J:COM電力の評判が最悪!高額解約金など契約前に知るべきデメリットまとめ【2019年最新版】

評価:3.66 - 86件の票数

J:COM電力は、その名の通りケーブルテレビサービスのJ:COMが提供している新電力。

実際のところどれほどお得になるのか、料金プランや割引について調べてみましたが……

結論から言うと、おすすめしません。

現在J:COMのサービスを利用している方であっても、電気をJ:COM電力にするのはやめた方がいいでしょう。

●J:COM電力がおすすめできない理由
●メリット・デメリット
●料金プラン
●シミュレーション結果比較
●口コミ・評判

など、気になる情報をまとめました。

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

J:COM電力がおすすめできない3つの理由

早速ですが、現在J:COMのサービスを利用している方でもJ:COM電力がおすすめできない理由を解説していきます。

1.契約に3,000円(+税)の手数料がかかる

J:COM電力は、基本的にすでにJ:COMのサービス(ケーブルテレビやネットなど)を利用している人に向けたサービスです。

J:COM電力を利用したい場合、新たにJ:COM電力の契約を追加することになるのですが、その際に3,000円の手数料がかかるんです。

一般的な電力会社では、電気の切り替えや契約に手数料なんてものはかかりません。

少しでもお得にするために電気を切り替えるのに、その切り替えで余計な費用がかかってしまうのでは意味がありませんよね。

2.解約時に最大35,000円(+税)の違約金が発生する

J:COM電力を利用するには、すでに利用しているJ:COMのサービスに「電力セット」というサービスを追加する形になります。

J:COM電力の利用をやめたくなった場合は「電力セット」を解除することになるのですが、その際に契約更新月以外に解約すると最大35,000円の違約金が発生します。

最大、と言ったのは現在利用しているサービスのプラン内容や、居住形態(戸建てか集合住宅か)によって変わるからです。
※詳しくはデメリットのところで説明します。

電気の解約で解約金・違約金がかからない電力会社もありますし、費用が発生するところでも1,000~2,000円が相場です。

正直、電気の解約に数万円も違約金がかかる電力会社はJ:COM電力以外に聞いたことがありません。

J:COM電力の違約金は他社と比べても最悪の部類に入るんです。

解約金や違約金の類はスマホやネットの契約でこりごりですよね…。

この高額な違約金はJ:COM電力の契約を検討するうえで致命的なデメリットになります。

3.割引額も大きいわけではない

J:COM電力はJ:COMのサービスとセットで契約することになるので、セット割が適用されます。

詳しい割引額は後ほど料金のところで説明しますが、地域の電力会社と比べて従量料金(電気を使った分だけかかる料金)の単価が最大10%引きとなります。

しかしこの割引額、実はそこまでお得でもないんです。

イメージしやすいよう、東京電力エリアで他の電力会社とシミュレーションしてみました。

●1人暮らし平均(月に120kwh使用)
東京電力⇒3,465円
J:COM電力⇒3,453円(-12円)
東京ガス⇒3,462円(-3円)
Looopでんき⇒3,120円(-345円)
ENEOSでんき⇒3,465円(±0円)

●3~4人家族平均(月に400kwh使用)
東京電力⇒11,428円
J:COM電力⇒11,069円(-359円)
東京ガス⇒10,922円(-506円)
Looopでんき⇒10,400円(-747円)
ENEOSでんき⇒10,657円(-770円)

いかがでしょうか?使用量が少ない一人暮らしの場合はともかく、たくさん使った場合に他の電力会社と比べるとお得感が少ないのがわかると思います。

単純に電気代を安くしたい場合はLooopでんきなどの電力会社を利用したほうがお得になるんです。

まとめ:高額な手数料を払ってまで契約するメリットなし

J:COM電力は契約に必ず費用がかかり、解約する際も更新月以外では数万円の違約金が発生してしまいます。

もし月々の電気料金が安くなったとしても、これらの費用でお得分は相殺されてしまう場合がほとんど。

こうしたリスクを取ってまで、J:COMに電気をセットにするメリットはないでしょう。

それではどのような電力会社を選べばいいのでしょうか。

どの電力会社を選んだらいいのかよく分からない方必見

こちらの窓口を利用すれば、プロのオペレーターが複数の電気会社からあなたにぴったりあった電力会社やプランを見つけてくれます。

✔ 当サイトで最も選ばれている相談・切替の窓口です!

✔ 実際に電話でプロのオペレーターが相談に乗ってくれます!

✔ 決めた後の申し込み手続きや切替もしっかりサポートしてくれます!

電力会社がまだ決まっていない方は、まずはこちらの窓口から自分に合った電力会社を見つけてもらいましょう。

下記の窓口『エリアチェック』から1分で簡単確認
>電力会社の相談・切替窓口はこちら<

電気代を安くしたいならおすすめの電力会社は【Looopでんき】

ちなみにLooopでんきは、J:COM電力のように契約費用や違約金がかかりません。
「基本料金0円」+「一律料金」でとにかく安いのが特徴。

様々なサービスだけではなく、口コミや評判も良く、メリットが多い電力会社です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●契約手数料が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込むのもアリです。

料金プランもとてもシンプルですし、どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめの電力会社です。

※右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

必ず確認!J:COM電力のデメリット

J:COM電力のデメリットは、やはり契約・解約にかかる高額な費用や長期の契約期間でしょう。

それぞれ詳しく見ていきます。

公式HPの説明がとにかく不親切

手数料や契約期間の話に入る前に、J:COM電力について調べていて真っ先に思ったことが「HPがとにかく不親切」ということです。

というのも、手数料や違約金、契約期間といった大切な情報がJ:COM電力のHPを見てもすぐに見つからないからなんです。

例えば、電力セット割について記載したページでは、下の方に小さく「各サービスのご利用・解約、サービス変更には工事費/手数料/初期費用などが必要です」とあるだけ。

J:COM電力の公式HPの説明がとにかく不親切

肝心の「いくらかかるのか?」が一切説明されていないんです。

そこでサイト内をいろいろと旋回し、契約手数料については「HOME>お得なパック・料金>工事費・手数料」、契約期間と違約金については「ホーム>サービス案内>J:COM電力>電力セットの対象プラン料金」というそれぞれ奥まった階層でようやく記載を見つけました。

こうした大切な情報は誰もが見つけやすいところに記載されているのが一般的なので、いかにJ:COMが手数料や違約金などのデメリットを表に出したくないかが伝わってきてきますね。

3,000円の契約手数料がかかる

さて、J:COM電力で切り替えるには3,000円の手数料がかかります。

しかしこれは公式HPにそのように明確に書いてあるわけではなく、よく読まないと分からない書き方で小さくあるだけなんです。

こちらは工事費・手数料について書いてあるJ:COM(J:COM電力ではありません)のページです。

3,000円の契約手数料がかかる

J:COM電力の利用には、「J:COMサービスの新規加入・サービス追加」をすることになります。

その際に発生する料金として、「契約事務手数料」が3,000円(+税)がかかる、とあります。

つまるところ、J:COM電力の契約をするために3,000円の手数料がかかるということになります。

気づかなければ見落としかねないですよね…。

ちなみにほとんどすべての電力会社では契約時に手数料はかかりません。

最大35,000円!高額違約金のリスク

J:COM電力の契約には、すでに契約しているJ:COMのサービスに「電力セット」を追加する形になります。

現在使用しているサービスのプランと住居の形態によって、契約期間と違約金が異なります。

契約更新月以外での解約で最低でも3,500円、最大で35,000円の違約金が発生します。

プランは7つあるので、詳しく知りたい人はこの下をタップ/クリックして確認してください。

▼プランごとの契約期間・違約金を見る

スマートお得プラン

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては20,000円+税、集合住宅は10,000円+税

スマートもっとお得プラン

●契約期間
⇒戸建ては3年、集合住宅は2年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては13ヵ月未満で35,000円+税/13ヵ月~25ヵ月未満で25,000円+税/25ヵ月以上で15,000円+税、集合住宅は25,000円+税

スマートお得プランミニ

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては8,500円+税、集合住宅は3,500円+税

スマートお得セレクト

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒TV、NET、電力セットの場合 戸建ては15,000円+税、集合住宅は10,000円+税
⇒TV、PHONE、電力セットの場合 戸建ては4,500円+税、集合住宅は3,500円+税

スマートお得オンデマンド

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒TV、NET、電力セットの場合 戸建ては15,000円+税、集合住宅は10,000円+税
⇒TV、PHONE、電力セットの場合 戸建ては4,500円+税、集合住宅は3,500円+税

NETパック

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建て、集合住宅ともに8,500円+税

NETパック特別コース

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建て、集合住宅ともに8,500円+税

参照元はこちら:電力セットの対象プラン料金

契約期間が上書きされる

J:COM電力の契約はすでに契約しているJ:COMのサービスに新たにサービスを追加します。

その際、契約期間は新たに追加したサービスの契約日を起点に上書きされてしまうんです。

例えば2年契約のプランに入っていて更新月が来月に迫っているときに、新たにJ:COM電力を契約した場合、新たな契約期間2年が上書きされるので、J:COM電力だけでなくJ:COMすべてのサービスの契約更新月が2年後にさらに伸びてしまうということです。

そして更新月以外にJ:COMのサービスを何か一つでも解約しようとすると、数万円の違約金が発生してしまいます。

もはや一度契約したら違約金を支払わないで解約することは不可能というレベルでしょう。

料金も決して安くない

さらに、J:COM電力の料金はそこまで安いわけでもなく、契約期間の新たな追加や高額な諸費用といったリスクを負ってまで契約するメリットはありません。

先ほども簡単なシミュレーションをしましたが、J:COM電力よりも安くなる電力会社は他にもあります。

関東、関西のエリア別にいくつかの電力会社と比較してみました。

▼関東エリア

関東エリア

●月に120kwh使用・少なめ(一人暮らし)
東京電力⇒3,465円
J:COM電力⇒3,453円
Looopでんき⇒3,120円
ENEOSでんき⇒3,465円
シンエナジー⇒3,323円

●月に300kwh使用・ふつう(3人家族)
東京電力⇒8,145円
J:COM電力⇒8,086円
Looopでんき⇒7,800円
ENEOSでんき⇒7,801円
シンエナジー⇒7,702円

●月に500kwh・多め(4~5人家族)
東京電力⇒14,430円
J:COM電力⇒13,771円
Looopでんき⇒13,000円
ENEOSでんき⇒13,232円
シンエナジー⇒13,395円

▼関西エリア

関西エリア

●月に120kwh使用・少なめ(一人暮らし)
関西電力⇒2,429円
J:COM電力⇒2,408円
Looopでんき⇒2,640円
ENEOSでんき⇒2,373円
シンエナジー⇒2,341円

●月に300kwh使用・ふつう(3人家族)
関西電力⇒6,988円
J:COM電力⇒6,922円
Looopでんき⇒6,600円
ENEOSでんき⇒6,614円
シンエナジー⇒6,553円

●月に500kwh・多め(4~5人家族)
関西電力⇒12,740円
J:COM電力⇒12,098円
Looopでんき⇒11,000円
ENEOSでんき⇒11,876円
シンエナジー⇒11,913円

関東ではどんな使用量でもLooopでんきが安く、関西では電気をあまり使わない方はENEOSでんきやシンエナジー、たくさん使う方はLooopでんきがお得になっていますね。

もちろんこれらはあくまで例なので、実際にどれくらい安くなるか気になる方は下の窓口でシミュレーションしてもらうことをおすすめします。

下記WEB窓口から『エリアチェック』に簡単入力
>シミュレーションして詳しく調べる<

もちろんこれらの電力会社に申し込みたいという場合は、こちらの窓口からそのままお申し込みできます。

正直微妙!J:COM電力のメリット

一番のメリットはセット割ですが、それ以外に目立ったメリットはありません。

念のため紹介しておくので、自身にとって得になるかどうか確認してみてください。

J:COMのサービスが毎月500円引き

J:COM電力のをセットで利用することで、現在利用しているJ:COMのサービスが契約期間内は毎月500円割引されます。

J:COM電力の電気料金から割り引かれるわけではありません。

また、500円が毎月割引されるといっても、J:COM電力のセットにするために必ず3,000円の手数料がかかってしまうので、お得分の多くは相殺されてしまいます。

さらに、もし更新月以外で解約した場合、数万円の違約金が発生するので確実に損になります。

毎月500円引きのフレーズに乗せられて、安易に契約しないほうがいいでしょう。

請求が一つにまとまる

現在J:COMのサービスを利用している方は、J:COM電力に契約するとすべての請求が一つにまとまります。

メリットというほどでもありませんが、請求の種類が多く家計の管理が面倒という方には嬉しいポイントでしょう。

オール電化向けのプランがある

J:COM電力にはオール電化向けのプランもあります。

オール電化に対応している新電力はほとんどないので、これはオール電化を利用している方には選択肢が広がりますね。

ただし、少ない中でもきちんと比較をして電力会社を選ぶようにしましょう。

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

口コミ・評判はあまり良くない様子

ツイッターでJ:COM電力の口コミを調べてみたところ、お世辞にも評判が良いとは言えない状態でした。

あくまで参考程度にご覧ください。

やはり不評な解約違約金

やはり解約金に関しては知らないまま契約してしまった方が多いようです。

HPにもほとんど分からないような記載しかされていませんし、タチが悪いです。

一方的な勧誘やセールスに怒り

J:COMの利用者をどうにかして電気もまとめさせようとしている模様です。

かなり強引なやり方に不満が噴出しています。

いつのまにか契約変更

契約の意思がなかったのに、いつの間にか電気の契約も申し込まれていたという方もいました。

解約には違約金がかかってしまいますし、悔しいですが受け入れるしかないかもしれません。

もちろんお得になる人も

もちろんJ:COM電力に切り替えてお得になる人もいます。

ただ、電気料金を安くするだけなら契約期間や解約金のかからない他の電力会社の方が圧倒的におすすめです。

料金比較!あまりお得にならないJ:COM電力の料金

電気料金は、電気の契約自体にかかる「基本料金」と、電気を使った分だけかかる「従量料金」の2つから成り立ちます。

J:COM電力の料金は、従来の電力会社と比べて従量料金のみが安く設定されています。

具体的には

120kwhまで使った時の料金単価
⇒従来の電力会社の0.1%引き

120~300kwhまでの料金単価
⇒従来の電力会社の1%引き

300kwh以上使った時の料金単価
⇒従来の電力会社の10%引き

これはどこのエリアであっても共通です。

とは言っても、これだけではあまりピンとこないと思うので、それぞれのエリアで従来の電力会社と料金を比較してみました。

ご自身のエリアのみご確認ください。

()内の赤い数字は従来の電力会社との差額です。

▼関東エリア

関東エリア

使用量東京電力J:COM
30A
120kWh
3,184円3,173円
(-11円)
40A
300kWh
8,145円8,087円
(-58円)
40A
500kWh
14,149円13,490円
(-659円)
50A
800kWh
23,436円21,876円
(-1,560円)

▼関西エリア

関西エリア

使用量関西電力J:COM
120kWh2,429円2,419円
(-10円)
300kWh6,988円6,932円
(-56円)
500kWh12,740円12,109円
(-631円)
800kWh21,368円19,874円
(-1,494円)

▼福岡・熊本・大分エリア

福岡・熊本・大分エリア

使用量九州電力J:COM
30A
120kWh
2,937円2,927円
(-10円)
40A
300kWh
7,313円7,262円
(-51円)
40A
500kWh
12,439円11,875円
(-564円)
50A
800kWh
20,420円19,087円
(-1,333円)

▼下関エリア

下関エリア

使用量中国電力J:COM
120kWh2,473円2,462円
(-11円)
300kWh7,326円7,266円
(-60円)
500kWh13,134円12,493円
(-641円)
800kWh21,846円20,334円
(-1,512円)

▼札幌エリア

札幌エリア

使用量北海道電力J:COM
30A
120kWh
3,829円3,815円
(-14円)
40A
300kWh
9,586円9,458円
(-128円)
40A
500kWh
16,260円15,464円
(-796円)
50A
800kWh
26,606円24,809円
(-1,797円)

▼仙台エリア

仙台エリア

使用量東北電力J:COM
30A
120kWh
3,160円3,149円
(-11円)
40A
300kWh
7,961円7,905円
(-56円)
40A
500kWh
13,711円13,080円
(-631円)
50A
800kWh
22,660円21,167円
(-1,493円)

J:COM電力の基本情報

申し込み方法や支払い方法など、契約前に知っておきたい基本的な情報をまとめました。

提供エリア

J:COM電力の提供エリアはJ:COMの提供エリアと同じで、以下のように細かく分かれています。

・関東エリア
・関西エリア
・福岡、熊本エリア
・大分エリア
・下関エリア
・札幌エリア
・仙台エリア

申し込み方法はWEBと電話の2通り

J:COMの公式サイト、または電話にて申し込みが可能です。

申し込みの際には検針票に書かれている情報が必要になるので、必ず準備しておきましょう。

電話で申し込む場合

●電話番号
⇒0120-848-816

●受付時間
⇒9:00~18:00(年中無休)

支払い方法は口座振替とクレジットカードの2通り

J:COM電力の支払い方法は、口座振替またはクレジットカード払いのどちらかが選べます。

利用できるクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners、AEON CREDIT、SAISON、楽天KC、JACCS

マンション・アパートでも申し込み可能

マンションやアパートなどの集合住宅でも申し込みが可能です。

ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には契約ができません。

必ず事前に確認しておくようにしましょう。

利用にはスマートメーターへの交換が必要

J:COM電力を利用するには、従来のアナログメーターからスマートメーターに交換する必要があります。

メーターの交換工事は東京電力など従来の電力会社が原則無料・立ち会い不要でやってくれます。

工事の間に停電が発生する可能性もありますが、基本的に数分程度だけです。

お得な電力会社をお探しなら

お得な電力会社をお探しの方は、こちらの窓口がおすすめです。

ここでは、多くの電力会社を比較してあなたの実際の使用量に合った電力会社を見つけてくれます。

おすすめ理由
2019年6月当サイトで1番選ばれている窓口
複数の電力会社を比較してくれる
オペレーターが乗換え手続き徹底サポート!
相談だけで申し込まなくてもOK
対象の電力会社に申し込みでもれなく3,000円キャッシュバック

電気代が高くなる夏本番までに電気代を節約するには、6月中の切り替えがラストチャンスです!

上手に選べれば、絶対にお得になるのが電力会社選び。

まずは『エリアチェック』に簡単入力で、自分にぴったりな電力会社探しを始めましょう。

まとめ

J:COMは知名度こそあれど、料金やサービス面での満足度は低いように思います。

実際にJ:COM電力より安く、口コミや評判も良い新電力はあるので、現状J:COMに満足している方や、とにかく請求を一つにまとめたいという方以外は他の新電力を検討することをおすすめします。

電気は生活に密接にかかわるものなので、必ず自分が納得できる料金やサービスを提供している電力会社と契約するようにしましょう。

評価:3.66 - 86件の票数

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

Looopでんきのおすすめ申し込み窓口はこちら

コメント

  1. 木口恒男 より:

    4月に申し込んだ電力切り替えが、、まだ行われていない。。

  2. 真崎 直大 より:

    JCOM電気と契約しましたが、料金が昨年より2割上がりました。調べてほしいと依頼しましたが、関電に聞いてくださいとのことで、電話番号のみを教えられました、不誠実は極まりなく、腹ただしいです。
    契約終了と同時に解約しようと思います。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)