関西電力エリアで安くておすすめな電力会社ランキング!【10社比較】

節約をするのに一番効果的なのは、電気代や携帯料金などの毎月必ずある出費「固定費」を削減することだと言われています。

とにかく電気料金を安くしたい!という方のために、関西電力でおすすめの安い電力会社をランキング形式で紹介します!

知っておくと損をしない電力会社選びのポイントもまとめているので、ぜひご覧ください!

初めての方にはあしたでんきがおすすめ!

初めて電力会社を切り替える方に一番おすすめなのがあしたでんきです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年申込件数No.1!
・業界最安!年20,000円以上安くなる人多数
・基本料金がずっと0円
・初期費用、解約金0円!お試しで契約できる
・東京電力の子会社なので実績安心!

面倒な手続きは一切なく、知識ゼロでも簡単に切り替えができます!

お試し感覚で申し込んでそのまま満足して利用を続けている方が多いのも、サービスが良い証拠ですね。

乗り換えてみて、もし気に入らなければ1か月で元の電力会社に戻してもOK(もちろん無料です)。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

電気の切り替えは遅くなるほど損なので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

関西電力エリアでおすすめの電力会社ランキングTOP3

ではまず、関西電力エリアでおすすめの電力会社TOP3をご覧ください!

電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

1位:あしたでんき

おすすめポイント
・業界最安!圧倒的な安さ
・最低料金が0円
・解約金が0円なのでお試しで契約できる
・料金プランがシンプルでわかりやすい
・利用者の評判が良い
・東京電力の子会社なので安心

あしたでんきの最大の特徴は、使用量が増えるほどどんどんお得になるという点です。

料金については後ほどシミュレーションをしますが、今回ランクインした5社の中でも圧倒的な安さでした。

今まで数々の電力会社を調べてきましたが、ここまで群を抜いて安い新電力はあしたでんきくらいです。

いつでも無料で解約できるので、まずはお試し感覚で申し込むということもできますし、多くの方は満足してそのまま利用を続けています。

私もお試しであしたでんきに乗り換えましたが、毎月1,500円程度安くなってかなり満足しています!

さらに今なら、あしたでんきへ申し込むだけでもれなく2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

あしたでんきは電気料金だけでもかなりお得ですが、さらに2,000円分もお得になるのは嬉しいですね。

9月限定のキャンペーンなので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

下記のあしたでんき公式サイトからの申し込みでキャンペーンが適用になります!(※キャンペーンコードの入力は不要です)

※一人暮らしなど電気使用量が少ない方は逆に高くなってしまう可能性もあるので、その場合は2位のシン・エナジーをおすすめします。

2位:シン・エナジー

おすすめポイント
・使用量が少なくても必ずお得になる
・JALのマイルがたまる
・期間限定でもれなく3,000円のキャッシュバックがもらえる

シン・エナジーの最大の特徴は、使用量に関わらず必ずお得になるという点です。

電気をあまり使わない方はあしたでんきだと割高になってしまう可能性がありますが、シン・エナジーであればその心配がいりません。

また、下記窓口から申し込むと、期間限定でもれなく3,000円のキャッシュバックがもらえます!

使用量が少なめの方、少しでもお得にしたい方に特におすすめです!

3位:出光昭和シェルの電気

出光昭和シェルの電気

おすすめポイント
・使用量が多いとかなりお得になる
・給油代の割引がある
・解約金、違約金0円

出光興産と昭和シェル石油が経営統合してできた「出光昭和シェル」の新電力で、シェルのサービスステーションでの給油代が1Lあたり2円割引になるというメリットがあります。

関西にもシェルのサービスステーションはたくさんあるので、よく利用しているという方も多いのではないでしょうか。

料金面では使用量が多いほどお得になるので、家族が多い方など電気をたくさん使う家庭に特に向いています。

また、新電力の中ではかなり珍しくオール電化向けのプランもあるので、オール電化の家庭にお住まいの方にもおすすめです。

関西電力エリアで一番安い電力会社はここだ!

続いて、電気料金がどれくらい安くなるかも見ていきましょう。

いくつかの使用例を挙げて、関西電力エリアで利用できる10社でシミュレーション結果を比較しました。

ご自身の使用量に近いものをご覧ください。

※カッコ内の数字は関西電力との差額です。

▼1~2人世帯・少なめの使用量

1~2人世帯・少なめの使用量

●100kWh使用の場合

電力会社電気料金
シンエナジー1,952円
(-78円)
ENEOS1,974円
(-55円)
大阪ガス1,975円
(-55円)
myでんき2,010円
(-20円)
auでんき2,029円
(-1円)
ミツウロコ2,030円
(±0円)
あしたでんき2,150円
(+120円)
坊っちゃん2,400円
(+370円)
はなカメくん2,402円
(+372円)
きらめきでんき2,426円
(+396円)

▼2~3人世帯・平均的な使用量

2~3人世帯・平均的な使用量

●250kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき5,375円
(-347円)
シンエナジー5,383円
(-339円)
ENEOS5,436円
(-286円)
myでんき5,533円
(-189円)
大阪ガス5,603円
(-119円)
ミツウロコ5,674円
(-48円)
auでんき5,720円
(-2円)
はなカメくん5,790円
(+68円)
きらめきでんき5,849円
(+127円)
坊っちゃん5,850円
(+128円)

▼3~4人世帯・平均的な使用量

3~4人世帯・平均的な使用量

●400kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき8,600円
(-1,264円)
はなカメくん9,179円
(-685円)
シンエナジー9,233円
(-631円)
ENEOS9,245円
(-619円)
きらめきでんき9,272円
(-592円)
myでんき9,411円
(-453円)
ミツウロコ9,437円
(-427円)
大阪ガス9,468円
(-396円)
坊っちゃん9,500円
(-364円)
auでんき9,860円
(-4円)

▼3~4人世帯・多めの使用量

3~4人世帯・多めの使用量

●550kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき12,375円
(-2,353円)
はなカメくん12,567円
(-1,611円)
きらめきでんき12,695円
(-1,483円)
ENEOS13,191円
(-987円)
ミツウロコ13,225円
(-953円)
坊っちゃん13,250円
(-928円)
シンエナジー13,253円
(-925円)
myでんき13,423円
(-755円)
大阪ガス13,609円
(-569円)
auでんき14,171円
(-7円)

▼4~5人世帯・かなり多めの使用量

4~5人世帯・かなり多めの使用量

●700kWh使用の場合

電力会社電気料金
あしたでんき15,750円
(-3,442円)
はなカメくん15,956円
(-2,536円)
きらめきでんき16,118円
(-2,374円)
坊っちゃん17,000円
(-1,492円)
ミツウロコ17,012円
(-1,480円)
ENEOS17,138円
(-1,354円)
シンエナジー17,273円
(-1,219円)
myでんき17,436円
(-1,056円)
大阪ガス17,751円
(-741円)
auでんき18,482円
(-10円)

使用量が極端に少ない場合はシンエナジー、それ以外はあしたでんき

電気使用量によって、どの電力会社が安くなるかは全然違うということがわかっていただけたと思います。

使用量が多くなればなるほど金額差が大きく開いていくので、使用量が多い方は特に注意して電力会社を選ぶ必要があります。

関西電力エリアの場合、一人暮らしなど使用量が極端に少ない方はシン・エナジー、それ以外の方はあしたでんきがおすすめです。

とはいえあしたでんきは人によっては一人暮らしでもお得になる場合もありますし、気になる方は公式サイトからシミュレーションをしてみましょう!

電力会社選びで損をしないためのポイント

電力会社の切り替えの際は、選び方を間違えてしまうと損をしてしまうことがあります。

ここでは電力会社選びで損をしないためのポイントを紹介していくので、ぜひチェックしておいてください。

セット割やポイントよりも純粋な電気料金の安さで考える

他サービスとのセット割やポイントが貯まるなど、魅力的なサービスを展開している新電力も少なくありません。

確かに、セット割やポイントサービスが利用できるのは電力自由化のメリットの一つです。

しかし、一番大切なのは「電気料金が安くなるかどうか」です。

いくら付帯サービスが充実していたところで、電気料金が安くならなければ意味がありません。

例えば、以下の2社ではどちらがお得でしょうか?

【A社】
・電気料金5,000円
・セット割で100円割引
・電気料金に応じて25円分のポイント還元

【B社】
・電気料金4,800円
・セット割やポイントサービスはない

一見割引が充実したA社が魅力的に見えますが、実際のお得額はB社の方が上です。

ポイントは用途も限られていますし、セット割は契約するサービスによっては違約金が発生するケースもあります。

メリットの裏には必ずデメリットがあるので、純粋に電気料金が安いところを選ぶのがおすすめです。

解約金がかからないところを選ぶ

ほとんどの電力会社はいつでも無料で解約できますが、中には解約金が発生するところもあります。

今回比較した10社の中では、以下の3社のみ解約金があるので注意しましょう。

電力会社金額発生条件
ENEOSでんき1,080円にねん とく²割
更新期間外の解約
はなカメくん2,160円1年未満の解約
きらめきでんき2,160円1年未満の解約

ENEOSでんきは「にねん とく²割」という2年契約の割引に加入した場合のみ、契約更新期間外の解約で解約金が発生します。

※割引に加入しなければ解約金はかかりません。

はなカメくん電気ときらめきでんきは契約して1年未満に解約してしまうと2,160円の解約金がかかりますが、1年が経過すればいつでも無料で解約できます。

そこまで大きな金額ではありませんが、せっかく電気料金を安くするために電力会社を乗り換えるのに、解約金で水の泡になってしまってはもったいないですよね。

リスクを避けるためにも、解約金がかからないところを選んで契約することをおすすめします。

利用者の口コミ・評判をチェックする

契約前に利用者の口コミ・評判を見ておくのも大切です。

おしゃれな公式サイトで一見サービスの良さそうな電力会社でも、SNSで評判を見てみると詐欺まがいの営業や質の悪い対応で評価は最低!ということもあります。

これまで数々の電力会社を調べてきましたが、利用者の評判が悪いところはサービスも良くないことが多いです。

当サイトではたくさんの電力会社の口コミ・評判をまとめているので、ぜひいろいろな記事をチェックしてみてくださいね。

■今回比較した電力会社の詳しい記事はこちら

こんな人にはこの電力会社がおすすめ

今回比較した10社の中で、セット割やポイントサービスがある電力会社をまとめました。

興味がある方はご覧ください。

セット割を適用させたい方

電力会社割引
ENEOSでんき給油代割引
大阪ガス電気料金単価割引

ENEOSでんきは、ENEOSカードで電気料金を支払うことでENEOSでの給油代が1ℓあたり1円割引になります。

最寄りのガソリンスタンドがENEOSという方におすすめです。

大阪ガスでは、ガスと電気をセットで契約することで従量料金単価が少しだけ安いプランを契約することができます。

ただし、電気とガスをそれぞれ安いところで別々に契約した方がお得になるので、大阪ガスでセット契約をするのはおすすめしません。

電気料金の支払いでポイントを貯めたい方

電力会社ポイント
ENEOSでんきTポイント
ANAマイル
JREポイント
エポスポイント
エムアイポイント
TS CUBICカード
レクサスカード
シンエナジーJALマイル
大阪ガスdポイント
※別プラン
auでんきau WALLET ポイント

ENEOSでんきでは、Tポイントやエポスポイントなど様々なポイントから好きなものを選んで貯めることができます。

ただし、先程の給油代割引との併用はできないので注意が必要です。

大阪ガスではdポイントを貯められるプランが用意されていますが、今回比較に用いたプランよりも高い料金になっているので、関西電力と比べてもほとんど安くなりません。

総合的に見てもお得ではないので、おすすめしません。

まとめ

一口に新電力と言っても、その安さやサービス内容はそれぞれ。

特に電気料金のシミュレーション結果には大きな差がありましたね。

選択肢が多いと目移りしてしまうかもしれませんが、ほとんどの方は電気料金の削減が目的だと思うので、迷ったらぜひ冒頭のTOP3から選んでみてください。

おすすめはあしたでんき

業界最安値を誇るあしたでんき。

とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

電気の乗り換えは早ければ早いほどお得なので、検討中の方はお早めに試してみることをおすすめします。

あしたでんき公式サイトはこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)