Looopでんきとあしたでんきを徹底比較!あなたに向いているのはどっち?

あしたでんきとLooopでんきはともに基本料金0円が人気の電力会社ですが、どちらを選べばいいか悩んでいるのではないでしょうか?

この記事ではあしたでんきとLooopでんきを以下のポイントで徹底比較しています。
・電気料金
・セット割
・電気の「見える化」機能
・電気トラブルの対応サービス
・環境配慮

結論、電気料金を少しでも安くしたい人はあしたでんきがおすすめ。一方で電気とガスをセットにしたい人や契約後のサポート、環境への配慮を重視したい人はLooopでんきがおすすめです。

これを読めば、どちらの電力会社が自分に向いているのかが分かるようになります。

あしたでんきとLooopでんきを比較

あしたでんき、Looopでんきの比較ポイントをまとめました。
 あしたでんきLooopでんき
提供エリア北海道、北陸、四国、沖縄を除く全国沖縄を除く全国
電気料金
電気とガスのセットなしあり
※東京ガスエリア限定
キャンペーンなしなし
電気の見える化あり
※数時間おきに更新
あり
※1日1回更新
※多機能
トラブル対応なしあり
※東京電力エリア限定
解約金・違約金なしなし
環境配慮×
以上のポイントを一つずつ比較していきます。

なお、北海道、北陸、四国エリアの方はあしたでんきのエリア外になるので、Looopでんき一択となります。

電気料金が安いのはあしたでんき

あしたでんきとLooopでんきの電気料金を比較します。

結論、電気料金だけなら必ずあしたでんきの方が安くなります。

2~3人世帯(350kwh)、4~5人世帯(650kwh)の例で計算しました。
 2~3人世帯4~5人世帯
LooopでんきあしたでんきLooopでんきあしたでんき
東北9,240円9,100円
(-140円)
17,160円16,900円
(-260円)
関東9,240円9,100円
(-140円)
17,160円16,900円
(-260円)
中部9,240円10,400円
(-140円)
17,160円16,900円
(-260円)
関西7,840円7,700円
(-140円)
14,560円14,300円
(-260円)
中国8,540円8,400円
(-140円)
15,860円15,600円
(-260円)
九州8,190円8,050円
(-140円)
15,210円14,950円
(-260円)
あしたでんきとLooopでんきはともに基本料金が0円なので、2社の違いは従量料金の単価だけになります。
 あしたでんきLooopでんき
東北電力エリア26円26.4円
東京電力エリア26円26.4円
中部電力エリア26円26.4円
関西電力エリア22円22.4円
中国電力エリア24円24.4円
九州電力エリア23円23.4円
あしたでんきは、全てのエリアでLooopでんきより1kwhあたりの単価が0.4円安いです。つまり、あしたでんきはLooopでんきより「電気の使用量×0.4円」だけ安くなります。

そのため、350kwh使った場合は350×0.4円=140円、650kwh使った場合は650×0.4円=240円、それぞれ安くなるのです。

電気使用量が多いとさらに安い

また、あしたでんきでは電気代が20,000円を超えるような方向けに「たっぷりプラン」も用意していて、電気をたくさん使う方であればさらに安くできます。

例えば1ヵ月に800kwhの電気を使った場合、あしたでんきのたっぷりプランはLooopでんきより月1,000円安くなります。

このように、電気料金に関してはあしたでんきの方がLooopでんきより安くなります。

電気とガスをセットにできるのはLooopでんき

Looopでんきは東京ガスのエリア限定でガスも供給していて、電気とガスをセットにできます。

電気とガスをまとめることで電気料金が割引になり、ガス料金も安くなります。

電気代が安くなる

電気料金は、Looopのガスとセットで契約するとセット割が適用され、単価が0.4円安くなります。

Looopでんきとあしたでんきの単価の差は0.4円でしたが、Looopでんきでセット割が適用されると0.4円安くなるため、2社の単価は同じになります。

●あしたでんき:26円
●Looopでんき:26.4円→26円

Looopでんきはセット割を適用することで、あしたでんきと全く同じ電気料金で利用できるようになります。

ガス料金も安くなる

また、Looopガスを利用することで、ガスの料金も安くすることができます。

あしたでんきはガスのサービスはないため、東京ガスを利用することになります。

以下の表では、あしたでんきで東京ガスを利用した場合よりLooopガスがいくら安くなるかをまとめたのでご覧ください。

※東京ガスの料金-Looopガスの料金
1~2人世帯
18m³
3~4人世帯
30m³
5人世帯
50m³
-70円-129円-179円
電気、ガスをセットで安くしたい人はLooopでんきを選びましょう。

トラブル対応サービスがあるのはLooopでんき

Looopでんきでは、電気トラブルの対応サービスが無料で受けられます(東京電力エリア限定)。

▼トラブルの例
・ブレーカーがよく落ちる
・停電してしまった
・コンセントが焦げ付いている

通常は9,000円~13,000円かかる作業費が、Looopでんき利用者は24時間365日無料になります。

あしたでんきではこうしたサービスはなく、自分で業者を探し、上記の金額を自費で支払う必要があります。

契約後のトラブルサポートを充実させたい人はLooopでんきがおすすめです。

電気の「見える化」機能を比較

電気の使用量や電気代をインターネット上から見られるサービスを電気の「見える化」と言います。
あしたでんき・Looopでんきの見える化
左があしたでんき、右がLooopでんき
あしたでんき、Looopでんきともにマイページから「見える化」を利用できますが、以下のような違いがあります。

更新頻度が多いのはあしたでんき

あしたでんきは数時間おきでグラフが反映されるので、その日の電気使用量をすぐに確認できます。

一方Looopでんきは1日1回であるため、リアルタイムで使用量を確認することはできません。

機能が豊富なのはLooopでんき

Looopでんきでは乗り換え前の電力会社と節約額を比較できるという機能があります。

「節約額チェッカー」と呼ばれるもので、同じ使用量で前の電力会社を使い続けていた場合との差額を計算してくれます。



どれだけ節約になるのかが一目で見られる便利な機能です。

初期費用・解約金はどちらもなし

あしたでんき、Looopでんきともに初期費用・解約金はありません。

いつでも無料で利用でき、解約したい場合も気軽に解約できます。

環境・エコへの配慮を比較

電源構成や発電時のCO₂排出量を比較します。

電源構成を公開しているのはLooopでんき

Looopでんきは電源構成を公開しており、電源の26%を再生可能エネルギーでまかなっています(23.4%がFIT電気、2.6%が水力)。

あしたでんきはどのような発電方法で電気を作っているのか公開していません。

CO₂排出量が少ないのはLooopでんき

電気を作る際に発生するCO₂の排出量が少ないのはLooopでんきです。

1kwhあたりの電気を作るのに発生するCO₂の量を比較します。
 あしたでんきLooopでんき
2018年度766g349g
Looopでんきはあしたでんきの半分以下のCO₂排出量となっています。

環境に配慮した電力会社を選びたい方はLooopでんきがおすすめです。

あしたでんきが向いている人は?

以上の比較結果から、あしたでんきが向いている人をまとめます。
▼あしたでんきが向いている人
・電気料金を少しでも安くしたい人
・マイページで頻繁に使用量を確認したい人
東京ガスエリアでLooopでんきにガスをまとめる場合を除いて、あしたでんきの方がLooopでんきより電気料金が安くなります。

また、自分の電気使用量を頻繁に確認したい人にも向いています。

基本料金0円!あしたでんき

あしたでんきの申し込みはこちらの公式サイトからできます。

あしたでんきが選ばれている理由
・基本料金0円!使った分だけお支払い
・最安水準!年30,000円以上安くなる人多数
・初期費用・解約金0円!お試しで契約できる etc...

契約期間の縛りや解約金がないだけでなく、東京電力のグループ企業という信頼感も安心して利用できるポイントです。

あしたでんきを試してみる

Looopでんきが向いている人は?

続いて、Looopでんきが向いている人をまとめます。
▼Looopでんきが向いている人
・電気とガスをセットにしたい人
・万一の電気トラブル対応をしてもらいたい人
・電気代の削減額を分かりやすく記録したい人
・環境に配慮した電気を使いたい人
ガスとのセット契約や、電気トラブルの対応などサービスを重視したい人にLooopでんきは向いています。

他にも、節約額チェッカーを活用していくら節約できたのかを記録しておきたい人にも向いています。

電気代を安くするなら
『Looopでんき』がおすすめ!

電気をたくさん使うほどお得!

選ばれている理由
●現在申し込み件数20万件突破!
●年間2万円以上の節約も可能
●基本料金・初期費用・解約金“0円”
●電気とガスのセットでさらにお得

解約金が0円なのでお試し感覚で申し込みができるのも人気の理由の一つでしょう。

下記公式サイトでは、自分の電気代の場合どのくらいお得になるのかをシミュレーションしてくれるので安心ですよ。

まとめ

電気料金のあしたでんき、サービス重視のLooopでんき。

自分に向いている方の電力会社が分かってもらえたでしょうか。

電力会社の変更は公式サイトから申し込むだけで、工事や現在の電力会社の解約作業なども不要です。

ぜひ気に入った方へ気軽に申し込んでみてください。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ