり
一部の他社新電力は、初期費用や解約金がかかるケースもありますが、あしたでんきとLooopでんきはどちらも別途費用がかからないので、安心して利用できるでしょう。

トラブルサポートを比較

Looopでんきでは、東京電力エリア限定で電気トラブルの対応サービス「かけつけるーぷ」が無料で受けられます。

ブレーカーがよく落ちる、停電してしまった、コンセントが焦げ付いてしまった…などのトラブル時、通常は作業してもらうのに9,000円~13,000円の費用がかかりますが、Looopでんきであれば24時間365日無料で駆けつけてくれます。

あしたでんきではこうしたサービスはなく、自分で業者を探し、上記の金額を自費で支払う必要があります。契約後のトラブルサポートを充実させたい人はLooopでんきがおすすめです。

環境やエコを比較

電気を1kwh発電する時に排出する二酸化炭素の量が少ないほど環境やエコに優しいと言えます。二酸化炭素の量を示す「CO₂排出係数」を比較した結果をご覧ください。
 Looopでんきあしたでんき
CO₂排出係数
(2018年度)
349g766g
あしたでんきよりLooopでんきの方がCO₂排出係数が300gほど少ないことが分かります。少しでも環境に優しい電力会社を利用したい方はLooopでんきを検討してみましょう。

Looopでんきがおすすめな人

Looopでんきとあしたでんきの電気料金は、月々の電気料金が2万円を超えるような人でなければそこまで変わりません。お住いのエリアや利用したい付帯サービスで選びましょう。

Looopでんきとあしたでんきを総合的に比較した結論、Looopでんきがおすすめなのは以下に当てはまる人です。

Looopでんきがおすすめな人
・北海道・北陸・四国・沖縄エリアの人
・関東エリアでガスセット割を適用したい人

あしたでんきは「北海道・北陸・四国・沖縄エリア」では契約できないので、必然的にLooopでんき一択になるでしょう。

また、関東エリアでガスセット割を適用したい人は、セット割によってガス料金も安くすることが出来るLooopでんきがおすすめです。

あしたでんきがおすすめな人

Looopでんきとあしたでんきを総合的に比較した結論、あしたでんきがおすすめなのは以下に当てはまる人です。

あしたでんきがおすすめな人
・東北・関東・中部・関西・中国・九州エリアで月々の電気料金が2万円を超えるような人

あしたでんきでお得に利用したい電気使用量の多い方は、たくさん使う家庭向けの「たっぷりプラン」を契約しましょう。

Looopでんきとあしたでんきの申込み方法

Looopでんきの申し込み方法

Looopでんきの申し込みは公式サイトから行います。

電気の検針票とクレジットカードをお手元に用意して、公式サイトから申し込みページに遷移し必要事項を入力していきます。

現在の契約状況、申し込みたいプラン内容、支払い情報などを入力すれば申込完了です。

申し込みから約1ヵ月でLooopでんきに切り替わります。切り替えの際は工事や立ち合いなどは必要ありません。現在の電力会社への解約もLooopでんきが代行してくれるので、あとは開通日まで待っているだけでOKです。

なお、ガスも申し込みたい場合は同様の手順で公式サイトから申し込みます。ガスの検針票もあわせて用意しておきましょう。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間2万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

あしたでんきの申し込み方法

あしたでんきの申し込みは公式サイトから行います。

電気の検針票、クレジットカードを用意し、公式サイトから申し込みページにアクセスしましょう。

申し込みページでは現在の契約情報、申し込みたいプラン、支払い情報の指定などを行います。全て入力すれば申込完了です。

申し込み後の工事や立ち合いなどはありません。現在の電力会社への解約もあしたでんきが行うので不要です。約1ヵ月後にあしたでんきに切り替わるので、そのまま開通日を待ちましょう。

基本料金0円!あしたでんき

あしたでんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

あしたでんきが選ばれている理由
・基本料金0円!使った分だけお支払い
・最安水準!年30,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

契約期間の縛りや解約金がないだけでなく、東京電力のグループ企業という信頼感も安心して利用できるポイントです。

あしたでんきを試してみる

まとめ

Looopでんきとあしたでんきの比較について最後までご覧いただきありがとうございます。

Looopでんきとあしたでんきは料金形態が似ていることからよく比較されるサービスですが、一人暮らしの過程ではそこまで大きく料金が変わらないことが分かりました。

一方、電気をたくさん使う家庭では、あしたでんきのたっぷりプランを契約することでLooopでんきよりもお得になるので、使用量に合わせて選ぶことが重要です。

また、エリアやガスセット割なども含めた総合的な比較では、それぞれ以下のような方におすすめという結論になりました。

▼Looopでんきがおすすめな人
北海道・北陸・四国・沖縄エリアの人
関東エリアでガスセット割を適用したい人

▼あしたでんきがおすすめな人
東北・関東・中部・関西・中国・九州エリアでたくさん電気を使う人

それぞれの目的や状況にあわせて相応しい電力会社を選ぶようにするといいでしょう。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ