J:COM電力の評判が最悪!解約金など申し込み前に確認すべきデメリットまとめ

評価:3.68 - 87件の票数

J:COM電力は、その名の通りケーブルテレビサービスのJ:COMが提供している新電力。

実際のところどれほどお得になるのか料金プランや割引について調べてみましたが…

正直それほどお得ではないうえにおすすめできない理由がたくさんありました。

現在J:COMのサービスを利用している方であっても、電気をJ:COM電力にするのは一度考え直す必要があるでしょう。

●メリット・デメリット
●料金プラン
●シミュレーション結果比較
●口コミ・評判

など、気になる情報からJ:COM電力について詳しくまとめました。

JCOMよりあしたでんきがおすすめ!

JCOMは高額な諸費用がかかりますが、あしたでんきは手続き無料かつ圧倒的に安いです。

あしたでんきが選ばれている理由
・2019年現在業界最安
・年20,000円以上安くなる人多数
・2019年7月申込件数No.1!
・契約期間・解約金一切なし
・東電の関連会社だから安心

あしたでんきの圧倒的な安さが話題を呼び、2019年8月現在も申込者が爆発的に急増しています!

契約期間の縛りや解約金なども一切ないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で申し込んで継続される方が多いそうです。

実際に私もあしたでんきに切り替えましたが、トラブルもなく、確実に毎月お得になっていてとても満足しています。

さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です!

夏は1年で最も電気代が高くなるので、1日でも早い乗り換えをおすすめします!

こちらの記事でも詳しくまとめています!
『業界No.1!あしたでんきの圧倒的な安さと人気の秘訣』

J:COM電力とは

J:COM電力とは、テレビやネット、スマートフォンなどの多くのサービスを展開しているJ:COMが提供する電気のことです。

電気を申し込む場合、今使っているJ:COMのサービスに新たに電気サービスを追加するという仕組みになります。

しかし、J:COM電力を利用するためには契約手数料を支払わなければならず、また解約時には高額な違約金が発生する可能性があるなどデメリットが多いのも事実です。

J:COM電力の料金プラン

J:COM電力の評判などを見る前に、まずは肝心な料金プランを見てみましょう。

電気料金は、電気の契約自体にかかる「基本料金」と電気を使った分だけかかる「従量料金」の2つから成り立っていて、J:COM電力の料金プランは従来の電力会社と比べて従量料金のみが安くなっています。

具体的には

・120kwhまで使った時の料金単価
⇒従来の電力会社の0.1%引き

・120~300kwhまでの料金単価
⇒従来の電力会社の1%引き

・300kwh以上使った時の料金単価
⇒従来の電力会社の10%引き

※これはどこのエリアであっても共通です。

料金シミュレーション

分かりやすくそれぞれのエリアで電気代をシミュレーションして従来の電力会社と比較してみました。

ご自身のエリアをご確認ください。

()内の赤い数字は従来の電力会社との差額です。

▼関東エリア

関東エリア

使用量東京電力J:COM
30A
120kWh
3,184円3,173円
(-11円)
40A
300kWh
8,145円8,087円
(-58円)
40A
500kWh
14,149円13,490円
(-659円)
50A
800kWh
23,436円21,876円
(-1,560円)

▼関西エリア

関西エリア

使用量関西電力J:COM
120kWh2,429円2,419円
(-10円)
300kWh6,988円6,932円
(-56円)
500kWh12,740円12,109円
(-631円)
800kWh21,368円19,874円
(-1,494円)

▼福岡・熊本・大分エリア

福岡・熊本・大分エリア

使用量九州電力J:COM
30A
120kWh
2,937円2,927円
(-10円)
40A
300kWh
7,313円7,262円
(-51円)
40A
500kWh
12,439円11,875円
(-564円)
50A
800kWh
20,420円19,087円
(-1,333円)

▼下関エリア

下関エリア

使用量中国電力J:COM
120kWh2,473円2,462円
(-11円)
300kWh7,326円7,266円
(-60円)
500kWh13,134円12,493円
(-641円)
800kWh21,846円20,334円
(-1,512円)

▼札幌エリア

札幌エリア

使用量北海道電力J:COM
30A
120kWh
3,829円3,815円
(-14円)
40A
300kWh
9,586円9,458円
(-128円)
40A
500kWh
16,260円15,464円
(-796円)
50A
800kWh
26,606円24,809円
(-1,797円)

▼仙台エリア

仙台エリア

使用量東北電力J:COM
30A
120kWh
3,160円3,149円
(-11円)
40A
300kWh
7,961円7,905円
(-56円)
40A
500kWh
13,711円13,080円
(-631円)
50A
800kWh
22,660円21,167円
(-1,493円)

口コミ・評判から見えたJ:COM電力のメリット

一番のメリットはセット割ですが、それ以外に目立ったメリットはありません。

大きく分けて3つあるメリットを口コミと併せて紹介します。

1.J:COMのセット割がある

J:COMにはセット割が充実しています。

 

セットで利用することで、現在利用しているJ:COMのサービスが契約期間内は毎月500円割引される仕組みです。

しかしJ:COM電力の電気料金から割り引かれるわけではなく全体の支払い(※)から割り引かれます。

(※)J:COMのサービスをいくつか利用している場合、全てのサービスの料金をまとめて支払うことができる仕組みです。

2.ガスとのセット割でさらにお得

 

J:COM電気とガスをセットにすることでさらに毎月100円割引されます。

こちらもガス代から割り引かれるわけではなく全体の支払いから割り引かれます。

3.オール電化向けのプランがある

J:COM電力にはオール電化向けのプランもあります。

 
オール電化に対応している新電力はほとんどないので、これはオール電化を利用している方には選択肢が広がりますね。

口コミ・評判から見えたJ:COM電力のデメリット

この記事で一番重要な部分なのでしっかり目を通してください!

J:COM電力のデメリットはやはり、申し込みや解約にかかる高額な諸費用でしょう。

他にもこれはいただけない…という点も合わせて4つのデメリットをまとめました。

口コミもたくさんありましたので併せて詳しく見ていきましょう。

1.申し込み手数料がかかる

J:COM電力に申し込むには3,000円の手数料がかかります。

 
しかしこれは公式HPにそのように明確に書いてあるわけではなく、よく読まないと分からない書き方で小さくあるだけなんです。

こちらは工事費・手数料について書いてあるJ:COM(J:COM電力ではありません)のページです。

3,000円の契約手数料がかかる

気づかなければ見落としかねないですよね…。

ちなみにほとんどの電力会社では契約手数料はかかりません。

2.高額な違約金・解約金のリスクがある

現在使用しているサービスのプランと住居の形態によって契約期間と違約金が異なります。

契約更新月以外の月に解約した場合最低でも3,500円、最大で35,000円の違約金が発生してしまうんです。

プランは7つあるので、詳しく知りたい方はこの下をタップ/クリックして確認してください。

▼プランごとの契約期間・違約金を見る

スマートお得プラン

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては20,000円+税、集合住宅は10,000円+税

スマートもっとお得プラン

●契約期間
⇒戸建ては3年、集合住宅は2年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては13ヵ月未満で35,000円+税/13ヵ月~25ヵ月未満で25,000円+税/25ヵ月以上で15,000円+税、集合住宅は25,000円+税

スマートお得プランミニ

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建ては8,500円+税、集合住宅は3,500円+税

スマートお得セレクト

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒TV、NET、電力セットの場合 戸建ては15,000円+税、集合住宅は10,000円+税
⇒TV、PHONE、電力セットの場合 戸建ては4,500円+税、集合住宅は3,500円+税

スマートお得オンデマンド

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒TV、NET、電力セットの場合 戸建ては15,000円+税、集合住宅は10,000円+税
⇒TV、PHONE、電力セットの場合 戸建ては4,500円+税、集合住宅は3,500円+税

NETパック

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建て、集合住宅ともに8,500円+税

NETパック特別コース

●契約期間
⇒戸建ては2年、集合住宅は1年
●違約金:更新月以外の解約で発生
⇒戸建て、集合住宅ともに8,500円+税

参照元はこちら:電力セットの対象プラン料金

解約の際にかかる違約金について苦言を呈している口コミがたくさんあったのでいくつか紹介します。

 

 

 

 
解約金に関しては知らないまま契約してしまった方が多いようです。

契約期間が上書きされる

解約金には契約期間も関わってくると言いましたが、契約期間についても注意が必要です。

J:COMの他のサービスを利用していて新たにJ:COM電力を契約した場合、J:COMすべてのサービスの契約期間が新たにJ:COM電力を契約した日を起点に上書きされてしまいます。

J:COM電力と同じ契約期間に上書きされてしまいます。

 
今J:COMの他のサービスを利用している方は特に、知らないまま電気を契約してしまうと他のサービスの解約のタイミングを見失う可能性もあるので注意してください。

3.電話や訪問での勧誘が悪質

自社のサービスを利用している人に電気など別のサービスもすすめるというのは企業としては当たり前ですが、その営業方法が悪質と非難が噴出しているんです。

 

 

 
同意していないにも関わらず、いつの間にか電気の契約も申し込まれていたという方もいました。

契約や解約に高額な料金がかかるのに勝手に契約されてしまってはかなり困りますよね。

もし契約の意思がないのであれば、J:COMから電話がきてもきちんと断りましょう。

4.料金の明細が確認できるエコレポが不便

エコレポとはJ:COM電力を利用している人が有料で使えるもので、電気使用量や電気料金を確認することができます。

 

 
電気の使用量が30分ごとに更新されるので節電したい方にとっては嬉しいツールですが、使いづらいのであればせっかくの利便性も落ちてしまいます。

こうした電気の使用量が見えるサービスは他社でも同様のものがありますし、せめて同水準くらいにはなってほしいところ。

ちなみに料金の明細を簡単に確認したい場合は、J:COM電力のサイトにログインすれば無料で見ることができます。

明細書を発行してもらうには月額150円が必要となるので注意してください。

※明細なしの請求金額のみ記載された書類は無料で発行してもらえます。

J:COM電力の申し込み前に確認すべきこと

J:COM電力に申し込む前に確認しておくべきことをまとめました。

提供エリア

J:COM電力の提供エリアはJ:COMの提供エリアと同じで、以下のように細かく分かれています。

・関東エリア
・関西エリア
・福岡、熊本エリア
・大分エリア
・下関エリア
・札幌エリア
・仙台エリア

J:COM電力への問い合わせは電話で

J:COM電力についてもっと詳しく知りたい方はカスタマーセンターへ連絡してみてください。

  • J:COM電力カスタマーセンター:0120-848-816
  • 申し込み方法はWEBと電話の2通り

    J:COMの公式サイト、または電話にて申し込みが可能です。

    申し込みの際には検針票に書かれている情報が必要になるので、必ず準備しておきましょう。

    電話で申し込む場合

    ●電話番号
    ⇒0120-848-816

    ●受付時間
    ⇒9:00~18:00(年中無休)

    マンションなど一括受電している場合は申し込めない

    これはJ:COM電力に限らず言えることですが、念のために説明しておきます。

    マンションやアパートの集合住宅でもJ:COM電力に申し込むことは出来ますが、大家さんが電力会社に一括で申し込んでいる場合(一括受電)は、個人で好きな電力会社を選ぶことはできません。

    お住まいによって違うので、大家さんに一度確認してみてください。

    現在キャンペーンはない

    J:COM電力では2019年現在、キャンペーンは行っていません。

    アンペアの変更は一般送配電事業者へ

    アンペアを変更したい場合はJ:COM電力ではなく、一般送配電事業者に問い合わせる必要があります。

    引っ越ししてすぐに利用できる

    J:COM電力は、引っ越し先ですぐに電気を利用することができます。

    おまけ:J:COM電力の解約方法

    この記事を読んでいる方の中で「今J:COM電力を利用しているが解約したくなった」という方もいるかもしれません。

    J:COM電力を解約するには、次の電力会社を決めて申し込めばその電力会社が解約してくれます。

    J:COM全体の解約について

    J:COM全てのサービスを解約したい場合はカスタマーセンターへ連絡すれば解約できます。

  • J:COMカスタマーセンター:0120-999-000
  • 解約したい日のギリギリに連絡をしても解約が間に合わないことがあるので、解約したい日より1ヵ月程度前までを目安にJ:COMに連絡しなければなりません。

    解約費用については、カスタマーセンターの人に聞くか上のデメリットの部分を参考にしてみてください。

    まとめ

    今J:COMを利用している方がセット割を適用させたとしても、申し込み費用や解約・違約金がかなり高いので結局損になってしまう可能性が高いです。

    わざわざ大きなリスクを負ってまでJ:COM電力に切り替えるほどのメリットがあるかどうか、今一度確認してみてください。

    ちなみにこのサイトでは、J:COM電力より安く口コミや評判も良い新電力についても紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

    評価:3.68 - 87件の票数

    おすすめはあしたでんき

    業界最安値を誇るあしたでんき。

    とにかく安い電気料金が評判で、年間20,000円以上安くなったという方も多いです。

    東京電力の子会社なので安心ですし、いつ解約しても解約金や手数料がかからないので、お試し感覚で申し込むことができます。

    さらに今なら、あしたでんきへの申し込みで2,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中!

    夏はエアコンで電気代が上がるので、早めに下記の公式サイトから申し込むことを強くおすすめします!

    あしたでんき公式サイトはこちら

    コメント

    1. 木口恒男 より:

      4月に申し込んだ電力切り替えが、、まだ行われていない。。

    2. 真崎 直大 より:

      JCOM電気と契約しましたが、料金が昨年より2割上がりました。調べてほしいと依頼しましたが、関電に聞いてくださいとのことで、電話番号のみを教えられました、不誠実は極まりなく、腹ただしいです。
      契約終了と同時に解約しようと思います。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)