関西電力『なっトクパック』は一人暮らしにもおすすめ?メリット・注意点を全解説

関西電力『なっトクパック』
関西電力の電気・ガスセットプラン『なっトクパック』を検討しているけど、一人暮らしでも安くなるのかな?と気になっていますよね。

結論から言うと、なっトクパックは一人暮らしでも必ず電気・ガス代が安くなり、関西でセットで契約できる電気ガス会社の中で最もお得になるなど多くのメリットがありおすすめです。

ただし、少しでも電気・ガス代を抑えたいならセットで契約しない方が安いなど注意しておきたい点もあります。

この記事では一人暮らしでなっトクパックを契約するのはおすすめか?メリットと注意点から解説していきます。

実際の評判や口コミもあわせて載せているので、ぜひ参考にしてくださいね。

関西電力『なっトクパック』を一人暮らしが利用するメリット

まずは、関西電力の『なっトクパック』を一人暮らしの方が利用するメリットを紹介していきます。
  • 電気・ガス代が必ず安くなる
  • 他社でまとめるより安い
  • 電気・ガス代の支払いでポイントが貯まる

電気・ガス代が必ず安くなる

『なっトクパック』とは、電気のプラン「なっトクでんき」とガスのプラン「なっトクプラン」を組み合わせたプランのことを指します。
なっトクパックの仕組み
旧来からの関西電力の電気料金プラン「従量電灯A」、大阪ガスのガスプラン「一般料金」からなっトクパックに切り替えることで、一人暮らしでも必ず電気・ガス代ともに安くすることができます。

電気代が安くなる

なっトクパックの電気料金(「なっトクでんき」)は、関西電力の「従量電灯A」に比べて最低料金・従量料金ともに安く設定されています。

なっトクでんきと従量電灯Aの料金表を並べました。
 なっトクパック
(なっトクでんき)
従量電灯A
最低料金~15kwhまで285.00円341.01円
従量料金15~120kwh20.31円20.31円
120~300kwh24.10円25.71円
300kwh~27.80円28.70円
電気料金は最低料金と従量料金を足して算出されます。

最低料金とは電気の使用量に関わらず固定で発生する料金で、従量料金とは電気を使った分だけ発生する使用料金のことです。上の表を見て分かる通り、なっトクパックは最低料金、従量料金全ての単価が安く設定されています。

特に最低料金は約60円、使用量が少ない場合に適用される300kwhまでの単価は1.6円程度安くなるため、一人暮らしで電気使用量が少ない場合でも必ず電気代を安くすることができます。

実際に一人暮らしの方がなっトクパックに切り替えてどれくらい安くなるのか、いつくかの例で計算してみたのでご覧ください。
現在の電気代1ヶ月の節約額
2,000円-56円
2,500円-57円
3,000円-89円
3,500円-120円
4,000円-152円
5,000円-215円
6,000円-276円
一人暮らしではもともと電気代が安いためそこまで大きな削減にはなりませんが、月に数十円から数百円安くなっています。

電気使用量が少ないと全く安くならない新電力も多いですが、なっトクパックなら確実に電気代が安くなるため一人暮らしの方にとってメリットと言えます。

ガス代も安くなる

なっトクパックで契約することになるガスの料金プラン「なっトクプラン」は、大阪ガスで現在契約している都市ガスのプラン「一般料金」よりも基本料金・従量料金ともに安くなっています。

なっトクプランと一般料金の料金表を並べます。
 なっトクパック
(なっトクプラン)
大阪ガス
一般料金
基本料金758.90円759.00円
従量料金158.77円174.81円
ガス料金も固定の基本料金に、使った分だけかかる従量料金の2つの合計から成り立ちます。

上記は一人暮らしのガス使用量に該当する0~20m³の料金を抜粋していますが、基本料金、従量料金のどちらも安く設定されていることが分かります。そのため、ガスの使用量が少ない一人暮らしで乗り換えても必ずガス代も安くなります。

一人暮らしのいくつかの状況を例に、具体的に安くなる額を計算すると以下のようになります。
現在のガス代1ヶ月の節約額
1,600円-81円
2,000円-112円
2,500円-161円
3,000円-209円
このように、大阪ガスから切り替えると数十円から200円程度安くなりますね。

実際に一人暮らしでなっトクプラン(関電ガス)に切り替えて安くなったという口コミも寄せられていました。

セット割でさらに3%割引
「なっトクプラン」はガス単体での契約も可能ですが、電気(なっトクでんき)とセットで契約することでガス代がさらに3%OFFになるセット割が用意されています。

先ほど計算した節約額はセット割適用前の料金だったので、「なっトクパック」としてセットで契約した時のガスの節約額を改めて計算してみます。
現在のガス代1ヶ月の節約額
1,600円-128円
2,000円-169円
2,500円-232円
3,000円-294円
ガス単体の料金より、さらに50円から100円程度安くすることができます。

実際には電気とガスをセットで契約する方が圧倒的でしょうから、一人暮らしでも毎月確実に100円以上、ガス代を節約することができるのは大きなメリットと言えます。

他社でまとめるより安い

一人暮らしの使用量の場合、関西電力のなっトクパックは、電気とガスをまとめられる他社と比べて最も安く利用できます。

関西で電気・ガスのセット契約を提供している大阪ガス+でんき、楽天でんき+ガスの2社と節約額を比較してみます。
※電気、ガス合計で1か月に節約できる額です。
現在の電気ガス代なっトクパック大阪ガス+でんき楽天でんき+ガス
3,600円-184円-104円+755円
4,600円-217円-112円+735円
6,000円-321円-140円+533円
8,000円-509円-186円+174円
まず、楽天でんき+ガスは、使用量が少ないと高くなるような料金設定となっているため、一人暮らしには向きません。

大阪ガス+でんきは一人暮らしでも安くなりますが、関西電力「なっトクパック」に比べると節約できる額が小さいです。大阪ガスは電気代は関西電力「なっトクでんき」と同じだけ節約できますが、ガス代は一人暮らしの使用量の場合ではほとんど安くならないためです。

以上のように、関西電力「なっトクパック」は関西で電気・ガスをまとめられる他社よりも安くできるというのが一人暮らしで契約する2つ目のメリットです。

ポイントが貯まる

なっトクパックを一人暮らしで契約する3つ目のメリットは、電気代・ガス代の支払いでポイントが貯まるということです。

なっトクパックでは、電気代1,000円につき8P、ガス代1,000円につき5Pの「はぴeポイント」が貯まります。

貯まったポイントはTポイントやJALマイルなど提携ポイントに交換できるほか、電気・ガス代の支払いに100P=100円から使うことができます。

つまり、電気・ガス代を実質さらにお得にすることができるということになります。

一人暮らしではもともと電気、ガス使用量が少なく節約できる額も限られてしまうため、こうしたポイント還元の有無は電気・ガス代を節約する上で非常に重要になります。

電気とガスを関西電力にまとめてお得!

関西電力に電気とガスをまとめる「なっトクパック」で、電気代もガス代もお得にすることができます。

関西電力「なっトクパック」が選ばれている理由
●電気・ガス代が今より必ず安くなる
●電気・ガス代の支払いでポイントが貯まる
●ポイントで電気・ガス代の支払いもできる
●初期費用・解約金0円

電気・ガス代の支払いで貯まったポイントはTポイントや楽天ポイントなど多くの提携ポイントと交換可能!また、電気ガス代の支払いに充てることもできます。

「なっトクパック」の利用に初期費用や解約時の違約金もかからないので、気軽に試すことができますよ。

関西電力『なっトクパック』を一人暮らしが利用する際の注意点

続いて、なっトクパックを一人暮らしが利用する際に注意しておきたい点を説明します。

電気とガスのセットが最安とは限らない

なっトクパックは一人暮らしで電気・ガスをまとめたいなら最安で利用できますが、必ずしもセットで契約することが最も電気・ガス代を節約できる方法とは限りません。

セットにすることにこだわりがないのであれば、電気は他の新電力、ガスはなっトクプラン(関電のガス)という組み合わせが最もお得になる場合もあります。

関西エリアで一人暮らしでも安い新電力として、「リミックスでんき」という会社があります。以下では、「なっトクパック(電気もガスも関西電力)」、「リミックスでんき+なっトクプラン(関電のガス)」で、電気ガス代の節約額を比べてみます。
現在の電気ガス代なっトクパックリミックスでんき

なっトクプラン
3,600円-184円-184円
4,600円-217円-230円
6,000円-321円-313円
8,000円-509円-461円
電気ガス代4,600円までの使用量が少ない場合には、「リミックスでんき+なっトクプラン(関電のガス)」のほうが節約額が大きくなっています。

リミックスでんきは地域電力の料金から一律5%OFFになる新電力です。そのため関西電力の使用料金単価よりも5%安いため、電気使用量が増えるに応じて割引額も大きくなります。

ガスはなっトクプラン(関電のガス)を使うことで、大阪ガスの都市ガスを利用するより安くすることも可能です。

なっトクプラン単体の契約ではセット割がない分、電気もガスも関電で契約するよりガス代は高くなってしまいます。

しかし、電気使用量が少ない場合は電気代がなっトクでんき(関電の電気)より安くなるので結果的にリミックスでんき+なっトクプラン(関電のガス)の組み合わせの方が安くなるのです。

電気ガスの使用量が少ない方で、セットにしなくてもいい、少しでも電気ガス代を安くしたいという場合は「リミックスでんきなっトクプラン(関電のガス)」という契約の方法も検討してみてください。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

関西電力「なっトクパック」は、一人暮らしの方でも必ず電気・ガス代を安くでき、他のセット契約ができる会社と比べても最もお得に利用できることがわかっていただけたと思います。

一方、少しでも電気・ガス代を抑えたいなら他社新電力+関電のガスという組み合わせの方がお得になります。

自分が何を最も重視するかで選ぶと良いでしょう。
【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ