ENS(イーネットワークシステムズ)をおすすめしない理由|【電力自由化】新電力の評判・比較まとめ

(未評価)
更新日:2018/11/02

今回はENS(イーネットワークシステムズ)を紹介します。

丸紅新電力と提携している新電力です。

結論:あまりおすすめしません

この記事では以下の内容をまとめています。
●ENSのデメリット
●既存の電力会社との料金比較
●使用量を想定したシミュレーション
●ENSの申し込み前に抑えておきたいポイント

わかりやすくまとめましたので、最後までご覧ください。

12月限定!業界唯一3,000円のキャッシュバック!
『面倒な手続き不要!電気の切り替えでオススメの窓口』

2018年人気NO.1のLooopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということ。

私も毎月1,000円ちかく安くなり満足していますし、正直、2018年12月の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます。)

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠でしょう。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても0円で解約できますし、12月限定で下記窓口から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます

検討中の方は12月中の申し込みをおすすめします。

ENS(イーネットワークシステムズ)のデメリット

ENSのデメリットをご覧ください。

後ほど料金の比較もくわしく紹介したいと思います。

違約金が高い

ENSは1年以内に解約すると5,400円の違約金が発生します。

一般的な違約金の相場は2,000円くらいなので高いですね。

違約金がない新電力もあるので、もう少し安くしてほしいですね。

30Aからしか契約できない

一人暮らしや、セカンドハウスなどで利用している場合は20Aで十分な人もいると思います。

ENSは30Aからしか契約できません。

20Aから契約できる新電力もあるので、少しもったいない気がしますね。

あまり安くならない

のちほど使用量を想定したシミュレーション結果を紹介しますが、結論からいうとあまり安くならないんです。

安くなるけど、他の新電力会社に比べたら、お得じゃないんですね。

既存の電力会社と基本料金は同じで、従量料金が少しだけ安いていどなので、基本料金が0円の新電力や、従量料金が一律の新電力にくらべると全然お得感はないと思います。

セット割りなどのサービスがない

新電力に切り替えて料金は安くなって当たり前、各社独自のサービスや付加価値をつけて顧客争奪合戦は激化しています。

ENEOSでんきならガソリン代が安くなる

HTBエナジーなら旅行代金が最大3,000円オフ

その他、ターゲットを絞ったプランを提供したり、とにかく他の新電力との差別化をはかっています。

ENSはセット割りなどのサービスがありません。

この後、紹介する料金のシミュレーション結果をみればわかりますが、特段他の新電力に比べるとお得ではないので、正直個人的にはあまりおすすめできませんね。

期間限定!3,000円のキャッシュバック!

LooopでんきやENEOSでんきをはじめとした電力会社に乗り換えで3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

電力会社の乗り換えでキャッシュバックがもらえる申し込み窓口はほとんどありません。

下記の窓口は対応もよく、ご利用環境に適した電力会社を紹介してくれます。

複雑な手続きなしでキャッシュバックが受け取れるので、申し込みは下記窓口がおすすめです。

元の電力会社に戻すことも簡単にできるので、お試し感覚で契約する方も多く、2018年12月現在申し込み者が急増しています。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ

使用量の増える冬に向けて手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金もかからないので、12月中の申し込みをおすすめします。

ENSと既存の電力会社の料金比較

使用量が少ない方と一般的な使用量を想定してシミュレーションしてみました。

北海道電力エリア

 ENS
北海道
30A
1,004円
1,004円
40A
1,339円
1,339円
50A
1,674円
1,674円
60A
2,008円
2,008円
~120kWh
23.52円
23.54円
120~280
29.42円
29.72円
280~
30.03円
33.37円

●30Aの契約で150kwh使用した場合

ENS 4,709円
北海道 4,720円

ENSが11円安い

●40Aの契約で450kwh使用した場合

ENS 13,974円
北海道 14,592円

ENSが618円安い

東北電力エリア

 ENS
東北
30A
972円
972円
40A
1,296円
1,296円
50A
1,620円
1,620円
60A
1,944円
1,944円
~120kWh
18.22円
18.24円
120~300
24.62円
24.87円
300~
25.88円
28.75円

●30Aの契約で150kwh使用した場合

ENS 3,897円
東北 3,907円

ENSが10円安い

●40Aの契約で450kwh使用した場合

ENS 11,796円
東北 12,274円

ENSが478円安い

東京電力エリア

 ENS
東京
30A
842円
842円
40A
1,123円
1,123円
50A
1,404円
1,404円
60A
1,684円
1,684円
~120kWh
19.5円
19.52円
120~300
25.74円
26円
300~
27.02円
30.02円

●30Aの契約で150kwh使用した場合

ENS 3,954円
東京 3,964円

ENSが10円安い

●40Aの契約で450kwh使用した場合

ENS 12,149円
東京 12,648円

ENSが499円安い

中部電力エリア

 ENS
中部
30A
842円
842円
40A
1,123円
1,123円
50A
1,404円
1,404円
60A
1,684円
1,684円
~120kWh
20.66円
20.68円
120~300
24.83円
25.08円
300~
25.17円
27.97円

●30Aの契約で150kwh使用した場合

ENS 4,066円
中部 4,076円

ENSが10円安い

●40Aの契約で450kwh使用した場合

ENS 11,847円
中部 12,315円

ENSが467円安い

関西電力エリア

 ENS
関西
~15kWh
327円
327.65円
15~120kWh
19.74円
19.76円
120~300
25.92円
26.19円
300~
26.94円
29.94円

●150kwh使用した場合

ENS 3,177円
関西 3,188円

ENSが11円安い

●450kwh使用した場合

ENS 11,106円
関西 11,608円

ENSが501円安い

中国電力エリア

 ENS
中国
~15kWh
331円
331.23円
15~120kWh
20.38円
20.40円
120~300
26.69円
26.96円
300~
26.14円
29.04円

●150kwh使用した場合

ENS 3,272円
中国 3,282円

ENSが10円安い

●450kwh使用した場合

ENS 11,196円
中国 11,682円

ENSが486円安い

九州電力エリア

 ENS
九州
30A
874円
874円
40A
1,166円
1,166円
50A
1,458円
1,458円
60A
1,749円
1749.60円
~120kWh
17.17円
17.19円
120~300
22.46円
22.69円
300~
24.09円
25.63円

●30Aの契約で150kwh使用した場合

ENS 3,608円
九州 3,618円

ENSが9円安い

●40Aの契約で450kwh使用した場合

ENS 10,883円
九州 11,158円

ENSが275円安い

料金を比較して思ったこと

ENSの料金と既存の電力会社との料金を比較して思ったのは、電気の使用量が少ない方はまずほとんど料金がかわらないということ。

●理由
-基本料金が同じ
-従量料金もほの少し安いだけ

電気料金が安くなるのは基本料金も大事ですが、従量料金が大きく影響してきます。

使用量が多いケースで安くなるのは3段階目の従量料金に差があるからですね。

今回のシミュレーション結果で450kwh使った場合は400円~500円安くなっていますが、もっと安くなる新電力もあるということを覚えておきましょう。

ENSの申し込み前に抑えておきたいポイント

提供エリア

以下のエリアに供給しています。

北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力(離島を除く)

契約時にかかる費用

かかりません。

支払い方法

クレジット払いのみ

紙請求書をもらう場合

162円(税込)かかります。

インターネットの環境があれば、お客さま専用Webサイト(マイページ)で無料で確認できます。

問い合わせ方法

●電話
03-6834-2212
月~金:9:00~17:00

●メール
info@enetsystems.co.jp

申し込み方法

ENSのホームページからの申し込みになります。

申し込みはこちら

違約金

1年未満の解約の場合、5,400円(税込)発生します。

おすすめはLooopでんき

Looopでんきはサービスだけではなく、口コミや評判も良い新電力です。

おすすめの理由
●基本料金が0円
●解約金が0円。いつでも無料で解約できる
●とにかく安い
●ブレーカーが落ちる心配がない
●1kWhの単価がどれだけ使っても一律
●使用量がリアルタイムで把握できる
●トラブル時のサポートが充実!
●対応が良い
●契約者の評判が本当に良い

今まで、いろんな新電力について調べてきましたが、これだけの条件が揃っている新電力はありませんでした。

下の記事を読めばLooopでんきが人気の理由に納得できると思います。
⇒『【2018年人気No.1】Looopでんきの爆発的な人気の理由』

私も切り替えて一年経ちますが、毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。

新電力に切り替えることで、トラブルなども心配していましたが、切り替えてから問題なく利用できています。

料金プランも本当にシンプルなので、複雑なことが嫌いな人にもおすすめですし、いつ解約しても違約金や手数料がかからないのでお試し感覚で申し込んで、継続される方が多いそうです。

余談ですが、私の両親もLooopでんきに切り替えました。

66歳の古い人間なので、説得するのに時間はかかりましたが、毎月800円くらい安くなったみたいで満足しています。

新電力に不安を感じている人は多いですが、契約の縛りや解約金もかからないので、一ヶ月試してみて、思ったより安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話。(無料で戻せます)

私も今はLooopでんきが一番良いと思いますが、もっと良い電力会社があったら切り替えようと思っています。

会社の同僚数人に紹介しましたが、みんな月々の料金が安くなって満足そうでしたし、当サイトから申し込まれた方からもたくさんのお礼のメールを頂き私も嬉しいです。

どこの新電力にしようか迷われている方には本当におすすめのサービスです。

※電気の使用量が増える冬までに切り替えたい方へ
Looopでんきは人気なので切り替え手続きが混み合う場合があります。

いつ解約しても違約金などかからないので、12月中の申し込みをおすすめします。

さらに、今申し込めば3,000円のキャッシュバックが受け取れます!

まとめ

ENS(イーネットワークシステムズ)についてでした。

●料金もあまり安くならない
●めだったサービスもない
●解約金も高い

以上の理由から、他の新電力をおすすめします。

(未評価)

おすすめはLooopでんき

自宅の電気を「Looopでんき」にしてから1年が経過しました。

公式サイトで案内されている通りの料金になり、毎月1,000円安くなったのでとても満足しています。

心配だったトラブルもなく、私のように月々の電気代を見直して少しでも貯蓄にまわしたいという方に本当におすすめできるサービスです。

11月30日迄に下記から申し込むと3,000円のキャッシュバックが受け取れます。

11月限定!3,000円キャッシュバック

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ENS(イーネットワークシステムズ)の料金・メリット・デメリットについて紹介しているページです。じゆうでんきでは、Looopでんきや東京ガス電気、ENEOSでんきをはじめとした新電力の申し込み方法や解約についてなどの基本的な情報はもちろん、料金や評判、メリット・デメリットの比較を、電力自由化についてあまり詳しくない方でもわかりやすく電力会社選びに役立つ情報をまとめています。