ENEOSでんきの料金を徹底比較!評判やデメリット、キャンペーン情報も要チェック

評価:4.35 - 23件の票数

大手ガソリンスタンドのENEOSが提供するENEOSでんき。

ガソリン代の割引やTポイントサービスが有名ですが、果たして料金はお得なのでしょうか?

この記事ではENEOSでんきを東京電力や他の新電力と徹底的に比較しました。

結論:ENEOSでんきは料金も安くておすすめできる新電力です!

●料金比較
●他の電力会社との比較
●ポイントサービスやガソリン代割引
●メリット・デメリット
●口コミ・評判

上記の内容をわかりやすくまとめました。

メリットだけでなくデメリットもまとめたので、ENEOSでんきが気になる方はぜひ参考にしてみてください!

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

ENEOSでんきの料金を徹底比較

まずは一番気になる電気料金について、東京電力の料金と比較しながら検証していきます。

電気代は、契約自体にかかる「基本料金」と、電気を使った分だけかかる「従量料金」の2つから成り立ちます。

それぞれ見ていきましょう。

基本料金は東京電力と同じ

 東京電力ENEOS
10A280.80円280.80円
15A421.20円421.20円
20A561.60円561.60円
30A842.40円842.40円
40A1,123.20円1,123.20円
50A1,404.00円1,404.00円
60A1,684.80円1,684.80円

基本料金は、契約しているアンペアによって異なります。

一人暮らしの方では30A、一般的な家庭では40Aか50Aで契約されていることが多いです。

40Aで契約している方なら、毎月1,123円がかかっているということですね。

基本料金に関してはENEOSでんきは東京電力と全く同じ金額になっています。

あれ?全然安くないじゃん!と思うかもしれませんが、ENEOSでんきの特徴は従量料金にあるんです。

従量料金は東京電力よりかなり安い

従量料金とは、電気を使った分だけ払う料金で

従量料金=電気使用量(kWh)×従量料金単価(円)

で求められます。

 東京電力
(単価)
ENEOSでんき
(単価)
120kWhまで19.52円19.52円
(±0円)
120kWhを超え
300kWhまで
26.00円24.09円
(-1.91円)
300kWhを超える分30.02円25.75円
(-4.27円)

比べてみると、120kwh以上使った場合の単価が安くなっていることがわかりますね。

たった数円?と思うかもしれませんが、これは1kWhあたりの単価の話です。

例えば120kWhを使った場合、ENEOSでんきも東京電力もともに

120kWh×19.52円=2,324円

ということになりますが、120kWh以上使う場合は単価が安いENEOSでんきがどんどん安くなっていくんです。

つまり、たくさん使うほどお得になっていくということです。

120kWh以上というと基本料金と合わせて月の電気代が3,500円くらいなので、これより電気代が高いほとんどの方は確実にお得になりますね。

使用量を想定した料金シミュレーション

料金表だけではどれくらい安くなるかがわかりづらいので、使用量を想定してシミュレーションをしてみました。

他の新電力とも比べてみたので、どれくらい安くなるか見てみましょう。

一人~二人暮らし・少なめ

●40A契約、120kwh使用の場合
東京電力⇒3,466円/月
ENEOSでんき⇒3,466円/月
Looop⇒3,120円/月
東京ガス電気⇒3,362円/月
HTBエナジー⇒3,292円/月

●ENEOSでんきと東電の差額⇒なし

ENEOSでんきは120kWhまでは東電と全く同じ料金プランなので、電気代も同額になります。

一人暮らしの方など電気をあまり使わない方はLooopでんきなど他の電力会社のほうがお得ですね。

三~四人家族・平均

●40A契約、400kwh使用の場合
東京電力⇒11,144円/月
ENEOSでんき⇒10,377円/月
Looop⇒10,400円/月
東京ガス電気⇒10,541円/月
HTBエナジー⇒10,586円/月

●ENEOSでんきと東電の差額
東電より月767円安い
東電より年9,204円安い

三~四人家族・多め

●40A契約、500kwh使用の場合
東京電力⇒14,149円/月
ENEOSでんき⇒12,951円/月
Looop⇒13,000円/月
東京ガス電気⇒13,174円/月
HTBエナジー⇒13,441円/月

●ENEOSでんきと東電の差額
東電より月1,198円安い
東電より年14,376円安い

五人家族・平均

●50A契約、600kwh使用の場合
東京電力⇒17,432円/月
ENEOSでんき⇒15,807円/月
Looop⇒15,600円/月
東京ガス電気⇒16,139円/月
HTBエナジー⇒16,560円/月

●ENEOSでんきと東電の差額
東電より月1,625円安い
東電より年19,500円安い

五人家族・多め

●50A契約、700kwh使用の場合
東京電力⇒20,433円/月
ENEOSでんき⇒18,381円/月
Looop⇒18,200円/月
東京ガス電気⇒19,098円/月
HTBエナジー⇒19,411円/月

●ENEOSでんきと東電の差額
東電より月2,052円安い
東電より年24,624円安い

まとめ:一人暮らしの方以外は大幅な節約になる

シミュレーションでも見てきた通り、ENEOSでんきは電気代が3,500円以上になるような多くの方で、大幅な節約になることがわかりました。

また、他の電力会社と比べてもかなり安い料金にりましたね。

ガソリン代やTポイントなどの特典で注目されがちですが、実はENEOSでんきは電気料金も安くてお得な電力会社なんです。

ちなみに、ENEOSでんきでは期間限定でWEBから申し込むともれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

契約期間や解約金などは一切ありませんし、気になる方はお試し感覚で乗り換えるのも全然ありです。

電気の乗り換えでキャッシュバックがもらえる機会はそうそうないので、気になる方は期間中のお早めに申し込みをおすすめします。

まだ申し込むには不安、という方もいますよね。

そういう方にはこちらの窓口がおすすめです。

当サイト人気No.1!相談・乗り換えおすすめ窓口

●実際の使用量でシミュレーションしてくれる
●複数の電力会社の中から比較してくれる
●申込~契約完了までオペレーターが一貫サポート!

複数の電力会社を比較してくれたり、面倒な電気の乗り換えをサポートしてくれる窓口は他にありません。

ちなみにオペレーターは電気のプロなので「そもそも電力自由化って何?」「乗り換えても品質は大丈夫?」といった疑問にも答えてくれますよ。

※問い合わせだけで実際に乗り換えなくても大丈夫です。

面倒な手続きやしつこい電話は一切なし!以下の窓口から『エリアチェック』に入力するだけで、お問合せ&相談できます。

下記窓口から『エリアチェック』に最短1分入力!
>『人気No.1!電気の相談おすすめ窓口』<

ENEOSでんきの特典・割引

ENEOSカードと併用でガソリンが割引になる

ENEOSでんきに契約すると、ガソリン代が安くなるという特典があります。

ただ、ENEOSでんきのガソリン割引サービスはちょっと複雑です。

●ENEOSでんきのガソリン割引の仕組み
月々の電気料金をENEOSカードで支払うことで、ENEOSのガソリンスタンドでの給油代が2円〜8円/L(月に最大150L)の割引になるというサービスです。
カードの種類によって割引額が変わります。

ENEOSカードにはグレードのようなものがあり、3つの種類から選べます。

使っているカードの種類によっては最大8円/L引きにもなるので、車をよく使う方にはかなり嬉しいサービスですね。

詳しくはこちらの記事でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

車を使わない方でもお得な特典

ENEOSでんきの特典はガソリン代の割引以外にも以下の2つがあります。

・特別提携カードのポイントがたまる
・Tポイントがたまる

車をあまり使わないという方でも、これらの特典から好きなものを選ぶことができますよ。

ただ、受けられる特典はガソリン値引きも含めた3つのうちどれか一つだけなので注意しましょう。

特別提携カード利用でポイントがたまる

ENEOSでんきの特別提携カードで電気代を支払うと、ポイントやマイルがたまります。

特別提携カードごとの特典

●ANAカード
⇒200円につき1マイル

●VIEWカード
⇒通常1,000円につき2ポイント→4ポイント(ポイント2倍)

●TS CUBICカード
⇒通常1,000円につき10ポイント→15ポイント(ポイント1.5倍)

●LEXUSカード
⇒通常1,000円につき10ポイント→15ポイント(ポイント1.5倍)

●エポスカード
⇒通常200円につき1ポイント→2ポイント(ポイント2倍)
⇒ゴールド・プラチナカードの場合は1ポイント→4ポイント(ポイント4倍)

●エムアイカード
⇒通常200円につき1ポイント→100円につき1ポイント(ポイント2倍)

カードによって還元率も異なりますが、どれも飛び抜けてたくさんのポイントがもらえるというわけではありません。

あくまでメインは電気料金の割引で、ポイント還元はおまけ程度に考えておいた方がいいでしょう。

電気代の支払いでTポイントがたまる

Tポイントと連携している新電力はいくつかありますが、ENEOSでんきでも支払い200円につき1ポイントが付与されます。

ガソリンや特別提携カードを利用していなくても、Tカードは持っているという方は多いのではないでしょうか。

ポイント還元率は普通ですが、少しでもTポイントをためたいという方にはいいかもしれませんね。

ただし、ポイントをためるにはYahoo!JAPANのIDが必要になります。

手続きの手順は以下の通り。

➀ENEOSでんきと契約

➁ENEOSでんきの「お客さまページ」へログイン

➂Tポイントの利用手続きを開始

➃Yahoo!JAPAN IDを入力

➄手続き完了

そこまで面倒なものではないですが、忘れないように注意しましょう。

詳しくはこちらの記事もご覧ください!
『実はお得度が低い!?ENEOSでんきで溜まるポイントの注意点』

「にねんとく²割」は解約金に注意

「にねんとく²割」というのは、ENEOSでんきを2年以上利用することを約束することで電気料金が割引になるサービスです。

割引額は契約年数によって異なります。
●割引額
1~2年目:1kWhあたり0.20円
3年目以降:1kWhあたり0.30円

これだけ見るとあまり大きな割引額ではないような気がしますが、そもそも割引前の時点で安いので、適用するとかなりの安さになります。

ただし、「にねん とく²割」には解約金(1,080円)が存在します。

電力会社の中には1万円以上の解約金が発生するところもあるので、1,080円は決して大きな額ではないですが、解約金はないに越したことはないでしょう。

通常のVプランは解約金はかからないので、2年は確実に契約するという方でなければ、通常のVプランを選びましょう。

ENEOSでんきの口コミ・評判

続いてはENEOSでんきのツイッターでの口コミ・評判をチェックしていきましょう。

電気代が安くなり喜ぶ人々

年間でかなり電気代が節約できたと喜ぶ口コミが見つかりました。

いくらお得になったかこうして明確に数字で表れるのは嬉しいですよね。

上の口コミの「でんきおトク照明証」は以前キャンペーンに申し込んだ方のみもらえるものですが、下の口コミの「電気代お得額ご報告書」は特に手続きをしなくとも、ある程度使っていると郵送で送ってもらえるようです。

ガソリンが安くなるのが嬉しい!

やはり日常的にガソリンや灯油を使う人には給油代の値引きは嬉しいようですね。

ガソリン代も積もり積もればかなりの額になりますし、車やバイクなどを使う方には大きなメリットと言えるでしょう。

Tポイントがたまるのが良い

Tポイントがたまるのが嬉しいという口コミも見つかりました。

ポイントカードの中でも一番の所有率を誇るTカードですから、嬉しい方も多いでしょうね。

電気料金200円につき1ポイントなので還元率としては至って普通ですが、少しでもTポイントをためたいという方には向いているでしょう。

マイルがたまるのが嬉しい

電気料金よりもマイルを優先して切り替えたという方もいました。

確かにANAのマイルがためられる新電力はあまりないので、マイルを利用している方にとっては大きなメリットでしょうね。

200円につき1マイルなので特に還元率がいいというわけでもありません。

しかし、少しでもマイルが貯まる、かつ電気料金が高くなることはないという仕組みなので、「料金の安さ<マイル」という方にはうってつけでしょう。

使用量が確認できて節電が捗る!

これまでは毎月の検針票でしか使用量を確認できませんでしたが、30分ごとの電気使用量がWEBで見られるというのはなかなか新鮮なのではないでしょうか。

私もLooopでんきで同じような機能を使用していますが、細かな使用量の推移を見ていると自然と節電意識が芽生えてきます。

これまで節約に興味がなかった方でも節電が楽しくなるかもしれません。

2年縛りはうんざり!

2年間の契約期間の縛りに苦言を呈している人もいました。

現代人は新電力以外にも携帯電話やネットの回線でさんざん縛られていますから、契約期間の縛り自体にうんざりしてしまいますね。

解約金が安ければいいという問題でもありません。

個人的にも契約期間の縛りや違約金は絶対にない方がいいと思っています。

電力会社を自由に変えられるのが電力自由化のメリットなのに、それが気軽にできなくなるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

CMが炎上してイメージダウン……

過去にはENEOSでんきのCMが炎上したこともありました。

小池栄子さん演じる主婦の「主婦ってさぁ、毎月自由に使えるお金って、少ないのよねぇ。安い電気に替えるか、稼ぎのいい夫に替えるか……」という台詞が女尊男卑、男性蔑視であると猛批判を浴びた、というものです。

中には、ENEOSでんきと契約していたけどこれを見て解約を検討しているという方や、一生ENEOSでは給油しないしENEOSでんきとは契約しないという方まで。

どう感じるかは人それぞれでしょうが、多くの人がこのCMについて不適切だと声を挙げていました。

ENEOSでんきとしてもこのイメージダウンは痛いのではないでしょうか。

勧誘の方法に疑問も

勧誘の方法に疑問の声も挙がっていました。

この方は結果的に安くなるということで納得をして契約をしたようですが、利用者に怪しまれてしまう勧誘方法はちょっといただけませんね。

サービスに自信があるのなら正々堂々と勧誘をしてほしいものですが……。

とはいえ、怪しく感じるかどうかには個人の感覚にもよると思うので、この口コミだけでは判断が難しいところですね。

カスタマーセンターの対応に不満の口コミも

残念ながらカスタマーサポートの評判は決して良いと言えるものではありませんでした。

もちろん担当者によって対応の良し悪しはあるとは思いますが、大企業だからこそカスタマーサポートの教育もしっかりしてほしいところですね。

雑な対応にがっかり……

細かな配慮が欠けていたり、住所の間違いがあったりなど、対応の雑さにがっかりしている利用者もいました。

住所の間違いに関しては思わずしっかりしてよ……と言いたくなってしまいますね。

もちろん人間ですからある程度は間違いも仕方ありませんが、大手企業だからこそ余計目についてしまうのでしょう。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

ENEOSでんきの申し込み前に押さえておきたいポイント

オール電化用のプランはない

ENEOSでんきには、東京電力にあるようなオール電化向けのプランや一定の時間のみ電気料金が安くなるようなプランはありません。

現在オール電化用のプランを利用している方はお得にならない可能性が大いにあるので、切り替えることでお得になるのかどうか事前に確認するようにしましょう。

供給エリアが狭い

ENEOSのガソリンスタンドは全国に展開しているのに、ENEOSでんきは東京電力エリアでしか契約できません。

東京電力エリア
●茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)

今後エリアは拡大していくかもしれませんが、1つのエリアでしか利用できないのはもったいないですよね。

ここまで読んで「うちのエリアじゃ使えないの!?」と思った方、すみません。

今後エリアの拡大に期待しましょう。

※追記
2019年4月から、関西エリアでも供給を開始しました。

今まで関西電力を利用していた方も契約できるようになったので、ぜひ関西の方も検討してみてくださいね。

関西のENEOSでんきについては下記の記事もご覧ください!

『関西でもENEOSでんきは安いけどもっとお得な新電力があります!』

電気料金を滞納すると強制解約!

電気料金を滞納してしまうと、以下のような流れで最悪の場合強制解約となってしまいます。

この方が強制解約されたかどうかはわかりませんが、たった19円払いそびれただけで契約解除されてしまうとしたらちょっと残酷な気が…。

一体どんな状況で、何があったのかわかりませんが今後このような方が増えないように強制解約の詳細を紹介しておきます。

➀未払い料金をコンビニで支払うための振込票が届く

➁上記の振込票で支払いをしなかった場合、振込票兼解約予告通知が解約予定日の15日前までに届く

➂振込票兼解約予告通知に記載された支払期限までに支払いをしないと強制解約!

このように、支払いをしなくてもいきなり電気が使えなくなることはないですが、放っておくと強制的に解約をされてしまうんです。

電気料金を滞納した際の対応は電力会社によっても異なりますが、ENEOSでんきと同じく最悪の場合強制解約というところもあります。

引き落とし口座にはきちんとお金を入れておくようにしましょう。

ENEOSでんきの解約方法

他の電力会社に切り替える場合

他の電力会社に切り替える場合は、何もする必要はありません。

ENEOSでんきへの連絡もしなくて大丈夫です。

すべての新電力に言えることですが、電力会社を切り替える場合は、今まで契約していた電力会社へ解約の連絡は不要です。

引越しや建物の解体で解約する場合

0120-15-8704
IP電話からは以下の番号になります。
03-6627-1763

受付時間
午前9:00~午後17:00
(第3日曜日と年末年始を除く)

駆け付けサービスが無料

ENEOSでんきには、電気がつかない、コンセントが使えないなどのトラブルに、24時間365日無料で出張サポートしてくれる「電気の困った!駆けつけサービス」があります。

ただし、このサービスはほとんどの電力会社にあるので特段ENEOSでんきのメリットとは言えないでしょう。

電球交換のような簡単なものも年間3回までは無料で対応してくれますが、新しい管球は自分で用意する必要があります。

そのほか注意事項もいくつかあるのでチェックしておきましょう。

注意事項

〇事務所、飲食店等の店舗、学校、病院等の業務用の建物はサービス対象外となります。

〇建物全体で一括受電をしている場合は対象外となります。

〇作業時間が30分程度の作業が無償となり、以下のような場合は別料金が発生します。

・特殊作業が必要となる60分を超える場合の作業

・部品交換が発生する場合の交換部品代及び作業

・高所(床から2.5m以上)での管球交換作業

・その他多額の費用を要する、技術的に容易ではない等の作業

問い合わせ先

ENEOSでんきカスタマーセンター

電話番号:0120-15-8704(フリーダイヤル)
03-6627-1763
営業時間:9:00~17:00(毎月第三日曜・年末年始を除く)

アプリで30分ごとの電気使用量がわかる

ENEOSでんきに契約すると「お客さまページ」というマイページにログインすることができ、スマートメーターを設置していれば、30分ごとや1日ごとなどの使用量を比較することができる機能も使えるようになります。

ENEOSでんき以外にも多くの新電力で利用できるサービスなので、ENEOSでんきだけのメリット!というわけではないですが、実際に数字で見えることで節約も捗るなかなか良いサービスです。

申し込み方法

基本的にはweb、郵送のどちらかの方法で申し込みができます。

それぞれの手順を簡単に説明します。

webで申し込む場合

➀ENEOSでんきの公式サイトにアクセス

➁申し込み画面から必要事項を入力

➂申し込み手続き完了後に受付完了のお知らせメールが来る

郵送で申し込む場合

➀ENEOSでんきカスタマーセンターに連絡

➁必要書類を揃えた「お申込みセット」が自宅に届く
※申込書はwebからダウンロードも可能

➂申込書に必要事項を記入し、同封の返信用封筒で返送

ENEOSガソリンスタンドやノジマでの申し込みもできる

そのほか、ENEOSのガソリンスタンドや家電量販店のノジマでもENEOSでんきの申し込みができます。

書面での申し込みになりますが、対面での手続きがいいという方はこちらの方法でもいいでしょう。

支払方法

口座振替かクレジットカードのどちらかが選べます。

口座振替の引き落とし日

引き落とし日は検針日によって異なり、自身で指定することはできません。

検針日ごとの引き落とし日は以下の通り。

●検針日が前月10日~前月21日の場合
⇒5日または6日

●検針日が前月22日~前月30日の場合
⇒23日

●検針日が当月1日~当月9日の場合
⇒27日

利用可能なクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、Diners、AmericanExpress

クレジット会社発行のプリペイドカードやデビットカードでは支払いはできないので注意が必要です。

請求書・領収書・支払証明書の発行

請求書・領収書ははっきり言って無駄な出費です。

料金や使用量はインターネットから無料で確認できます。

どうしてもENEOSでんきから発行してもらいたい方は別ですが、個人的にはインターネットからの確認だけで十分だと思います。

請求書・領収書

「ENEOSでんき お客さまページ」の画面から請求書・領収書を印刷することができます。

クレジットカード払いの場合はクレジット会社からの料金請求になるので、お客さまページからは請求内容のみ確認可能です。

ENEOSでんきから発行・郵送をしてもらうこともできますが、1通あたり162円の手数料がかかるので注意しましょう。

支払証明書

ENEOSでんきのカスタマーセンターに頼めば、支払証明書を郵送してもらうことができます。

ただし、こちらは1通あたり756円の手数料がかかるので要注意です。

問い合わせ先

カスタマーセンターまたはENEOSでんき公式サイトのwebフォームから問い合わせができます。

ENEOSでんきカスタマーセンター

●日中の連絡先
電話番号:0120-15-8704(フリーダイヤル)
営業時間:9:00~17:00(毎月第三日曜・年末年始を除く)

●夜間の停電時などの連絡先
電話番号:03-6627-1763

マンション・アパートでも申し込める

ENEOSでんきはマンションやアパートなどの集合住宅でも申し込みができます。

ただし、建物で一括受電をしている場合には契約ができないので必ず事前に確認しておくようにしましょう。

引っ越しと同時に切り替えも可能

ENEOSでんきは引っ越しと同時に新規で申し込むことができます。

以前は先に東京電力と契約する必要があったのでかなり面倒でしたが、現在は改善されているようです。

ENEOSでんきAプランは受付終了

ENEOSでんきの家庭用プランは現在Vプランしかありません。Aプランは2017年5月21日をもって新規の受付が終了しています。

現在Aプランを利用している方はそのまま継続してAプランを利用できます。

ENEOSでんきのキャンペーン情報

2019年6月現在、ENEOSでんきで開催中の公式キャンペーンはありませんが、過去に実施していたキャンペーンは以下のようなものがありました。

価格.com限定キャンペーン

価格.comからENEOSでんきのVプラン(通常、にねん とく²割)に申し込むと、キャッシュバックがもらえるというキャンペーンです。

キャンペーン期間

2018年5月1日~2018年6月30日
現在は終了しています。

キャッシュバック額

30Aプラン……2,000円
40Aプラン……3,000円
50Aプラン……4,000円
60Aプラン……2,000円

ENEOSでんきは10Aから契約ができますが、このキャンペーンが適用になるのは30A以上の契約のようですね。

また、6kVA~49kVAの契約でも3,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。

適用条件

以下の条件をすべて満たす必要があります。

①特典実施期間中に価格.com経由でVプランの申し込みが完了している

②2ヶ月後の月末までに電力会社の切替手続きが完了している

③特典の受け取りに、イーコンテクスト社の送金システム「CASH POST(キャッシュポスト)」を利用すること

特典受け取りまでの流れ

キャッシュバック特典の受け取り方法は以下の通りです。

➀特典案内メールが届く

➁特典案内メールに記載されたURLから受け取り方法を選択

➂CASH POSTを利用し、銀行口座またはローソンで特典を受け取る

注意事項

以下の場合はキャンペーン対象外となります。

・特典の適用条件を満たさない場合

・電話、価格.com以外のページから申し込みをした場合

・キャンペーン期間内にENEOSでんき(Vプラン)の申し込みを完了しなかった場合

・特典の案内メールの送信日から14日以内に受け取り手続きを完了しなかった場合

・すでに「ENEOSでんき」に申し込みをしている場合

また、CASH POSTのキャッシュバックの受け取り方法は指定の口座への振り込みかローソンでの受け取りになります。

Amazonギフト券3,000円分

新規契約でAmazonギフト券3,000円分がもらえます。

※現在は終了しております。

条件:2018年6月17日までの申込みで8月31日までに切り替えが完了していること。

対象:Vプラン

切替手続きが完了した月の翌月以降に受け取り手順が記載されたメールが届きます。

※注意
申し込みは以下のページからが対象になります。
キャンペーン申し込みサイト

WEB窓口限定でもれなく3,000円キャッシュバック

現在、WEB窓口から申し込めば、期間限定でもれなく3,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

他のサイトや公式の窓口では実施していないキャンペーンなので、申し込む方はこちらがおすすめです。

6月限定!もれなく3,000円のキャッシュバック!

下記窓口から6月中に対象の電力会社に申し込むと、もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんどありません。

※電気の切り替えは申込みから1か月程度かかります。

エアコンなどで電気使用量が増える夏までに切り替えを終わらせましょう!

確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、6月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

ENEOSでんきと他の電力会社との比較

ENEOSでんきと同じエリアに供給している電力会社はたくさんあります。

その中から厳選して『Looopでんき、東京電力、東京ガス電気』のサービスや料金を比較した記事を紹介しておきます。

まとめ

いかがでしたか?

ENEOSでんきは300kWhを超えてからの従量料金はなかなかお得なので、電気をたくさん使うという家庭には向いているでしょう。

毎月必ず500kWh以上使うという方であれば、かなり電気代の削減が期待できます。

ただ、一人暮らしの方など、たくさん電気を使わないという家庭ではあまりメリットがありません。

「にねん とく²割」の割引は魅力的ですが、契約期間の縛りや解約金が少し煩わしいかもしれませんね。

メリットだけでなくデメリットも把握した上で申し込んでほしいので少し辛口なことも書きましたが、個人的にはかなりおすすめできる新電力です。

ぜひ気になる方はキャッシュバックキャンペーンを実施しているうちに申し込みをおすすめします。

評価:4.35 - 23件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ENEOSでんきの口コミ・評判・料金について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。