電力自由化で関西でおすすめな電力会社と選び方【10社比較】

関西エリアで安くてお得な電力会社を探している方へ、おすすめの電力会社を紹介します。

2016年に始まった電力自由化以降、関西エリアでも多くの新電力を選べるようになりました。

関西電力エリアでお得な電力会社を選ぶには、「料金単価の安さ」「セット割や特典の内容」「キャンペーンの有無」を総合して料金を比較することが大切です。

結論を先に言うと、関西電力エリアで特におすすめはエルピオでんき親指でんきシン・エナジーの3社となります。

他にも関西で利用できる電力会社10社を比較した結果や、お得な選び方についてなどまとめたのでぜひ参考にしてください。

関西電力エリアでおすすめ電力会社TOP3

関西電力エリアでおすすめの電力会社をランキング形式で発表します。

●単価の安さ
●割引特典
●キャンペーン金額

を総合してお得な3社を順に紹介します。
電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

1位:エルピオでんき

エルピオでんき宣材画像

おすすめポイント
・業界最安!圧倒的な安さ
・年間30,000円以上の節約も可能
・最大20,000円キャッシュバック
・解約金が0円!お試しで契約できる
・利用者の評判が良い
エルピオでんきの最大の特徴は、とにかく電気料金が安いということです。

セット割やポイント特典などはありませんが、それらが不要なほど料金自体が安いのが魅力です。

安さの秘訣は、一般的に電気の使用量が増えるにつれて高くなる従量料金の単価が、エルピオでんきは低価格で一律なこと。

従量料金とは電気を使った分だけ発生する使用料のことで、電気の使用量(kwh)×単価(円)で計算します。

この単価がとにかく安いのがエルピオでんきの特徴。

関西電力と比べてみるとその差は一目瞭然です。
 関西電力エルピオ
15~120kwh20.32円

22.20円
120~300kwh25.80円
300kwh~29.29円
電気の使用量が多い人ほど単価が安く使えるため、電気を使えば使うほどどんどんお得になるということです。

今まで数々の電力会社を調べてきましたが、ここまで安い新電力はエルピオでんきくらいでした。

いつでも無料で解約できるので、まずはお試し感覚で申し込むということもできますし、多くの方は満足してそのまま利用を続けています。

さらに、7月までの期間限定でエルピオでんきに乗り換えると電気代3ヵ月15%OFF&最大20,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!これは関西で利用できる電力会社の中でも最大金額です。

気になった方は少しでもお早めの申し込みをおすすめします。

2位:親指でんき

親指でんき宣材画像

おすすめポイント
・たくさん使うほど安くなる
・解約金0円!気軽に利用できる
・最低料金が0円
・夜間の電気料金が安くなる
・申し込みで3,000円キャッシュバック
親指でんきもエルピオでんきと同様、どれだけ電気を使っても料金の単価が一律。

たくさん使うほど電気代がお得になっていくのが特徴です。

また、親指でんきは上記の標準プラン以外にも、夜間の電気代が安くなるプラン(「日曜から夜更かしプラン」)も用意しています。

昼間より夜間の単価が安く設定されているので、日中は仕事などで家を空け、仕事から帰ってきた夜から家電などをよく使うビジネスパーソンや共働き世帯にピッタリのプランです。

時間帯を問わず電気を使うという人は「エルピオでんき」を、夜によく電気を使う人は「親指でんき」を選ぶと良いですよ。

もちろん初期費用や解約金、契約期間の縛りもないので気軽に申し込めます。

また、6月末までの限定で3,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です。

気になる方はぜひお早めの申し込みをおすすめします!

3位:シン・エナジー

シン・エナジー

おすすめポイント
・電気をあまり使わなくてもお得
・1人~2人暮らしに特におすすめ
・JALのマイルが貯まる
・初期費用、解約金0円
シン・エナジーは、電気をあまり使わなくても確実に安くなる電力会社。

1人暮らしや節約志向の2人暮らしなど、電気をあまり使わない方でも電気代をお得にすることができます。

関西電力では電気をあまり使わない場合は既にかなり割安になっていたため、他の新電力に乗り換えてもあまりお得になりませんでした。

しかしシン・エナジーではどんな使用量であっても確実にお得になるのが魅力。うちはあまり電気を使わないから乗り換えても意味がないかな…と思いっている方にこそおすすめしたい電力会社です。

シン・エナジーは太陽光や水力など、再生可能エネルギーの発電も行っていて環境に優しい電気を使いたいという方にも向いています。

ちなみにJALマイレージバンクの会員なら電気代の支払いでJALのマイルを貯めることもできますよ。

電力自由化について

電力自由化とは、電気の販売が地域の大手電力会社以外にも解禁された制度変更のこと。一般家庭では2016年4月に行われました。

電力自由化によって関西電力以外とも契約できるようになりましたが、そもそも関西電力の料金の仕組みやプランの内容ってどうなっていたんだろう?という方も多いでしょう。

ここでは簡単に関西電力と他の新電力の違いを確認します。

関西電力と新電力の違い

 関西電力
(従来のプラン)
新電力
事業内容発電
送電
売電
(発電)
売電
料金プラン「従量電灯A」新電力に
よって様々
電気料金高い多くの場合で
安くなる
その他の
サービス
特になしポイント特典
セット割など
これまで関西電力は発電から送電、売電といった電気のサービスの全てを担ってきました。電力自由化によって、電気を売ること(売電)が自由化され、この売電は新電力も担うようになりました。

新電力の中には電力自由化以前から発電事業を行っていたところもあるので、売電だけでなく発電も行う新電力もあります。

一方で電気を各家庭まで送る「送電」は今まで通り関西電力が行います。また発電を行う新電力が万が一トラブルに見舞われたとしても、関西電力が電気をバックアップする仕組みになっています。

料金プランについては、従来の関西電力では基本的に「従量電灯A」と呼ばれるプラン一つのみでした。

電気料金は毎月340円の「最低料金」と、使った分だけ支払う「従量料金」の2つの合計から成り立っています。従量料金は電気を使う量が増えるほど単価が高くなっていくという複雑な仕組みをとっています。

一方の新電力は各社ごとに料金プランが異なり、最低料金がなかったり、従量料金の単価が〇%安いなど様々。自社の他サービスとのセット割があったり、ポイント付与特典などを用意しているところもあります。

関西でお得な新電力を選ぶには

関西電力の料金は他のエリアに比べて従量料金の単価が高いため、電気をたくさん使うとかなり割高になるという特徴があります。

そのため、お得な新電力を選ぶには「従量料金の単価が安いこと」が絶対条件になります。

一方で電気をあまり使わない方は関西電力がそもそも安いため、新電力に切り替えても節約しにくいという特徴もあります。

そうした方は、使用量が少なくても安くなる新電力をしっかり見極める他にも、セット割や独自のポイント特典キャンペーンなどを実施している新電力を選び、生活費全体としてお得にするという手もあります。

関西電力エリアで安い電気料金10社比較

ランキングで紹介した3社以外にも関西電力でおすすめな電力会社10社の電気料金の安さを比較してみます。

電気の使用量によって安い電力会社が変わるので
  • 1人暮らし(少なめ)
  • 2~3人暮らし(ふつう)
  • 4~5人暮らし(多め)
  • 5人以上(かなり多め)
の4つの例で1ヵ月の電気料金を計算しました。
比較する10社
エルピオでんき親指でんき
シン・エナジー大阪ガス
奈良電力近畿電力
eo電気和歌山電力
auでんきソフトバンクでんき
※純粋な電気料金を比較するため、ポイント還元や他サービスの割引などは除いています。

1人暮らし(少なめ)

1ヵ月の電気使用量:120kwhで想定

⇒最安はシン・エナジー
シン・エナジー2,384円
大阪ガス2,417円
eo電気2,418円
奈良電力2,446円
ソフトバンクでんき2,452円
auでんき2,473円
近畿電力2,474円
和歌山電力2,535円
エルピオでんき2,664円
親指でんき
(標準プラン)
2,688円
一人暮らしで電気をあまり使わない方の場合、シン・エナジーが最安になりました。

多くの電力会社が使用量が少ないとほとんど安くならない中、シン・エナジーは単価を安く設定されているため、一人暮らしで最もお得にすることができます。

2~3人暮らし(ふつう)

1ヵ月の電気使用量:380kwhで想定

⇒最安はエルピオでんき
エルピオでんき8,436円
親指でんき
(標準プラン)
8,512円
奈良電力8,663円
和歌山電力8,802円
シン・エナジー8,857円
大阪ガス9,125円
eo電気9,270円
ソフトバンクでんき9,368円
auでんき9,458円
近畿電力9,461円
電気代が9,000円前後になる2~3人家族では、エルピオでんきが最安になります。

続いて親指でんき、奈良電力と言う順に並びます。これくらいの使用量ではそこまで大きな差になりませんが、少しでも電気料金が安いところを選びたい人はエルピオでんきが良いでしょう。

4~5人暮らし(多め)

1ヵ月の電気使用量:500kwhで想定

⇒最安はエルピオでんき
エルピオでんき11,100円
親指でんき
(標準プラン)
11,200円
奈良電力11,589円
和歌山電力11,722円
シン・エナジー12,133円
大阪ガス12,465円
eo電気12,715円
ソフトバンクでんき12,847円
auでんき12,971円
近畿電力12,975円
4~5人家族でも、最も安いのはエルピオでんきです。

親指でんき、奈良電力、和歌山電力が続きますが、それ以降になると一気に料金の差が開きます。特に電気使用量が多いほど、安い電力会社と安くない電力会社の差が大きくなっていくのがわかります。

5人以上(かなり多め)

1ヵ月の電気使用量:700kwhで想定

⇒最安はエルピオでんき
エルピオでんき15,540円
親指でんき
(標準プラン)
15,680円
奈良電力16,467円
和歌山電力16,590円
シン・エナジー17,593円
大阪ガス18,031円
eo電気18,457円
ソフトバンクでんき18,645円
auでんき18,827円
近畿電力18,833円
電気をかなりたくさん使う家庭でも最も安くなるのはエルピオでんきです。

エルピオでんきはこのように、電気を一定以上使う家庭なら他の安い電力会社を圧倒してお得になります。

特にauでんきやソフトバンクでんきと比べると、なんと3,000円以上の差があることが分かります。

5人以上など電気をたくさん使う家庭ほど、電気料金が安い電力会社を選ぶことの重要性が高まるのです。

関西電力エリアで他にもこんな電力会社がおすすめ

ランキングで紹介した3社以外にも、関西電力エリアでおすすめできる電力会社を紹介します。

地域密着のおすすめ電力会社

関西電力エリアに限定して電気のサービスを行っている電力会社もあります。

多くの電力会社は関西エリアに限らず幅広く電気の供給を行っていますが、慣れ親しんだ企業と契約したいという方や地域の会社を応援したいという方には大阪ガスの電気奈良電力近畿電力がおすすめです。

大阪ガスの電気

大阪で都市ガスを提供している大阪ガスは電気を提供していて、関西電力より必ず安くなる料金プランが特徴。

大阪ガスの都市ガスを利用していない人でも契約が可能で、都市ガスを利用している人であれば電気料金がさらに割安になっています。

契約件数は100万件を突破し、関西電力エリアでは最も契約者が多い新電力。

歴史や実績のある企業と契約したい、慣れ親しんだ企業から電気を買いたいという方におすすめです。

奈良電力

奈良県で設立された奈良電力は、地域内での電気の地産地消を目指し、関西電力エリアで電気の提供を行っています。

また、収益の一部を「ならでん基金」として福祉や教育、医療などの分野に役立てています。

地域の小規模な電力会社は電気料金においてはあまり安くないところも多いですが、奈良電力は特に電気をたくさん使う家庭で節約効果が大きいのも魅力です。

地域の企業を応援したいという方、地域経済を活性化させたいという方におすすめの電力会社です。

近畿電力

近畿電力は兵庫県に本社を置き、「地域内における電力の地産地消実現」「電力料金削減による地域経済の向上・活性化」を目標に設立された電力会社。

略称は「ちかでん」で、関西電力グループの工事会社「株式会社きんでん」とは別物です。

電気料金は大きな節約とはいきませんが、料金プランの仕組み上、今より高くなることは決してありません。

工場や商店など向けに電気を販売してきた実績もあるので、理念と共感する方は検討してみてもいいでしょう。

ネットとセットにできるおすすめ電力会社

契約しているネットの企業が提供する電気を契約することでセット割を受けることができます。

また、請求をまとめることもできるので、家計の管理をシンプルにしたいという方にもセット契約ができる電力会社はおすすめです。

関西でネットとセット契約ができるおすすめ電力会社はeo電気です。

eo電気

関西エリアで契約できる「eo光」という光回線を利用している方は、eo電気を契約することでeo光の月額料金が500円×12か月割引になります。

電気料金もどんな使用量の方でも安くなり、特に電気使用量が300kwhを超える(電気代で7,200円程度)方では関西電力より5%安く利用できます。

さらに、「関電ガス eo割」と呼ばれるeo光と提携した関西電力のガスプランを契約すると、eo電気の電気料金が4ヵ月間500円引きになります。

つまり、eoの電気・ガスサービスをあわせて契約することで電気料金の節約(5%OFF)とは別に、1年間でトータル8,000円の割引が受けられるということ。

eo光を利用している方にはeo電気・ガスがおすすめです。

駆け付けサービスがある電力会社

駆け付けサービスとは、電気や水回り、カギ等のトラブルが生じた場合に24時間365日対応してくれるサービスのこと。

通常は数千円~数万円程度がかかりますが、駆け付けサービスを利用することで無料で対応してもらえます。

関東エリアではよくあるサービスですが、関西エリアで提供している電力会社は上で紹介したソフトバンクでんき以外には和歌山電力があります。

和歌山電力

和歌山電力は和歌山県に本社を置く電力会社で、関西エリア一帯で電気を提供しています。

和歌山電力の「あんしんかけつけサービス」は、60分以内の作業費・出張費を24時間365日無料で利用できるもの。

対象トラブルの内容は以下の6種類。

①電気トラブル:停電やブレーカーの不調
②ガストラブル:ガスが点かない、お湯が出ない
③鍵のトラブル:鍵の紛失
④水回りトラブル:トイレ、配管の詰まり
⑤ガラストラブル:ガラスの破損
⑥暮らしのトラブル:子供と連絡が取れない

和歌山電力の契約後に、連絡先が書かれたマグネット式パンフレットが届くので、そこに連絡することでサポートを受けられます。

まとめ

いかがでしたか?

関西で利用できるおすすめの電力会社を紹介してきました。

関西限定の電力会社でないため詳しくは触れませんでしたが、他にもau WALLETが貯まるauでんきや契約しているソフトバンクのスマホ・ネットの数×100円安くなるソフトバンクでんきなどもあります。

ぜひこの記事を読んで自分にあった電力会社を見つけてもらえると嬉しです。

圧倒的安さ!エルピオでんき

エルピオでんきの最大のメリットはとにかく電気料金が安いこと。

一番人気の「スタンダードプランS」は他社と比較しても圧倒的安さで、少しでも電気代を安くしたいという方にはかなりおすすめです。

解約違約金は一切なく、いつでも無料で解約できるので、まずはお試しで申し込んでみるのもありですよ。

さらに今なら、エルピオでんきに申し込むと電気代3ヵ月15%OFF&最大20,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

新電力の申し込みでこれだけの特典がもらえることはめったにないので、このチャンスを逃さないようにしましょう!

エルピオでんき公式サイト

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ