【2020年最新】一人暮らしにおすすめの電力会社と選び方!電気代が安い5社比較

一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。

そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、各社の料金プランや割引内容などを細かく比較する必要があります。

結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「CDエナジー」「Looopでんき」「東京ガス」「関西電力」「シン・エナジー」の5社になります。

この記事ではこれらの一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。

電気の乗り換えを検討している一人暮らしのみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。

一人暮らしにおすすめの電力会社ランキングTOP5

一人暮らしで電気代が安くなるおすすめ電力会社TOP5を紹介します。

どんな点がおすすめか、どんな方におすすめかということもまとめてあるので、あわせてご覧ください。
電気の乗り換えは新しい電力会社にWEBから申し込むだけです。
現在の電力会社の解約は申込先の電力会社が代わりにやってくれます。

1位:CDエナジー

CDエナジー

提供エリア:東京電力エリア
おすすめポイント
・一人暮らし用のプランがある
・電気とガスをまとめるとエリア最安水準
・Amazonプライムが無料になる
・JCBギフト券最大10,000円分もらえる
こんな人におすすめ!
・電気をあまり使わない人
・電気もガスもお得にしたい人
・電気とガスをまとめて管理したい人
・Amazonプライムを利用しているor利用したい
一人暮らしの方に今最も安くておすすめなのがCDエナジー。

CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されています。

さらに首都圏ではガスの供給も行っていていて、電気とガスをセットで契約するとエリア最安水準の低価格で利用できるのが最大の魅力!

一人暮らしで電気をあまり使わない方では、電気代だけで節約できる額にはどうしても限界があります。

そこでCDエナジーでは電気とガスをセットで契約することで、電力会社単体で切り替えるより光熱費全体で大きくお得にすることができるのです。

電気だけでも相当安いですが、電気ガスをまとめるとさらにお得。電気もガスもお得にしたいという一人暮らしの方にピッタリの電力会社です。

さらに、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。

またCDエナジーは今回取り上げた電力会社の中で唯一キャッシュレス決済還元事業に参加していて、クレジットカードで電気ガス代を支払えば毎月5%が還元されます。

そして今なら新規申し込みで最大10,000円分のJCBギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。

10,000円分がもらえるということは、それだけ電気代を節約できたのと同じこと。

少しでもお得に乗り換えたいという方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです!

2位:Looopでんき

Looopでんき宣材画像

提供エリア:沖縄・離島を除く全国
おすすめポイント
・基本料金、最低料金が0円
・解約金、違約金が0円
・駆け付けサービスが無料(東京電力エリア限定)
・再生可能エネルギーを使用
こんな人におすすめ!
・家にあまりいない人
・環境に優しい電気を使いたい方
・30A以上で契約している人
・解約金や違約金を支払いたくない人
基本料金が0円のLooopでんき。

電気を使った分だけ料金を支払えばいいというシンプルさが魅力です。

特に基本料金0円は契約しているアンペアが大きい方や、一人暮らしでも月4,000円~5,000円程度になるなど電気を使う方に特に大きなメリットになります。

またLooopでんきは再生可能エネルギーを多く使っているのが特徴で、自然に優しい電気を使いたいという方にもおすすめ。

環境に配慮した電力会社は電気代が割高なところが多い中、Looopでんきは安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。

初期費用や解約金、違約金などの費用が一切かからないのも、Looopでんきが人気な理由です。

4月30日までの期間限定でQUOカードPay最大8,080円分もらえるキャンペーンも実施中です。

3位:東京ガスの電気

東京ガスの電気宣材画像

提供エリア:東京電力エリア
おすすめポイント
・使用量が少なくてもお得になる
・電気とガスのセット割がある
・様々なポイントと交換できるパッチョポイントが貯まる
こんな人におすすめ!
・電気とガスをまとめたい方
・電気代の支払いでポイントを貯めたい方
深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気にも、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。

電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。

さらに、毎月の電気代の支払いでパッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。

ポイント還元率
電気代1,000円=15ポイント
ガス代1,000円=5ポイント

また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。

ガス料金は変わりませんが、電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。

東京ガスでは現在、基本料金が3ヵ月無料になるキャンペーンを実施しています。

検討中の方はお早めの申し込みをおすすめします!

4位:関西電力「なっトクパック」

関電なっトクプラン

提供エリア:関西電力エリア
おすすめポイント
・電気とガスをまとめられる
・どんな使用量でも必ず安くなる
・電気代、ガス代の支払いでポイントが貯まる
こんな人におすすめ!
・関西エリアに在住
・電気をあまり使わない
・電気とガスをまとめたい
関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。

関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。

関西電力ではもともと電気をあまり使わない場合の料金が安く設定されているため、一人暮らしの方は関西電力に電気ガスをまとめて割引を適用させてしまうのがお得です。

「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。

ガスの切り替えも電気と同様、初期費用や解約金などは一切ないので気になった方は気軽に申し込みをおすすめします。

また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。

ポイント還元率
電気代1,000円=8ポイント
ガス代1,000円=5ポイント

ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。

今なら「なっトクパック」にすることでQUOカード2,000円分がもらえるキャンペーン実施中です!

5位:シン・エナジー

シン・エナジー

提供エリア:北海道を除く全国
おすすめポイント
・使用量が少ない人ほどお得
・関西、中国、四国、沖縄で特にお得
・JALのマイルが貯まる
こんな人におすすめ!
・電気をあまり使わない人
・関西、中国、四国、沖縄在住の人
・現金キャッシュバックを受け取りたい人
シン・エナジーは電気をあまり使わない人がお得になるような料金プランになっています。

特に関西、中国、四国、沖縄地方でお得になるのがポイント。

上記のエリアの方は従来の電力会社が既に十分安いプランであるため、他の電力会社に切り替えてもあまり安くならないことが多いのです。

関西にお住まいの方は電気とガスをまとめられる方は関西電力「なっトクパック」、そうでない方はシン・エナジーというように選ぶとお得でしょう。

また、電気代の支払いで200円につき1マイルのJALマイルが貯まります。

上記のエリア以外の方でもマイルを貯めているという方にもおすすめですよ。

一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方

自分にぴったりな電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。

一人暮らしで電力会社を選ぶ際のポイントをまとめたのでご覧ください。

月々の電気使用量・アンペアを把握する

まずは自分の現在の電気使用量契約アンペアを確認することが大切です。

電気使用量はどれくらい?

お得な電力会社を見つけるには、自分の電気使用量(単位はkwh)をざっくりと把握しておく必要があります。

一人暮らしといっても、生活スタイルによって電気の使用量は様々です。また、電気の使用量によってお得になる電力会社も変わります。

一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。

130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。

※エリアや契約条件にもよりますが、使用量が130kwhの場合の電気料金は3,800円程度です。
電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。

契約アンペアはどれくらい?

電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。

契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。
※東京電力の場合
契約アンペア基本料金
10A286円
15A429円
20A572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
契約アンペアは多くの方が30Aか40Aで、節約を強く意識されている方では20Aの方もいると思います。

電力会社の中には、40Aまでは基本料金が定額というところも存在します。そうした電力会社に30Aの方が申し込むとかえって割高になってしまいます。また、そもそも20A以下は契約を受け付けていないという電力会社もあります。

契約アンペアも電気の検針票や請求書に書いてあるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう。

電気だけでなくガスとのセットも検討する

一人暮らしの方は家族が多い方と比べて電気の使用量が少ないため、節約できる額も限られてしまいます。

そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点が大切になります。

電気とガスをセットで契約するメリット
  • 電気代だけでなくガス代も節約できる
  • セット割が適用され、さらにお得になる
  • 電気とガスの請求をまとめられる
ガスの切り替えは電気と同様にWEBから簡単にできますし、契約の費用や解約金などもかかりません。

現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスもセットで契約できる電力会社を選ぶと良いでしょう。

基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ

一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。

基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、特に40Aといった大きなアンペア数で契約している人ほどメリットが大きいでしょう。

また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。

ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。

解約金・違約金がない電力会社を選ぶ

一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選ぶことが大切です。

今回紹介した電力会社はすべて解約金・違約金がかかりませんが、以下の電力会社では発生するので注意してください。

・auでんき:1年未満の解約で2,000円
・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円
・J:COM電力:最大20,000円

一人暮らしで安い電力会社は?|アンペア・使用量別

一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較してみました。

東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つのアンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。

東京電力エリア

●少なめ(20A/80kwh使用)
1Looopでんき2,112円
2HTBエナジー2,118円
3東京ガス2,130円
4CDエナジー契約不可
5シンエナジー契約不可
●ふつう(30A/120kwh使用)
CDエナジー2,955円
HTBエナジー3,080円
シンエナジー3,128円
Looopでんき3,168円
東京ガス3,178円
●多め(40A/180kwh使用)
CDエナジー4,675円
Looopでんき4,752円
HTBエナジー4,862円
シンエナジー4,871円
東京ガス4,946円
30A、40AではCDエナジーが最も安くなり、20AではLooopでんきでんきが最も安くなっていることがわかります。

ちなみにCDエナジーはガスも供給しているので、ガスと合わせることで光熱費全体としての差額はさらに大きくなります。

なお、基本料金0円のLooopでんきは20Aなど極端に使用量が少ない場合の他にも、このシミュレーション以上に電気をたくさん使う方(月6,000円~)でもお得に利用することができます。

関西電力エリア

●少なめ(80kwh使用)
関西電力
なっトクパック
1,592円
シンエナジー1,592円
大阪ガス1,605円
HTBエナジー1,789円
Looopでんき1,792円
●ふつう(120kwh使用)
シンエナジー2,384円
関西電力
なっトクパック
2,391円
大阪ガス2,417円
HTBエナジー2,529円
Looopでんき2,688円
●多め(180kwh使用)
シンエナジー3,814円
関西電力
なっトクパック
3,824円
大阪ガス3,911円
HTBエナジー3,937円
Looopでんき4,032円
関西電力エリアでは、関西電力「なっトクパック」、シン・エナジーが安くなります。

2社の差額は数円~10円程度と微々たるものなので、どちらを選ぶかは好みになるでしょう。

なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。

一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消

一人暮らしを始めて日が浅い方であればなおさら、電力会社の切り替えに対する不安も大きいでしょう。

ここではその不安を解消するために、よくある質問をまとめました。

一人暮らしでも必ず安くなるの?

電気の使用量や契約アンペアによっては変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。

使用量が極端に少ないと安くならない

電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。

そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。

もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。

アンペア数によっては割高になる

電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。

例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。

20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。

一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい?

一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。

ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。

エリア
関西、中国、四国エリア⇒平均以下
その他のエリア⇒平均か平均以上

年代
勤労世代⇒平均以下
高齢世代⇒平均以上

季節
夏・冬⇒平均以上
春・秋⇒平均以下

平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。

賃貸マンション・アパートでも契約できるの?

賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。

特に大家さんや管理人の許可を得る必要もありません。

一括受電契約では切り替えができない

建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。

検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。

分からない方は大家さんに確認してみましょう。

引っ越しと同時に申し込みできるの?

引っ越し先の住所で新たに電力会社に申し込みたいという人もいると思います。

電力会社によって、引っ越しと同時に利用できるかどうか違ってくるので確認してみてください。

この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。
⇒CDエナジー、Looopでんき、東京ガスの電気、関西電力

電力会社によって規定は異なりますが、どの電力会社もだいたい引っ越し日から1週間以上前に申し込めば、引っ越しと同時に利用できます。

引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社(東京電力や関西電力など)に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。

今の電力会社へ解約連絡をすべき?

新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。

乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。

初期費用・工事費はかかりますか?

電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。

契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。

また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。

切り替え完了までにはどれくらいかかるの?

基本的に次回の検針日から切り替わります。

申し込みのタイミングにもよりますが、およそ2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。

夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。

まとめ

新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。

しかし、電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。

ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。

電気とガスをまとめてお得!CDエナジー

電気とガスをまとめることで、エリア最安と言える料金で利用できるCDエナジー。

電気だけでなくガスもお得にしたい多くの方から選ばれています。

初期費用も解約金もなく、いつでもWEBから気軽に申し込めるのも人気の理由です。

Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」など、嬉しい特典も満載。

さらに今なら最大10,000円分のJCBギフト券プレゼントキャンペーン実施中!

キャンペーン実施中!CDエナジー

【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ