いちたかガスワンの評判は微妙で料金も複雑!|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/11/02

エネワンでんきは、北海道のガス会社「いちたかガスワン」が提供している新電力です。

ガス会社の新電力ということで、お得なセット割などはあるのか?気になるところですね。

●料金
●セット割
●シミュレーション結果

などなど、気になる情報をまとめました。

12月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

お得な新電力をお探しなら

基本料金0円・解約手数料0円に惹かれて「Looopでんき」に切り替えました。

シンプルな料金プランで、WEB申込み限定だからこそ出来る安さ。

毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、12月中の申し込みをおすすめします。

いちたかガスワンの料金

いちたかガスワンの家庭向けプランには様々なものがあり、どれも微妙に料金が違います。

それぞれのプランを北海道電力の従量電灯Bと比較して表にまとめました。

()内の赤や青の数字は差額を表しています。

どんな方に向いているかも簡単に説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エネワンLプラン

  エネワン北海道電力
基本
料金
10A324.80円
(-10円)
334.80円
15A487.20円
(-15円)
502.20円
20A649.60円
(-20円)
669.60円
30A974.40円
(-30円)
1,004.40円
40A1,299.20円
(-40円)
1,339.20円
50A1,624.00円
(-50円)
1,674.00円
60A1,948.80円
(-60円)
2,008.80円
従量
料金
~120kWh25.00円
(+1.46円)
23.54円
120~28027.00円
(-2.72円)
29.72円
280~29.00円
(-4.37円)
33.37円

エネワンLプランは一般的な使用量の方に向いているプランです。

一段階目の料金単価が北海道電力よりも高めに設定されているので、使用量が少ないと逆に割高になってしまいます。

月に400kWh以上使う方であれば、しっかりとお得感を実感できるでしょう。

シミュレーション例

【例1】30A契約で280kWh使用した場合

北海道電力⇒8,584円

エネワンでんき⇒8,294円

エネワンでんきの方が290円安い

【例2】40A契約で400kWh使用した場合

北海道電力⇒12,923円

エネワンでんき⇒12,099円

エネワンでんきの方が824円安い

【例3】40A契約で700kWh使用した場合

北海道電力⇒22,934円

エネワンでんき⇒20,799円

エネワンでんきの方が2,135円安い

エネワンLLプラン

  エネワン北海道電力
基本
料金
10A324.80円
(-10円)
334.80円
15A487.20円
(-15円)
502.20円
20A649.60円
(-20円)
669.60円
30A974.40円
(-30円)
1,004.40円
40A1,299.20円
(-40円)
1,339.20円
50A1,624.00円
(-50円)
1,674.00円
60A1,948.80円
(-60円)
2,008.80円
従量
料金
~120kWh27.00円
(+3.46円)
23.54円
120~28027.00円
(-2.72円)
29.72円
280~27.00円
(-6.37円)
33.37円

エネワンLLプランの従量料金は一律27円になっています。

三段階目の料金単価は北海道電力と比べると6.37円も安くなるので、電気使用量が多いほどお得になっていく仕組みですね。

電気をたくさん使う方であれば、かなり電気料金の削減が期待できるでしょう。

逆に使用量が少ない方は割高になってしまうので、きちんと自分の使用量を把握しておく必要があります。

シミュレーション例

【例1】30A契約で280kWh使用した場合

北海道電力⇒8,584円

エネワンでんき⇒8,534円

エネワンでんきの方が50円安い

【例2】40A契約で400kWh使用した場合

北海道電力⇒12,923円

エネワンでんき⇒12,099円

エネワンでんきの方が824円安い

【例3】40A契約で700kWh使用した場合

北海道電力⇒22,934円

エネワンでんき⇒20,199円

エネワンでんきの方が2,735円安い

エネワンスタンダード

  エネワン北海道電力
基本
料金
20A666.20円
(-3.4円)
669.60円
30A974.40円
(-30円)
1,004.40円
40A1,299.20円
(-40円)
1,339.20円
50A1,624.00円
(-50円)
1,674.00円
60A1,948.80円
(-60円)
2,008.80円
従量
料金
~120kWh20A
⇒23.42円
(-0.12円)

30A以上
⇒22.83円
(-0.71円)
23.54円
120~28020A
⇒29.57円
(-0.15円)

30A以上
⇒28.82円
(-0.9円)
29.72円
280~20A
⇒33.20円
(-0.17円)

30A以上
⇒32.36円
(-1.01円)
33.37円

エネワンスタンダードは20A以上から契約ができ、契約アンペアによって料金が違うという特徴があります。

使用量に関わらずお得にはなりますが、割引額はかなり小さいです。

電気料金だけで見れば、正直ほとんどメリットはないでしょう。

シミュレーション例

【例1】30A契約で280kWh使用した場合

北海道電力⇒8,584円

エネワンでんき⇒8,325円

エネワンでんきの方が259円安い

【例2】40A契約で400kWh使用した場合

北海道電力⇒12,923円

エネワンでんき⇒12,533円

エネワンでんきの方が390円安い

【例3】40A契約で700kWh使用した場合

北海道電力⇒22,934円

エネワンでんき⇒22,241円

エネワンでんきの方が693円安い

いちたかゴールド

  エネワン北海道電力
基本
料金
20A662.90円
(-6.7円)
669.60円
30A954.10円
(-50.3円)
1,004.40円
40A1,272.20円
(-67円)
1,339.20円
50A1,590.30円
(-83.7円)
1,674.00円
60A1,908.30円
(-100.5円)
2,008.80円
従量
料金
~120kWh20A
⇒23.30円
(-0.24円)

30A以上
⇒22.36円
(-1.18円)
23.54円
120~28020A
⇒29.42円
(-0.3円)

30A以上
⇒28.23円
(-1.49円)
29.72円
280~20A
⇒33.03円
(-0.34円)

30A以上
⇒31.70円
(-1.67円)
33.37円

いちたかゴールドは、いちたかガスワンのLPガスまたは灯油と併用することが条件のプランです。

こちらも20Aと30A以上で料金が違いますね。

エネワンスタンダードと比べると多少安くなってはいますが、セット契約の割にはあまりお得にならないという印象です。

シミュレーション例

【例1】30A契約で280kWh使用した場合

北海道電力⇒8,584円

エネワンでんき⇒8,154円

エネワンでんきの方が430円安い

【例2】40A契約で400kWh使用した場合

北海道電力⇒12,923円

エネワンでんき⇒12,276円

エネワンでんきの方が647円安い

【例3】40A契約で700kWh使用した場合

北海道電力⇒22,934円

エネワンでんき⇒21,786円

エネワンでんきの方が1,148円安い

いちたかプラチナ

  エネワン北海道電力
基本
料金
20A659.50円
(-10.1円)
669.60円
30A934.00円
(-70.4円)
1,004.40円
40A1,245.40円
(-93.8円)
1,339.20円
50A1,556.80円
(-117.2円)
1,674.00円
60A1,868.10円
(-140.7円)
2,008.80円
従量
料金
~120kWh20A
⇒23.18円
(-0.36円)

30A以上
⇒21.89円
(-1.65円)
23.54円
120~28020A
⇒29.27円
(-0.45円)

30A以上
⇒27.63円
(-2.09円)
29.72円
280~20A
⇒32.86円
(-0.51円)

30A以上
⇒31.03円
(-2.34円)
33.37円

いちたかゴールド同様、セット契約が条件のプランです。

いちたかプラチナを契約するには、以下のどちらかの条件を満たす必要があります。

●いちたかガスワンのLPガス+灯油+電気をセットで契約

●いちたかガスワンのLPガスを契約し、高効率ガス給湯器エコジョーズを暖房・給湯で利用

いちたかゴールドよりもさらに安い料金設定になってはいますが、それでも他の新電力と比べるとあまり安くありません。

現時点でガスや灯油の利用がある方ならいいかもしれませんが、そうでない方が割引目当てに契約するほどのメリットではないでしょう。

シミュレーション例

【例1】30A契約で280kWh使用した場合

北海道電力⇒8,584円

エネワンでんき⇒7,981円

エネワンでんきの方が603円安い

【例2】40A契約で400kWh使用した場合

北海道電力⇒12,923円

エネワンでんき⇒12,016円

エネワンでんきの方が907円安い

【例3】40A契約で700kWh使用した場合

北海道電力⇒22,934円

エネワンでんき⇒21,325円

エネワンでんきの方が1,609円安い

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も、毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2018年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、12月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

12月中の申し込みをおすすめします。

いちたかガスワンのメリット

いちたかガスワンのメリットをまとめました。

自分の使用スタイルに合わせてプランを選べる

いちたかガスワンには様々なプランがあるので、自分にぴったりなプランを選ぶことができます。

少し複雑でも自分で好きなプランを選びたいという方にはおすすめです。

ガスや灯油とのセット割がある

LPガスや灯油と一緒に利用すると、いちたかゴールドやいちたかプラチナなどの少し安い料金プランを適用させることができます。

現時点でいちたかガスワンのLPガスや灯油を利用しているという方には向いているでしょう。

ただし、使用量によってはエネワンLLプランなどの方がお得になるケースもあるので注意しましょう。

いちたかガスワンのデメリット

メリットだけでなく、デメリットもしっかりと確認しておきましょう。

あまり安くならないプランもある

エネワンLプラン、エネワンLLプランは使用量が多い方であればかなり安くなります。

しかし、エネワンスタンダード、いちたかゴールド、いちたかプラチナの割引率は微妙としか言いようがありません。

電気料金の削減を第一目的とするのであれば、他の新電力を検討することをおすすめします。

プランが複雑でわかりにくい

プランが多いのはメリットとも言えますが、複雑でわかりにくい、どれを選べばいいかわからないという点ではデメリットでもあります。

毎月の使用量をきちんと把握している方であればいいかもしれませんが、面倒なことが苦手という方には混乱のもとになってしまいます。

解約金・違約金がかかる

いちたかガスワンの契約期間は1年間で、1年未満に解約をすると3,240円の解約金がかかってしまいます。

解約金0円という新電力も多いので、これはデメリットと言わざるを得ないですね。

いちたかガスワンの基本情報

申し込み前に押さえておきたい基本的な情報をまとめました。

提供エリア

北海道電力エリア

申し込み方法

WEBの申し込みフォームから可能

支払い方法

クレジットカード

使用可能なクレジットカード

・JCB
・VISA
・MasterCard
・Diners
・AmericanExpress

いちたかガスワンの口コミ・評判

ツイッターを調べてみましたが、紹介できそうな口コミは見つかりませんでした。

見つけ次第追加していこうと思います。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、12月中の申し込みをおすすめします。

さらに、今申し込めば3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

まとめ

とにかく電気をたくさん使うという方であれば、エネワンLLプランに切り替えることでかなりの電気代削減が期待できます。

しかし、あまり電気を使わない方やセット割での大幅な割引を期待する方には正直向いていません。

1年未満の解約では3,240円の解約金がかかってしまうので、自身の使用量をきちんと把握して、お得になるかどうかわかった上で申し込むといいでしょう。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

11月30日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

11月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

エネワンでんき(いちたかガスワン)の料金・評判について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。