関西電力エリアでおすすめな電力会社と安い電気料金比較【2022年最新】

電力自由化で関西でおすすめな電力会社
関西エリアで安くてお得な電力会社を探している方へ、おすすめの電力会社を紹介します。

2016年に始まった電力自由化以降、関西エリアでも多くの新電力を選べるようになりました。

関西電力エリアでお得な電力会社を選ぶには、「料金単価の安さ」「セット割や特典の内容」「キャンペーンの有無」を総合して料金を比較することが大切です。

結論を先に言うと、関西電力エリアで特におすすめは大阪ガスの電気ソフトバンクでんきならでん(奈良電力)の3社となります。

他にも関西で利用できる電力会社10社を比較した結果や、お得な選び方についてなどまとめたのでぜひ参考にしてください。

【結論】関西電力エリアでおすすめの電力会社ランキングTOP3

関西電力エリアでおすすめの電力会社をランキング形式で発表します。

●単価の安さ
●割引特典
●キャンペーン金額
●安定供給性

を総合してお得な3社を順に紹介します。
電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

 

1位:大阪ガスの電気

大阪ガス

大阪ガスの電気がおすすめな理由

おすすめポイント
・電気とガスをまとめてオトク
・電気を使っても使わなくても必ず安くなる
・解約金、初期費用0円!お試しで契約できる
・関電管内で契約者数No.1
電気とガスセットでオトク
関西電力エリアで最もおすすめなのが「大阪ガスの電気」。大阪エリアで都市ガスを提供する大阪ガスですが、電気も供給しており電気とガスをセットにすることができます。

電気代は関西電力より必ず安くなるように設定されているため、電気使用量に関わらずどんな方でも必ずオトクになるのが最大のポイント。セットで契約することで電気とガスのセット割が適用され、年間1万円以上の節約も可能です。(電気「ベースプランA+G」+ガス「もっと割料金」)

また契約できるプランが豊富で、アマゾンプライムが無料になる「スタイルプランP」、電気代の支払いでdポイントが貯まる「スタイルプランd」など、自分の生活スタイルに合ったプランを選ぶことができるのも魅力です。
関西エリアで契約件数No.1
そして、これらに加え特筆すべきは企業としての絶対的な安定性。契約件数は150万件を超え、関西エリアで契約件数No.1の実績を誇ります。

昨今の電力不足を受け、新興新電力を中心に電気代の高騰や料金プランの停止などが相次いでいますが、大阪ガスでは新電力最大級の国内自社電源を持ち、圧倒的な安定供給を実現しています。

契約手数料や解約金も一切かかりません。電力会社を切り替えたいけど不安だな・・という方はぜひ大阪ガスの電気を試してみてはいかがでしょうか。

2位:ソフトバンクでんき

ソフトバンクおうちでんき

ソフトバンクでんきがおすすめな理由

おすすめポイント
・電気代が1ヶ月まるまる無料
・ソフトバンク/ワイモバイルユーザー以外も契約可能
・ソフトバンク/ワイモバイルユーザー回線1つにつき110円割引
・電気代が必ず安くなる
関西電力より確実に安くなる
ソフトバンクが提供する「おうちでんき」は、ソフトバンク・ワイモバイルの1回線につき110円割引になるセット割が用意された電気のサービス。

電気代自体も関西電力より必ず安くなるように設定されており、特に一人暮らしや二人暮らしなど使用量が少ない時はエリア最安水準を実現しています。
新規申し込みで電気代1か月無料
最大のオトクポイントは、新規の申し込みで電気代がまるまる1ヶ月0円になること。電気代のキャッシュバックなどは他社でもありますが、まるまる無料になるのはおうちでんきしかありません。

ソフトバンクのおうちでんきはソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外も申し込むことができ、このキャンペーンもソフトバンク・ワイモバイルを使っていない方も対象になります。

このキャンペーンは2022年5月末で終了のため、気になった方はこのタイミングで申し込むのが絶対にお得です。

3位:ならでん(奈良電力)

奈良電力

ならでんがおすすめな理由

おすすめポイント
・電気使用量が多いほどお得
・年間20,000円以上の大幅節約も可能
電気をたくさん使うほどお得
奈良県に本社を構え、関西圏一帯に電気を供給するならでん(奈良電力)は、電気の使用量が多いほど安くなるのが魅力。

電気の単価は一般的に使用量に応じて3つの段階が用意されていますが、ならでんはこれが4段階とより細かく設定されています。電気使用量が多いときの単価をさらに安くすることで、電気をたくさん使うほどお得にすることが可能になります。

具体的には月の電気代が約10,000円なら-820円、約15,000円なら1,700円、20,000円を超えるなら2,500円ほど、それぞれ毎月節約することができるのです。

家族が多い、ペットを飼っているなど電気使用量が多い家庭にはぴったりのサービスと言えます。

ただし、電気使用量が150kWh~240kWhの間にある場合は関西電力の方が安くなります。電気代で言えば3,000円~5,800円の範囲に当たります。

一人暮らしや二人暮らしの方は該当する方も多いかもしれないので、それらの方は他社を選びましょう。

【世帯人数別】関西電力エリアで安い電気料金比較

おすすめの電力会社は世帯人数や電気使用量によっても様々。

ここでは、一人暮らし・二人暮らし・ファミリー世帯の3つのパターンで電気料金を比較し、おすすめの電力会社を紹介します。

一人暮らしにおすすめの安い電力会社は?

まずはじめに、関西電力エリアで一人暮らしにおすすめの安い電力会社を紹介します。

一人暮らしをしている方は日中家を空けていたり、電気をあまり使わないことが多いです。

そのため電気使用量は100kWhを想定して比較をしました。
リミックスでんき1,963円
大阪ガス2,011円
eo電気2,011円
奈良電力2,043円
まちエネ2,060円
近畿電力2,067円
和歌山電力2,118円
そらエネでんき2,185円
親指でんき2,240円
Looopでんき2,240円
結果、1位はリミックスでんき、2位は大阪ガス、3位はeo電気となりました。

大阪ガスについては冒頭で紹介したため、他の2つについて簡単に紹介します。

リミックスでんき

リミックスでんきは関西電力から乗り換えると、使用量に関わらず5%も節約することができます。

他社だと使用量が少ないと1%や2%ほどの割引になるところ、リミックスでんきでは5%割引になるので使用量の少ない方は特に乗り換える価値がありますね。

※現在は新規申し込みを停止しています。

eo電気

eo電気は、リミックスでんきに続き料金単価が安いため、少ない使用量でも十分に安さを実感することができます。

また、関西エリアで契約できる「eo光」という光回線を利用している方は、eo電気を契約することでeo光の月額料金が500円×12か月割引になります。

eo光を利用している方であればかなりお得に電気も利用することができるため、おすすめです。

二人暮らしにおすすめの安い電力会社は?

続いて、二人暮らしで安い電力会社の紹介です。

一人暮らしのときと比べて一気に電気使用量が増える二人暮らし、電気使用量200kWhで想定をしました。

全体で見たら電気使用量が多いわけでも少ない訳でもない使用量で安くなる新電力はどこなのでしょうか。
そらエネでんき4,185円
リミックスでんき4,303円
まちエネ4,434円
eo電気4,435円
大阪ガス4,441円
親指でんき4,480円
Looopでんき4,480円
近畿電力4,530円
奈良電力4,579円
和歌山電力4,728円
結果、1位そらエネでんき、2位リミックスでんき、3位まちエネとなりました。

リミックスでんきは二人暮らしでも十分に安さが発揮されるということがわかりますね。

では、リミックスでんき以外の2つについて簡単に説明します。

そらエネでんき

そらエネでんきは電気料金の圧倒的安さを誇り、使用量に関わらず従量料金が一定です。

そのため電気使用量の多いファミリー世帯だけでなく、二人暮らしほどの電気使用量でも安さが発揮されています。

また、太陽光発電由来のエコな電気を使用しており、環境に配慮できるのも嬉しいですね。

※現在は新規申し込みを停止しています。

まちエネ

まちエネは、ローソンと三菱商事が提供する新電力のサービスです。

120kWh以上の料金単価が安く設定されているのが特徴のため、二人暮らし以上の使用量だと他社より料金が優れます。

また、利用料金に応じてPontaポイントが貯まったりローソンの無料クーポンがもらえるなどまちエネならではの特典も魅力的です。

※現在は新規申し込みを停止しています。

ファミリー世帯におすすめの安い電力会社は?

最後に、ファミリー世帯におすすめの電力会社を紹介します。

子どもがいたり、ペットを飼っていたりと電気使用量が格段に増えるファミリー世帯。少しでも節約したいですよね。

そんなファミリー世帯におすすめの電力会社はどこなのでしょうか。電気使用量500kWhで想定して比較しました。
そらエネでんき10,185円
Looopでんき11,200円
親指でんき11,200円
奈良電力11,590円
和歌山電力11,688円
まちエネ11,968円
リミックスでんき12,197円
大阪ガス12,595円
eo電気12,583円
近畿電力12,841円
結果、1位そらエネでんき、2位Looopでんき、3位親指でんきとなりました。

1位のそらエネでんきは、2位に1,000円ほどの差をつけて圧勝となり、圧倒的な安さがうかがえますね。

ここではLooopでんきと親指でんきについて簡単に紹介します。

Looopでんき

Looopでんきは全国で供給している、今大人気の新電力です。

人気な理由は最低料金が0円で、使った分だけ支払うシンプルな料金形態と安さ。

120kWh以下の料金単価は他社より割高となるため、電気使用量の多いファミリー世帯で安く利用できます。

口コミも良く、新電力への初めての乗り換えにもおすすめです。

※現在は新規申し込みを停止しています。

親指でんき

親指でんきはLooopでんきと料金がまったく同じで、電気を多く使用する方ほどおすすめできる電力会社です。

一般的なプランの他に深夜帯の電気料金が安いプランや、ペットに関する保険やペットショップで割引になるプランなどライフスタイルに合ったプランを展開しています。

契約期間の縛りや解約金もないため気軽に契約ができますね。

※現在は新規申し込みを停止しています。

【状況別】関西電力エリアで安いおすすめの電力会社

続いて、それぞれの状況や好みなどでそれぞれ最適な電力会社を紹介します。

電気とガスのセットでおすすめの安い電力会社は?

関西電力エリアで電気とガスがセットでおすすめな電力会社は、冒頭で紹介した大阪ガス以外にも関西電力や楽天エナジーなどがあります。

それぞれ割引や特典が異なりますので読んで参考にしてみてください。

関西電力「なっトクパック」

関西エリアにお住まいの大多数の方が利用している関西電力。

ガスもセットで契約することで電気代が安くなるだけでなく、毎月のガス代から3%割引されます。

また、はぴeポイントが貯まるほかMYページの電気やガスの使用量が見られるグラフはとても見やすく、節約に役立てることもできます。

大手のエネルギー会社なので供給安定性も安心ができますね。


楽天でんき&ガス

楽天でんき&ガスは料金がすごく安い訳ではないですが、楽天ポイントを貯めることができるのが魅力です。

電気単体契約だと利用料金200円につき1ポイント付与のところ、ガスとセットだと100円につき1ポイント付与になります。

更に、料金の支払いに楽天カードを利用すると利用料金100円につき1ポイントが追加で付与されます。

普段楽天カードやポイントを利用している方にとって、電気やガスを利用するだけでポイントが貯まるのは良いですね。

※現在は新規申し込みを停止しています。

オール電化世帯におすすめの安い電力会社は?

オール電化プランは、2017年から全体的に新プランへと切り替わっています。

それにより現行のオール電化プランは以前のプランに比べて割高なため、以前からオール電化を利用している方は基本的に地域の電力会社を使い続けるのがおすすめです。

一方で、2017年以後新たにオール電化にした方は、地域の電力会社より安くなる新電力もあります。

<43>HISでんき

HISでんきのオール電化プランは、関西電力の「はぴeタイムR」より従量料金が6%安くなるプランです。

現行の関西電力のオール電化プランを利用している方は、乗り換える価値がかなりありますね。

※現在は新規申し込みを停止しています。

ポイント付与や契約者特典が豊富な電力会社は?

電力会社の中には、電気代が安くなる以外にも様々な特典を用意しているところがあります。

ENEOSでんきでは、電気代の支払いで200円につき1ポイントのTポイントを貯めることができます。また、Tポイントカードを使っていないという方は以下のカードで電気代を支払えばもらえるポイントが倍増されるなどの特典も用意されています。

特別提携カード
ANAカード、ビューカード、TS CUBICカード、レクサスカード、エポスカード、エムアイカード、dカード、楽天カード、セブンカード

電気代も関西電力より必ず安くなるため、電気代の節約とあわせてポイント特典も受けたい方におすすめできます。

また、ENEOSでの給油時に1円/1L安くなる割引を選ぶこともできます。


関西の地域に根差した電力会社は?

関西電力エリアに限定して電気のサービスを行っている電力会社もあります。

多くの電力会社は関西エリアに限らず幅広く電気の供給を行っていますが、慣れ親しんだ企業と契約したいという方や地域の会社を応援したいという方には近畿電力がおすすめです。

近畿電力は兵庫県に本社を置き、「地域内における電力の地産地消実現」「電力料金削減による地域経済の向上・活性化」を目標に設立された電力会社。

略称は「ちかでん」で、関西電力グループの工事会社「株式会社きんでん」とは別物です。

電気料金は大きな節約とはいきませんが、料金プランの仕組み上、今より高くなることは決してありません。

工場や商店など向けに電気を販売してきた実績もあるので、理念と共感する方は検討してみてもいいでしょう。

※現在は新規申し込みを停止しています。

トラブル対応サービスが充実している電力会社は?

駆け付けサービスとは、電気や水回り、カギ等のトラブルが生じた場合に24時間365日対応してくれるサービスのこと。

通常は数千円~数万円程度がかかりますが、駆け付けサービスを利用することで無料で対応してもらえます。

関東エリアではよくあるサービスですが、関西エリアで提供している電力会社は上で紹介したソフトバンクでんき以外には和歌山県に本社を置く和歌山電力があります。

和歌山電力の「あんしんかけつけサービス」は、60分以内の作業費・出張費を24時間365日無料で利用できるもの。

対象トラブルの内容は電気やガス、ガラス破損、水回り、鍵交換などです。

和歌山電力の契約後に、連絡先が書かれたマグネット式パンフレットが届くので、そこに連絡することでサポートを受けられます。

※現在は新規申し込みを停止しています。

関西のおすすめ電力会社の比較ポイント

ここまでおすすめの新電力を紹介してきました。

しかし、新電力の数ある特徴の中、どの部分で選んだら良いかわからない方もいるでしょう。

そんな方のために、ここでは電力会社を選ぶときのポイントについて説明していきます。

最低料金を比較する

まず、電気料金の仕組みですが、関西エリアは電力会社ごとが定めた最低料金と、使うほどかかる従量料金から成り立っています。

関東などは家庭によって変わる基本料金があるに対し、関西では15kWh以上でいくらなど電力会社ごとに一律の最低料金があるのが特徴です。

最低料金は無料のところから金額も電力会社により様々なため、よく比較してみてください。

また、電気使用量が少ない方は電気料金の中で最低料金が占める割合が多くなります。

そのため、最低料金が安めな電力会社を選ぶとよいでしょう。

従量料金単価が安い電力会社を選ぶ

従量料金は、電気を使用した分だけ料金が上がっていきます。

その料金単価設定は電気使用量ごとに三段階ほどに分かれている場合が多いです。

また、電気使用量が増えるほど単価が高くなる場合が多いため、電気を多く使う方は単価の上がり方が緩やかであったり全体的に安いところを選ぶと良いです。

更に、一人暮らしなど電気使用量が少なめの方は120kWhまで、2、3人暮らしの方は300kWhまで、4人暮らし以上の方はそれ以上の料金単価で比較すると節約に繋がります。

セット割・特典を確認する

新電力では、ガスとのセットで割引になるところや、ポイント特典やキャンペーンを実施しているところもあります。

電気とガスをまとめて管理を楽にしたいのであれば、セットで安くなる新電力を選ぶのもおすすめです。

また、料金自体はそこまで安くなくても、ポイントが毎月貯まる新電力もあります。

普段の生活で活用することができるのであれば、そのような新電力を選んで生活費全体をお得にするのもひとつの手です。

契約期間・違約金がないかを確認する

電力会社によっては、2年間などの契約期間を条件にしている場合、契約期間満了前に解約すると違約金を請求されることがあります。

電力会社によってさまざまですが、1万円以上の違約金を請求されることもあるので違約金の有無は必ず確認しましょう。

契約期間や違約金がないところであれば、電力会社を変えたいと思ったときにもすぐに動けるため、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できますね。

まとめ

様々な観点から、関西で利用できるおすすめの電力会社を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ぜひこの記事を読んで自分にあった電力会社を見つけてもらえると嬉しいです。
株式会社ブレイブ