シン・エナジー(洸陽電機)の料金・評判まとめ!単身・同棲にこそおすすめです

評価:3.51 - 213件の票数

総合エネルギー会社であるシン・エナジー株式会社が提供する新電力「シン・エナジー」

以前はKOYOでんき(洸陽電機)という名前でしたが、2018年4月にシン・エナジーという名前に変わりました。

北海道以外の全国で利用可能で、再生可能エネルギーの使用に力を入れていることでも有名ですが、肝心の電気料金はどれほどお得になるのでしょうか。

シン・エナジーの料金
シン・エナジーの評判
シン・エナジーのメリット・デメリット
シン・エナジーの割引・特典

など、気になる情報をまとめました。

結論から言うと、一人暮らしや同棲世帯にはかなり安くておすすめできる新電力です!

実際にどれくらいお得なのか、また三人以上の家庭にはどこの電力会社がおすすめなのかなど具体的なシミュレーションも含めて紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

シン・エナジーは電気を使わない人にこそおすすめ!

早速ですが、まずは最も大切なシン・エナジーの料金を見てみましょう。

結論を言うと、シン・エナジーは一人暮らしや同棲世帯など、電気をあまり使わない人にこそ利用してほしい新電力です。

使用量が少ないときほどお得になる

シン・エナジーの特徴は、電気をあまり使わない場合でも料金が安くなるということ。

下の表を見てみてください。

東京電力エリアの方で、あまり電気を使わない一人暮らしの方(月2,800円程度)を想定して複数の電力会社と比較してみました。

(他のエリアは後ほどシミュレーションして計算しています。)

電力会社電気料金東京電力
との差額
東京電力2,794円
シン・エナジー2,685円
-109円
ソフトバンクでんき2,775円
-19円
東京ガスの電気2,791円
-3円
ENEOSでんき2,794円
0円
ミツウロコでんき2,794円
0円
丸紅新電力3,066円
+272円

ほとんどの電力会社が東京電力とほとんど変わらないか、高くなるところもある中でシン・エナジーは100円以上の節約になっています。

100円しか?と思うかもしれませんが、使用量が少ないとほとんど安くならないのが一般的なので、比較するとこれはかなり大きな節約額ということになるんです。

ちなみに一年間の節約額で計算すると…

●シン・エナジー⇒1,308円お得
●東京ガスの電気⇒36円お得
●ソフトバンクでんき⇒228円お得
●ENEOSでんき⇒0円
●ミツウロコでんき⇒0円
●丸紅新電力⇒3,264円損

と、かなり大きな差になりますね。

自分は電気をあまり使わないし電力会社を乗り換えても意味ないかな…と思っている方ほど検討してほしい新電力です。

使用量に応じたシミュレーション

上の例以外でも様々な使用量を想定し、複数の電力会社と比較して料金をシミュレーションしてみました。

自分の使用量が近いところを見てみてくださいね。

ここでは東京電力エリア、関西電力エリアを例に計算していますが、それ以外のエリアの方も東北・中部・北陸・九州の方は東京電力エリアを、中国・四国・沖縄の方は関西電力エリアを参考にできますよ。

(より正確に自分の地域の電力会社との料金を比較したいという方は、こちらで確認できます。)

ただ、先に言ってしまうと、三人家族以上など使用量が増えるにつれてシン・エナジーよりもお得になる電力会社も出てくるので、それも踏まえて見てみてください。

▼東京電力エリアを見る

東京電力エリア

●一人暮らし(少なめ~ふつう)

30A契約120kwh使用(約3,200円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー3,071円月間:-113円
年間:-1,356円
ソフトバンク
でんき
3,161円月間:-23円
年間:-276円
東京ガス3,180円月間:-4円
年間:-48円
ENEOSでんき3,184円月間:0円
年間:0円
ミツウロコ
でんき
3,184円月間:0円
年間:0円
東京電力3,184円
丸紅新電力3,454円月間:+270円
年間:+3247円

●一人暮らし(多め)/二人暮らし(少なめ)

40A契約150kwh使用(約4,300円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー4,053円月間:-192円
年間:-2,304円
東京ガス4,109円月間:-136円
年間:-1,632円
ENEOSでんき4,188円月間:-57円
年間:-684円
ソフトバンク
でんき
4,215円月間:-30円
年間:-360円
丸紅新電力4,232円月間:-13円
年間:-156円
ミツウロコ
でんき
4,234円月間:-11円
年間:-132円
東京電力4,245円

●二人暮らし(ふつう~多め)

40A契約200kwh使用(約5,500円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー5,269円月間:-275円
年間:-3,300円
東京ガス5,326円月間:-218円
年間:-2,616円
ENEOSでんき5,393円月間:-151円
年間:-1,812円
ソフトバンク
でんき
5,502円月間:-42円
年間:-504円
ミツウロコ
でんき
5,505円月間:-39円
年間:-468円
丸紅新電力5,528円月間:-16円
年間:-192円
東京電力5,544円

●二人暮らし(多め)

40A契約300kwh使用(約8,100円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー7,702円月間:-440円
年間:-5,280円
ミツウロコ
でんき
7,768円月間:-374円
年間:-4,488円
ENEOSでんき7,802円月間:-340円
年間:-4,080円
東京ガス7,842円月間:-300円
年間:-3,600円
ソフトバンク
でんき
8,076円月間:66円
年間:-792円
丸紅新電力8,119円月間:-23円
年間:-276円
東京電力8,142円

●三人家族

40A契約400kwh使用(約11,500円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
ミツウロコ
でんき
10,292円月間:-852円
年間:-10,224円
ENEOSでんき10,377円月間:-767円
年間:-9,204円
シン・エナジー10,423円月間:-721円
年間:-8,652円
東京ガス10,541円月間:-603円
年間:-7,236円
丸紅新電力10,710円月間:-434円
年間:-5,208円
ソフトバンク
でんき
11,048円月間:-96円
年間:-1,152円
東京電力11,144円

●四~五人家族

40A契約500kwh使用(約14,000円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
ミツウロコ
でんき
12,816円月間:-1,330円
年間:-15,960円
ENEOSでんき12,952円月間:-1,194円
年間:-14,328円
シン・エナジー13,144円月間:-1,002円
年間:-12,024円
東京ガス13,190円月間:-956円
年間:-11,472円
丸紅新電力13,301円月間:-845円
年間:-10,140円
ソフトバンク
でんき
14,020円月間:-126円
年間:-1,512円
東京電力14,146円

閉じる

▼関西電力エリアを見る

関西電力エリア

●一人暮らし(少なめ~ふつう)

120kwh使用(約2,400円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー2,341円月間:-88円
年間:-1,056円
ENEOSでんき2,373円月間:-56円
年間:-672円
丸紅新電力2,373円月間:-56円
年間:-672円
大阪ガス2,374円月間:-56円
年間:-672円
ソフトバンク
でんき
2,381円月間:-48円
年間:-576円
ミツウロコ
でんき
2,429円月間:0円
年間:0円
関西電力2,429円

●一人暮らし(多め)/二人暮らし(少なめ)

150kwh使用(約3,200円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー3,043円月間:-145円
年間:-1,740円
ENEOSでんき3,079円月間:-109円
年間:-1308円
丸紅新電力3,100円月間:-88円
年間:-1,056円
大阪ガス3,119円月間:-69円
年間:-828円
ソフトバンク
でんき
3,158円月間:-30円
年間:-360円
ミツウロコ
でんき
3,177円月間:-11円
年間:-132円
関西電力3,188円

●二人暮らし(ふつう~多め)

200kwh使用(約4,500円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー4,213円月間:-241円
年間:-2,892円
ENEOSでんき4,257円月間:-197円
年間:-2,364円
丸紅新電力4,312円月間:-142円
年間:-1,704円
大阪ガス4,361円月間:-93円
年間:-1,116円
ソフトバンク
でんき
4,412円月間:-42円
年間:-504円
ミツウロコ
でんき
4,425円月間:-29円
年間:-348 円
関西電力4,454円

●二人暮らし(多め)

300kwh使用(約7,000円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー6,553円月間:-434円
年間:-5,208円
ENEOSでんき6,613円月間:-374円
年間:-4,488円
丸紅新電力6,736円月間:-251円
年間:-3,012円
大阪ガス6,845円月間:-142円
年間:-1,704円
ミツウロコ
でんき
6,912円月間:-75円
年間:-900 円
ソフトバンク
でんき
6,920円月間:-67円
年間:-804円
関西電力6,987円

●三人家族

400kwh使用(約10,000円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
シン・エナジー9,233円月間:-630円
年間:-7,560円
丸紅新電力9,234円月間:-629円
年間:-7,548円
ENEOSでんき9,244円月間:-619円
年間:-7,428円
ミツウロコ
でんき
9,437円月間:-426円
年間:-5,112円
大阪ガス9,467円月間:-396円
年間:-4,752円
ソフトバンク
でんき
9,767円月間:-96円
年間:-1,152円
関西電力9,863円

●四~五人家族

500kwh使用(約13,000円/月)

安い順に並べています。

電力会社料金東京電力
との差額
丸紅新電力11,732円月間:-1,007円
年間:-12,084円
ENEOSでんき11,875円月間:-864円
年間:-10,368円
シン・エナジー11,913円月間:-826円
年間:-9,912円
ミツウロコ
でんき
11,962円月間:-777円
年間:-9,324円
大阪ガス12,228円月間:-511円
年間:-6,132円
ソフトバンク
でんき
12,614円月間:-125円
年間:-1,500円
関西電力12,739円

閉じる

まとめ:使用量が少ない方こそメリットがある

いかがでしょうか?

一人暮らしや二人暮らしの方など、月の電気代が8,000~9,000円以下になるような場合にシン・エナジーが最もお得になることがわかりましたね。

一方、月の電気代が10,000円を超えるような方ではシン・エナジーよりもお得になる電力会社もありました。

●ここがポイント!
月々の電気代が8,000円を超えるか否かが、シン・エナジーを最もお得に利用できるポイントになります。

電気をたくさん使う方にはそこまでお得というわけではないですが、あまり電気を使わない方にはシン・エナジーはかなりおすすめできます。

ちなみに、6月限定で下記窓口からシン・エナジーに申し込むともれなく3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です!

キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じです。

電気の乗り換えでキャッシュバックが受け取れる機会はそうそうないので、ぜひ検討中の方は6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

上記窓口の右上にある『お申込み』ボタンから申し込みできます。

この記事では詳しく取り上げませんでしたが、電気代が10,000円を超えるような方にはENEOSでんきミツウロコでんきLooopでんきがおすすめです!

詳しくは以下の記事でも紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。
『月の電気代が10,000円を超えるような方必見!3~4人家族におすすめの電力会社TOP10』

『家族が多い方はこちら!5人家族以上におすすめの電力会社TOP10』

シン・エナジーの料金プラン

それぞれのエリアごとに、地域の電力会社とシン・エナジーの料金を表にまとめてみました。

ご自分の住んでいるエリアをタップ/クリックして確認してくださいね。

(参考)電気料金の仕組み

電気料金とは、基本料金(最低料金)従量料金で成り立ちます。

  • 基本料金(最低料金)とは、電気の契約自体にかかる料金のこと
  • 関東・東北・中部・北陸・九州では契約アンペアによってあらかじめ決めれた料金を支払います。
    例)関東で40A契約なら1123.2円

    関西・中国・四国・沖縄では最低料金といい、契約アンペアに関わらず一定額を支払います。
    例)関西なら334.82円

  • 従量料金とは、電気を使った分だけ支払う料金のこと
  • 電気の使用量(kWh)×従量料金の単価(円)で求められます。

    一般的に使用量が増えると単価が上がっていきます。

    ()内の赤い字は従来の電力会社との差額です。

    ▼東北電力エリアの料金

    東北電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき東北電力
    基本
    料金
    30A963.00円
    (-9円)
    972.00円
    40A1,284.00円
    (-12円)
    1,296.00円
    50A1,604.00円
    (-16円)
    1,620.00円
    60A1,925.00円
    (-19円)
    1,944.00円
    従量
    料金
    ~120kWh17.98円
    (-0.26円)
    18.24円
    120~30023.98円
    (-0.89円)
    24.87円
    300~26.30円
    (-2.45円)
    28.75円

    シミュレーション例

    ●30A契約100kwh使用
    東北電力⇒2,796円
    シン・エナジー⇒2,761円(-35円)

    ●40A契約120kwh使用
    東北電力⇒3,484円
    シン・エナジー⇒3,441円(-43円)

    ●40A契約300kwh使用
    東北電力⇒7,961円
    シン・エナジー⇒7,758円(-203円)

    閉じる


    ▼東京電力エリアの料金

    東京電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき東京電力
    基本
    料金
    30A754.37円
    (-88.03円)
    842.40円
    40A1,005.82円
    (-117.38円)
    1,123.20円
    50A1,257.28円
    (-146.72円)
    1,404.00円
    60A1,508.74円
    (-176.06円)
    1,684.80円
    従量
    料金
    ~120kWh19.31円
    (-0.21円)
    19.52円
    120~30024.33円
    (-1.67円)
    26.00円
    300~27.21円
    (-2.81円)
    30.02円

    シミュレーション例

    ●30A契約100kwh使用
    東京電力⇒2,794円
    シン・エナジー⇒2,685円(-109円)
    ●40A契約120kwh使用
    東京電力⇒3,465円
    シン・エナジー⇒3,322円(-143円)
    ●40A契約300kwh使用
    東京電力⇒8,142円
    シン・エナジー⇒7,702円(-440円)

    閉じる


    ▼中部電力エリアの料金

    中部電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき中部電力
    基本
    料金
    30A835.00円
    (-7.4円)
    842.40円
    40A1,115.00円
    (-8.2円)
    1,123.20円
    50A1,392.00円
    (-12円)
    1,404.00円
    60A1,670.00円
    (-14.8円)
    1,684.80円
    従量
    料金
    ~120kWh20.65円
    (-0.03円)
    20.68円
    120~30024.15円
    (-0.93円)
    25.08円
    300~25.55円
    (-2.42円)
    27.97円

    シミュレーション例

    ●30A契約100kwh使用
    中部電力⇒2,910円
    シン・エナジー⇒2,900円(-10円)
    ●40A契約120kwh使用
    中部電力⇒3,604円
    シン・エナジー⇒3,593円(-11円)
    ●40A契約300kwh使用
    中部電力⇒8,119円
    シン・エナジー⇒7,940円(-179円)

    閉じる


    ▼北陸電力エリアの料金

    北陸電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき北陸電力
    基本
    料金
    30A691.42円
    (-21.38円)
    712.80円
    40A921.89円
    (-28.51円)
    950.40円
    50A1,152.36円
    (-35.64円)
    1,188.00円
    60A1,382.83円
    (-42.77円)
    1,425.60円
    従量
    料金
    ~120kWh16.99円
    (-0.53円)
    17.52円
    120~30020.40円
    (-0.93円)
    21.33円
    300~22.33円
    (-0.69円)
    23.02円

    シミュレーション例

    ●30A契約100kwh使用
    北陸電力⇒2,464円
    シン・エナジー⇒2,390円(-74円)
    ●40A契約120kwh使用
    北陸電力⇒3,052円
    シン・エナジー⇒2,730円(-322円)
    ●40A契約300kwh使用
    北陸電力⇒6,891円
    シン・エナジー⇒5,178円(-1,713円)

    閉じる


    ▼関西電力エリアの料金

    関西電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき関西電力
    最低料金
    ~15kWh
    298.88円
    (-28.77円)
    334.82円
    15~12019.45円
    (-0.5円)
    19.95円
    120~30023.40円
    (-1.93円)
    25.33円
    300~26.80円
    (-1.96円)
    28.76円

    シミュレーション例

    ●100kwh使用
    関西電力⇒2,030円
    シン・エナジー⇒1,952円(-78円)
    ●120kwh使用
    関西電力⇒2,429円
    シン・エナジー⇒2,341円(-88円)
    ●300kwh使用
    関西電力⇒6,988円
    シン・エナジー⇒6,553円(-455円)

    閉じる


    ▼中国電力エリアの料金

    中国電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき中国電力
    最低料金
    ~15kWh
    222.00円
    (-109.23円)
    331.23円
    15~12020.34円
    (-0.06円)
    20.40円
    120~30024.50円
    (-2.46円)
    26.96円
    300~27.20円
    (-1.84円)
    29.04円

    シミュレーション例

    ●100kwh使用
    中国電力⇒2,065円
    シン・エナジー⇒1,950円(-115円)
    ●120kwh使用
    中国電力⇒2,473円
    シン・エナジー⇒2,356円(-117円)
    ●300kwh使用
    中国電力⇒7,325円
    シン・エナジー⇒6,766円(-559円)

    閉じる


    ▼四国電力エリアの料金

    四国電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき四国電力
    最低料金
    ~11kWh
    295.00円
    (-108.92円)
    403.92円
    11~12020.00円
    (±0円)
    20.00円
    120~30026.00円
    (-0.5円)
    26.50円
    300~27.30円
    (-2.65円)
    29.95円

    シミュレーション例

    ●100kwh使用
    四国電力⇒2,183円
    シン・エナジー⇒2,075円(-108円)
    ●120kwh使用
    四国電力⇒2,475円
    シン・エナジー⇒2,367円(-108円)
    ●300kwh使用
    四国電力⇒7,245円
    シン・エナジー⇒7,047円(-198円)

    閉じる


    ▼九州電力エリアの料金

    九州電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき九州電力
    基本
    料金
    30A866.05円
    (-8.75円)
    874.80円
    40A1,131.41円
    (-34.99円)
    1,166.40円
    50A1,385.10円
    (-72.9円)
    1,458.00円
    60A1,574.64円
    (-174.96円)
    1,749.60円
    従量
    料金
    ~120kWh16.95円
    (-0.24円)
    17.19円
    120~30021.00円
    (-1.69円)
    22.69円
    300~23.00円
    (-2.63円)
    25.63円

    シミュレーション例

    ●30A契約100kwh使用
    九州電力⇒2,593円
    シン・エナジー⇒2,561円(-32円)
    ●40A契約120kwh使用
    九州電力⇒3,229円
    シン・エナジー⇒3,165円(-64円)
    ●40A契約300kwh使用
    九州電力⇒7,313円
    シン・エナジー⇒6,945円(-368円)

    閉じる


    ▼沖縄電力エリアの料金

    沖縄電力エリアの料金

    料金項目KOYOでんき沖縄電力
    最低料金
    ~10kWh
    355.00円
    (-40.08円)
    395.08円
    10~12022.50円
    (-0.03円)
    22.53円
    120~30027.00円
    (-0.97円)
    27.97円
    300~28.00円
    (-1.91円)
    29.91円

    シミュレーション例

    ●100kwh使用
    沖縄電力⇒2,422円
    シン・エナジー⇒2,380円(-42円)
    ●120kwh使用
    沖縄電力⇒2,872円
    シン・エナジー⇒2,830円(-42円)
    ●300kwh使用
    沖縄電力⇒7,906円
    シン・エナジー⇒7,690円(-216円)

    閉じる

    シン・エナジーの知っていると得するメリット

    続いて、シン・エナジーのメリットを見ていきましょう。

    公式サイトなどで言われていることだけでなく、様々な電力会社と比較してシン・エナジーが優れている点もまとめています。

    従来の電力会社よりも必ず安くなる

    詳しい料金表は後ほどまとめますが、シン・エナジーは基本料金・従量料金ともに従来の電力会社よりも安く設定されています。

    新電力の中にはあまり電気を使わない方は安くならないというところも多くあるので、使用量に関わらず安くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

    電気の使用量が少ないときのお得感が高い

    上の話とも繋がりますが、電気をあまり使わないと安くならない電力会社がほとんどの中で、シン・エナジーは使用量が少なくてもしっかり安くなります。

    つまり、電気をあまり使わない方ほど他社と比較してシン・エナジーのお得感が高いということです。

    一人暮らしや二人暮らしの方にはとても魅力的な電力会社だと思います。

    解約金、解約手数料なし

    シン・エナジーでは、契約する時はもちろん解約の際にもお金はかかりません。

    電力会社によっては数千円の違約金がかかってしまうこともあるので、大事なポイントです。

    マイルがためられる

    JALマイレージバンクの会員であれば、電気料金の支払いでJALのマイルをためることができます。

    200円につき1マイルたまるので、少しでもマイルの足しにしたい!という方にはおすすめです。

    ちなみに、JALカードで電気代を支払うと100円で1マイルが貯まるというカード自体の特典と併用が可能なので、シン・エナジーの電気代をJALカードで支払うと200円で3マイル貯まることになります。

    再生可能エネルギーに力を入れている

    洸陽電機は、環境負荷の低い再生可能エネルギーを作る事業を全国で行っています。

    民間起票や官公庁施設など、3,400件を超える施設に電力を供給しているという実績もあります。

    環境にやさしいエネルギーを使いたいという方におすすめです。

    つなが~る割でさらにお得に

    シン・エナジーには、家族や友人などと一緒にグループで加入することで電気料金が割引になる「つなが~る割」というものがあります。

    公式HPには単身赴任中のお父さんとグループになったり、田舎の両親とまとめたりする例が載っていました。

    割引額自体はそこまで大きなものではありませんが、条件が合う方は試してみてもいいかもしれませんね。

    まとめてプラン

    各世帯の割引を代表者にまとめるプランです。

    つまり、割引を受けられるのは申し込みをした代表者のみ。

    家族や友人をサポートしたい方におすすめです。

    ▼まとめてプランの割引額を見る

    まとめてプランの割引額

    ●4世帯グループの場合
    ⇒代表者の電気料金を月400円割引(初年度)
    ※2年目以降は月200円割引

    ●3世帯グループの場合
    ⇒代表者の電気料金を月150円割引(初年度)
    ※2年目以降は月75円割引

    ●2世帯グループの場合
    ⇒代表者の電気料金を月100円割引(初年度)
    ※2年目以降は月50円割引

    閉じる

    わけあいプラン

    各世帯の電気料金を割引くプランです。

    グループになった全ての世帯が同じだけ割引になるので、友人や同僚と一緒に割引を受けたい方におすすめです。

    ▼わけあいプランの割引額を見る

    わけあいプランの割引額

    ●4世帯グループの場合
    ⇒各世帯の電気料金を月100円割引(初年度)
    ※2年目以降は月50円割引

    ●2~3世帯グループの場合
    ⇒各世帯の電気料金を月500円割引(初年度)
    ※2年目以降は月25円割引

    閉じる

    シン・エナジーに致命的なデメリットはなさそう

    申し込み前に必ず知っておきたいのがデメリット

    公式サイトなどではあまり語られないからこそ、必ず押さえておきたいポイントです。

    今までより高くなった!など、致命的なデメリットはありませんが、契約してから悔やむことのないよう、しっかりチェックしておきましょう!

    使用量が多いとあまりお得ではない

    冒頭のシミュレーションでも紹介しましたが、シン・エナジーは電気の使用量が多くなると、そこまでお得ではなくなります。

    詳しくは後ほど料金表のところで触れますが、電気をたくさん使う場合の料金単価がそこまで安くないのが理由です(とはいえ、従来の電力会社より高くなることは決してありません)。

    電気をたくさん使う方はLooopでんきやミツウロコでんきなどの電力会社を検討してみましょう。

    つなが~る割の割引額が小さい

    先程メリットとして紹介したつなが~る割ですが、見てわかる通り割引額としては正直物足りないです。

    シン・エナジー以外にも様々な新電力がある中、同じシン・エナジーの利用者とグループを組むというのはなかなか難しいです。

    割引額の大きさを考えると、手間の割にあまりメリットはないなという印象です。

    北海道エリアの方は利用できない

    シン・エナジーは北海道エリアの方は利用できません。

    電気の使用量が多く、電気代も全国でトップクラスに高い北海道で利用できないのは残念です。

    新電力の中では珍しく沖縄でも利用できるので、ここは早く北海道にも供給を開始して全国をカバーしてほしいものです。

    キャンペーンやセット割がない

    シン・エナジーには、現在公式サイトで実施しているキャンペーンやセット割などはありません。

    新電力の中には多彩な特典や割引を用意しているところもあるので、人によっては物足りないと感じてしまうでしょう。

    しかし、下記のWEB窓口では期間限定でキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、申し込むならここからがおすすめです。

    6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

    下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

    ※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

    エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

    確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

    ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

    いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    シン・エナジーの評判・口コミ

    電気の乗り換えを検討する際には、実際に使っている方の評判も気になりますよね。

    シン・エナジーの口コミや評判をまとめてみました。

    良い口コミ、悪い口コミを分け隔てなく載せていきます。

    良い口コミ

    料金体系が無難で安心

    ネットで時間帯別に料金が見れて便利!

    マイルがたまって嬉しい

    悪い口コミ

    他の電力会社のほうが安かったという声も・・・

    キャンペーンしている電力会社の方に契約

    まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

    そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

    当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

    ●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
    ●複数の電力会社の中から比較してくれる
    ●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

    複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

    ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

    ※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

    面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

    下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
    >『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

    シン・エナジーの会社情報

    シン・エナジーの会社情報や申し込みにかかる情報をまとめました。

    シン・エナジーの会社情報

    シン・エナジー株式会社は兵庫県神戸市に本社を置く総合エネルギー会社です。

    太陽光や地熱、水力といった再生エネルギーの発電を行っていたり、そこで発電した電力を事業所や家庭向けに販売しています。

    提供エリア

    北海道を除く全国で対応しています。

    マンションなどの集合住宅でも申し込みできますが、建物で一括受電をしている場合は契約できません。

    申し込み方法

    公式サイトからのWEB申し込みか、当サイトで紹介している窓口からのお申し込みが可能です。

    当サイト経由の申し込み窓口から申し込めば、もれなく3,000円円のキャッシュバックが受け取れます。

    支払い方法

    クレジットカードまたは口座振替でお支払いできます。

    使用できるカード

    VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB、Diners

    まとめ

    いかがでしたか?

    シン・エナジーは電気の使用量が多くない一人暮らしや二人暮らしの方ほど、そのお得感を実感できる電力会社だと思います。

    一方、電気をたくさん使う方はLooopでんきやミツウロコでんきなど、さらに安くてお得な電力会社もあります。

    ご自分の生活スタイルや使用量をよく確認して、ぜひ自分にぴったりなお得な電力会社を見つけましょう!

    評価:3.51 - 213件の票数

    おすすめはLooopでんき

    自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

    公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

    心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

    Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

    コメント

    1. ままみ より:

      電気代が安くなるのは嬉しいですが、原発を使わないことの重要性も考えて、電力会社を選びたいですね。
      関西電力や大阪ガスは、原発を肯定していますよね。
      それを解約して新電力に切り替えるのは、原発をなくしたいという意志表示になります。
      契約を検討している会社にその部分を問い合わせて、決めるというひと手間が、核のゴミ問題や、原発の危険性から私たちや子どもたちを守ることになりますね!

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)