HTBエナジーは電気代が安くなると評判!申し込み前の全情報まとめ

旅行会社HISのグループ企業であるHTBエナジーは電気代がかなり安くなると評判でおすすめです。

HTBエナジーでは2019年9月26日と11月1日に新しいプランが登場したのですが、その新プランは従来の電力会社を基準に安くなるように設定されているので、一人暮らしの人から大家族までどんな人でも電気代を安くすることができます。

実際にどのくらいお得なのか安さで人気がある電力会社のいくつかと比較してみたところ、HTBエナジーの料金は数ある電力会社の中でも最安値と言っても過言ではないほどの安さでした。

さらにHTBエナジーのガスサービスとのセット割があったり、毎日2時間ずつ無料になる「ママトクプラン」というお得なプランがあったりと、安さに力を入れています。

申し込み方法もたったの2手順でネットからサクッと申し込むことができて簡単です!

今回はそんなHTBエナジーの安さや口コミ・評判、申し込み前に確認すべき点や申し込み方法など、全情報をまとめたのでぜひ最後まで読んでみてください。

HTBエナジー(HISのでんき)とは

HTBエナジーの基本的な情報をまとめました。

●別名HISのでんき
●株式会社HISとハウステンボス株式会社のグループ会社
●供給エリアは全国(一部の離島を除く)
●JALマイルが貯まる
●ガスとのセット割でガス料金が100円引きになる
 ※東京ガスの供給エリア限定

HTBエナジーの電気のサービスのことを「たのしいでんき」、ガスのサービスのことを「まじめなガス」といいます。

HTBエナジーは旅行代理店のHISのグループ会社のため「HISのでんき」とも呼ばれていたり、旅行の回数に合わせて電気代が安くなるプランや旅行代金が割引になるようなサービスもあります。

旅行代金に応じて最大3,000円安くなるので、よくHISで旅行に行くという人にはピッタリです。

さらに電気代をHISのクレジットカードまたはSkywalker Cardで支払うことで、1,000円ごとにJALマイルを貯めることもできます。

毎月の電気代からコツコツとJALマイルを貯められるので、普段からJALマイルを集めているという人にも向いている電力会社です。

※HTBエナジーから分裂してできたニチデンという電力会社もありますが、今回はHTBエナジーのみ紹介していきます。

HTBエナジーのお得なプランで料金が安くなる!

HTBエナジーはどんな人でも電気代が安くなるうえに、他の電力会社と比べてもかなりお得になるのでおすすめです。

ではどのくらいお得なのでしょうか。料金プランの仕組みなどから解説します。

まずHTBエナジーにはエリアごとのスタンダードなプランと、生活スタイルに合わせて選べる3つのプランがあります。

エリアごとのスタンダードなプランでは自分の今の契約アンペア数によって入るべきプランが決まっていて、生活スタイルに合わせて選べる3つのプランでは好みのプランを選ぶことができる仕組みです。

▼エリアごとのスタンダードなプラン

【北海道・東北・東京・中部・北陸・九州電力エリアの場合】
①ウルトラシリーズプラン
⇒20A,30A,40Aの人がお得になる
②プライムシリーズプラン
⇒50A,60Aの人がお得になる

【関西・四国・中国・沖縄電力エリアの場合】
・それぞれのエリアごとに「たこやきプラン」や「もみじプラン」などプラン名が違う
・電気の使用量に合わせてお得になる

▼生活スタイルに合わせて選べる3つのプラン

①ママトクプラン:1日のうち2時間が無料
⇒朝または夜に良く電気を使う人がお得になる

②HIS旅トクプラン:基本料金が最大で4ヵ月分無料
⇒HISでよく旅行に行く人がお得になる

③MUSUBIプラン:電気代はそのままで電気代から4.5%相当が募金される
⇒募金したい人向け

プランの概要が分かったとこで、それぞれどのくらいお得なのかを説明します。

他社と比べても最安値!エリアごとのプラン

エリアごとのプランがどれほどお得か確かめるために他の電力会社と比較したところ、安いことで人気な電力会社よりもHTBエナジーの方がお得になりました!

まずは【北海道・東北・東京・中部・北陸・九州電力エリアの場合】の話をします。

HTBエナジーで電気代がどのくらいお得になるのか、例として東京電力からHTBエナジーに切り替えた場合の年間の節約額をシミュレーションしてまとめてみました。

【】内は契約アンペア数と電気の使用量になっています。

●一人暮らし【30A/120kWh】
⇒年間で1,932円お得になる

●二人暮らし【40A/300kWh】
⇒年間で7,944円お得になる

●三人暮らし【40A/450kWh】
⇒年間で12,336円お得になる

●四人暮らし【50A/500kWh】
⇒年間で26,532円お得になる

一人暮らしでも年間で2,000円近くの節約になり、四人暮らしならなんと年間で2万6千円以上もの節約になりました!

三人暮らしや四人暮らしなど、電気をたくさん使うほどお得になっています。

これがどれほどの安さなのか?をわかりやすく説明するために、いくつかの電力会社と比べてみます。

電気代が安くなることで人気なENEOSでんき、Looopでんきで、1ヵ月間の電気代を計算して比較してみました。

※()内は東京電力との差額となっています。

 HTB
エナジー
ENEOS
でんき
Looop
でんき
一人暮らし3,081円
(-161円)
3,243円
(-0円)
3,168円
(-75円)
二人暮らし7,633円
(-662円)
7,946円
(-349円)
7,920円
(-376円)
三人暮らし11,853円
(-1,028円)
11,879円
(-1,002円)
11,880円
(-1,001円)
四人暮らし12,485円
(-2,211円)
13,476円
(-1,219円)
13,200円
(-1,496円)

このように安いと言われている電力会社と比べてもHTBエナジーの方が安くなるので、数ある電力会社の中でも最安水準といっても過言ではないでしょう!

一人暮らしなどのあまり電気を使わない人の場合、数10円または全く安くならない他の電力会社に比べてHTBエナジーは161円節約することができます。

これは、一人暮らしや電気の使用量が少ない人向けのウルトラシリーズプランは従来の電力会社を基準に2~8%安くなるように設定されているからです。

例えば東京電力で30Aの場合HTBエナジーに切り替えることで一律5%安くなり、このことは評判でも人気を集めています。

四人暮らしなどの電気をたくさん使う人の場合、電気代の比較結果では他の電力会社よりもHTBエナジーの方が2倍近くお得になりました。

電気をたくさん使う人向けのプライムシリーズプランでは、契約アンペア数で決まる基本料金が半額になり電気を使った分だけかかる従量料金は一律です。

基本料金が半額になるということはその分電気代が浮き、従量料金が一律ということは電気をたくさん使っても一定のお得さで使い続けられるということなので、電気をたくさん使うほどお得になるということなんです。

次に【関西・四国・中国・沖縄電力エリアの場合】ですが、このエリアには契約アンペア数がありません。

そのため、関西電力エリアで電気をあまり使わない人は「たこやきプラン・シングル」、電気をたくさん使う人は「たこやきプラン・ファミリー」というように電気の使用量によってお得なプランが決まっています。

このエリアのプランは最大で6%安くなるような料金設定になっていて、一人暮らしから大人数で住んでいる人までどんな場合でも電気代がお得になります。

実際に電気代が1,000円安くなったという評判も見つかりました。

毎月1,000円安くなるということは年間で1万円以上節約できるということです。

このようにどのエリアでも電気代を安くすることができますし、他の電力会社と比べてもお得なので電気代をとにかく安くしたいという人はHTBエナジーをおすすめします!

\電気代が高くなる冬が来る前に/
HTBエナジーで電気代をお得に!

選ばれている理由
●誰でも必ず!電気代が安くなる
●他の電力会社と比べても最安水準!
●年間20,000円以上の節約も可能
●毎日2時間無料になるプランがある

申し込み方法もとても簡単です。

右上のmenuの「今すぐお申し込み」またはスクロールすれば下に申し込みボタンが出てきくるので、そこから必要事項を入力するだけでOK!

誰でも電気代が安くなるうえに他の電力会社と比べてもかなりお得になるので、電気代をとにかく安くしたい人にピッタリです。

HISのでんき=HTBエナジーのことです

生活スタイルに合わせて選べる3つのプラン

3つの特別なプランでは、自分の生活スタイルなどに合わせて好きなプランを選ぶことができます。

①ママトクプラン
⇒日中は家にいない、電気をたくさん使う人向き
 割引:毎日2時間の電気代がタダになる

下記の3つのうち電気をよく使う時間帯を1つ選んで、その時間帯の電気代をまるまる無料にすることができます。

朝ママトクプラン:朝6時~8時
ママトクプラン:夜7時~9時
ミッドナイトママトクプラン:夜10時~12時

この2時間以外の時間でも、電気の使用量によってかかる従量料金は従来の電力会社より5%安くなっています。

指定時間内は無料、それ以外は5%OFFで電気を使うことができるのでママトクプランはとてもお得なプランです。

例えば家族全員日中は家を空けていることが多く、朝または夜にテレビや洗濯機、エアコンなどで電気をたくさんつかう人が向いているプランです。

名前にママと付いていますが、ママでなくても夜10時~12時はだいたいいつもゲームをしている人がミッドナイトママトクプランにすることで、ゲームをしている間の電気代を無料にすることもできます。

実際どのくらいお得になるのか、例として私の家族でシミュレーションをしてみました。

私の両親は2人暮らしで、下記のような生活をしています。

・父:朝から夕方まで仕事で家にいない
・母:午前中から夕方までパートや買い物で家を空けることが多い

電気の使用状況をグラフにするとこのようになります。

電気の使用状況のグラフ

20時~24時にかけてたくさん電気を使うため、ミッドナイトママトクプランが該当しますね。

1ヵ月間同様の生活スタイルで過ごした場合の、東京電力での電気代とHTBエナジーママトクプランでの電気代を計算してみると…

▶東京電力:8,754円
▶HTBエナジー:8,191円
【差額】1ヵ月間:563円 / 1年間:6,756円

HTBエナジーのママトクプランなら年間で7,000円近くも節約できる結果になりました!

両親は普段から電気をあまり使わない生活をしているので、上記の電気代よりも高いような場合はもっとお得になるでしょう。

ただ従量料金が安い分、基本料金は今の2倍の設定です。

そのため電気を使う時間を考慮しないとあまりお得にならない場合もあるので注意しましょう。

②HIS旅トクプラン
⇒東京電力エリア限定、40~60Aの人が対象で電気をたくさん使う人向き
 割引:旅行の回数に合わせて基本料金が最大で4ヵ月分無料になる

この旅トクプランは、HISが販売する海外ツアー、海外航空券、宿泊を伴う国内ツアーに行った月の基本料金が最大4回まで無料になります。

エリアごとの一般的なプランと比べたらあまり安くはなりませんが、HISでよく旅行に行くという人にはおすすめです。

③MUSUBIプラン
⇒電気代は今のままでその内4.5%相当が寄付される
 寄付先:人身売買を阻止するための団体/学校に通えない子ども達のための学校を作る団体

このように、一般的な料金プランだけでなく選べるお得なプランもあるので、気になる人は検討してみてください。

HTBエナジーの申し込みから供給まで

▶申し込み方法:WEB申し込みのみ
▶支払い方法:クレジットカード払い、口座振替

HTBエナジーへの申し込み方法はWEBからのみで、初めて切り替える人でもとても簡単に申し込むことができます。

今使っている電力会社に解約の連絡をしなくても、HTBエナジーが解約してくれるので特に何もしなくても大丈夫です。

引っ越し先で新規に申し込む場合は、事前に今利用している電力会社に解約の連絡を入れる必要があるので切り替え前に忘れずに解約しましょう。

またマンションやアパートなどの集合住宅の場合、大家さんが一括で電気を契約してる場合を除いて申し込むことができるので、心配な人は一度大家さんに確認してみてください。

申し込み手順はコチラ。

電気の検針票を用意する
 ⇓
WEBサイトから必要事項を入力して申し込む

※公式サイトの右上の三本線「menu」の中、又はスクロールしたら「今すぐお申し込み」ボタンが出てきます。

この2つで申し込み手続きは完了です!

申し込みが問題なく完了すれば、申し込みの時に入力したメールアドレスに供給開始予定日の連絡がきます。

検針日を目安に切り替わるので、申し込みから1~2ヵ月前後かかります

スマートメーターという機械が設置されていない場合は設置工事が行われますが、原則無料・立ち合い不要・停電なしで行われるので安心してください。

▼申し込み前の注意点2つ

①料金プランや契約アンペア数を変更する際に料金が発生する場合がある

日常で停電が良く起きて困っているという人は、今の契約アンペア数が低い可能性が高いです。

電力会社にお願いをして契約アンペア数を高くしてもらうことで停電を減らせますが、HTBエナジーで契約アンペア数の変更を行うとプランによっては手数料がかかってしまうことがあります。

停電で困っているという人は事前に契約アンペア数を変更しておきましょう。

②HTBエナジーの電気「たのしいでんき」とガス「まじめなガス」を同時に申し込むことはできない

「まじめなガス」に申し込みたい場合は、電気の供給が開始されてから申し込むことができるようになります。

\電気代が高くなる冬が来る前に/
HTBエナジーで電気代をお得に!

選ばれている理由
●誰でも必ず!電気代が安くなる
●他の電力会社と比べても最安水準!
●年間20,000円以上の節約も可能
●毎日2時間無料になるプランがある

申し込み方法もとても簡単です。

右上のmenuの「今すぐお申し込み」またはスクロールすれば下に申し込みボタンが出てきくるので、そこから必要事項を入力するだけでOK!

誰でも電気代が安くなるうえに他の電力会社と比べてもかなりお得になるので、電気代をとにかく安くしたい人にピッタリです。

HISのでんき=HTBエナジーのことです

HTBエナジーの確認事項まとめ

HTBエナジーに申し込む前に確認しておくべき点をまとめました。

停電が増えることはない

電力会社を初めて切り替える人の中に、「切り替えたから停電が増えてしまうのではないか」と思っている人もいると思います。

HTBエナジーの役割はあくまでも電気を販売することなので、電気の供給元や送配電網は今と全く変わりません。

つまり電力会社を切り替えることで、停電が増えたり暗くなったりというように電気の質が変わることは絶対ないということです。

契約期間や解約・違約金がある

1年間の契約期間があり、契約してから1年以内に解約すると違約金が2,000円かかります

これはHTBエナジーの大きなデメリットと言えますが、1年以上利用すればいつ解約しても違約金はかからないので、タイミングを考えて解約しましょう。

トラブルサポートは一部のプランのみ利用できる

HTBエナジーには「あんしんサポート365」というトラブルサポートがありますが、上で紹介した使用量が多い人向けのプライムシリーズの料金プランを契約している人のみが利用できます。

該当プランがない関西・中国・四国電力エリアは利用できません。

対応してくれるトラブルはコチラ。

【会員特別価格(有料)のサポート】
⇒トイレ・キッチン・洗濯機・家などのハウスクリーニング、障子や畳の張替えサービス、家事代行サービス、宅配クリーニング、電気・給湯器のトラブル、庭の剪定、害虫駆除など

【かけつけサポート】
※出張料・60分以内の作業料のみ無料
⇒トイレ・浴室・台所などの水廻りトラブル、建物や金庫や自動車の鍵トラブル・住宅ガラストラブル

【無料のサポート】
⇒在宅確認サポート

有料のものが多いため使いやすいサービスとは言い難いかもしれません。

会員価格というものが具体的にどのくらいかかるのか実際に電話をして確認したところ、現場を実際に見て立てた見積もりから一律30%OFFになるとのことでした。

中には無料で離れて暮らす家族の在宅を代わりに確認してくれる「在宅確認サポート」などのサービスもあるので、一部の人にとっては便利で都合の良いサービスとなるでしょう。

ただ電話で確認した時に、「このサービスはまだ準備中で今すぐに使うことはできない」と言っていたので覚えておいてください。

問い合わせは電話でできる

HTBエナジーについて分からないことがあれば、申し込み前に電話で確認しておきましょう。

HTBエナジーのお客さまセンターはコチラ。

▶HTBエナジーワンダーサポート
電話番号:050-3852-1193
受付時間:10時~18時(平日のみ)

電話になかなか出てくれなかったり対応が遅いという口コミをちらほらと見かけましたが、実際に私も何度か電話をしたりメールで質問をした際は、電話にはすぐ繋がりメールも翌日には返信が来ました。

電話の対応も丁寧でしたし、サービスが改善されているのかもしれませんね。

なかなか繋がらないという人は、電話の時間をずらして試してみてください。

また、ウォーターサーバーの営業電話がかかってくることがあるといった口コミも見かけました。

HTBエナジーには「プレミアムウォーター」というサービスがありますが、これは有料のサービスなので必要ない場合ははっきりと断りましょう。

口コミや評判は一部の人の声で全員に当てはまるとは限らないので、頭の片隅にでも入れておいてください。

まとめ

最後まで読んでくださってありがとうございます。

HTBエナジーの新しい料金プランは誰でも必ず安くなるうえに他の電力会社と比較しても安いので、電気代をとにかく安くしたいという人はHTBエナジーがおすすめです!

エリアごとのプランはもちろん、ママトクプランやHIS旅トクプランもHTBエナジーならではのプランでお得になるので、気になった人はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ