エフエネでんきの評判が最悪!勧誘は悪質だし料金も全然お得になりません。

(未評価)

2019/05/21

早速ですが、この記事をご覧になっている方の半分以上は、エフエネでんきからの突然の電話や勧誘にお悩みなのではないでしょうか?

今回はそんなエフエネでんきの評判問題のある勧誘手法、さらにはちっとも安くならない料金などについてまとめました。

結論から言うと、エフエネでんきは絶対におすすめしません。

この記事ではエフエネでんきを契約してはいけない理由だけでなく、勧誘を受けた場合の対処方法、そして安くて評判もいいおすすめの電力会社なども紹介しています。

エフエネでんきを検討している人、契約させられそうになっている人、すでに契約してしまった人もぜひ参考にしてください!

5月限定!最大30,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれますよ。

電気の乗り換えには申し込みから1〜2ヶ月かかります。

電気使用量が増える夏前までに乗り換えを終わらせましょう!

※確実にキャッシュバックを受け取りたい方へ

ここの窓口は人気なので、手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないですし、5月中のお早めに申し込みをおすすめします。

下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

エフエネでんきの勧誘に要注意!

エフエネでんきの評判を調べると、必ずと言っていいほど電話勧誘や訪問営業についての苦言が出てきます。

詳しくは下で口コミを引用して紹介しますが、要約すると…

「地域の電力会社の依頼でスマートメーターの切り替えをしますと言って、無理やり自社の電気に契約させようとしてきた」

という内容です。

スマートメーターとは今までの電力メーターに通信機能や自動計測機能が付いた計測器のことで、現在、地域の電力会社が専門業者に委託する形で全国で順次交換が行われています。

結論から言うと、スマートメーターの交換作業と新たな電力会社への契約は全く別件です。

国民生活センターには以下のような記載があります。

スマートメーターの交換に便乗した勧誘に注意しましょう
 平成28年4月1日の電力小売全面自由化以降、さまざまな業者が電気の供給の営業活動を行っています。各地の消費生活センター等に寄せられる情報や相談の中には、電力会社の委託先を名乗り、新しいスマートメーターを無償で取り付けると言って、電気の契約切り替えを勧誘する事例もみられます。

引用元:独立行政法人国民生活センター(http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2018_11.html)

スマートメーターの交換をするふりをして、自社の電気を契約させようとする悪質な手口です。

エフエネでんきもこれに当てはまるでしょう。

もしこうした電話や営業が来ても、興味がなければしっかりと断ることが大切です。

以下では執拗な勧誘への対処法などを簡単に紹介します。
困っている方はぜひご一読ください。

勧誘がきたときの対応方法

国民生活センターでは、これらの勧誘と思しき電話が来た場合の注意点や対応を書いてくれています。

住所、氏名、お客さま番号、供給地点特定番号などを安易に伝えない

電話口でこれらの情報を聞かれた場合、決して答えないことが大切です。

これらの情報は電気の契約に必要な情報で、悪意のある業者が入手すると勝手に契約の手続きを進めることもできてしまうからです。

相手の所属先等を聞き出し、今契約している電力会社に確認する

現在契約している電力会社に確認すれば、その業者が本当に委託を受けているのか、それとも委託を受けているふりをしているだけかわかります。

電力・ガス取引監視等委員会の相談窓口を利用する

何度断っても電話をかけてくる、身に覚えのない契約の話をしてくるなど、目に余る場合はこちらの窓口に相談しましょう。

電力・ガス取引監視等委員会
電話番号:03-3501-5725
受付時間:9時30分~12時、13時~18時30分(土曜日曜祝日、年末年始を除く)

すでに契約してしまった場合

一方、すでに契約してしまった場合でも契約書面を受け取って8日以内なら契約解除ができます。

これを『クーリングオフ制度』と言います。

クーリングオフの詳しい方法や、ほかにも困ったことがある場合はすぐに消費者センターに相談してみましょう。

エフエネでんきの評判はとにかく悪い

続いて、エフエネでんきの評判・口コミを見てみましょう。

どの評判も悪質な勧誘や営業手法に非難轟轟で、いい評判が見つからないほどでした。

恐怖!スマートメーターの交換と称してサインを迫ってきた

この方はスマートメーターの交換ではなく電気の契約が目的と気づいたようです。

そもそもスマートメーターに変えるだけで電気代料金が安くなることはないですけどね…。これはほかにも騙されている方もいるかもしれません。

メーター交換のはずが他社からの乗り換えにチェックマークが

画像付きの投稿を発見しました。

電気メーターの切り替えに関する書類に、なぜか申込区分に他社からの切替とされていたようです。

ほとんど詐欺のようなものですね…。

検針票を見せろと強要?

検針票とは毎月の電気代の明細書のようなものですが、この検針票にはお客様番号や供給地点番号など、電気の契約に関する大切な情報が載っています。

この情報を知られると、こちらの意思に反して勝手に契約させられてしまう可能性があります。

契約の意思がなければ、決して見せてはいけません。

スマートメーターの交換のために伺いたいと言いつつ…

こちらもスマートメーターの交換と称して自社の電気を契約させる手法です。

その場で話をすすめるのではなく、少しでも不審に思った点は確認したり、後日公的な機関に相談したりすることがおすすめです。

いきなりその場で契約書

おそらく訪問営業を受けた方でしょうが、いきなり契約書を出してくるとは下心丸出しですね。

こういう営業にはきっぱりと断って帰ってもらうことが大切です。

まとめ:見渡す限り悪い評判ばかり!

他にもたくさん評判がありましたが、どれも悪い口コミばかり。

すべてを載せるとあまりに長くなってしまうので、このあたりにします。

一方で営業や勧誘手法に対する非難ばかりで、肝心な電気料金やサービス内容に関する評判は見当たりませんでした。

「確かに営業手法に問題があるとしても、もしかしたら電気料金は安くてお得かも・・・?」

と思った方、残念ながらエフエネでんきは料金もちっともお得にならないんです。

エフエネでんきを契約してはいけない5の理由

ここまで読んでいただいた方には、エフエネでんきは評判も悪いし悪質だし契約してはいけないんだな、となんとなく分かっていただいたと思います。

しかし、エフエネでんきがおすすめできない理由は評判の悪さや勧誘手法だけではありまん。

そこで改めて、エフエネでんきを契約してはいけない理由を5つ解説していきます。

1.料金が全然安くない

エフエネでんきは沖縄を除く全国で展開しており、すべてのエリアで5つのプランから好きな料金プランを選べます。

詳しくは後ほど料金表を載せて紹介しますが、この5つのプラン、基本的にどれを選んでもほとんど安くならないです。

多くの利用者が選ぶ(選ばされる?)であろう基本プランの「エフエネでんき」と、「エフエネプラス」の2つを見てみます。

例えば、東京電力エリアに住んでいる平均的な4人家族の電気使用量(月に400kWh)を例に計算してみると…

  • 東京電力⇒11,144円
  • 「エフエネでんき」⇒11,054円(-90円)
  • 「エフエネプラス」⇒11,049円(-95円)
  • と、ほとんど安くなっていないことがわかります。

    ちなみに、料金の安さで有名なLooopでんきや東京ガスの場合、まったく同じ条件で計算すると…

  • Looopでんき⇒10,400円(-744円)
  • 東京ガス⇒10,541円(-603円)
  • になるので、いかにエフエネでんきの料金が高いかわかると思います。

    ちなみにエフエネでんきの料金プランは全国どこでも同様の割引額になるので、関東に限らずどこにお住まいの方でもせいぜい100円程度の割引にしかならないんです。

    2.使用量が少ないと今までより高くなる

    料金がほとんど安くならないだけでなく、使用量が少ないと今までよりも高くなる場合すらあります。

    具体的には、関西・中国・四国エリア以外の方で「エフエネプラス」を利用していて、電気の使用量が120kWh以下の場合は、確実に今までの電力会社よりも高くなります。

    これは、「エフエネプラス」の料金プランが、120kWh以下の場合の単価を高く設定しているからなんです。

    詳しい電気料金の仕組みや計算方法などは後ほど解説しますが、とにかく月の電気使用量が少ない一人暮らしや二人暮らしの方は今までより高くなるので決して契約してはいけません。

    参考までに、電気の利用量が月に120kWhになる場合の電気料金を地域ごとに載せておきます。

    毎月の電気代がこの金額よりも少ない方は高くなるので要注意です。

    北海道電力⇒4,164円
    東北電力⇒3,484円
    東京電力⇒3,465円
    北陸電力⇒3,052円
    中部電力⇒3,604円
    九州電力⇒3,223円

    3.とにかく評判が悪い

    評判に関しては先ほどもまとめましたが、探せば探すほど悪い評判ばかり出てきます。

    正直、ここまで評判が悪い電力会社はそうそうないです。

    評判や口コミからは、公式サイトには載っていないリアルな情報を知ることができるので、一度目を通すことが大切です。

    4.勧誘の仕方が詐欺まがい

    こちらもすでに紹介していますが、エフエネでんきの勧誘の仕方は大いに問題があるでしょう。

    担当者にもノルマ等があるのでしょうが、消費者をだまして契約さえできてしまえばいいという魂胆が見えてしまいますね。

    また、こんな態度なら契約後のユーザーへのサービスや対応も想像がつくでしょう。

    近いうちに行政から何かしらのペナルティを受ける可能性も否定できないですし、その意味でも安定的な電気の供給ができるのか不安になります。

    5.もっと安くて良心的な電力会社がある

    評判も悪く、電気料金も高いエフエネでんきよりも断然おすすめできる電力会社があります。

    先ほども少し触れましたが、Looopでんきは評判も良く、料金も圧倒的に安い電力会社です。

    Looopでんきの特徴は「基本料金0円」+「一律料金」でとにかく安いということ。

    いくつかの使用量でシミュレーションしてみました。

    ●一人暮らし(月に100kWh使用)
    東京電力⇒2,794円
    エフエネでんき⇒2,727円(-67円)
    エフエネプラス⇒2,814円(+17円)
    Looopでんき⇒2,600円(-194円)

    ●一人~二人暮らし(月に200kWh使用)
    東京電力⇒5,544円
    エフエネでんき⇒5,454円(-90円)
    エフエネプラス⇒5,555円(+11円)
    Looopでんき⇒5,200円(-244円)

    ●三人~四人家族(月に500kWh使用)
    東京電力⇒14,146円
    エフエネでんき⇒14,057円(-89円)
    エフエネプラス⇒13,961円(-185円)
    Looopでんき⇒13,000円(-1,146円)

    ●五人家族(月に600kWh使用)
    東京電力⇒17,429円
    エフエネでんき⇒17,316円(-113円)
    エフエネプラス⇒17,154円(-275円)
    Looopでんき⇒15,600円(-1,829円)

    ※ここでは東京電力エリアを例に計算しましたが、他のエリアでも料金は変わっても割引額はほとんど同様になります。

    Looopでんきは電気をあまり使わない方からたくさん使う方まで、幅広く安くなっていますね。

    特に、電気をたくさん使う方では、かなり大きな節約額になります。

    例えば月の電気代が14,000円くらいになる方では、エフエネでんきでは月に100~200円しか安くならないところ、Looopでんきでは1,100円以上も安くなっています。

    月に1,100円ということは、年間で計算すると13,200円も安くなるということ。

    エフエネでんきが年間で2,000円程度しか安くならないことを考えると、その驚きの安さが実感できると思います。

    しかもLooopでんきは契約期間の縛りや解約金などは一切なし。気になる方はどれくらい安くなるかお試し感覚で乗り換えることもできます。

    万が一思ったほど安くならなかった場合は、1ヵ月で元の電力会社に戻せばいい話(もちろん無料でできます)。

    さらに、Looopでんきは5月限定でWEB窓口からの申込むと最大30,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

    キャッシュバックが受け取れる=その分電気代を節約したのと同じこと。

    電気の乗り換えでキャッシュバックがもらえる機会はそうそうないので、気になる方は5月中のお早目に申込をおすすめします。

    まだ検討中という方へ

    本当に申し込んで大丈夫かわからない、結局どこにしたらいいかわからない…という方は、こちらの窓口でご相談がおススメです。

    あなたの生活スタイルや住んでいるエリアから、本当にその電力会社でお得になるのか、どれくらい安くなるのかを調べてくれます。

    また、より自分にぴったりな電力会社を探してくれたり、場合によっては今のままのほうがいいと教えてくれることもあります。

    強引な勧誘などもなくて安心ですし、まずは「本当に切り替えて大丈夫かな?安くなるのかな?」くらいの気持ちで問い合わせできます。

    以下の窓口から『エリアチェック』に必要事項を入力することで、詳しく確認してもらえます。

    エフエネでんきのメリットは正直ない

    さて、ここではエフエネでんきのメリットを見てみましょう。

    …と言いたいところですが、正直メリットというメリットはありません。

    ただ、悪い点ばかり書いていくのもフェアではないので、一応いくつかあげてみます。

    基本的に解約金はかからない

    エフエネでんきの基本的なプランである「エフエネでんき」「エフエネプラス」の契約期間は1年間で自動更新となっていますが、途中で解約しても解約金はかかりません。

    ただ、プランによっては解約金が発生するので注意が必要です。

    詳しくはデメリットのところで説明します。

    供給エリアが広い

    エフエネでんきは沖縄を除く全国で電気を提供しています。

    電力会社の中には関東のみ、関西のみというところも多いので、供給エリアが広いのは消費者からするとメリットかもしれません。

    電気代の支払いでポイントがたまる

    エフエネでんきでは電気代の支払いで独自の「エフエネポイント」がたまります。

    ポイント還元率は200円=1ポイント。

    たまったポイントは電気代の支払いに使えたり、アマゾンギフトカードなどと交換が可能です。

    とはいえ、電気代の支払いでポイントがたまる電力会社はほかにもたくさんあります。

    ポイントの交換先が充実しているところや、電気料金自体が安いところもあるので、エフエネでんきのポイント特典が魅力的かというとそうでもないです。

    ポイント特典のある電力会社についてはこちらでまとめています!
    『ポイントがたまるおすすめ電力会社10選』

    長期契約で割引がある

    3年間の契約を約束すると、毎月の電気代によって決まった割引率の割引が行われます。

    10,000~19,999円:毎月の電気代から100円引き
    20,000~29,999円:毎月の電気代から200円引き
    30,000円~:毎月の電気代から300円引き

    ただ、すでに紹介した通りもともとの電気代が安くないので、割引が適用されたところでほとんど変わりません。

    エフエネでんきはデメリットだらけ

    次に、エフエネでんきのデメリットを紹介します。

    今まで述べてきたエフエネでんきの悪い点を思い出しながら読んでみてください。

    基本的に節約効果はほぼない

    エフエネでんきには5つのプランが用意されていますが、基本的にどれを選んだところで節約額は微々たるものです。

    電力会社の中には一か月で1,000円以上も安くなるところもある中、エフエネでんきはせいぜい100円~200円程度。

    世の中にはLooopでんきやENEOSでんきなど、安くて評判もいい電力会社もあるので、わざわざ料金が高いエフエネでんきを選ぶ理由はないでしょう。

    使用量によっては今までより高くなる

    先ほども触れましたが、エフエネでんきのプランの一つである「エフエネプラス」を契約すると、電気をあまり使わない方はかえって割高になります。

    目安は毎月の電気使用量が120kWhを超えるか否か。

    検針票や料金明細を見て、自分の電気使用量がこれを下回る場合は要注意です。

    評判がとにかく悪い

    何度でも書きますが、強引な勧誘や詐欺まがいの営業により、エフエネでんきの評判はとにかく悪いです。

    この記事では取り上げませんでしたが、某匿名掲示板では散々な言われようです。

    本当に、心からエフエネでんきを契約してほしくないんです。

    こうした悪質な手法を続けていると、新電力全体の信頼が落ちかねません。

    もしエフエネでんきから勧誘が来ても、きっぱりと断ることをおすすめします。

    プランによっては9,800円の解約金が発生する

    エフエネでんきはプランによって解約金が発生します。

    解約金が発生するのは以下の3つです。

    ●エフエネホーム:契約期間2年間、途中解約で違約金9,800円発生
    ●エフエネLight:契約期間3年間、途中解約で違約金9,800円発生
    ●エフエネでんき「長割」:契約期間3年間、途中解約で違約金9,800円発生

    公式サイトに各プランの説明がほとんどない

    エフエネでんきには5つのプランがありますが、公式サイトではそれぞれの特徴などが詳しく紹介されていません。

    ですので、どのプランがどんな人向けなのか、またこのプランとこのプランの違いは何か、などがわからない状態です。

    せっかく5つもプランを用意しているのだから、それらの特徴をしっかり説明すべきでしょう。

    不親切極まりないと思います。

    エフエネでんきの料金プラン

    エフエネでんきには、5つのプランが用意されています。

  • エフエネでんき
  • FTでんき
  • エフエネプラス
  • エフエネホーム
  • エフエネLight
  • これらの5つのプランの料金を、地域ごとにまとめました。

    自分の住んでいる地域を見てみてください。

    ※ちなみに、電気料金は
    電気料金=基本料金+従量料金
    で求められます。

    ▼北海道電力エリア

    北海道電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A308.02円
    20A616.03円
    30A924.05円
    40A1232.06円
    50A1540.08円
    60A1848.10円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで23.54円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    29.72円
    300kwhを超える分33.37円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A334.80円
    20A669.60円
    30A1004.40円
    40A1339.20円
    50A1674.00円
    60A2008.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで23.80円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    29.50円
    300kwhを超える分32.71円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A1004.40円
    40A1339.20円
    50A1674.00円
    60A2008.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで23.54円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    29.72円
    300kwhを超える分32.20円

    閉じる

    ▼東北電力エリア

    東北電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A298.08円
    20A596.16円
    30A894.24円
    40A1192.32円
    50A1490.40円
    60A1788.48円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで18.24円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    24.87円
    300kwhを超える分28.75円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A324.00円
    20A648.00円
    30A972.00円
    40A1296.00円
    50A1620.00円
    60A1944.00円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで18.42円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    24.70円
    300kwhを超える分28.18円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A972.00円
    40A1296.00円
    50A1620.00円
    60A1944.00円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで18.24円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    24.87円
    300kwhを超える分28.18円

    閉じる

    ▼東京電力エリア

    東京電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A258.34円
    20A516.67円
    30A774.82円
    40A1033.34円
    50A1291.68円
    60A1550.02円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで19.52円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.00円
    300kwhを超える分30.02円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A280.80円
    20A561.60円
    30A842.40円
    40A1123.20円
    50A1404.00円
    60A1684.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで19.72円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.82円
    300kwhを超える分29.12円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A842.40円
    40A1123.20円
    50A1404.00円
    60A1684.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで19.52円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.00円
    300kwhを超える分28.52円

    閉じる

    ▼中部電力エリア

    中部電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A258.34円
    20A516.67円
    30A775.01円
    40A1033.34円
    50A1291.68円
    60A1550.02円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで20.68円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.68円
    300kwhを超える分27.97円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A280.80円
    20A561.60円
    30A842.40円
    40A1123.20円
    50A1404.00円
    60A1684.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで20.88円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    24.90円
    300kwhを超える分27.41円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A842.40円
    40A1123.20円
    50A1404.00円
    60A1684.80円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで20.68円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.08円
    300kwhを超える分26.57円

    閉じる

    ▼北陸電力エリア

    北陸電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A218.59円
    20A437.18円
    30A655.78円
    40A874.37円
    50A1092.96円
    60A1311.55円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.52円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    21.33円
    300kwhを超える分23.02円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A237.60円
    20A475.20円
    30A712.80円
    40A950.40円
    50A1188.00円
    60A1425.60円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.72円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    21.18円
    300kwhを超える分22.56円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A712.80円
    40A950.40円
    50A1188.00円
    60A1425.60円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.52円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    21.33円
    300kwhを超える分22.33円

    閉じる

    ▼関西電力エリア

    関西電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の最低料金から100円引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    つまり、今までの電気料金から100円だけ安くなるということです。

    最低料金1契約234.82円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    19.95円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.33円
    300kwhを超える分28.76円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwh以上の単価が若干安くなっています。

    最低料金1契約334.82円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    19.95円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.20円
    300kwhを超える分27.75円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    最低料金1契約334.82円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    19.95円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    25.33円
    300kwhを超える分28.18円

    閉じる

    ▼中国電力エリア

    中国電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の最低料金から100円引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    つまり、今までの電気料金から100円だけ安くなるということです。

    最低料金1契約231.23円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    20.40円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.96円
    300kwhを超える分29.04円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwh以上の単価が若干安くなっています。

    最低料金1契約331.23円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    20.58円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.83円
    300kwhを超える分28.17円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    最低料金1契約331.23円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    20.40円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.96円
    300kwhを超える分27.59円

    閉じる

    ▼四国電力エリア

    四国電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の最低料金から100円引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    つまり、今までの電気料金から100円だけ安くなるということです。

    最低料金1契約234.82円
    従量料金
    (単価)
    11kwhを超え
    120kwhまで
    20.00円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.50円
    300kwhを超える分29.95円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwh以上の単価が若干安くなっています。

    最低料金1契約403.92円
    従量料金
    (単価)
    11kwhを超え
    120kwhまで
    20.18円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.37円
    300kwhを超える分28.60円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と最低料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    最低料金1契約403.92円
    従量料金
    (単価)
    15kwhを超え
    120kwhまで
    20.00円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    26.50円
    300kwhを超える分28.45円

    閉じる

    ▼九州電力エリア

    九州電力エリア

    エフエネでんき・FTでんき

    エフエネでんき、FTでんきはともに全く同じ料金プランで、従来の電力会社の基本料金から8%引きになります。

    従量料金は従来の電力会社と変わりません。

    基本料金10A268.27円
    20A536.54円
    30A804.82円
    40A1037.09円
    50A1341.36円
    60A1609.63円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.14円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    22.64円
    300kwhを超える分25.58円

    エフエネプラス

    エフエネプラスは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    120kwhまでの従量料金の単価が高く、それ以上の単価が若干安くなっています。

    基本料金10A291.60円
    20A583.20円
    30A874.80円
    40A1166.40円
    50A1458.00円
    60A1749.60円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.38円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    22.53円
    300kwhを超える分25.12円

    エフエネホーム

    エフエネホームは、日曜日だけ従量料金が従来の電力会社の半額になります。

    平日は全く変わりません。

    エフエネLight

    エフエネLightは従来の電力会社と基本料金は同額で、従量料金が異なります。

    300kwh以上使った場合の従量料金の単価が若干安く設定されています。

    基本料金30A874.80円
    40A1166.40円
    50A1458.00円
    60A1749.60円
    従量料金
    (単価)
    120kwhまで17.14円
    120kwhを超え
    300kwhまで
    22.64円
    300kwhを超える分25.06円

    閉じる

    おすすめはLooopでんき

    Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

    おすすめの理由
    ●基本料金が0円
    ●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
    ●とにかく安い
    ●ブレーカーが落ちる心配がない
    ●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
    ●使用量がリアルタイムで把握できる
    ●トラブル時のサポートが充実!
    ●対応が良い
    ●契約者の評判が本当に良い

    今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

    下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
    ⇒『【2019年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

    私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

    新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

    料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

    余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

    66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

    新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

    私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

    会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

    どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

    ※5月限定!最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます

    Looopでんきに申し込めば、最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    キャッシュバックが付くということは、その分電気料金を節約したのと同じ。

    Looopでんきは人気なので、申し込みが込み合う可能性があります。

    切り替えには申し込みから1か月程度かかるので、お早目の申し込みをおすすめします。

    下記窓口の右上にある『申し込み』ボタンから申し込みできます。

    おまけ:勧誘や訪問営業で申込むと危険な理由

    最後に、エフエネでんきに限らず電話や訪問による営業で契約することをおすすめしない理由を説明します。

    他の新電力と料金比較できない

    電話勧誘や訪問販売で営業する会社は、多数の新電力から選ばせる営業ではなく、1社限定で「うちが一番良い」とメリットとなることだけ提案され、他社のことはデメリットしか教えてくれません。

    電力自由化前の東電や関電など、1社択一の市場であれば良いかもしれませんが、参入企業が多いことでメリットを受けやすい電力市場ではデメリットしかありません。

    伝えるべき情報を伝えない

    電力会社の選び方には契約内容を考慮することも必要で、新電力ごとに短期解約防止の為に3年~5年の契約で縛る可能性があります。

    そういった情報は通常であれば伝えないとトラブルになりますが、電話や訪問での営業では契約時に伝えないことが多く、契約期間内に解約する時にはじめて気づくことになります。

    高額な解約違約金を請求されることになりますが、申込みした会社に電話しても言った言わないで終わる事となるでしょう。

    まとめ

    いかがでしたか?

    かなり長くなってしまいましたが、エフエネでんきに申し込んではいけない理由がお分かりいただけたと思います。

    世の中にはサービスや対応が誠実で評判も良く、電気料金も安い電力会社はたくさんあります。

    勧誘やそれと思しき電話がかかってきたら、安易に情報を伝えずきっぱりと断ることが大切です。

    ぜひ多くの電力会社を比較して、あなたに合った電力会社を見つけてくださいね。

    (未評価)

    おすすめはLooopでんき

    自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

    公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

    心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

    5月期間限定で下記から申し込むと最大30,000円のキャッシュバックが受け取れます。

    期間限定!最大30,000円キャッシュバック

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)