北海道電力エリアで安くておすすめな電力会社ランキング!【20社比較】

評価:5.00 - 5件の票数

電気料金の高い北海道だからこそ、安い新電力に切り替えるのはとても大事なこと。

今回は北海道で利用できる新電力20社の料金を比較し、おすすめの新電力をランキング形式でまとめました。

サクッと読める内容になっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

5月限定!業界唯一最大30,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2019年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も、毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、現時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

もし1ヶ月試してみて思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい方へ

5月限定でLooopでんきに乗り換えると最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

キャッシュバックが付くということは、その分電気代を節約したのと同じ。

Looopでんきは人気なので、切り替え手続きが混み合う場合があります。

切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

結論!北海道電力エリアで安くておすすめ新電力TOP3

様々な要素を比較して、総合的におすすめな新電力会社をまとめました。

詳しくは順を追って説明していきますが、まずはランキングをご覧ください。

1位:Looopでんき

1位に選んだ理由

  • 基本料金が0円
  • 解約金・違約金、乗換手数料が0円
  • どれだけ使っても料金が一律
  • 料金やプランがシンプルでわかりやすい
  • 契約期間の縛りがない
  • 利用者からの評判がいい
  • 4月中限定で30,000円キャッシュバックが受け取れる
  • 1位はこのようにメリットが圧倒的に多いLooopでんきを選びました。

    Looopでんきの一番のメリットは基本料金・解約違約金・契約手数料が0円のところ。

    特に基本料金が0円ということは、それだけで毎月1,000円~が浮くということ。

    基本料金が高い北海道では特に嬉しいシステムですね。

    また一般に使用量が増えるほど高額になる従量料金が一律なので、たくさん使えば使うほどお得になります。

    一方で電気使用量が少ない方でも、基本料金が0円なのでお得になるように設定されています。

    具体的にイメージできるように、シミュレーションしてみました。

    ●150kWh使用した場合
    北海道電力⇒5,055円
    Looopでんき⇒4,350円(-705円)

    ●400kWh使用した場合
    北海道電力⇒12,924円
    Looopでんき⇒11,600円(-1,324円)

    ●700kWh使用した場合
    北海道電力⇒22,935円
    Looopでんき⇒20,300円(-2,635円)

    電気をたくさん使うほど割引額は大きくなりますし、あまり使わない方でも月に700円以上も節約できるのが分かりますね。

    さらに注目すべきは、契約期間の縛りや解約金・乗換手数料が一切ないということ。

    つまり、どれくらい安くなるかお試し感覚で乗り換えることもできるということなんです。

    これが非常に好評で、実際に当サイトにお越しの方からも、試しに乗り換えて安くなったという声がたくさん寄せられています。

    「月々の料金が800円~1,000円安くなった!」
    「こんなに簡単ならもっと早く切り替えておけばよかった」

    などなど、たくさんのお礼のメールをいただき、私もうれしいです。

    もし思ったより安くならなければ、1か月で元の電力会社に戻せばいい話ですしね(もちろん無料で戻せます)。

    私もLooopでんきを使い始めて1年が経ちましたが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

    しかもLooopでんきにWEB窓口から申し込めば、5月限定で最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じ。

    電気の乗り換えでキャッシュバックを受け取れる機会はそうそうないので、乗り換えるなら絶好のチャンスだと思います。

    下記窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    2位:ミツウロコでんき

    2位に選んだ理由

  • 電気をたくさん使う人ほどお得になる
  • 120kWh以上の料金は最安水準
  • 使用量が少ない人向けのプランもある
  • 解約金・違約金、乗換手数料が0円
  • 契約期間の縛りがない
  • 4月中限定で30,000円キャッシュバックが受け取れる
  • ミツウロコでんきは電気使用量が多い人ほどお得になる新電力です。

    特に、120kWh以上使う場合の従量料金は今回ピックアップした20社の中でも最安水準です。

    120kWhというのは、だいたい毎月の電気代が4,000円以上の計算になるので、ほとんどの方がこれに該当するでしょう。

    また、「シングル応援プラン」という使用量が少ない方向けのプランもあるので、電気をあまり使わない方でも割高になることがありません。

    さらに、契約期間の縛りや解約金、契約手数料がないので、どれくらい安くなるかお試し感覚で乗り換えられるというのも大きなメリットです。

    Looopでんきと同様、WEB申し込みで5月限定最大30,000円のキャッシュバックが受け取れるのもおすすめポイントです。

    下記窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    3位:HTBエナジー

    基本料金、従量料金が一律5%割引のHTBエナジー。

    電気をたくさん使う人も、あまり使わない人も、みんながお得になるのがいいですね。

    今回シミュレーションに使ったのは、北海道電力の従量電灯Bに相当する「かにプラン」です。

    このプラン名は地域によって異なり、関西ではたこやきプラン、九州ではめんたいこプランになります(笑)

    かにプラン以外にも、朝や夜の2時間の間だけ従量料金が無料になるママトクコースなどもありますが、基本料金がかなり高くなるので要注意。

    オプションサービスも豊富にあるのも特徴ですが、人によってはあまり関係ないかもしれませんね。

    下記窓口の右上にある『お申し込み』ボタンから申し込みできます。

    まだ検討中という方へ

    本当に申し込んで大丈夫かわからない、結局どこにしたらいいかわからない…という方は、こちらの窓口でご相談がおススメです。

    あなたの生活スタイルや住んでいるエリアから、本当にその電力会社でお得になるのか、どれくらい安くなるのかを調べてくれます。

    また、より自分にぴったりな電力会社を探してくれたり、場合によっては今のままのほうがいいと教えてくれることもあります。

    強引な勧誘などもなくて安心ですし、まずは「本当に切り替えて大丈夫かな?安くなるのかな?」くらいの気持ちで問い合わせできます。

    以下の窓口から『エリアチェック』に必要事項を入力することで、詳しく確認してもらえます。

    北海道の電力会社の基本料金比較

    さてここでは具体的に、北海道電力エリアの電力会社を基本料金が安い順に並べてみました。

    北海道電力より金額が低いところを赤い字にしています。

    後ほど具体的な使用量を想定したシミュレーション結果を紹介しますので、ここはザッと目を通す程度でOKです。

    ※スマホでご覧の方は横にスライドできます。

    電力会社20A30A40A50A60A
    Looopでんき0円0円0円0円0円
    自然でんき0円0円0円0円0円
    はなカメくん電気439.86円659.79円879.72円1,099.65円1,319.58円
    エゾデン666.09円884.12円1,105.15円1,326.18円
    ハローG電力666.39円888.52円1,110.65円1,332.78円
    きらめきでんき666.39円888.52円1,110.65円1,332.78円
    HTBエナジー954.18円1,272.24円1,590.30円1,908.36円
    いちたかガスワン649.60円974.40円1,299.20円1,624.00円1,948.80円
    オカでん660.00円980.00円1,280.00円1,580.00円1,980.00円
    ENS1,004.00円1,339.00円1,674.00円2,008.00円
    ハルエネでんき1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    楽天エナジー1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    丸紅新電力1,004.40円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    ミツウロコでんき669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    J:COM669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    福島電力669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    auでんき669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    トドック電力669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    北ガスの電気669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円
    北海道電力669.60円1,004.40円1,339.20円1,674.00円2,008.80円

    Looopでんきの0円がかなり目立ちますね。

    北海道電力は東京電力などに比べて基本料金も高いので、Looopでんきの基本料金0円はかなり大きなメリットです。

    丸紅新電力の基本料金は「30A以下が1,004.40円」という料金設定なので、20Aで契約すると逆に北海道電力よりも高くなってしまいます。

    一応10Aから契約はできるようですが、30Aと同じ基本料金になってしまうので20A以下で契約する人はまずいないでしょう。

    北海道の電力会社の従量料金比較

    北海道電力
    ミツウロコでんき
    ~120kWh23.54円~120kWh24.54円
    120~28029.72円120~28026.90円
    280~33.37円280~29.81円
    楽天まちでんき
    HTBエナジー
    ~120kWh23.54円~120kWh22.37円
    120~28027.66円120~28028.24円
    280~30.03円280~31.71円
    北ガスの電気
    トドック電力
    ~120kWh22.83円~120kWh23.30円
    120~28028.82円120~28029.13円
    280~32.36円280~30.70円
    Looopでんき
    自然でんき
    一律29円一律31円
    エゾデン
    きらめきでんき
    一律27.15円一律27.29円
    はなカメくん電気
    ハローG電力
    一律27.01円一律27.29円
    ENS
    ハルエネでんき
    ~120kWh23.54円~120kWh23.54円
    120~28029.72円120~28029.72円
    280~33.37円280~33.37円
    丸紅新電力
    福島電力
    ~120kWh23.54円~120kWh22.83円
    120~28027.66円120~28028.83円
    280~30.03円280~32.37円
    (~30A)
    31.70円
    (40A~)
    オカでん
    いちたかガスワン
    ~120kWh23.42円~120kWh25円
    120~28028.83円120~28027円
    280~30.37円280~29円
    auでんき
    J:COM
    ~120kWh23.53円~120kWh北海道電力
    使用量
    ×0.5%
    120~28029.71円120~280北海道電力
    使用量
    ×1%
    280~33.36円280~北海道電力
    使用量
    ×10%

    Looopでんき、エゾデン、きらめきでんきが一律の料金体系で、それ以外は従来の段階料金ですね。

    一見Looopでんきが高く見えますが、基本料金が0円なので結果としては安くなります。

    2019年人気NO.1のLooopでんき

    Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

    基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

    私も、毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、現時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

    もし1ヶ月試してみて思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

    申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

    ※乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい方へ

    5月限定でLooopでんきに乗り換えると最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが付くということは、その分電気代を節約したのと同じ。

    Looopでんきは人気なので、切り替え手続きが混み合う場合があります。

    切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    北海道エリアで解約金・違約金がある電力会社は?

    解約時に解約金・違約金・解約手数料がかかるかどうか一覧表にまとめました。

    電力会社解約金
    Looopでんき
    0円
    自然でんき
    0円
    北ガスの電気
    0円
    オカでん
    0円
    トドック電力
    0円
    auでんき
    0円
    北海道電力
    0円
    丸紅新電力
    0円
    楽天まちでんき
    0円
    ミツウロコでんき0円
    はなカメくん電気
    2,000円
    きらめきでんき
    2,000円
    ハローG電力
    2,000円
    HTBエナジー
    2,160円
    エゾデン
    2,160円
    いちたかガスワン
    3,240円
    福島電力
    3,240円
    ENS
    5,400円
    ハルエネでんき9,800円
    J:COM
    ~20,000円

    半々の割合で分かれていますね。

    新電力の解約金は1,000円~2,000円程度が相場ですが、相場以上のところも意外と多いです。

    契約期間が満了すればいつでも無料で解約できるところがほとんどですが、できれば無料で解約したいところですよね。

    J:COMはセットで加入したネットやテレビなどの違約金が高額なことがあるので注意しましょう。

    北海道エリアでセット割がある電力会社は?

    セット割があるかどうかを一覧表にまとめました。

    電力会社セット割
    オカでん
    LPガス、灯油
    いちたかガスワン
    LPガス、水
    北ガスの電気
    ガス
    トドック電力
    灯油
    J:COM
    テレビ、ネット
    HTBエナジー
    旅行代金割引
    Looopでんき
    自然でんき
    auでんき
    北海道電力
    丸紅新電力
    楽天まちでんき
    ミツウロコでんき
    はなカメくん電気
    きらめきでんき
    ハローG電力
    エゾデン
    福島電力
    ENS
    ハルエネでんき

    やはりガス会社などはセット割をやっているところが多いですね。

    しかし、セット割が適用されるからといって必ずしもお得ではないこともあります。

    電気料金だけで安くなるところとセット割とあわせて総合的に安くなるところがあるので、どちらが自分に合っているのかをきちんと確認するようにしましょう。

    北海道エリアでポイントサービスがある電力会社は?

    ポイントサービスがあるかどうかを一覧表にまとめました。

    電力会社ポイント
    auでんき
    au WALLET ポイント
    北海道電力
    エネモールポイント
    エゾデン
    EZOCAポイント
    北ガスの電気
    北ガスポイント
    トドック電力
    コープポイント
    楽天まちでんき
    楽天ポイント
    HTBエナジー
    Hポイント
    オカでん
    いちたかガスワン
    J:COM
    Looopでんき
    自然でんき
    丸紅新電力
    ミツウロコでんき
    はなカメくん電気
    きらめきでんき
    ハローG電力
    福島電力
    ENS
    ハルエネでんき

    それぞれの会社独自のポイントが付与されるところがほとんどですね。

    ポイントによっては使い道があまりなかったりすることもあるので、きちんと使い道を把握した上で選ぶようにしましょう。

    2019年人気NO.1のLooopでんき

    Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

    基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

    私も、毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、現時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

    もし1ヶ月試してみて思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

    申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

    ※乗り換えでキャッシュバックを受け取りたい方へ

    5月限定でLooopでんきに乗り換えると最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが付くということは、その分電気代を節約したのと同じ。

    Looopでんきは人気なので、切り替え手続きが混み合う場合があります。

    切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    北海道の電力会社で1番安いのは?

    実際に月々の使用量を想定してシミュレーションしてみました。

    契約アンペアや電気の使用量によって結果は大きく変わるのであくまで参考程度にご覧ください。

    1~2人世帯・少なめの使用量

    ●30Aの契約で100kwh使用した場合

    ※料金の安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    Looopでんき
    2,900円
    自然でんき
    3,100円
    HTBエナジー
    3,191円
    福島電力
    3,287円
    北ガスの電気
    3,287円
    オカでん
    3,322円
    トドック電力
    3,334円
    J:COM
    3,347円
    auでんき
    3,357円
    北海道電力
    3,358円
    丸紅新電力
    3,358円
    楽天まちでんき
    3,358円
    ENS
    3,358円
    はなカメくん電気
    3,361円
    エゾデン
    3,381円
    きらめきでんき
    3,395円
    ハローG電力
    3,395円
    いちたかガスワン
    3,447円
    ミツウロコでんき3,458円
    ハルエネでんきプランなし

    以上のような結果になりました。

    2~3人世帯・平均的な使用量

    ●30Aの契約で300kwh使用した場合

    ※料金の安い順に並べました。

    電力会社電気料金
    Looopでんき8,700円
    はなカメくん電気8,762円
    HTBエナジー8,791円
    エゾデン8,811円
    ミツウロコでんき8,849円
    きらめきでんき8,853円
    ハローG電力8,853円
    丸紅新電力8,855円
    楽天エナジー8,855円
    いちたかガスワン8,874円
    北ガスの電気9,002円
    福島電力9,004円
    オカでん9,010円
    トドック電力9,075円
    J:COM9,123円
    auでんき9,248円
    北海道電力9,251円
    ENS9,251円
    自然でんき9,300円
    ハルエネでんきプランなし

    3~4人世帯・平均的な使用量

    ●40Aの契約で400kwh使用した場合

    ※料金の安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    Looopでんき
    11,600円
    はなカメくん電気11,683円
    エゾデン
    11,744円
    ハローG電力11,804円
    きらめきでんき
    11,805円
    いちたかガスワン12,099円
    ミツウロコでんき12,165円
    丸紅新電力
    12,193円
    楽天まちでんき
    12,193円
    HTBエナジー
    12,280円
    オカでん12,347円
    自然でんき12,400円
    J:COM12,461円
    トドック電力
    12,480円
    福島電力12,495円
    北ガスの電気
    12,573円
    auでんき12,919円
    ENS12,923円
    ハルエネでんき12,923円
    北海道電力
    12,923円

    3~4人世帯・多めの使用量

    ●40Aの契約で700kwh使用した場合

    ※料金の安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくんでんき
    19,786円
    エゾデン
    19,889円
    ハローG電力
    19,992円
    きらめきでんき
    19,992円
    Looopでんき
    20,300円
    いちたかガスワン
    20,799円
    ミツウロコでんき
    21,108円
    丸紅新電力
    21,202円
    楽天まちでんき
    21,202円
    オカでん
    21,459円
    J:COM
    21,471円
    トドック電力
    21,690円
    自然でんき
    21,700円
    HTBエナジー
    21,793円
    福島電力
    22,006円
    北ガスの電気
    22,281円
    auでんき
    22,927円
    ENS
    22,934円
    ハルエネでんき
    22,935円
    北海道電力
    22,935円

    以上のような結果になりました。

    4~5人世帯・かなり多めの使用量

    ●50Aの契約で800kwh使用した場合

    ※料金の安い順に並べました。

    電力会社月額料金
    はなカメくん電気22,708円
    エゾデン22,825円
    ハローG電力22,943円
    Looopでんき23,200円
    きらめきでんき23,431円
    いちたかガスワン24,024円
    ミツウロコでんき24,424円
    丸紅新電力24,540円
    楽天まちでんき24,540円
    オカでん24,796円
    自然でんき24,800円
    J:COM24,809円
    トドック電力25,095円
    HTBエナジー25,282円
    福島電力25,510円
    北ガスの電気25,852円
    auでんき26,474円
    北海道電力26,606円
    ENS26,606円
    ハルエネでんき26,606円

    以上のような結果になりました。

    2019年人気NO.1のLooopでんき

    Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや乗換手数料・解約金もありません。

    基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

    私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2019年5月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

    1ヶ月試してみてもし思ったより安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

    申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

    さらに、5月限定で下記窓口から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

    電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

    ※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

    ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

    いつ解約しても違約金もかからないですし、申し込みは5月中のお早めをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    その他それぞれの新電力の特徴

    では、冒頭で紹介したTOP3以外の新電力にはどんな特徴があるのかも簡単に紹介していきます。

    参考程度にご覧ください。

    北海道電力

    日本の一般送配電事業者の一つ。

    今までは当たり前に使っていた北海道電力ですが、新電力と比較してみると料金の高さが目立ちます。

    電気料金に関して言えば、北海道電力を使い続けるメリットはあまりないと言えるでしょう。

    北ガスの電気

    基本料金は北海道電力と変わりませんが、従量料金が全区分3%割引になっているので、切り替えることで割高になることはありません。

    さらに、北ガスグループの利用があると割引がプラスされるというメリットがあります。

    追加される割引は以下の通り。

    急騰・暖房・融雪割:1%
    急騰+暖房割:2%
    灯油セット割:2%
    マイホーム発電割:3%

    北ガスを利用している方であればメリットはありますが、総合的に見るとそこまでお得ではありません。

    きらめきでんき

    Looopでんきやエゾデンと同じく、一律の料金体系を採用しているきらめきでんき。

    基本料金も北海道電力と比べて安いのですが、安さでは一歩及びませんでした。

    電力使用量がwebで確認できるサービスもありますが、それ以外に目立った割引やサービスなどはありません。

    個人的にはシンプルで好印象ですが、人によっては物足りないと感じてしまうかもしれません。

    トドック電力

    トドック電力は、コープさっぽろのグループ会社。

    今回比較に用いたのはベーシックな「スタンダードプラン」ですが、100%再生可能エネルギーを利用したプランもあります。

    環境にやさしい分少しだけ料金設定は高めになっています。

    いずれにしても北海道電力より高くなることはないですが、削減額はあまり大きくありません。

    また、コープの灯油とのセット割を適用させると従量料金がさらに2%安くなります。

    楽天エナジーまちでんき

    電気使用量10kWhごとに楽天ポイントが1ポイント、さらに楽天カードで電気料金を支払うと100円ごとに1ポイントがたまります。

    たまった楽天ポイントは電気料金の支払いに使うこともできるので、楽天をよく利用するという方にはメリットが大きいでしょう。

    基本料金と120kWhまでの従量料金は北海道電力と同じなので、楽天も利用しない、電気もあまり使わないという方はほとんどお得になりません。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『楽天エナジーの「まちでんき」は高い!?評判まとめ』

    丸紅新電力

    楽天のまちでんきと料金設定はほぼ同じです。

    今回比較に用いた「プランS」は基本料金と120kWhまでの従量料金が北海道電力と同じなので、電気をたくさん使わないのであればメリットはほとんどないでしょう。

    また、丸紅新電力はスタジオジブリと共同で日本の原風景を守る活動をしています。

    電気料金の一部が森と緑の保全活動に充てられる「プランG」に契約すると、スタジオジブリの鳥獣戯画が描かれたオリジナルの一輪挿しがもらえるそうです。

    基本料金は北海道電力よりも高く、従量料金もプランSと比べて高いですが、環境の保全に少しでも貢献したいという方にはおすすめです。

    はなカメくん電気

    はなカメくん電気は、建設会社の亀井組が提供している新電力。

    マスコットキャラクターのはなカメくんもかわいいです。

    料金体系はハローG電力やきらめきでんきと似ていますが、それよりも安い料金が設定されています。

    ただし、1年間の契約期間の縛りがあり、1年未満に解約すると2,000円の違約金がかかってしまうので要注意。

    ハローG電力

    ハローG電力は静岡にある創業60年の歴史をもつ株式会社ハローGが提供している新電力です。

    最低料金も従量料金もきらめきでんきと同じでかなり安く、株式会社F-Powerと契約し電気を提供しています。

    解約金に関してもきらめきでんきと同じで、1年以内に契約を終了した場合は、解約違約金として2,160円が発生します。

    その他の割引サービスなどはありませんが、十分検討しても良い電力会社でしょう。

    いちたかガスワン

    いちたかガスワンは北海道札幌市に本社を置くエネルギー会社で、電気以外にもLPガスや灯油の販売をしています。

    ガスや灯油、ガス暖房などとセットで契約することで電気料金が割引になります。

    セット割が充実している反面、現時点でいちたかガスワンのサービスを利用していないという方にはあまりメリットがありません。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『エネワンでんき(いちたかガスワン)は料金が複雑で微妙!』

    ミツウロコでんき

    ちびまる子ちゃんでおなじみのミツウロコでんき。

    従量料金(1kWhあたりの料金単価)は比較的安いです。

    120kWh-300kWhの単価がとくに安いのが特徴です

    この他にも基本料金は変わらず、最初の120kwhまでの単価が安くなるプランも用意されているので、一人暮らしや電気使用量が少ない方にもおすすめできます。

    オカでん

    オカデンは全国に70店舗セルフスタンドを展開している電力会社です。

    提供エリア
    ・北海道、東北

    メリット
    ・LPガスの使用料金が20%
    ・灯油の価格が安くなる。
    ・期間限定3,000円分の商品券をプレゼント

    LPガスや灯油の割引はうれしいですが、料金はちょっと高めの設定なのが残念ですね

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『北海道電力エリアでお得?オカでんの料金やメリットまとめ』

    自然でんき

    基本料金0円、一律の料金体系という、Looopでんきと同じシステムを採用しています。

    自然でんきという名前から想像がつくように、環境にやさしい再生可能エネルギーを多く使用しています。

    また、月々の電気代の内50円分がCO2削減のための森林活動団体へ支援されるのも特徴的。

    ちなみに、自然でんきはソフトバンクのネットやスマホとのセット割はないので注意しましょう。

    J:COM

    テレビやネットなどのサービスとのセット割があり、JCOMの利用料が最大12,000円割引になるというメリットがあります。

    現時点でJCOMを利用いるという方にはいいですが、そうでない方にはあまり意味がないでしょう。

    ただし、JCOMのネットやケーブルテレビの料金は決して安い方ではないので、総合的に見るとあまりお得にはならない可能性があります。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『J-COM電力どうなの?電力セットのメリットや評判まとめ』

    福島電力

    300kWh以上使う方はすこしお得な福島電力。

    ただ、基本料金も高めですし、目立った割引サービスもありません。

    2018年に入ってからツイッターなどでも以下のような口コミがたくさん投稿されています。

    ●請求書が届かない
    ●高額請求がきた
    ●問い合わせが繋がらない

    など評判がよくありません。申し込み者が増えたことによるトラブルと言われていますが、状況が落ち着くまではおすすめはできませんね。

    また、40Aからしか契約ができないのも残念なポイントですね。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『契約者の怒り爆発!福島電力の評判がツイッターで大炎上!!』

    auでんき

    電気料金だけで言えばほとんどお得にはなりませんね。

    au WALLETプリペイドカードを持っていれば、月々の電気料金の1%~5%がポイントで還元されます。

    au WALLETカードをよく使うという方にはいいですが、そうでない方にはあまりメリットがありません。

    以前は2,000円の解約金がかかっていましたが、現在は期間限定で無料で解約ができます。

    無料期間終了日は未定のようなので、しばらくはこのまま無料で解約させてくれるでしょう。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『auでんきの料金は?キャッシュバックなどのメリットは?』

    ENS(イーネットワークシステムズ)

    ENS(イーネットワークシステムズ)は北海道エリアでのみ利用できる新電力で、丸紅新電力と提携しています。

    丸紅グループは水力、太陽光、バイオマス、天然ガスなど、様々な電源を保有しており、環境にやさしい再生可能エネルギーを多く使用しています。

    契約から1年以内の解約は5,400円の違約金がかかるので、1年以上使うという確信がある方以外にはあまりおすすめできません。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『ENS(イーネットワークシステムズ)をおすすめしない理由』

    ハルエネでんき

    正直微妙ですね。

    料金も特別やすいわけでもなく、契約時に発生する3780円の事務手数料。

    また、3年間の契約縛りがあり、期間内に解約すると3780円の解約事務手数料が発生します。

    まるで利用者を苦しめるインターネットの契約みたいです。

    地域創生プランなどを打ち出しているので、ちょっと残念ですね。

    詳しくはこちらの記事もご覧ください!
    『ハルエネでんきで「店舗・事務所」の電気代を5%カット』

    イーレックス電気

    イーレックス電気はバイオマス発電所を保有し、自然派エネルギーに力をいれています。

    電源構成だけ見れば、イメージも良いですが料金を比較してみると物足りない結果に…。

    詳しくは下記の記事を見て頂ければわかりますが、目立ったセット割引きなどのサービスがないのも残念なポイント。

    既存の電力会社よりは安くなりますが、電気をあまり使わない人は数十円しか安くならないと思っていいでしょう。

    契約事務手数料や解約時の違約金などもかからないところは良心的だと思いますが、今後のセット割りなどのサービスに期待したいですね。

    おすすめはLooopでんき

    Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

    おすすめの理由
    ●基本料金が0円
    ●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
    ●とにかく安い
    ●ブレーカーが落ちる心配がない
    ●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
    ●使用量がリアルタイムで把握できる
    ●トラブル時のサポートが充実!
    ●対応が良い
    ●契約者の評判が本当に良い

    今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

    下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
    ⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

    私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

    新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

    料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

    余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

    66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

    新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

    私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

    会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

    どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

    ※5月限定!最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます

    Looopでんきに申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが付くということは、その分電気料金を節約したのと同じ。

    Looopでんきは人気なので、申し込みが込み合う可能性があります。

    切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    まとめ

    いかがでしたか?

    北海道は電気料金が高い分、新電力への切り替えで得られるメリットも大きいですね。

    電気は生活するうえで欠かせないものなので、安い新電力に替えるなら早めの方が断然お得だと私は思っています。

    現に私も1年前にLooopでんきに切り替えていなければ、毎月約1,000円、1年で約12,000円も無駄にしていたのだと思うとゾッとします(笑)

    新電力でも電気の質などはこれまでと全く変わらないので、怖がらずに切り替えてしまうのがおすすめですよ!

    評価:5.00 - 5件の票数

    おすすめはLooopでんき

    自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

    公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

    心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

    5月期間限定で下記から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    期間限定!最大30,000円キャッシュバック

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    北海道電力エリアで安くておすすめな電力会社について紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。