あしたでんきとLooopでんきはどっちを選ぶべき?料金・サービスを徹底比較

あしたでんきとLooopでんきはともに基本料金0円が人気の電力会社ですが、どちらを選べばいいか悩んでいるのではないでしょうか?

この記事ではLooopでんきとあしたでんきの電気料金やサービス面を徹底比較しています。

結論を言うと、電気料金の安さではあしたでんき、サービス面ではLooopでんきがそれぞれ優れていることがわかりました。

●電気料金を安くしたい:あしたでんき
●サービス面を重視したい:Looopでんき

2社で迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

あしたでんきとLooopでんきの基本情報

基本的な情報をまとめました。
あしたでんき
基本情報
Looopでんき
TRENDE
株式会社
運営会社
株式会社
Looop
開示なし
契約件数
18万件
東北電力エリア
東京電力エリア
中部電力エリア
関西電力エリア
中国電力エリア
九州電力エリア
供給エリア

沖縄・離島
を除く全国
標準プラン
たっぷりプラン
プラン
おうちプラン
クレジット
カード払い
支払い方法
クレジット
カード払い
なし
契約金や
解約・違約金
なし
あしたでんきの「標準プラン」とLooopでんきの「おうちプラン」の料金形態は全く同じで、基本料金0円で電気を使った分だけ料金がかかる仕組みです。あしたでんきにはほかにも「たっぷりプラン」があります。

供給エリアについてはあしたでんきの方が狭いので、自分の住んでいるエリアが対応しているか先に確認しておきましょう。

あしたでんきとLooopでんきどっちを選ぶべき?

あしたでんきとLooopでんきの料金やサービス面で、どんな違いがあるのかを一覧でまとめました。
  あした
でんき
Looop
でんき
料金料金の安さ
サービスキャッシュバック
キャンペーン
×
ガスの
サービス
見える化
トラブル
サポート
料金の安さで選ぶならあしたでんき、サービス面で選ぶならLooopでんきになります。

電気料金の安さで選ぶならあしたでんき

電気料金は必ずあしたでんきの方が安くなります。

実際にどのくらいの差になるか、東京電力からLooopでんきとあしたでんきに切り替えた場合の年間の節約額をまとめました。
 Looop
でんき
あした
でんき
一人暮らし
(30A/150kWh)
-936円-1,656円
二人暮らし
(40A/250kWh)
-4,464円-5,664円
四人暮らし
(50A/450kWh)
-15,444円-17,604円
一人暮らしなら700円ほどあしたでんきの方がお得、四人暮らしなら2,000円ほどあしたでんきの方がお得というように、世帯人数が増えるほど差も大きくなっていくことが分かります。

単価が0.4円安い

あしたでんきの方が安くなる理由は、使用料の単価がLooopでんきより0.4円安く設定されているからです。

あしたでんき、Looopでんきはともに基本料金が0円なため、両社の違いは「利用料の単価」だけになります。

電気料金は電気の使用量(kwh)×単価(円)で計算することになるので、例えば一か月に電気を500kwh使用した場合…

Looopでんき:500kwh×26.4円=13,200円/月
あしたでんき:500kwh×26.0円=13,000円/月

となり、あしたでんきの方が絶対に月200円安くなるのです。

東京電力に限らず全てのエリアであしたでんきの方が単価が0.4円安いので、どのエリアでも必ず「0.4円×使用量」だけあしたでんきの方が安くなります。

【Twitterの口コミ】

電気使用量が多い人向けのプランもある

また、あしたでんきには月の電気代が毎月20,000円を超えるような極めて電気使用量が多い方向けの「たっぷりプラン」も用意されています。

800kwh使用した場合…

Looopでんき:800×26.4円=21,120円/月
あしたでんき(標準プラン):800×26円=20,800円/月
あしたでんき(たっぷりプラン):3,000円+800×21.5円=20,200円/月

特に電気をたくさん使うという人は「たっぷりプラン」を選ぶとさらにお得に利用することができますよ。

基本料金0円!あしたでんき

あしたでんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・基本料金0円!使った分だけお支払い
・最安水準!年30,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

契約期間の縛りや解約金がないだけでなく、東京電力のグループ企業という信頼感も安心して利用できるポイントです。

電気の乗り換えは遅くなるほど損なので、1日でも早い乗り換えをおすすめします。

あしたでんきを試してみる

電気をあまり使わない方には向かない

あしたでんきもLooopでんきも、料金プランの特性上下記に当てはまる人は電気代が高くなってしまう可能性が高いです。

・20A以下で契約している人
・関西電力、中国電力、四国電力エリアで一人暮らしをしている人

該当する人は他の電力会社を検討してみてください。

サービス面を重視するならLooopでんき

Looopでんきにはあしたでんきにはないサービスが豊富です。
▼Looopでんきのサービス
・ガスとまとめられる
・見える化が便利
・電気のトラブルに無料で対応してくれる

電気とガスをセットにできる

Looopでんきでは東京ガスの供給エリア限定で、電気とガスをまとめられる「Looopでんき+ガス」があります。

ガスとまとめることで電気代とガス代の請求や支払い方法が1つになるので便利です。

ちなみにこのセット割ではLooopでんきの料金単価が2%OFFになり、料金単価があしたでんきと全く同じになります。

あしたでんきにはガスのセットサービスはないので、電気とガスをセットにしたい方はLooopでんきがおすすめです。

電気の「見える化」が便利

見える化とは、電気の使用量や電気料金をインターネット上で見られるサービスのこと。

あしたでんきもLooopでんきも見える化のサービスはありますが、Looopでんきの見える化の方が機能が多く備わっています。

例えばLooopでんきの見える化では、従来の電力会社との差額を勝手に計算してくれるので、どのくらい節約できているのかを一発で確認することができます。



さらに電気の使用量とその日の気温を併せて見れるので、今後の節約に繋げることができて便利です。



あしたでんきにはない機能が備わっていて便利な上に、Looopでんきには専用のアプリがあるのでいちいちログインしなくても簡単に確認することもできます。

電気トラブルに無料で対応してくれる

Looopでんきには電気のトラブルが起きた際に、24時間365日無料で対応してくれる「かけつけるーぷ」という便利なサービスがあります。
【かけつけるーぷ】
・電話番号:0120-995-007(24時間365日受付)
・出張費、60分以内の作業費用:無料
・東京電力管内限定


コンセントが焦げ臭い時やブレーカーがよく落ちるといった電気に関するトラブルの際に、電気のプロが駆けつけて原因調査や一時対応を行ってくれます。

通常は1万円以上かかる作業費が、60分以内であれば無料です。

あしたでんきにはないサービスで、Looopでんきを契約した人であれば申請不要で利用できるので、いざという時に安心です。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間で3万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

そして今ならなんと、最大で8,020円分のQUOカードPayがもらえるキャンペーンを実施中!

4月30日までの期間限定キャンペーンなので、このチャンスにLooopでんきに切り替えましょう!

あしたでんきとLooopでんきの申込み方法

申し込み方法はどちらもWEBから申し込むだけです。

電力会社の切り替えの際、大きな工事は必要ありません。

スマートメーターという機械が設置されていない場合は設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで行われるので安心してください。

申し込みから供給までは、どちらも2週間から1ヵ月ほどかかります。

ではそれぞれの申し込み方法を見てみましょう。

あしたでんきの申込み方法

①電気の検針票とクレジットカードを用意する
⇓
②公式サイトで必要事項を入力して申し込む
⇓
③申し込み完了のメールが届く
⇓
供給開始になれば完了!

Looopでんきの申込み方法

①電気の検針票とクレジットカードを用意する
⇓
②公式サイトで必要事項を入力して申し込む
⇓
③約2週間後にマイページとハガキにて供給開始日の案内が届く
⇓
供給開始日になれば完了!

まとめ

最後にあしたでんきとLooopでんき、どちらが向いているのか改めてまとめました。

●あしたでんき:とにかく料金を安くしたい人
●Looopでんき:サービス面を重視する人

電力会社によって特徴は違いますし、人それぞれ選ぶ基準も違います。

自分にあった電力会社を選びましょう。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ