イデックスでんきの評判は?料金・キャンペーンなど知るべき全情報まとめ


九州地方を中心にガソリンスタンドを運営している新出光(IDEX)が提供する「イデックスでんき」。

最近ではCMも放送しているので耳にしたことがある方も多いかと思います。

「どんな特典や割引があるの?」
「九州電力とどっちがお得?」
「利用者の口コミや評判は?」
「切り替えてデメリットはないの?」

などなど、気になる点をまとめました。

結論から言うと、現在九州電力を利用している方にはおすすめできる新電力です!

この記事ではイデックスでんきの料金やプランの特徴、口コミからイデックスでんきがおすすめできる理由や注意すべきデメリットまで分かりやすくまとめました。

イデックスでんきとは

イデックスでんきは、福岡県に本社を構える株式会社新出光が提供する新電力です。

新出光は出光興産やENEOS、昭和シェル、コスモ石油などのスタンドとも提携しており、これらのスタンドで給油することが多い方は、イデックスでんきを利用しているとカードのポイントが最大3倍貯まるなどの特典を受けられます。

料金プランは一般的なプランだけでなく、九州地方では数少ないオール電化に対応しているのも特徴です。

株式会社新出光

新出光は大正15年からエネルギー事業に関わってきており、九州では多くの方から支持を受けている総合エネルギー会社です。

「IDEX」のブランドでガソリンスタンドを運営しているだけでなく、2015年以降は電力の販売も開始しています。

イデックスでんきの料金プラン

では早速、イデックスでんきの家庭向け料金プランを見てみましょう!

イデックスでんきには、九州電力の「従量電灯B」に該当する「ファミリープラン」と、オール電化に対応した「夜トクプラン」の2つがあります。

結論を言うと、どちらプランも九州電力より安く設定されているため、イデックスでんきに乗り換えれば確実に電気代を安くすることができます。

ファミリープラン

⇒一般的な家庭向け

電気料金は電気を契約すること自体にかかる基本料金と、電気を使った分だけかかる従量料金の二つから成り立ちます。

※()の赤字は九州電力との差額です。

基本料金従量料金(単価)
30A866.05円
(-8.3円)
~120kwh16.96円
(-0.18円)
120~300kwh21.67円
(-0.97円)
300kwh~22.96円
(-2.62円)
40A1154.74円
(-11.66円)
~120kwh16.74円
(-0.4円)
120~300kwh21.67円
(-0.97円)
300kwh~23.47円
(-2.11円)
50A1428.84円
(-29.16円)
~120kwh16.74円
(-0.4円)
120~300kwh21.67円
(-0.97円)
300kwh~23.47円
(-2.11円)
60A1697.11円
(-52.49円)
~120kwh16.57円
(-0.57円)
120~300kwh21.67円
(-0.97円)
300kwh~23.47円
(-2.11円)

基本料金は契約しているアンペアごとに決まっていて、従量料金は何アンペアで契約しているか、またどれくらい電気を使ったのかで単価が変わります。

例えば現在40Aで契約していて、一か月の電気使用量が350kwhだった場合は……

●基本料金=1154.74円

●従量料金
120kwh×16.74円=2008.8円
180kwh×21.67円=3900.6円
50kwh×23.47円=1173.5円

合計:1154.74円+2008.8円+3900.6円+1173.5円=8237.64円

となります。

ファミリープランはすべての料金が九州電力より安くなっているため、イデックスでんきに切り替えると必ず安くなることがわかりますね。

詳しい九州電力との料金比較はこの後でシミュレーションして計算しますね!

夜トクプラン

⇒オール電化住宅向け

オール電化向けプランも、基本料金と従量料金の二つがあります。

基本料金
契約電力が10㎾以下
(一律)
1571.40円
(-48.6円)
契約電力が
10㎾以上
15㎾まで
(一律)
4190.40円
(-129.6円)
15㎾以上
(1㎾あたり)
523.80円
(-16.2円)

従量料金(単価)
平日昼間
(8:00-22:00)
夏冬25.55円
(-0.8円)
春秋22.80円
(-0.71円)
休日昼間
(8:00-22:00)
夏冬20.20円
(-0.63円)
春秋16.97円
(-0.53円)
夜間
(22:00-8:00)
12.57円
(-0.4円)

オール電化の場合、基本料金は10㎾まで、10~15㎾まで、15㎾以上でそれぞれ異なります。

また、従量料金は季節、曜日、時間帯によって単価が変わります。

オール電化向けの「夜トクプラン」でも、基本料金、従量料金いずれも九州電力よりも安く設定されているのが特徴です。

イデックスでんきと九州電力をシミュレーション

料金表だけだとピンとこないと思うので、いくつかの使用量を想定して九州電力と料金を比較してシミュレーションしてみました。

自分の使用量に近いところを見てみてください!

使用量九州電力イデックス差額
1人暮らし
30A/100kwh
2,588円2,562円月間:-26円
年間:-312円
2人暮らし
30A/200kwh
4,742円4,634円月間:-108円
年間:-1,296円
3~4人家族
40A/400kwh
9,856円9,411円月間:-445円
年間:-5,340円
4~5人家族
50A/600kwh
15,264円14,378円月間:-886円
年間:-10,632円
多人数世帯
60A/700kwh
18,113円16,974円月間:-1,139円
年間:-13,668円
オール電化
6㎾/600kwh
12,171円11,800円月間:-371円
年間:-4,452円
オール電化
10㎾/1200kwh
22,078円22,674円月間:-596円
年間:-7,152円

※オール電化の場合、夏季に昼間:夜間=4:6の割合で電気を使った場合でシミュレーションしています。

電気をあまり使わない方からたくさん使う方まで、必ず安くなっていることがわかりましたね。

特に電気をたくさん使うほどお得になっていく仕組みで、平均的な4~5人家族では年間1万円以上の節約になります。

イデックスでんきは九州電力の送電網を使って電気を供給するため、乗り換えても電気の質が低下したり停電が増えるといった心配もなく電気代を今より確実に安くできるということです。

イデックスでんき4つのメリット

イデックスでんきの料金プランを確認したところで、イデックスでんきをおすすめできる理由を4つのメリットからまとめました。

メリット1:今までより必ず安くなる
メリット2:さらに割引・特典が付いてくる
メリット3:違約金なし
メリット4:キャッシュレス決済でポイント還元が受けられる

1.必ず安くなる

料金プランのところでも触れましたが、イデックスでんきはどんな方でも必ず九州電力より安くすることができます。

「新電力って安くなるものだから当たり前でしょ?」と思うかもしれませんが、実は決して当たり前のことではないのです。

電力会社の中にはある程度電気を使わないと割高になったり、特典やサービスが付く代わりに電気代が高くなっているところもあるんです。

どんな方でも確実に電気料金を安くすることができるというのは、分かりづらい電力自由化の世界では大きな安心材料になります。

これがイデックスでんきの1つ目のメリットです。

2.特典・割引が付いてくる

イデックスでんきのメリット2つ目は、電気料金が安くなる以外にも独自の特典や割引がついてくることです。

dポイントが貯まる

イデックスでんきでは2019年10月から新たに、電気代の支払いでdポイントが貯まるサービスを開始しました。

ポイント還元率
電気代100円=1ポイント

毎月支払う電気代で自動的にポイントが貯まっていくということになります。

イデックスでんきに申し込み後、Myページからポイントカードを登録することでポイントの付与が開始されます。

九州地方でdポイントを貯められる電力会社はイデックスでんきのみなので、dポイントをお得に貯めたい方にはもってこいですね。

OkiDokiポイントが貯まる

イデックスのカードである「イデックスクラブポイントカード」で電気料金を支払うことで、OkiDokiポイントを通常より多く貯められる特典があります。

イデックスクラブポイントカードのポイントは通常1,000円で1ポイントが貯まるようになっていますが、

●電気料金のみをイデックスクラブポイントカードで支払い
通常の2倍貯まる

●電気料金とガソリン給油の両方をイデックスクラブポイントカードで支払い
通常の3倍貯まる

貯まったOkiDokiポイントはnanacoポイントやJCBのギフトカードなどと交換できます。

3つの割引

以下の条件を満たす場合にはさらに割引が受けられるというメリットがあります。

1.カード決済割引

イデックスクラブポイントカード、イデックスクラブカードで電気料金を支払うと、毎月の電気料金から54円が割り引かれます。

2.契約継続割引

一年間契約を継続した場合、一年満了後とに満了翌月の電気料金から500円が割り引かれます。

2年目以降も毎年割引が続きます。

3.ペーパーレス割引

今まで電気料金の請求は紙の明細(検針票)で届いていましたが、イデックスでんきではマイページから電気料金や電気の使用量を確認できるようになります。

そこで毎月届いていた紙の明細の郵送を不要とした場合は毎月の電気料金から54円が割り引かれます。

3.解約に違約金なし

イデックスでんきの契約期間は1年間ですが、契約期間内に解約しても違約金や解約金はかかりません。

違約金がないということは、いつでも無料で解約できるということ。

つまりどれくらい安くなるかお試し感覚で申し込めるということなんです。

●年間の契約期間で、解約には○万円の違約金などはスマホやネットの契約でこりごりですよね。

電力会社の中にも高額な違約金を請求してくるところもあるので、イデックスでんきの違約金0円は利用者にとって大きなメリットになります。

4.クレジットカード支払いで5%還元

イデックスでんきのメリット4つ目は、10月からの消費増税に合わせて導入されるキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているということです。

これはイデックスのカード以外のクレジットカードにも対応していて、決済額(支払った電気料金)の5%がポイントの形で還元される仕組みになっています。

単純にポイントを貯められるだけでなく、大手電力会社を利用していた場合ではそのまま負担増になっていた消費増税分を打ち消すことができるという意味でもメリットになるんです。

ポイント付与でさらにお得!イデックスでんき

選ばれている理由
●年間10,000円以上お得になる人多数!
●初期費用・解約金・違約金0円!
●電気代の支払いでdポイントが貯まる!

これから冬にかけて電気をたくさん使いがちなので、乗り換えは早ければ早いほどお得!

契約期間の縛りがなく初期費用・解約金も0円なので、気になる方はお試し感覚で申し込んでもOKですよ。

さらに今なら、もれなくdポイント1,000ポイントプレゼント中!

イデックスでんき唯一のデメリット

イデックスでんきには電気代が高くなったり、高額な違約金を請求されるなどの致命的なデメリットはありませんでした。

ただ、一つだけ注意すべき点があったので紹介しておきます。

九州以外への引っ越しの場合は契約ができない

イデックスでんきは九州電力エリアのみに電気を供給しているため、九州以外に引っ越しをする場合は契約ができなくなってしまいます。

電力会社の中には全国で電気を提供しているところもあるので、イデックスでんきの供給エリアの狭さは人によってはデメリットになってしまうかもしれませんね。

イデックスでんきの口コミ・評判

実際にイデックスでんきに切り替えたという方の口コミ・評判を見てみましょう。

九州電力から切り替えて、電気料金を安く抑えられたという口コミ・評判が多かったです。

先ほども書きましたが、イデックスでんきは必ず九州電力より安くなるように設定されているため、どんな方でも確実にお得になることができます。

特に電気をたくさん使うほど安くなっていくので、シミュレーションでも見た通り実際に年間に数千円の節約になっているようでした。

現在実施中のキャンペーン

イデックスでんきでは、11月30日までにイデックスでんきを契約し、1月15日までにdポイントカードを登録した方にもれなくdポイント1000ポイントプレゼントを実施しています!

dポイント1,000ポイント贈呈キャンペーン

キャンペーン期間

2019年10月1日~2019年11月30日

条件

①2019年10月1日~2019年11月30日までの間にイデックスでんきに申し込む

②2020年1月15日までにdポイントカードを登録する

特典内容

dポイント1000ポイント付与

※ポイントは2020年3月以降順次付与されます。

※すでにイデックスでんきを契約している方でも、2020年1月15日までにdポイントカードを登録した方はポイント付与の対象になります。

イデックスでんきに申し込む前の確認事項

イデックスでんきに申し込む前に確認したい内容をまとめました。

供給エリア

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

※離島を除く

一括受電契約は対象外

供給エリア内ならマンションやアパート、賃貸などの集合住宅に住んでいる方も契約可能ですが、建物全体で「高圧一括受電契約」をしている場合は利用できません。

お手元の検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアの欄が6kVA以上の場合は一括受電契約となっています。

また、建物に大きな高圧受電盤が置いてある場合も一括受電契約をしています。

わからない場合は大家さんや管理会社に聞いてみましょう。

明細の確認方法

紙の請求書か、マイページから確認できます。

紙の請求書:毎月15日前後に届く
マイページ:毎月13日前後に確定

ちなみにマイページからは月別、日別、時間毎に電気使用量をグラフで確認できます。

問い合わせ・電話番号

停電などの不具合が発生した場合、イデックスでんきのコールセンターに問い合わせします。

イデックスでんきコールセンター:0120-68-0313
営業時間:9:00~17:00

※上記時間外は九州電力送配電コールセンター(0120-986-306)に連絡

その他問い合わせは公式HPのお問合せフォームから行います。

引き落とし日・支払い方法

口座振替の場合、毎月23日に引き落としになります(土日祝日を挟む場合は翌営業日)。

支払い方法は口座振替またはクレジットカードです。

申し込み方法

公式HP、または電話申し込み、申込用紙での申込ができます。

電源構成

再生可能エネルギー、火力発電、電力会社電源、市場

まとめ

いかがでしたか?

イデックスでんきは九州電力より確実に安くなるので、電気についてあまり詳しくない方や初めて電気を切り替える方にも安心しておすすめできる新電力です。

解約金や違約金もないので、少しでも気になった方は試しに申し込んでみるのもありですよ。

おすすめはイデックスでんき

イデックスでんきはどんな方が乗り換えても九州電力より確実に安くなります。

さらに、電気代の支払いでポイントが貯まったり、クレジットカード支払いでさらに電気代が割引になったりと利用者に嬉しいメリットも多いです。

また、今なら新規申し込みでdポイント1,000円分プレゼント実施中!

イデックスでんき公式サイト

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ