関西電力エリアで安くておすすめな電力会社ランキング!【10社比較】

節約をするのに一番効果的なのは、電気代や携帯料金などの毎月必ずある出費「固定費」を削減することだと言われています。

とにかく電気料金を安くしたい!という方のために、関西電力でおすすめの安い電力会社をランキング形式で紹介します!

知っておくと損をしない電力会社選びのポイントもまとめているので、ぜひご覧ください!

関西電力エリアでおすすめの電力会社ランキングTOP3

ではまず、関西電力エリアでおすすめの電力会社TOP3をご覧ください!

電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

▼ソフトバンクユーザーは「おうちでんき」一択▼
※終了間近!初月の電気代がなんと0円

1位:あしたでんき

あしたでんき宣材画像

おすすめポイント
・業界最安!圧倒的な安さ
・最低料金が0円
・解約金が0円なのでお試しで契約できる
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・利用者の評判が良い
・東京電力の子会社なので安心

あしたでんきの最大の特徴は、とにかく電気料金が安いということです。

料金については後ほどシミュレーションをしますが、今回比較した10社の中でも圧倒的な安さでした。

安さの秘訣は、一般的に電気の使用量が増えるにつれて高くなる料金の単価が、あしたでんきは一律なこと。

つまり電気の使用料が多い人ほどどんどんお得になるということです。

今まで数々の電力会社を調べてきましたが、ここまで群を抜いて安い新電力はあしたでんきくらいでした。

いつでも無料で解約できるので、まずはお試し感覚で申し込むということもできますし、多くの方は満足してそのまま利用を続けています。

私もお試しであしたでんきに乗り換えましたが、毎月1,500円程度安くなってかなり満足しています!

下記のあしたでんき公式サイトから申し込めますよ。

2位:親指でんき

親指でんき宣材画像

おすすめポイント
・最低料金が0円
・解約金、違約金0円
・使用料の単価が一律でシンプル
・夜間の電気料金が安くなる

親指でんきもあしたでんきと同様、どれだけ電気を使っても料金の単価が一律。

たくさん使うほど電気代がお得になっていくのが特徴です。

また、親指でんきは上記の標準プラン以外にも、夜間の電気代が安くなるプラン(「ゲームプラン」)も用意しています。

昼間より夜間の単価が安く設定されているので、日中は仕事などで家を空け、仕事から帰ってきた夜から家電などをよく使うビジネスパーソンや共働き世帯にピッタリのプランです。

時間帯を問わず電気を使うという人は「あしたでんき」を、夜によく電気を使う人は「親指でんき」を選ぶと良いですよ。

もちろん初期費用や解約金、契約期間の縛りもないので気軽に申し込めます。

また、11月末までの限定で3,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

気になる方はぜひお早めの申し込みをおすすめします!

※キャンペーン終了まで残り僅かです!

3位:ENEOSでんき

ENEOSでんき宣材画像

おすすめポイント
・電気代の支払いでポイントがたまる
・ENEOSでの給油でガソリン代が2円〜8円/L割引になる
・電気の故障やコンセントのトラブルなどに365日24時間無料で対応
・期間限定でもれなく3,000円のキャッシュバックがもらえる

ガソリンスタンドで有名なENEOSでんき。

今までは関東だけでしたが、今年の4月からは関西での供給も開始しました。

ENEOSでんきの特徴は、新電力の中でもトップクラスに豊富な特典・サービスでしょう。

  • ENEOSカードを使って給油するとガソリン代が2円〜8円/L割引される
  • 電気代の支払いでポイントがたまる
  • 対象カード:Tポイントカード、dポイントガード、ANAカード、ビューカード、エポスカード、エムアイカード、TSキュービックカード、レクサスカード

  • 電気の故障やコンセントの破損など電気トラブルに365日24時間無料修理
  • 電気の使用量や電気代をスマホからグラフで見れる

車をあまり使わないから向いていないかな…と思っている方も、他の特典を目当てに契約するのもアリでしょう!

こうした特典が豊富な新電力は料金が安くないことが多いですが、ENEOSでんきは電気料金も関西電力より安く設定されているので、電気代もしっかり節約できるのも良いところ。

さらに今なら、下記窓口から申し込むと11月限定でもれなく現金3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

公式サイトでは実施していない、こちらの窓口限定のキャンペーンです。

契約期間の縛りや解約金もないので、気になる方はお早めに申し込みをおすすめします。

※キャンペーン終了まで残り僅かです!

関西電力エリアで一番安い電力会社はここだ!

続いて、電気料金がどれくらい安くなるかも見ていきましょう。

いくつかの使用例を挙げて、関西電力エリアで利用できる10社でシミュレーション結果を比較しました。

ご自身の使用量に近いものをご覧ください。

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

▼1~2人世帯・少なめの使用量

1~2人世帯・少なめの使用量

●100kWh使用の場合

電力会社電気料金
シンエナジー1,952円
(-78円)
ENEOS1,974円
(-55円)
大阪ガス1,975円
(-55円)
myでんき2,010円
(-20円)
auでんき2,029円
(-1円)
ミツウロコ2,030円
(±0円)
あしたでんき2,150円
(+120円)
坊っちゃん2,400円
(+370円)
はなカメくん2,402円
(+372円)
きらめきでんき2,426円
(+396円)

▼2~3人世帯・平均的な使用量

2~3人世帯・平均的な使用量

●250kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき5,375円
(-347円)
シンエナジー5,383円
(-339円)
ENEOS5,436円
(-286円)
myでんき5,533円
(-189円)
大阪ガス5,603円
(-119円)
ミツウロコ5,674円
(-48円)
auでんき5,720円
(-2円)
はなカメくん5,790円
(+68円)
きらめきでんき5,849円
(+127円)
坊っちゃん5,850円
(+128円)

▼3~4人世帯・平均的な使用量

3~4人世帯・平均的な使用量

●400kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき8,600円
(-1,264円)
はなカメくん9,179円
(-685円)
シンエナジー9,233円
(-631円)
ENEOS9,245円
(-619円)
きらめきでんき9,272円
(-592円)
myでんき9,411円
(-453円)
ミツウロコ9,437円
(-427円)
大阪ガス9,468円
(-396円)
坊っちゃん9,500円
(-364円)
auでんき9,860円
(-4円)

▼3~4人世帯・多めの使用量

3~4人世帯・多めの使用量

●550kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき12,375円
(-2,353円)
はなカメくん12,567円
(-1,611円)
きらめきでんき12,695円
(-1,483円)
ENEOS13,191円
(-987円)
ミツウロコ13,225円
(-953円)
坊っちゃん13,250円
(-928円)
シンエナジー13,253円
(-925円)
myでんき13,423円
(-755円)
大阪ガス13,609円
(-569円)
auでんき14,171円
(-7円)

▼4~5人世帯・かなり多めの使用量

4~5人世帯・かなり多めの使用量

●700kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき15,750円
(-3,442円)
はなカメくん15,956円
(-2,536円)
きらめきでんき16,118円
(-2,374円)
坊っちゃん17,000円
(-1,492円)
ミツウロコ17,012円
(-1,480円)
ENEOS17,138円
(-1,354円)
シンエナジー17,273円
(-1,219円)
myでんき17,436円
(-1,056円)
大阪ガス17,751円
(-741円)
auでんき18,482円
(-10円)

使用量が極端に少ない場合はシンエナジー、それ以外はあしたでんき

電気使用量によって、どの電力会社が安くなるかは全然違うということがわかっていただけたと思います。

使用量が多くなればなるほど金額差が大きく開いていくので、使用量が多い方は特に注意して電力会社を選ぶ必要があります。

関西電力エリアの場合、一人暮らしなど使用量が極端に少ない方はシン・エナジー、それ以外の方はあしたでんきがおすすめです。

とはいえあしたでんきは人によっては一人暮らしでもお得になる場合もありますし、気になる方は公式サイトからシミュレーションをしてみましょう!

関西電力エリアでお得に選ぶポイント

電力会社の切り替えの際は、選び方を間違えてしまうと損をしてしまうことがあります。

ここでは電力会社選びで損をしないためのポイントを紹介していくので、ぜひチェックしておいてください。

セット割やポイントよりも純粋な電気料金の安さで考える

他サービスとのセット割やポイントが貯まるなど、魅力的なサービスを展開している新電力も少なくありません。

確かに、セット割やポイントサービスが利用できるのは電力自由化のメリットの一つです。

しかし、一番大切なのは「電気料金が安くなるかどうか」です。

いくら付帯サービスが充実していたところで、電気料金が安くならなければ意味がありません。

例えば、以下の2社ではどちらがお得でしょうか?

【A社】
・電気料金5,000円
・セット割で100円割引
・電気料金に応じて25円分のポイント還元

【B社】
・電気料金4,800円
・セット割やポイントサービスはない

一見割引が充実したA社が魅力的に見えますが、実際のお得額はB社の方が上です。

ポイントは用途も限られていますし、セット割は契約するサービスによっては違約金が発生するケースもあります。

メリットの裏には必ずデメリットがあるので、純粋に電気料金が安いところを選ぶのがおすすめです。

解約金がかからないところを選ぶ

ほとんどの電力会社はいつでも無料で解約できますが、中には解約金が発生するところもあります。

今回比較した10社の中では、以下の3社のみ解約金があるので注意しましょう。

電力会社金額発生条件
ENEOSでんき1,080円にねん とく²割
更新期間外の解約
はなカメくん2,160円1年未満の解約
きらめきでんき2,160円1年未満の解約

ENEOSでんきは「にねん とく²割」という2年契約の割引に加入した場合のみ、契約更新期間外の解約で解約金が発生します。

※割引に加入しなければ解約金はかかりません。

はなカメくん電気ときらめきでんきは契約して1年未満に解約してしまうと2,160円の解約金がかかりますが、1年が経過すればいつでも無料で解約できます。

そこまで大きな金額ではありませんが、せっかく電気料金を安くするために電力会社を乗り換えるのに、解約金で水の泡になってしまってはもったいないですよね。

リスクを避けるためにも、解約金がかからないところを選んで契約することをおすすめします。

利用者の口コミ・評判をチェックする

契約前に利用者の口コミ・評判を見ておくのも大切です。

おしゃれな公式サイトで一見サービスの良さそうな電力会社でも、SNSで評判を見てみると詐欺まがいの営業や質の悪い対応で評価は最低!ということもあります。

これまで数々の電力会社を調べてきましたが、利用者の評判が悪いところはサービスも良くないことが多いです。

当サイトではたくさんの電力会社の口コミ・評判をまとめているので、ぜひいろいろな記事をチェックしてみてくださいね。

■今回比較した電力会社の詳しい記事はこちら

まとめ

一口に新電力と言っても、その安さやサービス内容はそれぞれ。

特に電気料金のシミュレーション結果には大きな差がありましたね。

選択肢が多いと目移りしてしまうかもしれませんが、ほとんどの方は電気料金の削減が目的だと思うので、迷ったらぜひ冒頭のTOP3から選んでみてください。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

私もあしたでんきに切り替えて1年が経ちましたが、心配だったトラブルもなく満足して利用を続けられています。

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ